キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

金柑をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

金柑は小さくてコロンとした見た目が可愛らしく、濃いきれいなオレンジ色が鮮やかです。生で食べると酸味が強いため、観賞用として植えられることも多くなっています。中国原産のかんきつ類ですが、みかんやオレンジのように生では食べにくいためそれほど消費量は多くありません。酸味が強いため甘露煮や砂糖漬けにされることが多く、小さくて果肉がほとんどないので皮ごと漬けます。咳やのどの痛みに効果があるとされ、のど飴と言えば金柑味を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて金柑のレシピを紹介しています。金柑を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

  • 昼ごはんにオススメの金柑を使った人気レシピ10選!食材を余すことなく使い切る!

    小さくコロンと丸い形が特徴の金柑。甘酸っぱく、皮ごと食べられる果物です。金橘(きんきつ)とも呼ばれる金柑は、ミカン科キンカン属に分類される果物で、中国が原産地とされています。国内では宮崎県、鹿児島県、熊本県などが主な産地で、1月から3月ごろまでが旬です。金柑の主な栄養素はビタミンCやヘスペリジンなど。ビタミンCは100gあたり49mgほど含まれていて、美肌効果や風邪予防の効果があるとされています。寒い季節に採れる果物なので、風邪をひきやすい人にぴったりの果物と言えます。ヘスペリジンは皮の部分に多く含まれていて、ビタミンPとも呼ばれる栄養成分です。アレルギー反応を抑制する働きがあるため、花粉症の人におすすめです。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメの金柑を使った人気レシピ10選!まずはここから

    ほろ苦さと甘酸っぱさが特徴の金柑。皮ごと食べられる金柑は栄養素を余すことなく取ることができ、栄養価が高い食材です。金柑にはビタミンCが豊富で、美肌や風邪予防に効果があります。また、ポリフェノールの一種であるヘスペリジンを多く含んでおり、ビタミンCの吸収をサポートします。骨や歯を丈夫にするカルシウム、整腸作用のある食物繊維なども豊富で、金柑は小さいながらも積極的に取りたい健康食材です。金柑といえば甘露煮のイメージが強いですが、ソースにしたりサラダに入れたり、さまざまなレシピがあります。ぜひ、さわやかな味わいの金柑を取り入れて、健康生活に役立ててみてください。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使ったおすすめ定番料理10選!頂き物もこうやって使いこなそう

    丸ごと食べられて甘酸っぱい、金柑。味わいはもちろんのこと、飾りとしても見栄えが良く、活躍してくれますよね。金柑はミカン科キンカン属の木になる果実です。原産地は中国とされています。皮ごと食べられるのが大きな特徴で、やわからな苦みとほのかな酸味のバランスはとても良く食べやすいです。そんな金柑ですが、ビタミンCが豊富に含まれています。風邪をひきにくくしてくれたり、美肌にも効果が期待できます。また、皮に含まれるヘスペリジンという成分は、毛細血管の強化、血中コレステロール値の改善も期待できるため、健康を維持するためにはとても有効な食材となります。ぜひ普段から摂ってみませんか。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの金柑を使った人気レシピ10選

