キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

きのこの記事一覧

キッチンブックの「きのこ」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • しめじを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    手頃な価格で、風味の良いしめじは、えのきに次いで2番目に生産量の多いキノコです。低カロリーで食物繊維を豊富に含むしめじはダイエットの強い味方で、積極的に取り入れたい食材です。食物繊維は腸内環境を整えるだけではなく、血中コレステロールの上昇を抑えたり、血圧を安定させる効果も期待されています。さらに、脂質をエネルギーに変えてタンパク質の分解と吸収には欠かせないビタミンB2も多く含むため、美と健康を維持するのにぴったりです。また、カルシウムの吸収を高めて丈夫な歯や骨を形成するのに欠かせないビタミンDも豊富に含むため育ち盛りの子供や、骨粗鬆症対策におすすめですよ。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    旨味や食感が楽しいきのこは、私たちの日常に欠かせない食材です。食物繊維が多く、体内の腸内環境を整えて便秘対策や、体内の有害物質を排出するのをサポートしてくれます。さらに、カロリーが低いためダイエット中にもおすすめです。加えることで食べ応えがアップし、食べ過ぎ防止にもなりますよ。カルシウムの吸収を促進しるビタミンDも多く含み、育ち盛りの子供や、骨粗鬆症対策にも欠かせません。太陽の光に当てることでビタミンDが増えるため、乾燥しているものや、生のものでも30分〜1時間程度日光に当てることもおすすめです。カリウムや葉酸などのミネラルも豊富に含むため、いつもの料理に加えるだけで栄養バランスがより整いますよ。 この記事では、「きのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • えのきを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    シャキシャキの食感とクセなのない風味から様々な料理に活用されるえのき。人工栽培が盛んなため手頃な価格で一年中出荷することが可能なえのきは、キノコ類の中で生産量が一番多くなっています。低カロリーでダイエット中にも安心して食べられるえのきは、腸内環境を整える食物繊維や、糖質をエネルギーに変えるビタミンB1、脂質をエネルギーにするビタミンB2など美容効果の高い食材です。他にも、体内の余分な塩分を排出するカリウムや、コレステロールを減らすナイアシンも含まれます。どんな料理とも相性抜群なので、積極的に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「えのき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    噛むとじゅわーっとうま味が広がるしいたけ。加熱調理が必要なきのこですが、そのまま焼くだけでも、汁物や煮物に入れても存在感のある欠かせない味わいですよね。生のものと乾燥したものがあるので、その時々で使い分けをすることができるのも嬉しいポイントのひとつです。そんなしいたけですが、注目されている成分があります。それはエルゴステロール、エリタデニン、ℬグルカンというものです。これらの成分は高血圧予防、心筋梗塞予防、脳梗塞予防、静脈硬化予防、便秘改善、がん予防など、血液の循環を良くしてくれ、健康的な体に導いてくれるとのことです。食べることで健康になれるしいたけ、ぜひ食べてみませんか。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【調理法:がっつり】おすすめ4選

    高級きのこと言えば松茸で、秋になると店頭に並ぶ秋の風物詩とも言える存在です。高価なためなかなか家庭で味わう機会がありませんが、他のきのこに比べると格段に香りと風味が高いためぜひ旬に味わいたいきのこです。中国産、アメリカ産、トルコ産、スウェーデンなどがありますが、日本産の松茸が一番おいしく価格も高くなっています。松茸の香りはマツタケオールと呼ばれる不飽和アルコールと、メチルシンナメートによるもので、土瓶蒸しや松茸ご飯にしてその香りを楽しむことができます。シンプルに焼いて塩や醤油をつけて食べると、松茸のおいしさを存分に味わえます。時には奮発しておいしい松茸料理を作ってみるのもいいですね。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • マッシュルームを使った人気レシピ【調理法:パーティー料理】おすすめ10選

