キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

かぼすをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

かぼすは柑橘類の1つで、ユズの近縁種にあたります。酸味が強いのでかぼす自体を料理に使うことはあまりなく、果汁を使うことがほとんどです。酸味と独特の風味が特徴で、刺身や焼き魚等の魚料理によく合います。鍋料理のポン酢に果汁を入れたり、酢の物にもよく合います。料理だけではなく焼酎やウォッカに果汁を絞って入れるのも人気があります。かぼす独特の爽やかな香りは、アロマテラピーの効果もあるとされています。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてかぼすのレシピを紹介しています。かぼすを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

  • かぼすを使ったおすすめ定番料理10選!まずはここから!

    かぼすは大分県で最も多く生産されている、柑橘系の果物です。大分県では味噌汁にかぼすを絞って入れるなど、毎日の食卓にかぼすが欠かせません。かぼすは柑橘系のフレッシュな香りが楽しめる果物です。すだちによく似ていますが、かぼすの方が一回り大きく、味が良いのが特徴です。かぼすは焼き魚に絞ったり、果汁をジュースにしたり、さまざまな使い道があります。かぼすはクエン酸、ビタミンC、スダチチンが豊富に含まれています。かぼすは皮に栄養が多く含まれているので食べる時は果汁だけでなく、皮をすりおろしたり、薄くスライスしたりして皮ごと食べるのがオススメです。いつものご飯にかぼすをちょい足しして、不足しがちなビタミンCを補いましょう。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのかぼすを使った人気レシピ10選

    かぼすは柑橘系の果物で大分県の特産物です。かぼすにはポリフェノールの一種であるスダチチンが含まれているのでダイエット効果があるとされています。他にクエン酸が豊富に含まれているので疲労回復効果があり、かぼすの特徴であるさわやかな香りにはアロマテラピー効果があります。かぼすは魚料理やお肉料理との相性が良く、しぼり汁をかけて食べると爽やかな味わいになります。料理の他にカクテルやデザートにも使われています。かぼすを使った夜ごはんにぴったりの様々なおかずのレシピが紹介されているのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのかぼすを使った人気レシピ10選

    大分県の特産物である、かぼす。爽やかな酸味と甘みが合わさった果実です。主に夏から秋にかけて旬を迎え、6月ごろから収穫が始まり、9〜10月でピークとなります。そんなかぼすはビタミンCをはじめリンゴ酸、クエン酸、グリコール酸など、数多くの栄養素を含んでおり、大切な栄養素のバランスをとることができます。爽やかでありながら、まろやかな味わいも魅力てのひとつと言えます。また、かぼすは、疲労回復や、血圧の上昇を抑える効果が高いと言われています。また、ビタミンCが豊富で、紫外線によって受ける肌へのストレスにも、効果があると言われています。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【調理法:パーティー料理】おすすめ10選

    さわやかな香りとさっぱりとした味わいが特徴のかぼす。かぼすにはクエン酸が豊富で疲労回復の効果や、エネルギー代謝をサポートする働きがあります。また、美肌や風邪予防に効果があるビタミンCも多く含んでいます。カボスの皮に含まれるスダチチンには、脂質の代謝を促し、肥満を防止する働きもあります。香り成分であるピネン・リモネンには、アロマ効果のほか、血行を良くする働きもあります。皮を刻んで薬味にしたり、果汁を絞ってさわやかさをプラスしたり、使い方はさまざま。スライスしてトッピングをすれば、見た目も華やかなに仕上がります。ぜひ、かぼすを使って、いつもの料理にアクセントを加えてみてください。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    まろやかな酸味が特徴のかぼすは、その特徴を活かしてふぐ料理や鍋物、お吸い物などに最適な食材です。すだちとかぼすは見た目がよく似ていますが、かぼすはすだちよりもひとまわり大きいのが特徴です。カリウムやビタミン、クエン酸を豊富に含むことから、風邪予防や疲労回復、美肌効果などの健康効果に期待され、独特の爽やかな香りにはリラックス効果とストレス解消に役立ちますよ。他にも、ポリフェノールの一種である「フラボノイド」を含み、抗酸化作用によるガン予防にも有効です。旬は8月〜11月と長く、3月〜7月はハウス栽培も盛んなため一年を通してかぼすの香りが楽しめます。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 [消さないでください] 執筆が終わりましたら、以下の項目の◯白丸を●黒丸に変えてください。 全部●がつくか、●にできないものは理由を記載して提出をお願いします。 ●長い固有名詞が含まれるものを除き、15文字以上他サイトと同じ表現になっていない。(コピペのままになっていない) ●要件定義のキーワードが適切に盛り込まれている ●概要文・本文ともに指定文字数を守って、執筆漏れなく全て執筆している ●【消さないでください】と書いてある項目を除き、指示書きや参考URL、文章をくくる「」など、掲載において不要なものを削除している→{ }で括られた部分は全て削除して下さい。 ●基本的な日本語が整っている(誤字脱字、主語述語の乱れ、接続詞の多用、同じ文末表現の多連続などがない) トップ画像  496486420 https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/kabosu-winged-bean-fly-496486420?src=eE7W41vAgrHtYppyOgulfg-1-42 *この部分は別紙②【キッチンブックストック用】ストック作成マニュアル参照 「校正ツール」でチェック済み https://textmining1.userlocal.jp/home/result/1bb650b3f3dbf50c1c9eefb21e00092c

