キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ピーマンの記事一覧

キッチンブックの「ピーマン」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • ピーマンを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    ピーマン特有の苦味によって子供が苦手な人も多い食材ですが、実はこの苦味はポリフェノールの一種であることはご存知ですか。「クエルシトリン」という成分で、高血圧抑制や抗うつ作用の効果などに期待されます。スーパーなどで見かける緑色のピーマンは未熟な姿のため苦味が強く感じますが完熟すると赤くなり甘みが増します。栄養も緑のピーマンに比べるとβカロテンやビタミンCは2倍以上、ビタミンEは5倍以上になります。しかしすでに完熟している赤色のピーマンは特に傷みやすいので早めに食べてくださいね。緑色のピーマンも加熱することで青臭さや苦味が和らぐので、食べやすい工夫をしましょう。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    子供の嫌いな野菜によく挙げられるのがピーマン。大人でも独特の苦みと臭いが苦手という方も少なくありません。嫌煙されがちなピーマンですが、とても栄養価が高くぜひ料理に取り入れたい野菜です。ピーマンの苦みはポリフェノールの一種であるクエルシトリンで、この成分に特有の臭いが加わっているためです。クエルシトリンには高血圧抑制の作用があり、抗発ガン作用があるβカロテン・ビタミンCなどが含まれています。そのままカットして使う以外にも、半分に切って中に肉詰めをするなどアレンジが効くのも魅力です。和食・洋食・中華など料理のジャンルを問わずに使えて、鮮やかな緑色が料理の色合いをきれいに見せてくれます。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ10選

    苦味のあるピーマンは苦手な人が多い野菜の一つですが、ビタミンCがトマトの約5倍も豊富で熱に強いのが特徴です。β-カロテンやビタミンEも多く、免疫を高めてかぜを予防したり美肌と若さを保つアンチエイジング効果を持つなど、うれしい効能がたっぷり。香り成分「ピラジン」は血液をサラサラにして、脳梗塞や心筋梗塞の予防に。苦味の元となるポリフェノールの一種「クエルシトリン」は脂肪の蓄積を防いだり高血圧の予防・改善に役立ちます。ヘタやワタ、種には皮の10倍のクエルシトリンとピラジンを含み、加熱すると苦味も食感も気にならないので捨てずに丸ごと活用したいですね。ピーマンは油で調理するとβ-カロテンやクエルシトリンの吸収が高まり、カサも減って苦味も和らぐのでたっぷりと栄養がとれますよ。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    子供が嫌いな野菜の上位にランクインすることが多いピーマン。大人でも独特の苦みのある味わいが苦手という方が多いですが、このピーマンの苦みはポリフェノールの一種であるクエルシトリンに特有の臭いが加わっているためです。クエルシトリンには高血圧抑制の作用があり、その他にもビタミンCや抗発ガン作用や免疫賦活作用のあるβカロテンなどが含まれている栄養価の高い優秀な野菜です。カットして炒め物や麺類の具材に入れる以外にも、半分に切って中にたねを詰めて肉詰めにするなどアレンジが効きやすいのも魅力です。彩もきれいで、和食・洋食・中華などどんなジャンルの料理にも合わせやすい便利な野菜です。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    ピーマンの旬は夏です。スーパーでは季節に関係なく売られていますので手軽に購入することができる食材です。果肉の色が濃く均一であるもの、ツヤやハリがあるもの、ヘタがピンとしているもの、重みがあるものを選ぶと良いでしょう。調理する際は半分に切り、種とワタを取り除き、裏表をしっかりと洗ってから使います。保存方法はキッチンペーパーに包んでからポリ袋に入れて閉じ野菜室で保存すると長持ちします。ピーマンは栄養素を含んだ野菜です。食べ方は色々ありますが、揚げびたしやかき揚げなど揚げる調理方法でもおいしく食べることができますのでご紹介します。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    お子さまが嫌いな代表的な野菜によく挙げられるピーマン。独特な味わいが嫌われていましたが、現在は改良によりくせが少なくなり食べやすくなっています。嫌われがちなピーマンですが、ピーマンには豊富な栄養素が含まれています。ピーマンはビタミンA・C・Eが豊富で、特に赤ピーマンはビタミンなどの栄養価も2〜3倍になっているのでぜひ料理に使いたい野菜です。ピーマンは油と相性がよく炒め物や揚げ物によく使われて、彩がよく見た目がきれいに仕上がります。今回はたくさんあるピーマンを使ったレシピの中でも、ピーマンを煮るレシピに注目して紹介します。ぜひレシピを参考にして、おいしいピーマンを使った料理を作ってください。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    ピーマンの旬は6月~8月です。夏野菜となりますがハウス栽培がされているので、季節に関係なく購入することができます。ピーマンを完熟させると赤ピーマンになります。ピーマンにはビタミンCが多く含まれていて肌荒れ防止、疲労回復、風邪の予防に効果があります。緑黄色野菜なのでカロテンが豊富に含まれています。髪の毛の健康維持、皮膚の粘膜の健康維持、視力維持にも効果があります。肉厚でツヤがあり色が濃いものを選ぶと良いです。ピーマンは生でも食べることができますが、素焼きや炒め物、揚げ物、煮物にもおすすめの野菜です。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大人も子供もピーマンを食べられる!ピーマンの肉詰めのレシピ・作り方まとめ

    子どもから大人まで幅広く人気の定番メニュー「ピーマンの肉詰め」。 半分にカットしたピーマンに、玉ねぎなどが入った肉ダネをたっぷり詰めて焼き上げた料理。 お肉はふっくらジューシーで、ピーマンとの相性抜群ですよね。 ピーマンの独特の香りが苦手な人も、加熱することで甘みが増し、肉の旨味も染み込むので食べやすさUP。 この記事では、ピーマンの肉詰めの基礎知識に加え、和風、煮込み、フライにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【ピーマンが美味しくなる魔法のレシピ】簡単&人気レシピまとめ20選:ピーマン嫌いもこれで克服!

    ピーマンは、唐辛子の甘味種を改良した、ナス科の野菜です。パプリカ、フルーツピーマンも、同じピーマンの仲間です。熱帯アメリカ原産で、日本には明治時代に伝わり第二次世界大戦後に普及しました。現代ではすっかり日本の風土に適した品種が作られ、家庭菜園でも簡単に作れる野菜として人気です。旬の時期は、5月~6月。茨城県で総出荷量の約半分のピーマンを作っています。そんなピーマンは野菜炒めや肉詰めなど幅広く使われる食材でありながら、苦みが苦手だという人も多いのではないでしょうか。そんな人でもおいしく食べられる、ピーマンの簡単レシピをまとめました。ピーマンの○○詰め・おかず・変わり種レシピのカテゴリに分けてたっぷり紹介します。

広告

運営会社