キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

大葉をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

日本のハーブの代表格と言えば大葉です。爽やかな香りと独特味わいが特徴ですが、あまり好き嫌いが分かれないハーブです。脇役的な存在として使われることが多くなっていますが、その独特の味わいが料理にアクセントを加えます。寿司や刺身につかうことで魚の臭みを消す役割があり、その他にも麺類や丼物の薬味・トッピング・飾り、揚げ物、炒め物などの料理に活躍します。和食以外にもパスタなどの洋食の食材ともよく合い、色々とアレンジが効くのも魅力です。
こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて大葉のレシピを紹介しています。大葉を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

大葉の栄養素

大葉の香りに含まれる成分はシソアルデヒドと呼ばれ、消化酵素の分泌を促して胃の調子を整える効果があるとされています。食欲を増進させる効用もあるので、夏バテや食欲のない時にもおすすめです。大葉にはβ-カロテンが多く含まれ、β-カロテンは抗酸化作用があり動脈硬化や心筋梗塞、ガンの予防に効果があります。α-リノレン酸も含み、この成分が体の中に入るとエイコサペンタエン酸に変わり、中性脂肪を下げる働きがあります。

大葉の旬

大葉はハウス栽培されているため、一年を通じ流通しています。露地物は初夏から夏にかけてが旬になり、赤じそは6~7月のみ市場に出回ります。赤じそは梅干しの色付けに使用されるため、梅干しを漬けこむ時期のみ出荷されます。大葉はプランターでも栽培でき家庭菜園に向いているので、ぜひ家で栽培して新鮮な大葉を料理に使ってみてはどうでしょうか。

大葉の産地

! /image/〇〇
大葉の産地で有名なのは愛知県で、紫蘇全体の生産量では全国の約4割を占めて生産量のトップになっています。特に愛知県豊橋市が有名で、昭和20年代から温室栽培が行われています。一年を通して安定した出荷をするために、夏冬の日照時間の差がなくなるように調節をするなどの努力をしています。その他では茨城県・静岡県・大分県で生産されています。

大葉の選び方

大葉を選ぶ時は葉がきれいな緑色をしているもので、みずみずしくハリのあるものを選びましょう。葉先がピンとして葉が盛り上がっているものがよく、香りも強く感じられるものがおすすめです。鮮度が落ちてくるとしなびたり表面に黒い斑点が出てくるので、斑点の有無もチェックしましょう。茎の先が変色したり黒っぽくなっているものは鮮度に欠けるので避けるようにしましょう。

大葉の保存方法

大葉を長持ちさせるコツは、コップや容器などに少量の水を入れて大葉の軸の部分が浸かるように入れ、ラップをかけて輪ゴムで口をとめて保存します。水は2~3日ごとに交換しましょう。ちょうどいい瓶などがない場合は、湿らしたキッチンペーパーに大葉を包んで密閉容器に入れて保存します。冷凍保存する場合は1枚丸ごと保存するのであれば、数枚を一緒にキッチンペーパーに包んでラップでくるんで保存します。カットしたものはジップロックに入れて、空気を抜いて口を閉じて保存します。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

大葉の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

大葉の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

大葉の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

大葉の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

大葉の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

大葉をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社