キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ひじきの記事一覧

キッチンブックの「ひじき」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • ひじきを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    家庭料理に欠かせないひじきは、わかめや昆布と同じように海藻の仲間です。日本では縄文時代から食べられていたという歴史のある食材なんですよ。ひじきの旬は3月~5月。天然のひじきはコシが強く、汚れが少ないのが特徴です。ひじきは栄養が豊富で、カルシウムは牛乳の12倍ともいわれています。また、食物繊維も多いので、便秘の改善や肥満予防に効果があります。ダイエット中の人は注目すべき食材ですね。ひじきを調理する前には水で戻す必要がありますが、戻し汁にはヒ素が多く含まれているため、料理には使わず捨ててください。煮物料理に使われることが多いですが、炒めてもおいしくいただけますよ。 この記事では、「ひじき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ひじきを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    柔らかくて口当たりが良く海藻ならではの旨味もたっぷりの、ひじき。煮物・サラダ・炊き込みご飯・天ぷらなど幅広いレシピに取り入れやすい食材です。「食べると長生きする」という古くからの謂れもあり、身体づくりに重要な栄養素が豊富に含まれてる健康的な食材です。栄養素の中でも代表的なものは、骨の生成やイライラの防止に効果的なカルシウム。牛乳の約12倍もの量が含まれています。その他、食物繊維やマグネシウム、皮膚の健康を守るビタミンAにも富んでいます。女性に嬉しい鉄分を含有していることも有名ですね。 この記事では、「ひじき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ひじきを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ5選

    家庭の定番煮物としておなじみの海藻「ひじき」。芽ひじきは葉の部分で、やわらかく歯触りが良いのでサラダやご飯に混ぜる具材として。長ひじきは茎の部分で、太くて長く歯ごたえがあり、炒め物や煮物などに向いています。ひじきは食物繊維やカラダに必要な必須ミネラルが豊富で、特にカルシウムと鉄を多く含みます。骨作りに大切なビタミンKとマグネシウムなども含まれ、きのこ類などビタミンDの多い食材と一緒に摂取することでカルシウムの吸収を促して骨を丈夫にしたり、成長を助けます。ひじきの鉄はビタミンCが豊富な野菜や動物性タンパク質と一緒に組み合わせると吸収率がアップ。ひじきと様々な具材と組み合わせてフライにすれば効率的に栄養を摂取でき、お子さんでも美味しく食べられます。 この記事では、「ひじき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ひじきを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    ひじきの旬は3月から5月です。種類は芽ひじきと長ひじきがあり、芽ひじきの細かい物を漕芽ひじきともいい、食感がやわらかく、長ひじきは別名茎ひじきといい、歯ごたえがあります。細長いひじきを集めたのを糸ひじきをいいます。9月15日は「ひじきの日」とされているほぼ、ひじきは栄養価が高く、特にカルシウムや食物繊維、マグネシウムが多いのです。ひじきの食物繊維は不溶性食物繊維も多いため、低カロリーでも満腹感を得られます。乾燥ひじきは光沢があり色ムラなく、大きさがそろっているものを選びます。 この記事では、「ひじき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ひじきを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ7選

    私たちの食卓に並ぶ海藻ではワカメなどと同じくらい馴染み深いひじき。「おふくろの味」として、ひじきの煮物は家庭料理の定番ですね。主に3月〜5月に旬を迎えるひじきは、房総、伊勢志摩、長崎県の島々で採取され、産地によって風味や加工方法が異なります。「芽ひじき」、「茎ひじき」、「糸ひじき」など採取する部分によって種類が分かれ、食感が大きく異なります。特徴に合わせて調理方法をアレンジして料理の幅が広がりますよ。カルシウム、食物繊維、マグネシウム、ビタミンが多く含まれるひじきは、低カロリーで満腹感を得ることができるのでダイエット中や、美容を意識する女性には嬉しい栄養がぎゅっと詰まっていますよ。 この記事では、「ひじき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ひじきを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    長崎・三重・大分・愛媛県が有名な産地の国内産ひじきは100%天然物です。ひじきの葉の部分の「芽ひじき」、茎の部分の「長ひじき」、冬に若いひじきを刈り取った「寒ひじき」の主に3種類に分かれるひじきには、歯や骨を強くするカルシウムが牛乳の約12倍、お腹の調子を整える食物繊維がごぼうの約7倍、血液の循環には欠かせないマグネシウムがアーモンドの約2倍と非常に豊富に含まれます。ひじきには乾燥のもの、生のもの、フリーズパックに入っているものなどあり、料理にアレンジしやすいひじきを積極的に使いたいです。多く作ってしまった煮物はリメイクしやすいので様々な料理に加えてアレンジしてみてくださいね。 この記事では、「ひじき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ひじき料理のレシピまとめ:カルシウム&食物繊維たっぷり!

    ひじきは、古くから日本人に親しまれている食材。 歴史は古く、縄文時代や弥生時代遺跡の発掘物にひじきと思われる海藻が付着していたことから、その時代から食べられていたとされています。 ひじきの旬は3〜5月ごろ。カルシウムや食物繊維など多くの栄養素を含んでおり、毎日の健康に欠かせない食材。 この記事では、ひじきの基礎知識に加え、ひじきの揚げ物・焼き物レシピ、煮物・蒸し物レシピ、サラダ・和え物レシピ、ひじきご飯のレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社