キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

きのこの記事一覧

キッチンブックの「きのこ」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • しいたけを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    その食感と旨味が特徴のしいたけ。そのまま焼いて食べたり、出汁に使ったりと、様々な料理の種類ができ便利な食材です。深い味わいも特徴のひとつですが、食物繊維も豊富に含まれています。しいたけには不溶性食物繊維が多く含まれており、これには胃や腸の中で水分を吸収して大きく膨らむことで、腸の動きを活発にさせる働きがあります。そして食物繊維自体にはダイオキシンや水銀などの有害な物質を吸収するとも言われているため、ぜひ積極的に摂りたい食材ですよね。美味しいしいたけを選ぶコツは、傘が開ききってないこと、厚みがあって丸っこいものとなりますので是非このポイントに注目してみてください。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    椎茸・しめじ・えのき・エリンギなど、きのこは料理にかかせない大切な食材です。きのこによって風味や食感、形が異なり料理にアクセントをプラスできます。しめじやえのきは料理の脇役的存在ですが、椎茸やエリンギは形が大きく、椎茸の肉詰めやエリンギのグリル焼きなど、大きさを活かして料理の主役として使えます。炒め物・蒸し料理・揚げ物などさまざまな料理に適していて、和食・洋食・中華などジャンルを問わず使えるので冷蔵庫に常備しておきたい食材です。きのこは種類によって栄養素が異なりますが、一般的に食物繊維が多くなっています。食物繊維は胃腸の働きを調え、便秘の解消にも役立ちます。色々なきのこを組み合わせて、食感や風味の違いを楽しむのもおすすめですよ。 この記事では、「きのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • えのきを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    低カロリーでありながら、うまみがたっぷりのえのき。代謝をサポートしてくれるビタミン類やおなかの調子を整えてくれる食物繊維を含み、ダイエット中に使えるヘルシーな食材として人気があります。加熱するとぬめりが出ることから、別名でなめたけとも呼ばれるえのきは、クセがなく食べやすいので、鍋やみそ汁、和え物など、さまざまな料理に使える便利なきのこですね。現在では栽培技術が発達し、日本の全国各地で生産されていますが、長野県での生産量が特に多く、全体の約6割を占めています。1年を通してスーパーで手に入るえのきは、価格が安定していることもあり家計の強い味方です。そんなえのきを食卓に取り入れて、健康的な美しさを手に入れましょう。 この記事では、「えのき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    椎茸・しめじ・えのき・エリンギなどと並んで、料理によく使われるきのこが舞茸です。独特の形が料理にアクセントを加えて、うま味が強く料理を引き立てます。生食はできませんが、焼く・炒める・蒸す・揚げるなどさまざまな調理法に適しています。和食・洋食・中華と料理のジャンルを問わず使える便利な食材です。舞茸に含まれるエルゴステロールは日光に当たるとビタミンDに変化し、骨や歯を丈夫にする効果が期待できます。その他にも舞茸にはガンの改善や抑制効果があり、免疫力を高める効能がありぜひ積極的に摂り入れたいですね。栄養素だけなく舞茸は100g当たりのカロリーが15kcalと低カロリーなため、ダイエット中の食材としても活躍します。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ7選

    日本のきのこの最高峰である松茸。かつては全国各地の山間地で松茸が育つ環境が整っていたことから今よりも身近な味覚でしたが、現在は採れる量が少ない上に、松茸は人工栽培ができなため、高価な食材となりました。人々を虜にする香りの成分はマツタケオールと呼ばれる不飽和アルコールと桂皮酸メチルというものから生成されています。また、食物繊維も豊富で、腸内環境を整えてくれるため、便秘の解消にも働きかけてくれます。そんな松茸の選び方はまず、傘の開きが五分までのものは弾力があるためおすすめです。傘が開ききっているものは鮮度が良ければ香りは良いので、そのようなものを選べば低価格で美味しい松茸食べられます。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • マッシュルームを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    和名では「ツクリタケ」や「西洋マツタケ」と呼ばれるマッシュルーム。ホワイトマッシュルームとブラウンマッシュルームがあり、ホワイト種は上品でまろやかな味わいが特徴で、ブラウン種は濃厚な風味が楽しめます。旨味成分のグルタミン酸やグアニル酸を豊富に含むため生でも味わい深く、新鮮なマッシュルームはサラダにも用いられます。