キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

モロヘイヤをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

栄養価の高いスーパーフードとして人気のモロヘイヤは、ネバネバ系野菜の代表格です。アラビア語で「王様だけのもの」という意味を持つほど、栄養バランスに優れています。葉は刻むと独特のぬめりが出て、スープや炒め物、煮物などに使われます。モロヘイヤは若い葉や茎を食べる野菜です。成熟した茎や種子などに毒性を持つため、家庭菜園でモロヘイヤを栽培している場合は茎や種子を食べないように注意が必要です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてモロヘイヤのレシピを紹介しています。モロヘイヤを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

モロヘイヤの栄養素

モロヘイヤはビタミンA・ビタミンC・ビタミンEといったビタミン類が豊富で、細胞や血管の老化を防ぎシミやシミを予防する効果があり、女性にとってうれしい野菜です。動脈硬化や心筋梗塞などを防ぐ効果のあるβカロテンが豊富で、ほうれん草の2倍以上含まれています。カリウム・鉄などのミネラル類も豊富で、特にカルシウムはめざしやしらすよりも多く含まれています。

モロヘイヤの旬

モロヘイヤはエジプトなどの中近東で広く食べられている野菜のため、夏に収穫され6月~9月頃までが旬になります。ほうれん草や小松菜などはこの時期あまり出回らないので、モロヘイヤをしっかりと食べて栄養を摂るのがおすすめです。ハウス栽培もされているため旬の時期以外にも手に入りますが、栽培量が少ないためスーパーなどでは流通していません。冬場にモロヘイヤを食べたい場合は、ネット通販を利用するのがおすすめです。

モロヘイヤの下処理方法

! /image/〇〇
モロヘイヤの下処理方法は葉と茎に分けて、茎の下の方の硬い部分を切り落とします。沸騰したお湯に塩を入れて茎から先に茹でて、茎を約1分、葉は30秒~40秒程度を目安に茹でます。流水で締めてザルに上げて水を切ります。モロヘイヤは栄養たっぷりの野菜なので、栄養素を逃がさないためにも茹ですぎずさっと手早く茹でるのがコツです。

モロヘイヤの選び方

まず葉の部分に注目し、葉の色が濃いきれいな緑色でみずみずしく葉先が変色していないものを選びます。葉先のぎざぎざ部分に張りがあり、しなびていないかどうかチェックしてましょう。茎の部分の切り口を見て、乾燥したり黒く変色しているものは鮮度が落ちているので避けてください。茎が太いものは成長しすぎて硬くなっているので、太すぎないものを選ぶのがおすすめです。

モロヘイヤの保存方法

モロヘイヤは常温保存には向かないため、冷蔵保存しましょう。茎を水で湿らせた新聞紙で包み、ビニール袋に入れて密封して冷蔵庫の野菜室に保管します。長く保存したい場合は、冷凍保存がおすすめです。モロヘイヤを軽く下茹でして水切りして水分を拭いたものを、フリーザーバッグに入れて平らにして空気を抜いて密封し冷凍庫で保存でします。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

モロヘイヤの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

モロヘイヤの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

モロヘイヤの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

モロヘイヤの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

モロヘイヤの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

モロヘイヤをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社