キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

きのこの記事一覧

キッチンブックの「きのこ」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 夜ごはんにオススメのしいたけを使った人気レシピ10選

    日本料理によく使われるきのこの1つがしいたけです。肉厚で食べ応えがあり風味がよく、料理を引き立てて存在感を発揮します。しいたけは生のものはもちろん、干ししいたけもよく使われます。乾燥してあるため保存期間が長く、水で戻すだけで簡単に使えるので家に常備しておきたいマストな食材です。しいたけは日本や中国で主に使われますが、欧米でもShiitake mushroomと呼ばれて料理に使うことが増えています。鍋物・炒め物・汁物・揚げ物などさまざまな料理に使われ、和食以外にもパスタなどの洋食にもよく合います。しいたけは食物繊維が豊富で、腸内環境を整え便秘を解消する効果があります。低カロリーなのでダイエット中にもおすすめで、料理のかさ増しにも活躍します。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのしめじを使った人気レシピ10選

    1年中スーパーなどで手に入る身近なきのこのしめじ。味にクセがないため、和洋中さまざまな料理に合わせやすいのが特徴です。キシメジ科シロタモギタケ属に分類され、長野県や新潟県、福岡県などで生産されているきのこで、9月から11月ごろにかけて旬を迎えます。しめじの主な栄養素は、βグルカンやリジン、エルゴステロールなど。βグルカンは食物繊維の仲間で、免疫力を高め、風邪やガン予防に効果があると言われています。リジンは必須アミノ酸に含まれる栄養素で、タンパク質の吸収を促進したり、糖質の代謝をアップさせたりする働きがあり、疲労回復効果が期待できます。エルゴステロールはカルシウムの吸収率を上げる働きがあり、骨や歯を丈夫にします。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのきのこを使った人気レシピ10選

    山の幸と言われるきのこ。しいたけやしめじ、まいたけ、まつたけ、えのきなどの食用きのこのほか、漢方などに使われる薬用きのこ、食べられない毒きのこなどさまざまな種類があります。国内で食用とされるものだけでも100種類ほどあると言われています。種類によりますが、きのこには食物繊維が豊富に含まれていて、腸内の有害物質を排出する働きがあります。便秘の予防、解消にも効果的です。水分を含むと膨らむ性質を持つ食物繊維のため、満腹感が得られるという特徴もあります。減量中の人や、食べ過ぎがきになる人にもおすすめの食材です。旨味成分であるグルタミン酸が豊富に含まれていますが、加熱しすぎると旨味が逃げてしまうため、適度な加熱をしましょう。 この記事では、「きのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのえのきを使った人気レシピ10選

    しゃきしゃきとした歯ざわりが特徴のえのき。鍋物や炒め物などに使われるきのこで、白色で細長い形をしています。「えのきだけ」「ゆきのした」という別名もあるえのきは、キシメジ科エノキタケ属に分類されるきのこです。長野県や新潟県などが主な産地で、10月から11月ごろにかけて旬を迎えます。新鮮なものは白色で柄の部分が太くシャキッとしています。黄色味がかったものや袋に水滴が付いているものは鮮度が落ちているため、注意しましょう。えのきの主な栄養素は、ビタミンB1やキノコキトサンなど。ビタミンB1は炭水化物をエネルギーに変える働きがあります。キノコキトサンは内臓脂肪を減らす働きがあるため、ダイエットにおすすめです。 この記事では、「えのき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのマッシュルームを使った人気レシピ10選

    炒め物やスープ、サラダなど様々な料理を引き立てるマッシュルーム。「ホワイト種」と「ブラン種」があり料理に合わせて使い分けることができます。マッシュルームの旬は10月〜12月頃ですが、人工栽培が盛んなため一年中流通しています。マッシュルームには食物繊維がたっぷり含まれるため、便の量を増加させて便秘対策に有効です。また、脂質、糖、ナトリウムなどを吸着して体の外に排出する働きもあるため、肥満や糖尿病、高血圧などの生活習慣病対策にも期待できます。食感も良く、噛み応えがあるため脳が刺激されて満足感が得られるため食べ過ぎを防義、ダイエットにも強い味方ですね。 この記事では、「マッシュルーム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメの舞茸を使った人気レシピ10選

