キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

数の子をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

数の子はお正月のお節料理に使われる定番食材で、卵の数が多く子孫繁栄を連想させるため、縁起物としてお正月に食べられるようになりました。きれいな黄金色が特徴で、「黄色いダイヤ」とも呼ばれる高級食材です。数の子には干し数の子・塩蔵数の子・味付け数の子があり、干し数の子と塩蔵数の子は塩抜きをしてから食べます。お正月以外ではなかなか食べる機会がありませんが、お節料理には子孫繁栄を願ってぜひ数の子を使いたいですね。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて数の子のレシピを紹介しています。数の子を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

  • 夜ごはんにオススメの数の子を使った人気レシピ10選!こんなレシピが欲しかった

    高価で黄金色をしていることから、「黄色のダイヤ」とも呼ばれる数の子。しっかりとした歯ごたえでプチプチとした食感が特徴のニシンの卵です。数の子には、体内ではほとんど作ることができないEPAとDHAが豊富に含まれており、血流の流れを良くし、脳神経の働きをよくする効果があります。また、疲労回復や生活習慣病の予防などに役立つペプチドや、目の健康を維持する働きがあるルティン、脂肪の燃焼をサポートし、ダイエットにも効果があるコエンザイムなど、さまざまな栄養が含まれています。お正月に食べるイメージがある数の子ですが、日々の食卓で楽しめるレシピもたくさんあります。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使ったおすすめ定番料理10選!まずはここからスタート!

    数の子はニシンの卵のことで、おせち料理の定番メニューです。子孫繁栄を願う縁起物で、古くから日本で愛され続けている食材です。数の子はプチプチとした質感や、金色の見た目も美しいことから、「黄色いダイヤ」とも呼ばれています。数の子は長期保存できるように塩漬けされてから売られています。食べる際は水につけて塩を抜くことが大切です。数の子は塩を抜きすぎると味気なくなってしまいます。単純な作業ですが、仕上がりの明暗を分けることになるので、こまめに味を見たりして気をつけてくださいね。お正月には欠かせない数の子の定番料理を多数ご紹介しています。手作りしたことがない方も、ぜひ試してみてくださいね。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの数の子を使った人気レシピ10選

    おせち料理の定番の数の子はニシンの卵で、二親(にしん)から多くの子が出るためめでたいとして古くから縁起物とされています。一般的に魚卵といえば痛風や腎臓障害を引き起こすプリン体がお多く含まれているようなイメージがありますが、数の子の場合は極めて低いことが特徴です。さらに、人の体内では作ることのできないEPAやDHAを多く含み、肥満の予防・改善効果や血糖値の改善、高脂血症の予防、記憶学習能力向上など様々な嬉しい効果が期待されていますよ。塩漬けされた数の子の場合、薄い塩水に浸けて少し塩分が残る程度で引き上げることがポイントです。塩分を抜きすぎると苦味が出てきてしまうため注意してくださいね。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中からおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの数の子を使った人気レシピ10選

    プチプチ、コリコリとした食感の数の子。卵の数が多く、子孫繁栄を意味することから縁起の良い食べ物としておせち料理などで使われています。そもそも数の子とは、ニシンという魚の卵。ニシンは昔、「カド」と呼ばれていて、「カドの子」が変化して「かずのこ」と呼ばれるようになったと言われています。数の子は魚卵ですが、イクラやタラコと比べてコレステロールが低いのが特徴です。DHAやEPAはマグロやサンマよりも高いため、健康的に食べられる魚卵を選ぶなら数の子がおすすめです。紹介する数の子の朝ごはんレシピは、おせち料理に使う数の子や松前漬けの残り物で作れるものもありますよ。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【調理法:パーティー料理】おすすめ10選

