キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

こんにゃくをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

カロリーに低い食材の代表格の1つがこんにゃくです。こんにゃくのカロリーは300gで約21kcalと、とても低くなっているためダイエットで人気の食材です。こんにゃくは味や臭いにクセがなくため食べやすく、醤油や味噌といった和食の調味料とよく合います。こんにゃくの産地で有名なのが群馬県で、全体の約9割近くを占めています。冬はおでんの具として人気で、お節料理にも使われます。低カロリーでヘルシーなため、欧米でも注目されている食材です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてこんにゃくのレシピを紹介しています。【こんにゃく】を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

こんにゃくの歴史

こんにゃくの原材料であるこんにゃく芋が日本に伝わったのは、縄文時代と言われています。こんにゃく芋を灰汁で煮て食べた記録が中国の唐の時代にあり、こんにゃく自体は仏教の伝来とともに日本に伝わったと推測されます。貴族や僧侶の間で薬として使われていましたが、鎌倉時代以降には食品として食べられるようになりました。室町時代に精進料理に使われるようになり、江戸時代には一般的に食べられるようになりました。



こんにゃくの原料

こんにゃくの原料はこんにゃく芋で、こんにゃく芋はサトイモ科に属します。原産地はインドかインドシナ半島と言われ、地下茎の野菜になります。茎は高さ1mほどになり、黒っぽい紫の花を咲かせます。こんにゃく芋はアクが強いため、生食はできずふかしたり茹でたりするだけではアクが残ってしまいます。こんにゃくにはシュウ酸カルシウムが含まれ、生で食べると針状の結晶が刺さって口内や喉を傷つけるため生では絶対に食べられません。


こんにゃくの製造方法

! /image/〇〇
こんにゃくも家で作ることができます。こんにゃく芋の芽の部分を取り除き、切って茹でて皮を剥きます。ミキサーに芋と茹で汁を入れて撹拌して鍋に入れて、よく練ってほどよい堅さにします。炭酸ナトリウムをぬるま湯で溶いて混ぜ、バットに流し入れてこんにゃく芋を平らにして何回か落として空気を抜き、こんにゃくが固まったら切って茹でたらできあがり。


こんにゃくの賞味期限の目安

一般的にこんにゃくの賞味期限は1~3ヶ月になっています。市販のこんにゃくは高温で殺菌処理され、衛生的にパックされているのでかなり賞味期限が過ぎても食べても大丈夫と言われています。こんにゃくが入っている水はアルカリ水で殺菌作用があるため、長く保存できます。いくら賞味期限が長いと言っても、やはり記載されている賞味期限内に使い切るのがおすすめです。開封後は数日以内に使ってしまうようにしましょう。


こんにゃくの保存方法

開封した後のこんにゃくは、袋に入っていた水を捨てずに蓋つきの容器に入れてその中にこんにゃくを入れて蓋をして保存します。こんにゃくの袋に入っている水はアルカリ水で、こんにゃくを長持ちさせるので捨てずにとっておきましょう。袋の水を捨ててしまったら、水道水でも大丈夫です。 こんにゃくは冷凍すると、水分が抜けてこんにゃくのぷりっとした食感がなくなるのであまりおすすめできませんが、冷凍保存することは可能です。数分茹でてあく抜きし、保存袋に入れて冷凍庫で保存します。



厳選おすすめレシピのまとめ一覧

こんにゃくの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

こんにゃくを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

ダイエット用の食材としても人気のこんにゃく。こんにゃくは低カロリーで脂質や糖質がほとんどなく、食物繊維が豊富なので胃腸にやさしく便秘解消にも役立ちます。そのためダイエット中に、こんにゃくを使ってかさ増しするレシピが人気になっています。ダイエット中でなくてもこんにゃくはかさ増しするのに使いやすい食材で、しかもお財布にもやさしいのがうれしいですよね。歯ごたえがありクセのない味わいが特徴で、主に和食によく使われ冬にはおでんの主役として登場します。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

