キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ニラをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ニラはネギ属に属する多年草で、緑黄色野菜に属します。ニラは歴史の長い野菜で、古事記や万葉集にもニラのことを記述され長い間日本人の食べられています。独特の香りと味わいが特徴的ですが、ニラレバ炒めや餃子やちぢみの材料としてもよく使われます。味わいが特徴的ながらあまり好き嫌いの分かれない野菜で、和食や中華によく合います。葉ニラ、黄ニラ、花ニラなどの種類があり、軟白栽培された黄ニラは柔らかく生でも食べられます。
こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてニラのレシピを紹介しています。ニラを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

ニラの栄養素

ニラの独特の香りは硫化アリルの一種アリシンで、疲労回復や滋養強壮に効果があります。ニラは緑黄色野菜なのでβカロテンが豊富で、抗酸化作用があり動脈硬化や高血圧の予防に効果があります。その他に妊娠中に欠かせない葉酸、血液を固める働きや骨を丈夫にするサポートをする働きのあるビタミンK、動脈硬化や心筋梗塞などに効果のあるビタミンE、風邪の予防やメラニンの生成に必要なビタミンCなど豊富な栄養素を含んでいます。

ニラの旬

ニラは一年を通じて流通していますが、最も美味しい時期は初春の一番刈りのニラです。ニラは暑さに強いため真夏にも収穫できる葉物野菜で、栄養たっぷりなので夏バテにもおすすめです。一つの株から3回収穫できると言われるほどで、刈り取っても新しい葉が生えてくるので家庭菜園にもおすすめです。収穫後も株のまま置いておくと、次の都市も収穫できる節約野菜です。黄ニラの旬は2月になっています。

ニラの産地

! /image/〇〇
ニラの生産量のトップは高知県で、次いで栃木県、茨城県が続いています。高知県ではご当地グルメでニラ塩焼きそばが人気で、栃木県では宇都宮餃子などニラを使った料理が評判です。岡山は黄ニラの産地として有名で、黄ニラは生でも食べられるので黄ニラを使った握り寿司や、黄ニラばら寿司といった黄ニラを使ったちらし寿司がご当地グルメとして人気です。

新鮮なニラの選び方

ニラを選ぶ時は、葉先までピンと張ったみずみずしいものを選びましょう。手に持ったときに重さがあり鮮やかな緑色をしたものがおすすめで、黄色く変色したりしなびているものは避けましょう。切り口が新しくてみずみずしく、折れた葉がなく傷がないものを選んでください。切り口部分の根本にハリと艶があり、茎と葉がはっきりと色分けされているものがおすすめです。

ニラの保存方法

ニラは乾燥と水気に弱いためキッチンペーパーで巻いてラップで包むかビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室に立てて保存します。使い切れなかったものは食べやすいサイズに切って、水を入れた容器にニラを浸して蓋をして冷蔵保存すると長持ちします。ニラは冷凍保存することもできます。使いやすい長さにカットしてジップロックなどの保存袋に入れて空気をしっかり抜いて、冷凍庫に寝かせた状態で冷凍庫で保存します。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

ニラの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ニラの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ニラの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ニラの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ニラの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

ニラをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社