キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

練り物の記事一覧

キッチンブックの「練り物」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 昼ごはんにオススメのさつま揚げを使った人気レシピ10選

    さつま揚げは、魚肉のすり身に塩や砂糖などの調味料で味付けして油で揚げた食材です。イワシやトビウオ、カツオ、サバ、ホッケなど脂肪分のない魚を2種類以上混ぜて作るのが一般的です。そのままはもちろん、軽く焼いて生姜醤油や辛子をつけたり、煮物の材料やおでん、うどんなどの具材としても使われます。形や練り込む具材によって種類は様々で、丸型の「ひら天」、長方形の「角天」、円盤型の「丸天」や、野菜を練りこんだ「野菜天」、タコを練りこんだ「たこ天」などがあげられます。地域によってさつま揚げの呼び方は変わり、中部地方や広島県では「はんぺん」、西日本や北海道では「天ぷら」、沖縄では「ちきあぎ」と呼ばれていますよ。 この記事では、「さつま揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • はんぺんを使ったおすすめ定番料理10選

    ふわふわで軽い食感のはんぺんは、魚のすり身に山芋や卵白を加えて作る食材です。良質なタンパク質を多く含み、低脂肪のはんぺんは低カロリーで消化吸収がよく、小さな子供から食生活を気にする方まで幅広く食べられますよ。全国ではんぺんと呼ばれる練り物は様々で、関東発祥でふんわりと柔らかい食感の熱湯で茹で上げる「浮きはんぺん」や、すり身を揚げて作る「さつま揚げ」は愛知県や岐阜県では「はんぺん」と呼ばれています。安価でボリューム満点なため節約食材にぴったりなはんぺんは、煮込んでも焼いても生のままでも食べられるので家庭に常備しておくと非常に便利な食材ですよ。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • はんぺんを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ9選

    味や臭いにクセがなく食べやすいはんぺんは、おでんや鍋物によく使われる練り物です。スケトウダラやカジキなどが原料に使われており、市販のものを使うのも簡単ですが鱈などの白身魚を使って家でも手作りすることができます。白身魚・卵白・山芋・塩・砂糖・みりんを用意し、白身魚をフートプロセッサーで細かくして卵白を加えみりんと砂糖を入れて混ぜ合わせます。山芋をすり潰してタネと混ぜて、塩を加えて型を整えお湯で茹でたら完成です。思っていたよりも簡単に作れるので、ぜひ家で手作りはんぺんを作ってみるのもいいですね。はんぺんはたんぱく質が豊富で亜鉛・鉄分・カルシウムなどの栄養を含み、カロリーも低いのでダイエット中にもおすすめの食材です。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのはんぺんを使った人気レシピ10選

    ふわふわとした食感が特徴のはんぺん。魚のすり身から作られるはんぺんは、高たんぱく低カロリーの健康食品です。はんぺんには高血圧や動脈硬化の予防や改善に効果があるDHA や、血液をサラサラにする働きがあるEPAが豊富です。また、骨や歯を丈夫にするカルシウムが多く含まれています。魚に含まれる栄養素を手軽に摂取できるのがうれしいですね。そのまま食べてもおいしいはんぺんですか、煮ると味が染み込み、さらにふわふわとした食感が楽しめます。また、焼けば香ばしい味わいになります。つぶしたはんぺんを隠し味やかさ増しに使うのもおすすめです。ぜひ、さまざまな料理とはんぺんをコラボさせて、はんぺんの新しい食べ方を発見してみてください。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのはんぺんを使った人気レシピ10選

