キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

きのこの記事一覧

キッチンブックの「きのこ」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • エリンギを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    白くてコリコリと弾力もある歯ごたえが特徴のエリンギ。炒め物や揚げ物、パスタなど、様々な料理との相性も良く、とても使い勝手の良いきのこです。調理する際は手で裂いたり包丁で切るなどして調理しますが、手で裂くことによって味が浸み込みやすくなり、輪切りにするとアワビやホタテのような貝柱に似たような食感になることも特徴的です。また、たんぱくな味わいのため、料理の種類によってさまざまな味わいが楽しめます。そんなエリンギですが、水分がつくと傷みやすいため、保存する際には濡れていないか確認してください。3~4日以内に使いきることをお勧めします。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    とろみがある、きのこの一種であるなめこ。みそ汁や和え物などに使われることが多いですよね。味に強さもないため、比較的どの食材とも相性の良いきのこです。なめことは、ブナやナラなどの木や切り株に固まって生えており、古くから親しまれてきました。天然ものと栽培ものがありますが、天然ものの場合、旬は秋の9月ころから11月にかけてで、最もたくさん出回り、味も美味しいと言われています。そんななめこですが、痛みが早いため、冷蔵庫で保管し、できるだけ早く食べてください。長期保存したい場合は冷凍庫に入れることもできますが、その場合は石づきなどからは外して、水ですぐ洗える状態にすることをおすすめします。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • えのきを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    みそ汁や鍋物で大活躍なきのこ、えのき。手ごろな価格で買え、くせがないえのきは汁ものだけでなく、焼いたり炒めたりとさまざまな料理に使えます。白くてひょろっとした姿とは対照的に、えのきには栄養が豊富です。気持ちを安定させる働きがあるビタミンB1や生活習慣病の予防に効果的なビタミンB2、カルシムの吸収をサポートするビタミンDなどを多く含みます。整腸作用のある食物繊維も多く含みます。近年では、えのきに含まれるエノキタケリノール酸などの成分がダイエットに効果的であると注目されています。えのきは、冷凍すると、うまみがまします。適当な大きさに切って保存をすれば、手軽にさっと使えて、忙しい日にも活躍してくれます。 この記事では、「えのき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    しいたけやしめじ、えのきにまいたけ、なめこやエリンギなど、いろいろな種類があるきのこ。煮たり焼いたり炒めたり、さまざまな料理で楽しむことができます。きのこには、カルシウムの吸収を助け、筋肉増強に効果のあるビタミンDが豊富です。油との相性が良く、オリーブオイルなどと一緒に食べれば吸収率が高まるので、効率よく栄養を摂取できます。便秘改善やコレステロールを下げる働きがある食物繊維を多く含むきのこは、低カロリーでダイエットにも効果的な食材です。食べやすい大きさに切って冷凍庫で保存しておけば、鮮度も長持ちし、うまみもアップするのでおすすめです。 この記事では、「きのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    エリンギは、軸が太くて長く、石づきがなくてかさが小さいのが特徴です。便秘予防に効果的な食物繊維を豊富に含むエリンギは、他のきのこよりも糖の含有量が多く、整腸作用のあるオリゴ糖を多く含みます。肉厚で歯ごたえがあり、ボリュームもプラスされるのでダイエット中にもおすすめですよ。流通しているエリンギのほとんどが栽培ものなので大きな差はありませんが、軸の部分が白くてしっかりしているものを選びましょう。水分がつくと傷みやすいため、パックのまま冷蔵庫で保存してくださいね。根元に包丁で切り目をつけると簡単に裂くことができ、料理に取り入れやすいですよ。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ6選

