キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

肉・乳製品の記事一覧

キッチンブックの「肉・乳製品」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • ウインナーを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    パリッとした食感とジューシーな味わいが特徴的なウインナー。そのまま食べても、炒め物やスープ、グラタン、チャーハンなど、和洋中選ばずに調理に使える万能な食材です。あらかじめ味がついているものが多く、そのままの味が生かせるところも魅力のひとつです。そんなウインナーですが、動物の腸に加工した肉を詰めており、もともとは肉を長期保存するために作られました。そのため、冷蔵庫にいれておけばある程度持ちます。購入後はすぐ使い切ることが一番良いですが、保存する際には湿気に注意して冷蔵庫にいれるようにしてくださいね。 この記事では、「ウインナー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ソーセージを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    お弁当の定番の一つであるソーセージ。子どもから大人まで大好きな人気の食品です。ソーセージは一般的に肉を腸詰めにしたもののことですが、健康食品として注目されている、魚肉ソーセージは魚が原材料となっています。間違えやすいウインナーとソーセージの違いについては、「ウインナーはソーセージの一種であり、羊の腸を使った細めのソーセージ」という説明になります。ソーセージはさっと焼くだけで食べられるため、朝の忙しい時間のお弁当作りに大変便利です。スライスして卵や、野菜と一緒に炒めたり、そのまま焼いて味付けを変えたりするだけで、アレンジでき、毎日のお弁当作りに大変役立ちますね。 この記事では、「ソーセージ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豚肉を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    豚肉は生姜焼きや野菜炒めなど、食卓のメインになる食材です。調理のバリエーションも幅広く、豚肉が入るだけでボリュームもアップするので、買い物の度に購入している方も多いのではないでしょうか。豚肉は牛肉よりも安く手に入るので家計の強い味方ですよね。豚肉は耳から足までさまざまな部位が美味しく食べられます。部位によって食感や脂身の量も変わるので、食べ比べてみてくださいね。豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれており、その含有量はなんと鶏肉の約10倍も多いんですよ。ビタミンB1は疲労回復や夏バテにも効果があるので疲れを感じた時に食べるのがオススメです。スタミナ不足にならないためにも、豚肉や野菜をバランスよく食べて健康的な体を維持してくださいね。 この記事では、「豚肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ウインナーを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    ご飯やパスタ、パンなど、さまざまな主食に合うウインナー。パリッとした食感で、ジューシーな味わいが特徴です。子供が好きな食材でもありますが、香辛料を効かせたウインナーはおつまみにもなります。日本ではウインナーをソーセージとも呼びますが、本来はウインナーソーセージというソーセージの種類を言います。ウインナーソーセージは直径20mm未満の太さという規格があり、それ以上のものはフランクフルトソーセージ、またはボロニアソーセージなどと呼ばれます。いずれもひき肉にし香辛料を加えてケージングに詰めた食品です。一般的なウインナーは塩を使った保存食なので、塩分が多く含まれています。もともと味がついているため、味付けをしなくても十分おいしく食べられます。 この記事では、「ウインナー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ひき肉を使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    ブロック状の塊の食肉に挽くという工程をしたものを「挽肉(ひきにく)」と言います。ひき肉には「牛ひき肉」「豚ひき肉」「鶏ひき肉」と種類があり、「粗挽き」「中挽き」「細挽き」と挽く目の細かさでも分類されています。また2種類のお肉を混合させたものは「合いびき肉」といわれ、主に豚肉と牛肉が混ぜられています。ひき肉の調理方法には、ミートローフや肉詰めなどに成形して使用するおかず料理や、炒めものなどバラバラにして使用する、おかず料理があります。ひき肉はそれぞれのお肉と同じ栄養価があり、タンパク質、脂質などを多く含んでいます。また合いびき肉には両方の栄養価を含んでいます。 この記事では、「ひき肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ソーセージを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    香辛料などで味付けをしたひき肉を、腸に詰めて加工したものをソーセージと言います。ソーセージには日本独自の規格があり、以前は使用している腸の種類で名前が分かれていました。