キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

イサキの記事一覧

キッチンブックの「イサキ」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • イサキを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    地方によっては「イサギ」や「イセギ」とも呼ばれるイサキは、夏を代表する魚の一つです。クセのない白身魚で脂も程よくのり、新鮮なものは刺身や塩焼きが最適です。他にも、煮付け、ムニエル、唐揚げ、汁物にすると魚が苦手な方でも食べやすくておすすめです。初夏から夏に獲れるイサキは比較的脂肪が多めで、DHAやEPAなどの青魚特有の脂肪酸が多く、カルシウムの吸収をよくするビタミンDや、体内の脂肪の酸化を予防して老化予防に効果的なビタミンEを含み、子供から大人まで積極的に食べていただきたいですね。骨やヒレが硬いため、調理の際や小さな子供が食べるときは注意してください。 この記事では、「イサキ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • イサキを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ7選

    初夏の魚として人気のあるイサキは、漢字では「伊佐幾」と書きます。イサキは主に本州の中部から東シナ海にかけて分布しています。産卵期は6月から9月であり、旬は5月から8月なので、この時期のイサキは脂がのっておいしいです。イサキには100g当たり5.7gの脂質が含まれており、DHAやEPAなどの脂肪酸も含まれています。その他の栄養素としては、抗酸化作用を持つビタミンEや骨の血液中のカルシウム濃度を保つビタミンD、エネルギー代謝にかかわるビタミンB群など体の健康維持に必要な栄養素を多く含んでいるのが特徴です。味にクセがない白身魚なので、是非色々なレシピに取り入れてみてください。 この記事では、「イサキ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【イサキのレシピ10選】定番の和食レシピからおしゃれなイタリアンまで!

    ムニエル、煮付け、フライ、塩焼き、刺身など、様々な料理にアレンジできるイサキ。初夏から夏に旬を迎え、程よく脂がのっていることが特徴です。カルシウムの吸収を助けるビタミンDや、脂質の酸化を防ぐビタミンEが多く、不飽和脂肪酸であるEPAには、動脈硬化や高血圧の予防、アレルギー症状の緩和などに効果が期待され、DHAには記憶力・学習能力の向上、コレステロール値低下などの効果が期待されます。比較的手頃な価格で入手できて栄養バランスが整ったイサキはぜひ家族みんなで食べたい食材ですね。黒くて艶があり、お腹が硬めで張っている状態のものを選んで美味しく調理してください。 この記事では、「イサキ」とはどういう食材なのか紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のおすすめレシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社