キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

餃子をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

日本人の大好きな料理の1つに上げられるのが餃子です。中国では水餃子が主流ですが、日本の餃子は中国から伝わった後独自に進化して、主に焼き餃子が主流になっています。その他にも揚げ餃子もあり、キムチやカレー粉を入れるなど色々とアレンジされたレシピも人気があります。ラーメンとセットで食べられることが多いですが、ご飯ともよく合いビールのおつまみとしてもぴったりです。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて餃子のレシピを紹介しています。餃子を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

餃子の歴史

餃子の歴史は古く紀元前6世紀頃に、中国の山東省で誕生したとされたと言われています。日本で餃子が食べられるようになったのは昭和初期で、ごく最近の歴史の浅い食べ物です。中国に暮らしていた日本人が水餃子を宇都宮に伝えたのが始まりと言われ、生の餃子を焼いて食べるようになったことから焼き餃子が定着しました。アジア諸国では餃子のような皮に、肉や野菜を包んだ餃子に似た料理が数多く存在します。

餃子の基本的な材料

餃子の基本的な材料は、豚肉・キャベツ・ニラ・にんにく・しょうがになります。基本的な調味料は、酒・醤油・胡麻油・塩・こしょうで、餃子の皮の材料は小麦粉と水と塩です。キャベツの代わりに白菜、ニラの代わりにネギを使うこともあります。豚肉の代わりに鶏肉やエビを使うことも多く、好みに合わせて色々とアレンジが効くのでさまざまな餃子を作ることができます。

餃子の基本的な作り方

! /image/〇〇
餃子の作り方はひき肉に調味料を加えてよく混ぜて、みじん切りにした野菜類を加え軽く混ぜ合わせます。そのままラップをして冷蔵庫で1時間置いて味をなじませ、餃子の皮に包みます。フライパンに油をたっぷりと敷いて餃子を並べて、焼き色がついたら熱湯をかけて蓋をします。熱湯の量は10個あたり80mlを目安に入れてください。蒸し上がったらごま油を入れて、カリッと焼き上げたらできあがりです。

餃子の賞味期限

手作りの餃子は冷蔵保存でも置いておくと水分が出て皮がべっちゃりとしてしまうため、おいしく食べるための賞味期限は1日を見ておきましょう。冷凍保存する場合は賞味期限の目安は約1ヶ月ですが、できるだけ早く食べきるのがおすすめです。焼いた餃子は冷蔵庫で2~3日は持ちますが、長く保存しすぎると菌が繁殖するため早く食べてしまいましょう。市販の餃子は賞味期限を守って使い切るのがおすすめです。

餃子の保存方法

手作り餃子の保存は冷凍がおすすめです。急速冷凍できるのでアルミ製のバットを使うのがおすすめです。バットに餃子のくっつきを防ぐために、クッキングシートを敷くか片栗粉をまぶして間隔を少し開けて餃子を並べます。ラップをかけて餃子を冷凍し、凍ったらジップロックなどの保存袋に入れて空気を抜いて密封してから保存します。食べる時は自然解凍すると皮がべっちゃりとしてしまうため、凍ったまま蒸し焼きにします。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

餃子の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

餃子の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

餃子の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/
#餃子 の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集
! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

餃子の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

餃子をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社