キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

菜の花をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

菜の花はブロッコリーやカリフラワーと同じアブラナの仲間で、弥生時代に中国から伝わったと言われています。春に見られる菜の花畑は春の風物詩にもなっていて、観賞用はもちろん食用としても使われます。お浸し・和え物・炒め物・焼き物などの食材に人気で、ほろ苦い味わいが特徴です。きれいな色合いが料理のアクセントになり彩をプラスして、春の季節感を感じさせてくれます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて菜の花のレシピを紹介しています。菜の花を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • 菜の花を使ったおすすめ定番料理10選!レシピに困った時に役立ちたい!

    アブラナ科アブラナ属に属する菜の花は、冬から春にかけて収穫が多くなる葉菜です。原産国は地中海沿岸や中央アジアと考えられています。菜の花にはビタミンやミネラルが多く含まれていますが、特に注目したい栄養素がビタミンCです。菜の花にはビタミンCが多く含まれており、その含有量は野菜の中でもトップに位置します。ビタミンCには免疫力を高めることで風邪予防をしたり、コラーゲンの生成を促すことが知られているので美肌効果もあります。菜の花を下茹でするときは、葉先と茎に分けて茹でましょう。茹であがったらすぐに冷水に取り、絞るときれいな緑色に仕上がります。ほろ苦さや鮮やかな色合いを楽しめる食材なので、是非ご家庭の料理に取り入れてみてください。この記事では、「菜の花」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの菜の花を使った人気レシピ10選

    ほのかな苦味が特徴の菜の花は、春の訪れを感じる食材です。花が咲く直前の蕾の時期に食用とされ、蕾には花を咲かせるために栄養がぎっしり詰まっています。特にβカロテンとビタミンCをたっぷりと含み、含有量は野菜の中でトップクラスです。ビタミンは熱に弱く水に流れる性質があるため、茹でる場合は沸騰した湯で30秒〜1分程度加熱してくださいね。βカロテンは油と相性が良く、吸収率がアップするので炒め物やパスタなどに使用すると効率よく摂取できますよ。他にも、歯や骨を丈夫にするカルシウムや貧血予防に欠かせない鉄分、体内の余分な塩分を排出するカリウムなどのミネラルも豊富に含み、すべての方に積極的に取り入れていただきたいですね。 この記事では、「菜の花」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、朝ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの菜の花を使った人気レシピ10選

    黄色い花が咲く菜の花。ほろ苦い味が特徴的で、大人な味わいですが、見た目が華やかなだけでなく、栄養価も優秀です。健康に欠かすことのできないカロテンやビタミンB群、ビタミンC、カルシウム、カリウムなど、意外にも多く含まれています。多くの野菜を摂ることが難しい場合には菜の花を積極的に摂ることをおすすめします。また、ほろ苦さが得意でない人もいるかとは思いますが、これには血液をサラサラにする作用がありますので、苦みを抑える調理法を見つけてみるのも良いのかもしれません。そんな菜の花ですが、花が咲き始めると鮮度が落ちてしまうので、つぼみが固いうちに調理することをお勧めします。 この記事では、「菜の花」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメの菜の花を使った人気レシピ10選

    春になると黄色の可愛らしい花をさかせる菜の花。春の風物詩にもなっていて観賞用の花としても親しまれていますが、食用として料理に使われる他にも菜種油の原料としても使われます。ほどよい苦みがあり、春の食材を使った献立を作りたい時に活躍します。さっと茹でて和え物・サラダ・パスタの具材・炒め物など、幅広い料理に活躍して醤油や味醂などの和食の素材の他にもバターやオリーブオイルなど洋食の食材ともよく合います。菜の花は抗酸化作用のあるβカロテンが豊富で、心筋梗塞や動脈硬化を防ぐ効果があります。ビタミンCはほうれん草の約4倍含まれていると言われ、カリウム・マグネシウム・鉄などのミネラル類など豊富な栄養素を含んでいます。 この記事では、「菜の花」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 菜の花を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    春の到来を感じる菜の花は、ほろ苦さが特徴の植物です。菜の花が咲く直前のつぼみの時期に食べられ、つぼみには花を咲かせるための栄養がたっぷり詰まっていますよ。βカロテンとビタミンCを非常に多く含み、野菜の中ではトップクラスの含有量です。他にも、カルシウムや鉄分、カリウムなどのミネラルも豊富に含みます。