こんにゃくを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

「こんにゃく」はこんにゃくいもから作られる食物で、カロリーが低い食品の代表格になっています。表面はつるっとしていて触るとぷにっとして、味や臭いにくせがなく独特の食感があります。欧米でも和食ブームやベジタリアンの間で注目されるようになってきています。コンニャクは300gのカロリーが約21kcalととても低く、ダイエット中にかさ増しする食材としても人気があります。こんにゃくが日本に伝わったのは諸説がありますが、鎌倉時代までに食品として精進料理に使われるようになりました。主に和食に使われ、醤油や味噌など和食の調味料とよく合います。冬はおでんの具としても定番の人気食材になっています。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

! /topic/

こんにゃくを使った人気レシピ【調理法:揚げる】おすすめ10選

おでんの具としてよく食べられるこんにゃくは、低カロリーで食物繊維を豊富に含んでいるので、ダイエット食材として人気です。整腸作用や便秘解消に効果的であるため、肥満防止やメタボリックシンドロームに役立ちます。また、プリプリした弾力性のあるかみごたえが特徴であるため、よく噛むことで満腹中枢を刺激し、食べすぎを抑制してくれます。料理にこんにゃくをプラスしたり、具材をこんにゃくに置き換えたりするだけで、カロリーそのままでかさ増しできたり、カロリーダウンになるので、ダイエット中の人はうまく食生活に利用したいですね。こんにゃくは揚げてもおいしく食べられるので、ダイエット中の揚げ物レシピとしておすすめです。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。


こんにゃくの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

こんにゃくを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

こんにゃくは低カロリーでダイエットをしている方にもおすすめです。また、価格も安く手軽に手に入る家計に優しい食材です。縮んで硬くなっているものは鮮度が落ちていますので注意してください。こんにゃくは食物繊維、カルシウム、グルコマンナンが豊富に含まれいますので便秘解消効果やコレステロールを下げる効果があります。冷凍保存をすると食感が変わってしまいますので不向きとされています。炒め物や煮物に使われているこんにゃくですが蒸す料理にも使われていますので紹介します。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「蒸す」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

こんにゃくを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

こんにゃくは低カロリーの食材ですのでダイエット中の方におすすめです。こんにゃくに含まれているグルコマンナンには食物繊維が豊富に含まれています。体内の老廃物を吸収したり体外に排出する働きがあります。また腸内環境をよくする働きがあるので便秘の方は積極的に取り入れたい食材です。他には血糖値を下げる働きや糖尿病予防の効果があります。こんにゃくにはアクがありますので下ゆでをしてから料理に使います。炒め物、煮物などに最適です。味が染み込みにくい食材ですので調理の際は手でちぎったり、隠し包丁を入れるなどすると良いです。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

! /topic/

こんにゃくを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

ぷるぷるとした舌触りと歯ごたえのある食感が特徴のこんにゃく。食べ応えはあるのにヘルシーなため、ダイエット中の方にもおススメできる食材です。こんにゃくは、コンニャク芋から作られる食材で、芋そのままの状態ではアクが強いため基本的に食べられません。そんなこんにゃくですが、97パーセントが水分となります。主成分としてはグルコマンナンが含まれいて、これは人間の消化酵素では分解できない食物繊維であり、お腹の中を綺麗に掃除してくれる効果があります。そして、血糖値上昇を抑えてくれる働きやコレステロールを下げる効果もあるので、健康を意識する人にとっても万能な食材です。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。


こんにゃくの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

こんにゃくを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

ヘルシーで低カロシーなこんにゃくは、こんにゃく芋が原料の食品です。こんにゃくの色は、大きく分けると白色と黒色に分けられます。2種類のこんにゃくを作る工程は一緒ですが、黒色のこんにゃくには海藻粉末が入っています。こんにゃく精粉のみで作ると白色のこんにゃくが出来上がります。こんにゃくに含まれる栄養は、ほとんどが水分で低カロリーですが、グルコマンナンという食物繊維を含んでいるのが特徴です。こんにゃくの保存は、未開封なら高温多湿を避け涼しいところでの保管が望ましいです。開封後は、水を入れた容器にこんにゃくを入れラップをかぶせ表面が乾燥しないようにして、冷蔵庫内で保存しましょう。この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