    独特な香りが特徴の舞茸。炊き込みご飯や天ぷらなどに使われるきのこで、サルノコシカケ科マイタケ属に分類されます。新潟県が主な産地で、全国のおよそ6割ほどの生産量があります。続いて静岡県や福岡県など、各地で生産されています。栽培物が一般的で一年中手に入りますが、天然物は9月から10月ごろが旬です。舞茸のおもな栄養素は、食物繊維やエルゴステロール、ナイアシンなど。水溶性と不溶性のどちらの食物繊維も含まれる舞茸は、腸内環境を整え、便秘や軟便の解消に効果的です。エルゴステロールはカルシウムの吸収を促すため、骨や歯を丈夫にする働きがあります。ナイアシンは、タンパク質や脂質、炭水化物の代謝を促し、肌荒れ予防にも効果的です。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使ったおすすめ定番料理10選!今夜はこれにしよう

    独特の香りと味わいが特徴のしいたけ。しいたけにはカルシウムの吸収をサポートし、骨や歯を丈夫にするビタミンDが豊富です。また、満腹感が得られ、整腸作用のある食物繊維を多く含むしいたけは、ダイエットにもおすすめの食材です。きのこ類に含まれる成分、エリタデニンには血液をサラサラにする働きがあり、高血圧や生活習慣病の予防に効果があります。免疫力を高める働きがあるB-グルガンには風邪予防や抗がん作用があります。うまみが詰まったしいたけは、煮たり焼いたり炒めたり、さまざまな調理法で風味を豊かにしてくれる万能食材です。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しめじを使ったおすすめ定番料理10選!メニューに困ったらこれ

    しめじは秋に旬を迎えますが、スーパーでは通年中販売されているので身近な食材と言えます。比較的安価で売られているので家計に優しい食材です。新鮮なしめじはずっしりと重みがあり、カサが密集しています。また、軸は白色をしていて太く短めなものを選ぶと良いでしょう。栄養面ではビタミンB群や食物繊維を豊富に含んでいるので、動脈硬化を予防する働きや便秘解消効果があります。しめじは女性に嬉しい美白効果があり、低カロリーなのでダイエットに適しています。しめじを使った定番料理のレシピを多数紹介しているので参考にしてください。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使ったおすすめ定番料理10選!まずはここからマスターしておこう

    香りとうま味がたっぷりの舞茸は、舞茸を見つけると喜んで飛び跳ねるということから「舞茸」と呼ばるようになったと言われています。それほど味わい深いきのことして重宝され、炒め物・和え物・汁物・揚げ物・蒸し物・煮物など幅広い料理に活躍します。横に大きく広がったユニークな形とコリコリとした食感が料理にアクセントを加えて、和洋中とジャンルを問わず使えるきのこです。舞茸に含まれるβ-グルカンは免疫機能を活性化する作用があり、脂肪やコレステロールの分解を促進する成分も含み女性にとってうれしい食材です。低カロリーな上食べ応えがあり料理のかさ増しにも使えるので、ダイエット中の方にもおすすめですよ。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使ったおすすめ定番料理10選!これさえマスターしておけば!