    マッシュルームは日本名をツクリタケと言い、明治中期に日本に伝わったと言われています。日本では椎茸やしめじ、えのきなどのきのこ類が豊富なためマッシュルームは少し影が薄い存在ですが、コロンとした見た目が可愛らしく肉厚で食べ応えがあります。スープやシチュー、パスタの具材、炒め物、グリル料理など、主に洋食によく合うきのこです。スライスして使うのはもちろん、丸みのあるフォルムを活かしてそのままオーブンで焼くなどアレンジを楽しめるのも魅力です。ホワイト種・オフホワイト種・クリーム種・ブラウン種があり、ホワイト種とオフホワイト種は生食ができるためサラダなどにも使われます。マッシュルームは食物繊維が豊富でビタミンB2やカリウムなどの栄養素を含み、高たんぱくで低カロリーのためダイエット中にもおすすめの食材です。 この記事では、「マッシュルーム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • マッシュルームを使った人気レシピ【調理法:糖質オフ】おすすめ10選

    マッシュルームは、和名では「ツクリタケ」や「西洋マツタケ」と呼ばれ、フランス語では「シャンピニオン」と呼ばれる世界で生産・消費ともに最も多いキノコです。日本で主に流出しているのは、淡白な味わいの「ホワイトマッシュルーム」と香りや風味の良い「ブラウンマッシュルーム」です。ブラウンマッシュルームは煮込み料理やスープに適し、対してホワイトマッシュルームは鮮度の高いものはサラダなど生のまま添えてもおすすめです。キノコ類の中でもタンパク質を多く含み、ビタミンやミネラル、食物繊維も豊富に含みます。旨味成分のグルタミン酸やアミノ酸が豊富で料理にプラスするだけで栄養も旨味もアップしますよ。 この記事では、「マッシュルーム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    独特なぬめりが特徴のなめこは「ナメタケ」とも呼ばれ、一年中流通しています。なめこのぬめりは水溶性食物繊維のムチンという成分によるもので、タンパク質の吸収を助けて胃を守る働きがあります。他にもカリウムや葉酸、骨粗鬆症予防に効果的なトレハロースを含みますよ。傷みやすいため早めに食べることが大切ですが、パック入りのものはそのまま冷凍保存可能です。カサが開いていなくて肉厚のものを選ぶようにしましょう。カサの大きさが1〜2センチほどのものが一般的ですが、大きなカサが特徴の「ジャンボなめこ」はぬめりが少なく軸に歯ごたえがあることが特徴です。鍋物によく合うのでぜひ試してみてくださいね。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    コリコリとした食感が特徴なエリンギは、食感がアワビに似ていることから「白アワビタケ」とも呼ばれています。クセのない味わいから人気を高め、切り方によって食感も変わるので料理によって使い分けも楽しめますよ。繊維に沿って手で縦に裂くと味が染み込みやすく、煮込み量に向いています。乱切りや繊維を断つように切るとアワビのような食感になり炒め物に適しますよ。天ぷらやソテーには包丁で縦に切るのがおすすめです。エリンギは他のキノコ類に比べると日持ちする方ですが、独特の食感は日にちが経つにつれて落ちていくので、食べやすい大きさにカットして冷凍保存することがおすすめです。炒め物やスープなどの加熱調理に凍ったまま加えてくださいね。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    きくらげはコリコリとした食感が特徴の中華食材です。生きくらげはゼリーのようにプルプルとした質感があります。きくらげはクラゲによく似た食感をしているため、「木に生えるクラゲ」という意味で「きくらげ」という名前がつけられました。きくらげやラーメン、炒め物など中華料理には欠かせない存在です。きくらげは乾燥させて売られているものも多く、日持ちするため家に常備している方も多いのではないでしょうか。きくらげには黒いきくらげ以外にも白きくらげという品種もあり、スープやサラダに利用されています。見た目も美しいので、ぜひパーティー料理などに使ってみてくださいね。きくらげの中華料理以外での使い道がよくわからない、という方に見てほしいレシピを多数ご紹介しています。ぜひ参考しておいしくきくらげを調理してくださいね。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめたけを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    なめたけはえのきを醤油、みりん、酒、砂糖で甘辛く煮詰めて作られます。