キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

なめこをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ヌルッとした食感が特徴のなめこは、みそ汁の具材に人気のきのこです。日本や台湾に分布し、ブナやナラなどの枯れ木や切り株などに自生する天然のものと人工栽培のものがあります。独特の食感が料理にアクセントを加え、みそ汁、そばの具材、鍋物など汁物を使った料理とよく合います。なめこはカロリーが低いので、ダイエット中にもおすすめの食材です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてなめこのレシピを紹介しています。なめこを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

  • なめこを使ったおすすめ定番料理10選!これさえマスターしておけば!

    秋に旬を迎え、ヌメヌメとした食感が特徴のなめこ。なめこのぬめり成分は水溶性食物繊維で、腸内環境の改善や風邪予防などに効果があります。また、なめこにはコレステロールを抑制し、アンチエイジングにも効果があるコンドロイチンや、肌の乾燥を予防する働きがあるトレハロース、免疫力の改善に効果があるβグルガンが含まれており、健康生活に役立つ栄養素が豊富です。糖や脂質の代謝をサポートし、二日酔いの予防に効果があるナイアシンも多く含まれているため、おつまみにも最適。ツルっとしたのど越しとクセのない味わいのなめこ。ぜひ、日々の料理に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのなめこを使った人気レシピ10選

    独特のぬめりがあるなめこ。味噌汁や和え物などに使われるきのこで、シャキッとした食感があります。モエギタケ科スギタケ属に分類され、原産国は日本と言われています。現在は長野、新潟、山形などで栽培されていて、9月から11月ごろにかけて旬を迎えます。なめこの主な栄養素は、食物繊維やナイアシン、葉酸などです。なめこの食物繊維は水溶性と不溶性がバランスよく入っていて、整腸作用が期待できます。コレステロール値や血糖値を下げる効果もあり、便秘解消にも効果的です。ナイアシンは炭水化物や脂質を代謝する働きがあり、ダイエットに効果があるとされています。葉酸は退治の先天性異常を予防する働きがあるため、妊娠中の女性におすすめです。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのなめこを使った人気レシピ10選

    なめこは、ぬめりが特徴のキノコで「なめたけ」とも呼ばれます。おがくずなどを使用して菌床栽培が盛んなため一年中流通していますが、天然のなめこの旬は9月〜11月頃に迎えます。水溶性食物繊維の「ムチン」を非常に多く含み、胃粘膜を保護やタンパク質の吸収をサポートする働きがあります。消化を助ける大根との相性は抜群で、さっと熱湯をまわしかけたなめこと大根おろしを合わせて食卓に添えてくださいね。なめこは傷みやすいため早めに食べることを心がけましょう。パックで流通しているものはそのまま冷凍保存できるのですぐに食べない場合は活用してくださいね。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、朝ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのなめこを使った人気レシピ10選

    ぬめりがあり、つるっとした食感が特徴的であるなめこ。味噌汁などに使われているイメージを持ってる人が多いかと思いますが、程よいぬめりは食べやすく、多くの人に親しまれている食材です。傷みが早く、入手してからなるべく早く食べることをお勧めしますが、できるだけ長期間保存したい場合には冷凍することもできます。その場合は石づきから外し、よく水洗いしてからにしましょう。ビニール袋にいれたらできるだけ空気を抜くようにしてください。そんななめこですが、選ぶ際には肉厚で大きいもの、かさが開ききってないもの、ぬめりの部分にぬめりがあまりないもが新鮮なものですのでおすすめです。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    独特なぬめりが特徴のなめこは「ナメタケ」とも呼ばれ、一年中流通しています。なめこのぬめりは水溶性食物繊維のムチンという成分によるもので、タンパク質の吸収を助けて胃を守る働きがあります。他にもカリウムや葉酸、骨粗鬆症予防に効果的なトレハロースを含みますよ。傷みやすいため早めに食べることが大切ですが、パック入りのものはそのまま冷凍保存可能です。カサが開いていなくて肉厚のものを選ぶようにしましょう。カサの大きさが1〜2センチほどのものが一般的ですが、大きなカサが特徴の「ジャンボなめこ」はぬめりが少なく軸に歯ごたえがあることが特徴です。鍋物によく合うのでぜひ試してみてくださいね。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    なめこは加熱するとトロッととろみが出る、口当たりがなめらかなきのこです。味噌汁の具や鍋の具してよく使われています。他にも揚げたり、炒めたりしてもおいしく食べられるので、料理のバリエーションも豊富なんですよ。なめこを使えば片栗粉なしでも簡単に自然なとろみがつくので、糖質オフにも役立ちます。きのこは洗わずに汚れをふき取るようにしてから使うことが多いですが、なめこはかさが小さく、拭くのが大変なため、さっと洗ってから使うのがオススメです。洗いすぎるとなめこのうまみと栄養価が下がってしまうので、ぬめりは残すように洗ってくださいね。なめこはカロリーが低く、食物繊維が豊富なのでダイエット食に向いています。ダイエット中の方はなめこを食べて、体の中からキレイになりましょう。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    独特のぬめりが特徴のなめこは、みそ汁の具材の定番になっています。10月〜11月頃が旬でブナなどの切り株などに自生する天然のなめこと人工栽培のものがあります。みそ汁以外にも鍋物・炒め物・和え物・スープなどに使われ、つるっとした食感が料理にアクセントを加えます。なめこのぬるっとした粘液は水溶性食物繊維で、鼻や喉の粘膜を保護する働きがあります。ウイルスや風邪から守る効果があるため、風邪を引きやすい季節にぜひ摂りたいきのこです。なめこに含まれるβグルカンは、腸内環境を改善し便秘を解消する効果があります。肌に潤いを与えるコンドロイチンも含まれているので、女性にとってうれしい食材です。低カロリーなので、ダイエットしながら美容にも気をつかいたい方にもおすすめです。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 https://textmining.userlocal.jp/results/9zFwZDYpYa9qrF5STRQ6YMtqEmuQoyJ5 ■概要文について これはキッチンブックに掲載される記事です。30代から50代の女性が見ることを想定しています。 料理する方(主婦・一人暮らし)向けコンテンツであることを念頭に置き、主に女性心をくすぐる様な表現で執筆をお願いします。 記載ポイントや表現や文言、言葉選びなどはそれを意識した内容での執筆をお願いします。 記事によっては、食材が重複する場合がございますので、「がっつり」に特化および差別化をはかってください。