    秋に旬を迎え、ヌメヌメとした食感が特徴のなめこ。なめこのぬめり成分は水溶性食物繊維で、腸内環境の改善や風邪予防などに効果があります。また、なめこにはコレステロールを抑制し、アンチエイジングにも効果があるコンドロイチンや、肌の乾燥を予防する働きがあるトレハロース、免疫力の改善に効果があるβグルガンが含まれており、健康生活に役立つ栄養素が豊富です。糖や脂質の代謝をサポートし、二日酔いの予防に効果があるナイアシンも多く含まれているため、おつまみにも最適。ツルっとしたのど越しとクセのない味わいのなめこ。ぜひ、日々の料理に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使ったおすすめ定番料理とは?役立つレシピ厳選まとめ10選

    コリコリとした歯ごたえが特徴のエリンギ。「白アワビダケ」という別名もあるきのこで、ヒラタケ科ヒラタケ属に分類されます。地中海沿岸から中央アジアのあたりが原産地と言われていて、国内では長野県、新潟県、広島県などが主な産地です。他のきのこと比べて含有量が多いのが食物繊維です。老廃物や毒素を体外に出すために重要な栄養素なので、デトックスをしてきれいになりたい女性におすすめの食品と言えます。便秘解消効果もあり、ダイエットにも効果的です。100gあたり24kcaiと低カロリーなので、ダイエット中の強い味方になります。コラーゲンの生成を助けるパントテン酸も豊富に含まれているのも特徴の1つです。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使ったおすすめ定番料理10選!まずはコレだけマスターしておく!

    コリコリとした食感のきくらげ。キクラゲ科キクラゲ属に分類されるきのこで、北海道、熊本県、鹿児島県などが主な産地です。弾力性があり、独特の歯ごたえがあるきくらげは、日本のほか、中国や韓国などの東アジアで食用とされています。特に含有量の多い栄養素は食物繊維で、腸の働きをスムーズにしてくれます。コレステロールの吸収を抑える働きもあるため、動脈硬化の予防にも効果的です。ビタミンDも豊富に含まれているため、カルシウムの吸収を助けてくれるほか、カルシウムの含有量も他のきのこよりも高いのが特徴です。骨や歯を丈夫にする働きがあるため、女性がなりやすいと言われる骨粗しょう症の予防効果も期待できます。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめたけを使ったおすすめ定番料理10選!コレだけマスターすれば!

    しゃきっとした食感と、程よい出汁の味わいが特徴的ななめたけ。えのきなどから作られることが多く、瓶などに詰められて、味付けがされています。ご飯のお供や、蕎麦、炒め物などにも使える万能な食材です。基本的に一年中安定した価格で手に入れることができ、農薬の汚染の心配もほとんどありまへん。加工されているのでそのまま使うことができ、火の通りを心配することもなく、時短料理にもぴったりです。売っているなめたけももちろん美味しいですが、えのきとめんつゆを合わせて煮詰めるだけでも簡単に作れるので、ぜひ試してみてくださいね。 この記事では、「なめたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • マッシュルームを使ったおすすめ定番料理9選!コレさえマスターすれば!

    「ツクリタケ」という和名をもつマッシュルーム。ホワイト種とブラウン種に分かれ、ホワイト種は全体が白くカサの表面が滑らかなことが特徴です。生のままでも食べられるのでサラダや、スープ、炒め物など料理のアレンジも様々です。ブラウン種はカサが茶色で、ホワイト種に比べると肉質がやや締まった特徴があります。風味がよく、煮込み料理に適していますよ。マッシュルームには水に溶ける「水溶性食物繊維」と、溶けない「不溶性食物繊維」がたっぷり含まれます。食物繊維の働きによって排便がスムーズになって腸内環境が整い、デトックス効果にも期待できます。さらに、低カロリーで噛みごたえもあるため食べすぎ防止にも効果的ですよ。 この記事では、「マッシュルーム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使ったおすすめ定番料理10選

    正確な種類の総数が分かっていない「きのこ」。日本でそんざいしているものの中で、食用とされているのは約100種類で、毒きのこは200種類以上あり、その他のきのこはどちらか不明です。ブナシメジなどの定番のきのこ20種類程度が人工栽培でき、腐生性のきのこです。そんなきのこの旬はさまざまで、キノコ狩りで定番のシーズンである秋はもちろん、種類は少なめですが、春が旬のきのこもあります。そしてきのこはさまざまな料理に使用でき、この定番レシピでも、みそ汁、パスタなどに使用しています。 きのこの栄養価は低カロリーで食物繊維が豊富に含まれているのです。また種類によち栄養成分が異なりますが、ビタミン、ミネラルも豊富に含んでいます。 この記事では、「きのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのエリンギを使った人気レシピ10選