特有の苦味には「ケンフェロール」と呼ばれる成分を含み、体内のエネルギー燃焼をサポートする働きによって脂肪燃焼に効果的です。他にも臓器の働きを活発にするため免疫力アップにも繋がりますよ。花が咲いてしまうとえぐみが強くなってしまうので、手に入れたら早めに食べきってくださいね。 この記事では、「菜の花」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 菜の花を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    初夏に旬を迎える菜の花。ほのかな香りと苦みが特徴です。菜の花にはβカロテンが豊富で、体の機能をサポートし、アンチエイジングやがん予防に役立ちます。風邪予防や美肌に効果があるビタミンCも多く含まれ、積極的に取りたい健康野菜です。菜の花は乾燥に弱いので、湿らせたキッチンペーパーなどに包み、保存袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。鮮やかな緑色で、花が咲いていないつぼみの状態のものを選ぶと苦みが少なくおすすめです。菜の花の茎は硬いので、下茹でをするときは茎と葉に分けて、茎から入れて塩茹でするのがポイントです。 この記事では、「菜の花」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 菜の花を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    春になると花を咲かせる菜の花は、キャベツなどと同じアブラナ科アブラナ属に属します。きれいな花は春の風物詩にもなっており、俳句では菜の花は晩春の季語にもなっています。人々の目を楽しめる菜の花ですが、観賞用だけでなく食用にも使われます。お浸し・和え物・揚げ物・炒めもの・麺類の具材などに使われ、醤油やみりんなどの和食の食材からバターやオリーブオイルなどともよく合います。菜の花は豊富な栄養素を含み、抗酸化作用がありアンチエイジングの効果が期待できるβカロテン、カリウム・マグネシウム・鉄などのミネラル類、食物繊維などが含まれています。ビタミンCはほうれん草の約4倍含まれていて、シミやそばかすを防ぐ効果があり女性にとってうれしい食材です。 この記事では、「菜の花」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 菜の花を使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    菜の花は濃い緑色が特徴の春野菜です。菜の花には独特の苦味があり、苦手という方も多いかもしれませんね。菜の花は卵、チーズ、味噌などのまろやかな食材や調味料と合わせると苦味が中和されて食べやすくなりますよ。こちらの記事では菜の花の苦味が苦手な方でも食べやすいレシピをご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。菜の花には鉄分、食物繊維、葉酸など妊娠中の方に必要な栄養素が揃っています。栄養不足になりがちな妊娠中にぜひ食べて欲しい食材です。糖質オフのレシピと合わせて、妊娠中の体重の増えすぎにも対応できるレシピをたくさん紹介しています。栄養たっぷりな菜の花を使って、健康な体作りを目指しましょう。 この記事では、「菜の花」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 菜の花を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    菜の花は「なばな」とも呼ばれ、初春の2月~3月が旬。春を知らせる野菜として知られています。独特の苦みがありますが、それも菜の花の特徴です。主な生産地は千葉の南房総地域や四国地方が有名です。菜の花を保存するときは、濡らした新聞紙などで包み、袋に入れたまま野菜室に入れておくと良いでしょう。さっと塩ゆでして、あえ物やおひたしにすることが多いですが、その他にも炒めものや天ぷらなどにしてもおいしく食べられます。また、パスタやピザのトッピングなどにも合いますよ。鮮やかな緑色は、食卓にとても映えるので、春の時期にはぜひお弁当に入れて、旬の味を楽しみたいものです。 この記事では、「菜の花」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 菜の花を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    菜の花は観賞用としてはもちろん、食用としても使われます。春になるときれいな黄色い花を咲かせ春の風物詩にもなっており、人々の目を楽しませます。かぶやキャベツなどと同じアブラナ科アブラナ属に属し、春が旬で俳句では菜の花は晩春の季語になっています。菜種油の原料にもなり、千葉県と徳島県が生産地として知られています。菜の花は抗酸化作用のあるβカロテンが豊富で、心筋梗塞や動脈硬化を防ぐ効果があります。メラニンの生成を抑制しシミやそばかすを防ぐビタミンCも多く含み、ほうれん草の約4倍含まれています。