キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

枝豆の記事一覧

キッチンブックの「枝豆」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 枝豆を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    ビールのおつまみの定番になっている枝豆は、未成熟の大豆を収穫したものを言います。収穫時期が違うだけで、枝豆と大豆は同じものです。おつまみとして食べる枝豆のように鞘に入ったまま調理するものと、鞘から出して豆のみを使う場合があります。鮮やかな緑色が料理に彩を加えて、蒸し物・炒め物・揚げ物など様々な料理に使うことができます。枝豆に含まれる成長ホルモンの分泌を促進するオルニチンは、美肌や若返りにも効果があると言われています。大豆に比べると炭水化物が少なく、脂質やカロリーも大豆より低いため女性にとってうれしい食材です。お酒のおつまみ以外にも色々なレシピに使えるので、ぜひ料理に取り入れたいですね。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 枝豆を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    未成熟な大豆で枝付きのままのものが枝豆と呼ばれています。枝豆の旬は6月頃から9月頃です。もとが大豆なのでとても栄養価の高い野菜です。特にタンパク質、カリウム、鉄分などが豊富に含まれています。なかでもカリウムは塩分の排泄ができ、高血圧に効果があります。また体内の水分量を調節してくれるので、むくみの解消にもつながります。枝豆に含まれているタンパク質であるメチオニンは、ビタミンB1やビタミンCと一緒にアルコールの分解をして肝機能を助けてくれますよ。お酒の飲み過ぎや二日酔いを抑える効果があるのでおつまみにはうってつけの食材です。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 枝豆を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    普段から食べることのある枝豆、大豆の未熟な豆のことを指します。つまり、そのまま育てれば大豆になるということですね。枝豆はさやに包まれていて、実を太らせるために光合成し、成長していきます。そんな枝豆ですが、品種はさまざまあり、その数はなんと400種類にも及ぶと言われています。独特な品種としては山形のだだちゃ豆や新潟の茶豆、兵庫の丹波黒豆なども有名です。枝豆はビタミンB1とB2が豊富に含まれていて、体内でたんぱく質や糖質を分解してエネルギーに変えてくれる効果があります。特に夏バテ等のエネルギー不足時にはぴったりの食材となりますよね。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 枝豆を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    ビールのおつまみとして人気の枝豆。鞘に入ったぷっくりとした見た目が可愛らしく、きれいな緑色が料理に彩を加えます。枝豆は未成熟の大豆を収穫したもので、収穫時期が違うだけで同じ大豆です。元は同じ大豆ですが栄養素に関しては少し違いがあり、枝豆は大豆に比べるとたんぱく質や炭水化物が少なく、脂質やカロリーは大豆よりかなり低いため、ダイエット中の方には枝豆がおすすめです。他にはビタミンB1・食物繊維・鉄分などの栄養素が含まれ、成長ホルモンの分泌を促進するオルニチンは、美肌や若返りにも効果があると言われています。一般的には塩ゆでしてそのまま鞘から出して食べますが、鞘から出した豆をご飯や麺類の具材に使ったり、炒め物や揚げ物などにも使います。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 枝豆を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    日本人が大好きな枝豆。ビールのおつまみはもちろん、お弁当に入れたり献立が一品足りない時にプラスしたりと大活躍する食材です。鞘に入ったまま食卓に出す以外にも、中の豆を取り出して使えてアレンジの効きやすいのも特徴です。茹でた枝豆を潰して餡状にしたものを餅で包んだ「ずんだ餅」など、お菓子にも使われます。枝豆は大豆のため栄養価が高く、タンパク質・カリウム・食物繊維・ビタミンB1などの豊富な栄養素が含まれています。特に鉄分が豊富でほうれん草や小松菜よりも多く含まれいて、貧血気味の方にも枝豆はおすすめです。さっと塩ゆでしたら食べられるので、お子さまのおやつにもぴったりです。今回は枝豆を使った煮るレシピを厳選して紹介します。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 枝豆を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    豆の特徴である「大豆イソフラボン」に加えて、ビタミンB群をはじめとした豊富なビタミンを含む枝豆は豆と野菜のいいとこ取りの栄養満点な食材です。タンパク質も豊富で、卵に匹敵するほどの量が含まれます。ビタミンとタンパク質が同時に摂れるのでダイエット中で栄養が偏りがちな時や、一度にはたくさん食べられない子供にもぴったりですね。アルコールを分解するビタミンB1や、むくみ解消のカリウムも含むため、まさに家族みんなで食べたい食材です。鮮やかな緑色の枝豆は料理にプラスするだけでパッと色味がアップして、栄養・味だけではなく見た目も大満足になりますよ。様々な料理にプラスしてアレンジを楽しんでくださいね。 この記事では、「枝豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ヘルシーな枝豆レシピまとめ:献立にもおつまみにも使える枝豆!

    中国から稲作と共に伝わったとされる枝豆は、6月~9月の夏場にかけて旬を迎えます。 枝豆は北海道から沖縄まで日本全国で生産されていて、その中でも一番生産量が多いのは千葉県。ビールのおつまみの定番とも言われている枝豆には、アルコールの分解を促す酵素を含んでいて、とても理にかなった食材だと言えますね。 この記事では、枝豆の基礎知識に加え、枝豆をつかったご飯レシピ、パスタレシピ、おかずレシピ、スープレシピ、おつまみレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社