  • かぼすを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    ほのかに甘く、酸味のあるかぼす。大分県の特産品のひとつであり、料理のアクセントや華やかにするために添えられるなど、料理を引き立ててくれる万能な食材です。かぼすはとても栄養豊富で、ビタミンCをはじめクエン酸やリンゴ酸、グリコール酸など、数多くの栄養素を含んでいます。大切な栄養素のバランスをとることができる上に、さわやかな風味とまろやかな酸味と香りが、人々に愛される理由でもあります。そんなかぼすですが、皮から果実、果汁まで余すことなくいろいろな料理に使えるため、無駄のない果実でもあります。また、昔から栄養素に注目し、美容効果があるとして親しまれてきました。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    さわやかな香りと甘酸っぱさが特徴のかぼす。かぼすの香り成分であるリモネンやピネンには、神経の興奮を抑制し、ストレスを和らげるリラックス効果があります。血行を促進させる働きもあるため、冷え性の改善にも効果があります。かぼすにはビタミンCが豊富で、美肌効果や風邪予防、免疫力の向上に効果があります。また、メラニンの生成を抑える働きもあるので、紫外線が気になる季節には積極的に取りたい果物です。また、クエン酸も多く含まれ、疲労回復やエネルギーの生成をサポートします。体内の余分なナトリウムを排出させるカリウムも豊富なかぼすは、高血圧の予防にも役立ちます。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    ほのかな苦みと酸味が特徴のかぼす。料理をさっぱり仕上げてくれたり、アクセントにもなってくれる上に、鮮やかな緑色が見た目も彩ってくれます。そんなかぼすですが、クエン酸が風組まれているため、胃液の分泌を正常にしてくれるので、胃弱な人や食欲不振の時にも効果があります。そして、ビタミンCも豊富に含まれているので風邪の予防や引き初めにも作用してくれます。旬は9月で、緑色のうちに収獲するのが基本ではありますが、収穫せずに木に戻しておくと黄色くなります。これを黄かぼすと言い、緑色のかぼすよりもマイルドな味わいになります。お好みで使い分けてみてくださいね。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ3選

    大分県が特産地な果実でミカン属、香酸柑橘類である、かぼす。旬は8月から10月頃です。果実が緑色のうちに収穫するため、スダチと似ていますが、スダチよりサイズが大きいのが特徴です。かぼすは他の柑橘類に比べると、酸味が低くて、甘みも強く、塩味もミネラル分としてしっかりあるので、塩などの調味料の代用ができます。このパンレシピでも、塩を使っていないものもあります。また熟したかぼすは、黄色くなり、風味も変わりますが、皮を切って彩りに使うのもおすすめです。そんなかぼすの栄養価にはクエン酸、ビタミンCを多く含みます。そして皮には「スダチチン」というポリフェノールの成分を含み、体重増加を抑制する効果があります。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    料理の風味漬けに皮を刻んで添えたり、デザートやジュース、カクテルにもぴったりなすだち。その特有の香りにはアロマテラピー効果があり、爽やかな香りが気持ちを落ち着かせて爽快な気分にさせてくれます。かぼすの皮に含まれる「スダチチン」というポリフェノールの一種である成分は、脂肪の代謝を改善しダイエット効果も期待されますよ。かぼすに含まれるクエン酸には、胃液の分泌を正常にする働きがあるので食欲不振の時や、胃弱の方におすすめです。皮が黄色味がかったものは熟してきた証拠で、酸味や香りが落ちますが、まろやかさが増します、自宅で追熟して自分好みの風味にしてもおすすめですよ。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    爽やかな酸味があり、料理にアクセントを加えてくれるかぼす。和食を中心に使われる柑橘類ですが、フレンチやイタリアンなどにも合います。主な産地は大分県で、国内で95%以上もの収穫量があります。夏から秋にかけて旬を迎える果物で、8月から10月あたりが出荷の最盛期です。かぼすのフレッシュな酸味や香りを劣化させないようにするには、なるべく空気に触れないようにすることが大切。カットせずに保存する場合は保存用ポリ袋などに入れて空気を抜き、野菜室などで保存しましょう。カットしたものは1つずつラップに包んでから袋に入れ、冷凍するのがおすすめです。絞って果汁にした場合は、製氷皿などに入れて凍らせれば、1年ほど日持ちするとされています。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    果汁が多く酸味があり、爽やかな香りが料理の味を引き立ててくれる「かぼす」。皮や実を料理に使うことが多く、大分県の特産品として有名ですね。かぼすは地域や品種によりますが、おおむね初夏からハウス栽培しているかぼすが、続いて8月頃から露地栽培のかぼすが旬を迎え、店頭に並びます。料理の引き立て役として活躍することが多いかぼすですが、ころんとしていて小さいながらも疲労回復に役立つクエン酸や、スダチチンというポリフェノールの一種、風邪の予防やお肌の調子を整えてくれるビタミンCなどの栄養が含まれています。そんなかぼすを活用して、美と健康を手に入れましょう。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【調理法:おつまみ】おすすめ10選

