キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

はんぺんをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

おでんや煮物によく使われる練り物の代表格がはんぺんです。はんぺんの形のまま使うレシピやカットして使うレシピなど様々な調理法に適していて、価格が安いため節約したい時の主婦の強み味方の食材です。味が淡白でクセがないため食べやすく、使う調味料で違った味わいに仕上がります。主に和食に使われますが、はんぺんにピザソースとチーズをのせてピザ風にするなど、洋風の食材とも合うので色々なアレンジを楽しめます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてはんぺんのレシピを紹介しています。なすを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

はんぺんの原材料

はんぺんは魚肉を使った練り製品のことで、原材料は白身魚になります。スケトウダラやキントキダイなどがよく使われ、カジキ・ヨシキリザメ・アオザメなども使われることがあります。白身魚のすり身に卵白・山芋・塩・出汁などを加えています。卵白や山芋を使うことで、はんぺん独特のふわふわとした食感を出しています。

はんぺんの製造方法

はんぺんの作り方は工場で製造される場合は、白身のすり身に卵白・山芋・調味料を加えて練り、型取りして茹でて冷却してから梱包されます。自宅で手作りする場合は、白身魚をフードプロセッサーで細かくし、卵白を加えてすりつぶしてみりんと砂糖を加えます。すった山芋を加えてすりつぶして、塩を入れて成形して茹でたら完成です。

はんぺんの栄養素

はんぺんは見た目によらず栄養素が豊富です。主原料は白身魚なのでたんぱく質が多く含まれ、たんぱく質は内臓や筋肉を作るのに必要不可欠な栄養素です。その他には炭水化物・カルシウム・ナイアシンなどが含まれています。はんぺんは栄養素が豊富なだけなく、低カロリーかつ低脂肪なのでダイエットにも適した食材です。塩分が多めなので食べすぎには注意が必要です。

はんぺんの種類

はんぺんと言えば白色の三角形のものを思い浮かべますが、このはんぺんは「浮ききはんぺん」と呼ばれています。はんぺんは成形した後、沸騰したお湯で茹でるためお湯に浮いている姿から、浮きはんぺんと呼ばれます。その他にはサンドはんぺんがあり、はんぺんの間にチーズやカレーなどを挟んでいます。明太子やナポリタンソースなどを挟んだ変わり種も発売されているので、試してみてはどうでしょうか。

はんぺんの消費期限

消費期限とは開封してからいつまで食べられるか、という目安のことを言います。はんぺんは開封したら、できるだけ早く使い切りましょう。消費期限は冷蔵庫で約1週間~10日を目安と思って、はんぺんを使ったレシピを調べて早く食べきるのをおすすめします。どうしても使い切れない場合は、保存袋に入れて冷凍庫で保存できます。冷凍庫で保存する場合も、2~3週間で使い切るのをおすすめします。

厳選おすすめレシピのまとめ一覧

はんぺんの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

はんぺんを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

ふわふわとした優しい口当たりが特徴のはんぺん。魚のすり身から作られるので、たんぱく質が豊富に含まれるため栄養価が高く、安価で手に入れられるので私たちの食卓には嬉しいことがたくさん揃っていますね。さらに、味や香りにクセもなく、そのままでも加熱しても美味しく様々な料理に活用できて使い勝手もいいです。ほのかな甘みと塩気のバランスも絶妙で、さまざまな料理に適しています。おつまみやお弁当など、パパッと作りたいメニューにもボリューム満点で簡単にでき、冷蔵庫に常備しておくとあと一品ほしいなという時にも便利ですよ。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

はんぺんを使った人気レシピ【調理法:炒める編】おすすめ10選

はんぺんは、白身魚に卵白と山いもを加えて作る練り物です。ふんわり柔らかい食感が特徴で、子どもからお年寄りまで安心して食べられますよね。古くは室町時代の料理書にも記述があり、江戸時代には広く食されていたことが分かっています。はんぺんに含まれる主な栄養素は、魚由来の良質なたんぱく質。必須アミノ酸がバランス良く含まれているため、より効率良く作用してくれます。100gあたり約94kcalと低カロリーで、脂質も少ないヘルシーフードです。比較的安価で手に入れやすく、下処理も不要。あっさりとした風味で様々な食材に合い、幅広い調理法や味付けで取り入れやすいのも特長です。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

