キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

数の子をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

数の子はお正月のお節料理に使われる定番食材で、卵の数が多く子孫繁栄を連想させるため、縁起物としてお正月に食べられるようになりました。きれいな黄金色が特徴で、「黄色いダイヤ」とも呼ばれる高級食材です。数の子には干し数の子・塩蔵数の子・味付け数の子があり、干し数の子と塩蔵数の子は塩抜きをしてから食べます。お正月以外ではなかなか食べる機会がありませんが、お節料理には子孫繁栄を願ってぜひ数の子を使いたいですね。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて数の子のレシピを紹介しています。数の子を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

数の子の栄養素

数の子には豊富な栄養素が含まれ、EPAとDHAが豊富に含まれています。EPAは血液をサラサラにして癌の予防にも効果を発揮し、アレルギーの症状を抑える効果があると言われています。DHAはアルツハイマーの予防に役立つと言われていて、動脈硬化や心筋梗塞などを防ぐ効果があるとされています。その他にも糖尿病や高血圧などの改善するコエンザイム、抗酸化作用のあるルテイン、疲労回復や高血圧を予防するペプチドなどが含まれています。

数の子の製造方法

数の子は過酸化水素に漬けて漂白と殺菌を行い、雑菌などを排除します。水洗いして残留過酸化水素を分解し、幾度か水洗いが繰り返します。飽和塩水に漬けられ塩締された後は、基準値をクリアしているか検査されます。自動選別機にかけられて重さにより選別され、コンピュータスケールで計量して箱詰されます。自動包装ラインでシュリンク包装された後、化粧箱に入れられたら完成です。

数の子の歴史

! /image/〇〇
数の子はニシンの魚の卵で、昆布など海藻に産卵します。14世紀頃に北海道から京都に昆布を納品した際に、ニシンが昆布に卵を産み付けた「子持ち昆布」が含まれていたことから数の子が知られるようになりました。にしんは昔「かど」と呼ばれていて、かどの子供で「かどの子」と呼ばれその後に「かずの子」と呼ばれるようになったと言われています。昔は塩漬けではなく干し数の子が食べられていました。

数の子の選び方

数の子の主な産地はアラスカ・カナダ・ロシアで、産地によって数の子の特徴が異なります。アラスカ産はサイズがやや大きめで、カナダ産のものは食感とうま味のバランスが良く評判がいいです。ロシア産は日本産のニシンと似ており、食味がよいのが特徴です。数の子には折れがない「一本羽」と、折れている「折れ子」があります。「一本羽」の方が商品として価値があり値段も張りますが、最近では折れ子を訳あり商品として安く販売しているところもあります。

数の子の保存方法

数の子は長期保存を目的に塩に漬けているので、冷蔵保存だと約1年保存できると言われています。いったん塩抜きしてしまうと、長期での保存はできないため早めに使い切りましょう。味付けした数の子は冷蔵保存して、3~4日以内に食べてしまいましょう。塩漬けされた数の子は長期保存できるので冷凍する必要はありませんが、一度塩抜きしたものは冷凍保存も可能です。塩抜きして調味液と一緒に冷凍すると、解凍した時に味が落ちにくくおいしく食べられます。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

数の子の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

数の子の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

数の子の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

数の子の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

数の子の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

数の子をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社