キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ハムをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ソーセージやベーコンは火を通さないと食べられませんが、ハムは火を通さなくてもそのまますぐに料理に使えるので便利です。サラダやサンドイッチ、炒め物、パスタやチャーハンの具材など、幅広い料理に使えます。肉や魚を切らしていても、ハムがあれば手軽にメインのおかずが作れるのが魅力です。お弁当のおかずにも使える便利な食材で、いつも家に常備しておきたい食材の1つですね。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてハムのレシピを紹介しています。ハムを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

  • 夜ごはんにオススメのハムを使った人気レシピ9選

    手軽に食べられて、良質なタンパク質を含むハムは私たちの日常の食卓に馴染み深い食材です。タンパク質は、朝ごはんに摂取すると寝ている間に下がった体温を上昇させる働きがあり、夜ごはんではカルシウムと一緒に摂ることで眠っている間に分泌される成長ホルモンに働きかけるため特に育ち盛りの子供には欠かせません。ハムの原材料の豚肉には糖質をエネルギーに変えるビタミンB1を豊富に含むため労回復に効果的です。玉ねぎやニンニクと一緒に摂ることで吸収率がアップするため調理の際に工夫して取り入れてみてくださいね。ビタミンは水に溶けやすい特徴があるためスープにしてもおすすめですよ。 この記事では、「ハム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ハムを使ったおすすめ定番料理10選!困ったときにはコレ!

    ジュワッとジューシーな味わいが特徴であるハム。種類も豊富で、選び切れないほどありますよね。サンドイッチや朝食にぴったりで、最近では、スーパーやコンビニでもバラエティー豊富に取りそろえられています。そもそもハムとは何かというと、豚肉の塊を塩漬けした加工食品のことを指します。主にもも肉を使用して作られることが多いですが肩肉やロース肉などハムも一般的です。そんなハムにはビタミンB1が含まれていて、ビタミンB1には糖質をエネルギーに変換するためのサポートをする働きがあります。ロースハムには100gあたり0.6mg含まれています。糖質を多く摂取するこたで、ビタミンB1の必要量も増えるので、積極的に摂りたい成分のひとつですね。 この記事では、「ハム」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社