現在では太さで決められていて、2センチ未満は「ウインナーソーセージ」、2センチ以上、3.6㎝未満は「フランクフルトソーセージ」、3.6センチ以上は「ボロニアソーセージ」と呼びます。またこのおつまみレシピでは魚肉ソーセージも使用していますが、日本独自の商品で、魚のすり身、豚脂、調味料を混ぜたものです。そんなソーセージにはタンパク質、ビタミンB1、ビタミンB2、脂質などの栄養が含まれています。そして炒め物、揚げ物、サラダにも合う食材です。 この記事では、「ソーセージ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    コンビーフとは牛肉を塩漬けにしたもので、缶切り不要で手軽に味付きの牛肉が食べられる便利な食材です。保存がきくため登山やキャンプ、非常食に重宝しそのままでも美味しく食べられます。また、炒め物や煮込み料理、サラダ、パスタ、サンドイッチなど様々な料理にアレンジできますよ。野菜や卵との相性も良く、簡単に調理できるため忙しい時にもおすすめの食材です。コンビーフの缶詰が台形状になっているのは、缶詰にする際に肉は酸素に触れると酸化してしまうため、面積の小さい方の面を下にして、缶詰内の空気を抜きながら詰めることで酸化を防ぐためです。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ソーセージを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    ソーセージは豚や牛、鶏、魚などの肉をミンチし、調味料や香辛料などを加えて腸詰めにした食材です。ゆでたり焼いたり煮込んだり、さまざまな料理の種類でアレンジができます。賞味期限も生肉に比べて長く、保存食にもおすすめ。パリッとジューシーなソーセージは、塩や香辛料で味付けをされているため、野菜炒めやスープなどの料理に加えるだけで、うまみが出て味にコクを出すこともできます。たんぱく質やビタミンB1、ビタミンB2などの栄養も含まれており、手軽に調理ができるソーセージは、あと一品ほしい時やお弁当のおかずにも最適な食材です。 この記事では、「ソーセージ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    なめらかな舌触りとほのかな酸味が特徴のヨーグルト。甘みをつけてデザート感覚で食べることもありますが、調理の際に使用することもできます。そもそも、ヨーグルトとはケフィアというものが発酵したものです。乳酸菌を豊富に含んでおり、腸内環境を整える効果があるため、ぜひ積極的に摂取したい食材です。そんなヨーグルトですが、種類によって含まれている乳酸菌の量も違います。使用されている菌も効果も異なるため気になる方はぜひご自身で調べてみてくださいね。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    うま味と程よい塩気が口いっぱいに広がる、コンビーフ。炒め物や、和え物など、さまざまな料理と相性が良いのが特徴です。そもそもコンビーフとは、牛肉を煮沸して、ほぐした後に調味料を配合したものです。そのため塩気がもともとあり、味付けが簡単に済むのが嬉しいポイント。店頭に並んでいるコンビーフは台形の缶(枕缶)で販売されることがほとんどです。理由は缶の中の空気を抜いて酸化を防ぐためだとか。種類も豊富にあり、熟成肉を使ったものや、馬肉と牛肉を使用しているもの、和風に調味してあるものなど、料理に合わせて選ぶことができますよ。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【加筆完了】ウインナーを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    ウインナーは肉の保存食のひとつで、挽肉に防腐・消臭・芳香効果のある調味料や香辛料、脂肪などを合わせて腸詰めにしたものです。一般的にウインナソーセージとは、太さが20mm未満のものを指し、日本では主に豚肉を原材料としています。そのままでも食べられるものもありますが、一般的には茹でる・焼くなどの加熱調理をして食べられます。焼く場合はウインナーに切り目は入れず、油を敷かないで弱火でゆっくりと転がすことで香ばしく仕上がります。茹でる場合も切り目は入れず、煮え立つ手前の温度のお湯で3分程温めることでふっくらと仕上がりますよ。忙しい朝でも手軽にできるのでぜひお試しくださいね。 この記事では、「ウインナー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 「校正ツール」でチェック済み https://textmining.userlocal.jp/results/2rzZL96rDvDjC6WgW9it5WwP2P6ZTKE6

  • ハムを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    身近な加工食品であるハム。英語では「hum」と書き、豚のもも肉を指しますが、日本ではロースハムを指すのが主流です。ロースハムとは、豚のロース肉、つまり肩から腰にかけてついている肉を使ったハムのことです。ハムは豚肉を塩漬けにして熟成させたのち、燻製、成形して加熱加工して作るのが一般的。タコ糸を使って成形するほか、腸詰めにする方法もあります。ハムの主な栄養成分は、たんぱく質、ビタミンB1、脂質などです。たんぱく質は筋肉や血液を作るための重要な栄養素で、不足すると免疫力が低下すると言われています。ビタミンB1は糖質をエネルギーに換える働きがあり、集中力を向上させます。塩分が高い食品のため、味付けは薄めにすると味のバランスが良くなりますよ。 