キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

モロヘイヤをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

栄養価の高いスーパーフードとして人気のモロヘイヤは、ネバネバ系野菜の代表格です。アラビア語で「王様だけのもの」という意味を持つほど、栄養バランスに優れています。葉は刻むと独特のぬめりが出て、スープや炒め物、煮物などに使われます。モロヘイヤは若い葉や茎を食べる野菜です。成熟した茎や種子などに毒性を持つため、家庭菜園でモロヘイヤを栽培している場合は茎や種子を食べないように注意が必要です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてモロヘイヤのレシピを紹介しています。モロヘイヤを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • モロヘイヤを使ったおすすめ定番料理10選!レシピに困ったらこれだ

    ネバネバ食材の代表でもあるモロヘイヤは、別名「タイワンツナソ」とも呼ばれており、原産は中近東です。ネバネバの正体であるムチンには、胃腸の粘膜を保護する役割があることが知られています。このムチンは、納豆やヤマイモと一緒に組み合わせて摂ると、よりこの成分の効果を発揮することが出来ます。モロヘイヤを購入するときのポイントは、葉に張りがあり綺麗な緑色をしているものを選んでください。鮮度が落ちると葉が固くなるので、直ぐに食べない時は熱湯で茹でて、水気をしっかり絞れば冷凍保存も可能です。この時、包丁などで刻んでおくと次回調理するときに便利ですよ。モロヘイヤは生だと灰汁が強いので、茹でたり炒めたりする料理に使っていださいね。この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのモロヘイヤを使った人気レシピ10選

    エジプトでは「野菜の王様」と呼ばれるモロヘイヤは、非常に栄養価の高い食材です。カロテンやカルシウムが野菜の中でもトップクラスの含有量で、その他にもビタミンB群、C、Eも豊富に含みます。モロヘイヤには特有のぬめり成分の「ムチン」を含み、胃粘膜の保護や血糖値やコレステロール値の上昇を抑える働きがあります。さらに食物繊維も豊富に含むため便秘解消にも効果的ですよ。ムチンをより多く摂取するためには、山芋や納豆など同じムチンを多く含む食材と合わせて食べると効果的です。さっと茹でたモロヘイヤを朝ごはんの定番の納豆で合わせると簡単で栄養満点な一品ができますよ。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中からおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのモロヘイヤを使った人気レシピ10選

    ぬめりのある野菜の1つがモロヘイヤで、アラビア語で「王様だけのもの」という意味を持つほど栄養豊富な野菜として知られています。中近東で広く食べられている野菜で、日本では家庭菜園でも人気があります。モロヘイヤは幼葉を食用として食べますが、成熟した茎や種子などに毒性を持つため家庭菜園でモロヘイヤを育てる際は幼葉以外は食べないように気を付けましょう。独特のぬめりを活かして、スープ、炒め物、和え物などに使われることが多くなっています。ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEなどのビタミン類を多く含み、カルシウム・カリウム・鉄などミネラル成分も豊富です。栄養バランスのいいスーパーフードとして、ぜひ料理に取り入れたい野菜の1つです。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのモロヘイヤを使った人気レシピ10選