ご飯のお供として根強い人気があり、他にも冷奴やパスタのトッピングや、卵焼きの具などにして幅広く料理に使われています。なめたけは日持ちするため、作り置きの常備菜としても便利なメニューです。冷凍して長期保存もできます。なめたけは瓶詰めにして市販で売られていることも多いですよね。えのきはスーパーなどで一年中いつでも手軽な価格で手に入る野菜なので、なめたけを手作りすることで節約にもつながりますよ。低カロリーでヘルシーでもあるので、ダイエット中のおかずとしても重宝しますよ。なめたけは鍋ひとつで簡単に作れるので、ぜひ作ってみてくださいね。 この記事では、「なめたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    なめこは加熱するとトロッととろみが出る、口当たりがなめらかなきのこです。味噌汁の具や鍋の具してよく使われています。他にも揚げたり、炒めたりしてもおいしく食べられるので、料理のバリエーションも豊富なんですよ。なめこを使えば片栗粉なしでも簡単に自然なとろみがつくので、糖質オフにも役立ちます。きのこは洗わずに汚れをふき取るようにしてから使うことが多いですが、なめこはかさが小さく、拭くのが大変なため、さっと洗ってから使うのがオススメです。洗いすぎるとなめこのうまみと栄養価が下がってしまうので、ぬめりは残すように洗ってくださいね。なめこはカロリーが低く、食物繊維が豊富なのでダイエット食に向いています。ダイエット中の方はなめこを食べて、体の中からキレイになりましょう。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    エリンギは肉厚で歯ごたえが良いきのこの一種です。バター醤油で炒めるのが人気ですよね。他のきのこと同様、焼くとうまみが出るので加熱して食べられています。エリンギは味にクセがないので味付けのバリエーションも豊富です。焼く、煮る、揚げるなどさまざまな料理の種類でおいしく食べられます。エリンギは工場で栽培されているのが一般的です。一年中スーパーで安定した価格で手に入るのもこのおかげですね。エリンギには食物繊維が多く含まれており、お通じの改善に役立つ食材です。低糖質なので、ダイエット食としても向いています。食べることで体の中からキレイになれるので、ぜひ積極的に献立に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    舞茸は香りが良く、ヒダが肉厚で食べ応えのあるきのこです。舞茸は糖質、脂質が少なく、低カロリーなので、ダイエット中の方の強い味方でもあります。他のきのこと同様、秋が旬ですが、一年を通してスーパーなどでいつでも手に入ります。価格も手頃なため、家庭料理でよく使う方も多いのではないでしょうか。舞茸は鍋、炒め物などによく使われています。味にクセがないため、和風、洋風などいろんな調味料と相性が良く、使い勝手が良いのも根強い人気の一つですよね。使う頻度が高い分、メニューもマンネリ化してしまいますよね。舞茸の献立に困った時はぜひこちらのレシピを参考にして、安くてヘルシーな舞茸を美味しく調理してくださいね。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    低カロリーで栄養豊富な椎茸は様々な料理と相性が良く、毎日の食卓でも大活躍な食材です。特に豊富に含まれる食物繊維は、腸の働きを活発にして、便秘対策に効果的です。他にも、他にも、紫外線に当てるとビタミンDに変化する「エルゴステロール」と呼ばれる成分を含み、カルシウムの吸収を助けて骨粗鬆症の緩和や予防に有効ですよ。生椎茸を30分程日光に当てるだけでビタミンDが増えて旨味もアップするので、天気の良い日にはカサを下向きして天日に干してみてくださいね。椎茸は水分に弱く、洗うと風味が逃げてしまうので汚れがある場合は軽く払うか、湿らせたキッチンペーパーなどで拭き取ってくださいね。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • えのきを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    家に常備しておきたいきのこの1つがえのきで、低価格で色々な料理に使える便利な食材です。臭いや味にクセがなく、シャキシャキとした食感が料理にアクセントを加えます。冬は鍋物の定番として活躍して、炒め物・麺類の具材・和え物・スープなど幅広い料理に使われます。