この記事では、「ハム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ハムを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    ハムは加工品で老若男女問わず大変人気がある食材です。ハムはたんぱく質やビタミン類を豊富に含んでいるので、筋肉を作る重要な働きをします。手軽に食べることができる食材ですが、ハムだけでは塩分が強く栄養が偏ってしまうので他の食材と上手に組み合わせて調理をしバランスをとることが必要です。ハムは鮮度が落ちるとぬめりが出てしまいます。ハムの表面を酢や酒で拭きラップなどで密閉して冷蔵庫で保存をすると3日程度持ちます。ハムはサラダあえ物、炒め物など料理の種類が色々ありご飯のおかずにもぴったりなのでおすすめの食材です。 この記事では、「ハム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豚肉を使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    いろいろな部位が使われる豚肉。今回紹介するおかず10選では、豚小間切れ肉、豚バラ肉、豚ロース肉が使用されています。ロース肉はきめ細かく、適度な脂肪がついていて、やわらかい部位になります。バラ肉のきめは粗いですが、うまみが多く、やわらかく、ベーコンを作る部位でもあります。小間切れ肉はロース肉やバラ肉の切れ端で、細かく切ったさまざまな部位が混ざったものです。豚肉の栄養素はタンパク質、脂質が多く含まれていれ、特に亜鉛、貧血を防ぐ鉄分、ナトリウムを排泄する役割であるカリウムなどのミネラル、エネルギー代謝を助けるビタミンB群が豊富に含まれています。またいろいろな野菜と食べることで栄養価が増すのでおすすめです。 この記事では、「豚肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ハムを使った人気レシピ【調理法:おつまみ】おすすめ10選

    ハムはかたまり肉を塩漬けにして作る加工肉のことです。スーパーでは薄くスライスされ、使い切りの量で売られており、私たちの生活に身近な存在です。パンに挟んでサンドイッチにしたり、サラダにしたりして、そのまま食べられる手軽さが魅力ですよね。ハムにはアミノ酸やオレイン酸が含まれており、アンチエイジングの効果もある食材です。ハムは栄養も豊富に含んでいますが、塩分も多く含む食材なので食べ過ぎには注意が必要です。豚肉ではなく、鶏肉で作る鶏ハムをは家で簡単に作ることができる料理です。鶏肉を使うので安く、ヘルシーに作ることができます。自分好みのハムを自宅で作ってみてはいかがでしょうか。 この記事では、「ハム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【調理法:おかず】おすすめ10選

    コンビーフとは牛肉をほぐして塩漬けにし、固めた食品。保存性が高いことから長期の航海や軍用として使われてきました。アメリカでは塊肉を指し、メインディッシュとして食べることもあります。しかし、日本では缶詰に入ったコンビーフが売られているため、保存食として家にストックしている人もいるでしょう。コンビーフは牛肉を高温高圧で殺菌加工しているため、そのままでも食べられます。しかし、炒めたりレンジをかけたりすればおかずのアレンジができますよ。また、塩漬けにしてあるため、調味料を加えなくてもしっかりと味が付いているところがポイント。生肉を使うおかずとは異なり、加熱時間も短くて済みますね。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:おかず】おすすめ10選

    ヨーグルトはジャムと混ぜればデザートになりますが、お肉と組み合わせておかずとしても食べられます。ヨーグルトには乳酸菌が含まれていて、この成分がお肉の繊維をやわらかくしてくれます。そのため、お肉にヨーグルトを漬け込んでおけば、安いお肉でもやわらかな食感が楽しめますよ。節約おかずを作りたい時にもおすすめです。また、ヨーグルトに塩やにんにく、香辛料などを混ぜると野菜やお肉に合うクリーミーなソースが作れます。また、ゆで卵と玉ねぎをみじん切りにしてヨーグルトと合わせ、塩などで味付けすればタルタルソースにもなります。健康食品であるヨーグルトをデザートだけでなく、おかずにもぜひ活用してみましょう。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豚肉を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    普段の生活になじみ深い肉の一種である豚肉。しゃぶしゃぶやとんかつ、生姜焼きなど、様々な調理法や味付けで親しまれていますよね。栄養価としては、ビタミンB1の含有量がトップクラスで、牛肉や鶏肉の5~10倍近くも含まれています。1日100g~150g摂れば一日に必要なビタミンB1の量を摂取できるとも言われています。もともとビタミンB1は疲労回復ビタミンとも言われていて、糖質をエネルギーに変える際に必要不可欠なビタミンとなりますぜひ積。また、お酒を飲んだ際には分解にビタミンB1が必要となるので、ぜひ極的に摂りたい食材です。 この記事では、「豚肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ひき肉を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    日常的に料理に使われているひき肉。