キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

大根をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

弥生時代に日本に伝来したと言われる大根は、和食になくてはならない野菜として長い間親しまれてきました。おでんや煮物に使われる野菜の代表格で、あっさりとした味わいで食べやすいのが特徴です。醤油やみりんといった和食の調味料とよく合い、すりおろして大根おろしにして食べるなど、生でも食べられます。大根は根の部分以外にも、葉の部分も炒めたりお漬物にするなど無駄なく使える経済的な野菜でもあります。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて大根のレシピを紹介しています。大根を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • 大根を使ったおすすめ定番料理10選!まずはここからマスター!

    大根はみずみずし味わいで色々な調理法を楽しむことができる食材です。大根の辛み成分にはアリルイソチオシアネートが含まれていて血栓予防効果やがんを予防する働きがあるとされています。捨ててしまいがちな葉にも栄養成分があり、ベータカロテンが豊富に含まれているので炒め物や、汁物、漬物などに利用します。葉付きのものを購入した際は、葉に水分をとられてしまうので切り離して保存をします。大根は生のまま冷凍でき、食べきれない場合は冷凍保存をすると便利に使うことができるのでおすすめです。定番料理やアレンジ料理を紹介しているので参考にしてください。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメの大根を使った人気レシピ10選

    おでんや煮物など、寒い季節の料理に欠かせない大根は、晩秋〜初冬にかけて旬を迎える野菜です。大根特有の辛みは「イソチオシアネート」と呼ばれる成分によるもので、大根をすりおろしたり切ることで生成されます。根の先端に近づくほどこの成分の量は多く、さらに若い大根ほど多く含まれます。辛みを好む場合は食べる直前にすりおろしてくださいね。さらに大根おろしには、デンプンを分解する「アミラーゼ」、タンパク質を分解する「プロテアーゼ」、脂肪を分解する「リパーゼ」などの消化酵素がたっぷりと含まれています。どんな料理とも相性抜群でさっぱりとした味わいにしてくれるため、たっぷりのせて召し上がりくださいね。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの大根を使った人気レシピ10選

    おでんや煮物など味のよく染み込んだ料理や、サラダや薬味などさっぱりといただく大根は「古事記」にも登場するほど歴史が古く、私たちの日々の食卓に馴染み深い野菜の一つです。大根に多く含まれる「ジアスターゼ」には、デンプンを分解して消化を促進し、胃もたれを防ぐ働きがあります。大根は春の七草の一つ「すずしろ」のことですが、お正月明けに食べる七草粥には、お正月に食べ過ぎた胃を休めるのに理がかなった食べ方です。「大根役者」という言葉がありますが、大根は消化がよく「あたらない」ことから、どんな役でも「当たらない」と掛けられて、「上手くない」役者を指す言葉として使用されますが、大根に対しては褒め言葉ですね。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの大根を使った人気レシピ10選

    大根はサラダ、煮物などに利用される根菜です。大根は部位によって甘みや固さが違います。大根の上の部分は甘みのあり、サラダに利用するのが向いています。大根を生で食べれば、シャキシャキとしたみずみずしい食感が楽しめます。大根の真ん中の部分はやわらかく、煮物に向いています。大根を煮物にすると、たっぷりだしを吸ってトロトロの食感に仕上がります。大根の下の部分は辛味が強いため、すりおろして大根おろしにするのがオススメです。焼き魚やだし巻き卵などのトッピングとして利用すれば、料理がさらにおいしくなりますよ。大根の葉にも、大根の根とは違った栄養がたっぷり含まれているので、炒め物に混ぜたり漬物にしたりして、捨てずに利用してくださいね。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大根を使った人気レシピ【調理法:糖質オフ】おすすめ10選

