キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

三つ葉をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

三つ葉はセリ科の多年草で、シャキッとした食感と爽やかな味わいが特徴です。日本が原産のハーブで、葉が3つに分かれていることから「三つ葉」と呼ばれています。飾りやトッピングによく使われ、脇役的な使われ方をしますがちゃわん蒸しや丼物に欠かせない存在です。緑色のきれいな色合いが料理にアクセントを加えて、味わいを引き立てます。自生している天然の三つ葉は、売られているものより風味が強いのが特徴です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて三つ葉のレシピを紹介しています。三つ葉を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

三つ葉の栄養素

三つ葉は抗酸化作用のあるβカロテンが豊富で、動脈硬化や心筋梗塞、ガンの予防に効果があるとされています。体内の余分なナトリウムを排出するカリウムに含み、高血圧やむくみ防止に効果を発揮します。三つ葉の香りにはクリプトテーネンやミツバエンという成分が含まれ、神経を安定させて食欲増進を促す効果があるとされています。三つ葉は生で食べられるので、栄養素を壊すことなくそのまま摂ることができます。

三つ葉の旬

三つ葉は国内の各地の山野に自生しており、自生している天然ものの三つ葉の旬は3月~6月です。 ハウス栽培されているものは一年を通じて流通していますが、種類によって旬が異なります。三つ葉は「根三つ葉 」「切り三つ葉」「糸三つ葉」があり、根三つ葉の旬は3月~4月、切り三つ葉の旬は12月~1月です。糸三つ葉は水耕栽培されているため通年流通していますが、比較的多く出回るのは12月頃になっています。

三つ葉の産地

! /image/〇〇
2017年のデータによると、三つ葉の生産量は千葉県が3,040トンでトップになっており全体の2割以上を占めています。次いで愛知県の2,430トン、茨城県の1,700トン、埼玉県の1,450トンが続いています。愛知県・埼玉県・静岡県などは水耕栽培の糸みつばを主に栽培していますが、千葉県や茨城県は糸みつばの他に切り三つ葉や根三つ葉も生産しています。

三つ葉の選び方

三つ葉は鮮やかできれいな緑色で、色が濃いものが新鮮なので色をよくチェックしましょう。鮮度が落ちると葉が黄色く変色して、茎の色も変わります。葉が生きいきとしてみずみずしく、茎が白みがかってピンと張っているものが新鮮でしなびてみるものは避けましょう。三つ葉は独特の香りを楽しむハーブなので、香りが強いものがおすすめです。臭いをかいでも香りが弱いものは料理に使っても、三つ葉の特徴を活かせません。

三つ葉の保存方法

三つ葉を冷蔵保存する場合は、新聞紙やキッチンペーパーを濡らして包みビニール袋に入れて保存します。根が付いたままのものは、瓶に水を入れて根っこをつけておくと長持ちします。全部使いきれない場合は冷凍保存も可能で、食べやすいサイズにカットして、ジップロックなどの保存袋に入れて空気をしっかりと抜いて冷凍します。スープや汁物なら凍ったままそのまま使うことができます。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

三つ葉の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

三つ葉の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

三つ葉の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

三つ葉の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

三つ葉の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

三つ葉をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社