キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

みょうがの記事一覧

キッチンブックの「みょうが」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • みょうがを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    薬味としてよく使われるみょうがは、独特の香りと味わいで料理にアクセントを加えます。和え物のトッピングやおみそ汁の具など脇役的な存在ですが、みょうがを丸ごと使った天ぷらなどあります。さっぱりとした味わいで生野菜ともよく合い、手作りドレッシングにもよく使われます。みょうがの独特の香りはαピネンという成分で、ほどよい辛みの成分はミョウガジアールと呼ばれています。みょうがには冷え対策や食欲増進の効果があるとされ、特に夏場に食欲がなかったり夏バテになった時などにみょうがを食べると効果を期待できます。みょうがはカリウムも豊富なので、体の余分なナトリウムを排出してむくみを防止してくれる効果があります。 この記事では、「みょうが」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • みょうがを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    爽やかな風味とシャキシャキとした歯ごたえが特徴のみょうが。薬味としてそうめんや冷奴にそえることで清涼感を与えてくれます。花みょうがとも呼ばれ、6〜8月に採れるやや小ぶりの「夏みょうが」と、8〜10月に採れる「秋みょうが」があり、秋みょうがのほうがふっくら大きく色も鮮やかです。みょうがの香り成分α-ピネンには食欲増進や消化促進、血行促進のなどの効果があり夏バテ予防に最適です。みょうがはアクが強いので生で使う場合は水にさらします。長くさらすと香りがなくなるので短時間にとどめましょう。炒め物に使うことで独特の風味と歯ざわりがアクセントになり、食欲の出ない夏にぴったりな一品に。香りを楽しむためには、仕上げにサッと加えるのがポイントです。 この記事では、「みょうが」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • みょうがを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    鮮やかな紅色とシャキシャキした歯触りが特徴的な野菜、「みょうが」。その香りの元はアルファビネンという成分で、発汗や血液循環を促進し、身体を温めて元気にする効果があります。ホルモンバランスを整えるとも言われており、女性には特におすすめの野菜です。余剰な成分の排出を促すカリウムや強い抗酸化作用を持つアントシアニンも含まれている他、抗菌・消炎の働きもあります。「薬味」として重宝されるにふさわしい、嬉しい効果がたくさんですね。天ぷらなどの揚げ物にするときは、香りが失われていない熱々のうちに食べてくださいね。 この記事では、「みょうが」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • みょうがを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    独特な香りと風味のあるみょうが、さっぱりとしていながらもピリッと刺激もあって、そうめんなどの薬味に使われることが多いですよね。その香りにある成分のα-ピネンというものがスーッとした香りの主成分となりますが、こちらには頭をすっきりさせたり、神経の興奮を鎮めてストレスを和らげる効果も期待できるんです。さらに血液循環や消化を促進する働きもあるといわれるため、ぜひ積極的に摂りたい食材でもあります。みょうがのレシピを紹介していますので、ぜひ積極的に調理してみてはいかがでしょうか。普段食べていたみょうがとは違う味わいも発見できるかもしれません。 この記事では、「みょうが」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • みょうがを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ7選

    ミョウガの爽やかな香りはそうめんによく合い暑い日にぴったりですよね。小さな体のミョウガには、ビタミンC、カリウム、ビタミンB1、B2、葉酸などの栄養素の他にも、眠血行を促進して食欲増進、消化促進の効果が期待されるαピネン、抗酸化作用や血行促進のアントシアニンが多く含まれています。血行をよくする作用は体内の外へ余分なものを汗として出してくれるため、デトックス効果も期待されますね。食べる直前に刻むことが望ましいミョウガは、薬味以外にも様々な料理にアレンジできます。工夫して取り入れて、夏バテ知らずの暑い季節を迎えましょうね。 この記事では、「みょうが」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • みょうがを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    みょうがの旬は6月から10月となっています。さっぱりとしているので夏に食べたい食材ですが実がふっくらとした秋みょうがと呼ばれるものもあり、秋にも好まれている食材でもあります。スーパーには通年売られています。みょうがを食用としているのは日本だけです。香味野菜として親しまれています。みょうがには独特な香りがありますがこの香りはアルファピネンという成分によるものです。発汗させる作用や血液の循環を促す作用があります。また生理不順や更年期障害、生理痛などホルモンバランスを整える効果があり女性には嬉しい食材です。 この記事では「みょうが」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 薬味以外にも食べ方いろいろ!みょうが料理のレシピまとめ

    みょうがの旬は秋から夏にかけての間で、その中でも7月~8月に採れる「夏みょうが」9月~10月に採れる「秋みょうが」に分けられます。 みょうがは独特な香りのある食材で、その香り成分に食欲増進や夏バテ防止効果があります。 また、辛味成分には抗炎症作用があり、痛みを和らげる効果や、風邪予防にも効果的。 この記事では、みょうがの基礎知識に加え、みょうがの和え物・サラダ、おかずレシピ、ごはんレシピ、汁物レシピ、漬物レシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社