言葉の通り、肉ひき機で細かくひいた肉のことを指します。そのまま炒めたり、つなぎと合わせてまとめて調理するなど、使い道は様々です。牛ひき肉、豚ひき肉、鶏ひき肉、牛肉と豚肉を合わせた合いびき肉など、種類も豊富です。肉に含まれる硬い繊維質が細かく裁断されているため、口当たりがなめらかです。自分で細かくすると時間もかかってしまうので、時間短縮で滑らかに加工されているのは嬉しいですよね。また、特に玉ねぎ、パン粉、たまごはひき肉の美味しさを引き出すとともに肉同士をつなぐ役割をしてくれるのでひき肉をまとめて調理する際にはおすすめです。 この記事では、「ひき肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    健康食品の一つ、ヨーグルト。ヨーグルトにはたんぱく質や脂質、炭水化物やビタミン、カルシウムなどさまざまな栄養が含まれています。ヨーグルトに含まれているタンパク質は、乳酸菌によりペプチドやアミノ酸に分解されており、体内に吸収されやすい成分です。さらにエネルギーの源になる脂質やカルシウムやマグネシウムの吸収を助ける乳糖も、ヨーグルトでは消化されやすい状態になっており、消化吸収能力が弱い幼児や高齢者、体調不良の時にはおすすめの食材です。豊富に含まれているカルシウムは、ヨーグルトに含まれるたんぱく質と結合しやすく吸収率が上がります。低カロリーなヨーグルトは、効率よく栄養を摂取できる万能食材です。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    塩漬けした牛肉を缶詰にしたコーンビーフ。加熱処理がされているので、そのまま食べられます。長期保存もできるので、保存食や非常食としておすすめの食材です。牛肉から脂や筋などを取り除いて作られており、脂っこくなく低カロリーな一方、たんぱく質をしっかりとれるので、ダイエットにも強い味方です。味付けは塩だけとシンプルなので、さまざまな料理に合わせることができます。火を通す必要がないので、時短料理にも最適です。レンジで加熱をすれば肉汁が溶け出し、フライパンで焼けば香ばしさが増し、そのまま食べる時とはまた違った風味を味わえます。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豚肉を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    豚肉は耳から心臓、足まで、さまざまな部位が美味しく食べられる万能な食材です。豚肉の「肩」は赤身が多く、うまみのある部位です。シチューなどの煮込み料理にするとコラーゲンが溶けてやわらかくなります。「ヒレ」は脂肪が少ないのにやわらかく、一頭から1キロしかとれない貴重な部位です。ビタミンB1が豊富に含まれています。トンカツなどの油を使った料理によく合います。「バラ」はお腹のあばら骨についている、濃厚で甘い脂身の多い部位です。骨がついたものはスペアリブです。角煮やチャーシューなどに使うのがオススメです。「豚足」は煮込み料理に向いている豚の足の部位です。豚足は煮込むとコラーゲンの入ったゼラチン質がぷるぷるになります。他にも豚にはさまざまな部位があります。豚肉の特性に合った料理方法で豚肉をおいしく食べてくださいね。 この記事では、「豚肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ひき肉を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    ひき肉は牛肉、豚肉、鶏肉などのかたまり肉を細かくすり潰してミンチにした食材です。挽き方によって粗びき、中粗びき、細粗びきに分けられます。ひき肉を使った料理は和、洋、中たくさんありますが、和食には鶏ひき肉、洋食には牛ひき肉か合挽肉、中華料理には豚ひき肉が合います。牛ひき肉は、他のかたまり肉やカット肉を買うよりもずっと安く買うことができるので、家計に優しい食材です。ハンバーグは牛肉だけ使うと固くなってしまうので合挽にすることがオススメです。牛肉7に対して豚肉3の割合か、牛肉6:豚肉4の配合で合挽にするとふっくら美味しく仕上がりますよ。ハンバーグを作るときはぜひ参考にしてみてください。 この記事では、「ひき肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ソーセージを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    ソーセージには豚肉などの肉類が主原料のウインナー・フランクフルト・ボロニアソーセージや魚が主原料の魚肉ソーセージなどがあり、日持ちもよく料理に手軽に使える便利な食材です。丈夫な体を作る良質なタンパク源になるほか、疲労回復を助けるビタミンB1が豊富です。糖質の代謝を促すビタミンB1は脳や神経の働きを正常に保ち、精神を安定させ集中力の維持にも役立ちます。魚肉ソーセージは体の発育に欠かせないビタミンB2やカルシウムも豊富で、成長期の子供や骨粗しょう症の予防にも最適です。骨を強くするビタミンD・K・Cなどを含む食材も合わせて摂取しましょう。紹介する和えるレシピでは、おつまみに最適な本格ジャーマンポテトや簡単にできる魚肉ソーセージを使ったサラダ風の和え物レシピが満載です。 この記事では、「ソーセージ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ひき肉を使った人気レシピ【調理法:パン】おすすめ10選

