キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

レモンをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

レモンはインドが原産のミカン科ミカン属の柑橘類で、酸っぱさと爽やかさが特徴です。そのまま食べるのには酸っぱいため、果汁をドリンクに入れたり、お菓子やドレッシングに加えるのによく使われます。爽やかな酸味が生魚の臭みを消す効果があり、カルパッチョによく合います。主に洋菓子や洋食に使われることが多いですが、和食にレモンのスライスをのせてアクセントにしたりレモン鍋などの代わり鍋も人気があります。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてレモンのレシピを紹介しています。レモンを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

レモンの栄養素と効能

レモンと言えばビタミンC、と言うほど豊富に含まれています。100gあたり100mgのビタミンCが含まれ、皮膚のメラニン色素の生成を抑える作用があるため日焼けを防いでシミやそばかすも防ぐ効果があります。その他にも風邪の予防や鉄の吸収を良くする効果もあります。レモンの酸味はクエン酸と言われる成分で、疲労回復や免疫力を高める効果があるため疲れた時や風邪を引きやすい季節におすすめです。

レモンの栽培方法

レモンは鉢植えでも育てられるので、家でもぜひ育ててみましょう。大きめの植木鉢の底に軽石を敷いて土を3分の1ほど入れて、レモンの苗木を置いて周りに土をかけてしっかりと固定したら水をしっかりと与えます。植える時期は3月中旬~6月中旬頃がおすすめで、苗の横に支柱を立てて苗が倒れないように支えます。土の表面が乾いたら水をしっかりと与えて、3月、6月、9月、11月の年4回、2~3ヶ月ごとに肥料を与えるようにしましょう。

レモンの産地

! /image/〇〇
レモンの産地のダントツトップが広島県で、全体の約6割以上を占めています。次いで愛媛県、和歌山県、熊本県が続いています。広島産のレモンは糖度が高く、まろやかな酸味が特徴です。広島では。10月~12月が清涼感のあるグリーンレモン、1月~6月まではイエローレモン、7月~9月にかけてはハウスレモンが出荷され、一年を通じてレモンを出荷しています。広島県産のレモンを使ったレモンサイダーなどの、ご当地商品も人気を集めています。

レモンの選び方

レモンは皮にハリと艶があり表皮がつるんときれいなもの、色むらがなくきれいな黄色をしているものを選びましょう。皮に傷があったりみずみずしさに欠けるものは避けて、手に持った時に重みがあり皮を抑えた時にほどよい弾力を感じるものがおすすめです。押さえて固いものは皮が分厚く身が少なく、軽いものは果汁が少ないのでおすすめできません。表面を触ったときにブヨブヨとゆるんでいるのは、鮮度が落ちている証拠です。

レモンの保存方法

レモンを丸ごと保存する場合はビニール袋に入れて、冷蔵庫で保存します。一か月くらいは冷蔵保存でき、カットしたものはラップできれいに包んで冷蔵保存して早めにつか切りましょう。レモンは冷凍保存も可能で、スライスしてラップに並べて上からラップをかけてしっかりと挟んで冷凍保存します。果汁を絞って製氷皿に入れてキューブ状に凍らせると、果汁をすぐに使えて便利ですよ。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

レモンの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

レモンの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

レモンの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

レモンの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

レモンの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

レモンをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社