キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

モロヘイヤの記事一覧

キッチンブックの「モロヘイヤ」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    独特の粘りがあることで知られているモロヘイヤ。エジプトや中近東でよく使われ、アラビア語で「王様だけのもの」という意味があります。そう呼ばれるだけにモロヘイヤには豊富な栄誉素が含まれており、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEといった高抗酸化ビタミンが豊富で、活性酸素の働きを抑えます。その他にもカルシウムや疲労回復効果のあるビタミンB1も豊富で、夏バテにも効果があります。細胞や血管の老化を防ぎ、アンチエイジングにも効果を発揮します。体にいい栄養素がたくさん含まれたモロヘイヤは、ぜひ料理に取り入れたいですね。今回はモロヘイヤを使った煮るレシピに注目してお届します。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    ビタミンE、B2、C、カルシウム、鉄、葉酸、食物繊維など、含有量が野菜の中でもトップクラスのモロヘイヤ。アラビア語で「王様だけのもの」という意味をもつモロヘイヤは、かつて重病を患った古代エジプトの王様がモロヘイヤのスープで快癒したという伝説からついたとも言われています。栄養価の高い食材として重宝されていたモロヘイヤは、絶世の美女、クレオパトラも愛して止まなかったとか。モロヘイヤには多くの栄養素を豊富に含み滋養満点で美容効果に効果大の野菜なのです。収穫から時間が経つと葉が固くなり食感が悪くなるので、食べきれないときはサッと茹でて水分を拭き取ってからラップで包み冷凍保存すると長持ちしますよ。家族みんなで食べて元気な毎日を送りましょう。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤのレシピ20選!実はあまり知らないモロヘイヤの食べ方

    モロヘイヤの歴史は古く、クレオパトラの時代から親しまれています。 原産地はインドで、アラブ語で“王様の食べる野菜”という意味があり、栄養価の高い野菜として知られる食材。特にアラブ圏では、古くから主にスープとして調理されています。モロヘイヤは、乾燥に強く、丈夫な植物なので、自宅でも育てることができますよ。 この記事では、モロヘイヤの基礎知識に加え、モロヘイヤの炒めものレシピ、焼きものレシピ、和えものレシピ、スープレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社