キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ラム肉をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ラム肉と言えば、ジンギスカンを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。鶏肉・豚肉・牛肉に比べると、料理に使う機会は少なくスーパーなどでも売っているところはあまり多くありません。ラム肉には独特の臭みがあるため苦手な方も多いですが、香辛料やはちみつを使うと臭みを和らげることができます。ラム肉は低カロリーなので、ダイエット中にお肉を食べたい時におすすめです。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてラム肉のレシピを紹介しています。ラム肉を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

ラム肉とは?

羊肉にはラム肉とマトンがあります。ラム肉は生後一年未満の羊肉のことを言い、生後一年以上のものはマトンと呼びます。マトンはラム肉より羊肉特有の臭いが強いため、羊肉を選ぶ際はラム肉を選ぶと無難です。ラム肉はマトンに比べると臭みが少ないですが、それでも気になる方は香辛料やタレに漬け込んでから料理すると臭みを気にせずに食べられます。

ラム肉の栄養素

ラム肉は栄養価が高くヘルシーな肉として評判が高いです。ラム肉には亜鉛・ビタミンB1・ビタミンB2などの栄養素が含まれており、牛肉よりも多くのたんぱく質を含んでいます。たんぱく質は体の内臓・皮膚・血液を作る欠かせない栄養素です。ラム肉の脂質は体に吸収されにくく、不飽和脂肪酸を含み悪玉コレステロールを減らす効果もあります。ヘルシーなお肉を食べたい方はラム肉がおすすめですよ。

おいしいラム肉の選び方

どのお肉を選ぶ時も同じですが、ラム肉を選ぶ時もまず肉の色を一番にチェックするのが大切です。肉の赤身部分が発色のいいきれいな赤色で、脂部分がキレイで真っ白なものを選びましょう。赤身部分が色あせて黒っぽく変色しているものや、脂肪との境目がはっきりしないものは避けるのがおすすめです。鮮度が落ちると肉から液体が出やすくなるので、パック内の液体の量もチェックしましょう。

ラム肉の下処理方法

ラム肉の臭いが苦手、という方は調理する前に脂身をできるだけ取ってみてください。肉の臭みは脂身に多いので、下ごしらえする時に取ってしまうことで臭みを摂ることができます。ラム肉の臭み消しによく使われるのがローズマリーで、ラム肉を焼くときにローズマリーと一緒に焼くことで臭いが和らぎます。タイムがある場合は、タイムとローズマリーを一緒に使うことで効果がアップしますよ。

ラム肉の保存方法

ラム肉を冷蔵保存する場合は、お皿に網をのせてその上に肉を置いてラップではなくアルミホイルに包んで保存します。こうすることでお肉から出る液体に浸らず鮮度を長く保つことができますが、2~3日以内には使い切りましょう。冷凍する場合は、ラップに包んでさらにジップロックに入れて冷凍庫に入れます。冷蔵保存よりは長く保存できますが、一か月以内には食べきるようにしましょう。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

ラム肉の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

ラム肉を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

ラム肉を使った料理と言えばジンギスカンですが、ラム肉はスーパーなどでは売っているところが少ないため家庭ではあまり使われませんが、栄養たっぷりの良質なお肉です。ラム肉には亜鉛やビタミンB1、ビタミンB2などの栄養素が含まれ、牛肉よりも多くのたんぱく質が含まれています。ラム肉の独特の臭いが苦手という方もいますが、ヨーグルトやハーブ、香辛料を使って臭みを消すと食べやすく、ラムチョップなどはほどよい噛み応えがあり豪華なメイン料理になります。ラム肉は生後一年未満の羊肉のことを言い、生後一年以上のものはマトンと呼びます。ラム肉はマトンより臭みがすくないので、羊肉を買う際はラム肉を選ぶようにしましょう。 この記事では、「ラム肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ラム肉を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

羊の肉であるラム肉は、北海道のジンギスカンが有名ですね。比較的香りや味に特徴があり、好みが分かれやすい食材でもありますが、最近ではヘルシーであるという理由から女性からの人気が高くなってきました。ラム肉にはコレステロールを減らす作用がある不飽和脂肪酸が多く含まれています。また、ラム肉の脂肪分は体に吸収されにくい上に体の脂肪を燃焼させせるL-カルニチンが多く含まれています。また、ビタミンや鉄分もたっぷり入っているため体調がすぐれない方にもおすすめの食材です。ラム肉の体に良くおいしい煮るレシピで健康的な美しさを目指しましょう。 この記事では、「ラム肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ラム肉を使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ6選

