キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

レタスをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

生で食べられる野菜の1つがレタスです。シャキシャキとした歯ごたえで、クセのない淡白な味わいが食べやすくサラダやサンドイッチによく使われます。主張しない味なのでどんなドレッシングや調味料にも合わせやすく、使い勝手のいい野菜です。生で食べることが多いですが、スープやチャーハンに使うこともあります。レタスをみそ汁に入れるなど意外なレシピも多く、色々と試してみるのも楽しいですね。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてレタスのレシピを紹介しています。レタスを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • 夜ごはんにオススメのレタスを使った人気レシピ10選

    サラダやサンドイッチでおなじみのレタスは、シャキシャキとした食感が特徴です。味や臭いにクセがないため食べやすく、あまり好き嫌いの分かれない野菜です。レタスには結球する玉レタス、サニーレタスなどの非結球のリーフレタスなど種類が多くあり、一般的によく食べられるのが玉レタスになります。生のまま食べることが多いですが、チャーハンや炒め物、汁物など火を使う料理でも活躍します。レタスは食物繊維が豊富で便秘を解消する働きがあり、体内の余分なナトリウムを排出すカリウムを含むのでむくみやすい方にもおすすめです。サニーレタスは緑黄色野菜に属すため、抗酸化作用のあるβカロテンを多く含みます。火を通さず生で食べられるので、栄養素を壊さず丸ごと摂れるのも魅力です。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使ったおすすめ定番料理10選!これだけマスターしておけば!

    レタスは夏が旬の野菜でこの時期になると価格が下がり手ごろな価格で購入することができます。レタスは重すぎず切り口が変色していないものを選びましょう。外葉は農薬が多くかかっているので取り除いてから使います。レタスは食物繊維が豊富に含まれているので便秘を解消する働きがあります。また、ビタミンEが含まれているので血行をよくする作用があります。芯から出る白い液体はラクツカリウムという成分が含まれていて、催眠作用や鎮静効果があります。レタスを使った定番料理にはサラダがあり、他にチャーハンや炒め物等にも使われています。様々なレシピが紹介されているので参考にしてください。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【調理器具:オーブン】おすすめ10選

    シャキシャキとした歯ごたえのレタスは、サラダやサンドイッチに使われるおなじみの野菜です。臭いや味にクセがないため食べやすく、みずみずしくシャキッとした食感が料理にアクセントを加えます。サニーレタスは非結球のレタスで、玉レタスは結球する種類になります。種類によって味や食感が異なり、サニーレタスは肉厚で柔らかいのが特徴です。玉レタスは淡色野菜になりますが、サニーレタスは緑黄色野菜に属すためβカロテンが豊富です。生で食べることが多いですがスープやチャーハンなど火を使った料理にも使われ、火を通すと少ししなっとした食感になりますが手早くさっと火を通すとレタス独特のシャキッと感を楽しめます。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:オーブン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのレタスを使った人気レシピ10選

    キク科の植物でチシャの分類の葉を食べる野菜「レタス」。チシャとも呼ばれています。レタスは大きく4つのタイプがあり、日本で一般的に販売されているものは、「玉チシャ」と呼ばれる結球タイプで、旬が4月から9月です。そして「葉チシャ」と呼ばれる細長いタイプで、サニーレタスはこの種類で、旬は5月から9月です。また「立ちヂャ」と呼ばれ、白菜のように育つロメインレタス、「掻きヂャ」と呼ばれ茎から葉を取るサンチュなどがあり、それぞれ1年中とされています。この朝ごはんレシピでも、玉チシャはもちろん、グリーンレタスやサニーレタスを使用しています。レタスの栄養価はタイプで少々異なります。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【調理法:がっつり】おすすめ10選

    さっぱりとみずみずしく、料理のメインでも、引き立て役としても活躍してくれるレタス。鮮やかな緑色をしているため、料理の彩を良くもしてくれます。サラダ菜やサニーレタス、リーフレタスなど、種類が豊富にあり、種類によって味わいや食感も異なります。全体の95パーセントが水分で、栄養価は決して高いとは言えませんが、カリウムやカルシウムなどのミネラル分を多く含んでいます。また、食物繊維も豊富な為、美容や健康を意識している人にはぜひ積極的にとってもらいたい野菜となります。お肉に巻いても、ヘルシーにサラダにしても食べやすいので、ぜひ今日から積極的に食べてみてください。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのレタスを使った人気レシピ10選