こんにゃくを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

低カロリーでダイエットには欠かせない食品であるこんにゃく。プリプリした食感でかみごたえがあるため、よく噛んで食べると満腹中枢が刺激されて、食べすぎを防ぐことができます。また、よく噛むことで唾液の分泌が促され、歯をきれいにするはたらきもあります。腸で腸壁を刺激するので、腸の運動を活発にし、整腸作用があるので便秘にも効果的です。こんにゃくは味がしみやすいので、煮物などの料理によく使われますが、サラダにしてもおいしく食べられますよ。板こんにゃくだけでなく、糸こんにゃくやこんにゃく素麺など、形の違うこんにゃくをうまく利用すれば、バラエティ豊かなレシピが楽しめます。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

こんにゃくを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

こんにゃくいもを原料として作られるこんにゃく。プルプルとした食感で食物繊維が多く、低カロリーであるため、ダイエット中の献立に重宝する食材です。形によって、板状の板こんにゃく、丸い玉こんにゃく、細長くところてんのように押し出したつきこんにゃく、さらに細い糸のような糸こんにゃくというように、バリエーション豊かなこんにゃくが存在します。最近ではそのまま食べられる刺身こんにゃくもスーパーで見かけますね。味付けを変えれば飽きずに食べられて、茹でる、炒める、煮る、さまざまな調理方法で楽しめるこんにゃくを毎日の食卓に取り入れて、健康的な美しさを手に入れましょう。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

こんにゃくを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

低カロリーで、ダイエット食材として人気のあるこんにゃく。弾力があって、かみごたえがあることから満腹中枢を刺激し、食べすぎを防ぐ効果もありますね。最近では最初からあく抜き加工されて売っているこんにゃくも多いので、とても便利になりました。それでもにおいや、あくが気になるときはさっと下茹でしてから調理してくださいね。こんにゃくは味がしみやすいので、煮物に多く使われますが、鍋で長時間煮込まなくてもレンジ用調理器具や耐熱容器に入れてレンジで加熱すれば、簡単に煮物ができあがります。また、煮物だけでなく、炒め物や焼き物などもレンジでお手軽に作ることができるので、ぜひ参考にしてください。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。


こんにゃくの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

こんにゃくを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

安くて、年中手に入るこんにゃく。こんにゃくの主成分は、食物繊維で「こんにゃくマンナン」と呼ばれます。こんにゃくマンナンは、人間の栄養にはなりませんが人間の腸の中にある善玉菌の栄養になります。そのため、こんにゃくを食べると腸の動きが活発になり、便秘にも大変効果的です。また、こんにゃくは100gあたり5~7kcalと超低カロリーなので、ダイエット中の人には強い味方です。弾力性もあるため、ほど良くかむことで満腹感を与えてくれますよ。食べすぎを防ぐ効果もあります。おでん、田楽などさまざまな食べ方がありますが、濃い味付けにすればおつまみとしてお酒のお供にもなりますよ。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

こんにゃくを使った人気レシピ【調理法:ご飯】おすすめ10選

こんにゃくは食感に特徴があり、低価格で購入することができるため家計に優しい食材です。開封をしていないのであれば袋のまま冷暗所にて常温保存が可能です。開封後は冷蔵室で保管し、使いかけの場合は保存容器にこんにゃくと水を入れて保存します。こんにゃくの袋の中の液体は石灰水が使われていて殺菌効果があります。水よりも石灰水の方が長持ちするので開封は調理をする直前にします。こんにゃくは食物繊維が豊富な食材なので女性に嬉しい便秘解消効果があります。煮物や炒め物などに使うことができるこんにゃくはご飯のおかずにも良く合う食材なので取り入れてみてください。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

