キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

酒粕をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

酒粕は日本酒などのもろみから清酒を絞ったあとのかすのことで、料理の材料として利用されます。酒粕を使った代表的な料理がかす汁で、その他にも肉料理を柔らく仕上げるのに使ったり、酒粕とクリームチーズを合わせてディップにしたり、豆乳と酒粕でスムージーを作るなど、さまざまな料理に使うことができます。酒粕をそのまま焼いて砂糖をまぶし、お菓子のように食べるのも人気があります。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて酒粕のレシピを紹介しています。酒粕を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

酒粕の栄養素と効用

酒粕には米や酵母の栄養が豊富に残っているため、美容にいい食材として注目されています。酒粕には三大栄養素の1つであるたんぱく質が含まれ、髪の毛・爪・皮膚・血液などを作るのに欠かせない栄養素です。マグネシウム・カルシウム・カリウム・亜鉛・鉄などのミネラル類、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB5、ビタミンB6などのビタミンB群が豊富に含まれています。その他にもアミノ酸、葉酸、食物繊維、たんぱく質など体にいい栄養素を含んでいます。

酒粕の原料

酒粕は日本酒を作る工程でとれるもので、原料は米、米麹、醸造アルコールになります。日本酒を作るには白米・米麹・水を使い、製造過程で醸造アルコールが加えられます。醸造アルコールを加えることで腐敗防止になるようです。日本酒には純米酒、本醸造酒、吟醸酒があり、醸造アルコールを使用していない酒粕が欲しい時は純米酒から作られた酒粕を購入するのがおすすめです。

酒粕の作りかた

! /image/〇〇
酒粕は日本酒を作る工程で出るかすのことで、うるち米・米こうじ・酵母を合わせて仕込み、糖化して発酵させて熟成させます。醸造アルコールを加えて圧搾してろ過したら酒粕ができます。酒粕を搾った後にできあがる清酒の風味が酒粕の味に影響し、清酒の特徴を持ち合わせているため酒粕にはさまざまな味わいがあります。

酒粕の種類

酒粕には色々な種類があり、清酒と分離して圧搾された酒粕を剥がした「板粕」、板状にとれなかった酒粕の「ばら粕」、酒粕を柔らかいペースト状に練った「練り粕」、ばら粕を踏んで熟成させた「踏込み粕」、ばら粕を練りこんで板粕状にした「成形粕」があります。酒粕によってそれぞれ特徴や使い方があります。

酒粕の賞味期限と保存方法

酒粕はアルコールを含むので、冷蔵保存するとかなり長く保存できます。冷蔵保存の場合でも熟成がすすむので、目安としては3~6ヶ月で使い切るのがおすすめです。酒粕は熟成すると白っぽい粉をふいたり、ピンクがかった色になることがありますが、酒粕のうま味成分なので問題なく食べられます。酒粕は冷凍保存も可能で、小分けしてラップに包んでジップロックなどの保存袋に入れて冷凍庫で保存し1年を目安に使い切りましょう。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

酒粕の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

酒粕の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

酒粕の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

酒粕の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

酒粕の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

酒粕をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社