キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

菜の花をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

菜の花はブロッコリーやカリフラワーと同じアブラナの仲間で、弥生時代に中国から伝わったと言われています。春に見られる菜の花畑は春の風物詩にもなっていて、観賞用はもちろん食用としても使われます。お浸し・和え物・炒め物・焼き物などの食材に人気で、ほろ苦い味わいが特徴です。きれいな色合いが料理のアクセントになり彩をプラスして、春の季節感を感じさせてくれます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて菜の花のレシピを紹介しています。菜の花を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

菜の花の栄養素

菜の花は抗酸化作用のあるβカロテンが豊富で、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣用の予防に効果があります。菜の花に含まれるイソチオシアネートはガンや血栓予防の効果が期待されています。その他にも体内の余分なナトリウムを排出するカリウム、カルシウム、マグネシウム、りん、鉄などのミネラル類も豊富に含み、ビタミンCの含有量は野菜の中ではトップクラスです。

菜の花の旬

菜の花は2月~3月頃が旬で、春の訪れを感じさせる春が旬の食材です。一般的な菜の花の他に、京野菜の「寒咲花菜」は12月頃に出回ります。寒咲花菜は京都のブランド野菜で、料亭などさまざまなお店で使われます。食用の菜の花は花が咲いていないつぼみの状態が食べ頃で、1月~3月が旬の最盛期で早ければ11月頃から遅くは4月ごろまで手に入ります。

菜の花の選び方

! /image/〇〇
食用の菜の花はつぼみの状態が食べ頃なので、蕾が密集していてそろっているものがおすすめです。花が咲いているものは収穫されてから時間が経ち、鮮度が落ちているため避けましょう。見た目がみずみずしくはりがあり、葉や茎がやわらかくてしゃきっとしたものが新鮮です。切り口がみずみずしくきれいな色のものを選び、茶色く変色したものや空洞ができているものは避けましょう。

菜の花の下処理方法

菜の花の下処理方法は菜の花をきれいに水洗いして、根元のかたい部分をカットします。お湯を沸かして塩と菜の花を入れて箸で上下を返すように茹でます。冷水にさらして水気を絞り、適当な長さに切ります。茹でた後に冷水にさらすことで色止めすることができます。菜の花を茹でる時に茎側から入れて、つぼみ側が後から入るように入れるのがコツです。

菜の花の保存方法

菜の花はしなっとなりやすいので、水で湿らせた新聞紙などで全体を包んでビニール袋に入れます。できるだけ立てて冷蔵庫の野菜室に保存するのがおすすめです。2~3日を目安に使い切りましょう。冷凍する場合は固めに茹でて水気をしっかりと絞って、ラップに包んでジップロックなどの保存袋に入れて冷凍庫で保存します。冷凍した菜の花を使う際は、自然解凍してから使います。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

菜の花の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

菜の花の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

菜の花の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

菜の花の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

菜の花の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

菜の花をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社