たっぷりの野菜と一緒にスープにすることでマッシュルームには含まれない栄養素も補うことができ、ダシも出ておすすめですよ。味にクセもなく、ビタミンやカリウム、食物繊維などを豊富に含み低カロリーで消化の良いことから大人から子供まで幅広く料理に活用できることも嬉しいポイントですね。 この記事では、「マッシュルーム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめたけを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    えのき茸を醤油で煮込んだ「なめたけ」はご飯のお供にぴったりで安価で手に入ることから私たちの食卓に馴染み深い食品です。常備菜として自宅でも簡単に作れて、ご飯にかけるだけではなく、様々な料理に加えてアレンジを楽しむにもおすすめです。主な材料であるえのきにはビタミンや、食物繊維の他に、リラックスや精神安定に効果があるGABAが含まれています。そのためストレスを和らげ、肌の調子が整い、免疫力をアップする効果が期待されます。水分とともに栄養が流れやすいえのきですが、なめたけは煮汁ごと食べることができるため栄養を効率よく体内に取り入れられますよ。 この記事では、「なめたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    肉厚でジューシーな味わいが特徴のしいたけ。うま味成分が煮物や鍋物などの様々な料理よく合い、他の食材の美味しさを引き出してくれるので、欠かすことのできない食材です。生しいたけは食感や香りを味わうのに適しており、肉感を活かすレシピがおすすめです。乾燥している干ししいたけは長期保存に最適で、香りやうまみも凝縮されているため、使用前に水に戻すだけで調理できるのでとても便利ですよね。良品の見分け方は、生のしいたけはカサの開き方が6割~8割で、肉厚なもの。軸は短めのほうが良いとされています。干ししいたけはしっかり乾燥しているものを選ぶようにしましょう。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • マッシュルームを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    マッシュルームの旬は10月から12月で、人工栽培が可能な食材なのでスーパーでは通年中売られています。マッシュルームにはブラウン種、クリーム種、ホワイト種がありこれらは色ごとに分けられ、成分はほぼ一緒です。ホワイト種は切り口にレモン汁をつけておくと変色防止になりますし、殺菌効果があるので長持ちさせることができます。マッシュルームは主に炒め物やスープ等に使われていて、主な料理にはアヒージョ、シチューなどがあります。マッシュルームを活用した炒め料理には簡単に作れるメニューが沢山ありますのでぜひ作ってみてくださいね。 この記事では、「マッシュルーム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    香りとうまみ、歯触りの良さが特徴のきのこの一種である舞茸。煮ても炒めても揚げてもおいしく調理でき、通年で気軽に入手できるのが嬉しいですよね。新鮮なまいたけの見分け方としては、カサの色が濃い茶褐色で肉厚なものが好ましく、パリッとしているものであればさらに良品です。軸は白くて張りがあるものを選ぶようにしてくださいね。購入後は冷蔵庫の野菜質へ入れれば2、3日以内に、冷凍庫であれば1か月ほどはもちますよ。使用するときには水洗いすると風味が落ちやすいので、ゴミなどがついていたらキッチンペーパー等でふき取るようにしてくださいね。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    きくらげは中華料理によく使われている食材で、コリコリとした食感が特徴的でクセになる食材です。きくらげは耳に似た形をしていて木から生えていることから「木耳」と表記されています。栄養価も高く、不溶性食物繊維、ビタミンD、ビタミンB群、ミネラル成分であるカルシウムやカリウム、鉄分が豊富に含まれていて、エネルギーが低く不溶性食物繊維はダイエットにも適した食材といえます。乾物が一般的ですが生のものも販売されているので手軽に料理に使うことができます。スープ、炒め物、蒸し料理等幅広く使うことができる食材ですのでおすすめです。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    きくらげはコリコリとした食感が特徴的で、この食感が好きという人がいるほど人気の食材です。スーパーでは乾燥きくらげや生のきくらげが売られています。乾燥きくらげは調理をする際はしっかりと水で洗い石づきなどの固い部分を取り除いて使います。きくらげを使った主な料理には卵と合わせてオイスターソース等で味付けをした中華炒めや、色々な野菜と合わせた八宝菜等があります。サラダ、スープ等にも使われていますし、フライ等にも使われていますので幅広く活用することができる食材と言えます。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • えのきを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    歯ごたえの良さが特徴のえのきはどんな食材とも相性がよく、鍋物や炒め物など幅広く活躍します。