    ふわふわ食感がたまらないはんぺんは練り物の一種であり、別名「浮きはんぺん」とも呼ばれています。はんぺんと言えば白色のイメージがありますが、黒色をした「黒はんぺん」もあります。白色のはんぺんは通常、タラなどの白身魚を原料としていますが、黒はんぺんはサバやイワシを原料としているのが一般的です。はんぺんに含まれる栄養素には、たんぱく質をはじめ脂質や炭水化物など魚に含まれる栄養素を含んでいます。またはんぺんは蒸しかまぼこや焼き竹輪に比べて食塩の含有量が少ない特徴を持っています。魚は内臓や頭を除く下処理が大変で苦手という方も、練り物製品のはんぺんなら手軽に魚を摂取することができるので、是非活用してみてください。この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、朝ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのさつま揚げを使った人気レシピ10選

    ジューシーな食べ応えと、甘みのある味わいが特徴的なさつま揚げ。シンプルにそのまま食べても、炒め物や煮物、和え物にしてもよく合う食材です。自然な甘みがあるため、味付けもそこまで多くせずとも美味しく食べられるところが嬉しい部分でもあり、魅力です。そもそもさつま揚げとは、その昔の薩摩と琉球との交流を通して、琉球料理の「チキアーギ」というものが元祖と言われます。鹿児島県ではさつま揚げという呼び名よりも「つけあげ」と言うのが一般的で、この呼び名から、さつま揚げが琉球からきたチキアーゲに由来するという説もあるようです。 この記事では、「さつま揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつま揚げを使った人気レシピ【調理法:パーティー料理】おすすめ10選

