キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

水菜をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

水菜はアブラナ科の越年草で、アブラナやカブと同じ種類に属し京都が原産と言われています。京都で古くから作られていたため京菜と呼ばれたり、千筋菜や柊菜と呼ばれることもあります。シャキシャキと歯切れのよい食感が特徴で、クセのない味わいで食べやすく生でも食べることができます。生で食べると独特の苦みがありますが、害虫に食べられないようにするための成分で体に害はありません。サラダ・お浸し・鍋物・炒め物などに幅広い料理に使うことができます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて水菜のレシピを紹介しています。水菜を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • 夜ごはんにオススメの水菜を使った人気レシピ10選

    シャキシャキとしてみずみずしい水菜。「京菜」「センスジナ」などの別名もある水菜は、アブラナ科アブラナ属に分類される野菜です。日本が原産地とされていて、古くから京都で栽培されてきたと言われています。水分の多い野菜のため、乾燥に弱いのが難点。保存する際は、水で濡らしたペーパータオルなどを巻き、ビニール袋に入れて野菜室で保存するのがおすすめです。水菜の主な栄養素は、ビタミンCや葉酸、カルシウムなど。ビタミンCは美肌を目指す女性におすすめの栄養素で、鉄分の吸収を助ける働きもあるため、貧血予防にもなります。葉酸はDNAやタンパク質の合成を促進する働きがあり、胎児の発育に重要な栄養素でもあります。妊娠中の女性は特に多く摂る必要があると言われています。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使ったおすすめ定番料理10選!献立に困ったらこれを!

    水菜はクセがなく他の食材との相性が良い野菜なので取り入れやすい食材です。旬は秋から春になりますが、スーパーでは通年中販売されているので身近な食材です。新鮮な水菜はピンと伸びていて、茎にハリがあります。定番料理にはサラダがあり、他には炒め物や鍋、汁物などのメニューに使われています。水菜はお肉や魚などの臭みを消してくれる働きがあります。低カロリーで茹でるとカサが減り沢山食べることができ、鍋やお浸しで食べると歯ごたえを楽しむことができるのでおすすめです。水菜を使った定番料理を紹介しているのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの水菜を使った人気レシピ10選

    水菜は秋~春が旬の野菜で価格差がありますが、スーパーでは通年中販売されています。水菜はクセがなくアクがない食材なので年齢問わず人気がある食材です。他の食材との相性も良く様々なレシピに使われています。水菜は魚やお肉の臭みを消す働きがあるので組み合わせて調理をするのがおすすめです。栄養面ではベータカロテンが豊富に含まれているのでがんを予防する効果や老化を防ぐ働きがあります。また女性に嬉しいビタミンCが含まれているのでおすすめです。サラダはもちろん、汁物や炒め物等朝ごはんにもぴったりなのでレシピが沢山紹介されています。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中からおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの水菜を使った人気レシピ10選