    大根の旬は冬ですが、品種改良が進んで一年中いつでも手に入るようになりました。大根は生のまま刻んでサラダにすればシャキシャキとした食感が楽しめます。おでんや煮物などにするとおだしをたっぷり吸って柔らかくトロトロな食感になります。安く手に入り、いろんな食べ方が楽しめる大根は、家庭料理にも欠かさない存在ですよね。私たちが普段食べてある白い部分は、大根の根に当たります。大根の根にはビタミン、食物繊維、カルシウムなどの栄養素が含まれています。捨ててしまいがちな大根の葉にもビタミンC、鉄分、カルシウムなどの栄養素がたっぷり入っているんです。大根は葉っぱもおひたしや炒め物に使って、残さず栄養を取り入れてくださいね。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大根を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    生ではみずみずしくシャキシャキとしていて、加熱するとやわらかく甘みが出る大根。アブラナ科ダイコン属に分類される野菜で、すずしろという別名もあります。千葉県、北海道、青森県、宮崎県、鹿児島県が主な産地で、一般的に秋と冬が旬です。大根にはアミラーゼという成分が含まれていて、腸の働きを活発化し、消化を助けてくれます。アミラーゼは熱に弱い成分なので、腸の調子を整えたい場合は加熱せずに生のまま食べるのがおすすめです。大根の辛味の素は、イソチオシアネートという成分で、アブラナ科の野菜に多く含まれる栄養素です。イソチオシアネートは解毒作用があり、がんを予防する働きもあるとされています。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大根を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    すずしろとも呼ばれる大根は、淡色野菜に含まれます。千葉県、北海道、青森県、宮崎県などが主な産地で、11月から2月ごろにかけて旬を迎えます。生ではシャキシャキとした食感でみずみずしく、加熱するとトロッと柔らかくなります。一般的に出回っている青首大根は甘みがあるのが特徴です。大根にはアミラーゼなどの消化酵素が豊富に含まれているため、胃もたれや消化不良などに効果的。熱に弱い栄養素なので、効果を発揮させたいなら大根おろしや大根サラダなど、生で食べるのがおすすめです。大根の葉にはビタミンや鉄分、葉酸などが豊富に含まれていて栄養価が高いとされています。美容にも効果的な栄養素なので、葉も捨てずに使いましょう。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大根を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    生でも火を通しても食べられる大根は、日本食に欠かせない野菜の1つです。すりおろして大根おろしにして薬味に使う他にも、鍋物・煮物・炒め物・汁物など幅広い料理に使われます。生のまま切って大根サラダにするなどヘルシーな料理に使うのも人気で、冬はおでんの定番食材になっています。大根は弥生時代に日本に伝来したと言われる歴史の古い野菜で、地中海地方や中東が原産地とされています。大根は葉の部分の食べることができ、捨てる部分の少ない節約にも向いている野菜です。大根に含まれるジアスターゼは、胃もたれや胸やけを改善する効果があり食欲がない時に大根を使った料理を食べるのもおすすめです。その他にも大根の辛味成分には抗菌作用や発がん抑制作用がありとされています。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大根を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    古くから日本の食卓に馴染み深い大根は、辛味や形、大きさなど全国各地に個性的な種類があります。一般的に流通しているものは甘みがあってみずみずしい「青首ダイコン」です。葉に近いほど甘みがあり、先端に向かって辛味が強くなります。葉に近い部分はサラダなど、生のまま食べることに適しています。中央部分はおでんやふろふきダイコン、煮物などに、先端部分は辛味を活かして薬味や漬物におすすめです。ダイコンの葉は風味も良くカロテンやビタミン、ミネラルなど栄養も多く含みます。細かく刻んでごま油と炒め、醤油で味を調えるだけで温かいご飯と相性抜群な一品ができますよ。捨てずにお試しくださいね。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大根を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    大根の原産地は地中海地方や中東と言われ、弥生時代に日本に伝来したと言われている歴史の長い野菜です。和食には大根を使った料理が多く、煮物・鍋物・炒め物・汁物・和え物など幅広い料理に使われます。冬の風物詩でもあるおでんの材料としても欠かせない野菜で、ふろふき大根など大根が主役の料理もあります。生でも食べることができ、すりおろして大根おろしにして天つゆやうどんに欠かせない薬味としても使われます。刻んで大根サラダにするなど、生でも火を通しても使える便利な野菜です。大根の根にはジアスターゼというでんぷん分解酵素が含まれ、胃もたれや胸やけを改善する効果があります。低カロリーで食べ応えがあるのでダイエット中の方にも人気で、大根の葉も料理に使えて節約にもうれしい野菜です。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大根を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    大根はじっくり煮込むと透明に透き通り、だしを吸ってジューシーになる根菜です。おでんの具では欠かせない存在ですよね。大根は煮込み料理以外にもサラダや大根おろしにして幅広く利用されています。大根の旬は冬ですが、品種改良が進んだおかげでスーパーや八百屋で一年中手に入るようになりました。大根は部位によって味が変わることをご存知でしたか?大根の上部は甘く、歯ごたえが良いのでサラダに向いています。中央部は柔らかく、煮物向きです。下部は辛く、大根おろしに向いています。大根の葉には栄養がたっぷり含まれているので、捨てずに刻んで料理に活用してください。大根の部位に合った料理で美味しく調理してくださいね。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大根を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    サラダの具として生で食べたり、加熱して煮物などでも食べられる大根は、レシピのバラエティーも豊富です。一年を通して出回っていますが旬は冬であり、この時期の大根は甘みが増してくる特徴があります。大根に含まれる栄養には、プロテアーゼやアミラーゼと言った消化を助ける酵素が含まれています。これらの消化酵素を生かすには、大根おろしで食べるのがおすすめ。大根を選ぶときのポイントは、重量感があり表面にツヤと張りが有る物を選んでください。また茎の切り口を見て、みずみずしいものは新鮮な証拠の目安にもなります。さまざまな料理に大根を取り入れ、大根料理を楽しんでください。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大根を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    大根は主に秋から春が旬の野菜で生でも煮ても食べることができる野菜なので大変人気がある食材です。生で食べるとシャキシャキとした歯触りで、煮るとホクホクとした食感になるので様々な料理の種類でメニューを楽しむことができます。よく刺身に大根のつまが使われていますが、これは大根にイソチオシアネートという栄養成分が含まれていて殺菌作用があるためです。このイソチオシアネートにはがん抑制効果があるので積極的に摂取したい食材です。また、茎の部分にはカルシウムやベータカロテンが豊富に含まれているので捨てずに料理に活用することをおすすめします。