キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

大葉をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

日本のハーブの代表格と言えば大葉です。爽やかな香りと独特味わいが特徴ですが、あまり好き嫌いが分かれないハーブです。脇役的な存在として使われることが多くなっていますが、その独特の味わいが料理にアクセントを加えます。寿司や刺身につかうことで魚の臭みを消す役割があり、その他にも麺類や丼物の薬味・トッピング・飾り、揚げ物、炒め物などの料理に活躍します。和食以外にもパスタなどの洋食の食材ともよく合い、色々とアレンジが効くのも魅力です。
こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて大葉のレシピを紹介しています。大葉を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • 夜ごはんにオススメの大葉を使った人気レシピ10選

    すっきりとした独特な香りが特徴の大葉。鮮やかな緑色の葉で、薬味や天ぷらなどに使われます。大葉はシソ科シソ属に分類される野菜で、中国が原産地とされています。主に愛知、静岡、大分などで栽培されていますが、家庭菜園などでも育てられるのが特徴です。大葉の主な栄養素は、βカロテンやビタミンK、ビタミンE、カルシウムなど。βカロテン強い抗酸化作用があるため、ガン予防やアンチエイジングに効果的と言われています。ビタミンKは、止血効果や骨粗しょう症の予防効果があります。ビタミンEは、細胞の老化防止のほか、血行を促進する働きがあり、肩こりにも効果的です。ペリルアルデヒドという香り成分も含まれていて、食中毒の予防になります。 この記事では、「大葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大葉を使ったおすすめ定番料理10選!レシピに迷ったらこれ!

    寿司や刺身、麺類の薬味としても活躍する大葉は、和食に欠かせないハーブの1つです。爽やかな味わいと香りが料理にアクセントを加えて、寿司や刺身に使うと魚の臭みを消してくれます。大葉はしそとも呼ばれ中国から日本に伝わったとされています。大葉にはたくさんの品種がありますが、大きく分けて青しそと赤しそがあり赤しそは梅干しの色付けに使われます。薬味などの脇役的な使われ方をしますが、独特の風味と香りが存在感を発揮して、パスタやグリル料理などの欧米料理に和風のアクセントを使う時にも活躍します。大葉の独特の香りはシソアルデヒドと胃の調子を整え食欲を増進させる効果があり、食欲がない時や夏バテにもおすすめの食材です。 この記事では、「大葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの大葉を使った人気レシピ10選

    和食に欠かせないハーブの1つが大葉です。爽やかな香りと味わいが料理を引き立てて、きれいな緑色が彩を加えます。麺類・丼物・冷奴などの薬味にもよく使われ、生食の他にも大葉の天ぷらといった揚げ物など幅広い料理に使えます。脇役的な存在ですが、大葉を使うのと使わないのとでは格段に味わいが違うため料理の引き立て役に欠かせない存在です。よく刺身や寿司に大葉が使われますが、大葉に含まれる芳香の成分であるぺリアルデヒドには防腐と殺菌作用があるためです。傷みやすい生魚に大葉を合わせることで、生魚にあたることを防ぐ効果があります。その他の香りの成分であるシソアルデヒドには、消化酵素の分泌を促して胃の調子を整える効果があります。抗酸化作用のあるβカロテンなど体にいい栄養素を含み、生食できるので栄養素を丸ごと摂れるのもいいですね。 この記事では、「大葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの三つ葉を使った人気レシピ10選

    三つ葉は茶碗蒸しや煮物など、主に和食料理の彩りとして利用されることが多い食材です。三つ葉はシャキシャキとしたみずみずしい食感とさわやかな香りが楽しめます。三つ葉は料理の見た目を良くするだけではありません。三つ葉のさわやかな香りは優しい薄味の和食の邪魔をせず、料理のおいしさを引き立ててくれる効果があります。料理の見栄えを良くするために三つ葉を買って、余った三つ葉の使い道に困ったことありませんか?こちらの記事では三つ葉をメインに使ったレシピも多数紹介しているので、半端に余った三つ葉の消費にも必ず役に立ちますよ。三つ葉は鉄分、カルシウム、ビタミンCなどの栄養も豊富に含まれています。料理に添えられている三つ葉も残さず食べるようにしてくださいね。 この記事では、「三つ葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの大葉を使った人気レシピ10選