  • なめこを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    ネバネバとしたぬめりが特徴のなめこ。なめこのぬめり成分は、水溶性植物繊維によるもので、便秘解消に効果があります。喉や鼻、胃の粘膜を保護する働きもあり、風邪やインフルエンザの予防に役立ちます。また、きのこ類に多く含まれるトレハロースには血糖値の上昇を抑える働きや善玉菌を増やす働きがあり、糖尿病の予防や消化機能をサポートする効果があります。なめこには、アンチエイジングや胎児の健康な発育に欠かせない葉酸、貧血予防に効果的な鉄も含まれており、積極的に取りたい健康野菜です。二日酔いの予防に効果があるビタミンの一種、ナイアシンも含まれているため、お酒のおつまみにもぴったりです。なめこの栄養は、ヌメヌメ部分に豊富なため、軽く洗うのがポイントです。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    独特のぬめりが特徴のなめこ。なめこの旬は9~11月で、新鮮ななめこは、かさの色が黄褐色でぬめりがあるもの。なめこは傷みやすく、賞味期限は3日ほどなのでパックのまま冷蔵庫で保存するようにしましょう。特徴であるなめこのぬめりは、水溶性食物繊維のペクチンという成分です。ペクチンはがんや動脈硬化を防ぐ効果があり、体内の余分な脂肪や有害物質を外に排出するはたらきがあります。また、アルコールを分解するはたらきもあるので、お酒を飲んでいるときや飲んだ後に、食べるのがおすすめです。ただ、このぬめり成分は加熱しすぎると減ってしまうので、気をつけましょう。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    なめこは独特のぬめりがあり、この粘液は水溶性食物繊維になります。鼻や喉の粘膜を保護してウイルスや風邪から守る効果があり、風邪を引きやすい冬場に食べたいきのこです。日本や台湾に分布し、ブナやナラなどに自生する天然のものと人工栽培のものがあります。みそ汁の具材として人気がありますが、そば・うどん・炒め物・和え物・お浸しにも使われます。なめこには不溶性食物繊維の一種であるβグルカンが含まれ、腸内環境を改善し便秘を解消する効果があります。胃や腸で水分を吸収し大きく膨らむため満腹感もあり、低カロリーなのでダイエット中の食材としてもおすすめです。なめこに含まれるコンドロイチンは、肌に潤いを与える役割があり美肌効果も期待できます。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    なめこは日本各地で自生しているきのこの一種です。つるんとしたとろみのある触感が特徴で、味噌汁の具や、鍋物などに使われます。なめこのとろみは「ムチン」という成分で出来ています。オクラや、里芋にも同じ成分が入っています。ムチンは胃や目などの体の粘膜を守ってくれる働きがあり、胃潰瘍の予防や、ウィルスの侵入を防いでくれる効果があります。なめこを調理するときは、ムチンであるとろみを洗いすぎないように注意してくださいね。さっとゆでるだけで使えるので、温冷どちらの料理でも使えますよ。さっぱりとしためんつゆとの相性は抜群なので、ぜひそうめんやそばのトッピングとして食べてくださいね。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    とろみがある、きのこの一種であるなめこ。みそ汁や和え物などに使われることが多いですよね。味に強さもないため、比較的どの食材とも相性の良いきのこです。なめことは、ブナやナラなどの木や切り株に固まって生えており、古くから親しまれてきました。天然ものと栽培ものがありますが、天然ものの場合、旬は秋の9月ころから11月にかけてで、最もたくさん出回り、味も美味しいと言われています。そんななめこですが、痛みが早いため、冷蔵庫で保管し、できるだけ早く食べてください。長期保存したい場合は冷凍庫に入れることもできますが、その場合は石づきなどからは外して、水ですぐ洗える状態にすることをおすすめします。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ9選

