キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

金柑をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

金柑は小さくてコロンとした見た目が可愛らしく、濃いきれいなオレンジ色が鮮やかです。生で食べると酸味が強いため、観賞用として植えられることも多くなっています。中国原産のかんきつ類ですが、みかんやオレンジのように生では食べにくいためそれほど消費量は多くありません。酸味が強いため甘露煮や砂糖漬けにされることが多く、小さくて果肉がほとんどないので皮ごと漬けます。咳やのどの痛みに効果があるとされ、のど飴と言えば金柑味を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて金柑のレシピを紹介しています。金柑を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

金柑の栄養素

金柑は小さいながらも栄養素が豊富で、ビタミンCが多く含まれています。ビタミンCはメラニンの生成を抑えシミやそばかすの予防に効果があるとされています。その他の効用では免疫力を高め風邪の予防します。金柑の苦み成分のヘスぺリジンは水溶性ビタミンで、ビタミンCを酸化から守る働きがあります。毛細血管の強化や抗アレルギー作用などの働きがあります。その他にも抗酸化作用が高いビタミンE、粘膜を強くする効用のあるビタミンAなどが含まれています。

金柑の旬

金柑の旬は露地栽培のものは1月~3月にかけて収穫され、温室栽培のものは11月末頃から収穫が始まります。沢山出回る旬の最盛期は1月中旬~3月上旬までで、この頃の金柑は味もおいしく良品になっています。金柑は温室栽培・ハウス栽培・露地栽培の3つの方法で栽培されています。7月~9月にかけて白くて可愛らしい花を咲かせ、観賞用にもおすすめです。

金柑の産地

! /image/〇〇
金柑の生産量は宮崎県がダントツトップで、全国の約7割を占めています。次いで鹿児島県、熊本県、佐賀県などで多く生産され、九州の暖かい地域での栽培が盛んになっています。宮崎県産のブランド「たまたま」は温室栽培で、糖度が16度以上になっています。鹿児島県認定のブランドでは「春姫」と「いりき」があり、どちらも糖度が16度以上で温室栽培で育てられています。

金柑の選び方

金柑はヘタが緑色のものが新鮮で、茶色っぽく変色しているものは収穫されてから時間が経っていて鮮度に欠けます。粒が大きくて丸みがあるものほど甘みがあるため、大きくきれいな丸いものを選びましょう。表面に傷や穴がなく、ツヤとハリがあってみずみずしいものを選びます。形が良くても中身がスカスカの場合があるので、手に持って重みがあるものが果肉が詰まっていておすすめです。

金柑の保存方法

金柑は常温保存ができ、冬場の暖房のない部屋で直射日光の当たらない冷暗所に保存します。冷蔵庫に入れる場合は、新聞紙に包んで乾燥を防ぎビニール袋に入れて保存します。常温保存では一週間、冷蔵保存では二週間ほど保存できます。冷凍保存も可能で、丸ごとのまま水で濡らして金属製のバットにならべて急速冷凍します。フリーザーバッグに入れて空気を抜いて冷凍し、解凍後はべちゃっとしてしまうのでジャムや甘露煮に使用しましょう。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

金柑の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

金柑の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

金柑の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

金柑の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

金柑の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

金柑をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社