    大葉はしそとも呼ばれる香味野菜です。大葉は刺身のつま、そうめんの薬味などに利用され、料理の名脇役として欠かせない存在です。大葉には殺菌作用、防腐作用もあるので、食中毒が心配な夏にこそ使って欲しい食材です。大葉はその効能だけでなく、鮮やかで綺麗な緑色の葉っぱで料理を見た目でも楽しませてくれます。家庭菜園でも育てやすい野菜なので、自分で栽培すればいつでも摘みたて新鮮な大葉が楽しめますよ。大葉のさわやかな香りは食欲を増進させてくれる効果があります。毎年夏バテに困っている方はぜひ、今年は大葉を食べて夏バテに負けない体づくりを目指しましょう。 この記事では、「大葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大葉を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    大葉はさわやかな香りで食欲を増進させてくれる、日本を代表するハーブです。大葉には殺菌効果があり、緑色の見た目もきれいなので刺身のつまとしてよく利用されています。飾りとして刺身の横に添えられている薄紫色の花は「穂紫蘇」と呼ばれる大葉の花穂です。飾りとして残されがちですが、食べると大葉と同じ風味があり、プチプチとした食感が楽しめるのでぜひ刺身と一緒に食べてくださいね。大葉は刻めば刻むほど香りが強くなるので、薬味として使う場合は刻んで使うことをオススメします。大葉は薄くて刻みにくい、という方に簡単に大葉を千切りできる方法をご紹介します。大葉を数枚重ねて丸めてから切ると簡単に細く切れるので、ぜひ試してみてくださいね。 この記事では、「大葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大葉を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    料理の風味づけや薬味として大活躍の大葉。夏から秋にかけて旬を迎えます。大葉にはβカロテンが豊富で、皮膚や粘膜を健康に保つ効果があります。また、がん予防や心筋梗塞、動脈硬化などの生活習慣病の予防にも役立ちます。ビタミンCやカルシウム、鉄分、食物繊維なども豊富です。脂質の代謝をサポートするビタミンB2や花粉症などのアレルギーを抑制する働きがあるaリノレン酸やロズマリン酸という成分も含まれています。大葉は鮮やかな緑色でみずみずしいものを選ぶのがポイントです。乾燥しやすいので、キッチンペーパーなどで包んで湿らせ、保存袋などに入れて冷蔵庫で保存すると長持ちするのでおすすめです。しなびてしまったときには、冷水に浸すとハリが戻ります。 この記事では、「大葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大葉を使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    大葉は爽やかな香りですっきりとした味わいの野菜です。スーパーでは通年中販売されていて、家庭菜園でも人気があります。大葉は比較的薬味に使われることが多い食材ですが、揚げ物の天ぷらなど大葉が主役のメニューもあります。特に揚げ物は大葉の風味が活かされているのでさっぱりとした味わいなのでおすすめです。薬味はもちろんですが、大葉の特徴である風味を活かしたアレンジメニューが沢山あり、レシピのバリエーションが幅広いです。近年注目されている糖質オフダイエットのレシピにも大葉は使われているのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「大葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大葉を使った人気レシピ【調理法:がっつり】おすすめ10選

