キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

舞茸をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

印象的な形が特徴の舞茸は、うま味が強く料理を引き立てるきのこです。少し前までは幻のきのこ、と呼ばれるほど貴重なきのこでした。舞茸はクセのない味わいなので食べやすく、揚げる・炒める・蒸す・焼くなどさまざまな料理に活躍します。舞茸は100g当たりが15kcalとカロリーが低いため、ダイエット中の食材としても活躍します。和食・洋食・中華と料理のジャンルを問わず使えて、料理の幅が広がる食材です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて舞茸のレシピを紹介しています。【〇〇(食材)】を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

  • 夜ごはんにオススメの舞茸を使った人気レシピ10選

    独特な香りが特徴の舞茸。炊き込みご飯や天ぷらなどに使われるきのこで、サルノコシカケ科マイタケ属に分類されます。新潟県が主な産地で、全国のおよそ6割ほどの生産量があります。続いて静岡県や福岡県など、各地で生産されています。栽培物が一般的で一年中手に入りますが、天然物は9月から10月ごろが旬です。舞茸のおもな栄養素は、食物繊維やエルゴステロール、ナイアシンなど。水溶性と不溶性のどちらの食物繊維も含まれる舞茸は、腸内環境を整え、便秘や軟便の解消に効果的です。エルゴステロールはカルシウムの吸収を促すため、骨や歯を丈夫にする働きがあります。ナイアシンは、タンパク質や脂質、炭水化物の代謝を促し、肌荒れ予防にも効果的です。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使ったおすすめ定番料理10選!まずはここからマスターしておこう

    香りとうま味がたっぷりの舞茸は、舞茸を見つけると喜んで飛び跳ねるということから「舞茸」と呼ばるようになったと言われています。それほど味わい深いきのことして重宝され、炒め物・和え物・汁物・揚げ物・蒸し物・煮物など幅広い料理に活躍します。横に大きく広がったユニークな形とコリコリとした食感が料理にアクセントを加えて、和洋中とジャンルを問わず使えるきのこです。舞茸に含まれるβ-グルカンは免疫機能を活性化する作用があり、脂肪やコレステロールの分解を促進する成分も含み女性にとってうれしい食材です。低カロリーな上食べ応えがあり料理のかさ増しにも使えるので、ダイエット中の方にもおすすめですよ。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの舞茸を使った人気レシピ10選