    さつま揚げとは、魚肉のすり身に醤油や砂糖などの調味料を混ぜて成型し、油で揚げた練り製品を示します。一般的な種類には、丸い形をした「ひら天」、長方形の形をした「角天」、円盤の形をしている「丸天」、ボール状の「ボール天」などがあります。食べ方としては、そのまま食べてもおいしくいただけますが、使い方によっては和洋中の料理に活用できる万能食材です。さつま揚げを保存するときは、買ってきた状態で冷蔵保存が可能です。冷蔵の場合、購入後1週間を目安に使いきるようにしましょう。冷凍する場合はラップで包み、保存袋に入れて3か月程度を目安に使い切ってください。 この記事では、「さつま揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • はんぺんを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    はんぺんは魚のすり身を加工した食品です。主にスケトウダラなどの白身魚が使われ、山芋や卵の白身などを加えて作られます。いわゆる練り物製品の1つで、鍋物や焼き物にして食べる加工食品です。ふわふわで滑らかな食感が特徴で、四角や半月型などの形があります。オナガザメなどのサメ類やカジキなどの魚が使われることもありますが、サメを原料としたはんぺんは高級品と言われています。はんぺんは魚のすり身が主な原料なので、魚に含まれる良質なタンパク質が含まれるのがポイントです。タンパク質は臓器や筋肉など、体を作るために必要不可欠な栄養素なため、生きていく上で欠かせません。DHAやEPAも含まれていて、血液をサラサラにしたり高血圧の予防に効果的です。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつま揚げを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    さつま揚げは魚肉のすり身を成形して油で揚げた練り物の1つで、鹿児島の名産品として知られています。かまぼこ作りの製法に中国から伝わった揚げ物の料理の種類を取り入れて、さつま揚げができたという説があります。さつま揚げは2種類以上の魚を使うことが多く、鯖・イワシ・カツオ・スケソウダラなどが使われます。シンプルに醤油をつけて食べる他にも、刻んで炒め物や麺類の具材にするなどアレンジが効く食材です。魚のすり身が原料なのでたんぱく質が豊富で、たんぱく質は皮膚・毛髪・爪などを形成するのに必要な栄養素で三大栄養素の1つになっています。その他にもカルシウムも豊富で、高たんぱくで低脂質なのでダイエット中の食材としてもおすすめです。栄養価が高いので子供のおやつにもぴったりですよ。 この記事では、「さつま揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • はんぺんを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    真っ白でふわふわした食感のはんぺん。おでんはもちろん、焼いたり揚げたりしてもおいしく食べられる練り物の1つです。はんぺんは主に白身魚のすり身に卵白や山芋、塩などの調味料を加えて作られています。製品によって使われる魚はいろいろですが、たらやさめ、カジキなどを使用するのが一般的です。魚が原料なので、はんぺんには魚の良質なたんぱく質が豊富に含まれているのが特徴。製造過程で空気を含ませるように成型するため、ふわっと膨らみ、かさが増えます。低カロリーでヘルシーにもかかわらず満足感を得やすい食品なので、ダイエットにもぴったり。ヘルシーメニューを作りたいときはぜひはんぺんを取り入れてみましょう。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつま揚げを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    もちっとした歯ごたえとほのかな甘みが魅力のさつま揚げ。そのまま焼いても、煮込みや炒め物でも美味しく食べられる食材です。魚のすり身を成型して油で揚げた日本の料理ですが、中国由来の料理が琉球に伝わり、薩摩を経由して全国に伝わったと言われています。そんなさつま揚げですが、ごぼうやイカ、ゆで卵などの具材を包み込んでいるようなものもあったり、地域での特産と言えるようなものも多くあります。いろいろなバリエーションを選べるのも食べる楽しみになりますよね。ぜひ旅行などで他の土地に行った際にはご当地の味を楽しんでみてください。 この記事では、「さつま揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • はんぺんを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    ふわふわと柔らかく、軽い食感の練りもの、はんぺん。魚のすり身に、やまいもなどを加えてよくすって気泡を作り上げたところに卵白などを加え、熱湯に浮かせてゆでて作るため「浮きはんぺん」とも言います。江戸時代から食べられていたとの記録があり、歴史のある食材のひとつです。真四角のはんぺんや、チーズ、明太子、カレーなどの具が挟まったサンドはんぺんというものも流通しています。普通のはんぺんは焼いたり、お味噌汁や炒め物にするなど、好みの味で料理できるためとても便利です。一方のサンドはんぺんは元々味がついていることがほとんどなので、そのまま調理しておかずにしたり、お弁当にいれたりと調理時間も短縮できてとても便利です。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつま揚げを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    魚のうま味がギュッと詰まったさつま揚げ。そのまま食べられるのでサッとおつまみやおやつとしても活躍するほか、おでんの具や炒めもの、煮ものなどさまざまな料理に使える便利な食材です。さつま揚げはシンプルなものから野菜や魚介などを練りこんだものなど、いろいろな味わいが楽しめるのも魅力ですね。魚のすり身が原料なので、良質なたんぱく質や脂質、ビタミン類など体に欠かせない栄養素が豊富に含まれています。不足しやすいカルシウムやビタミンDなど骨を強くする栄養も多いので育ちざかりの子供にも最適です。紹介するレシピでは、朝食やランチ、お酒のつまみにも最適なさつま揚げを使ったアイデアレシピが満載ですよ。手軽に魚の栄養が摂取できるさつま揚げをぜひ活用しましょう。この記事では、「さつま揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつま揚げを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    さつま揚げは旬の魚をすり身に加工し、塩などの調味料で味をつけて油で揚げて作ります。魚の生臭さがなく、味も甘く、魚が苦手な子供でも食べやすいのが魅力ですよね。9種類の必須アミノ酸が含まれており、栄養バランスも良い食材ですよ。アミノ酸は自分で作り出すことが出来ないので、積極的に食べるようにしてくださいね。フードプロセッサーがあれば自宅でも簡単に作ることができますよ。自分で作る場合は、野菜や具材をプラスしてアレンジも楽しめます。揚げ油を少なくすればカロリーもカットできますよ。揚げたても美味しくので、ぜひ作ってみてくださいね。この記事では、「さつま揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつま揚げを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    ふわっとした噛み応えと、魚介のうま味がぎゅっと詰まった味わいが特徴的なさつま揚げ。そのままを加熱しても美味しく食べられますが、冬になるとおでんや鍋物の具としても大活躍ですよね。そんなさつま揚げは魚のすり身を油で揚げた練り物で、良質なたんぱく質や油脂が含まれているため、健康やダイエットをしている人にとってはぜひとも摂ってほしい食材です。また、純粋にすり身だけを使用して作られているものもありますが、レンコンやごぼう、チーズやニラなど、色々な具材と混ぜて作られていて種類も豊富なため、飽きずに食べられるところも嬉しいですよね。 この記事では、「さつま揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつま揚げを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    魚肉のすり身に塩や砂糖などの調味料を加えて味をつけ、油で揚げたさつま揚げ。魚のうまみが詰まったさつま揚げは、そのまま食べるのはもちろん、具材として焼いたり炒めたり煮詰めたりすることで、料理にコクが出て風味豊かに仕上がります。さつま揚げに含まれるたんぱく質には、体内で作ることができない必須アミノ酸が多く含まれています。必須アミノ酸は、疲労回復や肝機能の改善をサポートします。魚が主原料のさつま揚げは、骨や歯を丈夫にするカルシウムも豊富で、高血圧の予防やイライラの解消にも効果があります。貧血予防に効果がある鉄も多く含みます。消化が良く、栄養も豊富なさつま揚げは、子供にも大人にもおすすめのヘルシー食材です。 この記事では、「さつま揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつま揚げを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    さつま揚げは魚のすり身を加工して揚げているため、魚の栄養がとれるのも特徴の1つ。揚げ物なので他の練り物と比べるとカロリーは高めですが、脂の乗った豚肉と比べると低カロリーです。100gあたりで換算するとさつま揚げは139kcal、豚肉は253kcalなので、豚肉は倍近くのカロリーがあることがわかります。低カロリーにもかかわらず、たんぱく質やカルシウム、鉄分も豊富に含まれるため、栄養価が高いのもポイント。特にたんぱく質は9種類のアミノ酸から成り立っていますが、さつま揚げに含まれるたんぱく質はそれぞれのアミノ酸のがバランスよく含まれているとされています。たんぱく質は血液や筋肉を作るために欠かせない栄養素なので、積極的に摂取したいですね。 この記事では、「さつま揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつま揚げを使った人気レシピ【調理法:おつまみ】おすすめ10選

