キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

なめこをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ヌルッとした食感が特徴のなめこは、みそ汁の具材に人気のきのこです。日本や台湾に分布し、ブナやナラなどの枯れ木や切り株などに自生する天然のものと人工栽培のものがあります。独特の食感が料理にアクセントを加え、みそ汁、そばの具材、鍋物など汁物を使った料理とよく合います。なめこはカロリーが低いので、ダイエット中にもおすすめの食材です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてなめこのレシピを紹介しています。なめこを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

なめこの栄養素

なめこはきのこの中で水溶性食物繊維が最も多く、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える働きがあります。不溶性食物繊維も多く含まれ、便通をよくし便秘の解消に役立ちます。なめこのヌルっとした成分はペクチンと呼ばれ、コレステロールの吸収を抑制する働きがあります。なめこに含まれるコンドロイチンはウイルスから守る効果があり、その他にも肌に潤いを与える効果があるとされています。

なめこの産地

なめこの産地で知られているのが山形県・長野県・新潟県で、この三県が全体の半数以上を占めています。その他には福島県・北海道・群馬県などで生産されています。山形県は原木なめこという種類を栽培しており、ヌメリが強く味も濃いのが特徴で味に定評があります。国内産以外では台湾からの輸入が多くなっています。

なめこの旬

! /image/〇〇
天然物のなめこの旬は9~11月にかけてで、最も出回る最盛期は10~11月中旬になります。この頃に収穫されるなめこは味がよく良品のものが多いので、みそ汁や鍋物にぜひ使いたいですね。一年を通じて出回るなめこはおがくずなどを使って菌床栽培されているもので、菌床栽培されたなめこに旬はありません。

なめこの選び方

なめこを選ぶ時はかさが開いていない肉厚なもので、幹と傘のバランスが整っているかどうかをチェックしましょう。形が整ってバランスのいいものは栄養分が行き届いているので、味のいい良品です。切り口が変色しているものは鮮度が落ちているので、必ず切り口にも注目しましょう。パック入りのものは湿気がたまっておらず、膨張していないものを選びましょう。

なめこの保存方法

なめこは湿気に弱く傷みやすいため、開封後は3日以内には使い切りましょう。真空パックのものは保存が効くので、すぐに使わない場合は開封せずに真空パックのまま保存しておきましょう。なめこは真空パックごと冷凍保存することもでき、みそ汁などに冷凍なめこを使う際は凍ったままみそ汁に入れるだけで作れます。なめこは解凍した後もぬめりは消えないため、いつものなめこの食感を楽しめます。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

なめこの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

なめこの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

なめこの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

なめこの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

なめこの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

なめこをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社