キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

なめたけをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

なめたけはきのこの名前を指すのではなく、「えのきたけの醤油炊き」を指します。えのきたけをしょうゆ味で煮た瓶詰めのもので、ご飯のおかずとして人気です。なめことよく混同されがちですが、なめことなめたけは別の物です。ご飯と一緒に食べるのが一般的な食べ方ですが、野菜と一緒に和えて和え物にしたり、スープやパスタに入れるなど色々とアレンジできます。市販の瓶詰のものが一般的ですが、えのきと調味料を使って家で手作りすることもできます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてなめたけのレシピを紹介しています。なめたけを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

なめたけの栄養素

なめたけの原料のえのきたけには、糖質・脂質・たんぱく質の代謝に欠かせないナイアシン、腸内環境を整える食物繊維が含まれています。その他にも皮膚や粘膜の健康維持を助けるビタミンB1、髪や皮膚を丈夫に保つ働きのあるビタミンB2、カルシウムやリンの吸収を助けるビタミンDなどが含まれています。えのきに含まれるエノキタケリノール酸は、腸内の余分な油が血管に吸収されるのを防ぎます。

なめたけの原料と作り方

なめたけの原料は、えのきたけ・醤油・酒・みりん・砂糖・酢です。えのきたけさえあれば、家にある材料で簡単に作れるのでぜひ作ってみましょう。えのきの石づきを切り落として3等分にカットし、フライパンにえのき・醤油・酒・みりん・砂糖を入れて混ぜ合わせ、中火で加熱します。えのきがしんなりして水気が少なくなったら、酢を入れひと煮立ちさせたらできあがり。お好みでだし汁を入れることもあります。

なめたけの賞味期限

! /image/〇〇
なめたけに記載されている賞味期限はおよそ半年~1年ほどです。賞味期限は日光の当たらない冷暗所に保存した場合なので、必ず日の当たらない冷暗所に保管しましょう。瓶は一度開けるとどんどん雑菌が繁殖するので、1週間以内には使い切りましょう。冷凍保存した場合は1ヶ月を目安に使い切りましょう。手作りのなめたけは冷蔵で2~3日、冷凍保存した場合は1ヶ月を目安にして下さい。

なめたけの保存方法

未開封のなめたけは直射日光の当たらない冷暗所に保存し、開封後は冷蔵保存します。使い切れなかったものは冷凍保存するのがおすすめで、フリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて口を閉じて冷凍庫で保存します。手作りのなめたけは煮沸減菌した瓶に入れて蓋をして冷蔵保存します。手作りのなめたけも冷凍保存可能で、フリーザーバッグに入れて空気を抜いて冷凍庫で保存します。

なめたけの参考販売価格

なめたけの価格は、メーカーや売っているスーパーなどで異なります。一般的には一瓶120g~180gのもので200円~350円前後で売られています。ギフト用に箱詰めされたものだと2000円以上するものもあります。梅入り・唐辛子入り・海苔入りなどのなめたけもあり、一般的ななめたけよりも少し価格が高く設定されているようです。手作りの場合はえのきたけを買えば、家にある材料で簡単に作れるので節約できます。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

なめたけの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

なめたけの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

なめたけの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

なめたけの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/
#なめたけ の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集
! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

なめたけをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社