キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

肉・乳製品の記事一覧

キッチンブックの「肉・乳製品」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 牛肉を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    部位によって味わいが異なる牛肉。肉に含まれる動物性たんぱく質というものには人間が体内で作ることのできない必須アミノ酸がバランスよく含まれています。3大栄養素の一つであるたんぱく質は血液や皮膚、内臓など体を作るうえで欠かせない栄養です。たんぱく質が不足してしまうと免疫力も低下し、健康に悪影響を及ぼすこともあるので牛肉は積極的に摂取したい食材です。そんな、健康維持には欠かせない牛肉ですが、ビタミンB2も多く含まれています。ビタミンB2には脂肪の燃焼を高める効果や、皮膚の油分を均等に保ってくれるため、美容にも効果が期待できる食材です。 この記事では、「牛肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牛肉を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    鶏肉・豚肉と共に、料理に欠かせない食材としてよく使われるのが牛肉です。牛肉はロース肉・バラ肉・タン・サーロインなど部位によって食感や味わいが異なります。調理によく使われるのが薄切り肉や切り落とし肉で、炒め物などの具材に活躍します。すき焼き・ステーキ・焼き肉など料理に合わせて使う部位を選べ、使う調味料で違った味わいを楽しめるのも魅力です。神戸ビーフ・松阪牛・飛騨牛・米沢牛など世界に通用するブランド牛が多くあり、各県や地方にそれぞれのブランド牛が存在します。牛肉には3大栄養素の1つであるたんぱく質が豊富で、皮膚・内臓・血液などを作るのに欠かせない栄養素です。牛肉はヘム鉄が豊富で、野菜に含まれる鉄分よりも吸収率が高いため貧血予防にも役立ちます。 この記事では、「牛肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ひき肉を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    コクとうまみがつまった「ひき肉」は、さまざまな料理に変身する便利な食材です。比較的値段も安いので、節約したいときにも助かりますよね。ひき肉といえば、ハンバーグ、餃子、シュウマイといったメインディッシュになるおかずが浮かびますが、ひき肉が少量余った時に困ったりしませんか。そんな時はぜひ、サラダにプラスしてみましょう。ひき肉のコクやジューシーさが、生野菜によく合います。サラダにひき肉を足すだけで、野菜が食べやすくなりますよ。特にタイ料理は、サラダにひき肉を合わせたような料理が多く、参考になります。マンネリしがちなサラダレシピのレパートリーを増やし、バリエーションの幅を広げてみましょう。 この記事では、「ひき肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鶏肉を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    唐揚げや親子丼などボリュームのあるメニューから、ヘルシーな蒸し鶏など、様々な料理にアレンジできる鶏肉は私たちの日常に身近な食材の一つです。全体的に高タンパク質で低脂質な鶏肉は部位によって含まれる栄養は異なります。もも肉は鶏肉の中で最も栄養価が高く、ビタミンや鉄も含みますが、脂肪も多めでカロリーも高めです。ささみや胸肉は脂肪が少なく、タンパク質が非常に多い部位ですが、ビタミン類は少なめなので他の食材を組み合わせて補う必要があります。体調などに合わせて部位を選んでくださいね。他の肉類よりも水分が多く鮮度が落ちるのが早いため、買ったらすぐに冷蔵庫に入れて期限内に使いきれるようにしましょう。 この記事では、「鶏肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豚肉を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    私たちの毎日の食卓に欠かせない豚肉はタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルなど健康に生活するために必要な栄養がバランスよく含まれています。注目するのは豚肉に含まれるビタミンです。エネルギーの代謝を促すビタミンB1、皮膚や粘膜の生成に必要なビタミンB2、筋肉や血液の生成を助けるビタミンB6などがあります。特にビタミンB1には糖質の代謝を促進してエネルギーに変えるため、体に蓄積された疲労を取り除いてくれる働きがあり忙しい毎日を過ごす私たちには嬉しい効果ですね。お酒を飲むときや、激しい運動をするときにはビタミンB1は不足しやすいので特に積極的に取り入れてくださいね。 この記事では、「豚肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ソーセージを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    ソーセージはそのまま焼いたりボイルしたり手軽に食べることができる人気の食べ物です。その手軽さからお弁当のおかずや朝食などにも最適で、冷蔵庫にストックしておくと便利な食材のひとつです。ソーセージにはたんぱく質、ビタミン、脂質などの栄養素が豊富に含まれていますが、これだけでは栄養が偏ってしまうので他の食材と組み合わせることで足りない栄養素を補うことができます。ソーセージはチャーハン、パスタ、ポトフなどのスープ、炒め物によく使われている食材で、幅広いレシピに活用されている食材ですので自分流にアレンジすることもできます。 この記事では、「ソーセージ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 手羽元を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ編】おすすめ1選

