キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

レタスをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

生で食べられる野菜の1つがレタスです。シャキシャキとした歯ごたえで、クセのない淡白な味わいが食べやすくサラダやサンドイッチによく使われます。主張しない味なのでどんなドレッシングや調味料にも合わせやすく、使い勝手のいい野菜です。生で食べることが多いですが、スープやチャーハンに使うこともあります。レタスをみそ汁に入れるなど意外なレシピも多く、色々と試してみるのも楽しいですね。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてレタスのレシピを紹介しています。レタスを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

レタスの栄養素

レタスはあまり栄養がない印象がありますが、意外にも色々な栄養素が含まれています。レタスは風邪の予防に効果のあるビタミンC、抗酸化作用があり免疫力を高めるβ-カロテン、腸内環境を整える食物繊維、体内の余分なナトリウムを排出するカリウムなど、体に必要な栄養素を多く含んでいます。またレタスは低カロリーなので、ダイエット中にもカロリーを気にせずに食べられます。

レタスの産地

2015年の統計ではレタスの生産量の1位は長野県で、全体の約3割を占めています。2位が茨城県、3位が群馬県で次いで長崎県と兵庫県となっています。長野県は有数のレタスの産地で、佐久地方と松本地方の栽培が盛んです。レタスは暑さに弱く冷涼な気候を好み、生育適温は15°前後で高原地域の冷涼な気候が栽培に適しています。

レタスの旬

! /image/〇〇
レタスは季節によって産地が変わるため、一年を通じて手に入ります。主な旬は4~8月、11月~12月頃になっていて流通量が多くなるのは7月頃です。暑さに弱く冷涼な場所での栽培が適しているため、春と秋は茨城県、夏は長野県や群馬県など高原地帯、冬場は九州や香川、兵庫県などの温暖な地域で栽培されています。

レタスの選び方

玉レタスを選ぶ際は、まず切り口をチェックします。芯の切り口が10円玉大の大きさで、きれいな白色をしているか見てみましょう。葉の部分に弾力とハリがあって、みずみずしくてつやのあるものが新鮮です。手に持って重いものは葉が硬くなっているため味が落ちるので、軽くて葉がふんわりとゆるく巻いているものがおすすめです。サニーレタスなどの丸まっていないものは、みずみずしくパリッとした感じのものを選んで下さい。

レタスの保存方法

レタスは暑いのが苦手なので、冷蔵保存が適しています。冷蔵庫に入れる前に新聞紙かラップで包むか、ビニール袋に入れて野菜室に保存します。丸ごと保存する場合は約1週間保存できます。カットして保存する場合は、レタスの水気を切って新聞紙やキッチンペーパ―に包んでビニール袋に入れて野菜室に入れます。レタスは冷凍保存もできますがシャキッとした感じが失われるため、スープなどに使う場合は冷凍保存もおすすめです。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

レタスの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

レタスの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

レタスの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

レタスの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

レタスの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

レタスをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社