その他にもカリウム・マグネシウム・鉄などのミネラル類や食物繊維など、体にいい栄養素をたくさん含んでいます。 この記事では、「菜の花」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 菜の花を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    菜の花はアブラナ科の野菜で「花菜(はなな)」とも呼ばれます。若くて柔らかい花茎や葉、蕾を食用に調理し、ほろ苦い風味が特徴です。茹でることで甘みが出てきますので、おひたしや和え物、パスタなど様々な料理にアレンジが楽しめます。菜の花を下ゆでするときは塩をひとつまみ入れた熱湯で茹でてレイスにとって水気を絞ります。茎の太い部分と先端を分けて茹でると均等に茹で上がりますよ。また、βカロテンが豊富な菜の花は油との相性が抜群です。炒め物や揚げ物にして吸収率をアップしてくださいね。花が開いた菜の花は苦味が強くなり食感も悪くなってしまうので、花が咲く直前のものを選ぶようにしましょう。 この記事では、「菜の花」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 菜の花を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    ほのかな苦みが特徴的な菜の花。なばなや菜花とも呼ばれ、アブラナ科の花芽です。炒め物やおひたし、炊き込みご飯など、意外にも様々な料理法と相性が良く、使いやすい野菜です。旬は本来は2月から3月にかけての春ですが、料亭などの需要に合わせて12月ころから出始めるものもあります。そんな菜の花ですが、非常に多くのカロテンを含んでいます。カロテンには抗発がん作用や、体内でビタミンAに変換されて髪の健康維持や視力維持などに働きかけてくれる効果も見られます。そして、豊富なミネラルを含んでいるため、骨の生成を助ける上に丈夫にしてくれる効果も見られます。 この記事では、「菜の花」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 菜の花を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    ほのかな苦味が特徴の菜の花は春を告げる野菜です。漬物、おひたし、和え物、汁物、炒め物、煮物などさまざまな料理にアレンジでき、鮮やかな緑色は食欲をそそります。菜の花は根元を切り落とし、冷水につけて水を吸わせるとシャキッとするので、茹でたり炒めたりする前に一手間かけると歯ごたえが良くなりますよ。菜の花は、花が咲く前の蕾のものを選び、茎が太くてしっかりとしているもがおすすめです。摘んでからあっという間に花が開いてしまうため早めに使い切り、残ってしまった場合はポリ袋に入れて冷蔵庫で保存してください。湿らせたペーパータオルに包むとさらに長持ちしておすすめです。 この記事では、「菜の花」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 菜の花を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    菜の花はおひたしや、天ぷら、炒め物に利用される春が旬の野菜です。柔らかい葉っぱの歯触りの良さとほろ苦い味がクセになります。菜の花はビタミンCやミネラルが多く含まれている緑黄色野菜です。菜の花に含まれるカリウムやマグネシウム、鉄分は、骨を丈夫にする効果がありますよ。菜の花は足が早いので、買ったらすぐ使いきるようにしてください。菜の花はほうれん草よりもアクが少ないので、短時間でさっとゆでるだけで大丈夫です。ゆでた後はすぐに冷水に入れることで、葉っぱが流れず、緑も鮮やかに仕上がりますよ。冷水にさらしすぎると色が抜けてしまうので気をつけてください。栄養豊富で、季節を感じられる菜の花をぜひ食事に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「菜の花」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 菜の花を使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    菜の花は観賞用としても食用としても使われ、菜の花はアブラナのことで菜種油の原料にもなります。食用の菜の花は花が咲く前のつぼみを食し、春を感じさせる食材として人気があります。独特の味わいがあり、お浸しや和え物など大人の好む料理によくつかわれます。菜の花は抗発ガン作用のあるβカロテンが豊富で、高血圧や動脈硬化の予防に効果があります。その他にも体内の余分なナトリウムを排出するカリウム、マグネシウムや鉄などのミネラル類、腸内環境を整え便秘の解消に役立つ食物繊維、ビタミンB群などが含まれています。中でもビタミンCはほうれん草の約4倍含まれていて、風邪の予防やメラニンの生成を抑えてしみやそばかすの予防に効果を発揮します。 