    ミカン科ミカン属の柑橘類であるかぼす。日本では薬味として使用されることが多い食材で、旬は8月から10月頃です。かぼすの枝や幹にトゲがあり、果実の大きさが約100gから150gです。かぼすの特徴は、果皮が緑色の時期に収穫されて、出荷されます。熟すと黄色になるのですが、緑色のうちが香り、酸味とともに一番高い時なのです。黄色になっても、おつまみ料理などに使えます。そんかかぼすにはクエン酸が、レモンの2倍と豊富に含まれていて、クエン酸には疲労回復に効果があります。またビタミンC、カリウム、冷え性やリラックス効果のある、香り成分リモネンなども含まれているのです。かぼすは絞る、切って炒めるのに使えます。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【調理法:おかず】おすすめ10選

    夏から秋にかけて旬を迎えるかぼす。さわやかな香りでさっぱりとした味わいが特徴の柑橘類です。皮を刻んで風味付けに使ったり、焼き魚などに果汁を絞ったり、シャーベットなどのデザートに使っても、かぼすの風味を生かすことができ、日々の料理にアクセントを加えてくれる食材です。かぼすにはクエン酸が豊富に含まれています。クエン酸には、たんぱく質や脂質などをエネルギーに変える働きがあり、ミネラルの吸収もサポートするので、魚や肉にカボスを添えて食べると効率よく栄養を取ることができます。かぼすのさわやかな香りは、気持ちを落ち着かせる効果もあるので、疲れた時には積極的に取り入れたい食材です。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    夏から秋にかけて旬を迎えるかぼす。大分県特産の香酸かんきつで、爽やかな香りとやわらかな酸味が特徴です。独特の香りはピネンやリモネンなどの精油成分で、リラックス作用や自律神経を整える効果も期待できます。抗酸化作用を持つビタミンCも豊富で細胞の酸化(老化)を防いで動脈硬化の予防にも役立ち、コラーゲンを合成して血管や肌を健康に保つため美肌にも嬉しい食材です。かぼすに含まれるクエン酸はビタミンCと同じく疲労回復に役立つほか胃液の分泌を促し、消化を助けてくれるので食欲の落ちやすい夏にも最適なんです。老化を防ぐアンチエイジング効果を高めるには、ビタミンEが豊富なサーモンやアボカド、ほうれん草などの野菜と合わせたさっぱり和え物レシピがおすすめです。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    まろやかな酸味が特徴のかぼす。江戸時代にかぼすの皮を刻んで蚊をいぶして(追いやって)いたため、「蚊いぶし」が「かぶし」になり、「かぼす」と呼ばれるようになったと言われています。旬は8月から11月頃までと長く、3月中旬から7月頃はハウス栽培されたものが出回ります。忙しい毎日を送る私たちにかぼすの爽やかな香りと酸味は特におすすめで、香りにはリラックス効果とストレス解消に役立ち、酸味にはクエン酸を豊富に含むため疲労回復効果に期待できます。料理の風味付けで刻んだ皮をトッピングしたり、ぎゅっと絞った果汁は焼き物や鍋物との相性は抜群でおすすめです。お好みの料理に加えて元気に毎日を過ごしましょう。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【調理法:サラダ】おすすめ10選

