キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ピーマンをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ピーマンは独特の苦みがあるため、子供の嫌いな野菜としてよく上げられます。大人になってからも苦手という方が多いですが、ピーマンは栄養価が高いのでぜひ料理に摂り入れたい野菜です。ピーマンは炒め物や麺類の具材などによく使われ、きれいな緑色が料理にアクセントを加えます。カットして使う以外にもピーマンの中身に肉を詰めるなど、ピーマンのユニークな形を活かした料理を作ることができます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてピーマンのレシピを紹介しています。ピーマンを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • ピーマンを使った人気レシピ【調理器具:フライパン】おすすめ10選

    ピーマンは緑黄色野菜のひとつでスーパーでは時期によって価格差がありますが通年中販売されています。ピーマンは苦みがあるため苦手と感じる方がいますが、繊維を断ち切るようにしてカットをすると苦みを軽減させることができます。ピーマンは大変栄養価が高い食材で中でもビタミンCが豊富です。ビタミンCはメラニンの生成を防ぐ働きがあるのでシミやそばかすを予防する効果があります。老化防止や免疫力を高めるベータカロテンも含まれているので積極的に摂取したい食材です。フライパンひとつで簡単に調理をすることができるレシピを紹介しているので取り入れてみてください。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライパン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのピーマンを使った人気レシピ10選

    独特の苦みと青臭さが特徴のピーマン。ピーマンには強い抗酸化作用がるβカロテンが豊富で、皮膚や粘膜、目の健康を維持し、アンチエイジングや生活習慣病の予防に効果があります。また、風邪予防や美肌に効果があるビタミンCも豊富です。ピーマン特有の風味は、冷凍保存をしたり、オリーブオイル、ごま油、マヨネーズなどと炒めたりすることで緩和され、食べやすくなります。ピーマンに含まれるビタミン類は、熱に強く、βカロテンの吸収率もアップします。ぜひ、ピーマンが苦手な方も料理のアクセントとして加えてみてはいかがですか。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • これさえあればOK!ピーマンを使ったおすすめ定番料理10選

    ピーマンは夏野菜のひとつでスーパーでは価格差がありますが通年中販売されています。新鮮なピーマンは色むらがなくツヤとハリがあります。また、ヘタ部分がピンとしているのでスーパーで選ぶ際の参考にしてください。ピーマンはビタミンC、ビタミンE、ベータカロテン、カリウムなどの栄養素を豊富に含んでいます。そのため、免疫力を向上させる作用があり風邪を予防する働きや夏バテを防止する働きがあります。ピーマンを使った定番料理には肉詰めやチンジャオロース、ピザなどがあります。他にもピーマンを使ったレシピがあるので色々楽しむことができます。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのピーマンを使った人気レシピ10選

    夏に旬を迎え、独特の苦味と香りがあるピーマン。ピーマンには皮膚や粘膜、目の健康を維持し、強い抗酸化作用でアンチエイジングやがん予防に効果があるβカロテンが豊富です。また、美肌効果があるビタミンC、冷え性の改善や生活習慣病の予防に役立つビタミンEなども多く含みます。ピーマンに含まれるビタミン類は熱に強い特徴があります。加熱をすると、香りや苦味が弱まり、βカロテンの吸収率もアップします。ピーマンはヘタの部分や切り口から傷みやすいので、すぐに使わない場合は、好みの大きさにカットして冷凍保存するのがおすすめ。冷凍をすることで、においや苦味がさらに弱まり、ピーマンが苦手な人でも食べやすくなりますよ。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのピーマンを使った人気レシピ10選