    なめこはつるんとした食感が特徴のきのこの一種です。漢字表記では「滑子」と書きます。味噌汁などの汁物にするととろみがつき、体も温まりますよね。なめこのぬめりは山芋やおくらと同じ成分でできており、栄養が豊富に含まれています。ぬめり成分である「ムチン」は免疫力を高めてくれたり、胃腸、鼻、目などの粘膜を保護したりする効果があります。他にも美肌効果やむくみの解消など、美容にも良い効果が期待できる食材です。女性にとっても嬉しい成分ですよね。なめこを調理する時は洗ったり、熱湯でゆでたりしますが、ぬめりを洗いすぎないように注意してください。なめこの栄養素を逃さないように、美味しく食べてくださいね。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    独特のぬめりが特徴のなめこは、みそ汁の具などによく使われるきのこです。ブナやナラなどの切り株に自生する天然のものと人工栽培のものがあり、天然物は10月〜11月頃が旬になっています。みそ汁の他にも和え物・お浸し・炒め物・餡かけなどに使われ、つるっとした食感を活かして汁気が多い料理とよく合います。なめこの粘液は水溶性食物繊維で、鼻や喉の粘膜を保護する働きがあります。ウイルスや風邪から守る効果があるため、風邪を引きやすい冬にぜひ食べたいきのこです。その他にもコンドロイチンという成分が含まれていて、肌に潤いを与える効果があります。美肌効果を期待したい方にもおすすめのきのこですよ。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    なめこは和え物、味噌汁、そばの具などに使われトロッとしたぬめりのある口当たりとプリプリとした食感が特徴のきのこです。なめこの独特のぬめりの正体は食物繊維。オクラのねばねばにも含まれているムチンという食物繊維は鼻や喉、胃などの身体の粘膜を保護する役割があります。またウィルスの侵入を防いだり、ドライアイを予防も期待できます。なめこには他にもタンパク質、カリウムなど、豊富な栄養素を含まれており、女性にも嬉しい食材です。そんななめこの栄養素を逃さずに摂取するためのポイントがなめこを洗いすぎない、ゆで過ぎないということが重要。なめこのぬめりを残して調理することでとろみもつき、風味もでますよ。なめこのぬめりを生かした料理で美味しく栄養を取りましょう。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    特有のぬめりが特徴のなめこ。つるんとして食べやすく、のど越しもいいですよね。味噌汁の具としてよく食べられ、大変栄養価の高いきのこです。なめこのネバネバした成分は、水溶性食物繊維です。胃や鼻、のどといった粘膜を保護する役割があり、風邪やインフルエンザを予防する効果があります。また、腸内環境を改善し、排便を促す効果があるので、便秘の人には大変ありがたい食材ですね。その他にも、肌に潤いを与えるコンドロイチンや肌の乾燥を防ぐトレハロース、免疫力を高めてくれるβグルカンなど、栄養成分がたくさん含まれています。上手く食事に取り入れて、健康に役立てたいですね。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    ねばねばしていてつるっとした食感が特徴のなめこ。味噌汁や和え物などに入っていて存在感のある食材ですよね。なめこはブナやナラなどの枯れ木や切り株に固まって生えており、日本全国で古くから親しまれてきました。天然ものの旬は10月から11月ですが、栽培されているものは通年流通していて、価格も安定しているところが嬉しいポイントでもあります。調理に使う際は、ゴミや落ち葉などを落とすためさっと水洗いすることをお勧めします。また、生では食べられないため、沸騰したお湯でさっと茹でたりするなど、加熱してから使用してください。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【調理法:サラダ】おすすめ10選