こんにゃくを使った人気レシピ【調理法:パン】おすすめ10選

こんにゃく芋で作られているこんにゃく。こんにゃく芋はサトイモ科で里芋の仲間です。こんにゃくは昔から「胃腸のほうき」などと言われているのですが、それはこんにゃくマンナンと言われる、胃腸で消化されない食物繊維が豊富に含まれていて、腸内のバランスを整えてくれるのです。またカルシウムも多く含まれています。そしてこんにゃくは、カロリーがとても低く100gあたりで5キロカロリーから7キロカロリーです。こんにゃくにはブドウ糖が含まれていないため、血糖値の急激な上昇を抑えるので、肥満予防にもなります。こんにゃくは弾力性のある食材なので、しっかり噛んで食べることで、満腹感が得られて、ダイエットにも効果的な食材です。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

こんにゃくを使った人気レシピ【調理法:麺】おすすめ10選

カロリーの低い食品の代表格と言えばこんにゃくです。こんにゃくは味や臭いにクセがないため食べやすく、独特の食感が料理を引き立てます。こんにゃくはこんにゃく芋から作られる食品で、こんにゃく300gのカロリーが約21kcalと低いためダイエットにも適した食材です。こんにゃくの生産量の第1位が群馬県で、こんにゃく米やこんにゃくラーメンなど、こんにゃくを使ったヘルシー食品も作られています。こんにゃくは醤油やみりんなどの和食の調味料とよく合いますが、それ以外にもこんにゃくゼリーなどのお菓子も発売されていて、身近な食品として食べられています。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。


こんにゃくの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

こんにゃくを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

弾力があり、ぷりぷりとした歯ごたえが特徴のこんにゃく。こんにゃくは約97%が水分でできています。含まれている栄養は少ないのですが、低カロリーな食材で100g食べても7キロカロリーです。こんにゃくは、こんにゃくいもに含まれているコンニャクマナンという水溶性の食物繊維を凝固して作られています。食物繊維は体内で消化されないため、動脈硬化の原因となるコレステロールを吸着し一緒に排出する作用があります。コンニャクマナンは体内の水分を吸って膨らむので、腸内環境を整える働きがあります。満腹感も得られるため、ダイエットにも最適な食材です。こんにゃくは下茹でをすると臭みが抜け、味が染みやすくなります。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

こんにゃくを使った人気レシピ【調理法:お弁当】おすすめ10選

味にクセがないこんにゃくは、さまざまな味つけができる食材です。低価格で年中手に入るため、食費を押さえたいときにもぴったり。カロリーも低いため、ダイエット中の人にもおすすめです。そんなこんにゃくを使ったレシピはいろいろありますが、炒め物や煮物が一般的です。冷めてもおいしいため、お弁当のおかずに入れてみるのも良いでしょう。お弁当に入れる場合は、味付けを濃いめにしておくと傷みを防げるほか、少量でもご飯が進むおかずになります。また、こんにゃくは弾力があるため、たくさんかんで満腹感がアップする効果もあります。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

こんにゃくを使った人気レシピ【料理の種類:離乳食】おすすめ10選

弾力がある食感が特徴的で家計にも優しい「こんにゃく」。年齢問わず大変人気がある食材ですね。カロリーが低いためダイエットにも最適な食材であり、こんにゃくでできたこんにゃく麺は女性に人気です。こんにゃくにはグルコマンナンという食物繊維が豊富に含まれていて便秘に悩んでいる方にもおすすめですよ。また、カルシウムを多く含んでいるため骨を丈夫にする効果があります。他にはコレステロールや血糖値を下げる効果が期待されているので積極的に摂取したい食材です。子供から大人まで人気があるこんにゃくは離乳食にも活用することができるのでおすすめです。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

こんにゃくをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社