キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

松茸をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

高級きのこと言えば松茸で、秋に食べたくなる贅沢な一品です。松茸は人工栽培ができないめ、自生している天然の松茸を収穫するため高級品になっています。松茸は風味がよく、土瓶蒸し、お吸い物、松茸ご飯などに使われます。松茸をスライスして、シンプルにグリルするのも人気があります。松茸独特の香りとうま味は絶品で、家庭では食べる機会が少ないですが店頭に並ぶ松茸を見ると秋を感じることができます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて松茸のレシピを紹介しています。松茸を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

  • 夜ごはんにオススメの松茸を使った人気レシピ10選!失敗したくないならこれ!

    芳醇な香りと、しっかりとした食感が特徴的な松茸。旬の季節には高級食材として流通します。香りや味わいに注目されがちですが、実はカロリーは低く、栄養価の高い、体にとてもよい食材なのです。ビタミンDやナイアシン、カリウムを豊富に含んでいるため、健康維持をするにはもってこいです。また、食物繊維も含まれているため、腸内環境を整えるのにも有効的です。そんな松茸ですが、時間の経過と比例して香りや風味が損なわれやすいため、すぐに調理することをオススメします。冷蔵保存の場合は、石づきをとって洗い、水気をふき取ってからキッチンペーパーに包みます。さらにラップで巻く事で約1週間程度の冷蔵保存が可能ですよ。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使ったおすすめ定番料理10選

    秋の味覚の一つの松茸は独特の芳醇の香りが特徴です。この香りは、「マツタケオール」と「桂皮酸メチル」と呼ばれる成分で食欲増進の効果があるとされています。キノコ特有の食物繊維もたっぷりと含み、他にも血行を改善するナイアシンや体内の余分な塩分を排出するカリウムなども含まれます。風味を保つために汚れなどは濡れ布巾などで軽く不程度にし、調理する直前にカットすることがポイントです。包丁ではなく手で裂くと皿に風味がアップするのでぜひお試しくださいね。松茸の香りは収穫後2〜3日程度で飛んでしまうため、手に入れたら出来るだけ早く調理するように心がけましょう。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの舞茸を使った人気レシピ10選

    舞茸は人工的に栽培されているものがほとんどなので、スーパーなどで一年中いつでも買うことができます。価格も安価なため、家計にも優しく家庭料理に重宝する食材のひとつです。天然の舞茸は幻のきのこと呼ばれるほど希少価値が高くなっています。舞茸は亜鉛、ナイアシン、食物繊維、ビタミンDなどの栄養素を多く含んでいます。舞茸は70度くらいの温度で調理すると、舞茸のうまみ成分が増えてさらにおいしくなりますよ。舞茸は他のきのこと同様に加熱して食べられます。舞茸は鍋、天ぷら、炒め物に多く利用されます。人工栽培なので旬はありませんが、鍋物がおいしくなる秋から冬にかけて需要が高まります。歯触りのよい肉厚な舞茸で、毎日の食卓を楽しみましょう。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの松茸を使った人気レシピ10選

    松茸は大変高価な食材として知られていて、香りが高く日本人に人気がある食材です。松茸の特徴である香りはマツタケオールという成分によるものです。松茸は食物繊維の一種であるベータグルカンを豊富に含まれているので、腸内環境を整える働きや便秘を解消する働きがあります。鮮度が落ちると香りがなくなるので新鮮なうちに料理に使います。松茸を使った主な料理には素焼き、天ぷらなどの揚げ物、松茸ごはん、土瓶蒸しなどがあります。どれも上品な料理が多く様々な料理を楽しむことができます。昼ごはんにおすすめのレシピも紹介されているのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ7選

    秋に店頭に並ぶ高級食材と言えば松茸。他のきのこ類に比べると高額でなかなか手に入りにくいきのこですが、風味と味わいが格段によくぜひ秋に食べたい食材の1つです。松茸は人工栽培のものがなく、自生したもののみ流通しているため価格が高くなっています。松茸の代表料理は土瓶蒸しや松茸ご飯になりますが、シンプルに松茸をグリルで焼くのも人気で松茸の風味を存分に楽しめます。松茸の独特の香りはマツタケオールと呼ばれる成分とメチルシンナメートによるもので、β-グルカンなどの食物繊維が豊富で便秘を解消する働きがあります。中国産やヨーロッパ産の松茸が流通していますが、一番香りと味わいがいいのが日本産のものと言われています。少々値が張っても、たまには贅沢して松茸を使った料理を楽しんでみるのもいいですね。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの松茸を使った人気レシピ10選

