キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

材料の記事一覧

キッチンブックの「材料」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • さやえんどうを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    料理に添えるだけで彩りを華やかにしてくれるさやえんどう。春から夏に旬を迎え、シャキシャキとした食感が特徴の緑黄色野菜です。さやえんどうには、風邪予防や美肌に効果があるビタミンCや、強い抗酸化作用があり、アンチエイジングに役立つβカロテン、止血効果や骨粗しょう症の予防に効果的なビタミンKなどが豊富です。また、血糖値上昇の抑制や、老廃物の排出を促進する食物繊維も豊富で、積極的に取りたい健康野菜です。さやえんどうは、ハリがあってみずみずしく、ひげが白くピンとしているものを選ぶのがおすすめです。栄養価が高いさやえんどう。ぜひ、さまざまな料理で楽しんでみてください。 この記事では、「さやえんどう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • わけぎを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    ねぎと玉ねぎの雑種であるわけぎ。ねぎと比べてクセがなく、まろやかな香りと甘みが特徴の緑黄色野菜です。わけぎには強い抗酸化作用のあるβ-カロテンが豊富で、抗がん作用や風邪の予防、皮膚や粘膜などを健康に維持する働きがあります。また、美肌効果のあるビタミンCや整腸作用のある食物繊維、体内の余分なナトリウムを排出する働きがあるカリウム、貧血予防に有効な鉄などの栄養素を多く含みます。わけぎのぬめり成分はたんぱく質の消化をサポートし、胃腸の粘膜を保護する働きがあり、積極的に活用したい健康野菜です。わけぎは鮮やかな緑色で、ピンとハリのあるものを選ぶのがおすすめです。炒め物やサラダなどさまざまな料理で大活躍のわけぎ。 この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カツオを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    春と秋に旬を迎えるカツオ。春の取れる初ガツオは脂肪が少なく、秋にれる戻りカツオは油がのっているのが特徴です。カツオには良質なたんぱく質が豊富でビタミン類や鉄分が豊富です。また、血液をサラサラにする働きがあるEPA(エイコサペンタエン 酸)や脳の働きをよくするDHA(ドコサヘキサエン酸)、肝機能をサポートするタウリンなどを多く含み、積極的に取りたい食材の一つです。特に背身と腹身の間にある血合い肉には栄養が豊富です。臭みが気になる場合は、オリーブオイルやみそ、すだちやレモン、しょうがなどの調味料や柑橘類、香味野菜などと合わせて調理するのがおすすめです。 この記事では、「カツオ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • シーチキンを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    カツオやマグロを油漬けや水煮にした缶詰、シーチキン。カツオやマグロにはさまざまな栄養が含まれており、加工後のシーチキンにも良質なタンパク質やビタミンB2、鉄分、亜鉛やなどの栄養素が引き継がれています。血液をサラサラにする働きがあるEPA(エイコサペンタエン酸)や頭の働きを改善するDHA(ドコサヘキサエン酸)も豊富なシーチキンは、積極的に取りたい健康食材です。シーチキンのオイルや汁にも、栄養やうまみが含まれているので、一緒に調理するのがおすすめ。オイルの取りすぎは肥満の要因にもなりますが、適度な量を使えば、コクや風味づけにぴったりです。野菜やパン、トマトやチーズなど、さまざまな食材との相性も抜群のシーチキン。 この記事では、「シーチキン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    ピーマンは唐辛子と同じ品種の野菜です。ピーマンと唐辛子の大きな違いは辛味の成分であるカプサイシンが含まれていないことです。肉厚で甘みのある印象のピーマンですが、子供には苦く感じることがあるため、子供からの人気は底辺と言えます。なかなか子供がピーマンを食べてくれない、とお困りのお父さん、お母さんにオススメしたいのが、チンジャオロースや回鍋肉などの味の濃いメニューです。ご飯がすすむがっつり系の味付けにすれば、苦みを感じにくく食べやすくなります。ピーマンはじっくり加熱することでトロトロとした食感になり、甘みが増しておいしくなりますよ。食べ盛り、育ち盛りの子供には栄養満点なピーマンと、体を動かすエネルギー源になるご飯をバランスよくおいしく食べさせましょう。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • おかひじきを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    シャキシャキとした歯ごたえが特徴のおかひじき。おかひじきは、野菜の一種ですが、海藻のひじきような見た目から、その名がつけられました。おかひじきには、むくみの解消や高血圧を予防する効果があるカリウムや、イライラを抑え、骨や歯を丈夫にするカルシウムが豊富です。