キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

キムチをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

キムチは朝鮮半島の保存食で、日本のキムチは浅漬けの製法で作られるため韓国式のキムチとは区別されています。キムチは唐辛子を大量に使っているためかなり辛いですが、ご飯によく合い、キムチチャーハンやキムチラーメン、炒め物、キムチ鍋など幅広い料理に使われます。日本や韓国の食材以外にも、チーズやマヨネーズと言って洋食の食材ともよく合い、キムチピザやキムチパスタなどのメニューも人気があります。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてキムチのレシピを紹介しています。キムチを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

キムチの効用

キムチは発酵食品で、キムチに含まれる乳酸菌は「ラクトバチルス」という植物性の乳酸菌です。腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える効果があり、ヨーグルトなどの動物性の乳酸菌より胃酸に強いため腸に届きやすい性質があります。キムチの辛み成分であるカプサイシンには、代謝を上げる効果と脂肪を分解する役割があり有酸素運動と合わせることで脂肪を燃焼する効果があります。その他にもビタミンB群や食物繊維も豊富で、体にいい栄養素を多く含んでいます。



キムチの歴史

韓国では7世紀から「キムチ」の歴史が始り、最初は野菜の塩漬けでした。12世紀頃かに各種の香辛菜類が加わり、16世紀に唐辛子が伝来し、19世紀頃のキムチに千切りの唐辛子を使う記録があり、この頃から唐辛子をキムチに使うようになったと言われています。日本では昭和後期に入る頃まではキムチはあまり食べられていませんでしたが、1975年に桃屋からキムチの素が発売され、以降キムチが定着しました。


キムチの原料と製造方法

! /image/〇〇
キムチは白菜などの野菜・唐辛子・にんにく・魚介塩辛などを使って作られます。キムチの作り方は白菜の選別をして、不必要な部分を切り落とします。洗浄と殺菌を行い、塩漬を行った後に不要な水分をとるために脱水をします。ヤンニョムを加えてしっかりと熟成させたらできあがりです。ヤンニョムはキムチを作るのに必要な合わせ調味料で、しょうが・ねぎ・にんにく・とうがらし・干しえび・りんごなどの薬味と、アミの塩辛・魚醤・コチュジャン・みそなどの調味料からできています。


キムチの保存方法

未開封のキムチはパックのまま、冷蔵庫のチルド室や温度の低い冷蔵庫の奥に置いて保存します。開封後もパックのままで大丈夫ですが、より長持ちさせるには密封容器に移し替えてラップをかけて蓋をして保存します。キムチは温度が高いところに置いておくと発酵がすすむので、温度が低いチルド室での保存がおすすめです。キムチは冷凍保存すると白菜の繊維が壊れて風味が落ちるので、冷蔵保存にしましょう。


キムチの賞味期限

キムチを購入すると賞味期限が記載されていますが、発酵食品なのでかなり長く保存が効く食品です。韓国では賞味期限すらないと言われていて、韓国のキムチは乳酸発酵するため発酵具合によって味や風味が変わり、いつまでに食べないといけないという規定はないそうです。ただあまりに酸っぱくなりすぎているものや、カビが生えているもの、腐った臭いがする場合は食べるのはやめましょう。



厳選おすすめレシピのまとめ一覧

キムチの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/


キムチの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/


キムチの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/


キムチの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/


キムチの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

キムチをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社