    高価で有名な松茸。キシメジ科キシメジ属のキノコです。松茸は人工栽培ができず、自然にできたものしか収穫ができません。旬は収穫地方でずれますが、8月末頃から11月中旬頃です。そんな松茸の栄養価は、便秘予防や改善ができる「不溶性食物繊維」、不整脈に効果のある「カリウム」、ビタミンBの一種であり、肌の健康を保つ効果のある「ナイアシン」、免疫力の増強に効果のある「ビタミンD」が含まれています。また独特の松茸の香り成分は「マツタケオール」です。そして松茸は収穫してから時間が経過するほど、この香りが減ってしまうため、できるだけ早く調理するのがおすすめです。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【調理法:がっつり】おすすめ4選

    高級きのこと言えば松茸で、秋になると店頭に並ぶ秋の風物詩とも言える存在です。高価なためなかなか家庭で味わう機会がありませんが、他のきのこに比べると格段に香りと風味が高いためぜひ旬に味わいたいきのこです。中国産、アメリカ産、トルコ産、スウェーデンなどがありますが、日本産の松茸が一番おいしく価格も高くなっています。松茸の香りはマツタケオールと呼ばれる不飽和アルコールと、メチルシンナメートによるもので、土瓶蒸しや松茸ご飯にしてその香りを楽しむことができます。シンプルに焼いて塩や醤油をつけて食べると、松茸のおいしさを存分に味わえます。時には奮発しておいしい松茸料理を作ってみるのもいいですね。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    独特の芳醇な香りを持つ松茸は、「香り松茸、味シメジ」と称されます。この香りは、「マツタケオール」「桂皮酸メチル」と呼ばれる成分で食欲増進の作用があります。化学的な合成で作られた「マツタケエッセンス」と呼ばれる香り成分は市販されていて、松茸ご飯の素やお吸い物として使われています。松茸の育つ環境の変化により今では国産松茸は貴重な高級品ですが、その分輸入松茸の流通量が増えています。松茸の香りは収穫後2〜3日程で落ちると言われるため、輸送に時間がかかる輸入松茸は国産のものと比べると香りは落ちてしまいますが、値段は国産よりも手頃なので、気軽に松茸の風味を楽しみたい時に上手に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    日本の高級きのこである松茸。松茸の香りはマツタケオールと呼ばれる成分で、松茸の特徴の1つでもあります。国内では長野県の生産量が顕著ですが、岩手、京都、岡山など、東北から中国地方なども産地として有名です。秋の風物詩とも言われるように、9月から10月ごろにかけてが旬ですが、九州地方などでは11月中旬ごろまで収穫されることもあります。松茸は食物繊維が豊富なため、便秘を解消できるほか、体内の有害物質を排出する効果も期待できるヘルシーな食材です。多糖類の一種であるβ-グルカンも含まれていて、免疫力を高め、風の予防につながるとされています。松茸は低カロリーですが、栄養が豊富に含まれているため、ヘルシーな献立に取り入れてみましょう。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    日本のきのこの最高峰と言われている松茸。口の中にふわっと香り、濃厚な味わいが人々の心をつかんで離しません。そのまま焼いて食べるのはもちろん、炊き込みご飯や炒め物、何でもよく合い料理のレベルをぐっと上げてくれます。日当たりの良い場所でよく穫れ、主にアカマツの林に映えますが、最近ではアカマツの利用が少なくなってきたために、収穫が減少傾向にあります。現在でもなお栽培ができないので、自然に発生した松茸は貴重で高価なものとなっています。そんな松茸ですが、選ぶ際には傘の部分があまり開ききってないものをおすすめします。弾力がある方が鮮度がよく、香りも強いものが多いです。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    多くのキノコが一年中出回る中、9月〜10月頃の秋のみ旬を迎える松茸は、「秋の味覚の王様」と呼ばれます。松茸は、人工栽培することができないことから松茸の価格は高くなり、貴重な存在となります。芳醇な香りは「マツタケオール」や「桂皮酸メチル」と呼ばれるもので、食欲増進を促す作用があります。ほかにも食物繊維が豊富なため、便秘予防に効果的ですよ。皮膚の代謝に関与して、肌荒れや肝臓病、二日用に効果的なナイアシンや、高血圧予防に効果的なカリウムも含みます。松茸の表面が湿っていて、軸の固いものが良品の証拠です。触ってみて柔らかいものは虫食いのものもあるので注意しましょう。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    秋になると店頭に並び秋の風物詩とも言える松茸は、きのこの中でもなかなか食べる機会のない高級きのこに属します。松茸が高級な理由は人工栽培ができず、自生したものを収穫するしかないからです。松茸の中でも一番の高級品とされるのが日本産のもので、強い香りとシャキッとした歯ごたえが特徴です。その他にもアメリカ産、スウェーデン産、フィンランド産、中国産、トルコ産の松茸があります。松茸にはβ-グルカンなどの食物繊維が沢山含まれ、腸内環境を整えて便秘の解消に役立つ効果があります。松茸を使った料理には松茸ご飯や土瓶蒸し、グリル焼きなどがあります。松茸は香りと風味、うま味が豊富なので旬の季節がきたら、ぜひ奮発して松茸を使った料理を作ってみましょう。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    「秋の味覚の王様」といわれる松茸は、人工栽培ができず、生育条件も厳しいことから収穫量が限られるため、価格は高く、特に国内産のものは貴重な存在です。国内産の不足を補うために中国やアメリカなどから輸入します。輸送に時間がかかるため香りが多少減少しますが価格が低めなのが魅力です。松茸を手に入れたら香りと風味を損なわないようにすぐに調理しましょう。保存する場合は、新聞紙で包んで袋に入れるか、ラップで包んで冷蔵庫に入れて、水分がつかないように保存してください。松茸ご飯、土瓶蒸し、炭火焼き、吸い物、天ぷらなど様々な料理にアレンジできますが、カットする場合は包丁で切るよりも手でさく方が香りよく仕上がりますよ。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ6選

