キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

三つ葉をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

三つ葉はセリ科の多年草で、シャキッとした食感と爽やかな味わいが特徴です。日本が原産のハーブで、葉が3つに分かれていることから「三つ葉」と呼ばれています。飾りやトッピングによく使われ、脇役的な使われ方をしますがちゃわん蒸しや丼物に欠かせない存在です。緑色のきれいな色合いが料理にアクセントを加えて、味わいを引き立てます。自生している天然の三つ葉は、売られているものより風味が強いのが特徴です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて三つ葉のレシピを紹介しています。三つ葉を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • 夜ごはんにオススメの三つ葉を使った人気レシピ10選

    古くから春を告げる野菜として人気の高い三つ葉。爽やかな香りには食欲を高め、胃もたれを防ぐ成分が含まれています。さらに神経の興奮を鎮めて、ストレスの緩和にも効果的ですよ。βカロテンを豊富に含むため、活性酸素を取り除き病気の誘因を軽減するとも言われています。一般的に3種類の形態が流通していて、「糸三つ葉」は青三つ葉とも呼ばれて根元まで緑色で水耕栽培のため一年中流通しています。「根三ツ葉」は茎の部分が白く、風味も強いのが特徴です。「切り三つ葉」は、光を当てずに軟化栽培し、三つ葉の根元を切ったもののことを指します。根のついている根三ツ葉と糸三つ葉の根株を土に植えると葉が再生して青三つ葉に育って再び食べられますよ。 この記事では、「三つ葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 三つ葉を使ったおすすめ定番料理10選!余ったらこれにしよう

    爽やかな香りが特徴の三つ葉は、「日本のハーブ」とも呼ばれて料理を引き立たせるのに欠かせない香味野菜の一つです。三つ葉特有の香りは神経の興奮を鎮めてリラックス効果があると言われています。イライラを軽減させて、不眠対策にも取り入れられていますよ。さらに、消化器系の働きを活発化させる効果も期待されるため、食欲増進や消化促進にも期待されます。βカロテンやビタミンCなど抗酸化作用をもつビタミンをたっぷりと含むので体内の免疫力アップや生活習慣病予防にも期待できますよ。ビタミンは加熱しすぎることで栄養素が減少し、さらに風味も損なわれてしまうため生のまま仕上げに加えるか、下茹でする場合もさっと熱湯に潜らせる程度で調理してくださいね。 この記事では、「三つ葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの三つ葉を使った人気レシピ10選

    和食にぴったりの香味野菜の三つ葉。名前の通り三つの葉がついているのが特徴で、爽やかな香りがあります。主な産地は千葉、愛知、茨城などで、糸三つ葉は1年を通して栽培されています。三つ葉は傷みやすく時間がたつと風味が落ちるため、すぐに食べきるのがおすすめです。すぐに食べない場合は、濡れた新聞紙やキッチンペーパーなどに包み、乾燥しないように袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。三つ葉の主な栄養素はβカロテンやビタミンK、ビタミンCなどです。βカロテンは体内でビタミンAになり、活性酸素を抑え、免疫力を高めます。ビタミンKは骨にカルシウムを定着させる働きがあるとされています。 この記事では、「三つ葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 三つ葉を使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    三つ葉は料理の仕上げにトッピングすることで、料理を美しく彩ってくれる野菜です。親子丼やお吸い物など、和食の彩りとして使われることが多いですよね。三つ葉は安く、一年中スーパーで手に入るので使いやすい野菜でもありますが、料理の飾り以外での使い道がなかなか思いつかない、という方も多いのではないでしょうか。こちらの記事ではヘルシーな三つ葉を使った糖質オフダイエットに役立つレシピを多数ご紹介しています。添え物として使われることの多い三つ葉をメインに使ったレシピも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。三つ葉にはカルシウムやビタミン類などの栄養も豊富に含まれています。飾りとして食べないのではなく、ぜひ三つ葉も残さず食べてくださいね。 この記事では、「三つ葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 三つ葉を使った人気レシピ【調理法:パーティー料理】おすすめ10選

