キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

枝豆をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ビールのおつまみの定番になっている枝豆は、和食によく使われる豆として人気があります。鞘に入ったまま茹でて食べる以外にも、鞘から豆を出してご飯や麺類と一緒に料理したり炒め物や揚げ物など幅広い料理に使えます。黄緑色のきれいな色あいが料理のアクセントになって、彩をプラスします。味や臭いにクセがなく子供のおやつにもぴったりで、幅広く使える食材です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて枝豆のレシピを紹介しています。枝豆を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • 枝豆を使ったおすすめ定番料理10選!ビールに合うのはどれだ!

    夏のおつまみとして欠かせない枝豆は、冷凍食品としても流通しているためとても手軽に食べることが出来る食品のひとつです。枝豆はマメ科ダイズ属に分類され、原産は中国と考えられています。枝豆の代表的な種類には、甘みがあり少し茶色く帯びている「茶豆」、とうもろこしに似た香りと甘さが持ち味の「だだちゃ豆」、大粒で甘みが特徴的な「丹波黒大豆」などがあります。枝豆に含まれる栄養素には、カルシウム・カリウム・葉酸・カロテンなどが多く含まれていますが、特に注目したい栄養素が葉酸です。この栄養素は血液を作る働きや胎児の成長に必要な栄養素でもあり、妊娠時にはサプリメントで摂ることも勧められています。枝豆は茹でておけば冷凍保存もできるので、おつまみや料理にも取り入れやすいのでお試しください。記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの枝豆を使った人気レシピ10選

    大豆の未成熟な状態を収穫する枝豆は、夏に旬を迎えるお酒のお供に最適な食材です。実際に枝豆とお酒は相性抜群で、枝豆に含まれるアミノ酸の一種「メチオニン」によってアルコールの分解を促して肝機能の働きを助ける作用が期待されています。他にも、糖質をエネルギーに変えるビタミンB1とB2が豊富なため、夏バテ予防や疲労回復に効果的ですよ。さらに食物繊維や鉄分も含むため便秘対策や貧血予防など、特に女性の悩みの解消にぴったりですね。鮮度が落ちやすい枝豆は手に入れたら早めに茹でることを心掛けて、湯の量に対して4%の塩分で茹でるのがベストです。余熱でも火が通るので3〜5分程度でさっと火を通してくださいね。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのご飯を使った人気レシピ10選

    ご飯は日本人の主食として一番身近な存在であり、和洋中のおかずに合わせやすいので日常的にもパンや麺よりもご飯の摂取量が多い方も多いと思います。ご飯に含まれる栄養素には炭水化物・たんぱく質・脂質・ミネラル・ビタミン・食物繊維などがあり、特に炭水化物を多く含んでいるのが特徴です。米からご飯へと調理する際に使う調理器具として身近なものに炊飯器がありますが、炊飯器で炊いたご飯を長時間置いておくと米がでんぷん化してしまい、ご飯に黄ばみが出て来たりするので、炊飯器の中で長時間保温しておくのはお勧めできません。ご飯が余ってしまったら、ラップ等で包み2日程度なら冷蔵庫保存、それ以上保存する場合は冷凍保存しましょう。この記事では、「ご飯」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメの枝豆を使った人気レシピ10選

    ビールのおつまみとして人気の枝豆は、塩茹でするだけで簡単に作れるお酒のおつまみとして重宝されています。おつまみ以外にも鞘から豆を出して、春巻きやかき揚げに入れたり、和え物、炒め物、スープ、蒸し物など幅広い料理に使われます。枝豆は未成熟の大豆を収穫したもので、収穫時期が違うだけで大豆とほぼ同じ栄養素になっています。枝豆に含まれるオルニチンは成長ホルモンの分泌を促進する働きがあり、育ち盛りの子供におすすめの食材です。その他にもは貧血を予防する鉄分、爪・皮膚・毛髪などを形成するたんぱく質、ビタミンB1、鉄分など豊富な栄養素を含んでいます。味や臭いにクセがないため食べやすく、さまざまな料理に使えるので積極的に料理に取り入れたい食材です。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの枝豆を使った人気レシピ10選