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大根を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    大根は秋から冬にかけて旬を迎える野菜です。名前の通り大きな根が特徴ですが、葉の部分も食べられます。大根の葉はすずしろとも呼ばれ、春の七草の1つです。大根は辛み成分が含まれていますが、これはイソチオシアネートという成分によるもの。大根をすりおろすと酵素とグルコラファサチンという成分が反応し、分解されて作られます。大根の葉に近い部分ではこの分量が少ないため、辛みを感じにくく、先端に近くにつれて辛みが増します。この特性を活用して料理によって使い分けるのがおすすめです。大根の独特な辛みはがんを抑制したり抗菌したりする作用があるとされているとも言われています。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大根を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    古くから日本人になじみの深い大根。日本では白い大根が一般的ですが、外国では真っ黒いものや赤いものなど、カラフルなものも多く存在しています。大根というと和風なイメージをもつ人も多くいますが味としてはニュートラルで、煮ても焼いても蒸しても、生食でも使える幅のきく食材。普段しない味付けなどに挑戦しても、味の調和をとりやすいのでおすすmです。そんな大根ですが、一年を通して収穫されています。ですが、季節によって収穫される品種が変わってきます。味としては秋から冬のものはみずみずしく甘みも増す傾向があります。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大根を使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    春の七草のひとつ「すずしろ」として数えられる、古くから日本の食卓に馴染み深い大根。通年出回りますが、冬の時期の大根は特に甘みが増しておすすめです。大根おろしにした時の特有の辛味には、胃液の分泌を促進する働きがあり、焼き魚や天ぷらなど油物との相性は抜群です。他にも消化酵素を豊富に含むため、胃もたれや二日酔いにも効果的です。大根の葉にもカロテンやビタミン、ミネラルなど根の部分にはない栄養素を含むため、捨てずに料理に取り入れてくださいね。一度で食べきれない場合は干し大根にすることで保存期間も伸び、栄養価や旨味もアップされるのでおすすめです。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大根を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    一年を通して食卓に並ぶ大根。根にはアミラーゼなどの消化酵素、葉にはビタミンCやカルシウムが豊富に含まれています。水分を多く含む大根は、ヘルシーでありながらも栄養満点、食べ応えもあるので、健康生活にはぜひ取り入れたい食材です。大根の根は部位によって食感や味が変わります。葉に近い上部は甘みが強いため、サラダなど生で食べるのにおすすめです。真ん中部分は辛みが弱くやわらかいため、厚く切ったり、煮たりするのがおすすめです。先端部分は辛みを強く感じやすいので、漬物やおろし、汁ものに向いています。切り方や味付け次第で、和食から洋食、中華など多彩なレシピで活躍する大根。レンジを使えば時短料理にも最適な食材です。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大根を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    大根は栄養もあり、消化を助ける効能のある野菜です。刻んで調味料と和えるだけで食べられる簡単に作れるレシピもあります。大根おろしも色々な料理に合います。今まではお味噌汁や煮物にしか大根を活用できていなかった人も、これから提案する簡単に作れるレシピを読んでみましょう。一年中売り場で手に入るので、冷蔵庫に常備しておくとよい野菜です。大根は一本買うと色々な料理に応用して使いきれるので、一人暮らしや家族の人数の少ない人でも、是非大根を一本買ってみましょう。夕食の主菜になる豪華レシピから、お弁当のひと品になるレシピもあります。大体のレシピがお酒のおつまみにも合うでしょう。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大根を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    アブラナ科ダイコン属の野菜である大根。一般的に売られている大根は「青首大根」と言われている種類ですが、全国にはさまざまな大根の種類があります。また大根の旬ですが、甘みがある大根の旬は晩秋から冬、辛み大根の旬は初夏から夏と旬もさまざまです。そんな1年中食べられる大根にはデンプンを分解してくれる消化酵素「アミラーゼ」などが多く含んでいます。食物繊維も含まれているので、ダイエットにおすすめな食材です。スーパーなどで大根を選ぶ際、色が白くまた硬く張りのある物が良い。そしてそのまま保存する場合には根元をラップや新聞紙で包んで袋に入れてから冷蔵庫で保存してください。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大根を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    冬に旬を迎える大根は寒くなると甘みが増してみずみずしくなります。大根はアミラーゼという消化酵素が豊富で、胃腸の働きを助け胃もたれや胸焼けの予防・改善に役立ちます。大根をおろすことでできる辛味成分イソチオシアネートは抗酸化作用と抗菌作用を持ち、ビタミンCも比較的多いのでかぜ予防や美肌効果も期待できます。大根は部位によって味が変わり、葉に近い上部は甘みがあり食感も良いのでサラダや大根おろしなどに。真ん中はみずみずしく甘みと辛味のバランスが良い部位で、おでんや煮物に向いています。先端は辛味が強く炒め物や味噌汁に最適ですが辛味が好きな場合は大根おろしや漬物もおすすめです。消化酵素やビタミンCは熱に弱いので、大根おろしやサラダで食べると効率よく摂取できますよ。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大根を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    ピリッとした辛味と爽やかな風味が料理を引き立たせる大根。特に大根おろしには消化酵素が多く含まれ、でんぷん、タンパク質、脂肪分を分解してくれる嬉しい効果が期待されます。蕎麦やうどん、ハンバーグや天ぷらなどカロリーが気になるものに組み合わせてさっぱりといただく料理には理に適った効果があることがわかりますね。大根は先端になるほど辛味が増します。辛味を好む場合は先端で且つ、食べる直前におろすことでよりピリッとした風味をより味わうことができますよ。余ってしまった大根おろしは1食分ずつラップに包んで密封袋に入れることで冷凍保存が可能です。常温ですぐに解答できるので忙しいときにもとても便利ですよ。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大根を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    サラダ、煮物、炒め物など、様々な料理にアレンジ自在の大根。大根は、地上に近い頭部分は寒さで凍らないように糖度が上がるため甘くなり、先端部分は虫除けのため辛くなります。よって、甘みのある部分はサラダや大根おろし、漬物など生のままの調理が適しています。中央部分は程よいかたさで甘みとのバランスが良く、煮物に適します。先端部分はややかためで辛味が強いため、炒め物や味噌汁の具として適しています。逆に辛味をが好きならば、敢えて先端をすりおろして蕎麦などに添えてもおすすめです。このように料理では大根の部分によっての味の違いを楽しんで活用してくださいね。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大根を使った人気レシピ【調理法:炒める編】おすすめ10選

