キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

枝豆をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ビールのおつまみの定番になっている枝豆は、和食によく使われる豆として人気があります。鞘に入ったまま茹でて食べる以外にも、鞘から豆を出してご飯や麺類と一緒に料理したり炒め物や揚げ物など幅広い料理に使えます。黄緑色のきれいな色あいが料理のアクセントになって、彩をプラスします。味や臭いにクセがなく子供のおやつにもぴったりで、幅広く使える食材です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて枝豆のレシピを紹介しています。枝豆を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

枝豆の栄養素

枝豆は未成熟の大豆を収穫したもので、もとは同じ大豆なので豊富な栄養素を含んでいます。成長ホルモンの分泌を促進するオルニチンが含まれ、美肌や若返りにも効果がありアンチエイジングも期待できます。その他にもビタミンB1・食物繊維・鉄分などの栄養素が含まれ、大豆に比べると脂質やカロリーが少ないためダイエット中の方にもおすすめです。β-カロチンやビタミンCも、大豆より多く含んでいます。

枝豆の種類

枝豆と言えば緑色を思い浮かべますが、茶豆と黒豆があります。茶豆は実の薄皮が濃い緑色をしており、外皮の産毛が茶色いだだちゃ豆もあります。外皮は普通の緑色ですが、中の豆の薄皮が茶色のため茶豆と呼ばれています。鞘の中の薄皮がうっすらと黒いものが黒豆で、正月の煮豆用に使われます。その他にもおつな姫・味風香・湯あがり娘・福成・夏の夕・たんくろう・めぐろ王などのブランド枝豆があります。

枝豆の選び方

! /image/〇〇
枝豆を選ぶ際は枝つきで売られているものがおすすめで、枝つきのものは鮮度が落ちにくくなっています。一枝にまばらではなくさやが沢山付いているものを選び、きれいな緑色かどうかチェックしましょう。さやがふっくらとして身が詰まっていて、豆の大きさが均一なものがおすすめです。産毛が立っていて、びっしりと生えているものを選びましょう。みずみずしく張りがあるものを選び、しなびたり色が変色しているものは避けましょう。

枝豆の下処理方法

枝豆は流水で洗って枝から切り離し、サヤの両端を切り落とします。塩をふりかけてよく揉み込み、お湯を沸かして塩がついたまま枝豆を入れて3〜5分間茹でます。ザルにあげてそのまま冷まします。塩を揉みこむことで鮮やかな緑色になって、塩味がよい加減に染み込みます。茹でた後冷水にさらすと塩味が落ちて、仕上がりがみずっぽくなるのでそのまま冷ましましょう。

枝豆の保存方法

枝豆は意外にも冷凍保存が一番おすすめです。生の枝豆をそのまま冷凍することで、栄養分をできるだけ逃さずに保存できます。ジップロックなどの保存袋に枝豆を生のまま入れ、空気を抜いてしっかりと口を閉じて冷凍庫に入れます。使う時は冷凍のまま茹でて使い、1ヶ月を目安に使い切りましょう。茹でてから冷凍保存する場合は枝豆を茹でて冷まして保存袋に入れ、空気を抜いて口を閉じて冷凍庫で保存します。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

枝豆の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

枝豆の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

枝豆の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

枝豆の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

枝豆の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

枝豆をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社