    弾力のある歯ごたえと甘みが特徴的なさつま揚げ。おでんや煮物に使われたり、そのまま炒めて食べるなど料理法は様々です。そもそも、さつま揚げの原料は魚のすり身を地酒などと練り固めて揚げたもので、ごぼうや人参などの野菜が入っているものもあります。【そんなさつま揚げですが、新鮮な座量を使って練った、作りたてであることがうまさの要点にもあるので、生のつけあげは製造日から6日以内、真空パックになっているものは製造日から30日以内と、期限が短いため、生のものを購入した際にはすぐに使い切るようにしましょう。】 この記事では、「さつま揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつま揚げを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    さつま揚げは魚のすり身を成形して揚げたもの。すり身を使った食材と言えば、はんぺんやちくわなどもありますよね。これらは途中までは全て同じ工程で作られることが多く、成形と加工方法が異なります。例えば蒸す、ゆでるなどの製法でははんぺん、ちくわが作られますが、揚げるとさつま揚げになります。さつま揚げはそもそも白身魚を使っているため、たんぱく質が豊富。白身魚のたんぱく質は構成するアミノ酸バランスが良いことが知られています。たんぱく質は血液や骨、筋肉などの素になり、バランスの良いアミノ酸を摂取することで吸収率が上がります。健康のためにも、ぜひさつま揚げを使ったおかずを作ってみましょう。 この記事では、「さつま揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつま揚げを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    魚の栄養やおいしさが手軽に味わえる「さつま揚げ」。豊かなうま味を持ち、食べ応えがあるのも魅力です。さつま揚げという名は主に関東地方の呼び名で、関西地方では「てんぷら」、本場の鹿児島では「つけ揚げ」などと呼ばれています。地域によって原料の魚や味付け、形も様々で、中にごぼうや人参などの野菜、イカやタコなどを練り込んだものもあります。さつま揚げは魚の良質なタンパク質が豊富で、丈夫な体を作るのに欠かせない必須アミノ酸のバランスが良いのが特徴です。高タンパクな上、低カロリー低脂肪なので生活習慣病が気になる人にもおすすめです。不足しやすいカルシウムや骨の形成に関わるビタミンDも多いので、骨粗しょう症の予防や成長期の子供にも最適ですよ。 この記事では、「さつま揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつま揚げを使った人気レシピ【調理法:揚げる】おすすめ10選