きのこ類に豊富な食物繊維やビタミンDはもちろん、ビタミンB1・B2や二日酔い予防に効くナイアシン、免疫力を高めるβ-グルカンが他のきのこ類よりも多く含んでいます。カリウムやマグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラルもしいたけより豊富です。ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えるのを助け、疲労回復に役立ちます。ビタミンB2は、糖質・脂質・タンパク質の代謝に関わるほか、皮膚や髪を健康に保ち成長を促す作用もあるので、美しくやせたい人や育ち盛りの子供にも欠かせない栄養素なんです。ビタミンB1はアリシンを持つにんにくや玉ねぎ、長ネギと一緒に調理すると吸収が良くなり効果的に摂取できますよ。「この記事では、「えのき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    ぬめりけのある、なめこはキノコの一種。旬は10月から11月頃です。なめこの栄養は動脈硬化を予防するナイアシンや、ストレスを緩和するパントテン酸も豊富です。カルシウムや鉄などのミネラルも多く含まれています。カロリーが100gあたり15キロカロリーで、糖質が1.9gとヘルシーな食材。なめこのヌメヌメに食物繊維などの栄養がたくさn含まれています。なめこのヌメヌメは胃の粘膜強化となり胃炎予防や、気管の粘膜強化でインフルエンザ予防などにもなるので、調理時にゴシゴシ洗わないようにしてください。また生では食べられませんので必ず一度加熱してから食べてください。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。」

  • なめこを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    きのこの中でも独特なぬめりが特徴的ななめこ。漢字では「滑子」と表記され、ヌルヌルな食感から「滑らっ子(ヌメラッコ)」と呼ばれたことから名付けられました。山芋やオクラのヌルヌルの成分と同じ「ムチン」が含まれ、ムチンには胃腸の粘膜を保護する作用があることから暴飲暴食をして疲れてしまった胃腸を労わり回復してくれる効果が期待されます。他にも免疫力アップ、美肌、むくみ解消、胃痛の緩和などの嬉しい健康・美容効果が期待されるため積極的に摂りたいきのこの一つです。なめこといえば主にお味噌汁の具として調理されますが、蒸し野菜との相性も抜群です。食物繊維も豊富でダイエット向けの食材ですよ。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「蒸す」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    煮物や鍋などによく使われるしいたけは、身近なきのこの一つです。食物繊維が豊富に含まれていて、低カロリーなので、ダイエットの強い味方として注目を集めています。しいたけは、グルタミン酸やグアニル酸、イノシン酸といったうま味成分を豊富に含み、料理に使うと奥深い味わいを醸し出します。そんなしいたけは、日本の国内各地で生産されており、徳島県や北海道、岩手県の生産量が多く、1年を通して店頭に並んでいますね。価格が比較的安定しているので、料理にうま味を加えるだけではなく、かさ増しに便利な食材として人気を集めています。ヘルシーで家計に優しいしいたけを、毎日の食卓に取り入れて、健康的な暮らしを目指しましょう。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    肉厚で歯ごたえがあり、どんな食材とも相性の良いエリンギ。コリコリとした食感はアワビによく似ていることから「あわびたけ」とも呼ばれます。しめじや舞茸、エノキなどと同様、スーパーに通年流通しているため手に入れやすく、私たちの食卓にも馴染み深い食材です。他のキノコのように注目する点は食物繊維が豊富なことです。中でもエリンギはトップクラスの含有量のため腸内環境を整えるためには欠かせません。腸内環境が整えばダイエットや美肌効果にも繋がり、女性にとって嬉しい効果ばかりですね。さらにビタミンB群、カリウムなどが豊富に含まれることによって代謝アップや疲労回復に働きかけてくれますよ。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    うまみをたっぷり含み食感も良いきのこはどんな料理にも合う便利な食材です。きのこは低カロリーで料理のかさ増しになり食べ応えもあるため、満腹感が得られ食べ過ぎの予防にもつながります。きのこは食物繊維の宝庫で便秘改善のほか、動脈硬化や糖尿病、大腸がんなど生活習慣病の予防にも効果的です。カルシウムの吸収を助けるビタミンD、免疫力を高めるβ-グルカン、体を作る必須アミノ酸も豊富です。疲労回復を助けるビタミンB群やオルニチンも含み、健康で元気な体づくりをサポートしてくれます。きのこは冷凍保存もおすすめで、細胞壁が壊れて栄養素が体に吸収されやすくなり効果的に栄養が摂取できます。調理前に1、2時間天日干しすると栄養価がアップして、香りや風味が増しますよ。 