    手羽元は、鶏の翼の付け根に近い部位で、手軽に食べられる骨付き肉として人気の食材です。骨ごと頬張る肉は食べ応えがあり美味しさもひとしおといった感じがしますが、これは、実は気のせいではありません。骨からは旨味たっぷりの髄液が染み出ており、肉質も柔らかくしてくれることが分かっているのです。又、手羽元は良質なたんぱく質に富んでいる他、コラーゲン・コンドロイチン硫酸・ナイアシンなどの成分も豊富だと言われています。美肌作りや腰痛・関節痛の予防・皮膚や粘膜の健康に効果の期待できる食材です。様々な調理方法で食卓に並ぶ手羽元ですが、気軽につまめる形状も嬉しいポイント。体作りに効果的なおやつ代わりにもおすすめです。 この記事では、「手羽元」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ソーセージを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    ソーセージは年齢問わず人気がある食材のひとつで冷蔵庫に常備をしているというご家庭も多いでしょう。ソーセージは鶏肉や豚肉のひき肉に香辛料を混ぜ豚、牛、羊などの腸に詰めたものです。ソーセージにはフランクフルトソーセージ、ウインナーソーセージ、ボロニアソーセージなどの種類があり、長さや太さがJASの規格で定義されています。最近では羊の肉を使ったソーセージなど変わったものが売られていてバリエーションが増えています。ソーセージはそのまま食べるのはもちろん、色々な料理に使うことができる食材で炒め物、鍋物、フライなどに使われています。 この記事では、「ソーセージ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ひき肉を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    牛ひき肉」「豚ひき肉」「鶏ひき肉」「牛豚ひき肉」とひき肉にも種類があります。それぞれの特徴を生かし、料理に合ったひき肉を選びましょう。また同じ料理でも、ひき肉の種類を変えるとまた違った食感や味わいになり、アレンジも広がります。栄養面では、肉の種類により含まれる主な栄養素も違ってきます。牛ひき肉は栄養価が高く、たんぱく質や鉄が豊富です。豚ひき肉は良質なたんぱく質とビタミンB1、脂肪を、鶏ひき肉は脂肪が少なく、たんぱく質とビタミンAを含みます。もちろん牛豚の合いびき肉には牛と豚の両方の栄養が含まれます。ひき肉を使った料理はたくさんあるので、それぞれの素材を使い分けながら普段の料理に使っていきましょう。 この記事では、「ひき肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豚肉を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    豚肉は安くて、料理に使いやすい身近な食材です。牛肉に比べても栄養価が高く、良質なたんぱく質が豊富です。また、ビタミンB1が食品の中でダントツに多く、疲労回復に力を発揮します。食欲がなくなる暑い夏に食べると、夏バテ解消にもなりますよ。脂身が多いように思われる豚肉はコレステロール抑制効果があり、低カロリーでダイエットにおすすめの食材です。豚肉には栄養がたっぷり含まれていますが、野菜と組み合わせるとさらに栄養価がアップします。たとえば、サラダに豚肉をプラスすると、とても効率的に栄養を取り入れることができます。また、ドレッシングのテイストを変えれば、サラダも飽きずに食べられますね。 この記事では、「豚肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 手羽元を使った人気レシピ【調理法:おかず編】おすすめ10選

    安くてヘルシーな手羽元は料理のバリエーションも豊かで、料理に使いやすい食材です。普段の食事に上手く活用すれば、節約にもなりますね。手羽元は、焼いたり、煮たり、揚げたりとさまざまな食べ方ができます。さらに骨付きのまま料理すれば、食べごたえのあるおかずになります。カロリーが気になるところですが、100g当たり約200kcal。手羽先や皮つきのもも肉と比べると、カロリーは低く、肉の中ではヘルシーといえます。皮の部分を取りのぞけばさらに60kcalほどカロリーダウンできます。たんぱく質やコラーゲンも豊富なので、健康や美容が気になる人は、レパートリーが豊富な手羽元を食生活に上手く取り入れたいですね。 この記事では、「手羽元」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ウインナーを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    冷蔵庫にいつも常備しておくと何かと便利なウインナー。お弁当のおかずとしては定番で、子どもも大好きですよね。ゆでたり炒めたりしてすぐに食べられるので、調理が簡単で、時間がないときや手間をかけずにおかずを作りたいときにとても役に立ちます。とても便利なウインナーですが、カロリーは少し高めなので、食べすぎには注意しましょう。塩こしょうだけでなく、ケチャップ、マヨネーズ、オイスターソース、キムチなど、いろいろな味に合わせられるので、レシピの幅も広く、アレンジが効きやすいのがうれしいですね。いざという時のお助け食材として、うまく利用したいものです。 この記事では、「ウインナー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ハムを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    サンドイッチやサラダなどに使われるハムは、忙しい時にも手軽に取り入れられる便利な食材です。豚肉を主な材料として作られるハムはビタミンB1を多く含み、炭水化物をエネルギーに変えて疲労回復の効果が期待されます。そのため、サンドイッチのように炭水化物と野菜を一緒に取り入れられる料理は効率的に体内に栄養を吸収することができます。他にもビタミンB群のナイアシンが含まれ、粘膜や細胞を健康に維持し、生まれ変わる手助けをしてくれる作用があります。また、アンチエイジング効果も期待されるアミノ酸、オレイン酸も含んでいます。 この記事では、「ハム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【調理法:揚げる】おすすめ10選