    独特の形がユニークな舞茸は、舞茸を見つけたらうれしくて踊りだすことから名付けられたと言われています。それだけ味がよく風味のあるきのことして、昔から親しまれてきました。ブナ科の樹木に寄生し山林に自生していますが、スーパーなどで売られているものはほとんどが栽培物になります。10~11月の秋が旬で、自生してる旬の舞茸は格段においしく風味がよいとされています。他のきのことは違った食感があり、しめじ・えのき・しいたけなどと合わせて、きのこのソテーやスープ、パスタなどに使うときのこそれぞれの味と風味を楽しめます。舞茸は腸の働きをサポートする不溶性β‐グルカンが豊富なため、便秘を解消しデトックス効果を期待できます。低カロリーなのに食べ応えがあるため、ダイエット中の食材としてもおすすめです。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    舞茸は香りが良く、ヒダが肉厚で食べ応えのあるきのこです。舞茸は糖質、脂質が少なく、低カロリーなので、ダイエット中の方の強い味方でもあります。他のきのこと同様、秋が旬ですが、一年を通してスーパーなどでいつでも手に入ります。価格も手頃なため、家庭料理でよく使う方も多いのではないでしょうか。舞茸は鍋、炒め物などによく使われています。味にクセがないため、和風、洋風などいろんな調味料と相性が良く、使い勝手が良いのも根強い人気の一つですよね。使う頻度が高い分、メニューもマンネリ化してしまいますよね。舞茸の献立に困った時はぜひこちらのレシピを参考にして、安くてヘルシーな舞茸を美味しく調理してくださいね。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    香り豊かでコリコリとした食感あある舞茸。天然の舞茸は貴重とされ、流通しているほとんどのものが人工栽培と言われています。主な産地は新潟県で全国のおよそ60%ほど。続いて静岡県、福岡県、北海道などでも生産されています。舞茸にはβグルカンという食物繊維が豊富に含まれていて、便秘解消に効果的です。骨や歯を丈夫にするエルゴステロールや皮ふの健康を保ナイアシンも含まれるため、健康や美容に気を使う女性にもおすすめの食材と言えます。舞茸を選ぶ際は、ひだの部分が厚く、シャキッとしているものが新鮮とされています。冷蔵でも保存できますが、冷凍すると一カ月ほど日持ちし、旨味がアップしますよ。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    秋に旬を迎える舞茸。舞茸には、B-グルカンと呼ばれる食物繊維が含まれており、便秘の改善やがん予防に効果があります。また、皮膚や粘膜の健康をサポートする働きがあるナイアシンが豊富で、美肌効果に加え、アルコールの代謝を促進して、二日酔いを防ぐ効果もあるので、おつまみにもおすすめの食材です。きのこ類の中で唯一、舞茸にだけ含まれているMXフラクションという成分には、中性脂肪を減らして悪玉コレステロールを分解する働きがあり、ダイエットをサポートします。煮ても焼いても炒めてもおいしい舞茸。舞茸には、タンパク質を分解するエンドペプチダーゼという酵素が含まれてり、一緒に調理をするとお肉がジューシーにやわらかくなるので、お肉との相性も抜群。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    鍋物や炒め物などに使われる舞茸。シャキッとした歯ざわりと豊かな香りが特徴のきのこです。「香り松茸、味しめじ」と言われますが、舞茸の香りも松茸と同じように評価が高く、きのこの王様とも呼ばれています。舞茸は主に新潟県で生産され、全国の60%前後を占めています。天然物は希少で、市場に出回っているものはほとんどが栽培した舞茸です。栽培物は1年中手に入れられますが、9月下旬から10月ごろまでに旬を迎えます。舞茸はしいたけやしめじ、えのきのように、はっきりとした石づきがなく、根元まで柔らかいのが特徴です。パッケージに指示がなければ、根元を切り取らずにそのまま調理に使えます。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    200以上の食用菌があるきのこ。種類の数だけ、食感、味、うまみもさまざまです。多くのきのこに共通するのが、選び方でカサが開きすぎていない、肉厚なもの、軸が太めなことです。また保存の際、天日干し、冷凍することでうまみを増やせます。そして使う際に、できるだけ洗わないことです。洗ってしまうと、香りもなくなってしまいます。このお弁当レシピでも、エリンギ、しいたけ、しめじ、まいたけ、えのきと、さまざまなきのこを使用しています。そして調理方法も煮る、炒めるなどで使用できます。そんなきのこの栄養価には、食物繊維が豊富で、ビタミンB、ビタミンD、カリウムなどのミネラルも含まれています。また低カロリーな食材です。 この記事では、「きのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 松茸を使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    秋の高級食材である松茸は香りが良く大変人気がある食材です。人工栽培が難しい食材で自然に発生しているものを収穫して販売をしているため高価な食材という印象がありますよね。松茸にはベータグルカンなどの食物繊維が豊富に含まれていて、腸内環境を整える働きや便秘解消効果があります。松茸は鮮度が落ちると特徴でもある香りが飛んでしまうのでなるべく早めに食べます。松茸はそのまま焼いたり、土瓶蒸し、松茸ご飯にして食べます。ご飯のおかずにぴったりなメニューが沢山ありますので、松茸が手に入った際は色々なメニューを楽しんでみてください。 この記事では、「松茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【調理法:お弁当】おすすめ10選

    天然物は希少な舞茸。旬は9月下旬頃から10月中旬頃です。1年中販売されているものは、菌床栽培をしたもので、10月頃から12月頃に旬を迎えます。舞茸はインフルエンザなどの感染症を予防、動脈硬化などの予防ができ、カルシウムの吸収率もあげるビタミンDを、特に多く含んでいます。またビタミンDは油と一緒に摂取すると、効率よく吸収できるので、炒めたりするのがおすすめです。そして舞茸にはナイアシン、カリウムなどのミネラル、食物繊維も多く含まれています。そんな舞茸の選び方は、軸が硬く閉まっていて、カサの部分が肉厚で密集していて、色が濃く、袋などに水滴がついていないものが新鮮です。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【調理法:麺】おすすめ10選