    シャキシャキとした歯ごたえを楽しめる水菜は、アブラナやカブと同じ種類に属する野菜です。京都原産の野菜で京都で古くから作られていたため京菜とも呼ばれ、その他にも千筋菜や柊菜と呼ばれることもあります。生でも火を通してもおいしく食べられ、生ではサラダやサンドイッチ、火を通す料理では炒め物・お浸し・スープ・鍋物などに使われます。生で食べるとほどよい苦みを感じますが、これは害虫に食べられないようにするための成分です。水菜はビタミンCが豊富で、免疫力を高めて風邪を予防する効果があります。メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぐ効果もあるので、女性にとってうれしい野菜です。その他にも妊婦に欠かせない葉酸や体内の余分なナトリウムを排出するカリウムなど体にいい栄養素を含んでいます。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    水菜は、畑の作物と作物の間に水を引き入れて育てたことから名付けられ、「京菜」とも呼ばれています。シャキシャキの食感でクセがなく、加熱しても生でも食べられる水菜は鍋物やサラダなど、幅広く料理に活用できます。栄養バランスが非常に整った水菜は、カロテンやビタミンCなどのビタミン類、カルシウムや鉄などのミネラル類、食物線を多く含みます。さらに、コレステロールの低下や解毒作用、抗がん作用など、私たちの日常に欠かせない食材ですよ。肉や魚などの臭みも消してくれる水菜は、生食の場合軽く塩もみするのもおすすめです。少ししんなりとして食感も良くなり、量も減るのでたくさん食べられますよ。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    シャキシャキとした食感が特徴の水菜は、生でも火を通しても食べられます。サラダなどに入れると食感を楽しめ、クセのない味わいでどんな食材とも合わせやすいです。水菜は京都原産で古くから食べられていた野菜で、京菜とも呼ばれます。生で食べると苦みがありますが、この苦みは害虫に食べられないようにするための成分でビタミンCが多く含まれています。ビタミンCはメラニンの生成を抑えて、シミやそばかすを防ぐ効果があるため女性にとってうれしい野菜です。生のまま食べると栄養素を壊すことなく摂れるのもいいですね。その他にも葉酸やカリウムを含み、冬は鍋物やスープ、夏はサラダや和え物といったように季節感のある料理を楽しめます。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    水菜はシャキシャキとしたさわやかな食感が特徴の京野菜です。鍋の具材や、炒め物、サラダなどで幅広く利用されています。水菜はカルシウムが豊富で、水菜100gのカルシウム量は牛乳の約2倍も含まれています。他にも、アリルイソチオシアネートという水菜の辛味成分には、抗菌作用や血栓を作るのを防ぐ効果などがあります。日持ちしないため、買ってきたらすぐ使い切るようにしてくださいね。水菜は加熱しすぎると栄養素や食感が損なわれてしまうため、炒め物に使うときはさっと火を通すようにしてくださいね。加熱する時は汁ごと食べられるスープや鍋にするのもオススメですよ。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 冬瓜を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    冬瓜は味にクセがなく、食べやすいのが特徴の夏野菜です。味が染み込みやすく、どんな食材とも相性がいいので、料理に利用しやすい食材です。ふろふきにしてあっさり食べたり、あんかけや甘辛の煮付けなどでこってりとした味付けしてもおいしいですよ。冬瓜は皮が硬く、貯蔵性に優れていて玉のままで保存すれば冬まで持つことから冬瓜という名前が付けられました。おいしい冬瓜の見分け方は、カットして売られている冬瓜は実がつまっていて切り口が綺麗なものを選んでください。玉売りは重量感のあるものがオススメですよ。冬瓜は水分が多く、栄養価は低いですが満腹感が得られる上に低カロリーなため、ダイエットに向いています。 