    松茸は秋の味覚を代表する高級食材です。松茸ご飯や土瓶蒸しなど、香りを活かすように調理して食べられています。松茸に限らず、きのこ全般に言えることですが、加熱して初めて旨味成分がでる食材です。生でかじっても美味しくないので、食べる際は必ず火を通してくださいね。松茸の香りを人工的に再現した「松茸エッセンス」という合成香料も販売されています。乾燥松茸と松茸エッセンスを組み合わせて使うことで生で作る料理と遜色ない松茸料理が作れますよ。手軽に松茸を楽しみたい方や、生の松茸は高くて手が出ない、という方にもオススメです。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    きのこは主に春や秋が旬となりますが、スーパーでは一年中販売されている食材なので手軽に購入することができます。きのこはしいたけ、しめじ、エリンギ、まいたけ、なめこ、マッシュルーム、えのきだけなど種類があり年齢問わず人気があります。きのこは水分が多く、低カロリーな食材なのでダイエットに向いている食材で、ビタミンDが豊富に含まれているので抗がん作用や生活習慣病の予防効果があるとされています。きのこは天日干しをすることで風味とうま味がアップします。茹でたり焼いたりなど調理法が色々ありレシピが多く紹介されているのでぜひ活用してください。 この記事では、「きのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    秋の高級食材である松茸は香りが良く大変人気がある食材です。人工栽培が難しい食材で自然に発生しているものを収穫して販売をしているため高価な食材という印象がありますよね。松茸にはベータグルカンなどの食物繊維が豊富に含まれていて、腸内環境を整える働きや便秘解消効果があります。松茸は鮮度が落ちると特徴でもある香りが飛んでしまうのでなるべく早めに食べます。松茸はそのまま焼いたり、土瓶蒸し、松茸ご飯にして食べます。ご飯のおかずにぴったりなメニューが沢山ありますので、松茸が手に入った際は色々なメニューを楽しんでみてください。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ9選

    なめこはつるんとした食感が特徴のきのこの一種です。漢字表記では「滑子」と書きます。味噌汁などの汁物にするととろみがつき、体も温まりますよね。なめこのぬめりは山芋やおくらと同じ成分でできており、栄養が豊富に含まれています。ぬめり成分である「ムチン」は免疫力を高めてくれたり、胃腸、鼻、目などの粘膜を保護したりする効果があります。他にも美肌効果やむくみの解消など、美容にも良い効果が期待できる食材です。女性にとっても嬉しい成分ですよね。なめこを調理する時は洗ったり、熱湯でゆでたりしますが、ぬめりを洗いすぎないように注意してください。なめこの栄養素を逃さないように、美味しく食べてくださいね。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【調理法:おつまみ】おすすめ10選

    エリンギは肉厚で歯触りがよく、味にクセもないためどんな料理にも合うきのこです。パスタや炒め物などに使われるきのこの定番です。食物繊維が多く含まれているので、便秘が気になる方にオススメです。他にもカルシウムの吸収力を高めてくれるビタミンDも豊富に含まれています。エリンギは育ち盛りの子供からお年寄りまでいろんな年代の方に食べてほしい食材です。エリンギはスーパーで安く購入できるので、家計にも優しいですね。エリンギは輪切りにするとホタテの貝柱のような食感にもなりますよ。包丁を使わずに手で裂くと味の馴染みもよくなります。まな板も包丁も汚れないので一石二鳥ですね。ぜひ試してみてください。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • マッシュルームを使った人気レシピ【調理法:おつまみ】おすすめ10選

