キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

鯖をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

料理によく使われる魚の代表格が鯖で、料理に使いやすいサイズで価格もお手頃なので主婦にとってうれしい食材です。鯖はしめ鯖にして寿司や刺身に使われ、その他にも煮物・焼き物・揚げ物・蒸し物などさまざまな料理に使われます。味噌や醤油と言った和食の調味料とよく合いますが、オリーブオイルやハーブ類とも相性がよくアレンジが効きやすいのも魅力です。時間がない時は鯖缶が人気で、汁ごとつかって炊き込みご飯などに使うことができ、家に常備しておきたいアイテムです。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて鯖のレシピを紹介しています。鯖を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • 夜ごはんにオススメの鯖を使った人気レシピ10選

    古くから日本で食べられてきたと言われる鯖。「マサバ」「ゴマサバ」「大西洋サバ」などの学名もある鯖は、国内では長崎、茨城、静岡などで漁獲されています。10月から2月ごろまでの秋に旬を迎える魚で、目の部分が透明に近いほど、新鮮な証拠です。鯖の主な栄養素は、DHAやEPA、ビタミン類など。DHAはドコサヘキサエン酸という脂肪酸の1つで、中性脂肪を減らす働きがあります。EPAも脂肪酸の1つで、エイコサペンタエン酸と呼ばれます。血液をサラサラにする効果があり、動脈硬化や高血圧症に効果があるとされています。鯖に含まれる主なビタミンはビタミンB12で、赤血球を増やす働きがあるため、貧血予防に効果的です。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの鯖を使った人気レシピ10選

    和食によく合う魚として昔から食べられている魚が鯖です。鯖の味噌煮・塩鯖・〆鯖など多くの料理に使われ、脂ののった味わいで食べ応えのある魚料理を作ることができます。和食以外にもオリーブオイルやバターといった洋食の食材ともよく合い、鯖を使ったパスタや鯖サンドなども人気があります。魚をさばく時間がないときは、鯖缶が大活躍します。缶詰を開けるだけですぐに使えて、炊き込みご飯、チャーハン、パスタの具材、炒め物など幅広い料理に使うことができます。缶詰は保存期間が長いので、いざという時のためにストックしておくと肉や魚を切らしてもすぐにメインのおかずが作れるお助けアイテムです。鯖はたんぱく質・脳を活性化させる働きがあるDHA・血液をサラサラにしてアレルギーを緩和する作用のあるEPAなど体にいい栄養素を豊富に含んでいます。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    青魚でおなじみの鯖。9月から12月にかけて旬を迎えます。うまみ成分を多く含む鯖には、たんぱく質やビタミンB2などの栄養も豊富です。ビタミンB2は魚の中でもトップクラスの含有量で、脂質の代謝をサポートし、血液循環を良くする働きがあります。鯖は鉄分も多く含み、貧血予防にも効果的な食材です。鯖の脂質には、血液をサラサラにし、生活習慣の予防に役立つエイコサペンタエン酸(EPA)という成分や、脳や神経の活性化をサポートするドコサヘキサエン酸(DHA)という成分が豊富です。近年は鯖缶ブームで、多くの種類が出ています。