キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

なめこの記事一覧

キッチンブックの「なめこ」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • なめこを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    特有のぬめりが特徴のなめこ。つるんとして食べやすく、のど越しもいいですよね。味噌汁の具としてよく食べられ、大変栄養価の高いきのこです。なめこのネバネバした成分は、水溶性食物繊維です。胃や鼻、のどといった粘膜を保護する役割があり、風邪やインフルエンザを予防する効果があります。また、腸内環境を改善し、排便を促す効果があるので、便秘の人には大変ありがたい食材ですね。その他にも、肌に潤いを与えるコンドロイチンや肌の乾燥を防ぐトレハロース、免疫力を高めてくれるβグルカンなど、栄養成分がたくさん含まれています。上手く食事に取り入れて、健康に役立てたいですね。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    ねばねばしていてつるっとした食感が特徴のなめこ。味噌汁や和え物などに入っていて存在感のある食材ですよね。なめこはブナやナラなどの枯れ木や切り株に固まって生えており、日本全国で古くから親しまれてきました。天然ものの旬は10月から11月ですが、栽培されているものは通年流通していて、価格も安定しているところが嬉しいポイントでもあります。調理に使う際は、ゴミや落ち葉などを落とすためさっと水洗いすることをお勧めします。また、生では食べられないため、沸騰したお湯でさっと茹でたりするなど、加熱してから使用してください。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【調理法:サラダ】おすすめ10選

    つるんとした食感で食べやすいなめこ。お味噌汁の具にして食べるとおいしいですよね。ぬめりのあるきのことして日本人にはなじみ深いですが、海外ではあまり食べられていません。日本人でも毎日のようになめこを食べる人は少ないでしょうが、なめこには栄養がたっぷり含まれています。なめこに含まれる栄養素の一つ、不溶性食物繊維の一種であるβグルカンは、胃や腸で膨らみ、腸内環境を改善するはたらきがあるため、便秘に効果的です。また、なめこのぬめり成分に含まれるコンドロイチンは、肌に潤いとハリを与え、なめこ自体が低カロリーということで、ダイエットにも効果的です。サッとゆでて、野菜と合わせたサラダはヘルシーでおすすめです。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    ぬめりけのある、なめこはキノコの一種。旬は10月から11月頃です。なめこの栄養は動脈硬化を予防するナイアシンや、ストレスを緩和するパントテン酸も豊富です。カルシウムや鉄などのミネラルも多く含まれています。カロリーが100gあたり15キロカロリーで、糖質が1.9gとヘルシーな食材。なめこのヌメヌメに食物繊維などの栄養がたくさn含まれています。なめこのヌメヌメは胃の粘膜強化となり胃炎予防や、気管の粘膜強化でインフルエンザ予防などにもなるので、調理時にゴシゴシ洗わないようにしてください。また生では食べられませんので必ず一度加熱してから食べてください。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。」

  • なめこを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    きのこの中でも独特なぬめりが特徴的ななめこ。漢字では「滑子」と表記され、ヌルヌルな食感から「滑らっ子(ヌメラッコ)」と呼ばれたことから名付けられました。山芋やオクラのヌルヌルの成分と同じ「ムチン」が含まれ、ムチンには胃腸の粘膜を保護する作用があることから暴飲暴食をして疲れてしまった胃腸を労わり回復してくれる効果が期待されます。他にも免疫力アップ、美肌、むくみ解消、胃痛の緩和などの嬉しい健康・美容効果が期待されるため積極的に摂りたいきのこの一つです。なめこといえば主にお味噌汁の具として調理されますが、蒸し野菜との相性も抜群です。食物繊維も豊富でダイエット向けの食材ですよ。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「蒸す」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    味噌汁の具材としておなじみのなめこは、独特のぬめりが特徴です。日本や台湾に分布し、10月〜11月頃が旬になっておりブナやナラなどの枯れ木や切り株などに自生する天然のものと、人工栽培のものがあります。なめこのぬるっとした粘液は水溶性食物繊維で、鼻や喉の粘膜を保護してウイルスや風邪から守る効果があります。その他にもコンドロイチンという成分が含まれ、肌に潤いを与える効果があり美肌効果を期待できるのもうれしいですね。ウイルスから守る効果があるので、風邪を引きやすい冬場にぜひ食べたいきのこです。みそ汁以外にそばやうどんと合わせるのが人気があり、ぬるっとした食感がつるっとした麺類によく合います。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ2選

    なめこの特徴の一つのヌメリには人間の体内に取り込むと粘膜を保護・強化する作用があります。胃の粘膜を保護することで、胃炎や胃潰瘍の予防をしたり、気管の粘膜の強化によって風邪などのウイルスから身を守り、免疫力を高める効果が期待できますよ。寒くなる季節に積極的に取り入れたいですね。お味噌汁や和え物として食べられることの多いなめこですが、一工夫して揚げることもおすすめです。モチモチの食感がクセになり、ヌメリが苦手な方も食べやすくなりますよ。なめこは日持ちはしませんので、美味しいうちに早めに調理してくださいね。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    つるんとした食感のなめこは長野県や山形県で多く生産されていますが、日本各地に自生しています。天然のなめこは秋が旬であり、工場で生産されたなめこよりも粘りが強いようです。なめこのヌメリはムチンと言う成分であり、オクラや里芋にもこの成分は含まれています。このムチンは粘膜の表面を保護する働きがあることから、胃炎や風邪予防の効果があると考えられています。またコンドロイチンという成分も含んでおり、これは肌の張りを保つ効果があります。選び方のポイントは、粒が引き締まっているものを選ぶようにして下さい。家計にも優しいなめこは、スープ、麺類、和え物、炒め物、鍋物に合います。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    つるつるとした食感が特徴のなめこは、日本料理によく使われるきのことして人気があります。傘の開ききっていない小さなものは表面がつるつるしていますが、傘の開いた大きなものはシャキシャキとした歯ごたえががあります。なめこは味噌汁の具材によく使われ、その他には炒め物や煮物などにも使われます。醤油やみりんといった和食の調味料と相性がよく、つるっとした食感以外はクセがなく食べやすいです。なめこの粘液の成分は水溶性食物繊維で、消化を促進したり腸内環境の改善に効果があると言われています。なめこに含まれるコンドロイチンは、肌に潤いを与える効果があり美容にもいいのでぜひ料理に取り入れたい食材です。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社