この記事では、「菜の花」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 菜の花を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    春の訪れを知らせてくれる葉の花は、アブラナ科アブラナ属に属する野菜で蕾、茎、葉を食べることができます。主な生産地には千葉県・香川県・徳島県があり、2月から3月に旬を迎えますが、ハウス栽培等の利用で年間を通して流通しています。菜の花に含まれている栄養は、ビタミンC・B群・カルシウム・鉄などが豊富です。特にビタミンCは、ほうれん草の3倍以上含まれているので、美容効果も期待できます。選ぶときのポイントは、蕾が開く前のものを選んでください。また、茎の色が鮮やかな緑色をしており、切り口がみずみずしいものが新鮮な証拠です。保存は濡れたペーパーなどで包み、冷蔵庫内で保存しましょう。この記事では、「菜の花」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 菜の花を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    春を感じさせる食材である菜の花。香りが良く、ほんのり感じる苦みが特徴です。菜の花は通年スーパーなどで売られていますが、出荷量が増えるのは12月~4月頃。生産地の約60%を千葉県が占めています。菜の花にはビタミンCが多く含まれ、皮膚や粘膜を保護したり、ウイルスやストレスへの抵抗力を強めるはたらきがあります。その他にも、アンチエイジングに効果のあるカロテンや便秘改善に効く食物繊維、高血圧を抑制するカリウムなど栄養満点です。春の味を楽しみながら、健康増進に役立てたいですね。菜の花は時間がたつと、乾燥して香りが落ち、苦みが強く出てくるので、早めに食べきるようにしましょう。 この記事では、「菜の花」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 菜の花を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    春の訪れを感じさせてくれる菜の花。おひたしや和え物にして独特の香りとほろ苦さを楽しめます。野菜の中でもビタミンCが抜群に多く、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富な栄養たっぷりの食材です。アンチエイジングに効果的な抗酸化作用を持つβ-カロテンやビタミンC・Eが多く、がん予防や老化から体を守るほか免疫力を高めてかぜなどの感染症を予防し、肌トラブルを改善するなど肌を美しくする効果も期待できます。不足しやすいカルシウムや鉄分、葉酸も豊富で育ち盛りの子供や女性は特に積極的に食べたいですね。苦味のある菜の花も天ぷらやコロッケなどの具材に混ぜ込めば子供も食べやすくなります。β-カロテンなどの油と相性の良いビタミンの吸収率も良くなり効果的に栄養が摂取できますよ。 この記事では、「菜の花」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 菜の花を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    かすかな花の香りと、ほのかな苦みが魅力である菜の花。3月の桃の節句に飾られることがある縁起のいい野菜です。「野菜の花」という由来から菜の花という名前がつけられたと言われています。春に旬を迎え、12月から4月に多く流通します。栄養豊富な野菜で、ℬカロテンやビタミンK、葉酸など、健康を維持するためや、美容に欠せない要素が多く含まれています。そんな菜の花ですが、食用の場合は花が咲いてないものが若く、新鮮な証拠です。また、葉や茎がしゃきっとしているものをおすすめします。ですが、しなびやすいため、購入後は濡らした新聞紙などにくるんで冷蔵庫にいれるようにしましょう。 この記事では、「菜の花」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 菜の花を使った人気レシピ【調理法:サラダ】おすすめ10選

    一足早い春の訪れを告げる菜の花は、やわらかいつぼみと、茎、葉を食べる花野菜で、良い香りと独特なほろ苦さが特徴です。菜の花は年中手に入れることができますが、出荷量が増えるのは冬から春にかけてで、出荷量の約60%が千葉県産となっています。菜の花はとても栄養価が高く、特にビタミンやミネラルは多く含まれます。肌荒れに効果があるビタミンCや免疫力を上げて風邪を予防してくれるβカロチン、他に鉄分、葉酸、カルシウムなどたくさんの栄養素がバランスよく含まれています。豊富に含まれるビタミンCは水溶性なので、ゆですぎたり水にさらしすぎないように気をつけましょう。 この記事では、「菜の花」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 菜の花を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    「なばな」や「花菜」とも呼ばれる菜の花はアブラナ科の花芽です。旬は2月頃から3月頃となっています。菜の花に含まれる栄養で特に多いのがβカロテンです。