キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ひき肉をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ひき肉とはミンサーという機械で細かくすり潰したもので、柔らかいので食べやすいお肉です。ひき肉は丸めてハンバーグやミートボールにしたり、野菜と一緒に炒めるなどさまざまな料理に使われます。肉をカットすることなくそのまま使えて、忙しい時にもさっと使えるのが便利です。和食・洋食・中華など、使う調味料やひき肉の種類で幅広いジャンルの料理に使える食材です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてひき肉のレシピを紹介しています。ひき肉を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

ひき肉の栄養素

どの肉のひき肉かによって、栄養素が変わってきます。牛肉のひき肉は皮膚・内臓・血液などを作るのに欠かせない栄養素であるたんぱく質が豊富で、牛肉に含まれるヘム鉄は吸収率が高く貧血予防に効果があります。豚肉のひき肉はたんぱく質・ビタミンB1・ビタミンB2などのビタミンB群が豊富です。鶏肉はたんぱく質の他に、必須アミノ酸がバランスよく含まれビタミン類も豊富になっています。

ひき肉の種類

ひき肉には主に牛肉・豚肉・鶏肉・牛肉と豚肉を合わせた合いびき肉があります。牛肉でよくひき肉に使われる部位は内もも・外もも・バラ肉・しんたまなどになります。豚肉でよく使われるのは、首に近い部位の肩ロース・すね肉が多くなっています。鶏肉では胸肉・もも肉・骨に付着している肉などがよく使われます。

ひき肉を使った料理

! /image/〇〇
ひき肉を使った料理の代表格と言えばハンバーグ・ミートボール・メンチカツなどです。種類によって使われる料理に違いがあり、合いびき肉はよくハンバーグやメンチカツ、牛肉のひき肉はハンバーガーによく使われます。豚肉のひき肉は餃子やしゅうまい、肉まんなど中華料理によく使われます。鶏肉はつくねや焼き鳥のつくね、鶏団子スープなどが人気があります。それぞれのひき肉の味わいを活かした料理に使われ、違った味わいを楽しめます。

ひき肉の賞味期限の目安

ひき肉を使う際は、パックに記載されている賞味期限をきちんと守りましょう。賞味期限を1日過ぎているだけであれば、問題なく食べられることもありますが必ず次の点をチェックしましょう。新鮮なひき肉は牛肉であればきれいな赤色、豚肉ならピンク色、鶏肉はうすいピンク色をしています。もしひき肉が茶色く変色して異臭がしていたら食べないようにしましょう。ひき肉は空気に触れる面積が大きく他の肉に比べると傷みやすいため、賞味期限内に使い切るのがおすすめです。

ひき肉の保存方法

ひき肉を選ぶ時は色鮮やかできれいな色をしていて、全体の色が均一のものを選びましょう。脂身が少なく赤身の多いものがおすすめで、色が茶色や黒ずんでいるものは避けてください。パック内のドリップが多いものは鮮度が落ちているので、ドリップの量も要チェックです。ひき肉は冷凍したものを解凍して売っているものもあるので、その点もチェックしてみましょう。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

ひき肉の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ひき肉の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ひき肉の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ひき肉の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ひき肉の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

ひき肉をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社