    レタスは7月~8月が旬の夏野菜です。スーパーでは季節によって価格差がありますが一年中販売されています。スーパーで選ぶ際は切り口が変色していないかをチェックします。重すぎないものや色が濃すぎないものが新鮮です。レタスは便秘解消効果がある食物繊維や血行を良くするビタミンEが豊富に含まれています。またラクツカリウムが含まれているので不眠に悩んでいる方や疲れを感じている方におすすめの食材です。レタスはサラダはもちろん炒め物やチャーハンなど昼ごはんにおすすめのレシピが紹介されているので参考にしてください。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    みずみずしくシャキシャキとした食感が特徴のレタス。レタスには一般的な玉レタスやロメインレタス、サニーレタスやグリーンリーフなど、さまざまな種類があります。レタスの95%以上は水分ですが、整腸作用のある食物繊維が豊富です。レタスは乾燥に弱いため、芯の部分を湿らせたキッチンペーパーなどで包み、保存袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存するのがおすすめです。水分は傷みの原因にもなるため、葉についた水分は拭き取るのがポイントです。淡白で、あっさりとした味わいのレタスは、緑黄色野菜や肉や魚などとも相性が良いため、サラダや付け合わせなどとして一緒に食卓に並べれば、栄養価の高い食事が楽しめます。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    さっぱりとみずみずしく、料理のメインでも、引き立て役としても活躍してくれるレタス。鮮やかな緑色をしているため、料理の彩を良くもしてくれます。サラダ菜やサニーレタス、リーフレタスなど、種類が豊富にあり、種類によって味わいや食感も異なります。全体の95パーセントが水分で、栄養価は決して高いとは言えませんが、カリウムやカルシウムなどのミネラル分を多く含んでいます。また、食物繊維も豊富な為、美容や健康を意識している人にはぜひ積極的にとってもらいたい野菜となります。お肉に巻いても、ヘルシーにサラダにしても食べやすいので、ぜひ今日から積極的に食べてみてください。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    キク科の植物であるレタス。レタスの部類を「チシャ」といい、種類は大きく分けて4つあります。掻きチシャ「サンチュ」、立ちチシャ「ロメインレタス」、葉チシャ「サニーレタス」、玉チシャ「玉レタス」で、一般的にレタスと呼ばれているのは玉レタスです。全国各地で栽培されているため、1年中販売されていますが、旬は春と秋です。そしてレタスの栄養価は緑黄色野菜なので、β‐カロテンを豊富に含んでいます。そんなレタスを調理する際は、包丁で切ると、ポリフェノールが酸化してしまい、切り口が茶色くなってしまうので、手でちぎるのがおすすめです。この糖質オフレシピでも、ほとんどのレシピでちぎって使用しています。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    レタスは地中海沿岸と西アジア原産の野菜で、主に生食に使用されサラダやサンドイッチに使われます。シャキシャキとした歯ごたえが特徴で、味や臭いにクセがなく食べやすいのが特徴です。レタスには種類が色々あり、日本では玉レタスやサニーレタスがよく使われます。サニーレタスは葉チシャの非結球のレタスで、玉レタスは玉チシャの結球するレタスになります。主に生食に使われますが、チャーハンや炒め物、みそ汁に入れる地域もあります。