この記事では、「きのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    日本で販売されているエリンギは全て栽培されている物なので1年中食べられます。エリンギはヘルシーな食材で100g、19キロカロリー、糖質は2.6gです。また食物繊維、ビタミンB群、カリウムを豊富に含んでいて、ナトリウムの量は少ないので、むくみ予防などもできダイエットに最適な食材です。アミノ酸も多く含んでおり、その中の1つオルチニンは肝臓の働きを良くするので二日酔いにも効果的。エリンギを使用する際は洗わないのがおすすめです。洗うことでうまみ成分や栄養が逃げてしまいます。エリンギを購入する際、傘の色が薄い茶色で開ききっていない物、軸が太くて白い物が新鮮ですよ。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめたけを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    なめたけは瓶詰めにされたものが売られていますので手軽に料理に活用することができる食材です。またなめたけは簡単に作ることができますので紹介します。鍋に切ったえのきたけ、しょう油、砂糖、酒、みりんを入れ煮詰め、水分が減りましたら酢を加えさっと火にかけてできあがりです。簡単に作ることができますので沢山作り瓶に詰めて保存しておくと様々な料理に使うことができますので便利です。なめたけを使った料理は和え物、お浸し、サラダ等があり他にはパスタに加えたり、卵焼きに加えるなど豊富にあります。蒸す調理法のなめたけのレシピは簡単ですので紹介します。 この記事では、「なめたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「蒸す」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • マッシュルームを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    コロンとした見た目が可愛らしく、キノコの香りが口いっぱいに広がるマッシュルーム。白色と茶色の種類をよく見かけますが、細かく分けると「オフホワイト」と「クリーム」の全部で4色に分かれます。白色のマッシュルームは収穫後3日以内の新鮮なものは生色として多く使われ、レモン汁をかけてサラダにするのがおすすめです。茶色のマッシュルームは風味が濃く、加熱することで旨味が増すためシチューなどの煮込み料理や炒め物、揚げ物に向いています。肉厚で食感が良く、食べ応えのあるマッシュルームは低カロリーで、ビタミン、カリウム、食物繊維が豊富に含まれるためダイエット中にもおすすめの食材です。 この記事では、「マッシュルーム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • マッシュルームを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    マッシュルームの旬は夏から秋で、ホワイト種やブラウン種などがあります。マッシュルームは水洗いをすると菌糸の間に水分が入り、傷みが早くなりますので基本的には洗わずにそのまま料理に使ってくださいね。切り口にレモン汁を塗っておくと変色防止ができ、殺菌効果により長持ちさせることができます。マッシュルームはきのこの中では唯一、生でも食べることができる食材です。ホワイトシチューやビーフシチューなどの煮込み料理、炒め料物、揚げ物、アヒージョなど幅広く使われている食材です。 この記事では、「マッシュルーム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめたけを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ6選

    ごはんのおかずやお酒のおつまみとして陰ながら食卓を支えてくれる、なめたけ。そんななめたけですが、原料はきのこの一種の俗称であり、エノキタケで作られています。一般的にはエノキタケをしょうゆ味で似て瓶詰めしたものを指します。味付けがしてあり、なめたけの瓶を買えば調味の手間いらずで簡単に料理を作ることができますよね。なめたけの瓶の種類は豊富で、種類ごとに特徴や味わいも変わるので、その日の用途によって使い分けるのも楽しいですよね。お鍋やパスタ、炊き込みご飯ともよく合うなめたけで、今日は揚げ物で調理してみませんか。 この記事では、「なめたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「揚げる」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    きくらげは乾燥しているものを見かけることが多いですが、きのこであることはご存知でしょうか。気温が下がる冬以降に広葉樹林の枯れ木や切り株などに生えています。きくらげは木耳と書き、外国でもユダの耳と呼ばれていて、耳の形に似ているとも言われます。そんなきくらげですが、生のきくらげを選ぶ際にはできるだけ肉厚で表面にしっとりしたつやがあるものを選ぶことをお勧めします。大きさや縮れ具合はあまり気にしなくても大丈夫です。使いやすそうなものを選んでみてくださいね。 乾燥きくらげを使う際には20分前後水につけることが必要なので調理する時間を考えて水に戻しておくとよいでしょう。