キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

こごみをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

こごみは野や山に自生する山菜で、正式な名称をクサソテツと言います。イワデンダ科の多年シダで、シダの仲間になります。こごみは多少アクがあるため、食べる前に下処理するのがおすすめです。取ったばかりの新鮮なものであれば、ワラビのようなえぐみやアクがないため食べやすいです。主に和え物やおひたし、サラダに使われますが、油とも相性がよく天ぷらや唐揚げなどにするのも人気があります。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてこごみのレシピを紹介しています。こごみを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • 夜ごはんにオススメのこごみを使った人気レシピ10選!食材を賢く料理!

    渦巻き状の新芽が特徴のこごみ。春の訪れを感じさてくれる山菜の一つです。こごみには風邪予防や疲労回復、美肌に効果があるビタミンC、造血作用のある葉酸、整腸作用がある食物繊維、骨や歯を丈夫にするカルシウムが豊富です。また、カルシウムの吸収をサポートする働きがあるビタミンKも含まれており、効率よく栄養を摂取できます。こごみはあくがなく下茹では不要ですが、さっと茹でて冷水にさらし、色止めをすると、鮮やかな緑色になるのでおすすめです。こごみはおひたしや和え物、天ぷらや炒め物などさまざまな料理で楽しめます。ぜひ、食卓にこごみ料理を並べて、春の味覚を楽しんでみてください。 この記事では、「こごみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こごみを使ったおすすめ定番料理10選!山菜採りをしたならこれ!

    こごみは3月~5月が旬の山菜で、イワデンダ科の多年シダになります。日本各地の野山に自生し、春の山菜取りでも人気を集めています。見た目はわらびに似ていますがわらびほどアクが強くないため食べやすく、茹でてすぐ食べられるのが特徴です。わらびが苦手な方でも、こごみは匂いや味にクセがないのでおすすめです。天ぷらにするのが人気ですが、その他にも和え物や炒め物にもよく使われます。こごみは山菜の中でも栄養価が高く、抗酸化作用のあるβカロテン、便秘を解消する不溶性食物繊維、カルシウムを骨に定着させる働きがあるビタミンKなどを含んでいます。料理に使うだけで春らしい食卓にしてくれて、春の味覚を楽しみたい時にもおすすめです。 この記事では、「こごみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのこごみを使った人気レシピ10選

    こごみとは、クサソテツとも呼ばれる山菜で、イワデンダ科クサソテツ属に分類されます。原産地はアジア東部や北米、ヨーロッパと言われていて、日本では全国各地の山などに自生しています。こごみの主な栄養素は、βカロテンやカルシウム、食物繊維など。βカロテンは強い抗酸化作用があるため、活性酸素を抑えて老化防止に効果があるとされています。体内でビタミンAに変化し、皮膚や粘膜を健康に保つ働きもあるため、美肌を保ちたい人にもおすすめの山菜と言えます。骨や歯を丈夫にするカルシウムのほか、カルシウムを骨に定着させるビタミンKという成分も含まれていて、骨粗しょう症の予防に効果的です。 この記事では、「こごみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんでおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのこごみを使った人気レシピ10選

    渦巻き状の新芽で、春を感じる山菜の一つ、こごみ。こごみには、整腸作用のある食物繊維や、カルシウムの吸収をサポートするビタミンKが豊富です。抗酸化作用があり、心筋梗塞や動脈硬化などの生活習慣病の予防に役立つβカロテンや美肌効果のあるビタミンCなども含まれています。こごみはさっと茹でて冷水にさらして色止めをすると、鮮やかな緑色に仕上がります。味にクセがなく、シンプルな味わいのこごみは、おひたしや和え物、天ぷらやみそ汁、パスタなど、さまざまな料理で楽しめます。ぜひ、いつもの食材こごみをプラスして、春の訪れを感じてみてはいかがですか。 この記事では、「こごみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こごみを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ7選