レタスは体内の余分なナトリウムを排出するカリウムや、腸内環境を整え便秘を解消する食物繊維などが含まれています。サニーレタスやサラダ菜は緑黄色野菜に属すため、心筋梗塞や動脈硬化を防ぐβ-カロテンを多く含んでいます。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    サラダの中心的な存在のレタスは、一般的な「玉レタス」から、結球しないサニーレタスやロメインレタス、サラダ菜など種類も様々です。数種類のレタスを組み合わせると見栄えもなく、食感もアップしておすすめです。レタスの切り口から出る白色の乳液は苦味成分の一つですが、睡眠・鎮静作用があるといわれています。レタスの和名は「チシャ」と言いますが、チシャは「乳草(ちさ)」からきているといわれています。レタスの学名でも「Lactuca sativa」のlacは「乳」という意味が含まれ、レタスは乳液が名前の由来になっていますよ。レタスは油との相性も良く、炒めてもおすすめです。サラダ以外にも加熱してアレンジを楽しんでくださいね。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    シャキッとした歯ざわりのレタス。スーパーなどでは一年中販売されているため、身近な野菜と言えます。レタスの主な産地は長野県で、全国の約1/3を占めると言われています。夏から秋にかけての消費量が増えますが、全国的に収穫量が増えるのは春と秋。この時期には比較的安価なレタスが手に入れやすいとされています。レタスは水分量が多いため、傷みやすい野菜でもあります。汚れやキズがつているとそこから傷んでしまうため、取り除いておきましょう。切り口が茶色くなるのは酸化酵素の働きによるものなので、できるだけ包丁を使わず、手でちぎりながら使うのがおすすめですよ。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    レタスはシャキシャキと歯切れの良い食感が人気ですよね。サラダやサンドイッチの具材として欠かせない存在です。爽やかで肉や魚、いろんな味のソースとの相性も抜群なので、料理に取り入れやすいですよね。レタスは9割が水分で出来ているみずみずしい野菜です。水分だけでなく、食物繊維なども多く含んでいます。食物繊維はお通じを促し、便通を改善する効果があります。血糖値の上昇も抑える効果があるので、食事前にサラダにして食べるのがオススメです。たくさん食べても低カロリーで、満腹感を得やすいのでダイエット向きの食材です。冷たく冷やしたレタスは口当たりもさっぱりと爽やかなので、さまざまな食材と組み合わせて食べてくださいね。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    サラダに欠かせないレタス。お肉と組み合わせばメインのおかずにもなり、レシピの幅が広いのが特徴です。全国各地で収穫される野菜なので、一年中手に入ります。主な産地は長野県で、全体の約3分の1を占めますが、時期によって収穫量が異なるため、春や冬では茨城県の出荷量が増えます。レタスにはさまざまな種類がありますが、丸い形のものは玉レタス、葉が上向きに伸びているものはサラダ菜です。どちらも主な成分は水分で、100gあたりのカロリーは12〜14kcalほど。カリウムが多く含まれているため、体内のナトリウムを排出し、むくみ改善に役立つとされています。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【調理法:ご飯】おすすめ10選