低カロリーでボリュームアップさせたいときにもおすすめで、ダイエット中の人気食材です。えのきに含まれるエノキタケリノール酸は、腸内の余分な油が血管に吸収されるのを防ぐ効果があります。その他にも食物繊維、ビタミンB群、カルシウムやリンの吸収を助けるビタミンD、糖質・脂質・たんぱく質の代謝に欠かせないナイアシンなど豊富な栄養素を含んでいます。低価格で低カロリー、栄養満点と三拍子そろった優秀なきのこですよ。 この記事では、「えのき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    低カロリーでヘルシーな野菜の1つがきのこで、種類によって栄養素は異なりますが腸内環境を整えて便秘を解消する食物繊維が多い共通点があります。よく使われるきのこは椎茸・エリンギ・しめじ・舞茸・えのき・なめこなどで、きのこそれぞれの食感とうま味があります。どんな食材にも合わせやすく、和・洋・中とジャンルを問わず使える便利な食材です。炒め物・麺類の具材・炊き込みご飯・揚げ物・煮物・和え物・スープなどによく使われ、きのこを加えるだけでボリュームアップしてうま味が加わります。低カロリーなどでダイエット中の食材にもおすすめで、かさ増し料理にも活躍します。きのこ同士を合わせて、きのこたっぷりのヘルシーメニューを作るのもおすすめですよ。 この記事では、「きのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    香り豊かでコリコリとした食感あある舞茸。天然の舞茸は貴重とされ、流通しているほとんどのものが人工栽培と言われています。主な産地は新潟県で全国のおよそ60%ほど。続いて静岡県、福岡県、北海道などでも生産されています。舞茸にはβグルカンという食物繊維が豊富に含まれていて、便秘解消に効果的です。骨や歯を丈夫にするエルゴステロールや皮ふの健康を保ナイアシンも含まれるため、健康や美容に気を使う女性にもおすすめの食材と言えます。舞茸を選ぶ際は、ひだの部分が厚く、シャキッとしているものが新鮮とされています。冷蔵でも保存できますが、冷凍すると一カ月ほど日持ちし、旨味がアップしますよ。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • マッシュルームを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    マッシュルームの日本名はツクリタケと言い、17世紀頃にフランスなどのヨーロッパで人工栽培されるようになりました。日本へは明治中期に伝わったとされています。品種は大きく分けて4つあり、ホワイト種・オフホワイト種・クリーム種・ブラウン種があります。マッシュルームは新鮮な物であれば生食が可能で、サラダなどに入れるとマッシュルーの食感と風味を楽しめます。火を通してもおいしく食べられ、スープ・炒め物・パスタの具材・揚げ物・和え物など幅広い料理に使われます。スライスして使うのはもちろん、コロンとした可愛らしい見た目でそのまま丸ごと使うと料理のアクセントになります。マッシュルームは低カロリーで高たんぱくなので、ダイエット中の食材としてもおすすめです。 この記事では、「マッシュルーム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    独特の芳醇な香りを持つ松茸は、「香り松茸、味シメジ」と称されます。この香りは、「マツタケオール」「桂皮酸メチル」と呼ばれる成分で食欲増進の作用があります。化学的な合成で作られた「マツタケエッセンス」と呼ばれる香り成分は市販されていて、松茸ご飯の素やお吸い物として使われています。松茸の育つ環境の変化により今では国産松茸は貴重な高級品ですが、その分輸入松茸の流通量が増えています。松茸の香りは収穫後2〜3日程で落ちると言われるため、輸送に時間がかかる輸入松茸は国産のものと比べると香りは落ちてしまいますが、値段は国産よりも手頃なので、気軽に松茸の風味を楽しみたい時に上手に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    きくらげはコリコリとした食感が特徴のきのこです。その食感から、木に生えるクラゲのようだということから「きくらげ」という名前が付きました。きくらげといえば中華料理には欠かせない存在ですよね。きくらげは乾燥して売られていることが多く、保存もきくため家に常備している方も多いのではないでしょうか。こちらの記事はきくらげを使ったがっつりお腹にたまる、中華料理を多数ご紹介しています。あまり中華料理を作らないという方にもオススメな簡単に作れるレシピを載せています。