    芳醇な香りと味わいが特徴的なマッシュルーム。サラダや炒め物、揚げ物など、さまざまな料理で活躍してくれますよね。マッシュルームとは英語できのこという意味ですが、日本に持ち込まれた際にマッシュルームと名づけられ、その後はこの種類のみマッシュルームと呼ばれるようになりました。マッシュルームにはよく見る白っぽい色をしたホワイトマッシュルームの他にもブラウン種やオフホワイト種、クリーム種などがあります。そんなマッシュルームですが、乾燥してしまうと風味が薄れてしまうため、乾燥しないように袋などにいれてから冷蔵庫で保存しおくことをお勧めします。 この記事では、「マッシュルーム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • マッシュルームを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    マッシュルームは10月~12月が旬のきのこでツクリタケとも呼ばれています。人工栽培が可能なためスーパーでは一年中売られているので身近な食材です。マッシュルームは代表的なホワイトマッシュルームがありますが他にクリーム種、ブラウン種、オフホワイト種があり色の違いがあるものの栄養面では差異はありません。ホワイトマッシュルームは生で食べることが可能なのでサラダとしても活用されています。シチューなどの煮込み料理やグラタン、揚げ物や炒め物などご飯のおかずにもぴったりな料理の種類が数多く紹介されていますのでおすすめの食材です。 この記事では、「マッシュルーム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめたけを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    なめたけはスーパーでは瓶詰めのものが売られているので手軽に食べることができる食材です。そのままご飯のおかずとして食べることができる食材で老若男女問わず大変人気があります。原材料にきのこのえのきたけが使われているのでカロリーが低く大変ヘルシーなためダイエットにも向いている食材と言えます。なめたけはしょう油やみりんなどであらかじめしっかりと味が付いているので、味付け不要なレシピが数多く紹介されています。なめたけはそのまま食べるのはもちろん和え物、炒め物などに活用されていて他の食材との相性が良いのでアレンジがききます。 この記事では、「なめたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    しめじ、えのき、まいたけ、エリンギ、しいたけ、マッシュルームなど、家庭料理にはきのこを使ったおかずが欠かせませんよね。きのこを使ったおかずレシピには、中華味のきのこあんかけやきのこパスタ、きのこあんの和風ハンバーグ、シンプルなきのこ炒めなど、さまざまなおかずがあります。香りが高いですが、味にはクセがないため、和洋中問わずたくさんのおかずレシピが考案されていますよ。きのこは低カロリーなので、ダイエット中にもおすすめの食材です。また、食物繊維が豊富に含まれているため、便秘に悩んでいる人もきのこを使ったおかずを試してみる価値はあるでしょう。 この記事では、「きのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • えのきを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    えのきを使ったおかずレシピには、炒め物や煮物、あんかけなどがあります。えのきを甘辛く煮詰めたなめたけもご飯のおかずにぴったり。そのほかにも、麻婆豆腐やハンバーグなどのおかずにもえのきを使うレシピがあります。えのきは味にクセがないため、さまざまな味付けのおかずになるのがポイント。また、刻んで使えばソースやあんにもなり、おかずの幅が広がります。えのきはビタミンDが豊富に含まれているきのこで、カルシウムの吸収を助ける働きがあります。また、食物繊維やビタミンBも含まれていて、ダイエットや疲労回復効果が期待できるとされています。えのきをおかずに取り入れ、子供や家族の体づくり、健康維持に役立ててみましょう。 この記事では、「えのき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    コリコリとした食感が楽しめる「きくらげ」。一般的なのは乾燥させた干しきくらげで、夏から秋には国産の生きくらげも出回り、乾物に比べてプリっとした食感が特徴です。不溶性の食物繊維が豊富で、腸の働きを促して便秘を改善したり大腸ガン予防に役立つほか、高血圧予防やむくみ解消に効果的なカリウムやカルシウム、鉄分などのミネラルも豊富です。骨作りに関わるビタミンDやマグネシウムも多く、効率よくカルシウムが摂取できます。カルシウムとマグネシウムには精神を安定させる働きもあるので、女性特有のイライラを抑えたりストレスを解消したりするのにも効果的です。卵や豚肉と合わせて炒めたり、和え物や佃煮にすることで、きくらげの歯ごたえがアクセントになりご飯が進むおかずができますよ。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    しいたけ、えのき、まいたけ、マッシュルーム、エリンギなど、さまざまな食感と味わい、うまみがあるきのこ。煮たり焼いたり炒めたり、調理方法もさまざまで日々の食卓を彩ってくれます。きのこは約90%が水分で、低カロリーな一方、食物繊維やミネラル、ビタミンなどの栄養を多く含む健康食材です。きのこは便秘解消や生活習慣病の予防、疲労回復に効果的です。胎児の発育に欠かせない葉酸も豊富に含まれています。きのこは、風味を落とさないよう、洗わず使うのがおすすめです。下ごしらえをして冷凍保存をすれば、時短料理に活躍するだけでなく、うまみもアップします。 この記事では、「きのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • えのきを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    白くてひょろっとしたえのき。その見た目からは想像がつかないほど、栄養が豊富な食材です。ビタミンと食物繊維が多く、アンチエイジングやがん、骨粗しょう症、生活習慣病の予防に効果的です。えのき特有の栄養成分、エノキタケリノール酸は、内臓脂肪を減少させる働きがあり、ダイエットをサポートします。摂取した油の吸収をコントロールしてくれるキノコキトサンと食物繊維の相互作用で、腸内環境が整い、便秘の予防にも役立ちます。切り落とすことが多い石づきにもたくさん栄養が含まれているので、できる限り石づきに近い部分まで活用するのがおすすめです。 この記事では、「えのき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【調理法:おつまみ】おすすめ10選