また、止血効果や骨粗しょう症の予防に役立つビタミンKや強い抗酸化作用でアンチエイジングに効果があるβカロテンも多く含みます。βカロテンは、油との相性が良く、一緒の取ることで体内への吸収率が高まるので、おかひじきは炒め調理にもおすすめの食材です。淡白な味わいのおかひじきは、さまざまな食材や調味料とも合わせることができ、いろいろな料理で楽しめます。 この記事では、「おかひじき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    塩漬けの牛肉のことを「コンビーフ」といいます。保存食でもあるコンビーフ、海外産のものは、塩漬けした生の牛肉を言うこともありまうが、日本では塩漬けして、煮込むことが決められています。日本産は既に加熱してあるので、そのまま食べてもおいしいですが、さまざまな調理に使用でき、混ぜる、炒めるなどしても合います。このパーティー料理レシピでも、焼く、煮るなどもしています。そんなコンビーフの栄養価には、疲労回復に効果のあるビタミンB1、皮膚に効果のあるビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、ストレスを緩和するパントテン酸、貧血予防をする葉酸など、豊富に含まれています。しかし、塩漬けなので食べ過ぎには注意が必要です。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • パクチーを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    日本でブームになっているパクチー。強い香りと独特の味わいで好き嫌いが分かれることがありますが、その味わいが料理にアクセントを加えます。タイやベトナム料理、タコスやナチョスなどのメキシコ料理によく使われます。生食できるのでサラダやサンドイッチに使う以外にも、スープや炒め物、麺類、和え物などにも使われます。最近になって人気が出てきた野菜ですが、意外にも日本へは10世紀頃に渡来した歴史の長い食材です。パクチーには抗酸化作用のあるβカロテンが豊富で、ビタミンB1、B2、C、Eといったビタミン類も含まれています。生で食べられるので、栄養素を壊すことなくそのまま丸ごと摂れるのも魅力です。 この記事では、「パクチー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • みょうがを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    爽やかな香りとシャキシャキの食感が特徴のみょうが。この香りには「アルファピネン」と呼ばれる成分で、食欲を増進させる作用や、頭をスッキリとさせて集中力を高める効果があります。赤紫色をしたみょうがは、ブルーベリーなどにも含まれる「アントシアニン」を含み、老化防止が期待できる抗酸化作用もありますよ。冷や奴などの薬味に欠かせないみょうがですが、少しアクがあるので刻んだら少し水にさらすと食べやすくなります。しかし長時間水にさらしすぎると香りがなくなり、栄養も流出してしまうため短時間を心掛けてくださいね。お味噌汁や天ぷらにする場合も短時間で仕上げるようにしてくださいね。 この記事では、「みょうが」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • そら豆を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    ホクホクな食感と甘みが特徴のそら豆は、日本では初夏に楽しまれる食材のひとつです。そら豆の主成分は糖質とタンパク質で、糖やタンパク質の燃焼には欠かせないビタミンB1やB2などのビタミンB群を豊富に含むためエネルギー補給に最適です。さらに、ビタミンB1にはアルコールの分解を助ける作用もあるため、お酒のお供にもぴったりですよ。ミネラルも豊富に含まれ、特に女性に必要な鉄や葉酸もたっぷり含まれます。ビタミンCや動物性タンパク質と一緒に食べることで吸収率がアップするので、料理の際に工夫して取り入れてみてくださいね。 この記事では、「そら豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • しめじを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    手頃な価格で、風味の良いしめじは、えのきに次いで2番目に生産量の多いキノコです。低カロリーで食物繊維を豊富に含むしめじはダイエットの強い味方で、積極的に取り入れたい食材です。食物繊維は腸内環境を整えるだけではなく、血中コレステロールの上昇を抑えたり、血圧を安定させる効果も期待されています。さらに、脂質をエネルギーに変えてタンパク質の分解と吸収には欠かせないビタミンB2も多く含むため、美と健康を維持するのにぴったりです。また、カルシウムの吸収を高めて丈夫な歯や骨を形成するのに欠かせないビタミンDも豊富に含むため育ち盛りの子供や、骨粗鬆症対策におすすめですよ。 この記事では、「しめじ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 人参を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    人参は一年中いつでも安定した値段で手に入ります。