このβカロテンには抗発ガン作用などがあり、また体内でビタミンAに変わります。ビタミンAに変わることで視力維持や呼吸器系統を守る力になるのです。菜の花にはミネラルも豊富で、骨に大切なカルシウム、鉄、マグネシウムまども含まれています。油と一緒に炒めることでβカロテンを摂取する効率が良くなります。ゆでて使用する際は茎から入れることで、均等に加熱できるようになります。 この記事では、「菜の花」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 菜の花を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    菜の花は「なばな」や「花菜」とも呼ばれています。アブラナ科の花芽であり、ブロッコリーやカリフラワー、キャベツや白菜の仲間。葉の花は本来は2月から3月にかけてが春の旬ですが、12月ころから出回りはじめるものもあります。非常に多くのカロテンを含んでいますが、カロテンは抗発がん作用や免疫を作る作用としても有名です。その他にもビタミンAに変換される働きがあるので視力維持や、粘膜、皮膚、のどや肺を守ってくれるともいわれます。味は独特な苦みが特徴的ですが、一緒に合わせるものや調理の仕方でさまざまな味わいになるところも魅力ですね。 この記事では、「菜の花」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 菜の花を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    春の風物詩にもなっている、黄色い花が可愛い菜の花。季節になると野原や田んぼが菜の花の黄色で埋め尽くされる景色は壮観で、観賞用としても人気があります。見るだけでなく菜の花は食用にも利用され、お浸しや和え物、炒めもの、揚げものなどさまざまな料理に使われます。菜の花はアブラナのことで、菜種油の原料にもなります。抗発ガン作用のあるβカロテンや、カリウム・マグネシウム・鉄などのミネラル類、食物繊維、ビタミンCやビタミンB群など豊富な栄養素が含まれている栄養価の高い野菜です。ビタミンCはほうれん草の約4倍含まれていて美容にもよく、菜の花は見て楽しむのもよし、食べてもよしのいいとこどりした食材です。 この記事では、「菜の花」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 菜の花を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    菜の花はアブラナ科アブラナ属の花で、春に川原や野原に咲く黄色い花はとてもきれいで春の風物詩にもなっています。菜の花は食用・油・観賞用でそれぞれ品種が異なります。食用に使われいるのが菜々みどり、油用に使われいるのが菜々みどり・ななしきぶ・キラリボシなどの品種、観賞用が黒川寒咲きちりめん・春雷などの品種になっています。菜の花はビタミンCが豊富でほうれん草の約4倍含まれており、その他にも抗酸化作用のあるβカロチン、葉酸と鉄分は野菜の中でトップクラスと言われています。栄養があるだけでなく見た目も独特で料理のアクセントにもなるので、ぜひ取り入れたい食材の1つです。今回は菜の花を使った煮るレシピを厳選してお届けします。 この記事では、「菜の花」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 菜の花を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    季節になると一面黄色に染まる菜の花畑はとても美しく見応えがありますよね。菜の花は「アブラナ」のことで「なばな」や「なはな」と表すこともあります。花が咲く前の蕾の部分や茎の部分を調理して私たちの食卓に並びます。菜の花には、β-カロチン、ビタミン、カリウム、食物繊維、葉酸、鉄分など、多くの栄養を豊富に含む万能食材です。免疫力アップ、美肌効果、疲労回復など様々な健康効果に期待され、観賞だけではもったいないですね。旬は1月〜3月頃が一般的で、産直市場などでぎゅっと束ねられて販売されていますが、新鮮な菜の花を見かけたらぜひ様々な料理にアレンジして春の訪れを味わいたいですね。 この記事では、「菜の花」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 菜の花レシピまとめ:春野菜!ほろ苦い味わいの菜の花レシピ

    春の訪れを感じる「菜の花」は、2月~4月に旬を迎える緑黄色野菜。 栄養価が高く、身体にも良いので、ぜひ取り入れたい優秀な食材です。 しかし、菜の花の特有の苦味が苦手な人、どのように使ったらいいか分からない、定番のおひたしや炒め物になりがちなど、敬遠してしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな人にもおすすめの、菜の花レシピを紹介しちゃいます。 この記事では、菜の花の基礎知識に加え、菜の花のおかずレシピ、サラダ・和え物レシピ、スープレシピ、パスタレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社