    ビールのおつまみにぴったりな枝豆。ぽりぽり、かりかりとした食感のマメ科ダイズ属の豆です。原産地は中国とされていて、国内では千葉県のほか、北海道、埼玉県など、幅広い地域で栽培されています。6月から9月の夏の時期に旬を迎える枝豆は、大豆が未熟なうちに収穫した豆のことです。大豆と同じようにたんぱく質が豊富に含まれていて、メチオニンという構成成分が注目されています。メチオニンは、アルコールの分解を促進し、二日酔いを防止する効果があるとされている成分です。肝臓内にあるメチオニンがアルコールによって消費されるのを、枝豆を食べれば補えるという仕組みです。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 枝豆を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    夏に旬を迎える枝豆は子供から大人まで人気のある食材です。栄養価の高い枝豆は、特に糖質をエネルギーに変えるビタミンB1とB2を多く含むため、疲労回復にぴったりです。他にも枝豆に含まれるタンパク質にはアルコール成分を分解して肝機能の働きを助ける作用が含まれるため、お酒との相性は抜群ですよ。他にも鉄分を多く含むため、ビタミン、ミネラル、タンパク質をバランスよく含む枝豆は積極的に取り入れたいですね。鮮度が落ちやすいため、買ってきたら出来るだけ早く茹でるように心掛けましょう。塩もみして産毛をこすり取り、塩を加えたお湯で茹でます。余熱で十分柔らかくなるため、かために3分〜5分程茹でてくださいね。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 枝豆を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    大豆の未熟豆である枝豆。大豆が「畑の肉」と呼ばれるように、枝豆にも良質なたんぱく質と脂質、ビタミンB1や食物繊維、鉄分などが豊富です。枝豆のたんぱく質に含まれるメチオニンには、肝機能の働きをサポートし、飲み過ぎや二日酔いを抑える働きがあり、お酒のおつまみにもぴったりな食材です。枝豆は、さやがふっくらとして、実が詰まり、産毛が立っているものが鮮度の良い証です。買ってきた枝豆は茹でてから保存するのがポイント。冷凍保存をすれば長持ちし、忙しい日にも手軽に食卓に出すことができて便利です。塩茹でをして、そのまま食べるのはもちろん、サラダや炒め物、煮物などさまざまな料理に合う枝豆。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 枝豆を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    ビールのおつまみの定番になっている枝豆は、ホクホクとした食感で子供から大人まで人気があります。枝豆は未成熟の大豆を収穫したもので、収穫時期が異なるだけで大豆と同じものです。そのため栄養素は大豆とほとんど同じですが、大豆よりもたんぱく質や炭水化物が少なくなくなっています。枝豆は鞘のまま茹でる以外にも、鞘から出して炊き込みご飯や、春巻きに入れたり麺類の具材にするなど幅広い料理に使われます。きれいな黄緑色が料理にアクセントを加えて、彩よく見せてくれます。枝豆はビタミンB1・食物繊維・鉄分・たんぱく質・ビタミンB1などの、豊富な栄養素を含んでいます。枝豆に含まれるオルニチンは成長ホルモンの分泌を促進する働きがあるため、美肌効果を期待できます。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 枝豆を使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    枝豆は6月〜9月の夏が旬の緑黄色野菜です。枝豆はほのかに甘みがあり、子供にも食べやすく人気があります。軽く塩を振るだけで、病みつきになるおつまみになりますよね。枝豆には冷えたビールがぴったりです。実は枝豆にはアルコールを分解する酵素が含まれているので、お酒のおつまみに最適なんですよ。二日酔いに悩まされている方は、ぜひおつまみには枝豆を選ぶようにしてくださいね。枝豆は低糖質で高たんぱく質、さらにヘルシーなのも嬉しいですよね。おいしい枝豆が食べたい時は、枝つきで売られているものを選んでください。産毛が生え、青々とした豆がふっくらとしている枝豆がおいしい枝豆です。他にも冷凍の枝豆は手軽に調理できるのでオススメです。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 枝豆を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    枝豆といえば、お酒のおつまみというイメージがあります。今や海外でも人気で、さっと塩ゆでするだけで食べられる手軽さが魅力ですね。枝豆は、大豆がまだ未成熟な緑色のときに収穫されたものです。日本には縄文時代か弥生時代に中国から伝わったとされる歴史ある野菜なんですよ。枝豆はさやから出した豆だけを食べますが、塩ゆでしてそのまま食べるだけでなく、いろいろな料理に加わることができます。香りがよく、ほんのり甘味もあり、食感も良いうえに、色味も良いので料理にプラスするだけで、料理の見た目がぐんと引き立ちます。最近では枝豆の冷凍食品もよく出回っているので、手軽に食べたり、料理に利用できますね。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 枝豆を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    ビールのおつまみと言えば枝豆で、海外でもEDAMAMEと呼ばれおつまみとして人気を集めています。