    和食のハーブの代表格と言えるのが大葉です。寿司や刺身に大葉を使うと、魚の生臭さを消して爽やかな味わいに仕上げてくれます。1枚でそのまま使うのはもちろん、刻んでご飯や炒め物に混ぜたり麺類などのトッピングにするなど様々な料理に使うことができます。ハーブの中でも味わいにクセがないため食べやすく、料理にアクセントを加えます。大葉の持つ独特の香りはシソアルデヒドと呼ばれ、食欲を増進させる効用があり夏バテしたときに料理に使うと食欲をそそります。大葉は抗酸化作用のあるβ-カロテンを多く含み、動脈硬化や心筋梗塞を予防する効果があります。その他にも大葉に含まれるα-リノレン酸は、体内に入るとエイコサペンタエン酸に変わって中性脂肪を下げる働きがあります。生でそのまま食べられるので栄養素を丸ごと摂れるのも魅力です。 この記事では、「大葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大葉を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    大葉は日本を代表するハーブの1つで、和食に欠かせない食材としてよく使われます。寿司・刺身・炒物・揚げ物・丼物・サラダ・ドレッシングなど、幅広い料理に活躍します。トッピングなどの脇役的な存在ですが、独特の香りと風味がアクセントを加えて爽やかな味わいをプラスします。和食だけでなくパスタやピザなど洋食にもよく合い、アレンジを楽しめるのも魅力です。大葉の香りはシソアルデヒドと呼ばれる成分で、消化酵素の分泌を促して胃の調子を整えます。大葉にはα-リノレン酸が含まれ、体内でエイコサペンタエン酸に変わり中性脂肪を下げる働きがあります。その他にも抗酸化作用のあるβカロテンを含み、心筋梗塞や動脈硬化を防ぐ働きがあります。 この記事では、「大葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大葉を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    日本のハーブの代表格とも言える大葉は、和食になくてはならない食材です。薬味やトッピングなどの脇役的な使われ方をしますが、独特の香りと爽やかな風味が料理を引き立てます。寿司や刺身に使うと魚の臭みを消して食べやすくし、料理に加えるだけで爽やかな仕上がりになります。和食以外にもパスタやピザなど洋食にも使われ、洋食を和風仕立てにする際に役立ちます。ドレッシングや大葉を使ったジェノベーゼソースなど、幅広いアレンジができるのも魅力です。大葉の独特の香りはシソアルデヒドという成分で、消化酵素の分泌を促して胃の調子を整える効果があります。プランターでも簡単に栽培できるので、家庭菜園で育てて採れたての香りのよい大葉を料理に使うのもいいですね。 この記事では、「大葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大葉を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    大葉はハーブのひとつで、温室栽培がされているのでいつでも手軽に購入することができる食材です。大葉の特徴でもある香りはペリアルデヒドという成分によるもので、食欲を増進させる効果の他に、食品を殺菌する作用や防腐作用があります。新鮮な大葉はみずみずしくて鮮やかな緑色をしています。葉の部分に黒い斑点があるものは鮮度が落ちてきているので避けます。傷みやすい野菜なので早めに使い切るようにしましょう。大葉は生で食べることもできますし、肉や魚との相性も良いです。麺料理にもおすすめなのでレシピを参考にして作ってみてください。 この記事では、「大葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大葉を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    大葉は香りがさわやかで、食欲を増進させてくれる薬味の一つです。刺身のツマとして使われることも多いですが、一緒に添えられている紫の花をご存知ですか?あの花は「穂紫蘇」という大葉の花穂のことです。食べるとプチっとした食感があり、香りも豊かです。大葉は料理を美しく見せる彩りとしての役目だけでなく、料理をさらに美味しくさせる役目を持つ、有能な食材です。