はんぺんを使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ10選

安くてやわらかい食感が特徴のはんぺん。魚のすり身が原料なので、魚の栄養がたっぷり入っています。たんぱく質やカルシウムが豊富なので、育ち盛りの子どもにはぜひ食べさせたい食品ですね。また、やわらかさの点から、高齢者の食事にもぴったりです。消化が良いのもうれしいですね。静岡県焼津市の名物「黒はんぺん」は白身魚を原料とする白はんぺんと違い青魚を原料とし、こちらも栄養価が高いんです。機会があればぜひ食してみてくださいね。焼いたり、おでんの具にして食べるのもいいですが、フライにして食べるのもおすすめです。チーズやハムなど、はんぺんにはさむ具材を変えれば、アレンジも広がりいろいろなフライができますよ。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

はんぺんを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

はんぺんは、竹輪などと同じ練り物のひとつ。日本で発祥し、室町時代末期にはすでに食べられていたことが判明しています。白身魚に卵白・山いも・少量の調味料を加えて作られており、低脂肪かつ高タンパクなのが特長です。特に魚のタンパク質は良質で、必須アミノ酸のバランスが良いため、効率よく摂取することが出来ます。空気を含んだふんわりとした食感で満足感もあり、ダイエット中の人も安心して食べられますね。優しい風味で、様々な食材と組み合わせやすいのも長所。おでんや煮物はもちろん、焼いても揚げても美味しくいただける食材です。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

はんぺんの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

はんぺんを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

ふわふわの軽い食感で人気を集めている、はんぺん。その歴史は古く、室町時代の書物の中にはんぺんが登場しています。はんぺんは、白身魚のすり身に卵白ややまいもを混ぜて作られます。この時に空気をたっぷりと含ませることで、あのふわふわの食感が生まれるのです。白身魚から作られるはんぺんは、栄養面でも、低脂質で良質なタンパク質を豊富に含み、私たちの体に必要な必須アミノ酸をバランス良く含んでいます。また、100円前後で安く手に入るはんぺんは、家計の強い味方ですね。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

はんぺんを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

ふんわりとしたソフトな食感が人気のはんぺん。白身魚のすり身にやまいもや卵白を混ぜて作ります。しっかりと攪拌(かくはん)して空気を含ませることで、独特のふんわりとした食感が生まれます。はんぺんの歴史は古く、室町時代の料理書に、既にはんぺんが登場しています。昔から親しまれてきたはんぺんは、地域によってさまざまな種類があります。京都地方ではハモ肉から作られる半円形のあんべい、三重県ではぷにっとした食感が特徴の伊勢はんぺん、静岡では青魚をまるごと使う黒はんぺんなどがその一例です。はんぺんは、魚の栄養を手軽に摂取できるので、日々の献立に積極的に取り入れたいですね。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

はんぺんを使った人気レシピ【調理法:炊く編】おすすめ10選

はんぺんは魚肉を使った練り製品のことで、魚肉のすり身にその他の副原料を混ぜてよく練って茹でたものです。原料の魚にはスケトウダラやカジキなどが使われ、安く手に入るためかさ増し用の材料にも使われます。おでんや煮物などはんぺんの形そのままに使うものから、小さくカットして他の材料を混ぜて揚げたり焼いたりと、様々な料理に使うことができます。味にクセがなく淡白な味わいで、どんな食材とも合わせやすくアレンジが効きやすいのが特徴です。はんぺんは魚のすり身から作られているためたんぱく質が豊富で、はんぺん1枚は約94kcalと低カロリーなのでダイエット中にも使える食材です。アイデア次第でさまざまな料理に使えるので、料理に積極的に使ってみてはどうでしょうか。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炊く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

はんぺんを使った人気レシピ【調理法:茹でる編】おすすめ7選

ふんわりとした軽い食感のはんぺん。スーパーに行くと1年を通してリーズナブルな値段で購入できる、家計の味方ですね。はんぺんは、白身魚のすり身とやまいもなどの材料から作られています。魚を加工したはんぺんは、ロイシン、イソロイシン、リジン、バリンなど、人の体では合成が難しい必須アミノ酸をバランス良く含み、良質なタンパク質でできているのです。さらに、はんぺんは脂質が少ないので、ヘルシーな食品です。手軽に食べられて栄養満点なはんぺんは、毎日の食卓に積極的に取り入れたい食材の1つですね。低脂質高タンパクなはんぺんを使って、美しく健康的な体を目指しましょう。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