    和食によく使われる代表的な野菜の一つが大根です。煮たり焼いたり蒸したりとさまざまな調理法に使えて、大根おろしにして薬味に使うこともできます。大根の原産地は地中海地方や中東と言われており、古代エジプトで大根に近い野菜が食べられていた記録が残っています。日本には弥生時代に伝来し、以来和食になくてはならない野菜として食べられています。大根は根の部分だけでなく、大根の葉も食べることができ捨てる部分のない経済的な野菜でもあります。大根にはジアスターゼというでんぷん分解酵素が含まれ、胃もたれや胸やけを改善する効果があります。低カロリーでボリュームもあるので、料理のかさ増しに使うなどダイエット中の方にも人気があります。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大根を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    冬の定番料理のおでんには欠かせない大根は、一年を通してスーパーで見かける身近な野菜ですが、冬の大根は甘みが強く、水分が少なくて切り口が真っ白なため、煮物などに最適です。大根の根の部分(白色の部分)にはビタミンCや食物繊維以外にも、胃腸の機能を整える「消化酵素アミラーゼ」が多く含まれます。特に大根おろしにはたっぷり含まれるので様々な料理に合わせていただきたいですね。葉の部分にもビタミンCや鉄、カルシウムが含まれるため、捨てられがちですがうまく活用して無駄なく栄養を取り入れたいですね。辛みや苦味が気になる方はあらかじめ下茹ですると味も染み込みやすく調理しやすいですよ。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 青首大根を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    年中手に入る大根。おでんや煮物には欠かせない野菜ですね。大根にもいろいろな種類があり、種類によって旬が違ってきます。普段目にすることが多いのは「青首大根」という種類。10月分~3月頃が旬でこのころには甘味がぐんと増します。ズシリと重くて太く、ハリつやがあるものを選びましょう。大根1本あれば、部位によって向き・不向きの料理があるので、意識して使い分けるといいですね。サラダや大根おろしなど生のまま食べたり、煮て食べるイメージが強いですが、実は簡単に「焼いて」食べるレシピもたくさんあるんですよ。レシピを覚えたら料理の幅も広がりそうですね。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 酵素のちからで代謝力アップ!大根スムージーのおすすめレシピ20選