    さまざまな料理にアレンジが可能なひき肉。牛ひき肉はたんぱく質や鉄、脂質が豊富で老化防止や動脈硬化を予防する働きが期待できます。次に豚ひき肉は、たんぱく質や脂質のほか、ビタミンB1を多く含むのが特徴です。鶏ひき肉はたんぱく質が多く、ビタミンAを含みます。牛肉や豚肉、鶏肉を合わせた合いびき肉には、それぞれの栄養が含まれています。ひき肉は空気に触れる面が多く、変色や傷みが進みやすいので、早めに調理するのがおすすめですよ。ひき肉は常温で置いておくとやわらかくなるので、調理する直前に冷蔵庫から出すのがポイントです。 この記事では、「ひき肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヨーグルトを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    ヘルシーな食材として人気のヨーグルトは、朝食やおやつによく食べられます。ヨーグルトは発酵食品の代表的存在で、乳に乳酸菌を混ぜて発酵させて作ります。約7000年前から作られている歴史の長い食べ物ですが、日本で食べられるようになったのは太平洋戦争後になってからです。そのまま食べるだけでなく、ドレッシングやお菓子類、飲み物にも使うことができ色々とアレンジを楽しめるのも魅力です。手軽に食べられるので子供のおやつや離乳食にも使われ、栄養価が高いのも魅力です。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、消化を促進し便通を整える効果があります。その他にもたんぱく質・カルシウム・脂肪・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2などがバランスよく含まれています。 この記事では、「ヨーグルト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ウインナーを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    ウィンナーはパリッとジューシーな食感で大人から子供まで人気のある食材です。ウィンナーはソーセージ、ヴルストとも呼ばれ、味付けしたひき肉をケーシング(動物の腸や人工で作った皮のこと)に詰めて作られる加工品です。ウィンナーといえばドイツが有名ですが、お弁当の具でおなじみな赤ウィンナーは実は日本で作られた商品です。今ではその存在は海外にも知られているほどメジャーな商品になりました。たこさんウィンナーにすると見た目も可愛く、味も美味しいことから子供に大人気ですよね。他にもウィンナーにはピリッと辛いチョリソーや、バジルなどのハーブを練りこんだウィンナーなどお酒のつまみになる大人向けのウィンナーもあります。味の種類は豊富にあるので、スーパーなどで見かけた際はいつもと違う味のウィンナーを買ってみてはいかがでしょうか。 この記事では、「ウインナー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ウインナーを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    ウインナーは正式名称「ウインナーソーセージ」と言います。ウインナーは豚肉、鶏肉、牛肉のひき肉を塩漬けし、香辛料を加えて練ります。そしてケーシングに羊の腸を使用して詰めた後に、燻製またはボイルしたものです。また太さが直径20ミリ未満のものを言います。そんなウインナーは子供から大人まで人気のある食品。焼く、茹でる、炒めるなど調理方法はさまざまです。また味付けをいろいろで物ですることで、バリエーションも豊かになるので、あえものにも合います。ウインナーにはタンパク質、ビタミンB1、ビタミンB2などの栄養素が含まれています。野菜、他の食材とバランスよく食べるのがおすすめです。 この記事では、「ウインナー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こごみを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    葉先がくるくると渦巻き状になっているこごみ。独特な見た目が特徴的ですよね。味に癖がないため、比較的調理しやすい山菜です。正式名はクサソテツといい、春から初夏に食用として採る新芽をこごみやこごめなどと呼ばれています。そんなこごみですが、茎が太く、トップがしっかりと渦巻き状に巻かれているものがおすすめです。また、茎の部分に白く粉を拭いたようなものがついているものはより新鮮な証となります。ですが、日持ちが良いものではないので、収穫したり、スーパーで買った際には2、3日ほどで調理することをおすすめします。 この記事では、「豚肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ハムを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    薄切りはサンドイッチに、厚切りならステーキにもなるハム。子供でも食べやすく、幅広い年代に食されている食材です。そもそもハムは塩漬けにして燻製にするため塩気が強いのが特徴。そのため、味付けは少量でOKです。塩やほかの調味料を加えすぎると塩分をとりすぎてしまうため注意しましょう。また、ハムは火を通さずに食べられるためサラダなどの和え物にもぴったりです。彩りがプラスされ食べ応えもアップしますよ。一般的なハムは豚肉で作られていますが、家庭で作れる鶏ハムもあります。豚ハムはジューシーですが、鶏ハムはあっさりめ。レシピによって使い分けるのも良いでしょう。 この記事では、「ハム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社