    ネバネバ野菜のモロヘイヤ。王様の野菜とも呼ばれ、栄養価が高いとされています。モロヘイヤはシナノキ科ツナソ属に分類される野菜で、中近東が原産とされますが、国内では群馬、三重、沖縄などが主な産地です。モロヘイヤに含まれるβカロテンは100gあたり10000マイクログラムで、にんじんよりも多く、野菜の中ではシソに次いで2位となっています。βカロテンは強い抗酸化作用があるため、投下防止やガン予防に効果的です。体内でビタミンAに変化し、皮膚や粘膜、目を健康な状態に保つ働きもあります。ビタミンKも豊富に含まれていて、止血効果や骨粗しょう症の予防に役立ちます。カルシウムも含まれるため、骨がもろくなりやすいと言われる女性や年配の人にぴったりの野菜です。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    エジプトでは「野菜の王様」と称賛されているモロヘイヤは、非常に栄養価の高い野菜です。刻むとオクラのような粘りが出る特徴があり、このぬめり成分は「ムチン」という消化管の保護やコレステロール値の上昇を抑える働きに期待されています。ムチンは山芋や納豆などのネバネバ食材と合わせることでより効果的に取り入れられますよ。ご飯にのせて召し上がりくださいね。他にも、βカロテンやカルシウムの含有量が野菜の中でもトップクラスで、食物繊維やビタミンもバランスよく含まれます。炒め物やスープにもぴったりなのでアレンジを楽しんで積極的に取り入れてくださいね。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    エジプトが原産で、日本では夏に旬を迎えるモロヘイヤ。独特のねばりが特徴の緑黄色野菜です。モロヘイヤには抗酸化作用のあるβカロテンが豊富で、がん予防やアンチエイジングに効果があります。また、骨や歯を丈夫にし、イライラを解消するカルシウムや貧血予防に欠かせない鉄、心臓や筋肉の機能をサポートするカリウムなどのミネラルも多く含まれています。モロヘイヤの粘り成分であるマナンやムチンには、血糖値の上昇を抑える働きがあます。胎児の健康な発育に必要な葉酸も多く含まれているモロヘイヤは、妊娠中の女性にもおすすめの健康野菜です。モロヘイヤは、細かく刻むほどねばりが強くなります。おひたしや炒め物、和え物などさまざまな料理に合うモロヘイヤ。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    豊富な栄養素を含みスーパーフードとも言われるモロヘイヤは、アラビア語で「王様だけのもの」という意味があります。エジプトを中心とする中近東で広く食べられ、幼葉を食用に使います。成熟した茎や種子は毒性を持つため、家庭菜園をする場合は幼葉のみ使い茎や種子は食べないようにしましょう。葉を刻むとぬめりが出るのが特徴で、炒め物・スープ・和え物・お浸しなどに使われます。モロヘイヤはビタミンA・ビタミンC・ビタミンEなどのビタミン群が豊富で、細胞や血管の老化を防ぎアンチエイジングも期待できます。その他にもカルシウム・カリウム・鉄などミネラル分が多く含み、栄養たっぷりの料理を作りたい時に活躍する野菜です。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    モロヘイヤは葉の部分が青じその形に似ている、緑黄色野菜です。スーパーなどで売られているモロヘイヤは葉、茎、根のどの部位も毒性がなく、安心して食べられます。根に近い茎の部分は筋が硬いので、茎も利用する場合は穂先側の半分まで使うことがオススメです。モロヘイヤは「野菜の王様」と言われるほど栄養価の高い食材です。モロヘイヤにはビタミン類、カルシウム、食物繊維などの栄養素がたっぷり含まれています。疲労回復や体を丈夫にする働きがあり、積極的に食べて欲しい野菜の1つです。