枝豆は未成熟の大豆を収穫したもので、収穫時期が違うだけで大豆と同じで栄養分もほとんど変わりません。枝豆の方が大豆に比べるとたんぱく質や炭水化物が少なくなります。枝豆は貧血を予防する鉄分、便秘を解消する食物繊維、爪・皮膚・毛髪などを形成するたんぱく質、疲労回復に効果のあるビタミンB1などが含まれています。枝豆に含まれるオルニチンは成長ホルモンの分泌を促進し、美肌や若返りにも効果があると言われています。塩茹でしてそのまま食べる以外にも、鞘から出して炒め物・麺類の具材・揚げ物・和え物などにも使われます。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 枝豆を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    7月〜9月に旬を迎える枝豆は夏の風物詩として人気で、お酒と相性抜群です。香りの良い枝豆は塩茹でするだけで甘みがあり、子供も食べやすい野菜の一つです。アミノ酸の一種「メチオニン」を含み、アルコールの分解を助けて肝臓や胃を守る働きのほか、二日酔い対策に良いと言われています骨を丈夫にするカルシウムや、エネルギー代謝をサポートするビタミンB1も含み、成長期の子供にもぴったりですね。枝豆は鮮度の低下が速いため、購入したらすぐに茹でるようにしましょう。水でよく洗った枝豆に塩をかけて擦り産毛をとって、たっぷりの湯で塩茹でします。余熱も考慮して4分〜8分程茹でてくださいね。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 枝豆を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    大豆の未熟な実を収穫した枝豆は、大豆に多く含まれる、食物繊維、カリウム、マグネシウム、鉄分、ビタミンB1などを豊富に含みます。他にも葉酸、ビタミンC、βカロテンを非常に多く含み、さやに包まれていることから栄養価が失われにくい特徴を持っています。淡い緑色の枝豆以外に、豆が少し茶色を帯びて、香りがよく甘みも強めな「茶豆」や、トウモロコシに似た香りと甘みが特徴の「だだちゃ豆」など、品種も様々です。枝豆は育ちすぎてパンパンに膨らんだものは香りが落ちて、さやも硬くなってしまいます。実入りが7〜8割程のものが一番香りがよくおすすめですよ。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 枝豆を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    独特な味わいにぷりっとした豆が特徴の枝豆。そのままシンプルに味付けをしても、煮物やご飯に混ぜて調理しても美味しく食べられる食材です。枝豆とは、未成熟の大豆を食用とする野菜で、枝付きのまま茹でて、食用にしたことが由来でこの名がついたといわれています。もともとは大豆を取る1か月前に収穫した豆が枝豆でしたが、最近では枝豆自体の品種改良が繰り返され、現在では400以上の品種が流通しています。そんな枝豆ですが、できれば日持ちがよく、味が落ちにくい枝付きを選ぶようにしましょう。また、色が濃い緑色をしていて、さやが密集しているものが新鮮だと言われています。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 枝豆を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    おつまみの定番の枝豆。塩ゆでするだけで食べられるため、手軽に用意できるのがポイントです。枝豆は成熟する前の大豆を収穫したもので、北海道から沖縄まで、各地で栽培されています。特に収穫量が多いのが千葉県を中心とした関東地方、北海道などです。大豆は畑の肉と呼ばれるほど栄養価が高いことが知られていますが、枝豆も大豆の一種なので、さまざまな栄養が含まれています。例えば糖質をエネルギーに変換するために必要なビタミンB1や、アルコールの分解に役立つメチオニンなどがあります。ほかには、ナトリウムを排出するカリウムも含まれていて、高血圧やむくみの改善に効果があるとされています。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 枝豆を使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    海外の日本食レストランやすし屋にも必ず常備してある枝豆。先進国では英語でEdamameと言っても通じるほど、海外で市民権を得ている食材です。さやごと口に入れて中の豆をビールと一緒に楽しむ、居酒屋の定番メニューにもなっています。さやごと提供する枝豆はもちろん、さやから出した豆を炊き込みご飯や炒め物、揚げ物に使うのも人気があります。枝豆は元は同じ大豆ですが大豆に比べると炭水化物・脂質・カロリーが̞̞̞̞̞低めのため、ダイエット中の方にもおすすめです。