    さつま揚げは江戸時代後期に薩摩に伝わった食べ物です。良質なタンパク質、脂質、ビタミンなどの栄養をバランスよく含んださつま揚げは健康を気にする方はもちろん、魚が苦手な子供も食べやすくておすすめな食材です。基本の作り方は、季節の魚をすり身にしたら砂糖や塩などの調味料を加えて油で揚げて完成です。お好みで野菜や薬味をプラスすることで風味や栄養がアップしておすすめですよ。自宅で作る際には油の量を控えて揚げ焼きすることでカロリーを抑えることもできます。スーパーでも比較的安価で購入することもできますが、揚げ立ては特に風味もよくおすすめなのでぜひ試してみてくださいね。 この記事では、「さつま揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつま揚げを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    鹿児島の名産品として有名なさつま揚げ。中国から伝わった揚げる調理法がかまぼこ作りの製法に加わってさつま揚げができたと言われています。さつま揚げは魚肉のすり身を成型して油で揚げたもので、イワシ・カツオ・サバ・スケソウダラなどの魚が使われています。シンプルなさつま揚げ以外にもごぼうやネギが入ったものなど種類も豊富で、そのまま醤油につけて食べたりおでんや煮物などの具材としても使えます。さつま揚げは魚が原料なので良質なたんぱくを含み、カルシウムが豊富に含まれています。高たんぱくで低脂質のヘルシーフードなので、ダイエット中の方にもおすすめの食材です。そのまますぐに食べられるので、栄養たっぷりの子供のおやつにもぴったりですよ。 この記事では、「さつま揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつま揚げを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    さつま揚げは、魚のすり身を油で揚げた食品です。揚げているので、一見カロリーが高いように思われますが意外にもカロリーは控えめでヘルシーです。味にはコクがあり、食べごたえもあるのでそのまま食べても、料理に活用してもおいしく食べられますね。良質なたんぱく質が含まれており、なかでも体内で作ることのできない9種類の必須アミノ酸が多く含まれています。必須アミノ酸をバランスよくとるためには、さつま揚げは大変役立ちますね。また、さつま揚げの原料となる魚はカルシウムを多く含むため、魚が苦手な人や育ち盛りの子どもにもおすすめです。消化吸収が良いのも利点ですね。 この記事では、「さつま揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつま揚げを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    さつま揚げとは、魚のすり身に味付けをして形成し油で揚げた加工食品を指します。良質なタンパク質やうま味、コクを豊富に含み、ぷりっとした食感が人気のさつま揚げは名前の通り、薩摩地方(現在の鹿児島県西部)の名産品として親しまれています。さつま揚げには別名がいくつかあり、関西では「天ぷら」、鹿児島県では「つけあげ」と呼ばれることがあります。また、イカを入れたイカ天、ごぼうを入れたごぼう天、じゃこを入れたじゃこ天など、味のバリエーションが豊富で飽きずに食べられるのがうれしいポイントです。そんなさつま揚げを日々の料理に取り入れて、食卓を彩ってみましょう。 この記事では、「さつま揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつま揚げを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    白身魚からできているさつま揚げは、体の健康維持に欠かせない良質なタンパク質が豊富で脂質が少なく低カロリーな食材です。油で揚げることで魚のうま味が凝縮され味にコクがあるため食べ応えも満足度も高く、そのままでもおいしく食べられる手軽さも魅力ですね。魚に豊富なカルシウムが多く、丈夫な骨や歯を作る材料になるほか高血圧や動脈硬化の予防に役立つなど成長期の子供や更年期以降の女性、生活習慣病が気になる人も積極的に食べてほしい食材の1つです。消化吸収もよく、胃腸の弱い小さな子供や高齢者にもおすすめですよ。味付けや調理法次第で様々な食べ方が楽しめるさつま揚げ。ご飯やお弁当のおかずはもちろん、お酒のおつまみとしても色々な場面で活躍します。 この記事では、「さつま揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • はんぺんを使った人気レシピ【料理の種類:麺編】おすすめ10選