    きくらげにはカリウム、カルシウム、鉄分などの栄養素が含まれています。きくらげに含まれる食物繊維は不溶性食物繊維なので、ダイエット中の方にもオススメな食品です。きくらげのコリコリとした食感はお酒のおつまみとしてもぴったりです。エネルギーの低いきくらげなら、カロリーを気にせず食べられますよ。乾燥きくらげは使いたい分だけ水で戻して使い、残りは長期保存ができるので常備している方も多いのではないでしょうか。きくらげを使った料理といえば、八宝菜などの中華料理というイメージですよね。中華料理の材料として一度買ってみたけど、他の使い道がわからないという方にオススメのレシピをたくさんご紹介します。家で眠っているきくらげを美味しく活用してくださいね。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめたけを使った人気レシピ【調理法:おつまみ】おすすめ10選

    なめたけは、スーパーなどで瓶詰めにして売られている、私たちに馴染みのある食材ですよね。とろみのある甘辛い味つけでご飯がすすみます。ですがなめたけを市販で買うとちょっとお高いですよね。なめたけはえのきなどのきのこを酒や砂糖、醤油などで甘辛く煮詰めるだけで簡単に出来上がります。清潔な瓶に入れて保存すれば日持ちするので常備菜としてもオススメです。えのきの安い時にたくさん作って、冷凍保存もできますよ。自分好みの味付けでぜひ作ってみてくださいね。えのきだけ以外のきのこを使ってアレンジしても面白いですよ。作ったなめたけはそのままお酒のおつまみとして食べたり、パスタと和えたり、サラダに混ぜたり、幅広く使うことができますよ。 この記事では、「なめたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    独特のぬめりが特徴のなめこは、みそ汁の具などによく使われるきのこです。ブナやナラなどの切り株に自生する天然のものと人工栽培のものがあり、天然物は10月〜11月頃が旬になっています。みそ汁の他にも和え物・お浸し・炒め物・餡かけなどに使われ、つるっとした食感を活かして汁気が多い料理とよく合います。なめこの粘液は水溶性食物繊維で、鼻や喉の粘膜を保護する働きがあります。ウイルスや風邪から守る効果があるため、風邪を引きやすい冬にぜひ食べたいきのこです。その他にもコンドロイチンという成分が含まれていて、肌に潤いを与える効果があります。美肌効果を期待したい方にもおすすめのきのこですよ。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    エリンギはヨーロッパ・ロシア・中央アジアを原産地としたきのこです。露地栽培のものはなく日本で栽培されているものは全て人工栽培されており、日本では1993年に初めて人工栽培が行われました。大振りで独特の形が印象的で、大きめにカットしてグリルで焼くなどインパクトのある形を楽しむことができます。歯ごたえがよく味や臭いにクセがなため、どんな調味料にも合わせやすく幅広い料理に使われます。エリンギは食物繊維が豊富で、腸内環境を整え便秘の解消に役立ちます。その他にも免疫力を高める作用があるβ-グルカン、整腸作用のあるオリゴ糖、骨粗しょう症を改善するトレハロース、ナイアシン、ビタミンD、B1、B2などたくさんの栄養素を含んでいます。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • マッシュルームを使った人気レシピ【調理法:ご飯】おすすめ10選