きくらげはミネラルや食物繊維を豊富に含んでおり、便秘の改善や免疫力アップなど、体に嬉しい効果のある食材なので、ぜひ毎日の料理に利用してくださいね。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    きくらげは名前からくらげの一種と勘違いされがちですが、日本をはじめアジアで食用とされているきのこです。プリッとした食感が特徴で、オイスターソースとよく合い中華料理によく使われます。スープ・炒め物・揚げ物・和え物などに使われ、ボリュームのある食べ応えながら低カロリーで満腹感を得られるのでダイエット中の食材としてもおすすめです。ごぼうの約3倍の食物繊維を含み、腸内環境を整え便秘を解消する効果があるので女性にとってうれしいきのこです。その他にも骨粗鬆症の予防に効果があるビタミンD、カルシウム・鉄・亜鉛などのミネラル類などを含む栄養価に優れた食材です。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめたけを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    なめたけはご飯のおかずとしても人気の食材で、とろっとしたぬめりが特徴です。なめたけはきのこの種類と勘違いされがちですが、えのきたけの醤油炊きを指す料理の一種です。えのきたけをしょうゆ味で煮たもので、瓶詰の市販品も人気ですがえのきを使って家でも簡単に作ることができます。えのき・醤油・みりん・砂糖をフライパンで炒めると、簡単になめたけを作ることができます。なめたけ=ご飯のおかず、といった印象がありますが、他の野菜と合わせて和え物・炒め物・スープ・パスタの具材などさまざまな料理に使えるアレンジの効く食材です。冷蔵庫に常備しておくと、献立に一品プラスしたい時やお酒のおつまみにも使えて便利ですよ。 この記事では、「なめたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    独特のぬめりが特徴のなめこは、みそ汁の具材の定番になっています。10月〜11月頃が旬でブナなどの切り株などに自生する天然のなめこと人工栽培のものがあります。みそ汁以外にも鍋物・炒め物・和え物・スープなどに使われ、つるっとした食感が料理にアクセントを加えます。なめこのぬるっとした粘液は水溶性食物繊維で、鼻や喉の粘膜を保護する働きがあります。ウイルスや風邪から守る効果があるため、風邪を引きやすい季節にぜひ摂りたいきのこです。なめこに含まれるβグルカンは、腸内環境を改善し便秘を解消する効果があります。肌に潤いを与えるコンドロイチンも含まれているので、女性にとってうれしい食材です。低カロリーなので、ダイエットしながら美容にも気をつかいたい方にもおすすめです。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 https://textmining.userlocal.jp/results/9zFwZDYpYa9qrF5STRQ6YMtqEmuQoyJ5 ■概要文について これはキッチンブックに掲載される記事です。30代から50代の女性が見ることを想定しています。 料理する方(主婦・一人暮らし)向けコンテンツであることを念頭に置き、主に女性心をくすぐる様な表現で執筆をお願いします。 記載ポイントや表現や文言、言葉選びなどはそれを意識した内容での執筆をお願いします。 記事によっては、食材が重複する場合がございますので、「がっつり」に特化および差別化をはかってください。

  • エリンギを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    エリンギはヨーロッパ・ロシア・中央アジアを原産地とされ、日本では1993年に初めて人工栽培が行われました。エリンギは自生しているものはなく、国内産のものはすべて人工栽培されたものになります。大きな形がユニークで、大きさを活かしてスライスしてグリルで焼くなどインパクトのある料理を作る時に活躍します。きのこ特有の食感はありますが、臭いや味にクセがないためどんな食材にも合わせやすいです。エリンギは食物繊維が豊富で、1本あたり10kcalと低カロリーなのでダイエット中の食材としてもおすすめです。その他にも免疫力を高める作用があるといわれるβ-グルカンや、ビタミンB1・B2・Dなど豊富な栄養素を含んでいます。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しめじを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    しめじは椎茸やえのきと並んでよく使われるきのこの1つで、ボリュームがありながら低カロリーで低価格なため家に常備しておきたい食材です。