    家に常備しておくと便利なコンビーフ。料理にもさっと利用でき、重宝する食材の1つです。コンビーフは英語で「塩漬けの牛肉」という意味です。実際は、牛の塩漬け肉をフレーク状にして牛脂で固めたもののことです。日本で普及しているものは、牛肉の塩漬けを蒸し煮し、調味料や牛脂を混ぜて缶に詰めたもので、保存がききます。コンビーフには味が付いており、余分な味付けの必要がないため、料理に利用すると楽ちんですよ。栄養的には、牛肉に含まれる栄養素とほぼ変わりません。鉄や亜鉛が豊富に含まれているので、貧血の予防や記憶力を高めるという効能があります。ただ、カロリーが高めなので、食べすぎには注意してくださいね。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 手羽元を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当編】おすすめ10選

    手羽元は鶏の上腕部分である骨付き肉のことをいいます。ウイングスティックとも呼ばれている手羽元ですが、鶏むね肉に近く脂肪が少ないので、たんぱくな味わいが特徴となります。ボリューム感があって柔らかいのでフライドチキンや唐揚げ、煮物、あぶり焼き等にして食べられることが多い食材です。手羽元はカルシウムやコラーゲンも豊富で骨の形成の助けになったり、肌の艶やハリの元になる細胞と細胞をつなぐ潤滑油の役割を果たします。そのような効果がある上に低カロリーでヘルシーなので、皮を剥いだり、調理の仕方によってはダイエット中でも気にせず食べることができて嬉しいですよね。 この記事では、「手羽元」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ウインナーを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    ウインナーは塩漬けにした牛肉や豚肉に香辛料を加えて混ぜ合わせ羊の腸に詰めボイルあるいは燻製にしたものです。ウインナーは子供から大人まで大変人気がある食材でお弁当のおかずとしても人気ですよね。そのまま焼いて手軽に食べることができますし、切ってチャーハンに入れたり、スープの具材にしたり等幅広く使うことができる万能な食べ物なので冷蔵庫に常備しているご家庭も多いのではないでしょうか。他の食材との相性が良いのも特徴的で料理のバリエーションが広がる食材です。炒め物の他にフライ料理にも多く使われているのでぜひ試してみてください。 この記事では、「ウインナー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ハムを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    豚肉の加工食品の一つであるハムは、本来は骨付きの豚もも肉の塊を塩漬・燻煙したものです。現在ではロースやショルダーなどの色々な部位を使いハムを製造しています。ハムには加熱されたものと非加熱のものがあり、加熱されたハムには、ロースから作られる「ロースハム」、ももから作られる「ボンレスハム」などがあります。非加熱のものには生ハムがあり、例えばドイツのヌスシンケンは豚のもも肉から作られます。またイタリアでは豚の骨付きもも肉を使うプロシュートと呼ばれる生ハムもあります。一般的にハムは、10度以下の冷蔵庫での保存が基本です。開封すると保存性が低下するので、なるべく早めに食べてくださいね。 この記事では、「ハム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    牛乳は「完全栄養食品」と呼ばれ、栄養バランスが優れています。その牛乳を原料としたヨーグルトは、牛乳の栄養素がそのまま引き継がれます。さらに発酵という過程が加わることで、人間に吸収されやすくなり、多く含まれる乳酸菌のはたらきもアップしますよ。整腸作用や美白効果があり、女性は特に日常的に食べておきたい食品です。そのまま食べてもおいしいですが、形を変えて料理に活用できます。肉にヨーグルトを漬けると、乳酸菌のはたらきで肉がやわらかくなります。普段の料理にヨーグルトを使ったひと手間を加えてみましょう。また、ヨーグルトを使ったソースや生地に練りこんだお菓子など、バリエーションの豊かなレシピがたくさんあります。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 手羽元を使った人気レシピ【料理の種類:パン編】おすすめ2選