    レタスと呼ばれる食材は、チシャという分類に入り、キク科に属しています。レタスは世界中で栽培されており、どの国も主にサラダとして生で食べられています。原産地はヨーロッパで、春から初夏にかけて旬を迎える野菜です。日本での主な生産地は長野県で全国の3割の生産量があります、通年栽培されているのも日本の栽培の特徴です。また、価格は春と秋に安くなる傾向があります。レタスにはβカロテンが含まれており、老化防止や免役力を向上させる効果があります。他にも、体内に入るとビタミンAに変り、美肌効果があります。品種により栄養価に違いがありますので、効果を確認してから体のためにレシピを考えると楽しさが増えると思います。

  • レタスを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    サラダにしても、火に通してもおいしく食べられるレタス。鮮やかな緑色をしていて、料理に添えてあるだけで彩を整えてくれる食材です。そして味にクセがないため、肉や魚、他の野菜とも相性がよいのも嬉しいポイント。レタスには結球している玉レタスや結球しないサニーレタス、サラダ菜など種類も豊富にあるので、合わせる食材によっても使い分けてみてくださいね。また、レタスにはカリウムやナトリウムが含まれているので貧血予防や高血圧の予防に働きかけてくれます。調理する際は食べる直前に冷水にさっとつけるとパリッとした食感になるのでおすすめです。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    サラダ菜やサンチュ、サニーレタスやフリルレタスなどさまざまな種類がある「レタス」。昔からなじみのある玉レタスは、シャキシャキとした食感が特徴の人気の食材です。サラダ菜やサニーレタスなどのリーフレタスは緑黄色野菜の一つでβ-カロテンが豊富に含まれています。みずみずしく、茎の切り口が変色していないものを選ぶのがポイントです。レタスについている水分は傷みを早めるので、しっかりとふき取り、保存袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。レタスは、包丁で切ると切り口が変色しやすいので、手でちぎるのがおすすめですよ。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    レタスは夏野菜で、スーパーでは一年中売られている野菜です。スーパーでは切り口が変色していないもの、重すぎないもの、葉の色が濃すぎないものを選ぶと良いでしょう。レタスには食物繊維が豊富に含まれているので整腸作用があります。ラクツカリウムという成分が含まれていて催眠作用があるため疲れを感じているときに摂取をすると良いとされていますよ。また、血行を良くするビタミンEが含まれているので女性にもおすすめです。外葉には農薬が多く付いているので取り除くと安心です。レタスは生でも食べることができ、火の通りが早い野菜なのでレンジでの調理もおすすめです。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    みずみずしく、シャキッとした食感のレタス。サラダには欠かせない野菜の1つですよね。レタスは水分が多いですが、実はカリウムやビタミン、食物繊維なども豊富に含まれています。カリウムは体内で不要になった塩分を体外へ出す働きがあるため、血圧の上昇を抑えたり、糖尿病の予防に役立つとされています。また、食物繊維は排便効果があるため、便秘に悩んでいる人や、ダイエット中の人にもうれしい成分と言えるでしょう。ドレッシングのおいしさや、他の食材の旨味を一緒に味わうなら、あえる調理法がおすすめ。大きなボウルで和えれば、家族みんなで取り合って食べることもできますよ。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    シャキッとした歯ごたえとみずみずしさが特徴のレタス。味も癖がなくサラダや炒め物、焼肉などいろいろな料理に適しています。一言にレタスと言っても種類はたくさんあり、リーフレタスやサニーレタス、サンチュなど、形や食べ応えも若干違いがあります。レタスを選ぶ際にはどの種類であっても、葉がみずみずしく元気なものを選んでください。また、重みがあり詰まっているものよりは適度にふんわりと巻かれているほうが美味しく食べられます。リーフレタスは葉先の縮れ具合が細かいもののほうが見た目も食感も良いです。レタスを選ぶ際に注目してみてください。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    中近東から地中海沿岸が原産の野菜、レタス。サラダで食べる野菜として、親しまれており日本でも古くから食用にされてきました。レタスは水分が多い他、塩分の排出を助けるカリウムや、体内で合成できないビタミン類を含みます。日本国内では、長野県の出荷量が多く、全体の3割程度を占めています。収穫時期は春と秋が多いのですが、夏は高冷地で、冬は温暖な地域で収穫されるため、1年を通して流通しています。スーパーへ行くと、必ずと行って良いほど青果コーナーに並んでいまよね。シャキッとした歯ごたえと、ほろ苦い味わいが人気のレタスは、毎日の献立に積極的に取り入れたい食材の一つです。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    玉レタス、サラダ菜、サニーレタス、ロメインレタスなどレタスには、数種類の品種があります。丸く結球する玉レタスは淡色野菜ですが、サニーレタスやロメインレタスは緑黄色野菜に分類され、βカロテンが含まれます。また、ふんわりとやわらかな食感のものと、シャキシャキとした歯ごたえがあるもの、ほろ苦さを感じるものなど、品種によってさまざまな味わいが楽しめます。サラダや料理の付け合わせに使われることが多いレタスですが、揚げるとまた違った味わいが生まれます。加熱調理をするとかさが減るので、たっぷり食べられますよ。レタスを揚げて、毎日の食事で不足しがちな野菜をたっぷりと食べましょう。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ6選

