キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

きのこの記事一覧

キッチンブックの「きのこ」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • しめじを使った人気レシピ【調理法:サラダ編】おすすめ10選

    しめじは包丁を使わなくても、石突をとってほぐせばすぐに使える便利なきのこです。きのこそのものの形のまま料理に使うことができるので、料理のアクセントにもなります。クセのない味わいがどんな料理にも合わせやすく、炒め物やオーブン料理、麺類の具材やスープなどさまざまな料理に使うことができます。醤油や酒などの和食の調味料から、バターやオリーブオイルなどの洋風の調味料にもよく合います。あまり栄養がなさそうなしめじですが、カリウムや鉄などのミネラルや日本人には不足がちなアミノ酸の一種のリジンを含んでいます。食物繊維も豊富で便秘の解消にも役立ち、体にいい栄養素がたくさん含まれているので料理に積極的に使いましょう。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しめじを使った人気レシピ【調理法:炒める編】おすすめ10選

    しめじは椎茸と共に料理によく使われるきのこの代表格です。香りや味などクセがなく、どんな料理にも合わせやすいのが特徴です。炒め物やパスタ、スープや煮物などのさまざまな料理に使われ、冬は鍋ものの具材として活躍します。価格も安くお財布にもやさしい主婦の強い味方で、冷蔵庫にいつも常備しておきたい食材です。100gで約18kcalと低カロリーなのでダイエット中のかさ増しの材料にも活躍して、使い勝手がいいのも魅力です。しめじには食物繊維・カリウム・鉄分・ビタミンB群、ビタミンDなど体にいい栄養素が豊富に含まれています。その他にも疲労回復に役立つグルタミン酸や、美白効果に効果のあるチロシナーゼ阻害物質なども含まれ積極的に摂りたい食材です。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ5選

    香りが魅力的な松茸は、秋の味覚の代表です。他の時期にはほとんど入手することはできず、その貴重性は値段にも表れています。松茸の香りには「マツタケオール」と「メチルシンナメート」という成分によるもので、香りを嗅ぐだけで食欲をそそり、食欲増進の効果があります。他にも、消化酵素の分泌を促す作用も注目されています。コリコリとした食感は食物繊維が豊富な証拠で、便秘解消やコレステロール値の低下にも有効です。きのこ特有の低カロリーは松茸も同様で、ダイエット中でも気にすることなく食べられますよ。値段を考慮すると気軽に入手することは難しいですが、特別な日などはぜひ取り入れてみてください。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しめじを使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ10選

    しめじは低価格で使い勝手がよく、冷蔵庫に常備しておきたい人気のきのこです。冬は鍋料理に必ず使われる食材で、その他にもパスタや炒め物、煮物やスープなどさまざまな料理に使うことができとても便利です。しめじは100gで約18kcalと低カロリーなので、ダイエット中も安心して食べられます。料理のかさ増しにも活躍して、お財布にもやさしい主婦の強い味方です。しめじにはカリウム・鉄・ミネラル・ビタミンB群・グルタミン酸など体にいい栄養素が豊富に含まれています。食物繊維も豊富なので、胃腸の調子を調え便秘の解消にも効果があります。しめじは美容や健康のためにも、積極に料理に取り入れたい食材です。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【焼く編】おすすめ8選

    秋の味覚代表の松茸は、魅力的な香りが特徴的です。松茸特有の香りには「マツタケオール」と「メチルシンナメート」という成分からで、この二つの香り成分は食欲増進や消化酵素の分泌を促す効果があります。香り成分は人工的にも作られて、お吸い物など代表的ですね。「香り松茸、味しめじ」という言葉がありますが、松茸には香りだけではなく、食物繊維やビタミンDなどの栄養も含まれます。高価な松茸ですが、人工栽培ができないため旬の時しか楽しめない貴重なきのこです。毎日頑張っている自分や家族のために、少し贅沢なご褒美で今晩の一品に加えてくださいね。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめたけを使った人気レシピ【煮る編】おすすめ10選