    くるっときれいに巻いた見た目が印象的なこごみは、正式な名称をクサソテツと言います。イワデンダ科の多年シダで日本各地の野山に自生し、山菜取りでも人気になっています。本州では4~5月にかけてが旬になっていますが、最近では栽培物も流通するようになりました。こごみは保存期間が長くないので、手に入ったらできるだけ早く食べきることをおすすめします。食べきれない場合は冷凍保存も可能で、わらびやふきなどの他の山菜に比べるとほとんどアクがないため新鮮な物なら生食も可能です。お浸し・和え物・サラダ・揚げ物にするとおいしく食べられ、醤油や酒などの和食の調味料とよく合います。こごみは不溶性食物繊維が豊富で、腸の動きを活発にさせる働きがあり便秘に悩んでいる方におすすめの食材です。 この記事では、「こごみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こごみを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    春から初夏にかけて旬を迎えるこごみ。頭の部分がくるっと渦を巻いた姿が印象的な山菜です。こごみには、ビタミンCや食物繊維、カルシウムなどが豊富です。こごみはあくがないので、新鮮なものなら、生のままでも食べられるのが特徴です。味にもくせがないため、さまざまな料理で楽しめます。こごみを保存するときは、洗わずに新聞紙などでくるみ、通気口を開けた保存袋などに入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。塩茹でして、冷水にさらし、色止めをして水気を切り、冷凍庫で保存するのもおすすめです。自然解凍後、おひたしや和え物など、そのまま使えて便利です。 この記事では、「こごみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こごみを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    こごみは天ぷらや和え物に調理して食べられている、春が旬の山菜です。こごみはさっと塩ゆでするだけで食べられるので、下処理も簡単で嬉しいですよね。新鮮なうちなら下ゆでなしで炒めても美味しく食べられますよ。日持ちしないため、収穫後はすぐ調理して食べてくださいね。こごみには食物繊維や葉酸など体に嬉しい栄養素がたっぷり詰まっています。えぐみも少なく、食べやすいのでぜひ積極的に食べてくださいね。こごみは先端がくるくると渦を巻いた見た目が特徴的ですよね。彩りや見た目の可愛さを生かして調理すれば、パーティー料理にも映えますよ。 この記事では、「こごみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こごみを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    正式名称で「クサソテツ」と呼ばれるこごみは、春から初夏に渦巻き状の新芽が出てくる山菜のひとつです。こごみは水はけがよく、且つ湿気がある場所を好みます。比較的日が当たる場所を好むため森の中ではなく、河川敷や草原などに多く見られます。山菜の中ではアクが少なく、味も強いくせなどがないため比較的食べやすく、優しい歯ざわりが特徴です。独特の香りがありますが茹でたら感じにくくなりますよ。採ってきたこごみは水洗いをしてゴミを取り除き、沸騰した湯に塩を加えて1〜2分程茹でて氷水にとりましょう。天ぷらや和え物、パスタ、炊き込みご飯など様々な料理にアレンジできますよ。 この記事では、「こごみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こごみを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    春に旬を迎えるこごみ。全国各地の山などに自生している山菜です。こごみはカロリー低く、腹持ちが良いのが特徴です。食物繊維が豊富で、腸内環境の改善に効果があります。こごみには、抗酸化作用のあるβカロテンは多く含まれ、アンチエイジングやがん予防にも役立ちます。骨や歯を健康に保つカルシウムやビタミンKも豊富で、子供から大人まで積極的に取りたい健康食材です。こごみは、あくが少なく、新鮮なものなら生のまま食べることもできます。くせも少なく食べやすい味わいのこごみは、天ぷら料理が定番ともいえますが、炒めたり和えたり、和食だけでなく洋食でもおいしく食べられます。 この記事では、「こごみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こごみを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    こごみはお浸し、サラダ、和え物によく使われる山菜の一つです。とろっとしたぬめりがあることが特徴で、他の食材や調味料とも絡みやすいですよ。こごみはアクも少ないため、下処理も簡単です。採ってきてすぐであれば、生でも美味しく食べられますよ。ゆでる時は水に対して2%の塩を加えてゆでるのがオススメです。2分ほどで湯から上げ、すぐ冷水にとって色止めをすると緑が鮮やかに残りますよ。こごみは先端の若葉が渦を巻いて丸くなって「かがんで」いるように見える事からこごみと呼ばれるようになりました。美味しいこごみを見分けるポイントは先端がしっかり丸まっていて、茎が太いものを選んでくださいね。こごみをおいしく調理して、山の恵みを味わいましょう。この記事では、「こごみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こごみを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    こごみは3月~5月が旬の山菜の1つで、正式な名称をクサソテツと言います。水はけのよい湿気がある場所を好んで野山に自生し、山菜取りでも人気になっています。見た目がわらびに似ていますが、わらびのようなアクがほとんどなく食べやすいのが特徴です。おひたし・和え物・天ぷら・唐揚げなどに使われ、こごみを使うだけで春らしい旬の料理が仕上がります。こごみは栄養素が豊富な山菜として知られ、特に不溶性食物繊維が豊富で腸の動きを活発にさせる働きがあり便秘に効果があります。その他にも抗酸化作用があり心筋梗塞などの生活習慣病を予防するβカロテン、カルシウムを骨に定着させる働きがあるビタミンK、強い抗酸化作用があるビタミンEなどが含まれています。 この記事では、「こごみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こごみを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ5選