モロヘイヤは刻んだり、ゆでたりすると軽い粘り気が出て、食材と絡みやすい特徴があります。モロヘイヤはほうれん草などの青菜と同じ様に下処理するだけで食べられるので、気軽に料理に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    モロヘイヤは葉を刻むと独特のぬめりが出るのが特徴で、幼葉を食用として利用します。成熟した茎や種子などは毒性を持つため注意が必要で、家庭菜園でモロヘイヤを栽培する場合は茎や種子は食べないように気を付ける必要があります。インドや地中海沿岸部が原産と言われ、中近東で広く食べられている野菜です。アラビア語で「王様だけのもの」という意味を持つほど栄養価が高く、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEなどのビタミン類が豊富でアンチエイジングの効果も期待できます。その他にもはカルシウム・カリウム・鉄などミネラル分を含み、積極的に摂りたい野菜です。スープやお浸しなどによく使われ、独特のぬめりがアクセントになってきれいな緑色が料理に彩を加えます。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    モロヘイヤは大変栄養価が高く、人気の野菜です。やわらかい葉の部分を食用としており、この葉部分を細かく刻むと粘りが出るのが特徴です。アラビア語で「王家のもの」という意味で、王様の病気を治したといわれるほど栄養満点な食材なのです。モロヘイヤにはアクがあるため、食べるときはさっと湯がいてから調理しましょう。おひたしやあえ物だけでなく、さまざまな料理と合わせることができます。モロヘイヤには抗酸化作用のあるβカロテンが多く含まれ、がんを予防したり、アンチエイジングの効果が期待できます。その他にも、カルシウムやカリウム、ビタミンK、不溶性食物繊維など多くの栄養成分が含まれます。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    夏に旬を迎えるモロヘイヤ。エジプト原産のモロヘイヤはアラビア語で「王様の食べもの」を意味しており、その名の通りとても栄養価の高い野菜なんです。独特のぬめり成分は胃粘膜を守り消化を助ける働きがあり、夏バテ予防に最適です。モロヘイヤは特にβ-カロテンが豊富で、体内で必要に応じてビタミンAとなり皮膚や粘膜の健康維持や免疫力の向上に役立ちます。β-カロテンは細胞の老化を防ぐ抗酸化作用もあり、モロヘイヤに含まれるビタミンC・Eとの相乗効果によって抗酸化力が高まり美肌作りや生活習慣病の予防にも効果的です。脂質の代謝を促したり体の成長を助けるビタミンB2や、カルシウム、カリウム、貧血を予防する葉酸なども豊富なので家族の夏の健康維持に積極的に活用したいですね。この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    モロヘイヤは葉を刻むと粘りが出るのが特徴で、栄養価がとても高い野菜です。6月〜9月の暑い時期に旬を迎え、柔らかい葉の部分を食べます。βカロテンを特に多く含むモロヘイヤは抗酸化作用により風邪や癌予防、アンチエイジングなど様々な効果が期待できます。他にも食物繊維、カルシウム、ビタミンK、カリウムなどを含み、便秘対策や骨の形成、高血圧予防によいとされています。特有のぬめりには胃や消化器の粘膜を保護する働きがあります。モロヘイヤにはアクがあるため、一度下ゆでして冷水にとってから調理しましょう。手軽に納豆や山芋と合わせて粘りを楽しんだり、おひたし、天ぷら、炒め物、スープなどにアレンジしてもおすすめです。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ8選