成長ホルモンの分泌を促進するオルニチンが含まれ、美肌や若返りにも効果があると言われているので女性にとってうれしい食材です。その他にもビタミンB1・食物繊維・鉄分などの栄養素が含まれています。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 枝豆を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    お酒のおつまみとして人気のある枝豆は、大豆が未成熟なうちに収穫したものです。大豆はたんぱく質が豊富に含まれていることから別名「畑の肉」と言われていますが、枝豆にもたんぱく質・ミネラル・ビタミンなどは含まれています。特にビタミンCに関しては、大豆よりも枝豆の方が多く含んでいます。このビタミンCは抗酸化作用やコラーゲンの生成を作る働きを助けるので、美肌をつくるには欠かせません。枝豆を購入する際は、なるべく枝付きのものを選び、実がしっかりと詰まっているものを選びましょう。保存方法は、購入してきたらすぐに茹ででください。冷凍する場合は、固めに茹でてから冷凍しましょう。この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 枝豆を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    お酒のおつまみとして重宝される枝豆。サッとゆでるだけで食べられるのでとても便利な食材ですよね。近頃では、外国でも人気で、よく食べられる世界的にも有名な野菜になりました。枝豆は大豆の未熟豆のことで、「畑の肉」と呼ばれる大豆同様に栄養に富んだ食材です。特に多く含まれるビタミンB1とB2は、栄養不足を解消して夏バテを防止したり、疲労回復に効果を発揮します。また、枝豆のたんぱく質に含まれるメチオニンはアルコールの分解を促す手助けをし、肝機能の働きを助けてくれます。つまり、お酒の飲みすぎや二日酔いを防止する役割があるため、ビールのおつまみには最適といえますね。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 枝豆を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    おつまみの定番とも言える枝豆。未成熟の大豆を食用としている野菜です。もともとは大豆を収穫する1か月前に採った豆が枝豆と呼ばれていましたが、現在では大豆用と枝豆用でそれぞれ品種改良され、枝豆だけでも400以上の品種が開発されています。そんな枝豆ですが、畑の肉と呼ばれるくらい栄養成分を豊富に含んでいます。外側がさやに守られているため、茹でても栄養素が逃げにくいという部分も大きな特徴です。動物性のたんぱく質に似た良質のたんぱく質の他、カルシウム、ビタミン、ミネラルなど、健康を維持するためには欠かせないものばかりで、大人はもちろんのこと、子供にも積極的に食べさせたい野菜です。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 枝豆を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    ビールのおつまみにぴったりな「枝豆」。枝豆に含まれるメチオニンは肝機能のはたらきを助け、飲みすぎや二日酔いを防ぐ効果があるため、ビールのおつまみに合うというのは理にかなっているのですね。枝豆は豆と野菜の両方の栄養素を含んでいることから、小さいながらも栄養満点の緑黄色野菜です。生の枝豆は、ゆでてさやの中の豆を食べますが、今では冷凍の枝豆もスーパーなどで多く売られており、流水や自然解凍で簡単に手軽で簡単に食べられますね。枝豆の豆は鮮やかな緑色をしているため、料理に混ぜるだけで彩りが良くなります。ほど良い歯ごたえも、良いアクセントになりますね。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 枝豆を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    ビールのおつまみの定番になっている枝豆は、未成熟の大豆を収穫したものを言います。収穫時期が違うだけで、枝豆と大豆は同じものです。おつまみとして食べる枝豆のように鞘に入ったまま調理するものと、鞘から出して豆のみを使う場合があります。鮮やかな緑色が料理に彩を加えて、蒸し物・炒め物・揚げ物など様々な料理に使うことができます。枝豆に含まれる成長ホルモンの分泌を促進するオルニチンは、美肌や若返りにも効果があると言われています。大豆に比べると炭水化物が少なく、脂質やカロリーも大豆より低いため女性にとってうれしい食材です。お酒のおつまみ以外にも色々なレシピに使えるので、ぜひ料理に取り入れたいですね。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 枝豆を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    未成熟な大豆で枝付きのままのものが枝豆と呼ばれています。