    見た目が花びらのように折り重なっている、舞茸。歯ざわりがよく、香りやうま味もたっぷりあるきのこです。炒め物、天ぷら、鍋、サラダなど、それぞれの調理法で舞茸の良さを発揮してくれます。一般的に菌床栽培にて作られているため、通年を通してあまり変動のない価格で購入できるところも魅力の一つです。カサの部分は灰褐色~濃い茶褐色で、平たい扇状のカサがいくつも重なっています。選ぶ際は色味がしっかりしているもの、カサのひとつひとつがシャキッと張りがあるもの、湿っていないものにすると美味しく調理しやすいのでおすすめです。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    舞茸は栄養価が高い食材でありたんぱく質、脂質、葉酸、ビオチン、カリウム、亜鉛などの他、体内でビタミンDに変換するエルゴステリンを含んでいます。また、舞茸に含まれている強い抗がん作用があるDフラクション、血圧の調整作用があるXフラクションはどちらも舞茸独自の成分です。ビタミンB1とビタミンB2に関しては含有量がきのこの中ではトップです。免疫力を向上させる作用や抗がん作用の他に、近年ではダイエット効果が期待されているので注目されている食材です。炒め物、煮物、鍋物など幅広く使うことができパンと組み合わせたレシピが多数あるのでおすすめですよ。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    香りや歯触りの良いまいたけ。煮ても、炒めても、揚げてもおいしく食べられる上に、通年入手できるため、身近なきのこの一種です。かさの部分は茶褐色で、平たい扇状をしており、いくつも重なっています。調理する際には水洗いしてしまうと風味が落ちやすいので、キッチンペーパーなどで汚れをふき取ることをおすすめします。まいたけのうま味成分は水溶性のため、加熱する際に使った汁はそのまま使うと無駄がなく、うまみたっぷりで食べることができます。生のまいたけは2、3日しかもたない為、購入したら早めに使い切るか、小分けにして冷凍することをお勧めします。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【料理の種類:離乳食】おすすめ10選

    舞茸はうま味が強くおいしいことから、見つけると喜んで飛び跳ねるということから舞茸という名前が付いたという説があります。栽培方法が確立するまではとても貴重なきのこだったことが分かりますね。独特の形とうま味が料理を引き立てて、アクセントを加えます。舞茸は100g当たりのカロリーが15kcalと低いので、ダイエット中にもおすすめの食材です。舞茸にはβ-グルカンという成分が含まれ、免疫機能を活性化し腸内環境を整える働きがあります。舞茸に含まれるエルゴステロールは日光に当たるとビタミンDに変化し、骨や歯を丈夫にする効果が期待できます。低カロリーで体にもいいので積極的に料理に摂り入れてみてはいかがでしょうか。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ9選

    サルノコシカケ科マイタケ属である舞茸。最近では栽培方法により1年中収穫できるようになりましたが、旬は9月から11月頃です。舞茸にはビタミンD、ビオテン、ナイアシン、食物繊維、キノコに特有のキノコキトサンが多く含まれています。また舞茸だけに含まれる「MXフラクション」と言う成分がありコレステロール、脂肪の分解を促す効果があります。そんな舞茸は洗いすぎると風味、香りが落ちてしまうので、できるだけ洗わないで調理するのがよし。そして舞茸は体によい食材ですが、一度にたくさん食べるとおなかを壊すこともあるので食べ過ぎには注意が必要です。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ7選

    「見つけると舞うほど嬉しい」や「傘のひらひらしている部分が舞っているように見える:ということから名付けられた舞茸。免疫機能を回復させ、がん予防として近年注目されるβグルカンや、カルシウムの吸収を助けて歯や骨を丈夫にするビタミンDは他のきのこ類に比べるとトップクラスの含有量です。人工栽培のため通年スーパーなどで流通しますが、10月〜12月にかけて旬を迎え流通量が植えますよ。肉厚でカサが密集し、軸は硬くてピンとしているものを積極的に選びましょう。冷凍保存も可能のため、一度に食べきれない場合は小房に分けて冷凍してくださいね。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    舞茸は秋が旬のきのこであり、香りが良く独特な歯ごたえが特徴的な食材です。舞茸は加熱しても歯ごたえは失われることがないので様々な調理にむいています。舞茸は茶褐色のものと、白色で柔らかな食感の白舞茸の2種類があります。スーパーで舞茸を購入する際は表面に水滴がついていないものは鮮度が落ちているので注意して選びます。栄養面では、舞茸にはビタミンB群が豊富に含まれていてがん抑制効果や代謝を促進する効果があるとされています。舞茸は炒め物やなべ物、揚げ物、あえ物など様々な調理法で活用することができる食材です。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    うま味が強くおいしいきのことして知られる舞茸。独特の形と歯ごたえのある食感が特徴で、炒め物・揚げ物・スープ・蒸し物などさまざまな料理に使われます。舞茸は栄養素が豊富で、舞茸に含まれるエルゴステロールは日光に当たるとビタミンDに変化し、骨や歯を丈夫にする効果があると言われています。その他にも免疫機能を活性化するβ-グルカン、たんぱく質や脂質の代謝をサポートするナイアシン、体内の中性脂肪を減少させるキノコキトサンが含まれています。舞茸は100g当たり15kcalとカロリーが低いので、ダイエット中に取り入れたい食材です。舞茸に含まれる酵素エンドペプチダーゼは、お肉をやわらかくする作用があるので肉に舞茸をしばらくのせておくことで、お肉が柔らかく仕上がりますよ。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【調理法:ご飯】おすすめ10選