日本でラム肉と言えばジンギスカンですが、その他ではラム肉は料理に使われることは多くありません。家庭ではあまり食べられませんが、ラムチョップなどの骨付き肉は見た目もおしゃれでレストランでは人気のメニューになっています。ラム肉の臭みが苦手という方も多いですが、ハーブや香辛料を使うと臭みを和らげることができ、トマト煮込みなどにもよく合います。ラム肉には多くのたんぱく質が含まれており、亜鉛やビタミンB1、ビタミンB2などの体にいい栄養素がも多く含まれています。不飽和脂肪酸を含み悪玉コレステロールを減らす効果もがあり、ラム肉の脂質は体に吸収されにくいためダイエット中にお肉を食べたい方におすすめです。 この記事では、「ラム肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ラム肉を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ8選

日本では他の肉類に比べて馴染みが薄い「ラム肉」。クセがあるイメージが強いですが、ラム肉は生後1年未満の子羊肉のことで、それ以降のマトン肉と比べてクセも強くなく優しい味わいなんです。ラム肉は脂肪分も少なくて低カロリーな上、健康に良い効能を持つ栄養がたっぷり含まれています。羊肉には青魚に多い不飽和脂肪酸が豊富で、LDL(悪玉)コレステロールを減らす働きがあり動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果的。脂肪燃焼を促すL−カルニチンも肉類の中で一番多く含んでいます。ラム肉は鉄分やビタミンB群も豊富で、貧血改善や美容効果も期待できます。健康維持に最適なラム肉。下味をしっかりつけて揚げる唐揚げのレシピなら独特の風味も和らぎ、鶏肉や豚肉で作るよりもヘルシーですよ。 この記事では、「ラム肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ラム肉の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

ラム肉を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ9選

肉といえば主に思い浮かぶのは牛・豚・鶏ですが、これらと並んで近年注目を浴びているのがラム肉。有名なジンギスカンの他、最近はラムチョップを提供する飲食店も増えている印象です。他の動物の肉と比べると低カロリーで、鉄分・ビタミン・アミノ酸も豊富に含んでいます。同じく羊肉であるマトンとの違いは、羊の年齢。ラムと呼ばれるのは生後12か月未満の子羊で、生後1年以上になるとマトンと呼ばれます。ラム肉は肉質が柔らかく癖も少ないですが、それでもにおいが気になる場合はにんにくや香草と一緒に料理するのがおすすめですよ。 この記事では、「ラム肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ラム肉を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

羊の肉であるラム肉は、北海道のジンギスカンが有名ですね。比較的香りや味に特徴があり、好みが分かれやすい食材でもありますが、最近ではヘルシーであるという理由から女性からの人気が高くなってきました。ラム肉にはコレステロールを減らす作用がある不飽和脂肪酸が多く含まれています。また、ラム肉の脂肪分は体に吸収されにくい上に体の脂肪を燃焼させせるL-カルニチンが多く含まれています。また、ビタミンや鉄分もたっぷり入っているため体調がすぐれない方にもおすすめの食材です。ラム肉の体に良くおいしい煮るレシピで健康的な美しさを目指しましょう。 この記事では、「ラム肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ラム肉を使った人気レシピ【調理法:炊く編】おすすめ3選

鶏肉・豚肉・牛肉に比べるとラム肉はあまり食べる機会がありませんが、ラム肉を使った代表的な料理と言えばジンギスカンがあります。ラム肉には独特の臭みがあり苦手という方も多いですが、マトンよりも臭いは強くありません。ラム肉はハーブや香辛料を使うと臭みを和らげることができ、中東料理のケバブなどもたくさん香辛料を使っているためほとんど臭みを感じません。ラム肉は生後一年未満の羊肉のことを言い、生後一年以上のものはマトンと呼び、成長するごとに臭みが強くなるので羊肉を使う時はラム肉を使いましょう。 の記事では、「ラム肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炊く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ラム肉を使った人気レシピ【調理法:茹でる編】おすすめ10選