カレー、煮物、炒め物、サラダなど使える料理のバリエーションも多く、家庭料理には欠かせない存在です。玉ねぎ、じゃがいもと一緒に常備しておく方も多いのではないでしょうか。人参はほどよい甘みがあり、クセがないので子供にも安心して食べさせられます。人参はオレンジ色が鮮やかで型抜きでくり抜いて飾り付ければ、料理が可愛く仕上がります。人参にはβカロテン、カリウム、ビタミンなどの栄養素が豊富に含まれています。オリーブオイルなどの油と一緒に調理することで、栄養の吸収率が高まるため、がっつり系のお肉と一緒に炒め物にするのがオススメですよ。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししとうを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    6月〜8月の暑い季節に旬を迎えるししとうは、独特の風味と甘味を持ちます。唐辛子の甘味種「甘唐辛子」の一種で、凸凹の形が獅子の顔に似ていることから名付けたれたと言われています。βカロテンが豊富で、抗酸化作用によるアンチエイジングや生活習慣病予防、髪や肌を健康に保つ働きがあります。油とも相性抜群で、βカロテンの吸収率もアップするので、天ぷらや素揚げ、炒め物などに最適ですよ。免疫力をアップさせるビタミンCも豊富なため、夏バテ予防や、しみ・そばかすなどの肌トラブルにも効果的です。短時間で加熱することでビタミンの流出が抑えられるので、加熱調理をする場合は手早く仕上げてくださいね。 この記事では、「ししとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    旨味や食感が楽しいきのこは、私たちの日常に欠かせない食材です。食物繊維が多く、体内の腸内環境を整えて便秘対策や、体内の有害物質を排出するのをサポートしてくれます。さらに、カロリーが低いためダイエット中にもおすすめです。加えることで食べ応えがアップし、食べ過ぎ防止にもなりますよ。カルシウムの吸収を促進しるビタミンDも多く含み、育ち盛りの子供や、骨粗鬆症対策にも欠かせません。太陽の光に当てることでビタミンDが増えるため、乾燥しているものや、生のものでも30分〜1時間程度日光に当てることもおすすめです。カリウムや葉酸などのミネラルも豊富に含むため、いつもの料理に加えるだけで栄養バランスがより整いますよ。 この記事では、「きのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • えのきを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    シャキシャキの食感とクセなのない風味から様々な料理に活用されるえのき。人工栽培が盛んなため手頃な価格で一年中出荷することが可能なえのきは、キノコ類の中で生産量が一番多くなっています。低カロリーでダイエット中にも安心して食べられるえのきは、腸内環境を整える食物繊維や、糖質をエネルギーに変えるビタミンB1、脂質をエネルギーにするビタミンB2など美容効果の高い食材です。他にも、体内の余分な塩分を排出するカリウムや、コレステロールを減らすナイアシンも含まれます。どんな料理とも相性抜群なので、積極的に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「えのき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 牡蠣を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    そのままでも加熱しても濃厚な旨みを味わえる牡蠣は、「海のミルク」と呼ばれるほど栄養価の高い食材です。鉄分、亜鉛、銅、カルシウムなどのミネラルを豊富に含み、特に味覚を感じる細胞の働きには欠かせない亜鉛を多く含みます。生牡蠣にレモンが添えられる場合が多く見かけられますが、レモンに含まれるビタミンCやクエン酸が、鉄分や亜鉛の吸収をよくするため、一緒に食べることをおすすめします。レモンがない場合はお酢でも代用できますよ。加熱用の牡蠣では定番のフライや鍋物はもちろんですが、あさりの代わりに牡蠣を使ってパスタやクラムチャウダーに利用してもおすすめですよ。 この記事では、「牡蠣」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    水菜は、畑の作物と作物の間に水を引き入れて育てたことから名付けられ、「京菜」とも呼ばれています。シャキシャキの食感でクセがなく、加熱しても生でも食べられる水菜は鍋物やサラダなど、幅広く料理に活用できます。栄養バランスが非常に整った水菜は、カロテンやビタミンCなどのビタミン類、カルシウムや鉄などのミネラル類、食物線を多く含みます。さらに、コレステロールの低下や解毒作用、抗がん作用など、私たちの日常に欠かせない食材ですよ。肉や魚などの臭みも消してくれる水菜は、生食の場合軽く塩もみするのもおすすめです。少ししんなりとして食感も良くなり、量も減るのでたくさん食べられますよ。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 冬瓜を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    煮物や汁物に重宝する冬瓜。7月〜9月の夏に旬を迎えますが、貯蔵性が高く、冬までもつことから「冬瓜」と名付けられたと言われています。