    松茸は秋の味覚を代表する高級食材です。松茸ご飯や土瓶蒸しなど、香りを活かすように調理して食べられています。松茸に限らず、きのこ全般に言えることですが、加熱して初めて旨味成分がでる食材です。生でかじっても美味しくないので、食べる際は必ず火を通してくださいね。松茸の香りを人工的に再現した「松茸エッセンス」という合成香料も販売されています。乾燥松茸と松茸エッセンスを組み合わせて使うことで生で作る料理と遜色ない松茸料理が作れますよ。手軽に松茸を楽しみたい方や、生の松茸は高くて手が出ない、という方にもオススメです。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    秋の味覚代表の松茸。特有の香りは「マツタケオール」や「ケイ皮酸メチル」という成分によるもので、「松茸風味」として人工的にも作られています。きのこ特有の食物繊維を豊富に含む松茸は便秘解消に役立ち、腸内環境を整えて有害な成分を排出する働きに期待されています。ビタミンDになる前の「エルゴステリン」と呼ばれる成分を含み、ビタミンD同様、カルシウムの吸収を助けて骨粗しょう症予防に有効ですよ。他にも、ナイアシンを含むため、皮膚の代謝に働きかけて肌荒れ予防に効果的です。国産品は高価ですがその分香りも良くておすすめです。天然物は旬の時期にしか食べられないので、ぜひお試しくださいね。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    高級きのことして重宝される松茸は、秋の味覚の最高峰として秋の風物詩にもなっています。松茸は人工栽培ができず、自生したものを収穫するため高級品になっています。高級なためなかなか家庭で味わう機会は少ないですが、松茸ご飯・土瓶蒸し・お吸い物・グリル焼きなどが人気です。松茸は香りと風味が豊かなので、松茸の香りを最大限に楽しめる調理法が多くなっています。この独特の香りはマツタケオールと呼ばれ、不飽和アルコールとメチルシンナメートによるものです。松茸はβ-グルカンなどの食物繊維が豊富で、腸内環境を整え便秘の解消に役立ちます。味わう機会が少ない松茸ですが、秋になったら自分へのご褒美に手に入れてみてはどうでしょうか。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ7選