    舞茸の旬は9月~10月で、秋を感じることができる食材のひとつです。スーパーでは旬に関係なく通年購入することができる身近な食材です。舞茸は軸の断面が真っ白く、カサの部分は濃い茶色で密集し肉厚であるものが鮮度が良いです。舞茸は水を吸収してしまうと傷みやすいので水に浸さないようにし丁寧に扱います。保存をする際はキッチンペーパーで包みポリ袋に入れて保存します。常温保存だと1日~2日保存ができますが冷蔵室だと1週間の保存が可能です。様々な食材と相性が良いきのこで、ご飯にも良く合うのでぜひメニューに活用してください。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    「舞い上がるほど美味しい」ことから名付けられた舞茸。スーパーなどで安定した価格で並ぶ舞茸は人工栽培で生産されたもので、天然の舞茸は非常に珍しく高価なものとなっています。皮膚や粘膜を健康な状態で維持し、脂質や糖質をエネルギーにして代謝をアップさせるビタミンB2や、タンパク質をエネルギーして筋肉や血液を作り出すビタミンDを豊富に含み、近年ではビタミンB2の活性酸素を抑制する働きがガン予防に効果があるとして期待されています。ビタミン類は水に溶けやすい性質を持っているため、汁ごと食すようにしましょう。すぐに使いきれない場合は冷凍して、料理に使うときは凍ったまま加熱調理してくださいね。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使った人気レシピ【調理法:サラダ】おすすめ10選

