キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

小松菜の記事一覧

キッチンブックの「小松菜」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 小松菜を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    小松菜は、江戸時代初期に東京都小松市で栽培され、将軍吉宗の鷹狩りの時に献上され、その地名をとって「小松菜」と名付けられたと言われています。小松菜の旬は冬で、ほうれん草と似ていますが、ほうれん草よりアクが少なく扱いやすい食材です。雑煮やおひたし、炒め物など、和食のイメージの強い小松菜ですが、チーズやクリームなどとの相性も良く、シチューやグラタンなど、洋風に調理することもオススメです。小松菜はカルシウムを多く含み、ビタミンA、ビタミンK2、鉄分などの栄養価も高く、貧血や肌荒れ、風邪の予防などに効果のある食材です。 この記事では、「小松菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 小松菜を使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    冬の冷たい霜にあたって甘みが増す小松菜は別名「冬菜」とも呼ばれます。江戸時代に、東京都江戸川区小松川で栽培されたことから「コマツナ」と名付けられました。βカロテン、ビタミンB群、C、K、食物繊維など豊富な栄養をバランスよく含み、カルシウムはほうれん草の3倍以上も含みます。ビタミン類は熱に弱いですが、小松菜はアクが少なく下茹でも不要なので栄養の損失を防ぐことができます。小松菜は鮮度が落ちる速度がはやく、すぐに葉が黄ばんでしまうため、食べきれないものは袋に入れて野菜室で保存するか、冷凍保存をしてくださいね。 この記事では、「小松菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 小松菜を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    冬に旬を迎える小松菜。寒さや霜にさらされて、葉が厚くやわらかくなり、甘みが増します。しなびやすい小松菜は、湿らせたキッチンペーパーや新聞紙などで包み、保存袋に入れて冷蔵庫で保存します。畑に生えている状態と同様に、根の部分を下にして、立てて置くのがおすすめです。あくが少なく、下茹で不要な小松菜は、時短料理の強い味方。水洗いして、水気をふき取り、ラップや保存袋で密閉して冷凍庫で保存しておけば日持ちもするので大活躍です。小松菜は、美肌効果や抗酸化作用のあるビタミンCを多く含みます。骨や歯の形成に欠かせないカルシウムや貧血予防のある鉄分などの栄養も多く含むので、忙しい日のお役立ち野菜です。 この記事では、「小松菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 小松菜を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    小松菜は炒め物や煮物など、さまざまなレシピに使われます。最近では、美容に良い食材としても注目されていて、スムージーに使うレシピも数多くあります。そんな小松菜は、和え物にしてもおいしく食べられます。一度湯がいてさまざまな調味料や具材とあえるだけなので、簡単に作れるのがポイント。ごま和えや白和えが定番ですが、ゆずこしょうやポン酢しょうゆなどであえるレシピもおすすめです。小松菜をあえる料理は、箸休めや副菜に適していますが、具材によってはメイン料理にもなります。また、時間がたつと味が染みていくため、作り置きしておくのも良いでしょう。 この記事では、「小松菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 小松菜を使った人気レシピ【調理法:おつまみ】おすすめ10選

    小松菜は便利な緑黄色野菜です。さっと火が通り、ビタミン補給に欠かせない食材です。葉物の中でも、加熱後に色が変わりづらく、時間が経っても色を鮮やかに保てます。小松菜を使ったおつまみにもぴったりなレシピのご提案です。夕食のひと品にもいいでしょう。野菜を効率的に採りたい人にはおすすめです。小松菜を食べて健康的に過ごしましょう。パパッと作れて簡単なレシピもたくさんあります。今日のおかずに迷ったら小松菜を使いましょう。小さな子どもからお年寄りまで安心して食べられます。冬だけでなく四季を通じて食べられるので、冷蔵庫の常備野菜にしておくとよいですね。 この記事では、「小松菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 小松菜を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    お浸しやお味噌汁に使われることの多い小松菜は、カルシウムを非常に多く含む野菜です。ほうれん草の約3倍以上カルシウムを多く含み、その多さは牛乳よりも多く含まれます。カルシウムは骨や歯を丈夫にするためには欠かせない栄養で成長期の子供はもちろん、骨粗鬆症予防のため大人も積極的に取り入れたいですね。肉や魚、豆、乳製品などのタンパク質や、ビタミンDを含む魚介類やキノコと一緒に食べることでカルシウムの吸収率はよりアップしておすすめです。寒さにとても強い小松菜は11月〜2月に旬を迎え、霜にあたるほど柔らかく甘みが増すのでぜひ取り入れてみてくださいね。 この記事では、「小松菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 小松菜を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    小松菜は江戸時代初期に関東で栽培され始めた野菜で、カブの一種を交配・改良して生まれたものです。ほうれん草と見た目が似ていますが、小松菜は葉の形が丸みを帯びているのが特徴。栄養価の平均値はほうれん草にやや劣るものの充分に優れていて、βカロテン・ビタミン・ミネラルなどをバランス良く含んでいます。又、鉄分やカルシウムについてはほうれん草をしのぐ豊富さです。小松菜の旬は11~3月頃ですが、暑さにも寒さにも強く、一年中栽培・出荷されています。灰汁が少なくて汁物や炒め物など様々なレシピに取り入れやすく、味噌・バター・クリームなどのまろやかでコクがある風味との相性が抜群です。 この記事では、「小松菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 小松菜を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    小松菜はかぶを改良したものでアブラナ科の一種です。アクが少なく調理する際はアク抜きする必要がなく、手軽に使えるところが魅力的です。緑黄色野菜の中でも栄養価の高い野菜でカルシウム、ビタミンKを豊富に含んでいます。ビタミンKにはカルシウムが骨に沈着する際に必要なたんぱく質を含んでいるため、骨を丈夫にしてくれる働きがあります。さらに貧血を予防する鉄なども含まれているので健康を維持するためにはとっておきたい野菜でもありますよね。選ぶ際は葉が肉厚で茎が太いものにしましょう。シャキッとした歯ざわりが持ち味なので火を通しすぎないようにしましょう。 この記事では、「小松菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「揚げる」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 小松菜を使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ10選