    コリコリとした歯ごたえが特徴のエリンギは、食物繊維を非常に多く含み、その多さはさつまいもよりも多く含むと言われます。日本では自生していないため流通しているエリンギの100%は栽培されたものですよ。エリンギに含まれる食物繊維は不溶性のため腸まで直接届き、便の量を増やして、腸内の有害物質を外に排出する作用があるため便秘解消に効果的です。さらに、ビタミンB群の一つであるナイアシンを含み、糖質や脂質などをエネルギーに変換する働きを持ちます。体内の余分な塩分を排出するカリウムも含むため、むくみ対策にも有効ですよ。食事を気にしがちなダイエット中にもぴったりな食材ですね。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのしめじを使った人気レシピ10選

    しめじはきのこの一種で秋が旬の野菜です。しめじは炒め物や汁物など幅広い料理に使われているので色々なレシピを楽しむことができる食材です。ビタミンB群や食物繊維を豊富に含んでいるので美肌効果や便秘解消効果があります。秋が旬ですがスーパーでは季節に関係なく販売されているのでいつでも購入ができる身近な食材です。新鮮なしめじは重みがありカサの部分が密集しています。また、軸の部分は短めで白く太いものを選ぶと良いでしょう。しめじはヘルシーで朝ごはんにぴったりのレシピが数多く紹介されているのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中からおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。10選

  • 朝ごはんにオススメのしいたけを使った人気レシピ10選

    しいたけは低カロリーな食材なので特にダイエットをしている方におすすめの食材です。炒め物や汁物、揚げ物など様々な料理に使われていて、年齢問わず人気がある食材です。しいたけは春秋が旬ですがスーパーでは通年中販売されています。新鮮なしいたけはカサが閉じていて裏側に白い膜があります。また、軸の部分は肉厚で太いものを選びます。しいたけはビタミンDを豊富に含んでいるのでカルシウムの吸収を助ける働きがあります。しいたけは他の食材との相性が良く、朝ごはんにおすすめのレシピが多く紹介されているので様々な料理を楽しむことができます。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのえのきを使った人気レシピ10選

    えのきはヘルシーな食材なのでダイエットに適した食材です。炒め物や汁物等幅広い料理に使われているので人気があります。冬が旬ですがスーパーでは通年中販売されています。季節によって価格差がありますが、比較的安価で売られているので家計に優しい食材と言えます。新鮮なえのきはカサが小さくハリがあり、ピンと伸びていて長さが揃っています。えのきは食物繊維やビタミンB群を豊富に含んでいるので便秘解消効果や動脈硬化を予防する働きがあります。えのきは他の食材との相性が良く、朝ごはんにおすすめのレシピが多く紹介されているので様々な料理を楽しむことができます。 この記事では、「えのき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのきのこを使った人気レシピ10選

    きのこは椎茸、えのき、しめじ、エリンギ、まいたけ、なめこ、マッシュルームなどがあり炒め物、揚げ物、汁物、焼き物など様々な料理に使われている食材です。きのこは年齢問わず人気がある食材で、ヘルシーなのでダイエットをしている方におすすめの食材です。ほとんどのきのこは秋が旬ですが、スーパーでは季節に関係なく販売されているので手に入りやすく身近な食材と言えます。きのこは干したり冷凍をすることで風味とうま味がアップするのでおすすめです。きのこは他の食材との相性が良く、朝ごはんにぴったりのレシピが多く紹介されています。 この記事では、「きのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの舞茸を使った人気レシピ10選