はんぺんの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

はんぺんを使った人気レシピ【料理の種類:おかず編】おすすめ10選

はんぺんは、練り物の一種で、白身魚のすり身にやまいもや卵白などを加え、蒸して作ります。ふんわりとした軽い食感が特徴です。魚で作られたはんぺんは、良質なタンパク質を豊富に含み、栄養満点。人の体ではほとんど合成されないロイシン、イソロイシンなどの必須アミノ酸をバランス良く含んでいるのです。魚はうろこや骨を取り除いたり、頭や内臓を取ってさばいたり、下処理に手間がかかりますよね。はんぺんは、そういった手間をかけずに、手軽に魚を食べられるのがうれしいポイントです。くせのない味わいのはんぺんは、おかずにぴったり。煮込み料理やフライ料理、焼き物など、どんな料理にも合わせやすいのが特徴です。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

はんぺんを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ編】おすすめ10選

はんぺんは使い勝手のいい食材としてよく料理に使われます。面倒な下ごしらえなしで食べられて、焼いて醤油をつけるだけもおいしく食べられる手軽な食材です。はんぺんは魚肉を使った練り製品のことで、スケトウダラやカジキ、サメなどの魚のすり身にやまいもなどの他の材料を合わせて練って茹でたものです。おでんにかかせない材料で、おでん以外にも煮物や炒め物に使われ、和食以外にもフライやグラタンなど洋食のレシピでも活躍します。安く手に入り節約したい時にも活躍して、どんな食材とも合わせやすくアレンジが効きやすいのが特徴です。はんぺん1枚のカロリーは約94kcalと低いので、ダイエット中にも安心して食べられますよ。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

はんぺんを使った人気レシピ【調理法:あえる編】おすすめ10選

おでんの定番の材料と言えばはんぺんです。はんぺんはおでん以外にも煮物や炒め物、揚げ物などさまざまな料理に使われます。和食以外にもチーズを挟んで揚げたり洋食の素材ともよく合って、アレンジが効きやすい食材です。はんぺんは魚肉を使った練り製品のことを言い、スケトウダラやカジキなどの魚のすり身にやまいもなどを混ぜて練って茹でたものです。おでんのようにはんぺんの形そのままに使うものから、カットとして他の具材と合わせるなど自由に使えるのが魅力です。はんぺんは魚のすり身から作られているためたんぱく質が豊富で、安く手に入るので節約したい時にも活躍する食材です。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

はんぺんを使った人気レシピ【調理法:レンジ編】おすすめ10選

はんぺんとは、魚のすり身にすりおろしたヤマイモをメインに混ぜてつくる魚練り食品です。おでんなどの鍋料理に使用したり、チーズをのせて焼いたりと、調理のアレンジがきくことも特徴の一つで、ふわっとした食感と甘みに人気があります。低カロリーな上にたんぱく質が豊富に含まれているため、ダイエット効果が高いのも人気なポイントです。はんぺんに含まれるビタミンB1という成分が摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあるので痩せやすい体をつくることができると言われています。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

はんぺんの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

はんぺんを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ編】おすすめ10選

江戸時代より多くの人に食べられていたといわれる私たちの食卓になじみの深いはんぺん。はんぺんの主な原財料、それは白身魚です。はんぺんのふわふわとした食感は魚肉に山芋や卵白を加えて作ることで生まれます。地域によってはんぺんの特徴に違いがあり、郷土料理に合ったはんぺんで料理するのも楽しいですよね。味は白身魚の香りがふわっとする程度なので、調味料や食材を選ばずアレンジしやすいアイテムでもあります。また、価格も100円程度で購入できるものが多いため、家計にも優しく使いやすいですよね。今日は、簡単にすぐできる、はんぺんを使ってお酒に合う絶品おつまみを作ってみませんか。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