    甘み、酸味、苦味を持ち合わせた金柑は皮ごと食べられる柑橘類です。ビタミンCがたっぷり含まれた金柑は風邪予防や美肌効果に有効です。他にも毛細血管の強化や血圧の上昇を抑えるビタミンPや、骨の形成には欠かせないカルシウム、抗酸化作用のあるビタミンEをバランスよく含むため美と健康を維持するのにぴったりです。おせち料理の定番の甘露煮は、光り輝く宝石のような見た目から「金冠」と当てて、黄金のような色から「暮らしが豊かになるように」という願いが込められています。柑橘系の爽やかな風味がおせち料理の口直しにもぴったりですよ。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、朝ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    甘み・酸味・ほのかな苦味が特徴の金柑は皮ごと食べられる柑橘類です。おせち料理にも使われる金柑は「金冠」と当てて、より暮らしが豊かになるようにという願いが込められています。甘露煮やジャムにして食べられることが多いですが、近年ではそのまま生で食べられる糖度の高い「完熟きんかん」も人気がありますよ。ビタミンCを豊富に含むので、風邪予防や肌荒れに効果的です。他にも、骨を丈夫に保つために欠かせないカルシウムや動脈硬化を予防するビタミンE、毛細血管を強化するビタミンPなども含まれ、どの年齢の方にも積極的に取り入れていただきたい食品です。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    金柑は一口サイズの丸い形が可愛い、オレンジが鮮やかな果物です。皮ごと調理して食べられることが特徴で、栄養を逃さず摂取できます。金柑にはのど、咳などの風邪の症状に効果があり、のど飴のフレーバーとしても馴染み深い食材です。生で食べると酸味が強いので、砂糖漬けや甘露煮にして食べられています。ジャムとしてパンに塗ったり、紅茶に入れたり、おやつとして食べられることも多いですよね。実は、金柑の爽やかな甘酸っぱさは肉とも相性がいいんですよ。肉の脂っこさも、金柑の柑橘系の風味でさっぱりと食べられます。がっつり系のおかずにも向いているので、金柑が余ってしまった時は晩御飯のおかずに作ってみてくださいね。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    金柑はピンポン球サイズのミカン科の果物です。金柑はオレンジ色の見た目が可愛く、低木なので盆栽にして鑑賞用としても人気があります。金柑は皮ごと食べられるので、白い薄皮に多く集まっているビタミンCなどの栄養素を逃さず摂取できます。金柑といえばのどに良いというイメージですよね。金柑の皮に含まれるヘスペリジンという成分は、咳止めの薬としても使われています。このヘスペリジンには他にも発ガン抑制作用や、血流を良くする効果などさまざまな体に良い効果があります。風の流行りだす冬が旬の金柑で、病気に負けない体を作りましょう。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    1月から3月に旬を迎える金柑。小さくかわいい金柑は、皮ごと食べられ、ほのかな苦味と甘酸っぱさが特徴です。金柑には、免疫力を高め、美肌にも効果があるビタミンCや、アンチエイジングに効果があるビタミンEが豊富です。整腸作用のある食物繊維も多く含まれ、便秘や下痢などの予防、改善にも役立ちます。骨や歯を丈夫にするカルシウム、血管を丈夫に保つ働きがあるヘスペリジンも多く含む金柑は、子供から大人まで積極的に取り入れたい食材です。ヘスペリジンには、抗アレルギー作用もあるため、花粉症予防にもおすすめです。金柑の種は、縦に何本が筋を入れ、竹串などを使って取り出すときれいに取れます。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ4選

    金柑は皮ごと食べられ、ほんのりした苦みと甘みがあります。柑橘属ではなく、金柑属に分類される果実です。金柑の栽培は「温室」「ハウス」「露地」の3つの栽培方式があり、一番おいしく、出回る量が増える旬の時期は1月中旬から3月上旬になります。金柑の皮に含まれるヘスペリジンは、血中コレステロール値を改善したり、抗アレルギー作用、発がん抑制作用などさまざまな効果があり、皮ごと食べられる金柑はこのヘスペリジンを効率的に摂取できます。また生活習慣病を予防するビタミンEや成長に不可欠なカルシウムなども多く含まれます。古くから咳止めやのどの痛みなどにも用いられているため、風邪の時には大変役立つ食材です。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ9選