    様々な料理との相性が良く、低カロリーで栄養満点のきのこは、ビタミンDと食物繊維を非常に多く含みます。ビタミンDには、筋肉を増強し、カルシウムの吸収率を高めてくれるため、育ち盛りの子供をはじめとする全年齢の方に積極的に取り入れていただきたい栄養素です。さらに、肥満や骨粗しょう症の予防にも効果的です。食物繊維は、コレステロールを下げて、動脈硬化や高血圧の予防に効果が期待されます。便秘対策にも欠かせない食物繊維は、大腸ガンの予防にも繋がりますよ。生の状態のきのこは鮮度が落ちる速度が速いため食べきれない場合は冷凍保存してくださいね。 この記事では、「きのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    椎茸・しめじ・えのき・エリンギなどと並んで、料理によく使われるきのこが舞茸です。独特の形が料理にアクセントを加えて、うま味が強く料理を引き立てます。生食はできませんが、焼く・炒める・蒸す・揚げるなどさまざまな調理法に適しています。和食・洋食・中華と料理のジャンルを問わず使える便利な食材です。舞茸に含まれるエルゴステロールは日光に当たるとビタミンDに変化し、骨や歯を丈夫にする効果が期待できます。その他にも舞茸にはガンの改善や抑制効果があり、免疫力を高める効能がありぜひ積極的に摂り入れたいですね。栄養素だけなく舞茸は100g当たりのカロリーが15kcalと低カロリーなため、ダイエット中の食材としても活躍します。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    香りとうまみ、歯触りの良さが特徴のきのこの一種である舞茸。煮ても炒めても揚げてもおいしく調理でき、通年で気軽に入手できるのが嬉しいですよね。新鮮なまいたけの見分け方としては、カサの色が濃い茶褐色で肉厚なものが好ましく、パリッとしているものであればさらに良品です。軸は白くて張りがあるものを選ぶようにしてくださいね。購入後は冷蔵庫の野菜質へ入れれば2、3日以内に、冷凍庫であれば1か月ほどはもちますよ。使用するときには水洗いすると風味が落ちやすいので、ゴミなどがついていたらキッチンペーパー等でふき取るようにしてくださいね。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    程良い歯ごたえと旨味が特徴の舞茸。ビタミン・ミネラル・食物繊維などが豊富に含まれているヘルシー食材でもあります。中でも注目すべきは、MXトラクションという成分。他のきのこには無い舞茸特有の成分で、体内のブドウ糖やコレステロールを抑制・分解してくれる働きがあります。100gあたり約16kcalと低カロリーでもあるため、ダイエット中の人には特におすすめの食材です。又、舞茸を肉と合わせて調理すると柔らかく仕上がり、旨味もアップするのでおすすめです。これはマイタケプロテアーゼという酵素による効果。タンパク質を分解して柔らかくしてくれます。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    独特な形が印象的な舞茸は、椎茸・しめじ・えのき・エリンギに並んでよく食べられるきのこの一つです。舞茸は生食以外ではどんな料理にも合わせやすい便利な食材で、きのこパスタや炊き込みご飯、炒め物やスープなどに活躍します。手でちぎって簡単に調理できるのも魅力で、ユニークな形が料理にアクセントをプラスします。舞茸の100g当たりのカロリーは15kcalととても低いため、ダイエット中のかさ増し料理にも適しています。きのこの中で舞茸にだけ含まれるMXフラクションという成分は、血液中の脂肪やコレステロールの分解を促進する働きがあります。その他に中性脂肪を減らして悪玉コレステロールを分解する働きがあり、体に良い効果が期待できる食材です。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    旨味たっぷりのキノコはどんな料理に入れても風味をよくしてくれる万能食品です。食物繊維が豊富なことが特徴的で腸内環境を整え、動脈硬化や高血圧の予防に効果が期待されます。食物繊維のβ-グルカンにはアレルギー予防や免疫力アップの効果も。ボリュームもあり満腹感もあるキノコですが、ローカロリーでまさにダイエットの味方です。様々な料理にカサ増ししてアレンジを楽しんでくださいね。小さな子供にはキノコ独特な食感や香りが苦手な場合もあります。細かく刻んだり、肉ダネを詰めてハンバーグにするなど美味しく食べられる工夫をしてみてくださいね。 この記事では、「きのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    近年、健康や美容効果に注目されメディアでも紹介される機会の多い舞茸。見つけると踊りだしたくなる程嬉しいことから「舞茸」名付けられたという説もあります。通年手に入れることのできる舞茸ですが、旬は10月〜11月頃です。舞茸には日光に当たるとビタミンDに変化するエルゴステロールという成分が含まれ、これはカルシウムの吸収率を高めて骨や歯を丈夫にする効果や子供の成長には欠かせません。他にも代謝促進のナイアシン、食物繊維、も豊富に含まれるため子供から大人まで積極的に食べたい食品と言えるでしょう。舞茸には肉の繊維を壊して柔らかくする酵素も含まれています。様々な食材と組み合わせて効率よく体内に取り入れましょうね。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    舞茸の旬は9月から10月にかけての秋となっていますがそのほとんどが人工栽培になっています。主な原産地は新潟県です。続いて静岡県、福岡県となっています。スーパーにも通年中売られていますので比較的手に入りやすいきのこです。舞茸が最も多く売れる時期は秋から冬にかけての鍋の季節です。多糖質の一種であるBグルカンが豊富に含まれています。このBグルカンはがん細胞の増殖を抑えたり、免疫機能の回復効果があります。また食物繊維も豊富に含まれています。近年では舞茸で作った舞茸茶がダイエット効果があり話題となっています。生では食べることができないので必ず焼くなどして加熱して食べましょう。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    きのこは種類が豊富です。中でもエリンギ、しめじ、えのき、椎茸、なめこ、マツタケ、マッシュルーム、舞茸がよく知られているきのこではないでしょうか。きのこには食物繊維が豊富に含まれています。便秘の改善の効果があります。また体内の有害な物質を体外に排出する働きもあります。ミネラルも豊富に含んでいて丈夫な骨や体作りにも効果があります。カリウムも豊富で高血圧予防などにも効果があります。きのこはカロリーが低くヘルシーな食べ物と言われていますが栄養がたっぷりの食材ですので毎日でも取り入れたい食材です。中には毒性のあるきのこもあるので注意が必要です。 この記事では、きのことはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 7日間で痩せる!?まいたけのダイエットレシピまとめ

    まいたけは、かさの部分が平べったいきのこで、しいたけやエノキ茸、しめじと並ぶ比較的安価でポピュラーなきのこです。旬の季節は秋ですが、一年中スーパーで買える便利な食材となっています。まいたけを使った料理は、炊き込みご飯や天ぷらなどが有名ですが、他にも簡単でおいしい料理レシピがたくさん存在します。 この記事では、まいたけの基礎知識に加え、まいたけのご飯レシピ、まいたけのおかずレシピ、まいたけの副菜レシピのカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社