    独特の形がユニークな舞茸は、舞茸を見つけたらうれしくて踊りだすことから名付けられたと言われています。それだけ味がよく風味のあるきのことして、昔から親しまれてきました。ブナ科の樹木に寄生し山林に自生していますが、スーパーなどで売られているものはほとんどが栽培物になります。10~11月の秋が旬で、自生してる旬の舞茸は格段においしく風味がよいとされています。他のきのことは違った食感があり、しめじ・えのき・しいたけなどと合わせて、きのこのソテーやスープ、パスタなどに使うときのこそれぞれの味と風味を楽しめます。舞茸は腸の働きをサポートする不溶性β‐グルカンが豊富なため、便秘を解消しデトックス効果を期待できます。低カロリーなのに食べ応えがあるため、ダイエット中の食材としてもおすすめです。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使ったおすすめ定番料理10選

    秋の味覚の一つの松茸は独特の芳醇の香りが特徴です。この香りは、「マツタケオール」と「桂皮酸メチル」と呼ばれる成分で食欲増進の効果があるとされています。キノコ特有の食物繊維もたっぷりと含み、他にも血行を改善するナイアシンや体内の余分な塩分を排出するカリウムなども含まれます。風味を保つために汚れなどは濡れ布巾などで軽く不程度にし、調理する直前にカットすることがポイントです。包丁ではなく手で裂くと皿に風味がアップするのでぜひお試しくださいね。松茸の香りは収穫後2〜3日程度で飛んでしまうため、手に入れたら出来るだけ早く調理するように心がけましょう。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使った人気レシピ【調理器具:オーブン】おすすめ10選

    肉厚で食べ応えのあるしいたけは風味がよく、和食にかかせないきのこの1つです。生のしいたけ以外にも乾燥しいたけがあり、家に常備しておくといざという時にさっと使えて便利です。しいたけは和食によく合い煮物・味噌汁・和え物・茶わん蒸し・天ぷらなどによく使われますが、パスタ・スープ・フライなど洋食にもよく合います。スライスして使うだけでなく、傘の部分に肉だねを詰めてスタッフィングしいたけにするなどアレンジも楽しめます。しいたけに含まれるエリタデニンは、血中のコレステロール量を低下させ動脈硬化を予防する働きがあります。便秘を解消する食物繊維も豊富で、低カロリーで食べ応えがあるのでダイエット中にもおすすめの食材です。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのきくらげを使った人気レシピ10選

    コリコリとした食感をもつきくらげは、きのこの一種でありスーパーでは乾物の状態で販売されていることが多いです。一般的に流通しているものは、小ぶりで全体的に濃い茶色をしている「ひめきくらげ」と大きく肉厚でコリコリとした食感が特徴の「あらげきくらげ」があります。きくらげに含まれる代表的な栄養素には食物繊維やビタミンDなどがあり、特に不溶性食物繊維を多く含んでいることから、便秘の解消などに役立つと考えられています。またビタミンDは体内のカルシウム濃度を調整する役割を持ち、骨を丈夫にする働きをします。きくらげは女性に嬉しい栄養素が多く含まれているので、この機会に是非レシピを参考にきくらげを使った料理を作ってみてください。この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの舞茸を使った人気レシピ10選

    舞茸は人工的に栽培されているものがほとんどなので、スーパーなどで一年中いつでも買うことができます。価格も安価なため、家計にも優しく家庭料理に重宝する食材のひとつです。天然の舞茸は幻のきのこと呼ばれるほど希少価値が高くなっています。舞茸は亜鉛、ナイアシン、食物繊維、ビタミンDなどの栄養素を多く含んでいます。舞茸は70度くらいの温度で調理すると、舞茸のうまみ成分が増えてさらにおいしくなりますよ。舞茸は他のきのこと同様に加熱して食べられます。舞茸は鍋、天ぷら、炒め物に多く利用されます。人工栽培なので旬はありませんが、鍋物がおいしくなる秋から冬にかけて需要が高まります。歯触りのよい肉厚な舞茸で、毎日の食卓を楽しみましょう。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのなめこを使った人気レシピ10選

