キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

レタスの記事一覧

キッチンブックの「レタス」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • レタスを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    シャキッとした歯ごたえとみずみずしさが特徴のレタス。味も癖がなくサラダや炒め物、焼肉などいろいろな料理に適しています。一言にレタスと言っても種類はたくさんあり、リーフレタスやサニーレタス、サンチュなど、形や食べ応えも若干違いがあります。レタスを選ぶ際にはどの種類であっても、葉がみずみずしく元気なものを選んでください。また、重みがあり詰まっているものよりは適度にふんわりと巻かれているほうが美味しく食べられます。リーフレタスは葉先の縮れ具合が細かいもののほうが見た目も食感も良いです。レタスを選ぶ際に注目してみてください。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    中近東から地中海沿岸が原産の野菜、レタス。サラダで食べる野菜として、親しまれており日本でも古くから食用にされてきました。レタスは水分が多い他、塩分の排出を助けるカリウムや、体内で合成できないビタミン類を含みます。日本国内では、長野県の出荷量が多く、全体の3割程度を占めています。収穫時期は春と秋が多いのですが、夏は高冷地で、冬は温暖な地域で収穫されるため、1年を通して流通しています。スーパーへ行くと、必ずと行って良いほど青果コーナーに並んでいまよね。シャキッとした歯ごたえと、ほろ苦い味わいが人気のレタスは、毎日の献立に積極的に取り入れたい食材の一つです。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    玉レタス、サラダ菜、サニーレタス、ロメインレタスなどレタスには、数種類の品種があります。丸く結球する玉レタスは淡色野菜ですが、サニーレタスやロメインレタスは緑黄色野菜に分類され、βカロテンが含まれます。また、ふんわりとやわらかな食感のものと、シャキシャキとした歯ごたえがあるもの、ほろ苦さを感じるものなど、品種によってさまざまな味わいが楽しめます。サラダや料理の付け合わせに使われることが多いレタスですが、揚げるとまた違った味わいが生まれます。加熱調理をするとかさが減るので、たっぷり食べられますよ。レタスを揚げて、毎日の食事で不足しがちな野菜をたっぷりと食べましょう。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ6選

    シャキシャキした食感とみずみずしさが人気のレタス。サラダやチャーハンに使われる身近な野菜ですよね。手で簡単にちぎって使える手軽さから、サラダにには欠かせない野菜です。淡色野菜で、栄養がないように思われがちですが、実はビタミンやミネラルがバランスよく含まれているんです。また、低カロリーなので、ダイエット中の人にもおすすめの野菜です。そんなレタスをサラダだけで食べていてはもったいないですよ。レタスと他の具材を組み合わせて衣をつけてフライにしてみましょう。意外に簡単にできて、新鮮な味わいです。レタスを使った料理の幅を広げたいですね。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    サラダの材料としておなじみのレタスは、みずみずしさが特徴ですよね。レタスの主な産地は、長野県、茨城県があります。夏場は、長野県などの高冷地から出荷され、冬は九州などから出荷されます。選び方のポイントは、巻きがふんわりしているものが新鮮です。栄養素は、ビタミンC、ビタミンB、カリウム、食物繊維などを含んでいます。保存方法は、水で湿らせたペーパータオルでやさしく包み、ポリ袋などに入れた状態で冷蔵庫に入れて下さい。サラダで食べれば、シャキシャキとした歯ごたえが楽しめるレタスは、炒め物、煮物などにも使える食材ですよ。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    サラダとして食べる事の多いレタスは、低カロリーで、β-カロテン、葉酸などのビタミン、ミネラル、食物繊維をバランスよく含んでいます。美容やダイエットに効果的な食材ですが、夏が旬のレタスは、もともと体を冷やす働きがあり、温めて食べる工夫が大切です。体の冷えが続くと、新陳代謝や免疫力の低下、代謝を助ける酵素の働きが鈍り、余分な老廃物まで体に溜め込むようになり、肌荒れ、下半身太り、様々な体の不調につながることもあります。レタスをスープや煮物にすることで、体を内側から温めてくれる事はもちろん、水溶性のビタミンが流れ出たスープまで食べる事ができます。熱に弱いビタミンが多少失われても、煮る調理法でカサが減り、たくさん食べられるので、栄養をたっぷり摂取できるんです。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レタスを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    レタスといえばサラダでそのまま食べるイメージがありますが、95%が水分でできている野菜なので加熱することで量が減り一度でたくさん食べられますよ。水分が多いため栄養が乏しいのかと思う方もいるかもしれませんが、低カロリーできちんと栄養を含んでいるため、ダイエット中の方にも味方の野菜です。通年安定して購入できるのも嬉しいですよね。抗酸化作用のβ-カロテン、免疫力アップや美肌効果のビタミンC、アンチエイジング効果のビタミンE、余分な水分を外へ出すカリウム、便秘対策の食物繊維など豊富に含まれ、積極的に摂りたい栄養がたっぷりです。ビタミンEは熱にも強く、油と一緒に摂ると吸収率もよくなるので、様々な料理にアレンジしてくださいね。 この記事では、「レタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【レタスでスムージー】食物繊維豊富で低糖質なスムージーの簡単レシピ・作り方20選

    レタスといえばサラダに欠かせない、人気の野菜です。チャーハンやハンバーガーに入っていたり、メイン料理に添えたり、脇役のイメージが強いですが、食物繊維以外の栄養も豊富なんです。果物や緑黄色野菜と組み合わせる作り方でスムージーにする事でレタスの栄養をより効率的に摂取できます。レタススムージーレシピで美容と健康を手に入れましょう。この記事では、レタスのダイエット効果や栄養に加え、フルーツとつくるレタススムージーのレシピ、野菜とつくるレタススムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • 【レタス料理】人気でおすすめのレシピ・作り方20選まとめ:レタスはサラダだけじゃない!

    私たちの食事に非常になじみ深いレタス。サラダなどにはかかせません。世界各地で栽培されており日本では古くから、「チシャ」と呼ばれていました。そんなレタスの現在の栽培地は、長野県が1番で、全出荷量の3分の1をしめています。収穫期は多くの地域で秋と春で、長野では夏、九州や香川などの暖かいところでは冬となっています。年を通してどこかしらで収穫されており、いつでも気軽に食べることができます。クセもなくいろいろな料理に合わせやすいので、いろいろな料理で楽しむことができます。今回はそんなレタスのサラダ・和え物レシピ、スープレシピ、おかずレシピ、ごはんレシピをカテゴリー別に、栄養素や調理法と合わせて紹介します。

広告

運営会社