    なめたけはえのき茸をしょう油などの調味料で煮たものです。簡単に作ることができるので手作りをしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。市販品では瓶詰めのものがスーパーなどで売られています。瓶詰めのなめたけは保存がききます。なめたけはアレンジがきく食材です。そのままご飯に乗せてもおいしくいただけますが、様々な食材に組み合わせてもおいしくいただけます。中でも豆腐によく合いますのでレシピが豊富にあります。他には煮るレシピにもおすすめの食材です。子供から大人まで好まれている食材ですのでメニューに取り入れやすいのも特徴です。 この記事では、「なめたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • マッシュルームを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    マッシュルームと言うと、ホワイトのものを思い浮かべる方も多いと思いますが、実はブラウンのマッシュルームが原種になります。その他の種類として、ギガマッシュルームやジャンボマッシュルームがあります。マッシュルームを選ぶ際のポイントは、肉厚で身がしまっているものを選んで下さい。変色して柔らかいものは、鮮度が落ちています。保存方法は、冷蔵庫内で保存してください。冷凍する場合は、スライスした状態で冷凍庫へ入れましょう。この時レモン汁をかけると変色を防止できますよ。栄養素は、ビタミンB群や無機質が含まれています。今回ご紹介するマッシュルームを使ったレシピは、焼くをテーマにしたものを集めています。レシピを参考にマッシュルーム料理を楽しんで下さい。 この記事では、「マッシュルーム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    日本料理に欠かせないきのこと言えば椎茸です。こげ茶色の傘が料理のアクセントになり、カットして使うのはもちろん丸ごと一個を使った料理などアレンジが効きやすい食材です。椎茸はおいしい出汁がとれるためスープにもよく使われます。和風から洋風までさまざまな料理と相性がよく、風味と歯ごたえを楽しむことができます。あまり栄養のなさそうな椎茸ですが、実は豊富な栄養素が含まれています。椎茸に含まれるエリタデニンは、血中のコレステロール量を低下させ動脈硬化を予防する働きがあります。食物繊維も豊富で便秘の解消に役立ち、低カロリーなのでダイエット中にぜひ摂りたい食材です。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「蒸す」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    旨味たっぷりのキノコはどんな料理に入れても風味をよくしてくれる万能食品です。食物繊維が豊富なことが特徴的で腸内環境を整え、動脈硬化や高血圧の予防に効果が期待されます。食物繊維のβ-グルカンにはアレルギー予防や免疫力アップの効果も。ボリュームもあり満腹感もあるキノコですが、ローカロリーでまさにダイエットの味方です。様々な料理にカサ増ししてアレンジを楽しんでくださいね。小さな子供にはキノコ独特な食感や香りが苦手な場合もあります。細かく刻んだり、肉ダネを詰めてハンバーグにするなど美味しく食べられる工夫をしてみてくださいね。 この記事では、「きのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • えのきを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    淡白な味わいがどんな料理にもあうエノキ。ひょろっとした見た目ですが栄養満点なスーパーフードなことはご存知でしょうか。糖質をエネルギーにかえるビタミンB1、アルコールの代謝には欠かせないナイアシン、カルシウムの吸収率を助けるビタミンD、腸内環境を整える食物繊維などが代表的です。近年「腸活」と呼ばれる腸内環境を整えて健康的な体づくりを目指すことがブームですが、ローカロリーなエノキはまさに最適で、便秘予防や美肌効果など、美意識の高い女性は積極的にとりたい食品ですね。キノコの旨味のグアニル酸や、アミノ酸は生活習慣病予防や、疲労回復にも効果が期待されます。冷凍することができるので、常備して料理にアレンジしてみてくださいね。 この記事では、「えのき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    香りも風味も良く、煮たり、焼いたりと大活躍のしいたけ。食物繊維が豊富で、カリウム、カルシウムなどのミネラル、ビタミン類まで幅広く含み、健康維持に適した食材です。椎茸に含まれるエリタデニンは、コレステロール低下作用、血圧低下作用を持ち、カリウムの効果と合わせて、生活習慣病の予防に役立ちます。