キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

れんこんの記事一覧

キッチンブックの「れんこん」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • れんこんを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    蓮の茎が肥大したものを指すれんこん。漢字では「蓮根」と表記され、縁起物としても用いられます。れんこんには食物繊維を豊富に含むため便秘予防に効果的です。ポリフェノールの一種であるタンニンを含み、紫外線や酸化によるダメージを防ぐ抗酸化作用も多く含まれ、さらにビタミンCも豊富に含むため美肌効果も期待されます。美と健康を気にする女性には特に嬉しいですね。他にもカリウムを豊富に含み、高血圧予防にも繋がります。先端部分のれんこんには多くの食物繊維を含むため、より多くの繊維を摂りたい時は積極的に選んでくださいね。 この記事では、「れんこん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • れんこんを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    縁起物としておせち料理に欠かせないれんこん。筑前煮や揚げ物、汁物など色々な料理に活用できます。根菜の中ではビタミンCが多く熱に強いのが特徴で、肌のハリや潤いを保ち美肌づくりやかぜ予防に役立ちます。ビタミンCにはカラダの老化を防ぐ抗酸化作用もあり、同様の作用を持つビタミンEやβ-カロテンなどを多く含むオリーブオイルや人参などの緑黄色野菜を合わせるとさらに効果が増します。食物繊維も豊富で腸内環境を整えて便秘を予防・改善したり、高血圧予防に効くカリウムも多く含んでいます。れんこんのシャキシャキ食感はサラダに最適で、薄切りにしてすぐに酢水にさらしサッと火を通すことで食感を生かせます。様々な食材と組み合わせて効果的に栄養を摂取しましょう。 この記事では、「れんこん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • れんこんを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    シャキシャキした食感を持つ野菜・れんこん。正体は蓮の地下茎です。輪切りにすると丸い空洞が並んでいることから「見通しが良くなる」とされ、縁起の良い野菜としても親しまれています。加熱しても歯ごたえが残りやすく、煮物や炒め物のアクセントにもなりますね。旬は秋~冬で、9月頃収穫される新れんこんは瑞々しくあっさりとしており、冬場のものは粘りと甘みが強いというのが特徴です。れんこんには不溶性の食物繊維が豊富に含まれていて、腸内環境を整えてくれます。野菜の中では多めのでんぷんを持っていることで、エネルギー源としての働きも期待できる他、ビタミンCを守って摂取効率を上げてくれるメリットもあります。 この記事では、「れんこん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • れんこんを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    れんこんは水生植物である蓮(はす)の地下茎の肥大した部分を主に食用としています。れんこんを食用としているのは日本や中国などの少数の国とも言われており、日本では穴があいているため見通しがきくというところから縁起物としておせち料理理などには欠かせなし野菜の一つです。れんこんは形がふっくらしていて丸く肉厚なもの、節と節の間が太くてまっすぐでつやがあるものが良いれんこんとされています。調理する際は皮を縦の繊維に沿ってむくとむきやすくなりますよ。また、アクが強いので切ったらすぐに水につけておくと調理しやすくなります。 この記事では、「れんこん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • れんこんを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    調理方法によってシャキシャキとした食感やホクホクとした食感が楽しめるれんこん。子供から大人まで好まれる野菜の一つです。歯ごたえのあるレンコンは噛む回数が自然に増えるため満腹中枢が刺激されてダイエット中にもおすすめです。山芋やオクラに含まれる「ムチン」がれんこんにも含まれ、この成分が疲労回復や滋養強壮に役立つため、薬膳でもれんこんは「気を補う」食材とされ、疲れを感じているときにおすすめの食材とされています。秋の終わりから冬にかけて旬を迎える時期のれんこんは栄養価も高くなるため、この時期に特にたっぷり食べて、これから迎える寒い季節を元気に乗り越える体づくりをしましょう。 この記事では、「れんこん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • れんこんを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    穴があって先を見通せることから「見通しがきく」という縁起物として用いられるレンコンは、蓮の茎が肥大したもので、漢字では「蓮根」と表記されます。通年流通しているレンコンですが、お正月の縁起物として12月の出荷がピークを迎えます。レンコンに多く含まれるビタミンCは加熱しても壊れにくのが特徴です。止血作用や炎症を抑えるタンニンや、滋養強壮や胃腸を整えるムチンも多く含み、私たちの体の回復を助けてくれるのに最適な野菜ですね。歯応えの良いレンコンはすりおろすことで肉団子などのつなぎにもなり、小さな子供も食べやすく調理できますよ。様々な料理にアレンジしてみてくださいね。 この記事では、「れんこん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • れんこんを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    れんこんはシャキシャキした歯ざわりと、穴の開いた形が特ちょうがあります。ほぼ一年中出回っていますが、旬は9~10月から冬までです。穴が開いていることから「見通しがきく」と言われ、縁起物としてよくお節料理に使われます。実はれんこんを食べるのは、日本や中国など一部の国だけ。日本では熊本名物の「からしれんこん」やはすの熟した実をゆでて乾燥させた「はすの実」が有名です。れんこんはアクが強く、切り口がすぐに黒ずむので切ったらすぐに水か酢水にさらしてアクを抜いてから調理します。煮物や炒め物、揚げ物、またすりおろして使うなどさまざまな食べ方がありますが、れんこんを「焼いて」できる簡単なレシピがたくさんあります。 この記事では、「れんこん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 献立にもおつまみにも!美味しいつくねのレシピ・作り方20選

    居酒屋メニューの定番でもあり、子どもから大人まで幅広い年齢層に好んで食べられる「つくね」。 竹串の刺さった甘辛い味付けの楕円型のつくねが代表的ですが、混ぜ合わせる具材によって個性を出すこともできる、レシピによって変化に富んだメニューでもあります。 この記事では、つくねの基礎知識に加え、鶏肉を使ったつくね、豚肉を使ったつくね、豆腐を使ったつくね、れんこんを使ったつくねにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【れんこん料理】人気でおすすめのレシピ厳選20まとめ:ヘルシーなきんぴらやサラダなど

    れんこんはハスの地下茎が肥大化したハス科の食物です。何と言っても輪切りした時に穴がいくつも開いている、その見た目が特徴的です。覗くと向こう側が見えることから「見通しが効く」とされ、縁起の良い食べ物として重宝されています。種が多いことから「多産」という意味もあり、お正月のお節料理やお祝い料理には欠かせない食材のひとつです。旬の時期は秋から冬、新れんこんは7~9月ですが、1年を通してよく流通されています。シャキシャキと心地よい独特の食感をもち、煮物や天ぷら、きんぴらに使われることが多いです。そんなれんこんは、実は煮物やきんぴら以外にも幅広く大活躍します。そこでれんこんのレシピを、おかず・サラダや和え物・主食のレシピのカテゴリに分けてたくさん紹介します。

広告

運営会社