95%以上が水分でできているため低カロリーで消化がよく、体を冷やす作用があるため水分補給が欠かせない暑い夏やダイエット中に最適な野菜です。栄養価はそれほど高くはありませんが、体内の余分な塩分を排出するカリウムや、美肌効果の高いビタミンCを比較的多く含みますよ。淡白な味わいでどんな食材とも相性が良く、厚めに皮を剥くと口当たりも滑らかになります。鶏肉やエビなどの旨味の強い食材と合わせるとおすすめです。 この記事では、「冬瓜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    シャキシャキの食感と甘みが特徴のアスパラガス。ハウス栽培が盛んなため一年中流通しますが、露地栽培のものは春に旬を迎えます。栄養度リングやサプリメントの成分には欠かせないアミノ酸の一種、「アスパラギン酸」を多く含み、新陳代謝を促して疲労回復やスタミナアップに効果的ですよ。他にも、動脈硬化などの生活習慣病対策に最適な「ルチン」も豊富に含みます。シンプルに茹でるだけで甘みがあるアスパラは、長いまま茹でた方が旨味成分が流出しないのでおすすめです。鍋やフライパンに入りきらない場合は、アスパラを半分に切り、塩を加えたお湯に根元の方から入れて蓋をして1〜2分程茹でてくださいね。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぶりを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    産卵前の12月〜2月に最も脂がのって、とろけるような食感のぶり。ぶりの脂には不飽和脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)を豊富に含み、血中コレステロールを下げて生活習慣病対策や、脳細胞を活性化させる効果が期待されます。他にも、糖質の代謝を促すビタミンB群、カルシウムの吸収を促すビタミンD、肝臓の働きを助けるタウリン、貧血予防には欠かせない鉄分などバランスよく含むため、子供から大人まで積極的に取り入れたいですね。特に血合いの部分には身の3倍ものタウリンや鉄分が含まれるため、血合いが最も多く含まれるアラの部分もおすすめですよ。 この記事では、「ぶり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ひじきを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    海藻の中でも私たちの食卓に馴染み深いひじきは、煮物にして常備菜にしたり、炊き込みご飯やサラダなど、アレンジ自在の食材です。カルシウムと鉄の含有量は海藻類の中でもトップクラスで、骨や歯の発育を促すマグネシウムやマンガンも豊富に含むため、育ち盛りの子供や骨粗しょう症対策には欠かせません。カルシウムは動物性タンパク質と合わせることで吸収率がアップし、鉄はビタミンCや動物性タンパク質を合わせることで吸収率がアップします。豚肉や野菜などを合わせて調理すると栄養バランスも整いおすすめですよ。乾燥ひじきは保存が利くので常備して積極的に取り入れてくださいね。 この記事では、「ひじき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • トマトを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    みずみずしさと甘酸っぱさでさわやかな味わいのトマト。赤色からオレンジ、黄色、グリーンなどカラフルな色合いで食卓を華やかにしてくれます。トマトには、ビタミンCやカリウム食物繊維、ビタミンEなどの栄養素が豊富です。トマトの代名詞ともいえるリコピンは、抗酸化作用が強く、美容や健康をサポートしてくれる成分として注目されています。サラダなど、生のまま食べてもおいしいトマトですが、加熱調理にもぴったりな食材です。リコピンは、油との相性が良く、また、加熱をすることで吸収率が高まるので、トマトソースやシチューなどの煮込み料理におすすめです。 この記事では、「トマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 里芋を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    里芋は秋冬が旬の野菜でぬめりがあるのが特徴的な野菜です。このぬめりはムチンやガラクタンという成分によるもので、ムチンは女性に嬉しい便秘を解消する働きがあり、ガラクタンはがんの細胞を増殖するのを抑える働きがあります。他にカリウムが豊富に含まれているので、不要な塩分を排出したり高血圧を抑える働きがあります。スーパーで選ぶ際はキズやひび割れをしているものは避け、湿り気があり等間隔に縞模様があるものを選びます。煮物などに使うことが多い食材ですが、パーティー料理にも多く使われている食材なのでレシピが多く紹介されています。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豚肉を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    豚肉は比較的お財布に優しい価格で購入することができるので主婦に嬉しい食材です。栄養面では主にたんぱく質やビタミンB1が豊富に含まれていて、美肌作りや疲労回復効果があります。ビタミンB1に関しては牛肉と比較すると約10倍含まれているので栄養価が高いと言えます。