    しそと並んで日本を代表するハーブの1つになっているのが三つ葉です。三つの葉に分かれていることから三つ葉と呼ばれ、爽やかな香りと味わいが料理にアクセントを加えます。トッピングなどに使われる脇役的な存在ですが、三つ葉を加えることで彩がきれいになって見栄えよく仕上がり、料理の味を引き立てます。主に茶わん蒸しやお吸い物に使われますが、丼のトッピング・サラダ・和え物・炒め物などでも活躍します。三つ葉は日本が原産で山地の日陰に自生していますが、スーパーなどで販売されているものはほとんどがハウス栽培されたものになります。緑黄色野菜のため抗酸化作用のあるβカロテンを豊富に含み、ミツバエンという成分には食欲を増進させる効果があるとされています。 この記事では、「三つ葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 三つ葉を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    日本食でよく使われるハーブの1つが三つ葉で、数少ない日本原産の野菜です。江戸時代に野菜として栽培されるようになり、茶わん蒸しや丼などトッピングとして重要な役割を担っています。シャキッとした歯ごたえと爽やかな香りと風味が特徴で、料理に使うとおいしさを引き立てます。葉が3つに分かれていることから「三つ葉」と呼ばれるようになり、三つ葉・切り三つ葉・糸三つ葉があります。天然物の三つ葉は栽培物よりも風味と香りが強く、料理に使うと存在感を発揮します。三つ葉には体内の余分なナトリウムを排出するカリウム、骨と葉の形成に欠かせないカルシウム、貧血予防に効果のある鉄分、免疫力を高め風邪を予防するビタミンCなど体にいい栄養所を含んでいる優秀な野菜です。 この記事では、「三つ葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 三つ葉を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    三つ葉は風味が大変よく清涼感があり、シャキシャキとした食感が特徴的な食材です。三つ葉は鮮度が落ちると黄色く変色するので、スーパーで選ぶ際は緑色が鮮やかなもので色が濃いものを選ぶようにしましょう。乾燥に弱い食材なので濡らして絞ったペーパーに三つ葉を包んで冷蔵庫で保存します。生で食べることができるのでサラダにもおすすめですし、魚料理や肉料理の他、揚げ物など幅広く料理に使うことができる食材です。風味を活かした三つ葉をたっぷりと使ったレシピが沢山紹介されているので、がっつりと食べたい方はぜひ参考にしてください。 この記事では、「三つ葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 三つ葉を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    さわやかな香りが特徴の三つ葉。日本が原産で、せり科ミツバ属の多年草です。茶わん蒸しやお吸い物、丼ものの彩りなどによく使われます。三つ葉の旬は3月から初夏にかけて。香りがよく、食感もシャキシャキしておいしくなります。主な生産地は、千葉県、愛知県、茨城県、静岡県の順で、この4県で全国の半分を占めています。三つ葉のさわやかな香り成分は、食欲増進を促したり、イライラを解消させるリラックス効果があります。また、高血圧に効果があるカリウムや、動脈硬化を予防したりがんを予防するβカロテンも豊富に含まれます。和食に合うイメージがありますが、香りが良いため洋食と組み合わせてもおいしく食べられます。 この記事では、「三つ葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 三つ葉を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    三つ葉は香りが良く、シャキシャキとした食感を楽しむことができる食材です。三つ葉はハウス栽培がされているので通年中販売されていますが旬は春です。三つ葉は茶わん蒸しや彩りに使われることが多いですが、おひたしや和え物、炒め物、サラダ、揚げ物、鍋、汁物など幅広い料理に使うことができる食材です。また、薬味として使われることも多く、卵焼きに三つ葉を混ぜ込んで焼くのも人気がありお弁当のおかずとしても最適です。三つ葉はカリウムやカロテンなどの栄養素を豊富に含んでいる食材なので普段の食事にぜひ取り入れてみてください。 この記事では、「三つ葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 三つ葉を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    3月から初夏にかけて旬を迎える三つ葉。シャキシャキとした食感とさわやかな香りが特徴の香味野菜です。香り成分は、クリプトテーネンやミツバエンで、リラックス効果やイライラの解消、食欲増進の効果があり、昔から薬膳料理にも使われてきた食材です。三つ葉は、美肌やアンチエイジングに効果があるビタミンCやE、胎児の健康な発育に欠かせない葉酸や高血圧予防に効果があるカリウム、骨や歯の健康維持に必要なカルシウムなどの栄養素が豊富です。整腸作用のある食物繊維も多く含んでおり、積極的に食べたい健康野菜です。三つ葉は水分や乾燥に弱いので、キッチンペーパーなどで包み保存袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で立てて保存します。 この記事では、「三つ葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 三つ葉を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    お吸い物や丼など、和食の香り漬けにぴったりな三つ葉は、日本に自生した古くから春を告げる野菜の一つです。三つ葉特有の香りには食欲を増進させる成分や、神経の興奮を鎮めてストレス解消に効果的です。生活習慣病の予防に効果的なβカロテンや、高血圧予防に効果的なカリウムを豊富に含む他に、カルシウム、鉄、ビタミンなども含むため、貧血や疲労回復、肌荒れなどの対策にもぴったりですよ。丼などにトッピングする場合は、火が通りやすいので火を止めたあとに加えて余熱で火を通します。生のまま食べる場合はアクがあるため、切ったあとしばらく水にさらしてから召し上がりくださいね。 この記事では、「三つ葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 三つ葉を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    三つ葉はハーブの一種で香りが良く、シャキシャキとした食感がおいしい食材です。三つ葉の旬は3月~4月の春が旬で、新鮮なものは鮮やかな緑色をしています。カリウムやカロテンを豊富に含んでいるのも特徴的です。汁物にも使われることが多く、熱を入れすぎると特徴である香りが損なわれてしまうので注意が必要です。火を止めてから三つ葉を入れると香りを保ったまま食べることができます。汁物などうきみとして使われることが多い三つ葉ですが、鍋物、和え物、おひたし等レシピが数多く紹介されています。ご飯にもあうレシピもありますので参考にしてください。 この記事では、「三つ葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 三つ葉を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    独特な風味のある三つ葉。和食に用いられることの多い野菜で、お吸い物や茶わん蒸しなどで添えられたり、炒めものに使用されるなど、いろいろな料理に使われています。そんな三つ葉ですが、せり科の食材で、日本が原産です。栽培もされていますが、各地の山野にも自生していて、山菜採りでは収穫しやすい山菜のひとつです。そんな三つ葉ですが、旬は春で、3月頃から初夏にかけてよく出回ります。旬のものは香りが一層良く、シャキシャキとした食感が楽しめます。使用する際は、緑色が濃く、鮮やかなものを選ぶようにしてください。鮮度が落ちてくると黄色く変化してくるので、注意してください。 この記事では、「三つ葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 三つ葉を使った人気レシピ【調理法:おかず】おすすめ10選