刻んで食べればさらに香りが増しますよ。刻んでそのまま置くとせっかくの香りが飛んでしまうので、刻んだらすぐ料理に使うようにしてくださいね。葉をくるくるっと巻いて刻むと綺麗に細く切れるので、ぜひやってみてください。 この記事では、「大葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大葉を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    さっぱりさわやかな風味が特徴の大葉。料理の香りづけや味付けにアクセントを加えてくれる、大活躍の香味野菜です。大葉には、皮膚や粘膜の健康な維持に欠かせないβカロテンや、丈夫な骨や歯を作るのに必要なカルシウムが豊富です。抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEも多く含み、美肌効果やがん予防にも役立ちます。大葉の香り成分の一つであるペリルアルデヒドには抗菌作用や防腐効果があり、食中毒の予防に効果があります。また、食欲増進効果もあり、夏バテにもぴったりな食材です。乾燥に弱い大葉ですが、みじん切りにして冷凍庫で保存をすれば3カ月ほど長持ちし、料理にもさっと使えて便利です。 この記事では、「大葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大葉を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    しそは古くから香辛野菜に使われてきた食品で、大きく分けると緑色の葉をした「青じそ(大葉)」と紅色の「赤じそ」があります。青じそは大葉とも呼ばれていますが、これは商品名になります。一年を通し流通している青じそは、初夏から盛夏にかけて最も収穫が多くなります。一方、紅生姜や梅干しの着色等に利用される赤じそは6月から7月にかけて出回り、この時期以外は余り店頭では見かけません。主な国内生産地には、愛知県、茨城県、静岡県があり、全生産量の約4割は愛知県で生産されています。しそは乾燥を嫌うので、水で濡らしたペーパータオルで包んだ状態で冷蔵庫に入れて保存しましょう。この記事では、「大葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大葉を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    大葉はさわやかな香りが特徴で、この香り成分に防腐・殺菌作用があり、刺身のツマに使われたり、料理の香りづけとして使われたりします。主な産地は愛知県で全国の約4割を占めています。温室栽培がおこなわれているため、年中安定して出荷されており、手に入りやすい野菜です。βカロテンが大変豊富に含まれ、生活習慣病を予防したり、免疫を高めたり、がん予防にも効果があるとされています。また、ビタミンB群、ビタミンE、ビタミンKもトップクラスの含有量なので、大変体に良く、薬味としてだけでなく、普段から積極的に食べると良いでしょう。大葉は傷みやすいので、早めに使い切ることをおすすめします。 この記事では、「大葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大葉を使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    大葉はシソ科の刺身や天ぷらなどの料理に香りや彩りを添える夏が旬の香味野菜です。冷たい料理に大葉を添えて食べると、爽やかな風味でさっぱりとした口当たりにしてくれますよね。よく刺身のツマに添えられている紫色の花のついた枝は、「穂しそ」と呼ばれる、しその花穂の部分のことです。ぷちぷちとした食感で、見た目は似ていませんが、食べるとしっかり大葉の香りがしますよ。大葉はそのまま添えたり、巻いたりすることも多いですが刻むとさらに香りが豊かになります。大葉は何枚か重ねてくるくるっと丸めてから切ると簡単に千切りに出来ますよ。大葉はガン予防や生活習慣病の予防に効果があり、栄養も豊富な健康に良い食材なので、積極的に食べてくださいね。 この記事では、「大葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大葉を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ9選