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「揚げる」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    コリコリした歯ごたえが特徴のきくらげは、味はたんぱくですが低カロリーで栄養たっぷり。中国では「不老長寿の薬」として漢方にも使われるほど、栄養成分が豊富です。その中でも、カルシウムの吸収を促し、骨を強くするはたらきがあるビタミンDは食品の中で最も多く含まれていて、骨粗しょう症の予防や疲労回復などの効果があります。また、脂肪を燃焼させてくれるビタミンB2も多く含まれ、ダイエット中の人は注目すべき食材です。女性が不足しがちなカルシウムや鉄分、ミネラルも豊富なので、積極的に料理に取り入れたいですね。中華料理に使うイメージがありますが、きくらげのコリコリ食感を生かしたレシピがたくさんありますよ。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめたけを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    家庭に一つあると何かと重宝する「なめたけ」。瓶詰めで売られているものが多く、ごはんにかけて食べたり、料理に活用してアレンジしたりと使い方はさまざまです。甘辛い味付けとえのきのシャキシャキした食感がクセになりますよね。市販のなめたけも便利でいいですが、家庭でも簡単に手作りのなめたけが作れるのでぜひトライしてみてください。えのきだけ自体がとてもお手頃価格で売っているので、家庭で作れば経済的にも安く済みます。しかもたくさん作って常備菜にすれば、いざという時に活用できて便利ですよ。きのこは低カロリーなので、もちろんなめたけもヘルシーで低カロリー。ダイエット中の人にもおすすめできる食材です。 この記事では、「なめたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    程良い歯ごたえと旨味が特徴の舞茸。ビタミン・ミネラル・食物繊維などが豊富に含まれているヘルシー食材でもあります。中でも注目すべきは、MXトラクションという成分。他のきのこには無い舞茸特有の成分で、体内のブドウ糖やコレステロールを抑制・分解してくれる働きがあります。100gあたり約16kcalと低カロリーでもあるため、ダイエット中の人には特におすすめの食材です。又、舞茸を肉と合わせて調理すると柔らかく仕上がり、旨味もアップするのでおすすめです。これはマイタケプロテアーゼという酵素による効果。タンパク質を分解して柔らかくしてくれます。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    食物繊維が豊富に含まれ、低カロリーなしいたけ。ヘルシーなだけではなく、おなかの調子を整えてくれる働きを持っているので、ダイエット中の献立作りの強い味方です。しいたけは、シイやクヌギ、ナラなどの枯れ木に生えるキノコです。最近では栽培技術が向上し、1年を通してスーパーに並んでいます。露地栽培や天然のしいたけは、春と秋の2回収穫されます。日本では、全国各地で栽培されており、家庭でも栽培が可能です。グルタミン酸といううま味成分を含み、料理に加えると奥深い味わいが生まれるしいたけは、日々の食事に積極的に取り入れたい食材ですね。しいたけを使って、健康的で美しい体を目指しましょう。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    大きくて独特の形が印象的なエリンギは、椎茸・しめじ・えのきと並んでよく食べられるきのこです。ヨーロッパ・ロシア・中央アジアを原産地として、日本では1993年に初めて人工栽培が行われました。歯ごたえがあって食感を楽しめますが、椎茸や松茸のような香りはないため調味料で味付けを楽しめるのも特徴です。小さく切って炒め物や麺類などの具材にする以外にも、大きめに切ってそのままグリルで焼いて形を楽しむのも人気があります。脇役的な料理から主役的な料理まで、さまざまな料理に使われるアレンジの効く食材です。エリンギは食物繊維が豊富なため便秘気味のときにおすすめで、アレルギー症状を改善する効果のあるβグルカンや、ビタミンB群も豊富なので積極的に料理に取り入れたいきのこです。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    味噌汁の具材としておなじみのなめこは、独特のぬめりが特徴です。日本や台湾に分布し、10月〜11月頃が旬になっておりブナやナラなどの枯れ木や切り株などに自生する天然のものと、人工栽培のものがあります。なめこのぬるっとした粘液は水溶性食物繊維で、鼻や喉の粘膜を保護してウイルスや風邪から守る効果があります。その他にもコンドロイチンという成分が含まれ、肌に潤いを与える効果があり美肌効果を期待できるのもうれしいですね。ウイルスから守る効果があるので、風邪を引きやすい冬場にぜひ食べたいきのこです。みそ汁以外にそばやうどんと合わせるのが人気があり、ぬるっとした食感がつるっとした麺類によく合います。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社