キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

舞茸をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

印象的な形が特徴の舞茸は、うま味が強く料理を引き立てるきのこです。少し前までは幻のきのこ、と呼ばれるほど貴重なきのこでした。舞茸はクセのない味わいなので食べやすく、揚げる・炒める・蒸す・焼くなどさまざまな料理に活躍します。舞茸は100g当たりが15kcalとカロリーが低いため、ダイエット中の食材としても活躍します。和食・洋食・中華と料理のジャンルを問わず使えて、料理の幅が広がる食材です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて舞茸のレシピを紹介しています。【〇〇(食材)】を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

舞茸 (まいたけ) の栄養素

舞茸には不溶性βーグルカンが含まれていて、腸内環境をととのえてデトックス効果も期待できます。舞茸に含まれるエルゴステロールは日光に当たるとビタミンDに変化し、骨や歯を丈夫にする効果があり、ガンの抑制効果もあると言われています。たんぱく質や脂質の代謝をサポートするナイアシン、免疫力を高めるMD‐フラクションなど豊富な栄養素が含まれています。

舞茸 (まいたけ) の種類

舞茸にはミズナラやカシなどのブナ科の樹木に自生する天然舞茸と、舞茸の種菌を接種する原木栽培の舞茸があります。舞茸の名前の由来は、見つけると舞い上がるほど喜ぶことから来ていて、人工栽培の方法が確立するまではとても貴重なきのこでした。原木栽培でも時間をかけて栽培するため、天然のような風味とうま味を持っています。

舞茸 (まいたけ) の選び方

! /image/〇〇
舞茸は古くなると表面に水分がにじんでくるので、カサが肉厚で光沢がありシャキッとしているものを選びましょう。軸が白く弾力のあるものが新鮮なので、軸の部分もよくチェックするのが大切です。大株で売られている方が歯ごたえがあり、小分けして売られているものはカサが薄くて歯ごたえが少なくなるので、できるだけ大株のものを選びましょう。

舞茸 (まいたけ) の賞味期限の目安

舞茸の賞味期限は冷蔵庫で2~4日を目安に考えておきましょう。きのこ類は賞味期限が短いので、冷蔵庫に入れっぱなしにしていると酸っぱい臭いがすることがあります。酸っぱいにおいがしてくるとかなり鮮度が落ちて、傷み始めています。水っぽくなっていたり、ぼろぼろと崩れるようだと食べるのはやめておきましょう。おいしく舞茸を食べるためにも、購入したら早めに使い切るのがおすすめです。

舞茸 (まいたけ) の保存方法

舞茸を買ったらパックのまま冷蔵庫に入れるのではなく、パックから出しましょう。パック入りのものは密封性が高く、舞茸から出る水分で傷んでしまいます。キッチンペーパーで水気を拭いてから、保存袋やラップでゆるく包んで保存します。冷凍保存する場合は、石突を取って使う分に分けてラップに包んでジップロックなどの保存用袋に入れて冷凍します。1ヶ月を目安に使い切るようにしましょう。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

舞茸 (まいたけ) の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

舞茸 (まいたけ) の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

舞茸 (まいたけ) の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

舞茸 (まいたけ) の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

舞茸 (まいたけ) の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

舞茸をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社