はんぺんを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯編】おすすめ10選

魚の白身からできているはんぺんですが、たんぱく質を多く含み脂質の含有量が低いため、高たんぱく低脂肪の食品です。消化吸収がよく、育ち盛りの子どもから食生活に気を遣うご年配の方にもおすすめです。白いはんぺんが一般的ではありますが、イワシをまるごと入れた黒はんぺんや食紅で色付けした短冊状の練り物も地域によってははんぺんと呼ばれていて、地域によってさまざまな種類があるのも魅力的ですよね。おかずにもご飯にもよく合うはんぺんは日々の私たちの食卓に大活躍です。さっとつくれるご飯に合うはんぺんのレシピのレパートリーを増やしてみませんか。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から。【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

はんぺんを使った人気レシピ【料理の種類:パン編】おすすめ10選

はんぺんのもとは白身魚の練りものです。スケトウダラ、キントキダイや巨大なクロカジキなどの魚が使用されています。はんぺんを作る過程で、塩などの調味料が使用されています。また発泡性がある卵白や山芋が、空気を含ませたすり身に加えられていることで、フワフワで軽い食感のはんぺんに出来上がっています。低脂肪でとてもヘルシーな練り物。お湯に浮かせてできるはんぺんの名前を「浮きはんぺん」と言われています。焼いたりしたはんぺんをパンとして具材を挟んで使用するレシピがあれば、他の食材と一緒に混ぜて食パンなどに挟んで作るレシピもあるのです。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:「パン」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

はんぺんを使った人気レシピ【料理の種類:麺編】おすすめ10選

はんぺんには筋肉や血液を作るのに必要なたんぱく質が豊富に含まれています。魚のたんぱく質はイソロイシンなど9種類の必須アミノ酸をバランスよく含むうえ、はんぺんは低カロリーで低脂肪のヘルシーな食材で、塩分量はウインナーソーセージやしらす干しに比べても量が少ないのです。消化吸収にも優れているので子供から年配の方にもおすすめできます。安価で手に入るはんぺんは、ボリュームアップもできる食材です。包丁を使わずとも切れるので子供でも安心。いろいろな麺の上にのせたり、麺に混ぜ合わせたレシピがあります。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

はんぺんの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

はんぺんを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ編】おすすめ10選

江戸時代より多くの人に食べられていたといわれる私たちの食卓になじみの深いはんぺん。はんぺんの主な原財料、それは白身魚です。はんぺんのふわふわとした食感は魚肉に山芋や卵白を加えて作ることで生まれます。地域によってはんぺんの特徴に違いがあり、郷土料理に合ったはんぺんで料理するのも楽しいですよね。味は白身魚の香りがふわっとする程度なので、調味料や食材を選ばずアレンジしやすいアイテムでもあります。また、価格も100円程度で購入できるものが多いため、家計にも優しく使いやすいですよね。今日は、簡単にすぐできる、はんぺんを使ってお酒に合う絶品おつまみを作ってみませんか。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

はんぺんを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当編】おすすめ10選

私たちの普段の食卓になじみの深いはんぺん。はんぺんは白身魚のすり身とヤマイモを合わせて作る魚肉練り製品と言われ、たんぱく質を多く含み脂質の含有量が低い高たんぱく低脂肪の食品です。消化吸収がよく育ち盛りの子どもから食生活に気を遣うご年配の方にもおすすめできる体に優しい食品です。また、はんぺんは味がまろやかで、調味料や食材を選ばずアレンジしやすいアイテムでもあります。価格も安価で購入できるものが多く、地域によってさまざまな種類があるのも魅力的ですよね。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

はんぺんを使った人気レシピ【料理の種類:離乳食編】おすすめ9選

ふわふわとした食感が魅力のはんぺん。主原料はスケトウダラなどの白身魚のすり身で、魚肉タンパク質が豊富です。脳の発達に欠かせないDHA、EPAが摂取できるのも嬉しいですね。はんぺんはそのまま手軽に使えて魚の栄養も摂取できる離乳食に便利な食材なんです。野菜や鶏ひき肉などと一緒に混ぜ込んで団子やおやきにすることで、ふわっと柔らかくなり食べやすくなります。はんぺんには卵が使われる商品もあり、卵アレルギーのお子さんは注意が必要です。練り物食品には保存料などの食品添加物を含む物もあり、離乳食期に与える場合はなるべく無添加に近いものを選びたいですね。離乳食の進み具合に応じて離乳食後期〜完了期頃から少量ずつお子さんの様子を見て取り入れると良いでしょう。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

はんぺんをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社