    独特な形と風味のあるこごみ。季節の山菜で、てんぷらや炒め物、おひたしなど、様々な料理のアクセントとして使用されることの多い野菜です。新芽を食用とし、葉先はくるっと丸まっているのが特徴的でもあります。全国各地の野や山に自生していますが、最近ではスーパーでも多くみられるようになりました。主な旬は3月ころからで、5~6月には最も良く採れ、流通します。そんなこごみですが、選ぶ際には茎が太く、トップがしっかり葉が巻かれているものが良品となります。また、茎の部分が白く粉をふいたようになっているものは新鮮な証なので、その点にも注目してみてくださいね。 この記事では、「こごみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こごみを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    春から初夏にかけて収穫時期を迎えるこごみは、正式には「クサソテツ」といいます。全国各地の野や山に自生し、旬を迎えるとスーパーなどにも並びます。ワラビやゼンマイのようなアクはほとんどなく、優しい歯触りと少し滑りがあることが特徴です。こごみを調理する前に、サッと塩茹でして氷水に落とすことで鮮やかな黄緑色に仕上がる他に、山菜特有の香りを抑えることができますよ。味にクセも少ないため、天ぷら、お浸し、和え物、炒め物、パスタなど様々な料理にアレンジ可能です。お好みの料理に試して、春の訪れを感じてくださいね。 この記事では、「こごみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こごみを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ3選

    こごみはなじみの薄い食材ですが、春の訪れを知らせる山菜の一つです。こごみの正式な名称は「クサソテツ」で、春から初夏にかけて生える新芽を食用とします。うずまき状の芽が特徴です。旬は4月から5月ですが、地域によっては3月から採れたり、6月まで採れたりするため、長い期間楽しめるんですよ。こごみに含まれる食物繊維の90%が不溶性なので、胃や腸で膨らみ、便秘改善を促進する効果があります。また豊富に含まれるカリウムはむくみを改善してくれます。胎児の成長を促す葉酸や貧血予防の鉄分も多く含まれるので、妊娠中の女性におすすめです。山菜のわりにはあくやえぐみが少ないので、下処理はさっとゆでるだけでOKです。 この記事では、「こごみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こごみを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    こごみは山菜のひとつで地方ではこごめとも呼ばれています。収穫できる時期は春から初夏となり、優しい歯触りが特徴です。こごみは白く粉がふいているものは新鮮で葉の巻きがしっかりとしたもの、茎が太いものを選びます。こごみは食物繊維が含まれているので整腸作用があります。他にビタミンC、ビタミンKなどの栄養素を豊富に含んでいるので積極的に摂取したい食材です。こごみは比較的日持ちがあまりしないのでなるべく新鮮なうちに食べます。こごみ自体味に強い主張がないので様々な食材との相性が良い食材で、天ぷらやあえ物、おひたしなど幅広い料理に使われています。 この記事では、「こごみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こごみを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    こごみはイワデンダ科の多年シダで、正式な名称をクサソテツと言います。野や山に自生する山菜で、水はけのよい湿気がある場所を好みます。旬は地域によって多少差がありますが、3~5月になります。見た目はわらびに似ていますがわらびはアクが強いのに対して、こごみはアクが無いので茹でてすぐ食べられるのが特徴です。匂いや味にクセがないため食べやすく、和え物・お浸し・サラダによく使われますが、油と相性がよく天ぷらやから揚げ物にするとおいしいです。こごみを保存する時は洗わずに新聞紙やキッチンペーパーにくるんで、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室に保管しましょう。冷凍保存もでき、茹でて冷水でしめて水気を切り保存袋に入れて冷凍庫で保存すると長持ちします。 この記事では、「こごみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こごみを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ6選