    料理にプラスすると彩りとすがすがしい香りを添えてくれる大葉。独特の香り成分はペリアルデヒドで胃腸の調子を整えて食欲の増進に役立ち、防腐・殺菌作用が強く食あたりを防ぐ働きがあるため刺身に添えられているんです。抗酸化作用を持つβ-カロテンやビタミンC、ビタミンB群も含まれ、免疫力を高めたり、美肌効果や老化を防ぐアンチエイジング効果も期待できます。大葉にはミネラル成分も豊富で、カルシウムや鉄分、マグネシウム、亜鉛などがバランスよく含まれています。爽やかな味わいの大葉は、鶏ささみ肉やなすと一緒に梅やポン酢、大根おろしなどのさっぱりとした食材と組み合わせて和え物にすることで、暑さで食欲が落ちやすい夏でも食が進む一品ができますよ。 この記事では、「大葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大葉を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    爽やかな風味が特徴的な大葉は、薬味などに多く利用されています。大葉は「青紫蘇」のことを指し、青紫蘇を販売する際に大葉という商品名がつけられ、現在もその名前で呼ばれています。大葉にはミネラルをはじめ、βカロテン、ビタミンB2、カルシウムを非常に多く含み、香り成分には腐敗防止作用があるため、刺身のつまやお弁当に用いると効果的です。購入時は、葉や切り口が変色していなく、緑色が濃くてみずみずしいものを選びましょう。一度に使いきれない場合は、湿らせたキッチンペーパーで包んでビニール袋に入れ、野菜室で保存します。小分けにして水分を保ってくださいね。 この記事では、「大葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大葉を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    爽やかな風味が特徴的な大葉は日本の代表的なハーブです。「大葉」という名称は流通する際の商品名で正式名称は「青紫蘇(あおじそ)」と言います。主な生産地は愛知県で全国の4割を占めていて通年を通して店頭に並びますが、初夏から夏にかけて旬を迎えます。特徴的な香りには「ペリアルデヒド」と呼ばれる成分によるもので、強い防腐・防菌作用をもち、食欲増進させ、胃腸の調子を整える効果も期待されています。βカロテンやビタミン、ミネラルを豊富に含む大葉は、生活習慣病や美容を気にする全ての方におすすめです。薬味として使う以外にもお好みの料理にプラスして栄養バランスをアップさせてくださいね。 この記事では、「大葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大葉を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    和食にかかせない大葉は、日本のハーブの代表格として知られています。独特の味わいと香りがありますが、好き嫌いが分かることが少なく麺類や丼物のトッピングにも使われます。料理の脇役的な存在ですが、大葉を入れるだけで風味にアクセントが加わり料理をワンランクアップします。主に和食に使われることが多く、寿司や刺身、天ぷらなどにかかせない食材です。パスタや揚げ物などの洋風の料理にも大葉を使うことでアレンジを効かせることができ、冷蔵庫に常備しておくと便利ですね。大葉の独特の香りはシソアルデヒドと呼ばれ、消化酵素の分泌を促して胃の調子を整える効果があります。食欲を増進させる効用もあり、夏に食欲がない時や夏バテにも適しています。 この記事では、「大葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大葉を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    大葉という名前は市場に流通する際につかわれる商品名で、正式には青紫蘇(あおじそ)と言います。一度種をまけば翌年以降にもこぼれた種から毎年芽がでてくれるので、家庭菜園として育てる人も増えてきました。大葉はすがすがしい香りが特徴で、日本の代表的なハーブと言えますが、この香りの成分により防腐、殺菌効果を活かして刺身のツマや、そのほかの料理にも使われています。そんな大葉ですが、ℬカロテンが多く含まれており、生活習慣病の予防や皮膚や細胞の正常な働きへの効果、さらには免疫力を高めてくれるとも言われています。 この記事では、「大葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大葉を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    爽やかな風味が食欲をそそる大葉。鮮やかな緑色の葉を料理に添えるだけで食卓も華やかになりますね。大葉の独特の香りには、消化酵素の分泌を促し、食欲を増進させて胃の調子を整える作用があります。また、強い防腐作用・殺菌効果があるため、お刺身など鮮度を保つものやお弁当に最適な食材ですよ。他にも、抗酸化作用のβ-カロテンが豊富に含まれ、骨や皮膚の健康な状態で維持する作用や、紫外線から身を守る作用があるため、日焼けのしみを予防する効果に期待できます。6月〜9月の日差しが強くなる季節に旬を迎える大葉はまさに夏にぴったりですね。 この記事では、「大葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大葉を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    大葉の香りの成分には殺菌作用や防腐作用あるうえに香りも良く様々な料理に使われています。新鮮な大葉はみずみずしい鮮やかな緑色をしています。反対に鮮度が落ちると葉の表面に黒い斑点が出てきますので注意して選んでください。購入後は大葉は比較的傷みやすい食材ですので新鮮なうちに早めに使い切りましょう。そばや冷ややっこ、サラダなど薬味として使われていますが、鶏肉や豚肉、チーズなど他の食材との相性が良い食材です。 この記事では、「大葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大葉を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    料理のアクセントとして使われることが多い大葉。独特の香りと味わいが料理の雰囲気を変えるインパクトがあり、和製ハーブの代表格になっています。料理の主役というよりは脇役の役割が多いですが、大葉の天ぷらなど大葉のみ使った料理もあります。寿司や刺身の飾り、丼物などの和食以外にも、炒め物やパスタのトッピング、ドレッシングなどにも使われさまざまな料理で活躍します。独特な味わいがありながら、好き嫌いがあまり別れないのも特徴です。大葉には抗酸化作用のあるβ-カロテンがたくさん含まれています。大葉に含まれるα-リノレン酸は体の中に入るとエイコサペンタエン酸に変わり、中性脂肪を下げるなどの働きがあります。体にいい栄養素を含んだ大葉は、ぜひ料理に積極的に取り入れたいですね。 この記事では、「大葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大葉を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    大葉は別名青紫蘇と呼ばれています。旬の時期は6月から9月です。スーパーでは季節に関係なく売られていますので比較的手に入りやすい野菜となっています。容易に家庭栽培ができる野菜です。大葉の特徴は何といっても香りです。香りが良く日本を代表するハーブとも言われています。大葉には殺菌効果や防腐効果があります。日本では殺菌効果のある大葉を刺身の盛り付けに活用されています。また細かく刻んで薬味として使われることが多いです。刻めば刻むほど薬効果が高まるとされています。大葉は薬味の他にお肉や野菜にもよく合いますのでレシピが豊富にあります。 この記事では、「大葉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社