旨味の凝縮した干し椎茸は、料理のダシとして使われますが、旨味成分のグアニル酸は水温5度(冷蔵庫)で5時間以上戻し、加熱すると、グアニル酸が4倍以上に増え、重量は6倍以上にふっくら戻ります。戻し汁にもグアニル酸の元となる成分が含まれるので、一緒に煮物の煮汁として活用しましょう。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめたけを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    なめたけはえのきたけをしょう油、みりん、砂糖、お酒などの調味料で煮たものです。甘辛い味わいです。瓶詰めにされたものが売られているのでお手軽に料理に使うことができる食材です。自家製なめたけも人気です。なめたけと調味料を鍋に入れてとろみがつくまで煮ていくだけです。簡単に作ることができますし、日持ちがしますので大量に作って常備するのも良いです。また、冷凍保存が可能ですので優秀な食材と言えます。そのままご飯に乗せて食べても良いですし、卵焼きに混ぜて焼いても良いです。なめたけを使ったレシピも豊富にあります。カロリーが低いのでダイエット中の方にもおすすめです。 この記事では、「なめたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    きくらげは中華食材のひとつで、きのこに分類されています。生のものと乾燥のものがあります。きくらげはコリコリとした食感が特徴的です。カルシウム、鉄分、カリウムなどのミネラル成分が豊富に含まれていて、骨粗しょう症の予防や免疫力向上、がんの予防に効果があります。また食物繊維も豊富に含まれていますので便秘解消に効果があります。生のきくらげはそのまま切って料理に使います。乾燥きくらげは20分ほど水につけて戻して使います。ゆでてサラダやスープ、和え物のレシピに使います。他にも炒め物や焼くレシピなど様々な料理にお使いいただける食材です。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    近年、健康や美容効果に注目されメディアでも紹介される機会の多い舞茸。見つけると踊りだしたくなる程嬉しいことから「舞茸」名付けられたという説もあります。通年手に入れることのできる舞茸ですが、旬は10月〜11月頃です。舞茸には日光に当たるとビタミンDに変化するエルゴステロールという成分が含まれ、これはカルシウムの吸収率を高めて骨や歯を丈夫にする効果や子供の成長には欠かせません。他にも代謝促進のナイアシン、食物繊維、も豊富に含まれるため子供から大人まで積極的に食べたい食品と言えるでしょう。舞茸には肉の繊維を壊して柔らかくする酵素も含まれています。様々な食材と組み合わせて効率よく体内に取り入れましょうね。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    肉厚で歯ごたえが特徴的なエリンギの生産は、長野県や新潟県が盛んです。日本で自生いていないため、工場で栽培されたものが売られています。選ぶときのポイントは、軸に張りがあり白い物を選ぶようにして下さい。栄養素は食物繊維が多く含まれていることから、便秘の改善にも役立つと考えられています。またビタミンDも含んでおり、これは骨や歯の形成をする働きがあります。包丁で切らずに手で裂くと調味料がよく絡みます。エリンギは味にくせがないので、焼く、煮る、揚げるなど色々なレシピに活用できる食品です。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    つるんとした食感のなめこは長野県や山形県で多く生産されていますが、日本各地に自生しています。天然のなめこは秋が旬であり、工場で生産されたなめこよりも粘りが強いようです。なめこのヌメリはムチンと言う成分であり、オクラや里芋にもこの成分は含まれています。このムチンは粘膜の表面を保護する働きがあることから、胃炎や風邪予防の効果があると考えられています。またコンドロイチンという成分も含んでおり、これは肌の張りを保つ効果があります。選び方のポイントは、粒が引き締まっているものを選ぶようにして下さい。家計にも優しいなめこは、スープ、麺類、和え物、炒め物、鍋物に合います。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • なめこを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    つるつるとした食感が特徴のなめこは、日本料理によく使われるきのことして人気があります。傘の開ききっていない小さなものは表面がつるつるしていますが、傘の開いた大きなものはシャキシャキとした歯ごたえががあります。