    茶碗蒸しや親子丼など、和食のおかずにトッピングされる三つ葉。三つ葉は日本が原産とされる野菜で、名前の通り3つの葉がついています。千葉県や愛知県、茨城県などが主な産地ですが、栽培されたもの以外にも、野生の三つ葉も存在します。野生の三つ葉は一般的に売られている糸三つ葉などと比べて茎が太く、風味が強いのが特徴。糸三つ葉はハウス栽培によって1年中収穫されますが、天然物は3月から6月くらいが主な収穫時期となっています。どちらの三つ葉でも、色が濃く、緑色が鮮やかなほど鮮度が良いとされています。収穫してから時間がたつと黄色味がかかってくるため、購入する際は参考にしてください。 この記事では、「三つ葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 三つ葉を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    和食と相性抜群の三つ葉は、茶碗蒸しやお寿司、雑煮などのトッピングに欠かせません。三つ葉の爽やかな香りには、食欲を高めて、胃もたれを防ぐ作用や、ストレスを解消する働きが期待されます。葉の緑色が鮮やかで茎がみずみずしいものが新鮮な証拠です。「切り三つ葉」の場合は切り口が新鮮なものを、「根三つ葉」の場合は根が新鮮なものを選んでくださいね。根のついている「根三つ葉」と「糸三つ葉」は、根株を土に植えると「青三つ葉」に育って食べられます。植えてから数週間で食べられるようになるので、必要な分のみ切って新鮮なうちに料理に取り入れてくださいね。 この記事では、「三つ葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 三つ葉を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    茶わん蒸しなどのトッピングによく使われる三つ葉は、日本を代表するハーブの1つです。日本が原産のセリ科の多年草で、名前の由来は葉が3つに分かれているためと言われています。飾りやトッピングなどに使われる脇役的な存在ですが、爽やかな香りと味わいにしゃきっとした食感が料理を引き立てます。茶わん蒸しや汁物、丼物など和食によく使われますが、パスタなどにもよく合います。三つ葉を使ったジェノベーゼ風ソースなどもあり、色々とアレンジが効くハーブです。三つ葉の香りには食欲を増進させ消化を促す効果があり、その他にも体内の余分なナトリウムを排出するカリウム、抗酸化作用のあるβカロテンが含まれています。 この記事では、「三つ葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 三つ葉を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    食材のトッピングしてよく用いられる三つ葉。三つ葉は日本が原産のセリ科の多年草で、葉が3つに分かれていることから「三つ葉」と呼ばれるようになりました。三つ葉はシャキッとした食感と爽やかな味わいが特徴で、茶わん蒸しには欠かせない食材になっています。自生している天然の三つ葉は、栽培されているものより風味が強く葉や茎が太く大きいの特徴です。3月頃から初夏にかけてが旬で、栽培されているものより格段味がいいのでぜひ旬の時期に天然物の三つ葉を味わってみましょう。三つ葉は汁物や茶わん蒸し以外には、丼物のトッピングなどに使われる脇役的な存在ですが、その独特の香りと風味で料理を引き立てます。 この記事では、「三つ葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 三つ葉を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    三つ葉は春の野菜に分類されており、香りが良くシャキシャキとした歯触りが特徴的な食材です。三つ葉の香りはミツバエンやクリプトテーネという成分によるもので、イライラを解消する効果や食欲を増進させる効果があります。他には高血圧に効果があるカリウム、抗発ガン作用や皮膚や髪の毛の健康維持、視力の維持などの働きがあります。三つ葉は茶わん蒸しやお吸い物、丼ものなどによく使われていて脇役のイメージがありますが、ハーブともいわれている食材なのでその香りを活かしたサラダやお浸し、和え物などにも使われている食材です。 この記事では、「三つ葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 三つ葉を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    日本のハーブとして古くから親しまれている三つ葉は水耕栽培によって一年中出回り手に入れやすい食材です。一般的に出回る三つ葉は3種類あり、雑煮や汁物など、和食のトッピングにぴったりな香りをもちます。この爽やかな香りには食欲を高めてくれて胃もたれを防ぐ効果やストレスを緩和する効果が期待されています。