枝豆の旬は6月頃から9月頃です。もとが大豆なのでとても栄養価の高い野菜です。特にタンパク質、カリウム、鉄分などが豊富に含まれています。なかでもカリウムは塩分の排泄ができ、高血圧に効果があります。また体内の水分量を調節してくれるので、むくみの解消にもつながります。枝豆に含まれているタンパク質であるメチオニンは、ビタミンB1やビタミンCと一緒にアルコールの分解をして肝機能を助けてくれますよ。お酒の飲み過ぎや二日酔いを抑える効果があるのでおつまみにはうってつけの食材です。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 枝豆を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    普段から食べることのある枝豆、大豆の未熟な豆のことを指します。つまり、そのまま育てれば大豆になるということですね。枝豆はさやに包まれていて、実を太らせるために光合成し、成長していきます。そんな枝豆ですが、品種はさまざまあり、その数はなんと400種類にも及ぶと言われています。独特な品種としては山形のだだちゃ豆や新潟の茶豆、兵庫の丹波黒豆なども有名です。枝豆はビタミンB1とB2が豊富に含まれていて、体内でたんぱく質や糖質を分解してエネルギーに変えてくれる効果があります。特に夏バテ等のエネルギー不足時にはぴったりの食材となりますよね。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 枝豆を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    ビールのおつまみとして人気の枝豆。鞘に入ったぷっくりとした見た目が可愛らしく、きれいな緑色が料理に彩を加えます。枝豆は未成熟の大豆を収穫したもので、収穫時期が違うだけで同じ大豆です。元は同じ大豆ですが栄養素に関しては少し違いがあり、枝豆は大豆に比べるとたんぱく質や炭水化物が少なく、脂質やカロリーは大豆よりかなり低いため、ダイエット中の方には枝豆がおすすめです。他にはビタミンB1・食物繊維・鉄分などの栄養素が含まれ、成長ホルモンの分泌を促進するオルニチンは、美肌や若返りにも効果があると言われています。一般的には塩ゆでしてそのまま鞘から出して食べますが、鞘から出した豆をご飯や麺類の具材に使ったり、炒め物や揚げ物などにも使います。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 枝豆を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    日本人が大好きな枝豆。ビールのおつまみはもちろん、お弁当に入れたり献立が一品足りない時にプラスしたりと大活躍する食材です。鞘に入ったまま食卓に出す以外にも、中の豆を取り出して使えてアレンジの効きやすいのも特徴です。茹でた枝豆を潰して餡状にしたものを餅で包んだ「ずんだ餅」など、お菓子にも使われます。枝豆は大豆のため栄養価が高く、タンパク質・カリウム・食物繊維・ビタミンB1などの豊富な栄養素が含まれています。特に鉄分が豊富でほうれん草や小松菜よりも多く含まれいて、貧血気味の方にも枝豆はおすすめです。さっと塩ゆでしたら食べられるので、お子さまのおやつにもぴったりです。今回は枝豆を使った煮るレシピを厳選して紹介します。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 枝豆を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    豆の特徴である「大豆イソフラボン」に加えて、ビタミンB群をはじめとした豊富なビタミンを含む枝豆は豆と野菜のいいとこ取りの栄養満点な食材です。タンパク質も豊富で、卵に匹敵するほどの量が含まれます。ビタミンとタンパク質が同時に摂れるのでダイエット中で栄養が偏りがちな時や、一度にはたくさん食べられない子供にもぴったりですね。アルコールを分解するビタミンB1や、むくみ解消のカリウムも含むため、まさに家族みんなで食べたい食材です。鮮やかな緑色の枝豆は料理にプラスするだけでパッと色味がアップして、栄養・味だけではなく見た目も大満足になりますよ。様々な料理にプラスしてアレンジを楽しんでくださいね。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヘルシーな枝豆レシピまとめ:献立にもおつまみにも使える枝豆!

    中国から稲作と共に伝わったとされる枝豆は、6月~9月の夏場にかけて旬を迎えます。 枝豆は北海道から沖縄まで日本全国で生産されていて、その中でも一番生産量が多いのは千葉県。ビールのおつまみの定番とも言われている枝豆には、アルコールの分解を促す酵素を含んでいて、とても理にかなった食材だと言えますね。 この記事では、枝豆の基礎知識に加え、枝豆をつかったご飯レシピ、パスタレシピ、おかずレシピ、スープレシピ、おつまみレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社