なめこは味噌汁の具材によく使われ、その他には炒め物や煮物などにも使われます。醤油やみりんといった和食の調味料と相性がよく、つるっとした食感以外はクセがなく食べやすいです。なめこの粘液の成分は水溶性食物繊維で、消化を促進したり腸内環境の改善に効果があると言われています。なめこに含まれるコンドロイチンは、肌に潤いを与える効果があり美容にもいいのでぜひ料理に取り入れたい食材です。今回はなめこを使った煮るレシピに注目して紹介します。 この記事では、「なめこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    独特な形が印象的なエリンギは、ヒラタケ科のきのこの一種です。コリコリとした食感で歯ごたえがよく、クセのない味わいでどんな料理にも合いやすいです。小さくカットして食べることもできますが、大き目にスライスして形そのものを楽しめる料理に使うのも人気があります。醤油や酒などの和の調味料とも相性抜群ですが、もとはヨーロッパの地中海性気候地域が原産で、フランス料理やイタリア料理などの定番食材になっています。エリンギは淡白な色と味わいのため、あまり栄養がないように見えますが食物繊維やビタミンB群、免疫力の向上に役立つと言われるβグルカンが豊富に含まれています。今回はたくさんあるエリンギを使ったレシピの中から、煮るレシピを厳選してお届けします。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    舞茸の旬は9月から10月にかけての秋となっていますがそのほとんどが人工栽培になっています。主な原産地は新潟県です。続いて静岡県、福岡県となっています。スーパーにも通年中売られていますので比較的手に入りやすいきのこです。舞茸が最も多く売れる時期は秋から冬にかけての鍋の季節です。多糖質の一種であるBグルカンが豊富に含まれています。このBグルカンはがん細胞の増殖を抑えたり、免疫機能の回復効果があります。また食物繊維も豊富に含まれています。近年では舞茸で作った舞茸茶がダイエット効果があり話題となっています。生では食べることができないので必ず焼くなどして加熱して食べましょう。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • えのきを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    えのきはコリコリとした食感が特徴的です。スーパーで選ぶときは持った時に全体的に締りがあるものを選びます。またなるべく白いもの、柄の部分が太くしっかりしているものを選びます。パッケージの袋に水滴がついているものは避けた方が良いでしょう。保存方法は冷蔵庫で3日から4日です。これを超えてしまう場合は保存袋に入れて冷凍保存をしてください。えのきは生では食べられないので焼くなどして食べてください。えのきにはキノコキトサンという食物繊維が豊富に含まれています。整腸、高血圧予防、免疫力向上などの作用もあります。 この記事では、「えのき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    きのこは種類が豊富です。中でもエリンギ、しめじ、えのき、椎茸、なめこ、マツタケ、マッシュルーム、舞茸がよく知られているきのこではないでしょうか。きのこには食物繊維が豊富に含まれています。便秘の改善の効果があります。また体内の有害な物質を体外に排出する働きもあります。ミネラルも豊富に含んでいて丈夫な骨や体作りにも効果があります。カリウムも豊富で高血圧予防などにも効果があります。きのこはカロリーが低くヘルシーな食べ物と言われていますが栄養がたっぷりの食材ですので毎日でも取り入れたい食材です。中には毒性のあるきのこもあるので注意が必要です。 この記事では、きのことはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しめじを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    料理に取り入れやすいきのことして人気のある「しめじ」。包丁を使わず手で割いて簡単に使えるのが便利で、さまざまな料理に使われます。和風の出汁や洋風の料理ともよく合い、低価格なのでお財布にやさしい野菜として人気があります。きのこそのものの形を料理に使えるので、見た目のアクセントにもなるのが魅力です。低カロリーでかさ増ししやすく、食物繊維が豊富なので便秘の解消にも効果がありダイエット中の食材としても活躍します。しめじは炒めたり蒸したりとさまざまな調理法に使えますが、今回はたくさんあるレシピの中でもしめじを煮るレシピを厳選してお届けします。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。」