    にしんの卵巣又はその加工品を「数の子」と言います。数の子の旬は春であり語源は、秋田県でにしんのことを「かど」と呼び、「かどの子」から来ていると考えられています。スーパーなどで販売されているものは外国産が多く、国産の数の子を探すのは難しいのが現状です。数の子を選ぶ時のポイントは、塩でしっかりと身がしまっているものを選びましょう。栄養面では、魚卵ということからコレステロールが多いイメージが持たれがちですが、実は100g当たりに含まれるコレステロール含有量は鶏卵よりも少なく、一方でDHAやEPAは多く含まれています。料理のレパートリーが豊富な数の子を使い、数の子料理を楽しんでください。この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    数の子はプチプチとした食感が特徴のニシンの魚卵のことです。にしんの卵の数の多さから、子孫繁栄を願う縁起物としておせち料理には欠かせない食材です。鮮やかな黄色でおせち料理を彩ります。おせち料理として数の子を食べたことはあるけど、作り方はよく知らないという方も多いのではないでしょうか。こちらのレシピでは、おせち料理に使える、定番の味付け数の子からおせち料理で余った後にも使えるアレンジメニューまで幅広くご紹介しています。数の子にはEPAやDHAなどが豊富に含まれていて、栄養満点な食材でもあります。数の子は日もちさせるために塩漬けで売られていることがほとんどですが、上手に塩抜きすることで塩分もカットできます。年の始め以外でも、ヘルシーで体に良い縁起の良い数の子を食べてくださいね。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    コリコリとした食感の良さが人気の数の子。子孫繁栄を願う縁起物としておせち料理に欠かせませんが、お正月だけではもったいないほど美容や健康をサポートする栄養がたっぷり含まれているんです。体を作るのに大切な良質なたんぱく質が豊富なほか、生活習慣病の予防に役立つEPAやDHAが多く血液をサラサラにして動脈硬化を防いだり、内臓脂肪を減らす効果もありダイエットにも最適です。数の子には目の健康を守ってくれるルテインや肌の健康を保つCoQ10・ビタミンEなどの抗酸化成分も多く含まれ、美肌効果も期待できます。数の子には塩抜きをして食べる塩数の子や味付け数の子などの種類がありますが、塩数の子を塩抜きする時は真水ではなく薄い食塩水につけるのがポイントです。この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    数の子はニシンの魚卵を塩漬けにして作られる、おせち料理に欠かせない食材です。おせち料理の数の子は、子孫繁栄の願いを込めて詰められています。塩漬けにすることで日持ちしますが、食べる前には塩抜きして食べます。数の子の塩抜きの仕方は、薄皮のまま塩水に浸けておき、薄皮をむいてまた塩水につけておきます。好みの塩加減になったら出来上がりです。ポリポリとした歯切れのよい食感で、鮮やかな黄色の見た目は華があります。数の子はおせち用に買いすぎて余ってしまうことも多いですよね。そんな数の子を使ったアレンジレシピを数多く紹介します。ぜひレシピを参考にして、余った数の子も美味しく食べ切ってくださいね。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    おせち料理で大活躍。プチプチコリコリとした食感が楽しいニシンの卵、数の子。コレステロールを多く含むイメージが強い卵ですが、数の子は、イクラやたらこなどの他の魚卵と比べても、コレステロールが少ないのが特徴です。数の子には、青魚に多く含まれるといわれるEPAやDHAが豊富で、含有量はサンマやイワシ、マグロを上回ります。EPA、DHAは体内でのコレステロールの合成を抑える働きがあり、高血圧の改善に役立つなど、生活習慣病の予防や血糖値、アレルギー体質の改善などさまざまな効果があります。数の子の塩抜きは、真水ではなく、薄い塩水につけるのがポイントです。また、ほどよく塩味を残すことで、苦味を和らげてくれます。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ4選