この記事では、「冬瓜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    シャキッとしてみずみずしい水菜。サラダはもちろん、鍋物にも活躍する野菜です。京都が原産とされるアブラナ科の野菜ですが、現在は茨城県や福岡県、埼玉県などが主な産地です。12月から3月ごろまでが旬ですが、ハウス栽培によって1年を通して流通しているのが特徴です。水菜はにんじんやほうれん草などと比べて薄色ではありますが、βカロテンが豊富に含まれているため、緑黄色野菜に分類されます。βカロテンは体内でビタミンAに換わり、皮膚や髪、粘膜などを健康に保つ働きがあります。ほかにも骨の健康維持に不可欠なカルシウムやカリウム、マグネシウム、鉄分が豊富です。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    水菜は京都原産と言われ、京都で古くから作られているため京菜と呼ばれます。アブラナやカブと同じ種類に属し、生で食べると独特の苦みがありますが火を通すと苦みが和らぎ食べやすくなります。水菜の苦みは害虫に食べられないようにするための成分で、生食するとシャキシャキとした歯ごたえを楽しめます。サラダ・お浸し・和え物・鍋物・炒め物などに使われ、きれいな緑色が料理に彩をプラスします。寒さに強い冬野菜の一つで冬から早春が旬になりますが、ハウス栽培もされているため一年を通じて流通しています。水菜は体内の余分なナトリウムを排出するカリウム、免疫力を高めて風邪を予防するビタミンC、抗酸化作用のあるβカロテン、カルシウムなど豊富な栄養素を含んでいます。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    京都が原産の水菜は12月から2月が旬であり、鍋の具材やサラダなど様々な料理に使われています。主な産地には、茨城県、福岡県、京都などがあり、ハウス栽培ができるため年間を通して購入することが可能です。アブラナ科に属する水菜は、少しピリッとした辛味を持ちますが、これは“アリルイソチオシアネー ト”という辛み成分で、魚肉の臭みを抑える働きがあります。水菜を選ぶときのポイントは、葉先に張りがあり茎がまっすぐに伸びているものを選びましょう。余り日持ちがしない水菜は、なるべく購入したらすぐに使い切るのがベストですが、保存する場合は水で濡らした新聞紙で水菜を巻き袋に入れ、立てた状態で冷蔵庫内へ入れてください。この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    水菜はシャキシャキとした歯ごたえが特徴で、生でも食べることができます。生で食べると独特の苦みがあるため、大人向けの料理によく合います。水菜はアブラナやカブと同じ種類に属すアブラナ科の越年草です。京都で古くから作られていたため、京菜と呼ばれる京都原産の野菜です。水菜の苦みは害虫に食べられないようにするための成分で、ビタミンCが多く含まれています。免疫力を高め風邪の予防に効果があり、シミやそばかすを防ぐ働きもあるので女性にとってうれしい野菜です。その他に体内の余分なナトリウムを排出するカリウムや、妊娠中に欠かせない葉酸が含まれています。寒さに強い冬野菜の一つで、鍋物やサラダ、お浸し、炒め物などに幅広い料理に使われます。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    シャキシャキの食感が特徴の水菜。アクが少ないためサラダなどに入れて生のまま食べられます。11月〜2月頃に旬を迎えますが、水耕栽培も盛んなため一年中流通して、比較的安定した価格で手に入れることができます。水耕栽培のものより露地栽培のものの方が味も風味も濃いのが特徴です。一度に食べきれない場合は、食べやすい長さに切ってサッと水にさらし、水気を切ったらキッチンペーパーを敷いた容器に入れます。上からもキッチンペーパを被せて蓋をし、冷蔵室で保存しましょう。キッチンペーパーが濡れてきたら取り替えてくださいね。シャキシャキの食感が長持ちしておすすめです。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    みずみずしくシャキッとした食感が特徴の水菜。