    モロヘイヤ特有のネバネバとした食感は、葉を茹でて刻むことによって出てきます。下ごしらえの方法は、茎を取り除いたモロヘイヤの葉を、塩を少々加えたたっぷりの湯でサッと茹で、色が鮮やかになったらザルにあげて水にさらします。電子レンジを使う場合は耐熱容器に入れてラップをかけたら1分程加熱して水にさらしましょう。モロヘイヤを細かく刻む時にまな板を濡らしておくと、まな板にぬめりがつきにくく刻みやすいですよ。下ごしらえをしたモロヘイヤは、おひたし、和え物、炒め物、スープなど様々な料理にアレンジできます。新鮮なうちにできるだけ早く茹でてくださいね。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    ネバネバの食感が特徴のモロヘイヤ。原産はインドで、主にエジプトを中心に栽培されていたと言われています。現在では国内でも栽培されていて、群馬県が主な生産地です。モロヘイヤは「王様の野菜」とも呼ばれるように、栄養豊富な野菜としても認知されています。主な栄養成分は、βカロテンやビタミン、食物繊維などで、栄養価が高いことから夏バテ予防にもおすすめです。特に多いのがβカロテンで、モロヘイヤ100gあたりの含有量は10000μgでほうれん草の2倍ほど。βカロテンはアンチエイジング効果があり、免疫力を高めるとされているため、美容や健康におすすめの食材と言えますね。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    モロヘイヤは幼葉を野菜として食用に使いますが、葉や茎を食べる野菜で、成熟した茎や種子などに毒性を持つため家庭菜園をする際は注意が必要です。つるむらさきやオクラと並んでぬめりのある野菜の代表格で、アラビア語で「王様だけのもの」という意味があるほど栄養素が豊富な野菜です。ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEなどのビタミン類が豊富で、細胞や血管の老化を防ぐ効果があると言われています。アンチエイジングも期待できるので、女性にとってうれしい葉物野菜です。その他にもカルシウム・カリウム・鉄などミネラル分が多く含まれています。独特のぬめりを活かしたスープや炒め物、和え物、お浸しなどによく使われます。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    ネバネバの食感が特徴的なモロヘイヤは、エジプトが原産の緑黄色野菜です。この独特な粘りは、茹でたり、刻んだりすると出て来ます。日本での主な生産地は、沖縄県や佐賀県などが挙げられます。モロヘイヤを選ぶときのポイントは、葉に張りが有る物を選びましょう。茎の切り口を見て茶色く変色しているものは、おすすめできません。保存をするときは、お湯で茹でてしっかりと水分を絞り、ラップ等で包んでから保存袋に入れ冷凍してください。レンジで加熱するとお鍋も用意しなくて済み、より時短になります。また、刻んだ状態で冷凍しておくと次に調理する際にとても便利なのでお試しください。この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    「王様の野菜」といわれるモロヘイヤ。美容と健康に良いとされるエジプト原産の夏野菜です。ビタミン類やミネラル類を多く含み、ゆでて刻むとぬめりが出るのが特徴です。モロヘイヤを選ぶ際は、葉がピンとしてハリがあり、鮮やかな緑色をしているものを選びましょう。購入後はポリ袋に入れたまま、野菜室で立てたまま保存するようにし、2日以内に食べきるのがおすすめです。食べきれないときは、ゆでてから水気をふき取り、ラップに包んで保存袋に入れて冷凍しておくと、いざという時にさっと使えて便利ですよ。モロヘイヤは女性が不足しがちな鉄分や食物繊維が豊富なので、料理に取り入れて内側から味方につけましょう。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    エジプト原産のモロヘイヤ。アラビア語では王様だけのものという意味があり、古代から栄養価の高い食材として重宝されてきました。モロヘイヤには細胞老化のもととなる活性酸素の働きを抑える作用があるといわれています。抗酸化作用がとても高く、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEの含有量は野菜の中でもトップクラスです。紫外線ダメージからお肌を守り、シミ、しわ、乾燥を防いでくれて美肌作りをサポートしてくれる嬉しい効果もあります。また、食物繊維も豊富なため、腸内環境の正常化にも期待ができます。美容や健康は腸の活動も重要となるので、普段から摂取を心掛けてみてください。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    「王様の野菜」といわれる夏野菜のモロヘイヤ。高い栄養価があり、美容や健康にも大変効果が期待できる野菜です。モロヘイヤには老化を防ぐはたらきのある、抗酸化作用の高い栄養素がたくさん含まれています。ビタミンA、C、Eの含有量は大変多く、お肌のシミやしわ、乾燥を防いで美肌のサポートをしたり、細胞や血管の老化を防ぐなど女性が気になるアンチエイジングに効果があります。腸内環境を整える食物繊維や、むくみを防ぐカリウム、不足しがちな鉄分など、女性に必要な栄養素がたっぷり含まれているのはうれしいですね。すぐ火が通るので、さっとゆでるだけで食べられます。他の野菜と一緒にサラダにして食べれば、栄養満点ですよ。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    若い葉や茎を食べるモロヘイヤ。旬は6月頃から9月頃です。モロヘイヤの実には有害な成分が含まれているので、家庭菜園の物を使う場合には気を付けてください。スーパーで一般的に売られているモロヘイヤは安全なので安心して食べて大丈夫。そんなモロヘイヤはβカロテンやビタミンC、ビタミンE、カルシウムなどの栄養を多く含んています。βカロテンには免疫力をアップする働きと生活習慣病から守る働きがあります。モロヘイヤに含まれるβカロテンの量はほうれん草などの約2倍以上、カルシウムは魚であるめざしよりも多いのです。生のままでも食べられますが、炒めるなどの調理をして食べることがおすすめです。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    モロヘイヤはつるむらさきやオクラと並んで、ぬめりのある野菜の代表格になっています。アラビア語で「王様だけのもの」という意味があり、カルシウム・カリウム・鉄などミネラル分が多く含まれている栄養価の高いスーパーフードです。ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEなどのビタミン類も多く含まれ、細胞や血管の老化を防ぐ効果がありアンチエイジングも期待できるので、女性にとってうれしいですね。モロヘイヤは若い葉や茎を食べる野菜で、成熟した茎や種子などに毒性を持つため注意が必要です。スーパーで買えるモロヘイヤは安心して食べられますが、家庭菜園で育てている場合は成熟した茎や種子は食べないようにしましょう。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ7選

