キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ミニトマトをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

一口サイズでコロンとした見た目が可愛らしいミニトマトは、食べやすいサイズでお弁当のアクセントにも活躍します。洗ったらすぐに食べられるのが便利で、子供のおやつにもぴったりですね。サラダなどに使って生で食べるのはもちろん、炒め物やオーブン料理、グリル料理などに使われアレンジが効きやすい食材です。バジルやパセリなどのハーブやチーズと相性がよく、ピンチョスやカルパッチョなど前菜料理にも使いやすい食材です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてミニトマトのレシピを紹介しています。ミニトマトを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

ミニトマトの栄養素

ミニトマトはリコピンが豊富で、リコピンはカロテンの一種で高い抗酸化作用があります。βカロテンも豊富で抗酸化作用があり、皮膚や粘膜を丈夫にして動脈硬化や心筋梗塞を防ぐ効果があります。その他にも体内の余分なナトリウムを排出してむくみを防止するカリウム、免疫力を高め風邪の予防に効果があるビタミンC、コレストロール値を下げるリノール酸、強い抗酸化作用があるビタミンEなど体にいい栄養素を豊富に含んでいます。

ミニトマトの旬

ミニトマトはハウス栽培もされているので、年間を通して流通しています。露地栽培されたミニトマトの旬は5月〜9月になっており、出荷量が多くなるのは5月頃です。他のトマトと同様に高温多湿に向いていないため、味的においしくなるの春から初夏にかけてになります。トマトは乾燥した気候の中の方が、糖度が上がっておいしくなります。

ミニトマトの産地

! /image/〇〇
2016年のデータによると、ミニトマトの生産量のトップはトップは熊本県になっています。304,800tで全体の約22%を占めています。2位が北海道と愛知県で9.8%を占めています。1位の熊本県では玉名地域・八代地域・宇城地域を中心に栽培されており、ハウス栽培されたミニトマトは10月中旬~6月中旬にかけて出荷されています。

ミニトマトの選び方

ミニトマトはまずヘタをチェックして、ヘタがピンとして先までみずみずしいものが新鮮です。ヘタが乾燥してしなびていたり、黄色や茶色に変色しているものは選ばないようにしましょう。実がきれいで鮮やかな赤色で、色味にムラがなく固めで触ると弾力があるものがおすすめです。実にツヤと光沢があり傷があったり実割れしているものは避け、手に持ったときに軽いものより重みのあるものを選びましょう。

ミニトマトの保存方法

ミニトマトを常温保存する場合は通気性のいいざるにのせておき、春や秋で3~4日保存できます。完熟していないものはざるにのせて追熟させましょう。冷蔵保存の場合はヘタを取って水洗いして水気を拭き、タッパーにキッチンペーパーを敷いてミニトマトを重ならないように並べて蓋をして保存します。冷凍保存する場合はヘタを取って洗って水気を拭いて、フリーザーバッグに入れて空気をしっかり抜いて冷凍庫で保存します。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

ミニトマトの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ミニトマトの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ミニトマトの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ミニトマトの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ミニトマトの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

ミニトマトをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社