    日本のきのこの最高峰である松茸。かつては全国各地の山間地で松茸が育つ環境が整っていたことから今よりも身近な味覚でしたが、現在は採れる量が少ない上に、松茸は人工栽培ができなため、高価な食材となりました。人々を虜にする香りの成分はマツタケオールと呼ばれる不飽和アルコールと桂皮酸メチルというものから生成されています。また、食物繊維も豊富で、腸内環境を整えてくれるため、便秘の解消にも働きかけてくれます。そんな松茸の選び方はまず、傘の開きが五分までのものは弾力があるためおすすめです。傘が開ききっているものは鮮度が良ければ香りは良いので、そのようなものを選べば低価格で美味しい松茸食べられます。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ6選

    独特の香りと歯ごたえを持つきのこの王様「松茸」。秋の味覚の代表格である松茸はアカマツなどの林に自生し、人工栽培できません。出回っているのは天然物だけなので高級品として扱われています。輸入物は香りや味は国産物には劣りますが、値段は比較的手頃に手に入るので気軽に松茸の風味を味わえます。松茸の香り成分には食欲増進効果があり、β-グルカンなどの食物繊維も豊富で腸内環境を整えてくれます。松茸を選ぶ時はカサの開きが五分までで弾力がある物がおすすめ。価格も手頃なカサが開いた物は香りが強い物が多く、松茸ご飯に向いています。カサの裏が黒ずんでいない鮮度の良い物を選びましょう。松茸は焼いたり、土瓶蒸しが定番ですが、天ぷらやフライにしてもおいしく食べられますよ。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    秋に食べたくなる一品と言えば松茸。松茸は香りがよいことで知られ、その独特の香りはマツタケオールと呼ばれる不飽和アルコールとメチルシンナメートによるものです。松茸は人工栽培ができないめ自生したものを収穫するしかないため高級品になっており、家庭では食べる機会があまり多くありません。旬は9~11月で秋の風物詩となっています。松茸を使った人気の料理は松茸ご飯や土瓶蒸し、シンプルにグリルで焼くなど、松茸の香りを最大限に楽しめる調理法が人気があります。松茸にはβ-グルカンなどの食物繊維が沢山含まれています。食物繊維には腸内環境を整え、便秘の解消に役立つ効果があります。松茸が手に入ったら、そのおいしさを最大限に生かした料理で味わいたいですね。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    きのこは人工的に栽培できるものもありますが、松茸は人工栽培が難しいので、秋にしか手に入りません。松茸の独特な香りは、マツタケオールという成分です。選び方のポイントは、かさが開ききっておらず軸がしっかりとしているものを選んで下さい。保存する場合は、袋に入れ冷蔵庫内で保存して下さい。栄養素は食物繊維、ビタミンB群、カリウムなどが含まれています。松茸に含まれる食物繊維は、不溶性食物繊維が多く含まれており腸内環境を整える作用があります。国内品は高価で流通量も少ないですが、輸入品は手ごろな価格で販売されているもあります。ぜひ秋の味覚を楽しんでくださいね。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ5選

    香りが魅力的な松茸は、秋の味覚の代表です。他の時期にはほとんど入手することはできず、その貴重性は値段にも表れています。松茸の香りには「マツタケオール」と「メチルシンナメート」という成分によるもので、香りを嗅ぐだけで食欲をそそり、食欲増進の効果があります。他にも、消化酵素の分泌を促す作用も注目されています。コリコリとした食感は食物繊維が豊富な証拠で、便秘解消やコレステロール値の低下にも有効です。きのこ特有の低カロリーは松茸も同様で、ダイエット中でも気にすることなく食べられますよ。値段を考慮すると気軽に入手することは難しいですが、特別な日などはぜひ取り入れてみてください。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ8選

    秋の味覚代表の松茸は、魅力的な香りが特徴的です。松茸特有の香りには「マツタケオール」と「メチルシンナメート」という成分からで、この二つの香り成分は食欲増進や消化酵素の分泌を促す効果があります。香り成分は人工的にも作られて、お吸い物など代表的ですね。「香り松茸、味しめじ」という言葉がありますが、松茸には香りだけではなく、食物繊維やビタミンDなどの栄養も含まれます。高価な松茸ですが、人工栽培ができないため旬の時しか楽しめない貴重なきのこです。毎日頑張っている自分や家族のために、少し贅沢なご褒美で今晩の一品に加えてくださいね。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社