    春から初夏に旬を迎えるこごみは、灰汁が少なく調理しやすいため様々な料理に使われます。食用として食べる部分は新芽の部分であり、代表的な料理には天ぷら。その他には、お浸しや和え物の材料としても使われます。選び方のポイントは、茎が太く葉がしっかりと巻かれているものを選んでください。こごみは余り日持ちがしないため、洗わずに紙に包んだ状態で冷蔵保存しましょう。冷凍保存する場合は塩茹でしてから冷水に取り、水気を切った状態で密閉袋などに入れて冷凍します。こごみには不溶性食物繊維が豊富に含まれており、老廃物を吸着して体の外に出してくれるため、腸内環境を整える作用もありますよ。 この記事では、「こごみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こごみを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    こごみの正式名称はクサソテツと言い、シダ植物の多年草です。美しい緑色をしていて、春から初夏にかけて渦巻き状の新芽がでるのが特徴の野菜です。こごみは味に癖がなく、アクも少ないのですが、栄養価も高いのが魅力です。そんなこごみは活性酸素を抑えて動脈硬化や心筋梗塞などの制圧習慣病も予防や、免疫力も高める働きがあります。また、不溶性植物繊維が豊富に含まれているので整腸作用も期待でき、薬やサプリに頼らなくても健康管理をできるところがうれしいですよね。こごみを選ぶ際には芯が太くて先がしっかりと葉が巻いているものが良品と言われているため、ぜひこのポイントに注目してみてくださいね。 この記事では、「こごみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こごみを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    こごみの旬は3月~6月で、クセがなく優しい歯触りが特徴です。こごみは食物繊維が豊富に含まれているので腸の働きを活発にさせて有害な物質を吸着し便と一緒に排出する働きがあります。また皮膚や粘膜を健康に保ち免疫力を高める働きもあり、他にカルシウムやビタミンも豊富に含まれています。新鮮なこごみは茎の部分が白く粉がふいたようになっています。上の方の葉がしっかりと巻かれていて茎が太いものを選ぶと良いです。こごみは天ぷら等の揚げ物でいただくことが一般的ですが他に炒め物、お浸し、和え物などのレシピにも使われています。 この記事では、「こごみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こごみを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ2選

    こごみはシダ植物の多年草で、正式な名称をクサソテツと言います。野や山に自生する山菜ですが、栽培も行われるようになってスーパーなどでも手に入るようになりました。こごみは水はけのよい湿気がある場所を好み、旬は3~5月がなります。茎の部分が白く粉をふいたようになっていると新鮮で、洗わず乾燥を防ぐために新聞紙などでくるみ穴をあけた袋に入れて冷蔵庫に保存しましょう。長期間保存したい場合は、茹でて冷水でしめてから冷凍庫で保存できます。採ったばかりの新鮮なものであれば、ワラビのようなえぐみやあくがなくクセのない味わいで食べやすいです。おひたしや和えものの他に、天ぷらや唐揚げなどの油料理にもよく合います。 この記事では、「こごみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こごみを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ8選

    4月から5月に旬を迎えるこごみは少しぬめりがあり、山菜の中では珍しく苦みやアクが少ないため、天ぷら、おひたし、和え物、油炒めなど様々な料理に活用できます。こごみの先端がツルのように丸まっている様子から「人がかがむ姿勢」に似ていると言われ、「かがむ」から「こごみ」と呼ばれるようになったと言われています。βカロテンやビタミンC、葉酸を多く含み、免疫力向上や高血圧予防、動脈硬化の予防などの効果が期待されます。食物繊維も豊富なので整腸作用も期待できますね。こごみは一度にたくさん食べるものではありませんが山菜の中では比較的食べやすいので、山菜の苦手な方も春の味覚を堪能してみて下さいね。 この記事では、「こごみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こごみを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    春の訪れとともに店頭に並ぶ山菜のこごみの旬は4月から5月にかけて収穫されます。食物繊維、カリウム、葉酸を多く含むこごみは、便秘対策や、むくみ改善、血液循環が良くなるなどの効果が期待され、特に女性が取りたい栄養素がぎゅっと凝縮されていますね。こごみは比較的収穫季節が長く、山菜の中でもアクが少なくて苦味やエグミも少なめなのが特徴です。下処理もサッと下ゆでして氷水で冷やすだけなので簡単ですね。天ぷらや和え物など、様々な料理に活用できますよ。収穫後はあまり長期保存には適していないので、新鮮なうちに美味しくいただきましょうね。 この記事では、「こごみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社