    古くから日本人によく食べられている「大根」。大根には消化を助けてくれるすぐれた酵素パワーがあり、胃腸の救世主でもあります。そしてこの酵素は、生で摂ると効果がアップするんです。 「生大根は医者いらず」ともいわれる大根を是非スムージーで手軽に摂り入れて、健康的にダイエットしていきましょう。 この記事では、大根スムージーの栄養に加え、果物・野菜、牛乳・豆乳、ヨーグルトにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • 美容と健康にも!大根おろしのおすすめダイエットレシピまとめ

    大根おろしは、大根をおろし器を使ってすりおろしたもので、焼き魚の付け合せや薬味として使われるのが一般的。大根おろしには消化を助ける効果があるので、天ぷらや肉料理などの油っぽい料理と一緒に食べるとダイエットに繋がります。また、大根おろしでうがいをすると口内炎や歯肉炎などの炎症を緩和するとも言われています。 この記事では、大根おろしの基礎知識に加え、大根おろしダイエットの効果、大根おろしダイエットのやり方、大根おろしのおすすめダイエットレシピのカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 切り干し大根の基本レシピ&アレンジ18選:毎日食べたい料理を紹介

    切り干し大根とは、収穫した大根を細く切って天日で干したもので、秋から冬が旬の食べ物。 切り干し大根には食物繊維が豊富で、カリウム、カルシウム、鉄分などのミネラルもたくさん含まれています。購入する際はよく乾燥していて、色にむらのないものを選ぶのがよいでしょう。 水かぬるま湯でもどしてから、炒め煮、酢の物、サラダなど様々なレシピに使える切り干し大根は、毎日の献立に大活躍してくれますよ。 この記事では、切り干し大根の基礎知識に加え、切り干し大根の煮物レシピ、炒め物レシピ、サラダレシピ、その他のレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 簡単!【大根を使った料理】人気のレシピ厳選まとめ20:サラダからメインまで大活躍!

    いつでもスーパーなどで買うことができ、さまざまな料理や食べ方ができる食卓の味方が大根です。 一般に出回っているのは青首大根ですが、練馬大根のように地名の付いた特徴のあるものもたくさんあります。 一般的な青根大根の収穫時期は秋から冬にかけてで、旬は冬になりますが、大根の品種改良が進んだことにより1年中安定して収穫できるようになり、年間を通して常に美味しく食べらます。 時期によって味わいが変わり、四季を感じられるのも特徴です。春から夏にかけては少し辛みがでます。秋から冬にかけては大根本来の、みずみずしさと甘さを感じられますよ。 今回はサラダからメインまで、人気の大根レシピをご紹介いたします。

広告

運営会社