    こりこりとした食感が独特で特徴的な数の子。子孫繁栄の願いがこめられ、おせち料理などでは定番のメニューであり、縁起の良い時に使われる食材でもあります。塩漬けにしてある事が多く、お吸い物や炒め物、和え物に使用され、料理のアクセントなる食材ですよね。そもそも数の子とは、ニシンの雌から取った卵の塊で、一粒一粒は非常に細かいですが、無数の卵が交互に決着しているため、全体としては長さ10センチ幅2センチほどの細長い塊となっています。基本的に価格が高く、見た目も黄金色をしていることから黄色いダイヤとも呼ばれています。そして、旬は3月~4月で、にしんの産卵期にあたります。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    ニシンの卵である数の子。いくらやたらこなど、魚の卵はコレステロールが高めですが、数の子は他の魚や鶏卵と比べてもコレステロールが少ないとされています。数の子にはエイコサペンタエン酸、つまりEPAが豊富に含まれているため、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを助ける働きが期待できます。魚の栄養素で有名なDHA(ドコサヘキサエン酸)も豊富なため、脳の活性化や生活習慣病の予防に効果的。ビタミンBや亜鉛なども含まれるため、老化防止や代謝アップを目指せるのもポイントです。ご飯に加えればプチプチとした食感がアクセントになり、箸が進みますよ。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    プチっとした食感の数の子。お正月など縁起の良い食材として昔から食されています。プチプチとしていて艶があり、目で見ても楽しめますよね。数の子は主に太平洋、もしくは大西洋でとれるニシンが原料となっています。太平洋で獲れるニシンはパリッとした歯触りが特徴的で、大西洋で獲れるニシンは水分量が多いため、主に味付け数の子に加工されています。そんな数の子ですが、DHAを多く含んでいる、天然のサプリメントと呼ばれていて、体内でコレステロールの合成を抑えてくれる効果があります。健康維持のためにも積極的に摂取していきたいですよね。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    コリコリとした食感が特徴の数の子。数の子はニシンの卵のことで、おせち料理では定番の食材ですね。卵がたくさん付いていることから、子孫繁栄の意味が込められ、縁起の良い食べ物として親しまれています。数の子はしょうゆ漬けや松前漬けなどの漬物のほか、和え物や炒め物のおかずでも食べられます。加熱すると焼きたらこのような食感になり、パスタや炊き込みご飯とも相性が良いでしょう。和風のおかずが主ですが、マヨネーズやキムチなどと和えれば洋風おかずや中華おかずにもなります。また、数の子は魚の栄養成分であるDHAやEPAが豊富に含まれているため、動脈硬化を予防したり、コレステロール値を下げる働きがあるとされています。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    縁起物としておせち料理に欠かせない数の子。コリコリとした独特の歯ざわりと豊かなうま味が魅力です。ニシンの卵である数の子には、サンマやマグロなどの青魚よりもDHAやEPAが豊富に含まれています。血液をサラサラにしたり血管を健やかに保つ働きがあるため、動脈硬化を防いだり肥満予防にも役立つなど生活習慣病の予防に効果的です。数の子はタラコやイクラなどの魚卵と比べてコレステロールやプリン体も少ないので、健康が気になる人に最適な食材ですよ。数の子を和え物にすることで程よい塩気と食感がアクセントになりお酒やご飯が進む一品が簡単にできます。野菜や魚介類と合わせたり、マヨネーズで和えたりとレシピのバリエーションも豊富なので健康維持に役立つ数の子をぜひ活用しましょう。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    数の子はニシンの卵で、プチプチとした食感が特徴です。ニシンはたくさんの卵を持つため、「たくさんの子供に恵まれるように」「代々続くように」という願いを込め、おせち料理に数の子が使われます。魚の卵はコレステロールやプリン体が多いイメージがありますが、数の子はそれらが少ないとされています。ただし、濃い味付けをした場合は大量に食べるのは控え、塩分のとりすぎに注意してくださいね。数の子の食べ方は、主にしょうゆ漬けや松前漬け、塩漬けなど、シンプルな料理が多いですが他にもご飯に合わせたり、きのこ類に合わせたりするレシピもあります。おかずにもおつまみにもなる食材なので好みのレシピを見つけてみてはいかがでしょうか。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    数の子はニシンの卵でプチプチとした食感が特徴的で、お寿司やおせち料理に欠かすことができない食材です。魚卵はコレステロールやプリン体が多く体によくないイメージがありますが、数の子はプリン体の含有率が低く、栄養価が非常に高い食材です。数の子にはEPA、DHAが豊富に含まれているため、肥満防止効果や血中の脂質を改善する効果があります。スーパーには塩漬けされた数の子が売られていてこのままではしょっぱいため塩抜きをして料理に使います。また塩抜き済みの数の子なども売られているので、サラダ等のレシピに手軽に活用することができます。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    おせち料理のひとつでもある数の子は、ニシンの卵です。プチプチとした食感が特徴的であり、塩数の子や味付き数の子の状態で売られています。数の子に含まれている栄養で注目したいものが、コレステロール・DHA・EPA・です。魚卵である数の子はコレステロールが多いイメージを持ちやすいですが、実際に含まれているコレステロールは鶏卵やいくらに含まれている量の半分程度です。DHAやEPAはサンマやまぐろよりも多く含まれており、これらは動脈硬化を予防する作用が知られています。マイナスのイメージを持たれやすい数の子ですが、健康維持に必要な栄養素も多く含まれているので色々な料理に取り入れてみてください。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ8選