汁ごと食べられる鯖缶は栄養素を逃すことなく摂取でき、手軽に使えて時短料理にも大活躍。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    青魚の代表でもある鯖は、煮る・焼く・炒めるなどの多様な調理方法に利用できる食材です。鯖の種類には腹の部分が白い「マサバ(真鯖)」、黒点模様が特徴的な「ゴマサバ(胡麻鯖)」、ノルウェーから輸入される「大西洋サバ」があります。鯖に含まれる栄養素には、たんぱく質はもちろん含まれていますが、中でも注目したい栄養素がEPA、DHA、ビタミンDです。EPAは血栓や高血圧予防に役立ち、DHAは脳の発達や動脈硬化予防効果が知られています。ビタミンDはカルシウムの吸収を促し、骨を丈夫にしてくれる栄養素です。選ぶ時のポイントは、一本物なら腹の部分を押して弾力があるものを選び、直ぐに内臓を処理してください。この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    鯖は太平洋で水揚げされる秋が旬の「秋サバ」と、九州沿岸で水揚げされる冬が旬の「寒サバ」があります。鯖は脂身が多く、心臓病の予防に効果のあるDHAや、血液をサラサラにするEPAが多く含まれている、栄養満点な魚です。他にもビタミンA、鉄分、カルシウムなど体に嬉しい栄養素がたっぷり詰まった食材です。その反面、傷みやすいという特徴があります。サバは生で食べられることがサバを酢で締めたシメサバは元々、傷みやすい魚を目的地まで運ぶために塩漬けにして長期保存できるようにしたものが始まりです。年齢などの数をごまかす時に使う「サバを読む」という言葉は、鮮度の落ちやすいサバを大急ぎで出荷するため、漁師が大量に獲れたサバの数をしっかり数えなかったことから名付けられました。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    「鯖を読む」や「鯖の生き腐れ」など、鯖にちなんだことわざが多くあるように、日本人に馴染み深い鯖。魚に青とかく鯖は青背魚を代表する魚です。鯖は極めて脂質が豊富でEPAやDHAを多く含み、中性脂肪を減らして善玉コレステロールを増やす効果が期待されています。その他にも動脈硬化や脳卒中、高血圧など生活習慣病から身を守る効果も期待され、どの年齢層の方にも積極的に取り入れていただきたい魚です。鮮度の落ちが早い鯖は、目が澄んでいて、エラが鮮やかな紅色をし、体に張りがあるものを選びましょう。新鮮な鯖は刺身としてもおすすめですが、煮物、焼き物、煮浸し、パスタなどの料理にもおすすめです。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    鯖には良質のタンパク質と脂質が豊富に含まれ、健康に役立つDHAとEPAが多く魚類の中でもトップクラスの含有量です。EPAとDHAは中性脂肪を減らし血液をサラサラにする作用があり動脈硬化や肥満の予防に効果的です。DHAは脳の働きを活発にしたり、イライラを防いで精神を安定させる効果があることもわかっています。ビタミンB群や鉄も豊富で、糖質・脂質・タンパク質がスムーズにエネルギーに変えるのを助けてくれるので、疲労回復や肌の健康維持、貧血予防にも役立ちます。手間いらずで便利な鯖の缶詰は十分に鯖の栄養が摂取できるうえ、カルシウム補給もできる優秀食材です。鯖缶やしめ鯖を使った和え物レシピなら、忙しい時にもすぐに健康的なおかずやおつまみが簡単に作れますよ。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ5選

