キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

水菜をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

水菜はアブラナ科の越年草で、アブラナやカブと同じ種類に属し京都が原産と言われています。京都で古くから作られていたため京菜と呼ばれたり、千筋菜や柊菜と呼ばれることもあります。シャキシャキと歯切れのよい食感が特徴で、クセのない味わいで食べやすく生でも食べることができます。生で食べると独特の苦みがありますが、害虫に食べられないようにするための成分で体に害はありません。サラダ・お浸し・鍋物・炒め物などに幅広い料理に使うことができます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて水菜のレシピを紹介しています。水菜を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

水菜の栄養素

水菜は緑黄色野菜なのでβカロテンが豊富に含まれています。βカロテンは抗酸化作用があり、高血圧や動脈硬化の予防に効果があります。貧血予防に効果がある鉄や葉酸、マグネシウム・鉄・リンなどのミネラル類も豊富です。風邪の予防やメラニンの生成を抑えてしみやそばかすを予防するビタミンC、体内の余分なナトリウムを排出するカリウムなど、体にいい栄養素を含んでいます。生でも食べられるので、栄養素を壊すことなく食べられるのもいいですね。

水菜の旬

水菜は露地栽培以外にもハウス栽培されているものがあるので、一年を通じて流通しています。旬は冬から早春にかけてで、鍋物がおいしい季節になります。2月頃が一番の旬で流通量が増え最盛期になります。水菜は冬野菜の特性を持っているため、霜が降りると柔らかくなりおいしくなります。

水菜の産地

! /image/〇〇
水菜は京都原産と言われ京都を代表する野菜になっていますが、関西地方以外にも定着し生産量は関東地方も多くなっています。生産量のトップは茨城県で全体の約3割を占めており、次いで福岡県、埼玉県、京都と続いています。京都は2000年までは生産量のトップでしたが、茨城・福岡・埼玉で水菜の栽培が本格的に始まり、本家の京都府の生産量を追い越しました。

おいしい水菜の選び方

水菜は葉先がピンとして濃いきれいな緑色のもので、大きすぎず葉脈がくっきりとしたものを選びましょう。みずみずしく茎にツヤがあってまっすぐ伸びていて、しなびたり変色しているものは避けましょう。量感があり葉・緑・茎の白さのコントラストがはっきりしているものを選び、細いものがおすすめです。株の部分もチェックして小ぶりで切り口が小さいものがを選び、傷みはじめているものは避けてください。

水菜の保存方法

水菜は濡らしたキッチンペーパーや新聞紙に包んで、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存します。寝かせておくと上に伸びようとストレスがかかって傷みやすいため、立てて保存するのがおすすめです。カットする場合は水菜を洗ってカットして水気を拭き取り、キッチンペーパーを敷いた容器に入れて蓋をすると長持ちします。水菜は冷凍保存もでき洗ってカットした水菜の水分をふき取り、ジップロックに入れて空気を抜いて冷凍庫で保存します。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

水菜の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

水菜の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

水菜の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

水菜の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

水菜の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

水菜をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社