    独特のぬめりがあるなめこ。味噌汁や和え物などに使われるきのこで、シャキッとした食感があります。モエギタケ科スギタケ属に分類され、原産国は日本と言われています。現在は長野、新潟、山形などで栽培されていて、9月から11月ごろにかけて旬を迎えます。なめこの主な栄養素は、食物繊維やナイアシン、葉酸などです。なめこの食物繊維は水溶性と不溶性がバランスよく入っていて、整腸作用が期待できます。コレステロール値や血糖値を下げる効果もあり、便秘解消にも効果的です。ナイアシンは炭水化物や脂質を代謝する働きがあり、ダイエットに効果があるとされています。葉酸は退治の先天性異常を予防する働きがあるため、妊娠中の女性におすすめです。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのエリンギを使った人気レシピ10選

    コリコリとした食感が特徴のエリンギ。食感がマツタケに似ていることから、代用食材としても使われます。ヒラタケ科ヒラタケ属に分類されるきのこで、地中海沿岸から中央アジアにかけての地域が原産地と言われています。日本では自生していないため旬の時期はなく、栽培物は長野県と新潟県がトップの生産量となっています。エリンギの主な栄養素は、食物繊維やパントテン酸など。エリンギの食物繊維はきのこの中でもトップクラスの含有量があり、便秘の予防や解消に効果的です。パントテン酸はビタミンCの働きを促し、コラーゲンの生成を助けます。エリンギは女性にうれしい栄養素がたっぷり詰まったきのこと言えます。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのえのきを使った人気レシピ10選

    白くてひょろっとした見た目のえのき。シャキッとした食感が特徴的で、色々な調味料との相性も抜群です。そんなえのきには驚きの効能が秘められているのをご存知でしょうか。生活習慣病から認知症まで、ダイエットだけでなくさまざまな現代病の予防改善の効果が期待されています。まずビタミンが豊富で、さらに、ナイアシンや食物繊維もたっぷり含まれています。腸内環境を整えることは健康、そして美容にも大事なことなのでぜひ積極的に摂取したいですね。そんなえのきですが、日持ちはあまりしないので、購入後は2〜3日くらいで使い切ることをおすすめします。 この記事では、「えのき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんでおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのきのこを使った人気レシピ10選

    低カロリーで、ミネラルやビタミン、食物繊維が豊富なきのこ。いいとこ尽くしで、たっぷりと摂りたい食材の一つです。生活習慣病を予防したい男性にも、美容を追求する女性にも、 成長過程のこどもにもぴったり。きのこの種類にもよりますが、食物繊維やビタミンが豊富に含まれています。また、くせがないので、炊き込みご飯、リゾット、スープ、グラタン、ピザ、炒め物、 煮物、和え物などの、どんな料理にも活用できるのが嬉しいところですよね。生のものはすぐに鮮度が落ちるので、購入した際にはすぐ使うようにしましょう。乾燥きのこも豊富にあるので、長期保存したい人には乾燥きのこがおすすめです。 この記事では、「きのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのしめじを使った人気レシピ10選

    小さい傘で、たくさん生えているしめじ。しめじは、昔から香りまつたけ・味しめじといわれるように、とても美味しいきのこの一種です。歯ざわりがよく、熱を通したものでもしっかりとしているので、炒め物やパフタ、煮物など、国籍問わずざまざまな料理に使われます。そんなしめじですが、かさが密集してツヤがあるもの、軸が長く笠が黒いもの、かさが開き切れておらず、小ぶりでしまっているものは美味しい証拠ですので、スーパーなどではこの項目に注目してみてください。かさの表面がヌルヌルしたものは古いです。また、保存する際は密閉容器などに入れて冷蔵庫に入れることをおすすめします。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんでおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社