    良質なタンパク質を始め、多くの栄養を含む鯖は育ち盛りの子供から生活習慣病などの健康を気にする大人まで積極的に取り入れたい食材の一つです。脂質をエネルギーに変えて、血液の循環を良くして成長を促進する作用があるビタミンB2は魚の中でもトップクラスの含有量です。他にも、カルシウムやビタミンD、血液をサラサラにして生活習慣病対策に効果的なEPAや脳の発達に重要な役割を果たすDHAも豊富に含まれます。血合いには鉄分も含まれるので貧血予防にも効果的です。鯖は鮮度が落ちやすく傷みやすい魚なので、鮮度の良いうちに手早く調理してくださいね。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    青魚を代表する鯖。一般的に流通している種類は「マサバ」と「ゴマサバ」、ノルウェーなどから輸入される「大西洋サバ(ノルウェーサバ)」があります。マサバは「ホンサバ」や「ヒラサバ」とも呼ばれ、日本近海の代表的な大衆魚です。旬を迎える秋には一層脂がのり旨味が増しておすすめですよ。ゴマサバは「マルサバ」とも呼ばれ、波状のまだら模様に小さな黒い点が特徴です。鯖には、生活習慣病対策に欠かせないEPAやDHAの不飽和脂肪酸や、脂質やタンパク質をエネルギーにして代謝を支えるビタミンB2の含有量もトップクラスです。血合いには鉄も多く含み、貧血対策に効果的です。洗い流さずに積極的に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    鯖は家庭料理でよく使われる魚で刺身や寿司ネタでも人気があり、日本人になじみのある魚として親しまれています。脂がのっていて、焼き物・煮物・揚げ物・蒸し物など色々な調理法に適しています。鯖の生食はおすすめしませんが、酢でしめてしめ鯖にすると食べられます。他の魚に比べると低価格で手に入れることができ、お財布にやさしいのも魅力です。生の鯖以外にも鯖缶は保存が効いて、手軽に料理に使えるので家に常備しておきたいマストな食材です。鯖には癌の予防に効果があると言われているEPAや、脳を活性化させる働きがあるDHAなどが含まれています。鯖は節約したい時にも活躍して体にもいい栄養素が含まれているので、ぜひ積極的に料理に使ってみてはいかがでしょうか。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    近頃、人気の高いさばですが一般的に流通しているものはマサバ、ゴマサバが多く、種類によって味わいが変わります。まず、マサバは秋に脂がのっていておいしいと言われていて、晩秋から翌年の11月ころまでが旬です。11月のものを秋さば、12月から翌年2月までのものを寒さばと呼びます。また、ゴマサバはもともと脂質が少なく、1年を通して味がほとんど変わりません。ですが、マサバの味が落ちる季節でも変わらぬ味として、夏に旬を迎えます。さばにはDHAと呼ばれる多価不飽和脂肪酸というものが多く含まれ、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らしてくれる効果が高いと言われている食材です。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    刺身や寿司ネタにも人気のある鯖は、日本人になじみのある魚として親しまれています。脂がのっていて身もしっかりしているので食べ応えがあり、醤油や味噌など和食の調味料とよく合います。他の魚に比べると価格も安く、節約したい時のお助け食材としても人気で主婦の強い味方です。和食だけでなくオリーブオイルやハーブ類とも相性がよく洋風の料理にアレンジしやすいのも魅力です。生の鯖を料理する以外にも鯖缶も手ごろで使いやすく、忙しい日にも手軽に使えて家に常備しておきたい食材です。鯖には癌の予防にも効果があると言われているEPAや、脳を活性化させる働きがあるDHAなど体にいい栄養素を含んでいて、積極的に料理に取り入れたい魚です。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    DHAやEPAが非常に豊富に含まれる青魚代表の鯖は、年間を通して店頭に並び、私たちに馴染み深い魚です。近年ダイエット効果が期待されてメディアで注目され、様々な鯖の缶詰も販売されています。缶詰の鯖の優秀なポイントは、茹でてから缶詰に詰められるのではなく、生のまま缶詰に詰められて大型の圧力釜で熱処理されるため、缶に丸ごと栄養素が閉じ込められていることです。生の鯖と違って日持ちもして、骨まで丸ごと食べられる缶詰を料理に使用すれば魚の下準備の必要がなく手軽に取り入れることができますよ。新鮮な鯖はもちろん、手軽に缶詰も利用して、美しく健康的な毎日を送りましょう。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    鯖は低価格で手に入れることができる魚として、人気のある食材です。脂がのっているのが特徴で、和食によく合い焼き魚・煮魚・寿司などに使われます。鯖缶も人気があり、下処理せずに簡単に作えることから鯖缶は時短料理の人気アイテムとなっています。和食以外にも、トマト煮やパン粉焼きなどの洋風のレシピも人気があります。鯖には不飽和脂肪酸の一種であるEPA(エイコサペンタエン酸)が含まれており、血液をサラサラにして癌の予防にも効果があると言われています。脳を活性化させる働きがあるDHA、カルシウムの吸収をサポートするビタミンDなど体にいい栄養素を含んでいます。体にもよくお財布にもやさしい鯖は、ぜひ料理に積極的に取り入れたいですね。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    鯖の旬の時期は10月~12月です。最も脂がのっているのは秋から翌年の2月にかけての鯖です。この時期の鯖は寒鯖や秋鯖と呼ばれています。鯖の一種であるゴマ鯖は通年中スーパーで売られています。鯖の食べ方には様々あります。塩焼き、しめ鯖、味噌煮が代表的です。鯖は鮮度が落ちやすいので刺身で食べるのは大変貴重とされています。鯖は脂質が豊富です。多価不飽和脂肪酸のEPAやDHAを多く含んでいます。多価不飽和脂肪酸は悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし善玉コレステロールを増やす働きがあります。またビタミンも豊富に含まれていて貧血の予防や肩こりの解消の効果があるとされています。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社