    大分県の特産物でもあるかぼすは、香酸柑橘類で上品な酸味と香りをもちます。旬は6月から10月頃で、この時期に収穫のピークを迎えます。選ぶときのポイントは、緑色が濃く、重量感と艶が有る物を選んで下さい。保存は、密閉容器に入れ乾燥させないようにしましょう。果汁の状態にして密閉容器で冷蔵保存すると、調理する際に使いやすいです。かぼすに含まれる栄養素にはクエン酸があり、エネルギーを作り出す働きを持つため、疲労回復に効果があるとされています。またかぼすの皮に存在するスダチチンには、脂質の代謝を改善や体重増加を抑える働きがあるとされています。そのため体重を気にされている方や疲れ気味の方には、かぼすを使った料理はおすすめです。この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    かぼすの旬は8月~10月が旬の果物で香りが良い食材のため風味付けに使われることが多い食材です。かぼすにはクエン酸が多く含まれているので疲労回復効果があります。かぼすの皮にはポリフェノールの一種であるスダチチンという成分が含まれていて脂質の代謝を正常にし、体重の増加を抑える働きがあるのでダイエットをしている方にもおすすめの食材です。スーパーでは緑色でツヤがあり表面が固いものを選ぶと良いです。主に風味付けに活用されますが、マーマレード、スムージー等にも使われていて、蒸し料理、漬け物、炒め物など幅広く使うことができる食材です。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    かぼすは大分県の特産品であり、香酸柑橘類に分類される果物です。かぼすは収穫時や出荷時は緑色をしていますが、塾すと黄色くなり風味がより一層増します。かぼすには疲労回復効果があるとされるクエン酸を豊富に含み、特徴である爽やかな香りには気持ちをリラックスさせるなどのアロマテラピー効果があります。風味付けに使われること多いかぼすですが調理方法としては、ゼリーやシャーベットなどのスイーツやデザートの他にカクテル、松茸の土瓶蒸し、焼き魚などにぎゅっと果汁を絞って使ったり、魚料理のソースやフライ料理など用いられています。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    食材の旨味を引き立たせてくれるかぼすは、すだちや柚子と同じ香酸柑橘類のひとつです。柚子などに比べると酸味がマイルドで、酸っぱさが苦手な方も取り入れやすいですよ。この酸っぱさは「クエン酸」によるものですが、クエン酸といえばレモンが代表的ですよね。実はかぼすにはレモンの2倍の量のクエン酸を含み、柑橘類の中でもトップクラスのため疲労回復にぜひ取り入れていただきたいです。他にも女性に嬉しいビタミンCも豊富に含まれていますよ。爽やかな香りにはリラックス効果があり、神経の興奮を抑えてストレスを緩和する効果が期待されます。さらに血行促進する効能から冷え性の改善にも効果的ですよ。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「蒸す」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    かぼすは大分県名産の柑橘類の一種で漢字では「香母酢」と表します。ほんのりやさしい香りとやさしい甘さが特徴です。そのような特徴があるため、他の食べ物の元々の味を損なうことなく引き立ててくれる優秀な脇役です。絞ったり、皮をあしらえたり、スライスしたりと使い方は様々です。酸味は少ないですが、酸味成分が少ないというわけではありません。ツンとする酸ではなく、クエン酸、リンゴ酸をはじめとする有機酸というものがみかんの約5倍以上も含まれているということになります。すっぱいものが苦手だけれど料理をワンランクアップさせたい、そんな時にぴったりなのがかぼすです。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【焼く編】おすすめ10選

    かぼすはフレッシュな香りを持つ香酸かんきつで、料理の素材を引き立ててくれる食材なんです。焼き魚に果汁を絞っていただくのが主流ですが、スライスして料理に香りと彩りを加えたり、皮のほろ苦みを楽しんだりと活用方法は様々。生産量の最も多い大分県では、味噌汁に果汁を絞るのが定番で、かぼすの爽やかな香りと程よい酸味で味噌汁がまろやかになるのだとか。かぼすに豊富なクエン酸は食欲増進効果があり、疲労回復にも役立ちます。ビタミンCも多く、免疫力を高めて体を強くしてくれるのでかぜ予防にも最適です。焼き魚はもちろん、野菜や厚揚げを爽やかに仕上げたレシピやかぼすスライスが見た目にも鮮やかな人気レシピまで、食欲をそそるレシピが満載です。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ8選

    かぼすといえば、さわやかな香りとほど良い酸味が特ちょうの果物です。クエン酸やビタミンCが含まれているので、健康にも役立つ食材なんですよ。とはいえ、かぼすを料理に活用するといっても、焼き魚にかけたり、焼き肉のたれに使ったりと、かぼすの汁だけを活用する人が多いのではないでしょうか。実はかぼすは、皮も身も汁もすべて料理に利用できるんですよ。汁だけしぼって捨ててしまってはもったいない!ということで、かぼすを利用した料理のレシピを紹介します。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社