石突をとってしまえば、包丁で切らなくても手で簡単に割いて使えるのが便利です。きのこ特有の食感はありますが、臭いや味にクセがないため食べやすくどんな料理にも合わせやすいです。醤油やみりんなどの和食の調味料から、バターやオリーブオイルなどの洋食の調味料ともよく合います。炒め物・麺類の具材・サラダ・和え物・揚げ物など幅広い料理に使えます。かさがあるため食材が足りないときやダイエット中のかさ増しにも役立ち、きのこの食感が料理にアクセントを加えます。しめじはカリウムや鉄などのミネラル類や、胃腸を調え便秘を解消する食物繊維を含んでいます。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    ネバネバとしたぬめりが特徴のなめこ。なめこのぬめり成分は、水溶性植物繊維によるもので、便秘解消に効果があります。喉や鼻、胃の粘膜を保護する働きもあり、風邪やインフルエンザの予防に役立ちます。また、きのこ類に多く含まれるトレハロースには血糖値の上昇を抑える働きや善玉菌を増やす働きがあり、糖尿病の予防や消化機能をサポートする効果があります。なめこには、アンチエイジングや胎児の健康な発育に欠かせない葉酸、貧血予防に効果的な鉄も含まれており、積極的に取りたい健康野菜です。二日酔いの予防に効果があるビタミンの一種、ナイアシンも含まれているため、お酒のおつまみにもぴったりです。なめこの栄養は、ヌメヌメ部分に豊富なため、軽く洗うのがポイントです。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    秋に旬を迎える舞茸。舞茸には、B-グルカンと呼ばれる食物繊維が含まれており、便秘の改善やがん予防に効果があります。また、皮膚や粘膜の健康をサポートする働きがあるナイアシンが豊富で、美肌効果に加え、アルコールの代謝を促進して、二日酔いを防ぐ効果もあるので、おつまみにもおすすめの食材です。きのこ類の中で唯一、舞茸にだけ含まれているMXフラクションという成分には、中性脂肪を減らして悪玉コレステロールを分解する働きがあり、ダイエットをサポートします。煮ても焼いても炒めてもおいしい舞茸。舞茸には、タンパク質を分解するエンドペプチダーゼという酵素が含まれてり、一緒に調理をするとお肉がジューシーにやわらかくなるので、お肉との相性も抜群。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • えのきを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    冬の鍋物の定番食材と言えばえのきです。シャキシャキとした食感が特徴で、味や臭いにクセがないため食べやすくどんな食材とも合わせやすいです。炒め物・スープ・揚げ物・和え物などは幅広い料理に使えて、低価格なので節約したい時にも活躍します。具材が少し足りないときにもえのきを足せばボリュームがアップするうえ、低カロリーなのでカロリーが気になる時にもおすすめです。えのきにはエノキタケリノール酸が含まれ、腸内の余分な油が血管に吸収されるのを防ぎます。キノコキトサンが老廃物や油を体外に排出し、食物繊維が腸内環境を整えて便秘を解消します。あまり栄養素がなさそうに見えるえのきですが、カルシウムやリンの吸収を助けるビタミンD、ビタミンB類、糖質・脂質・たんぱく質の代謝に欠かせないナイアシンなど豊富な栄養素を含んでいます。 この記事では、「えのき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    きのこには色々な種類があり、スーパーで一般的に手に入るきのこ類は椎茸・しめじ・えのき・エリンギ・舞茸・マッシュルームなどがあります。きのこによって形や色、香りや味が異なりますが、食物繊維が多く低カロリーという共通点があります。しめじやえのきは低価格で手に入るので主婦の強い味方で、ダイエット中のかさ増し料理にも活躍する便利な食材です。きのこ類は冬の鍋料理にもかかせない食材の1つで、その他にもスープ・炒め物・揚げ物・和え物・蒸し物など幅広い料理に使えます。椎茸やエリンギは形が大きくボリュームがあるため、きのこの形を活かした料理を楽しめます。椎茸の傘にひき肉を詰めて揚げたり、スライスしたエリンギにトッピングをしてグリルするなどアレンジが効くのも魅力です。 この記事では、「きのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社