βカロテンが豊富なため体内の活性酸素を取り除き、生活習慣病にも効果的ですよ。三つ葉の香りは乾燥や時間と共に薄れていく他に、加熱することでも失われてしまいます。そのため料理を器に盛り付けてから三つ葉を添えてくださいね。 この記事では、「三つ葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 三つ葉を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    日本のハーブの一つ、三つ葉は和食には欠かせない香味野菜です。通年スーパーなどで見かけますが、旬は春から初夏にかけてです。旬のものは香りもより高く、食感もいいことが特徴。βカロテン、カリウム、鉄分が豊富に含まれる三つ葉には、高血圧や動脈硬化の予防、粘膜の保護、貧血予防、むくみの改善などの効果が期待され、さらに三つ葉の香りには食欲を増進させて消化を促す効果があります。この香りには神経を安定させる作用もあり、イライラや不眠にも働きかけてくれるため忙しい毎日を送る方にぴったりな食材です。乾燥すると香りがなくなってしまうので空気に触れないように保存してくださいね。 この記事では、「三つ葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 三つ葉を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    三つ葉はお吸い物に使われていたりどんぶりに添えられていたりと脇役のイメージ強いですが、実はさまざまな栄養が含まれている食材です。主にビタミンA、ビタミンC、カルシウムや鉄分などのミネラルを多く摂取することができます。三つ葉は独特な香りが特徴ですが、これはクリプトテーネンという成分で食欲を増進させる作用や鎮静作用があります。また胃腸の働きをよくする働きや不眠改善効果、リラックスさせる効果がありますよ。ぜひメインの食材として日頃の料理に活用してみてください。 この記事では、「三つ葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 三つ葉を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    しゃきっとした食感に爽やかな香りのする三つ葉、親子丼をはじめとする丼ものや煮物など、数多くのレシピに使用できる香味野菜です。古くから日本で自生していて江戸時代から栽培されているとも言われる歴史ある野菜で、北海道から沖縄までに分布する多年草です。山菜として食べられており、草丈は40~50センチほどに生長し、6~8月には花も咲かせます。三つ葉を食べたときにふわっと香る独特な香りには食欲増進や消化を促し、高ぶった神経を沈めてストレスや不眠症の解消に役立ちます。家庭菜園でも栽培することが可能ですので、ぜひ料理のアクセントに使ってみてくださいね。 この記事では、「三つ葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 三つ葉を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    香ばしい、いい香りとシャキシャキした心地よい歯ごたえのする三つ葉。お吸い物や茶わん蒸し、丼ものなどさまざまな料理に利用されています。日本各地に自生しており、春を告げる野草として昔から食べられていました。栽培されるようになったのは江戸時代から、という日本原産の香草です。きれいな緑色も特ちょうの一つで、日本料理では見た目を引き立てる役割も担っています。スーパーでは1年中出回っていますが、ほとんどが水耕栽培されたもの。千葉県や愛知県が主な産地となっています。三つ葉は緑黄色野菜なので、栄養素も豊富。特にビタミンは多く含まれているので食事で積極的に食べたいですね。 この記事では、「三つ葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 三つ葉を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    料理のトッピングしてよく用いられる三つ葉。三つ葉は日本が原産のセリ科の多年草で、葉が3つに分かれていることから「三つ葉」と呼ばれるようになりました。三つ葉には根三つ葉・切り三つ葉・糸三つ葉があり、自生している天然の三つ葉は売られているものより風味が強く葉や茎が太く大きいの特徴です。三つ葉は飾りとして使われることが多いため、食べずによけてしまう方もいますが、三つ葉には鉄・カルシウム・ビタミンA・ビタミンCなど体にいい栄養素が含まれています。料理の主役として使用されることが少ない三つ葉ですが、今回は三つ葉を使った煮る料理を厳選して紹介しています。 この記事では、「三つ葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社