    ころんとした見た目が特徴のマッシュルーム。ナポリタンやピザなど、洋風のレシピで登場しますよね。マッシュルームは主にホワイト種とブラウン種があり、色の違いのほか、風味や味が異なります。ホワイト種はあっさりとした味が特徴なので、スライスして生のまま食べても良いでしょう。ブラウン種は濃厚なうまみがあるため、煮込み料理に向いているとされています。マッシュルームを使ったご飯のレシピは、チキンライスやドリアなどの洋食が中心です。しかし、味にクセがないため、しょうゆやみそを使って和風にしてもおいしく食べられますよ。 この記事では、「マッシュルーム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • マッシュルームを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    マッシュルームは料理に風味とうまみをプラスしてくれるきのこです。主に洋食で使われることが多く、炒め物やスープ、パスタ、サラダなど、幅広いレシピがあります。新鮮なマッシュルームは生でも食べられるのが特徴で、お好みのソースで和え物にするレシピも存在します。そんなマッシュルームは大きく分けてホワイト、ブラウンの2種類があり、それぞれ味や風味に違いがあるのをご存じですか。ホワイトマッシュルームは、ブラウンマッシュルームに比べてあっさりとしています。ブラウマッシュルームはコクのある味わいになります。おいしさの異なるマッシュルームを合わせて使うのもおすすめですよ。 この記事では、「マッシュルーム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    秋の味覚代表の松茸。特有の香りは「マツタケオール」や「ケイ皮酸メチル」という成分によるもので、「松茸風味」として人工的にも作られています。きのこ特有の食物繊維を豊富に含む松茸は便秘解消に役立ち、腸内環境を整えて有害な成分を排出する働きに期待されています。ビタミンDになる前の「エルゴステリン」と呼ばれる成分を含み、ビタミンD同様、カルシウムの吸収を助けて骨粗しょう症予防に有効ですよ。他にも、ナイアシンを含むため、皮膚の代謝に働きかけて肌荒れ予防に効果的です。国産品は高価ですがその分香りも良くておすすめです。天然物は旬の時期にしか食べられないので、ぜひお試しくださいね。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    高級きのことして重宝される松茸は、秋の味覚の最高峰として秋の風物詩にもなっています。松茸は人工栽培ができず、自生したものを収穫するため高級品になっています。高級なためなかなか家庭で味わう機会は少ないですが、松茸ご飯・土瓶蒸し・お吸い物・グリル焼きなどが人気です。松茸は香りと風味が豊かなので、松茸の香りを最大限に楽しめる調理法が多くなっています。この独特の香りはマツタケオールと呼ばれ、不飽和アルコールとメチルシンナメートによるものです。松茸はβ-グルカンなどの食物繊維が豊富で、腸内環境を整え便秘の解消に役立ちます。味わう機会が少ない松茸ですが、秋になったら自分へのご褒美に手に入れてみてはどうでしょうか。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • マッシュルームを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    マッシュルームはくせが少なく食べやすい味で、歯切れの良い食感で子供から大人まで人気の食材です。マッシュルームは加熱をすると旨みが出るため、シチューやアヒージョ、パスタなどでよく使用されています。また、生のままスライスしてサラダとして食べられることもあります。一般的に出回るマッシュルームの種類はホワイトとブラウンのマッシュルームがあり、ホワイトはクセが少なくあっさりとしています。ブラウンは香りが強く、濃厚な味わいが特徴です。それぞれ特徴があるので是非食べ比べてみてくださいね。マッシュルームを食べるときに水で洗ってしまうと風味が抜けてしまいやすくなるので、洗うときは湿ったふきんなどで汚れや土を拭き取るようにするのがオススメです。 この記事では、「マッシュルーム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    エリンギは香りや味にクセがなく、マツタケやホタテに似た弾力のある歯ごたえが魅力です。エリンギは価格も安く、スーパーなどで手軽に手に入ることから買い物に行くとついつい買ってしまう、という方も多いのではないでしょうか。エリンギは炒め物や炊き込みご飯、パスタや和え物などさまざまな調理法で美味しく食べることが出来ます。エリンギは食物繊維も豊富に含まれており、便秘改善の効果も期待できます。いつもメニューがマンネリしてしまうという方も、もっと手軽で美味しいエリンギ料理のレシピが知りたい方も、新しいエリンギ料理のレパートリーを見つけて作ってみてくださいね。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    なめこは和え物、味噌汁、そばの具などに使われトロッとしたぬめりのある口当たりとプリプリとした食感が特徴のきのこです。なめこの独特のぬめりの正体は食物繊維。オクラのねばねばにも含まれているムチンという食物繊維は鼻や喉、胃などの身体の粘膜を保護する役割があります。またウィルスの侵入を防いだり、ドライアイを予防も期待できます。なめこには他にもタンパク質、カリウムなど、豊富な栄養素を含まれており、女性にも嬉しい食材です。そんななめこの栄養素を逃さずに摂取するためのポイントがなめこを洗いすぎない、ゆで過ぎないということが重要。なめこのぬめりを残して調理することでとろみもつき、風味もでますよ。なめこのぬめりを生かした料理で美味しく栄養を取りましょう。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    ヒラタケ科のキノコであるエリンギ。食感がアワビに似ていることもあり「白あわびたけ」とも言われています。日本では自然に生えることはなく、全て栽培された物です。そのため旬がないので1年中食べられます。エリンギの栄養素はナイアシン、カリウムを多く含み。また便秘予防に効果のある不溶性食物繊維、免疫力を高める作用のあるβグルカン、エネルギー代謝に役立つパントテン酸、ビオチンを豊富に含んでいます。そんなエリンギの選び方は、軸は太く、弾力があり、白色はきれいで、カサの張りがあり、内側に軽く巻いている、ひだの変色がない物がおすすめです。調理には切っても食感がよく、手で割いた場合には味が染みこみやすくなります。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社