    モロヘイヤはエジプトを中心とする中近東で広く食べられている野菜で、幼葉を野菜として利用します。オクラやつるむらさき同様にぬめりのある野菜の代表格で、葉は刻むと独特のぬめりが出ます。アラビア語で「王様だけのもの」という意味を持つほど、栄養バランスに優れた野菜として注目されています。モロヘイヤにはカルシウム・カリウム・鉄などミネラル分が多く含まれていて、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEも豊富でシミやシワを防ぎ、細胞や血管の老化を防ぐ効果がありアンチエイジングも期待できる優れた野菜です。お浸しや和え物、スープなどによく使われ、緑色がきれいで色々とアレンジを楽しめます。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ2選

    モロヘイヤはスーパーでもよく見かけるようになってきましたね。粘りけがあるのが特徴で、栄養価がとても高いことが知られています。特にβカロテンは豊富で、ゴーヤの約29倍。その他にも食物繊維やビタミンK、葉酸なども多く含まれています。積極的に食べたいものの、おひたしぐらいしか食べ方を知らない人も多いのではないでしょうか。しかし、モロヘイヤはアレンジしやすい食材なので、炒め物や揚げ物にしてもおいしく食べられます。例えばかき揚げやフライなど。意外に見えますが、とても合うので、ぜひトライしてみてくださいね。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    独特の粘りがあることで知られているモロヘイヤ。エジプトや中近東でよく使われ、アラビア語で「王様だけのもの」という意味があります。そう呼ばれるだけにモロヘイヤには豊富な栄誉素が含まれており、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEといった高抗酸化ビタミンが豊富で、活性酸素の働きを抑えます。その他にもカルシウムや疲労回復効果のあるビタミンB1も豊富で、夏バテにも効果があります。細胞や血管の老化を防ぎ、アンチエイジングにも効果を発揮します。体にいい栄養素がたくさん含まれたモロヘイヤは、ぜひ料理に取り入れたいですね。今回はモロヘイヤを使った煮るレシピに注目してお届します。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    ビタミンE、B2、C、カルシウム、鉄、葉酸、食物繊維など、含有量が野菜の中でもトップクラスのモロヘイヤ。アラビア語で「王様だけのもの」という意味をもつモロヘイヤは、かつて重病を患った古代エジプトの王様がモロヘイヤのスープで快癒したという伝説からついたとも言われています。栄養価の高い食材として重宝されていたモロヘイヤは、絶世の美女、クレオパトラも愛して止まなかったとか。モロヘイヤには多くの栄養素を豊富に含み滋養満点で美容効果に効果大の野菜なのです。収穫から時間が経つと葉が固くなり食感が悪くなるので、食べきれないときはサッと茹でて水分を拭き取ってからラップで包み冷凍保存すると長持ちしますよ。家族みんなで食べて元気な毎日を送りましょう。 この記事では、「モロヘイヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • モロヘイヤのレシピ20選!実はあまり知らないモロヘイヤの食べ方

    モロヘイヤの歴史は古く、クレオパトラの時代から親しまれています。 原産地はインドで、アラブ語で“王様の食べる野菜”という意味があり、栄養価の高い野菜として知られる食材。特にアラブ圏では、古くから主にスープとして調理されています。モロヘイヤは、乾燥に強く、丈夫な植物なので、自宅でも育てることができますよ。 この記事では、モロヘイヤの基礎知識に加え、モロヘイヤの炒めものレシピ、焼きものレシピ、和えものレシピ、スープレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社