鍋物のほか、生のままサラダにしても食べられる野菜です。濃い色の野菜ではありませんが、βカロテンが豊富に含まれているため、緑黄色野菜に分類されます。βカロテンは免疫力を上げるために役立つ栄養素なので、健康な体づくりに欠かせません。ほかにも、カリウムやカルシウムが含まれるため、骨を丈夫にする働きもあります。水菜は水分が多い野菜なので、傷みやすいのが難点。傷みの原因はいろいろありますが、乾燥を防ぐことで長持ちします。濡らした新聞紙などに水菜を包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存するのがおすすめ。上に伸びる性質があるため、寝かせずに立てて入れるのがポイントです。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    11月から2月にかけて旬を迎える水菜。シャキシャキとした食感が特徴の緑黄色野菜です。皮膚や粘膜を健康に保つために欠かせないβカロテンが豊富です。βカロテンには、抗酸化力があり、アンチエイジングやがん予防にも効果的です。水菜は、美肌効果のあるビタミンC、便秘の解消をサポートする食物繊維、胎児の健康な発育に必要な葉酸など、さまざまな栄素を含んだ健康野菜です。火を通してもシャキシャキとした食感が楽しめる水菜ですが、あくが少ないため、サラダなどにして生で食べるのもおすすめです。葉が鮮やかな緑色で、葉先までハリのあるものが新鮮な証です。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    水菜は、サラダはもちろん、鍋やおひたしなどのおかずレシピもありますね。そのほかにも、炒め物や和え物のおかずレシピも考案されています。味にクセがないため、さまざまな味つけのおかずが作れるのがポイント。また、本来は冬に栽培される野菜でしたが、最近ではハウス栽培によって1年中購入できる野菜です。そのため、温かい煮込み料理や鍋料理などのおかずのほかにも、生のまま食べるおかずもありますね。水菜は水分が多い野菜ですが、栄養もたっぷり含まれています。例えばカリウムやビタミンCなどが豊富で、むくみ防止や美肌効果も期待できます。また、葉酸も含まれているため、女性らしい体づくりにうってつけです。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    冬に旬を迎える水菜はシャキシャキとした心地よい食感が魅力です。水菜にはビタミンCが豊富で、美肌効果や疲労回復に役立ち、緑色の葉の部分にはβ-カロテンが多く皮膚や粘膜を強くして免疫力を高めてくれます。ポリフェノールも豊富なので抗酸化作用による生活習慣病や老化を防ぐ効果も期待できます。骨や歯の材料となるカルシウムや貧血を予防する鉄や葉酸、高血圧予防に効くカリウムなどのミネラルもバランスよく含んでいるので家族の健康維持に積極的に取り入れたいですね。水菜に豊富なビタミンCは熱に弱いので、ドレッシングの油でβ-カロテンの吸収もアップするサラダがおすすめです。紹介する和えるレシピでは豆腐や豚肉、サーモンなど様々な組み合わせの簡単サラダレシピが満載ですよ。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    冬が旬の水菜はクセやアクもなく鍋物やサラダ、炒め物など幅広い料理に利用できる便利な野菜です。淡白な印象ですがβ-カロテンやビタミンB群・C・Eなどが豊富でポリフェノール類も多く、生活習慣病の予防や美肌作りにも役立つなどアンチエイジング効果が期待できます。免疫力を高める働きもあるため風邪予防にも効果的で日頃から積極的に取り入れたい食材です。高血圧を予防するカリウムや牛乳の約2倍のカルシウムを含むほか、貧血予防に役立つ鉄や葉酸なども豊富です。 水菜は水溶性のビタミンが多く熱に弱いため、サラダなど生食がおすすめです。油脂と一緒に摂取するとβ-カロテンの吸収が良くなり、ビタミンEが豊富なオリーブ油などの植物油をドレッシングに使うとさらに効果が高まります。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【調理法:サラダ】おすすめ10選

