キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

水菜の記事一覧

キッチンブックの「水菜」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 水菜を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    スーパーへ行くと、1年を通して手頃な価格で手に入る水菜。古くから京都などの関西地方で親しまれてきた野菜で、別名京菜とも呼ばれます。最近では全国的に普及し、茨城県や福岡県など全国各地で栽培されています。疲労回復や美肌に役立つビタミンC、皮膚や粘膜を正常に保つβカロテン、骨を丈夫に保ってくれるカルシウム、水菜には私たちの体にうれしい成分が含まれているので、毎日の食卓に積極的に取り入れたいものです。しゃきしゃきとした食感がありサラダや鍋料理、和え物など、さまざまな料理に活用できる水菜をおいしく食べて、健康的でキレイな体を手に入れましょう。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    冬野菜である水菜はみずみずしくてシャキシャキとした歯ごたえとほろ苦さが魅力の野菜です。ハウスものは1年中出回っていますが、旬のものは特にやわらかく味も良くなります。皮膚や粘膜を強くしたり、免疫力を高めてかぜ予防に役立つビタミンCやβ-カロテンが豊富で冬に積極的に食べたい野菜です。アンチエイジング効果のあるビタミンEやポリフェノールも多いので生活習慣病の予防や美肌にも役立ちます。骨を作るのに必要なカルシウムやマグネシウム、貧血予防や改善に役立つ鉄分や葉酸なども多く、更年期の女性や成長期の子供にも適した食材です。水菜を炒め物に使うことで食感が楽しめる料理になり、カサも減るため美容と健康に効果的な水菜の栄養がたっぷり摂取できますよ。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    瑞々しいシャキシャキ食感が特徴の水菜。別名「京菜」とも言われ、伝統的な京野菜のひとつでもあります。水菜は寒さに強いことから、元々は冬場の貴重な栄養源として、温かい鍋などに入れて食べることの多い食材でした。近年は全国各地に通年流通するようになり、サラダや揚げ物など様々な調理法で食べられています。味に癖が無いため、幅広いレシピに取り入れやすいですよね。又、水菜にはレモンの半量ほどのビタミンCが含まれており、風邪予防や疲労回復などの働きが期待できます。βカロテンや、カリウム・マグネシウム・鉄・リンなどのミネラルも豊富です。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    サラダから鍋まで、ありとあらゆる食材に使われる水菜ですが、寒さに強い冬野菜のひとつです。冬は夏に比べると旬となる野菜が少なくなってしまうため、水菜は冬にも重宝する野菜と言えます。水菜は色が濃いもののほうが新鮮です。選ぶ際は注意してみてください。そして水菜にはビタミンCやカルシウム、葉酸が多く含まれており、風邪の予防や疲労の回復、肌荒れ、骨の健康の維持、育ち盛りな子供や妊娠中の女性の助けになる栄養素が入っています。ぜひ、日頃の食事に取り入れたい食材ですね。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    比較的安価な水菜はお財布にも優しい野菜ですね。鍋物やサラダなど料理のアレンジも様々で、身体に嬉しい栄養もたっぷり含まれるため嬉しいことだらけの万能野菜と言えるでしょう。抗酸化作用のビタミンC、骨の形成には欠かせないカルシウム、胎児の成長には欠かせないため妊娠中に積極的にとりたい葉酸が多く含まれることが特徴です。冬野菜の水菜は、現在は全国的に生産されていますが、古くは京都の人々が冬を越すためには欠かせない野菜として活用してきたと言われています。鍋料理などに使えば量も減るので一度にたくさん取り入れられますよ。特に寒い冬に積極的に食べて、元気に乗り越えましょうね。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    水菜の旬は12月から3月となりますがスーパーでは通年中売られているので比較的手に入りやすい野菜です。京都が原産地で古くから栽培されていることから京菜とも呼ばれています。冬野菜でもあるので冬の水菜は柔らかい味わいです。水菜にはビタミンCが多く含まれていて風邪の予防効果があります。緑黄色野菜ですのでカロテンを豊富に含んでいます。カルシウムやカリウムも豊富に含まれていて、骨の健康維持にも効果があります。生でもおいしく食べることができるのでサラダとしても人気があります。お浸しやお鍋の具材としても使われています。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【水菜を使ったレシピ】おすすめで人気の厳選レシピ20まとめ:シャキシャキパスタやサラダを紹介

    味にくせがなく、いろいろな料理に合わせやすい野菜の水菜。関西の京都を中心に栽培され、伝統的な京野菜であることから「京菜」の呼び名でも親しまれています。1年を通して手に入りやすく親しみがありますが、旬は、冬から初春にかけて。水菜は日持ちがしないので、買ってきたらすぐに使うようにしましょう。たくさん買ってきても、サラダ、浅漬、お浸し、和え物、炒め物、などどんな調理法でも美味しく食べることができ、そのレシピは無限大なので、困ることがありません。今回は、そんな水菜の簡単に作れる美味しいレシピを、サラダやパスタ、スープなどカテゴリー別に紹介します。

広告

運営会社