    手軽に骨つき肉を楽しめる手羽元はコクがあり肉質もやわらかく、唐揚げはもちろん煮込み料理に使うとダシが良くでるためうまみがアップします。じっくり煮込むとホロホロに、こんがり焼くと皮までパリッとおいしく、色々な味わいを楽しめますよ。良質なタンパク源である鶏肉は必須アミノ酸をバランス良く含んでおり、アミノ酸は筋肉や臓器、皮膚・爪などのカラダの中の様々なタンパク質を作る材料となるため健康的な体づくりに欠かせません。甘辛ダレで食が進む鶏肉の照り焼きは、もも肉よりあっさりとした味わいの肉質と皮を持つ手羽元で作ると、しつこさのないジューシーさを味わえます。多めに作って翌日の朝食やランチにたっぷりの野菜と一緒にパンに挟めば、簡単に栄養バランスの良い食事が完成します。 この記事では、「手羽元」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鶏肉を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    鶏肉は、牛・豚と並んで大変親しまれている食肉です。脂質の少ないヘルシーなたんぱく源として近年ますます注目されており、2017年の消費量は国内の食肉で最上位でした。唐揚げ・ソテー・蒸し鶏・炊き込みご飯やスープの具など、大変幅広いレシピで活躍する鶏肉。部位によって異なる特徴を理解し、好みや調理法に合わせて上手に選択したいところです。例えばむね肉はあっさりと淡白な味わいで特に脂肪が少なく、比較的安価に購入できるのが長所。短所はぱさつきやすい点で、下ごしらえや加熱方法に工夫が必要です。もも肉は、むね肉と比べてやや高いですが、ジューシーで食べ応えがあります。 この記事では、「鶏肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ハムを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    そのままでも十分美味しいハム。手軽に取り入れることができるので忙しい朝食やお弁当にとても便利な食材です。鮮やかなピンク色は食卓も華やかにしてくれますね。豚肉の塊肉を塩漬けした加工食品であるハムは様々な種類が流通しています。味や食感、カロリーも種類によって異なるため料理や好みに合わせて選ぶのもおすすめですよ。豚肉が主な原材料のため、タンパク質、ビタミンB1、B2が豊富に含まれるのも特徴です。もともと塩気のあるハムを料理に使う場合は、他に調味料を多く入れてしまうと塩分を摂り過ぎてしまうためハムの塩味を活かして調理しましょうね。 この記事では、「ハム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ハムを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    ハムは子供から大人まで幅広い年齢層の方に人気がある食材です。脂肪が少なくドリップが出ていないものを選ぶと良いでしょう。ハムにはたんぱく質、ビタミンB1、ビタミンB2、脂質などの栄養素が豊富に含まれています。ハムに含まれているたんぱく質の中には必須アミノ酸が多く含まれています。またハムだけでは足りない栄養素もありますので他の食材と組み合わせて調理をするのがおすすめです。食べ方はそのままサラダに添えたり、チャーハンなどの炒め物、ハムカツなどの揚げ物などハムが使われているレシピはバリエーションがあります。今回はハムを使った蒸す調理法のレシピを厳選して紹介します。 この記事では、「ハム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「蒸す」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 手羽元を使った人気レシピ【調理法:レンジ編】おすすめ10選

    唐揚げやフライドチキン、水炊きなど、毎日の食卓になじみ深い鶏肉。鶏肉はいくつもの部位に分かれていますが、その中でも手羽元は翼の付け根の部分を指します。全体に皮がついていて、やわらかい肉質が特徴です。コラーゲンやビタミン類を含む手羽元は、体にうれしい食材の一つ。積極的に日々の食卓に取り入れたいものです。手羽元の骨の周りからは良いダシが出るので、煮込み料理や鍋物に重宝します。骨付き肉なので食べ応えがあるだけではなく、スーパーへ行くと、比較的リーズナブルな価格で手に入る手羽元は、家計の強い味方です。そんな手羽元を食べて、健康的で美しい体を手に入れましょう。 この記事では、「手羽元」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「レンジ」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 手羽元を使った人気レシピ【調理法:麺編】おすすめ10選