    水菜はアブラナ科の野菜ですが、葉の形からヒイラギナと呼ばれたり、細い葉柄が千本伸びることからセンスジナとも言われます。緑黄色野菜で、豊富にℬカロテンが含まれているため、抗発がん作用や免疫賦活作用が期待できますが、そのほかにも体内でビタミンAに変換されるため、視力維持や髪の健康維持、呼吸器系を守る働きもあるといわれています。また、カルシウムも多く含んでいるため、骨の健康にも効果があります。そんな水菜ですが、緑色が鮮やかで色が濃いものが新鮮で良品なので選ぶ際はこのポイントに注目して選ぶようにしてください。また、保存する際には乾燥しないように濡れた新聞紙などで包んで冷蔵庫に入れることをおすすめします。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    スーパーへ行くと、1年を通して手頃な価格で手に入る水菜。古くから京都などの関西地方で親しまれてきた野菜で、別名京菜とも呼ばれます。最近では全国的に普及し、茨城県や福岡県など全国各地で栽培されています。疲労回復や美肌に役立つビタミンC、皮膚や粘膜を正常に保つβカロテン、骨を丈夫に保ってくれるカルシウム、水菜には私たちの体にうれしい成分が含まれているので、毎日の食卓に積極的に取り入れたいものです。しゃきしゃきとした食感がありサラダや鍋料理、和え物など、さまざまな料理に活用できる水菜をおいしく食べて、健康的でキレイな体を手に入れましょう。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    冬野菜である水菜はみずみずしくてシャキシャキとした歯ごたえとほろ苦さが魅力の野菜です。ハウスものは1年中出回っていますが、旬のものは特にやわらかく味も良くなります。皮膚や粘膜を強くしたり、免疫力を高めてかぜ予防に役立つビタミンCやβ-カロテンが豊富で冬に積極的に食べたい野菜です。アンチエイジング効果のあるビタミンEやポリフェノールも多いので生活習慣病の予防や美肌にも役立ちます。骨を作るのに必要なカルシウムやマグネシウム、貧血予防や改善に役立つ鉄分や葉酸なども多く、更年期の女性や成長期の子供にも適した食材です。水菜を炒め物に使うことで食感が楽しめる料理になり、カサも減るため美容と健康に効果的な水菜の栄養がたっぷり摂取できますよ。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    瑞々しいシャキシャキ食感が特徴の水菜。別名「京菜」とも言われ、伝統的な京野菜のひとつでもあります。水菜は寒さに強いことから、元々は冬場の貴重な栄養源として、温かい鍋などに入れて食べることの多い食材でした。近年は全国各地に通年流通するようになり、サラダや揚げ物など様々な調理法で食べられています。味に癖が無いため、幅広いレシピに取り入れやすいですよね。又、水菜にはレモンの半量ほどのビタミンCが含まれており、風邪予防や疲労回復などの働きが期待できます。βカロテンや、カリウム・マグネシウム・鉄・リンなどのミネラルも豊富です。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    サラダから鍋まで、ありとあらゆる食材に使われる水菜ですが、寒さに強い冬野菜のひとつです。冬は夏に比べると旬となる野菜が少なくなってしまうため、水菜は冬にも重宝する野菜と言えます。水菜は色が濃いもののほうが新鮮です。選ぶ際は注意してみてください。そして水菜にはビタミンCやカルシウム、葉酸が多く含まれており、風邪の予防や疲労の回復、肌荒れ、骨の健康の維持、育ち盛りな子供や妊娠中の女性の助けになる栄養素が入っています。ぜひ、日頃の食事に取り入れたい食材ですね。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    比較的安価な水菜はお財布にも優しい野菜ですね。鍋物やサラダなど料理のアレンジも様々で、身体に嬉しい栄養もたっぷり含まれるため嬉しいことだらけの万能野菜と言えるでしょう。抗酸化作用のビタミンC、骨の形成には欠かせないカルシウム、胎児の成長には欠かせないため妊娠中に積極的にとりたい葉酸が多く含まれることが特徴です。冬野菜の水菜は、現在は全国的に生産されていますが、古くは京都の人々が冬を越すためには欠かせない野菜として活用してきたと言われています。鍋料理などに使えば量も減るので一度にたくさん取り入れられますよ。特に寒い冬に積極的に食べて、元気に乗り越えましょうね。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    水菜の旬は12月から3月となりますがスーパーでは通年中売られているので比較的手に入りやすい野菜です。京都が原産地で古くから栽培されていることから京菜とも呼ばれています。冬野菜でもあるので冬の水菜は柔らかい味わいです。水菜にはビタミンCが多く含まれていて風邪の予防効果があります。緑黄色野菜ですのでカロテンを豊富に含んでいます。カルシウムやカリウムも豊富に含まれていて、骨の健康維持にも効果があります。生でもおいしく食べることができるのでサラダとしても人気があります。お浸しやお鍋の具材としても使われています。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【水菜を使ったレシピ】おすすめで人気の厳選レシピ20まとめ:シャキシャキパスタやサラダを紹介

    味にくせがなく、いろいろな料理に合わせやすい野菜の水菜。関西の京都を中心に栽培され、伝統的な京野菜であることから「京菜」の呼び名でも親しまれています。1年を通して手に入りやすく親しみがありますが、旬は、冬から初春にかけて。水菜は日持ちがしないので、買ってきたらすぐに使うようにしましょう。たくさん買ってきても、サラダ、浅漬、お浸し、和え物、炒め物、などどんな調理法でも美味しく食べることができ、そのレシピは無限大なので、困ることがありません。今回は、そんな水菜の簡単に作れる美味しいレシピを、サラダやパスタ、スープなどカテゴリー別に紹介します。

広告

運営会社