    小松菜はビタミン・ミネラルが豊富で栄養価が高く、アクが少ないため下ゆでいらずで使い勝手が良い野菜です。特にβ-カロテンが多く、ビタミンC・Eも含むので皮膚や粘膜の健康を保ち、免疫力を高めてくれます。カルシウムや鉄分はほうれん草の約3倍も豊富で、骨の形成に関わるビタミンKも含んでいるので骨を強くしたり貧血予防に役立ち、成長期の子供も積極的に食べたい食材です。冷蔵保存では2、3日ほどでしなびてしまい傷みやすい小松菜ですが、新鮮なうちにカットして冷凍保存すると2、3週間も長持ちし料理にすぐに使えて便利です。カルシウムや鉄分はタンパク質と一緒にとることで吸収が高まります。肉巻きフライやメンチカツ、かき揚げの具材に使ったレシピなどを参考にして、効果的に栄養をとりましょう。 この記事では、「小松菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 小松菜を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    小松菜はチンゲンサイなどと同じアブラナ科の野菜で、江戸時代初期に江戸で栽培され始めたとされています。特に関東地方で古くから親しまれている野菜です。小松菜は一年を通じてスーパーなどで手に入りますが、旬は冬で冬の野菜の代表格になっています。小松菜は栄養価が高い緑黄色野菜の1つで、抗発ガン作用のあるβカロテンが含まれており、カルシウムや鉄分はほうれん草より豊富に含まれています。おひたしや炒め物、煮物や鍋料理などさまざまな料理に使えて、醤油や酒など和食の調味料とよく合います。ほうれん草に似ていますが、ほうれん草よりあくやクセがなく食べやすいので、料理に取り入れやすい野菜です。 この記事では、「小松菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 小松菜を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    冬の野菜の代表格と言えば小松菜。関東では雑煮にかかせない材料で、冬にはよく鍋料理にも使われます。ほうれん草と似ていますが、あっさりした味わいがほうれん草より食べやすくなっています。和風はもちろん、牛乳やクリームとも相性がよく洋風の料理にもよく使われる便利な野菜です。緑がきれいで彩がよく、料理のアクセントにもなります。小松菜には抗発ガン作用があるβ-タカロテンが含まれています。カルシウムや鉄分も豊富で、ほうれん草よりも多く含まれており料理に取り入れたい野菜です。 この記事では、「小松菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 小松菜を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    小松菜はアブラナ科の野菜で、天然のマルチサプリとも言われるほど豊富な栄養素を含んでいます。小松菜にはビタミン類・ミネラル・カロテンが豊富に含まれており、中でもカルシウムと鉄分はほうれん草より多くなっています。栄養たっぷりの小松菜はぜひ家族に食べて欲しい野菜ですが、野菜嫌いなお子さまや緑黄色野菜は苦手、という大人の方も多いのではないでしょうか。今回は小松菜を使った焼くレシピを紹介しています。他の材料と合わせることで、色どりがきれいで食べやすくなっています。小松菜が苦手な方でもおいしく食べられるレシピがたくさんあるので、ぜひ参考にして下さい。 この記事では、「小松菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 美肌効果♡【小松菜とバナナ】を使った人気スムージーレシピ20選

    スムージーの定番ともいえる小松菜とバナナのスムージーは健康にも美容にも効果抜群です。ちょっと苦味のある小松菜もバナナと一緒だと飲みやすくなるのも嬉しいポイントです。手軽にスーパーで買える食材ですので一年中いつでも簡単に作れ、アレンジレシピもたくさんあります。この記事では、小松菜とバナナを使ったスムージーの基礎知識に加え、小松菜とバナナを使ったスムージーの栄養素、小松菜とバナナを使ったスムージーの効果、小松菜とバナナを使ったスムージーのレシピをグリーンスムージー・豆乳やヨーグルトの入ったスムージーにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 小松菜とりんごを使ったおすすめスムージーレシピ20選

    小松菜にはβカロテン、ビタミン、ミネラルなどが含まれており、りんごは食物繊維、カリウム、ポリフェノールなどが豊富です。人気のスムージーで不足がちな栄養素を簡単摂取。作り方も簡単です。手に入りやすい食材なので、野菜不足や健康のために小松菜とりんごを使ったスムージーはおすすめです。 この記事では、小松菜とりんごを使ったスムージーの効果や栄養に加え、小松菜とりんごを使ったスムージーのレシピをグリーンスムージー・乳製品入りスムージーにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • 【小松菜を使ったレシピ】おすすめで人気の作り方厳選20まとめ:小松菜はおひたしだけじゃない!

    小松菜(こまつな)は、結球せず葉を食べるチンゲン菜やからし菜などの仲間の野菜です。 江戸時代、東京都小松川地区の特産として盛んに栽培されていたため、その名がついたと言われています。 現在では幅広い地域で栽培され、癖のない味が重宝されるメジャーな野菜に成長を遂げました。 耐寒性が強い野菜で旬は冬ですが、1年間を通して栽培されています。あくが少なく、様々な調理法で活躍できる小松菜ですが、いざ料理しようとなるとおひたしばかり、という人も多いのではないでしょうか。 ほうれん草と肩を並べるほど栄養価の高い小松菜。色々なレシピで楽しみたい野菜です。そこで今回は、炒め物や煮物、ご飯や麺など多彩な小松菜レシピを紹介します。

広告

運営会社