  • しめじを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    しめじには、ほんしめじとぶなしめじがあります。スーパーには通年中出回っています。人工栽培の為スーパーに並んでいるのはぶなしめじが一般的です。白いしめじはぶなぴーという名前で販売されています。しめじは大変栄養価が高いきのこです。コレステロールを低下させて高血圧の予防にも効果があります。しめじは野菜との相性も良く炒め物に最適です。炒める際に触りすぎると水分が出てしまうのできつね色になるまで触るのを我慢してください。しめじは鍋や味噌汁などの汁物や肉巻きなどの焼き料理、天ぷらにしてもおいしくいただくことができます。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しいたけを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    煮てよし、焼いてよしと様々な料理に使える椎茸は、一年中スーパーなどで見かけ、私たちに身近なきのこです。椎茸にはカルシウムの吸収を高めるビタミンDが豊富に含まれ、骨や歯を丈夫にし、育ち盛りの子供の成長にも欠かせませんね。独特の食感や風味が苦手な子供も多いですが、乳製品と合わせることでより栄養素が高まりますので、チーズで焼くなどして上手く取り入れましょう。食物繊維も豊富に含まれるため、便秘対策も期待できます。椎茸は天日干しすることで栄養素はグッと上がり、調理前に30分〜1時間程干すだけでもビタミンDは約10倍アップすると言われています。人間の体内のビタミンDも日光浴することで増えますので、ほんの少し椎茸と日光浴して栄養を無駄なく取り入れたいですね。 この記事では、「しいたけ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しめじを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    きのこの中でも、食卓にかかせない食材として人気の「しめじ」。カットせずにそのまま手でほぐして料理につかうことができ、きのこの形そのままで使えるので料理のアクセントにもなります。低価格なので料理のかさ増しにも活躍して、お財布に優しいのもうれしいですね。しめじはβグルカンが豊富に含まれており、免疫力を高める効能があります。食物繊維も多いので便秘解消に効果があり、低カロリーなのでダイエット中の方に適した食材です。しめじは鍋料理やパスタ、スープなどさまざまな料理に使われ、どんな食材とも合わせやすく料理に取り入れやすいです。たくさんあるしめじを使ったレシピの中でも、今回はしめじを揚げるレシピを厳選してお届けします。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しめじを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    日本でしいたけと同様によく食べられるきのこが「しめじ」です。臭いや味にくせがなく食べやすいのが特徴で、鍋料理やパスタ、炒め物などどんな料理にも合わせやすいです。包丁で切らなくても手でほぐせばすぐに使えるのも便利で、色々な料理に活躍します。あまり栄養がなさそうなしめじですが、日本人に不足になりがちな必須アミノ酸の一種「リジン」を含んでいます。その他にもビタミンD・ビタミンB1、B2・ナイアシンなど豊富な栄養素が含まれており、食物繊維も豊富で胃腸の調子を調え便秘の解消に効果がある野菜です。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • マッシュルームを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    さまざまな料理に使われるマッシュルーム。独特の歯ごたえと見た目が料理のアクセントになって、使い勝手のいい野菜として重宝されています。マッシュルームはカロリーが低いので、ダイエット中のかさ増しする材料としてもよく使われます。マッシュルームにはホワイト種・オフホワイト種・クリーム種・ブラウン種があり、ホワイト種・オフホワイト種は生食用に使うことができます。クリーム種・ブラウン種は主に加熱用に使われます。あまり栄養がなさそうなマッシュルームですが、実はビタミンB群や食物繊維が豊富に含まれているのでぜひ料理に取り入れましょう。マッシュルームはサラダや炒め物、パスタによく使われますが、今回はマッシュルームのレシピの中でも煮るレシピを厳選して紹介しています。 この記事では、「マッシュルーム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 餃子を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    中国料理の中でも特に人気が高いのが餃子です。日本で食べられるようになったのは100年ほど前からで、今や日本人の食生活の中にしっかり定着しています。庶民的で身近な料理として愛されており、宇都宮餃子や浜松餃子など日本各地に餃子の名産地が生まれているほどです。中国では餃子を主食として食べ、主に水餃子が主流ですが、日本ではご飯に合わせるおかずとして位置づけられ、焼き餃子、水餃子、蒸し餃子、揚げ餃子と様々な調理法で食べられています。家で手作りする家庭も多いですが、冷凍食品やチルド品も多く販売されているため、いつでも手軽に食べられます。皮をパリパリに焼いて食べる焼き餃子は特に人気で、メジャーな食べ方といえるでしょう。 この記事では、「餃子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ダイエットの味方【えのきを使った料理】おすすめレシピ・作り方20選

    カロリーの低い野菜として人気のえのき。店頭販売されているえのきはほぼ人工栽培で、特に旬の時期というのはありません。ただ鍋料理に入れる食材として人気のため、秋から冬にかけて販売量が多くなります。えのきはクセのない味で匂いもきつくないので、他の食材と合わせやすくスープや炒め物など様々な料理に使える野菜です。 この記事では、えのきの基礎知識に加え、えのきのダイエット効果、えのきダイエットの方法と注意点、えのきのおすすめダイエットレシピをご飯もの・スープ・おかずのカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 7日間で痩せる!?まいたけのダイエットレシピまとめ

    まいたけは、かさの部分が平べったいきのこで、しいたけやエノキ茸、しめじと並ぶ比較的安価でポピュラーなきのこです。旬の季節は秋ですが、一年中スーパーで買える便利な食材となっています。まいたけを使った料理は、炊き込みご飯や天ぷらなどが有名ですが、他にも簡単でおいしい料理レシピがたくさん存在します。 この記事では、まいたけの基礎知識に加え、まいたけのご飯レシピ、まいたけのおかずレシピ、まいたけの副菜レシピのカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社