    はんぺんには筋肉や血液を作るのに必要なたんぱく質が豊富に含まれています。魚のたんぱく質はイソロイシンなど9種類の必須アミノ酸をバランスよく含むうえ、はんぺんは低カロリーで低脂肪のヘルシーな食材で、塩分量はウインナーソーセージやしらす干しに比べても量が少ないのです。消化吸収にも優れているので子供から年配の方にもおすすめできます。安価で手に入るはんぺんは、ボリュームアップもできる食材です。包丁を使わずとも切れるので子供でも安心。いろいろな麺の上にのせたり、麺に混ぜ合わせたレシピがあります。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • はんぺんを使った人気レシピ【料理の種類:パン編】おすすめ10選

    はんぺんのもとは白身魚の練りものです。スケトウダラ、キントキダイや巨大なクロカジキなどの魚が使用されています。はんぺんを作る過程で、塩などの調味料が使用されています。また発泡性がある卵白や山芋が、空気を含ませたすり身に加えられていることで、フワフワで軽い食感のはんぺんに出来上がっています。低脂肪でとてもヘルシーな練り物。お湯に浮かせてできるはんぺんの名前を「浮きはんぺん」と言われています。焼いたりしたはんぺんをパンとして具材を挟んで使用するレシピがあれば、他の食材と一緒に混ぜて食パンなどに挟んで作るレシピもあるのです。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:「パン」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつま揚げを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    さつま揚げは白身魚のすり身を油で揚げた練り物です。揚げてつくる食品ですが、実はカロリーが控えめでヘルシーな食品なのでダイエット中の方にもおすすめできる食材ですよ。栄養面も優れており、人間が必要な栄養素が豊富に含まれています。良質なたんぱく質がたくさん含まれていて、その中には人間にとって必要な、9種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれています。必須アミノ酸は欠かせない成分ですが、体内では作り出せないため、不足しがちです。さつま揚げを積極的に食べて、健康づくりに役立てましょう。その他にも、鉄分やカルシウムが多く含まれているので、育ち盛りの子どもにもぴったりな食品です。 この記事では、「さつま揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • はんぺんを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当編】おすすめ10選

    私たちの普段の食卓になじみの深いはんぺん。はんぺんは白身魚のすり身とヤマイモを合わせて作る魚肉練り製品と言われ、たんぱく質を多く含み脂質の含有量が低い高たんぱく低脂肪の食品です。消化吸収がよく育ち盛りの子どもから食生活に気を遣うご年配の方にもおすすめできる体に優しい食品です。また、はんぺんは味がまろやかで、調味料や食材を選ばずアレンジしやすいアイテムでもあります。価格も安価で購入できるものが多く、地域によってさまざまな種類があるのも魅力的ですよね。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • はんぺんを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    ふわふわの軽い食感で人気を集めている、はんぺん。その歴史は古く、室町時代の書物の中にはんぺんが登場しています。はんぺんは、白身魚のすり身に卵白ややまいもを混ぜて作られます。この時に空気をたっぷりと含ませることで、あのふわふわの食感が生まれるのです。白身魚から作られるはんぺんは、栄養面でも、低脂質で良質なタンパク質を豊富に含み、私たちの体に必要な必須アミノ酸をバランス良く含んでいます。また、100円前後で安く手に入るはんぺんは、家計の強い味方ですね。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社