    ころんとした丸い形の金柑。温室やハウス栽培のほか、露地物でも収穫され、1月から3月ごろに旬を迎える果物です。主な産地は宮城県で、全国の7割ほどのシェアを持っています。ほかにも、和歌山県や鹿児島県など、比較的温暖な地域で収穫されます。金柑は皮ごと食べられるのが特徴で、ビタミンを豊富に摂取できるのがポイント。ビタミンCはレモンと同じくらいの量が含まれていて、抗酸化作用による美肌効果が期待できます。皮の部分にはヘスペリジンという栄養素が含まれていて、ビタミンCの吸収を促し、毛細血管を強くする働きがあるとされています。血流を改善する効果もあるため、冷え性に悩む女性にもおすすめです。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    金柑と言えばのど飴を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。金柑は咳やのどの痛みに効果があるとされいるため、のど飴によく使用されます。生で食べると甘さ・酸味・苦みを感じ、果肉が少ないため生食よりも甘露煮や砂糖漬けにして食べることが多いです。中国原産のかんきつ類で1~3月が旬になり、小さな白い花を咲かせて観賞用にも使われます。金柑は栄養素が豊富でビタミンCが多く含まれ、免疫力を高めて風邪を予防して美肌効果も期待できます。その外にも歯と骨の形成にかかせないカルシウム、水溶性ビタミンのヘスぺリジン、抗酸化作用が高いビタミンEなどが含まれています。皮が薄いのでそのまま丸ごと食べられ、栄養素を余すことなく摂れるのがいいですね。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    丸い形が特徴の金柑(きんかん)。1月から3月くらいに収穫時期を迎えるため、寒い季節になるとスーパーなどでも見かける果物です。宮城県では全国の7割近くの生産量があり、「たまたま」「たまたまエクセレント」などのブランド品が有名です。金柑はみかんのような見た目ですが、皮ごと食べられます。金柑の皮にはビタミンCやカルシウムが豊富に含まれているため、美容や健康に良いとされています。ほかにも、ヘスペリジンという成分があり、血中コレステロール値を改善したり発ガンを抑制したりする働きも期待できます。風邪の予防にもなるため、寒い冬にはぴったりの果物と言えます。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    丸くて小さな果実を皮ごと食べる金柑。爽やかな甘みと酸味、ほろ苦さがあり、生で食べたり加熱調理したり、さまざまな楽しみ方があります。金柑は宮崎県や鹿児島県、熊本県など、九州地方で多く作られていて、露地栽培のものは1月から3月にかけて旬を迎えスーパなどの店頭で見かけますね。毛細血管を柔軟にしてくれるヘスペリジンや、心筋梗塞など生活習慣病の予防が期待できるビタミンE、風邪の予防に役立つビタミンCなど、金柑は小さな実の中に体にうれしい成分を含んでいます。そんな金柑は、日々の食卓に取り入れたい食材の一つです。金柑を食べて、健康的な暮らしを手に入れましょう。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    皮ごと食べられる金柑。柑橘類の中で最も小さく、甘酸っぱさとほろ苦い味わいが特徴です。金柑にはビタミンCやビタミンEが豊富で、美肌や風邪予防、がん予防に効果的な食材です。皮にはビタミンCの吸収をサポートするヘスペリジンという成分が多く含まれており、皮ごと食べられる金柑は、効率的に栄養を摂取できます。ヘスペリジンには、血流の改善やアレルギーの抑制、コレステロール値の改善などさまざまな効果があり、積極的に取りたい健康果実です。さわやかな風味がある金柑は、サラダや和え物などさまざまな料理に取り入れることで、いつもの料理にアクセントをつけられます。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    金柑は小さくて丸くころんとした形が特徴的な果物です。金柑は程よい甘さの中に酸味と苦みがあります。金柑は皮ごと食べることができる果物で、大変栄養価が高い食材です。風邪の予防効果や免疫力を高める効果があるビタミンCを豊富に含んでいます。金柑は生でそのまま食べることができ、デザートはもちろんサラダにも使われています。金柑の甘露煮やジャムが人気がありサイダーと割って飲んだりヨーグルトに乗せて食べる方法があります。野菜との相性も良くおつまみとしても活用することができる食材なのでおすすめです。爽やかな味わいで冬を代表する果物なので見つけたらぜひ料理に活用してみてください。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    金柑は冬が旬で、甘みや優しい苦みが特徴的な果物です。金柑は宮崎県のブランド「たまたま」、鹿児島県のブランド「いりき」「春姫」があります。金柑は皮ごと食べることができる果物なのでビタミンCを多く摂取することができ、風邪の予防効果があるので寒い時期に食べたい果物です。金柑の皮に含まれているヘスペリジンには血流の改善効果や血中コレステロールの改善効果などがあります。他にはのどの痛みなどを抑える効果があることからのど飴にも使用されています。金柑はデザートはもちろんサラダやあえ物などの料理に使われています。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    甘みと酸味が程よく合わさった金柑。料理のアクセントやデザートに使われることが多くあります。一般的に柑橘類として扱われていますが、実際は金柑属という独自の分類です。みかんなどとは違い、皮ごと食べられるため果肉のみの場合と、皮ごと食べる場合とでは味わいに違いがあるため、飽きずに楽しめるところが嬉しいですよね。そんな金柑ですが、たくさんのビタミンCが含まれています。また、ヘスペリジンという成分が含まれており、毛細血管の強化や血中コレステロール値の改善効果もみられる、健康を維持するためにぜひ摂りたい成分でもあります。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ8選