    子孫繁栄を願う縁起物としておせちに欠かせない数の子。コリコリとした歯ごたえの良さと噛むほどに広がるたっぷりのうまみが魅力です。にしんの卵である数の子はコレステロールやプリン体が多いイメージがありますが、コレステロールは他の魚卵に比べて少なく、プリン体は食品の中でも極めて少ないのが特徴です。青魚に多く含まれるEPAとDHAがサンマやマグロよりも豊富で、血液をサラサラにしたり血中の中性脂肪を下げる働きや動脈硬化を予防するなど生活習慣病の予防にも役立つ健康食材なんです。おせちで残った数の子は、パスタやチャーハンの具材にしたり野菜と合わせて炒めることで、独特の食感と塩気がアクセントになりおいしく食べられますよ。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ4選

    数の子は鰊の卵です。魚卵の一種で魚卵にはプリン体が多く含まれていますが、数の子はプリン体が少なくコレステロールも低い食材です。数の子にはDHA、EPAが豊富に含まれています。DHA、EPAはコレステロールを抑え体の外へ出す作用があります。数の子と言えばお正月のおせちのイメージがありますが、沢山の栄養が含まれているので普段の食事に取り入れてはいかがでしょうか。そのまま食べるのはもちろんおいしいのですが、数の子をアレンジしたレシピが多く紹介されています。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ6選

    お正月の定番として人気の数の子。数の子は卵の数が多く子孫繁栄を連想させることから、縁起物としてお正月に食べられるようになりました。数の子はニシンの魚卵のことで、小さな卵が結着して長さ約10cm、幅2㎝ほどの塊になっています。お店で手に入るものは主に干し数の子・塩蔵数の子・味付け数の子で、干し数の子と塩蔵数の子は塩抜きをしてから食べます。数の子はEPAとDHAを豊富に含み、高脂血症や動脈硬化の予防などに効果があります。「黄色いダイヤ」とも呼ばれ、価格が高めでお正月に食べられる貴重の食材です。お節で数の子が余った際には、色々なアレンジ料理も楽しめるのでぜひ作ってみてくださいね。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ3選

    数の子はニシンの魚卵のことを言い、古くからお正月の定番の食材として食されています。ちなみに数の子は卵の数が多く子孫繁栄を連想させることから、縁起物としてお正月に食べられるようになりました。卵の塊を天日干しや塩漬けにしたものを食用として使い、コリコリとした食感で見た目が黄金色のため「黄色いダイヤ」とも呼ばれています。数の子は抗酸化物質のコエンザイムとルティン、疲労回復や高血圧予防するペプチドなど豊富な栄養素が含まれています。その他にもEPAとDHAを豊富に含み、EPAとDHAは高脂血症や動脈硬化の予防などに効果があり、体内では作ることができないためお正月にしっかりと数の子を食べたいですね。お正月に数の子が余ったら、アレンジ料理を作ってみてはどうでしょうか。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ4選

    コリコリとした食感が楽しめる数の子。ニシンの卵ですが、魚卵に多いとされる、コレステロールはイクラの約1/2以下、プリン体は、たらこ、明太子の約1/5〜1/7以下と、他の魚卵に比べて少ないのが特徴です。さんまやマグロよりも多いDHA、EPAを含み、血糖値や血中コレステロール値を下げる効果があるため、生活習慣病の予防に期待されています。プリン体も極めて少ないため、尿酸値を気にされる方にも最適です。塩抜きをして用いる塩数の子が一般的ですが、そのまま食べられる味付き数の子、天日干しをした干し数の子など、さまざまな風味の数の子があります。紹介する数の子の焼くレシピでは、おせち料理で余った時にアレンジできるレシピや、健康維持にも最適な、お酒のお供にぴったりのレシピもありますよ。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 数の子を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ8選

    お正月のおせち料理に入っている数の子。華やかな黄色い数の子は、おせち料理の中でも目立つ存在ですよね。数の子はニシンの魚卵で通常は塩漬けにして売られています。これは鮮度を保つために海水より濃度を高くしてあるためで、食べる際には塩抜きが必要です。家庭では、お正月にしか食べないという人もいるかもしれませんね。日常的に数の子を食べることは少ないでしょう。しかし、なかにはお正月に食べきれなかった数の子に困った経験をした人もいるのではないでしょうか。 この記事では、「数の子」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社