日本で人気のあるラム肉を使った料理と言えばジンギスカン。羊肉は普通のスーパーでは手に入りにくいため、ジンギスカンも外食で食べる方が多くなっています。ラム肉は独特の臭みがあるため苦手という方もいますが、香辛料やヨーグルトなどを使って臭みを和らげると食べやすくなります。骨付きのラムチョップは見栄えも良く、レストランで人気メニューになっているところもあります。ラム肉は生後一年未満の羊肉のことを言い、生後一年以上のものはマトンと呼びます。ラム肉はマトンよりも臭みが少ないので、羊肉を買う時はラム肉を選びましょう。ラム肉の脂質は体に吸収されにくく、不飽和脂肪酸を含み悪玉コレステロールを減らす効果があるので、ヘルシーなお肉を食べたい方におすすめです。 この記事では、「ラム肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ラム肉の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

ラム肉を使った人気レシピ【料理の種類:おかず編】おすすめ10選

ラム肉には体を温める性質があります。そのため血流がよくなり代謝があがる効果が期待できますよ。また、ラム肉の脂肪分は体に吸収されにくく、体の脂肪を燃焼させせる栄養素が多く含まれていることから最近は女性からの人気が高くなってきました。特にカルニチンはアミノ酸の一種で、ラム肉に多く含まれていると言われています。カルニチンは人の体内で生成されていますが、20歳をピークに生成が少なくなっていくと言われています。カルニチンを摂取することで脂肪の燃焼を促したり、筋肉中の疲労物質である乳酸を減少させる効果も期待できるためラム肉をとって疲れ知らずの体を手に入れましょう。 この記事では、「ラム肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ラム肉を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ編】おすすめ10選

「ラム肉」というとジンギスカンを思い浮かべる方も多いでしょう。ラム肉は生後1年未満の子羊の肉で、これを過ぎるとマトンと呼びます。羊肉は体を温め、代謝を促す栄養も豊富でダイエットにも最適な食材です。ラム肉はマトンに比べて肉質が柔らかくて風味も良くクセも少ないのでおすすめです。羊肉は脂肪燃焼を促進するL-カルニチンが食肉の中で一番多いのが特徴的です。糖質や脂質、タンパク質の代謝を助けるビタミンB群も豊富でエネルギーにスムーズに変えるので脂肪の蓄積を防ぎます。良質なタンパク質も摂取できるので運動も取り入れて筋肉をつければ更に代謝がアップ。サラダレシピを活用して一緒に野菜も取り入れ、食物繊維や足りないビタミンを補給して健康的にダイエットしましょう。 この記事では、「ラム肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ラム肉を使った人気レシピ【調理法:あえる編】おすすめ10選

鶏肉・豚肉・牛肉に比べると、あまり食べる機会のないラム肉。ラム肉を使った料理と言えばジンギスカンですが、ラム肉は独特の臭いがあって苦手という方も少なくありません。ラム肉の臭みはヨーグルトやハーブ、香辛料を使うことで和らぎ、中東の人気料理ケバブもたくさんの香辛料を使っているため臭みがありません。ラム肉の脂質は体に吸収されにくく、不飽和脂肪酸を含み悪玉コレステロールを減らす効果もあるので、ヘルシーなお肉を食べたい方におすすめです。その他にも亜鉛やビタミンB1、ビタミンB2などの体にいい栄養素が含まれているので、ラム肉をあまり料理に使わない方もぜひ使ってみてはどうでしょうか。 この記事では、「ラム肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ラム肉を使った人気レシピ【調理法:レンジ編】おすすめ1選

北海道では食べられているイメージが強いラム肉ですが、最近では健康を意識する女性からの人気も高まってきました。ラム肉は他の肉に比べると脂が少なくヘルシーで体調を整えてくれる成分が多く含まれていることから注目を集めている食品です。ラム肉に含まれるビタミンは、摂取した栄養素がスムーズにエネルギーに変換されるのを助けると共に脂肪の蓄積を防ぐことができるため、ラム肉はダイエットをしている人にもおすすめの肉です。そんな美容と健康に良いラム肉をおいしくレンジで簡単に調理してみませんか。料理する際は、調理する30分くらい前に冷蔵庫から出し常温にすると熱が均一にひろがります。 この記事では、「ラム肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ラム肉の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

ラム肉を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ編】おすすめ10選

ラム肉は仔羊の肉です。ダイエットの強い味方、Lカルニチンが含まれていることで注目を集めています。ただ痩せるだけではなく、美しく引き締まったボディラインを目指すなら、良質なタンパク質を豊富に含む肉類を程よく食べるのがおすすめです。肉類の中でも、比較的低カロリーで、Lカルニチンを含むラム肉は、ダイエット中の強い味方ですね。以前は珍しかったラム肉ですが、最近ではスーパーでよく見かけるようになりました。独特の風味がありますが、ちょっとしたひと手間をかけることで、くせになる味わいに変化しますよ。ラム肉を使って、健康的な美しさを手に入れましょう。 この記事では、「ラム肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ラム肉を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯編】おすすめ10選

