キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

牛乳の記事一覧

キッチンブックの「牛乳」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 昼ごはんにオススメの牛乳を使った人気レシピ10選

    骨を丈夫にしてくれるイメージの強い牛乳。牛乳にはカルシウム、タンパク質、ミネラル、脂質などの栄養がバランスよく含まれています。牛乳のタンパク質には、人間が自分で作れない必須アミノ酸も豊富に含まれています。その中の1つである「リジン」は成長に欠かせない成分であり、他にも免疫力を高めたり、疲労回復にも効果があります。リジンの含有量が少ない炭水化物と合わせて牛乳を飲むことで、バランス良く栄養が摂れますよ。牛乳は育ち盛りの子供から、骨粗しょう症が気になるお年寄りまで、幅広い年代に飲んで欲しい食材です。牛乳の独特な匂いが苦手な方や、一度に多くの牛乳を飲めない子供には、料理で牛乳を摂取するのがオススメですよ。 この記事では、「牛乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの牛乳を使った人気レシピ10選

    牛乳の主な栄養素であるカルシウムは、骨や歯を形成するほか、神経の興奮を抑える働きもあります。小魚や野菜などにもカルシウムは含まれますが、牛乳には乳糖やカゼインホスホペプチドが含まれていて、体に吸収されやすいのが特徴です。カルシウムのほかにも、鉄分の吸収を高めるラクトフェリンという成分や、ビタミンAの吸収を促す乳脂肪も含まれています。脂肪と聞くと太るというイメージを持つ人もいますが、牛乳の乳脂肪は短鎖脂肪酸や中鎖脂肪酸などで構成されていて、燃焼しやすいと言われています。朝ごはんに牛乳を飲むと血糖値の上昇を抑えられると言われていて、ダイエットにぴったりです。 この記事では、「牛乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牛乳を使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    牛乳は私たちの生活に馴染み深い飲み物の一つです。真っ白な見た目と優しい口当たりで、小さい頃から親しんできた牛乳。牛乳は体を作るタンパク質、免疫力を高めてくれる必須アミノ酸など成長期には欠かせない栄養が豊富に含まれているため、小学校や中学校の給食でも毎日登場していますよね。牛乳には、牛乳に水を加えて調節した「加工乳」、牛乳に甘みや栄養を加えた「乳製品」などの種類があります。牛乳はカロリーが高く、ダイエットに不向きと思われがちですが、実はダイエットに効果のある食品なんです。リバウンドの原因の一つであるストレスを軽減したり、代謝を上げる効果があり、太りにくい体を作ってくれます。セロトニンが働き、精神を安定させてくれるので夜寝る前にホットミルクを飲むのもオススメですよ。 この記事では、「牛乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牛乳を使った人気レシピ【調理法:パーティー料理】おすすめ10選

    今では当たり前のように飲まれている牛乳ですが、日本での歴史は浅く普及したのは戦後になってからになります。牛乳はそのまま飲む以外にもスープやソース、お菓子、寒天ゼリー、プリンなどにも使える便利な食材です。バター・ヨーグルト・チーズの原材料としても使われ、牛乳は私たちの生活になくてはならない食材です。カルシムが豊富で、歯と骨の形成に欠かせない必要な栄養素です。牛乳を飲むのが苦手な方でも、チーズやヨーグルトを食べることで牛乳の栄養素を手軽に摂ることができるのも魅力です。その他にも筋肉・毛髪・爪・皮膚の形成に欠かせないたんぱく質も豊富で、脂質、ビタミン類、ミネラル類など豊富な栄養素を含んだ優秀な食材です。 この記事では、「牛乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牛乳を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    牛乳は文字通り牛の乳汁で、牛乳として飲むのはもちろん、バター・チーズ・生クリーム・ヨーグルトなどの原材料としても使われます。ヨーロッパでは牛乳は古くから飲まれていましたが、日本で普及したのは戦後になってからになります。飲料として飲む以外にも、コーヒーや紅茶に入れたり、お菓子やスープなどさまざまな料理に使えるなくてはならない食材です。牛乳はカルシウムが豊富なことで知られていますが、カルシウム以外にも毛髪・皮膚・爪などを形成するのに欠かせないたんぱく質、脂質、ミネラル、炭水化物、ビタミン類など豊富な栄養素を含んでいます。牛乳嫌いな子供でもヨーグルトやチーズなら食べやすく、牛乳の栄養素を気軽に取ることができます。 この記事では、「牛乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牛乳を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    牛乳はカルシウムが豊富に含まれている食材で、他にたんぱく質やビタミン類、乳化脂肪などの栄養バランスが整った健康食品のひとつです。牛乳は原材料に生乳を使っているので添加物が使われていないため、安全性に富んだ食材といえます。牛乳はそのまま飲むのはもちろんですが、様々な料理にも活用されています。牛乳は冷凍はできませんがホワイトソースなど調理をしたものだと冷凍保存をすることが可能です。牛乳は料理の隠し味にも使われています。ハンバーグやグラタンなどにも使われているのでがっつりと食べたい方におすすめです。 この記事では、「牛乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牛乳を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    牛乳は子どものころから家や学校などで飲まれ続け、私たちにはとても身近な飲み物です。牛乳は、人間にとって必要な栄養素である「たんぱく質・資質・炭水化物」の三大栄養素と「ミネラル・カルシウム」がバランスよく含まれています。特に牛乳の中にはカルシウムが多く含まれ、さらにカルシウムの吸収を高めるリンも含まれているので、カルシウム補給には最適な飲み物なんです。しかし、大人でも子どもでも「牛乳を飲むのが苦手」という人が多く見られます。それならば、普段の料理に牛乳を活用して、効果的にカルシウムを体に取り入れるようにしてみませんか。牛乳はさまざまな料理に使うことができるので、レシピも豊富にありますよ。 この記事では、「牛乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 実はダイエットに効果的☆牛乳を使ったヘルシーレシピ20選

    牛乳は牛の乳を搾った汁のことを指しますが、成分を調整していない生乳や脂肪分を調整した低脂肪乳など様々な種類が存在します。牛乳は加工するとバターやチーズ、生クリームなどの乳製品になることもよく知られています。カルシウムを多く含むことから、学校給食などに健康維持食品として広く取り入れられています。 この記事では、牛乳の基礎知識に加え、牛乳を使った冷たいドリンクレシピ、牛乳を使った温かいドリンクレシピ、牛乳のスイーツレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牛乳のレシピまとめ:ご飯からデザートまで!牛乳でまろやか料理

    牛乳は、多くの家庭で常備されている身近な食品。 栄養補給のためには、毎日飲むのが理想ですが、どうしても、大人になって飲む機会が減ってしまったり、小さい子は十分な量を飲めなかったりしますよね。 そんな時には、料理に牛乳を取り入れるのがおすすめです。 美味しくて栄養満点、しかも簡単に作れる牛乳レシピがたくさんありますよ。 この記事では、牛乳の基礎知識に加え、デザート、スープ、パスタにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社