    つるんとした食感で食べやすいなめこ。お味噌汁の具にして食べるとおいしいですよね。ぬめりのあるきのことして日本人にはなじみ深いですが、海外ではあまり食べられていません。日本人でも毎日のようになめこを食べる人は少ないでしょうが、なめこには栄養がたっぷり含まれています。なめこに含まれる栄養素の一つ、不溶性食物繊維の一種であるβグルカンは、胃や腸で膨らみ、腸内環境を改善するはたらきがあるため、便秘に効果的です。また、なめこのぬめり成分に含まれるコンドロイチンは、肌に潤いとハリを与え、なめこ自体が低カロリーということで、ダイエットにも効果的です。サッとゆでて、野菜と合わせたサラダはヘルシーでおすすめです。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    ぬめりけのある、なめこはキノコの一種。旬は10月から11月頃です。なめこの栄養は動脈硬化を予防するナイアシンや、ストレスを緩和するパントテン酸も豊富です。カルシウムや鉄などのミネラルも多く含まれています。カロリーが100gあたり15キロカロリーで、糖質が1.9gとヘルシーな食材。なめこのヌメヌメに食物繊維などの栄養がたくさn含まれています。なめこのヌメヌメは胃の粘膜強化となり胃炎予防や、気管の粘膜強化でインフルエンザ予防などにもなるので、調理時にゴシゴシ洗わないようにしてください。また生では食べられませんので必ず一度加熱してから食べてください。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。」

  • なめこを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    きのこの中でも独特なぬめりが特徴的ななめこ。漢字では「滑子」と表記され、ヌルヌルな食感から「滑らっ子(ヌメラッコ)」と呼ばれたことから名付けられました。山芋やオクラのヌルヌルの成分と同じ「ムチン」が含まれ、ムチンには胃腸の粘膜を保護する作用があることから暴飲暴食をして疲れてしまった胃腸を労わり回復してくれる効果が期待されます。他にも免疫力アップ、美肌、むくみ解消、胃痛の緩和などの嬉しい健康・美容効果が期待されるため積極的に摂りたいきのこの一つです。なめこといえば主にお味噌汁の具として調理されますが、蒸し野菜との相性も抜群です。食物繊維も豊富でダイエット向けの食材ですよ。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「蒸す」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    味噌汁の具材としておなじみのなめこは、独特のぬめりが特徴です。日本や台湾に分布し、10月〜11月頃が旬になっておりブナやナラなどの枯れ木や切り株などに自生する天然のものと、人工栽培のものがあります。なめこのぬるっとした粘液は水溶性食物繊維で、鼻や喉の粘膜を保護してウイルスや風邪から守る効果があります。その他にもコンドロイチンという成分が含まれ、肌に潤いを与える効果があり美肌効果を期待できるのもうれしいですね。ウイルスから守る効果があるので、風邪を引きやすい冬場にぜひ食べたいきのこです。みそ汁以外にそばやうどんと合わせるのが人気があり、ぬるっとした食感がつるっとした麺類によく合います。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ2選

    なめこの特徴の一つのヌメリには人間の体内に取り込むと粘膜を保護・強化する作用があります。胃の粘膜を保護することで、胃炎や胃潰瘍の予防をしたり、気管の粘膜の強化によって風邪などのウイルスから身を守り、免疫力を高める効果が期待できますよ。寒くなる季節に積極的に取り入れたいですね。お味噌汁や和え物として食べられることの多いなめこですが、一工夫して揚げることもおすすめです。モチモチの食感がクセになり、ヌメリが苦手な方も食べやすくなりますよ。なめこは日持ちはしませんので、美味しいうちに早めに調理してくださいね。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    つるんとした食感のなめこは長野県や山形県で多く生産されていますが、日本各地に自生しています。天然のなめこは秋が旬であり、工場で生産されたなめこよりも粘りが強いようです。なめこのヌメリはムチンと言う成分であり、オクラや里芋にもこの成分は含まれています。このムチンは粘膜の表面を保護する働きがあることから、胃炎や風邪予防の効果があると考えられています。またコンドロイチンという成分も含んでおり、これは肌の張りを保つ効果があります。選び方のポイントは、粒が引き締まっているものを選ぶようにして下さい。家計にも優しいなめこは、スープ、麺類、和え物、炒め物、鍋物に合います。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    つるつるとした食感が特徴のなめこは、日本料理によく使われるきのことして人気があります。傘の開ききっていない小さなものは表面がつるつるしていますが、傘の開いた大きなものはシャキシャキとした歯ごたえががあります。なめこは味噌汁の具材によく使われ、その他には炒め物や煮物などにも使われます。醤油やみりんといった和食の調味料と相性がよく、つるっとした食感以外はクセがなく食べやすいです。なめこの粘液の成分は水溶性食物繊維で、消化を促進したり腸内環境の改善に効果があると言われています。なめこに含まれるコンドロイチンは、肌に潤いを与える効果があり美容にもいいのでぜひ料理に取り入れたい食材です。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社