ラム肉は仔羊の肉で、肉質がやわらかいのが特徴です。ラム肉を野菜と一緒に鉄板で焼くジンギスカンが有名ですね。独特の風味があり、くせになる味わいです。ラム肉には、コレステロールを減少させると言われている不飽和脂肪酸や、脂肪を燃焼させると言われているLカルニチンが含まれています。高タンパクで比較的カロリーが低く、ビタミンB群や鉄分を豊富に含むラム肉は、毎日の食卓に取り入れたい食材の1つです。また、ラム肉は体を温める性質があると言われています。体が冷えると免疫機能が低下したり、手や足先の冷えを感じて寝付きが悪くなったり、体の不調につながることも。体の中から温まるラム肉を使って、毎日を元気に過ごしたいですね。 この記事では、「ラム肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ラム肉を使った人気レシピ【料理の種類:パン編】おすすめ3選

ラム肉は必須アミノ酸が豊富に含まれ、非常に栄養価の高い食材です。特にラム肉の脂は不飽和脂肪酸で、血圧を下げ、悪玉コレステロールを減少する作用があることから、高血圧や動脈硬化、血栓予防に効果が期待できます。ラム肉の大きな特徴としては、L -カルニチンを豊富に含むことがあげられます。L -カルニチンは脂肪燃焼を促進させる効果があるため、ダイエット効果に期待でき、ラム肉は他のお肉よりもカロリーが低いので健康づくりに役立ちますよ。いつものお肉のように様々な料理に活用できるのでぜひ普段の料理にアレンジしてみてくださいね。 この記事では、「ラム肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ラム肉を使った人気レシピ【料理の種類:麺編】おすすめ10選

ジンギスカンなどで有名なラム肉は、生後12か月未満の子羊の肉です。日本での消費は牛豚鶏と比べるとやや少なめですが、国によっては文化的に重要な意味を持ち、世界的によく食べられている肉のひとつです。ラム肉には多くのLカルニチンが含まれており、その量は牛肉の約1.5倍。Lカルニチンは基礎代謝を上げて脂肪をエネルギーに変えてくれる他、血流を改善し内側から身体を温める作用も期待できます。20代をピークに不足しがちなため、食事を通して積極的に摂取したい成分です。ラム肉は癖が少なく柔らかくて食べやすいとも言われていますが、スパイスや香味野菜などと合わせると、風味が生かされて更に美味しくいただけますよ。 この記事では、「ラム肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ラム肉の【おやつ】【お弁当】レシピ特集

ラム肉を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ編】おすすめ3選

ラム肉と言えば、ジンギスカンを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?豚肉・牛肉・鶏肉に比べるとあまり食べられる機会がなく、スーパーなどでも販売しているところは少ないです。ラム肉は生後一年未満の羊肉のことを言い、生後一年以上のものはマトンと呼びます。ラム肉の臭みが苦手という方も多いですが、マトンよりも臭いは強くなくハーブや香辛料を使うと臭みを和らげることができます。ラム肉には牛肉よりも多くのたんぱく質が含まれており、亜鉛やビタミンB1、ビタミンB2などの栄養素が含まれています。ラム肉の脂質は体に吸収されにくく、不飽和脂肪酸を含み悪玉コレステロールを減らす効果もあるので、ダイエット中の方や健康に気を使う方はラム肉がおすすめですよ。 この記事では、「ラム肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ラム肉を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当編】おすすめ10選

ラム肉は脂肪燃焼効果が高く、さらに低カロリーということで、ダイエット中の人にはうれしい食材です。ジンギスカン以外では食べ方も迷ってしまいがちですが、普段の肉料理をラム肉に変えるだけでだいぶヘルシーになりますよ。においが気になる方はタレに漬け込んだり、スパイスをふりかけたりすればカバーできます。あらかじめたれに漬け込んでおいたり、調味料を合わせておくと、忙しい朝でも楽に調理でき、ラム肉を使ったお弁当のおかずもササッと作れますよ。 この記事では、「ラム肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

ラム肉をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社