キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

松茸をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

高級きのこと言えば松茸で、秋に食べたくなる贅沢な一品です。松茸は人工栽培ができないめ、自生している天然の松茸を収穫するため高級品になっています。松茸は風味がよく、土瓶蒸し、お吸い物、松茸ご飯などに使われます。松茸をスライスして、シンプルにグリルするのも人気があります。松茸独特の香りとうま味は絶品で、家庭では食べる機会が少ないですが店頭に並ぶ松茸を見ると秋を感じることができます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて松茸のレシピを紹介しています。松茸を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

松茸の栄養素

松茸の独特の香りは、マツタケオールとメチルシンナメートによるものです。松茸にはβ-グルカンと呼ばれる不溶性の食物繊維を含んでいます。β-グルカンは腸内の有用菌を増やして腸内環境を整え、便秘を予防して改善します。カルシウムを効率よく摂取するためのサポート的な働きをするビタミンD、体内の余分なナトリウムを排出してむくみや高血圧を予防するカリウム、肌や粘膜などの健康を保つナイアシンなどが含まれています。

松茸の旬

松茸は人工栽培ができないため、自生している松茸のみなので旬は秋になります。松茸は日本以外の国からも輸入されているため、秋以外にも市場に出回ることがあります。国産の松茸よりも外国産のものが安いことが多いので、国産にこだわらない方は外国産の松茸も試してみるといいですね。国内産と外国産では大きさや香りなどにも違いがあります。中国産は7月頃、北欧産は8月頃の夏に出回ります。

松茸の産地

! /image/〇〇
日本有数の松茸の産地として知られるのが長野県で、上田市の塩田平周辺は名産地として知られています。この地域はアカマツ林が自生し冷涼な気候が、松茸の生育に適しています。その他にも岩手県・福島県・京都府・和歌山県・岡山県・徳島県・高知県などが産地になっています。海外では中国・韓国・北欧・北米から輸入されています。

松茸の選び方

松茸はつぼみが開いていない「つぼみ松茸」が最も高級とされ、少しつぼみが開いた「中つぼみ松茸」が次にいい良品と言われています。つぼみが開いて成長した「開き松茸」は少し評価は下がります。このことからもまず一番につぼみの開き具合に注目してください。松茸は軸が硬い方がよく、柔らかいと虫食いの可能性があります。表面が乾いているものは避け、乾燥したものは香りも弱いため避けるようにしましょう。

松茸の保存方法

松茸は香りと風味が大切なので、損なわれないうちにすぐに使ってしまいましょう。すぐに使わない場合は冷蔵保存し、新聞紙やキッチンペーパーを濡らして包みビニール袋に入れて冷蔵庫に保存し1週間を目安に使い切りましょう。松茸は冷凍保存も可能で、石突の周りを削り落としてなでるように軽く洗って水気をふき取ります。スライスしてラップでぴっちりと包み、フリーザーバッグに入れて冷凍保存します。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

松茸の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

松茸の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

松茸の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

松茸の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

松茸の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

松茸をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社