    シャキシャキした食感とみずみずしさが人気のレタス。サラダやチャーハンに使われる身近な野菜ですよね。手で簡単にちぎって使える手軽さから、サラダにには欠かせない野菜です。淡色野菜で、栄養がないように思われがちですが、実はビタミンやミネラルがバランスよく含まれているんです。また、低カロリーなので、ダイエット中の人にもおすすめの野菜です。そんなレタスをサラダだけで食べていてはもったいないですよ。レタスと他の具材を組み合わせて衣をつけてフライにしてみましょう。意外に簡単にできて、新鮮な味わいです。レタスを使った料理の幅を広げたいですね。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    サラダの材料としておなじみのレタスは、みずみずしさが特徴ですよね。レタスの主な産地は、長野県、茨城県があります。夏場は、長野県などの高冷地から出荷され、冬は九州などから出荷されます。選び方のポイントは、巻きがふんわりしているものが新鮮です。栄養素は、ビタミンC、ビタミンB、カリウム、食物繊維などを含んでいます。保存方法は、水で湿らせたペーパータオルでやさしく包み、ポリ袋などに入れた状態で冷蔵庫に入れて下さい。サラダで食べれば、シャキシャキとした歯ごたえが楽しめるレタスは、炒め物、煮物などにも使える食材ですよ。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    サラダとして食べる事の多いレタスは、低カロリーで、β-カロテン、葉酸などのビタミン、ミネラル、食物繊維をバランスよく含んでいます。美容やダイエットに効果的な食材ですが、夏が旬のレタスは、もともと体を冷やす働きがあり、温めて食べる工夫が大切です。体の冷えが続くと、新陳代謝や免疫力の低下、代謝を助ける酵素の働きが鈍り、余分な老廃物まで体に溜め込むようになり、肌荒れ、下半身太り、様々な体の不調につながることもあります。レタスをスープや煮物にすることで、体を内側から温めてくれる事はもちろん、水溶性のビタミンが流れ出たスープまで食べる事ができます。熱に弱いビタミンが多少失われても、煮る調理法でカサが減り、たくさん食べられるので、栄養をたっぷり摂取できるんです。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    レタスといえばサラダでそのまま食べるイメージがありますが、95%が水分でできている野菜なので加熱することで量が減り一度でたくさん食べられますよ。水分が多いため栄養が乏しいのかと思う方もいるかもしれませんが、低カロリーできちんと栄養を含んでいるため、ダイエット中の方にも味方の野菜です。通年安定して購入できるのも嬉しいですよね。抗酸化作用のβ-カロテン、免疫力アップや美肌効果のビタミンC、アンチエイジング効果のビタミンE、余分な水分を外へ出すカリウム、便秘対策の食物繊維など豊富に含まれ、積極的に摂りたい栄養がたっぷりです。ビタミンEは熱にも強く、油と一緒に摂ると吸収率もよくなるので、様々な料理にアレンジしてくださいね。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【レタスでスムージー】食物繊維豊富で低糖質なスムージーの簡単レシピ・作り方20選

    レタスといえばサラダに欠かせない、人気の野菜です。チャーハンやハンバーガーに入っていたり、メイン料理に添えたり、脇役のイメージが強いですが、食物繊維以外の栄養も豊富なんです。果物や緑黄色野菜と組み合わせる作り方でスムージーにする事でレタスの栄養をより効率的に摂取できます。レタススムージーレシピで美容と健康を手に入れましょう。この記事では、レタスのダイエット効果や栄養に加え、フルーツとつくるレタススムージーのレシピ、野菜とつくるレタススムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • 【レタス料理】人気でおすすめのレシピ・作り方20選まとめ:レタスはサラダだけじゃない!

    私たちの食事に非常になじみ深いレタス。サラダなどにはかかせません。世界各地で栽培されており日本では古くから、「チシャ」と呼ばれていました。そんなレタスの現在の栽培地は、長野県が1番で、全出荷量の3分の1をしめています。収穫期は多くの地域で秋と春で、長野では夏、九州や香川などの暖かいところでは冬となっています。年を通してどこかしらで収穫されており、いつでも気軽に食べることができます。クセもなくいろいろな料理に合わせやすいので、いろいろな料理で楽しむことができます。今回はそんなレタスのサラダ・和え物レシピ、スープレシピ、おかずレシピ、ごはんレシピをカテゴリー別に、栄養素や調理法と合わせて紹介します。

広告

運営会社