    手に持ちやすく手頃なサイズのため、お弁当のおかずにも重宝されるのが手羽元です。手羽先よりも肉が多く食べやすい形で、から揚げにするのが人気があります。その他にも煮物やオーブン料理にも適していて、独特の形が料理のアクセントにもなります。手羽元にはコラーゲンが豊富に含まれており、女性にもうれしい食材です。たんぱく質も豊富で、骨を維持するのに必要なビタミンKも含まれており、健康と美容のためにも料理に積極的に取り入れたいですね。ボリュームが出るのに価格が安く、お財布にもやさしい主婦の強い味方です。ご飯やお弁当のおかず、お酒のおつまみとさまざまなシーンで活躍する食材です。 この記事では、「手羽元」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「麺」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豚肉を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    食卓によく上がる肉の1つが豚肉です。豚肉は豚ロース・豚ばら・豚もも・豚ヒレなどの部位があり、豚のこま切れ肉は低価格で使いやすいため主婦の強い味方になっています。炒め物・煮物・揚げ物・スープ・麺類など、さまざまな料理に使える便利な食材です。肉食禁止令があったことから、日本全土で豚肉が一般に食べられるようになったのは明治維新以後になってからと言われています。鹿児島と沖縄では古くから豚肉が食べられていたため、この地方では豚肉はかかせない食材として親しまれていました。豚肉はたんぱく質・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6などのビタミンB群が豊富で、夏バテ防止や疲労回復にも効果があります。 この記事では、「豚肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ウインナーを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    朝食のおかずとしても人気のあるウインナーは、ソーセージの一種です。ソーセージには原料や製造方法により多くの種類があり、主にミンチの肉と香辛料を混ぜ合わせ、ケーシング(薄い膜)又は天然の腸に詰めた食肉加工品を指します。このソーセージの種類には、ウインナーソーセージ・フランクフルトソーセージ・ボロニアソーセージなどがあり、ソーセージの太さや使う腸の種類によって分類されます。この中のウインナーソーセージが一般的にウインナーと呼ばれています。ウインナーは空気に触れると変質する可能性がるので、開封したらラップで包み冷蔵庫保存してくださいね。 この記事では、「ウインナー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牛肉を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    うま味が濃く、やわらかな肉質と甘みのある脂が人気の牛肉。最近では比較的安価な牛肉が輸入されているため、食卓に登場する機会が増えました。日本では神戸牛や松阪牛などのブランド牛が有名です。牛肉の赤身に含まれる動物性タンパク質には、私たちの体に必要な必須アミノ酸をバランス良く含んでいます。それだけではなく、赤身の部分に鉄分を含むため、貧血を予防する働きを持っています。皮膚や筋肉を作るもととなり、代謝アップや貧血予防に役立つ力を持っている牛肉は、日々の食卓に積極的に取り入れたい食材の一つですね。体にうれしい効果をもっている牛肉を食べて、健康的な体を手に入れましょう。 この記事では、「牛肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    ヨーグルトは栄養価が高く低カロリーですので幅広い年齢層の方々に人気です。冷蔵庫に必ず常備して毎日食べているという方も多いのではないでしょうか。調理する際は増粘多糖類やアセスルファムK、スクラロース等の甘味料が入っていないプレーンタイプのものを使います。隠し味として使うことができるヨーグルトですが、ケーキ等に入れるとしっとりとした食感に仕上げることができます。また、お肉にヨーグルトを漬けると柔らかくなりますのでお試しください。そのまま食べても美味しいヨーグルトですが、いろいろな料理に活用できますよ。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    濃厚な味わいが魅力的なコンビーフ。コンビーフを英語表記するとCorned Beefで、直訳すると塩漬けした牛肉という意味となります。作る際は余分な脂味や筋を除いたあと塩漬けされるため、柔らかく濃厚な味わいに仕上がります。塩漬けのシンプルな味付けなので、和洋中問わずに使いやすい具材でもありますよね。グラタンなどの中にいれてもクリームの濃厚さに加えまろやかになりますし、そのまま野菜やパンに合わせて食べても塩っ気が加わりおいしく食べられますよ。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ひき肉を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    ひき肉には牛ひき肉、豚ひき肉、鶏ひき肉、合いびき肉があります。ひき肉はたんぱく質、脂質、ビタミンが豊富に含まれています。スーパーで選ぶ際はツヤがあるものを選び、ドリップが出ているものは時間がたって鮮度が落ちていますのでドリップが出ていないものを選びます。空気に触れる面積が多いひき肉は傷みやすい食材のため、なるべく空気に触れさせないようラップでぴっちり包むなど工夫が必要です。他の食材との相性も良く様々な料理に活用することができます。ひき肉は料理によって使い分けると、よりお肉の旨味をたのしむことができます。 この記事では、「ひき肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社