スーパーでは豚ロース肉、豚こま切れ肉、豚バラ肉、豚かたまり肉、豚ひき肉、豚レバーなどが販売されていて、料理に使い分けて様々なメニューを楽しむことができます。豚肉を使ったから揚げなどの揚げ物やステーキなどはパーティー料理にもおすすめなのでぜひ作ってみてください。 この記事では、「豚肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    大豆の搾り汁を固めた加工食品である「豆腐(とうふ)」。豆腐はさまざまな種類があり、「木綿豆腐」、「絹ごし豆腐」、「充填豆腐」、「寄せ豆腐」、「ソフト豆腐」、「高野豆腐」などです。また杏仁豆腐や玉子豆腐など豆腐を模した「かわり豆腐」もあります。このパーティー料理レシピでは、木綿豆腐、絹ごし豆腐、充填豆腐を使用しています。そんな豆腐の栄養価には、植物性たんぱく質が豊富に含まれていて、カロリーも低いため、健康食品やダイエット食品としても知られています。またβコングリシニン、コリン、サポニン、イソフラボン、カルシウムといった大豆に含まれる栄養価が、豆腐にも含まれています。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    獅子唐辛子と一緒で唐辛子の仲間である「ピーマン」。ハウス栽培もされているため、1年中販売されていますが、旬は夏の時期で、6月から9月頃です。ピーマンには5つの種類があり、肉厚がありベル型の「パプリカ」、長いベル型の「ジャンボピーマン」、やや扁平、トマトのような形の「トマトピーマン」、通常のピーマンの色違い「カラーピーマン」、細長く先がとがった形の「唐辛子型ピーマン」です。このパーティー料理レシピでも、カラーピーマンなど使用しています。そんなピーマンには多くのビタミンCが含まれていて、緑黄色野菜なのでβカロテンも豊富です。独特の苦味成分はクエルシトリンをいい、高血圧制御などに効果があります。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鶏肉を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    世界的に食べられている、お肉のひとつである「鶏肉(けいにく)」。地域によっては「かしわ」とも呼びます。そして鶏肉は、むね肉、もも肉、手羽先、手羽元、ささみ、また内臓であるレバー、砂肝とさまざまな部位が販売されていて、頭、足先、内臓をとって1羽丸ごとのものも販売されています。このパーティー料理レシピでも、もも肉、手羽元、1羽などを使用しています。そんな鶏肉の栄養価は、高タンパク質で、特にささみ、むね肉は豊富に含まれています。またもも肉以外は低脂肪でヘルシーな食材です。部位によってビタミンA、葉酸、ナイアシンなどさまざまな栄養が含まれています。 この記事では、「鶏肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    アカザ科の野菜であるほうれん草。漢字表記では「法蓮草」、「菠薐草」、「鳳蓮草」といくつかあります。ほうれん草には品種があり、葉の切れ込みが深く、とがった形のものは「東洋種」、切り込みがなく、丸み、厚みがあるのもは「西洋種」、東洋種と西洋種を混ぜたものを「交雑種」といいます。また冬の関東だけ栽培されている「寒じめちぢみほうれん草」、生のままでも食べられる「サラダほうれん草」があります。このパーティー料理レシピでも、サラダほうれん草も使用しています。そんなほうれん草の栄養価はビタミン類、ミネラルが豊富に含まれていて、またβカロテン、カルシウム、マグネシウムも多く含んでいます。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    さつまいもは秋を代表する味覚のひとつです。さつまいもはホクホクとした食感でほんのり甘さがあるため年齢問わず人気がある食材です。石焼き芋、揚げ物、炒め物など色々な料理に使うことができるのでレシピが多く紹介されています。また、おかずの他にお菓子やパーティー料理にもおすすめの食材なのでバリエーションが広がります。栄養面ではさつまいもは食物繊維が豊富に含まれています。便秘に悩んでいる方は積極的に摂取したい食材です。食物繊維の他にはポリフェノールやビタミンCも多く含まれていて免疫を向上させる働きがあります。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 人参を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    人参はオレンジ色が鮮やかで、甘みのある緑黄色野菜です。人参はβカロテン、カリウム、ミネラル類などの栄養が豊富に含まれています。βカロテンには免疫力を高めてくれる効果や、高い抗酸化作用で活性化酸素の働きを防ぎ、老化や生活習慣病を予防してくれる働きなどがあります。栄養価の高い人参は赤ちゃんの離乳食初期から食べられるので、赤ちゃんの初めての野菜として使われることも多い食材です。人参は、サラダ、煮物、揚げ物、炒め物などさまざまな料理に幅広く使える万能な野菜です。使い勝手が良く、一年中いつでも安定して買える人参、玉ねぎ、じゃがいもは家庭常用3野菜とも呼ばれています。人参を使ったヘルシーなレシピで、体の中から健康を作りましょう。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社