    甘み、酸味、苦味を持ち合わせた金柑。甘露煮としてお節料理に用いられる金柑は「金冠」と表され、暮らしが豊かになるようにという願いが込められています。皮ごと食べる金柑にはビタミンCを豊富に含むため風邪予防や美肌対策に効果的です。さらに皮には、毛細血管の強化や血圧の上昇を抑制するビタミンPや、骨粗鬆症予防のカルシウム、抗酸化作用によって動脈硬化予防に効果的なビタミンEなど栄養バランスの整った食材です。冷暗所で1週間、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存すれば2週間程日持ちします。定番の甘露煮やジャム、ソース、サラダなど様々な料理に取り入れてみてくださいね。近年では生のまま食べる糖度が高いものもありますよ。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    金柑は柑橘系の果物で、旬は1月~3月となり冬が最もおいしいとされています。皮ごとそのまま食べることができる果物なので、沢山のビタミンCを無駄にすることなく効率よく摂ることができます。ビタミンCには風邪予防の効果があるので特に寒い冬の時期には積極的に摂取したい食材です。金柑の皮に含まれているヘスペリジンという栄養素には血流改善効果や発がん抑制効果、抗アレルギー作用など健康維持に役立つ効果があるとされています。金柑はそのまま食べるのはもちろんスイーツ、ジャム、ソース、サラダ、炒め物などにも活用されています。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ5選

    鮮やかなオレンジ色で、ころんと小ぶりな形をした金柑。皮まで丸ごと食べることができ、苦み・酸味・甘みが掛け合わさった独特の風味があります。そのままはもちろん、甘露煮や蜂蜜漬けにしたり皮や汁を風味付けに使ったりと、様々な調理法で親しまれています。古くから喉の不調に効くとされ、事実として多くのビタミンCを含む他、生活習慣病を防ぐビタミンE・果物の中では随一の量のカルシウム・血管の健康維持や抗アレルギー効果が期待できるへスぺリジンなど、身体に嬉しい成分がたっぷり。可愛らしい見た目から観賞用として植えられることもあり、目も楽しませてくれる果物です。主な産地は九州で、1~3月頃に最もおいしくなります。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ2選

    金柑にはビタミンC・抗酸化作用が高いビタミンE・ポリフェノールの一種である水溶性ビタミンのヘスぺリジンが含まれています。風邪の予防や動脈硬化、高血圧にも有効なので特に冬場に積極的に摂りたい果物です。果肉がほとんどないため皮ごと食べることが多く、皮やわたに含まれる栄養素も一緒に摂取することができるのが特徴です。生で食べると酸味が強いため、砂糖漬けや甘露煮にすることが多いです。コロンとした見た目が可愛く、料理に使うと色合いもきれいでアクセントになります。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ1選

    小さくてコロンとした見た目が可愛らしい金柑。生で食べると酸味が強いため、みかんやオレンジほど消費量は多くありません。金柑は中国原産のかんきつ類で、1~3月が旬になります。観賞用として植えられることも多く、咳やのどの痛みに効果があるとされ金柑味ののど飴も人気があります。果肉は酸味が強いため、砂糖漬けや甘露煮にすることが多いです。果肉がほとんどないため皮ごと食べること多く、皮やわたに含まれる栄養素も一緒に摂取することができます。金柑はビタミンC・抗酸化作用が高いビタミンE・ポリフェノールの一種である水溶性ビタミンのヘスぺリジンが含まれています。体にいい栄養素を含んでいるので、あまり金柑を食べないという方も、おやつや料理に取り入れてみてはいかがでしょうか。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    冬になるとスーパーに出回る「金柑」。みなさん、実はあまり食べ方を知らないのではないでしょうか。「金柑」は江戸時代に中国から伝わった果物で、寒さに弱いためほとんどが西日本で生産されています。旬は冬。温室栽培のものは11月下旬、露地栽培のものは1月ごろに出荷されます。皮ごと食べられる果物で、食べる場所によって味が違うのが特徴です。皮には甘味があり、独特の風味があります。実には、酸味と甘みが混在し、皮と実の間の白い部分には苦みが。ですからまるごと食べると、甘み、酸味、苦みが同時に感じられます。そのままでも食べられる金柑ですが、レシピは豊富です。食べ方のわからない方も、ぜひ金柑をレパートリーに加えてみませんか。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    寒くなると風邪やインフルエンザの予防を意識しますが、ちょうど冬に旬を迎える金柑が予防に最適なんです。ビタミンCが豊富なことに加え、柑橘系の皮に多いβ-クリプトキサンチンを皮ごと摂取できるので、ビタミンCと同様、免疫を活性化して、体を強くしてくれます。ビタミンCは、粘膜を強くするので、風邪による喉の痛みを和らげる効果もあります。金柑の皮にはヘスペリジンも含まれ、毛細血管を強くして、血流が良くなるので、冷え性改善、免疫の向上にもつながります。そのまま食べるのが効果的ですが、金柑の苦味が苦手な方は、煮る方法で、金柑の甘露煮やジャムはいかがでしょう。煮ると苦味も和らぎ、食べやすくなります。ぜひ、煮るレシピを参考に、細菌や寒さに負けない体を作りましょう。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社