    ピーマンは肉厚で甘みのある、緑黄色野菜です。ピーマンは一年中手に入るので意外と知られていないことですが、実は夏が旬の野菜なんです。太陽の光をたっぷり浴びたピーマンは栄養満点で、夏バテや疲労を回復してくれる効果があります。ピーマンには緑色だけでなく、赤色、黄色などの種類があります。緑以外のピーマンはパプリカやカラーピーマンと呼ばれています。ピーマンは唐辛子の一種ですが、辛味成分であるカプサイシンが含まれていないため辛さがありません。ピーマンにはカプサイシンが変化したカプシエイトという成分が含まれており、このカプシエイトにもカプサイシンと同じく体温を上げて脂肪を燃やしてくれる働きがあります。暑い夏はバーベキューなどでピーマンを食べて、夏野菜を楽しみましょう。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    ピーマンは唐辛子と同じ品種の野菜です。ピーマンと唐辛子の大きな違いは辛味の成分であるカプサイシンが含まれていないことです。肉厚で甘みのある印象のピーマンですが、子供には苦く感じることがあるため、子供からの人気は底辺と言えます。なかなか子供がピーマンを食べてくれない、とお困りのお父さん、お母さんにオススメしたいのが、チンジャオロースや回鍋肉などの味の濃いメニューです。ご飯がすすむがっつり系の味付けにすれば、苦みを感じにくく食べやすくなります。ピーマンはじっくり加熱することでトロトロとした食感になり、甘みが増しておいしくなりますよ。食べ盛り、育ち盛りの子供には栄養満点なピーマンと、体を動かすエネルギー源になるご飯をバランスよくおいしく食べさせましょう。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    獅子唐辛子と一緒で唐辛子の仲間である「ピーマン」。ハウス栽培もされているため、1年中販売されていますが、旬は夏の時期で、6月から9月頃です。ピーマンには5つの種類があり、肉厚がありベル型の「パプリカ」、長いベル型の「ジャンボピーマン」、やや扁平、トマトのような形の「トマトピーマン」、通常のピーマンの色違い「カラーピーマン」、細長く先がとがった形の「唐辛子型ピーマン」です。このパーティー料理レシピでも、カラーピーマンなど使用しています。そんなピーマンには多くのビタミンCが含まれていて、緑黄色野菜なのでβカロテンも豊富です。独特の苦味成分はクエルシトリンをいい、高血圧制御などに効果があります。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    夏野菜を代表するピーマンは緑黄色野菜に属し、抗酸化作用があるβカロテンや免疫力を高めて風邪を予防するビタミンCが豊富です。独特の苦みがあるため好き嫌いが分かれることがありますが、栄養満点の野菜なので積極的に取り入れたいですね。独特のユニークな形が存在感を発揮し、半分に切って肉詰めにするなどアレンジが効きやすいのも魅力です。カットして炒め物や揚げ物、スープなどに入れるときれいな緑色が彩をプラスします。ピーマンの苦みはポリフェノールの一種であるクエルシトリンに特有の臭いが加わっているためで、高血圧を抑制する作用があるとされています。豚肉やその他の野菜と合わせるとさらに栄養価がアップして、夏バテ対策にも活躍しますよ。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    ピーマンはパリッとした食感と鮮やかな緑色が特徴の緑黄色野菜です。ピーマンには緑色以外にも、赤や黄色などのカラフルなカラーピーマンもありまふ。実はピーマンは、唐辛子の一種でもあります。ピーマンには、唐辛子の辛み成分であるカプサイシンが含まれていないため、辛さはありません。ピーマンには独特の苦味があり、子供から嫌われる野菜の代表的な存在でもあります。甘いピーマンを選ぶ時に注目して欲しい場所は、ピーマンのヘタの部分です。ヘタの部分がの角が多く、丸に近い形をしているものが苦味が少ないピーマンです。ピーマンを輪切りにすると繊維が壊れ、苦味が増すので、苦味が気になる方はなるべく繊維にそって切るようにしてくださいね。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    ピーマンが日本に伝わったのは明治初期で、戦後、食の欧米化と共に一般家庭に広がるようになりました。特有の苦味と青臭さで苦手な子供が多い印象ですが、近年では、品種改良されて苦味の少ない種類も開発されています。切り方でも味わいが変わるため、繊維を断ち切る横切りより、縦斬りにしたほうが苦味や青臭さを和らげることができます。緑色のピーマンは未熟な状態で収穫されたもので、そのまま収穫せずに放っておくと完熟して赤くなり甘みを増し、ビタミンCやカロテンも倍増します。しかし、完熟するまでに日数がかかってしまい、日持ちをあまりしないため、効率的に収穫できる緑色のピーマンが一般的に多く流通しています。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    独特の形がユニークなピーマンは、様々な料理に使える便利な野菜です。切り方によって色々な形を楽しめ、半分に切って肉詰めにするなどアレンジが効きやすいのが魅力です。苦みがあるため子供の嫌いな野菜に挙げられることが多いですが、ピーマンには豊富な栄養素が含まれているので積極的に摂りたい野菜です。ピーマンはガン・心筋梗塞・動脈硬化を予防するβカロテン、免疫力を高めて風邪を予防するビタミンC、高血圧抑制の作用があるクエルシトリンなどが含まれています。炒め物・揚げ物・蒸し物・焼き物・煮物など幅広い料理に使え、和食・洋食・中華などジャンルを問わず使える便利な野菜です。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    ピーマンには独特の苦みがあり大人になってもピーマンは苦手という方が多いですが、ピーマンには豊富な栄養素が含まれているのでぜひ料理に使いたい野菜です。ピーマンは緑黄色野菜なのでβカロテンが豊富で、抗酸化作用があり心筋梗塞や動脈硬化を防ぐ効果があります。ピーマンの苦みはポリフェノールの一種であるクエルシトリンで、高血圧抑制の作用があります。その他にもビタミンC、ビタミンA、ビタミンEといったビタミン類が豊富です。ピーマンは油と相性がよく、揚げ物や炒め物によく使われます。和食だけでなく中華や洋食など幅広い料理のジャンルに使われ、きれいな緑色が料理に彩を加えます。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    独特の香りと苦味が特徴のピーマン。βカロテンやビタミンC、ビタミンEなどが豊富です。緑色のイメージが強いピーマンですが、完熟すると赤色になります。赤ピーマンは緑ピーマンよりも栄養価が高くなり、青臭さもなくなるので、食べやすくなります。また、冷凍庫で保存をすれば、香りや苦味が弱まります。ピーマンに含まれるビタミンCは、熱に強く、油と一緒に調理をすればβカロテンの吸収率もアップします。ピーマンは炒めたり焼いたり、さまざまな料理に活用でき、効率よく栄養を摂取できます。ピーマンは、色が鮮やかで、ツヤとハリがあるものを選ぶのがおすすめです。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    ピーマンは鮮やかな緑で料理に彩りを添えてくれる野菜です。ピーマンは実はトウガラシと同じ品種の野菜ということをご存知でしたか?ピーマンという名前の由来はトウガラシという意味のフランス語やスペイン語から来ています。トウガラシに含まれるカプサイシンを含んでいないのでピーマンは辛くありません。ですが、独特の青くささがあり、子供から嫌われる野菜でもあります。子供が食べやすいように品種改良されたピーマンも存在します。ピーマンは火を通すと青くささが消えて食べやすくなります。ピーマンの肉詰めにすると、脂の甘みで苦味が軽減されますよ。他にもチンジャロースなどの味の濃い料理にすると食べやすいです。ピーマンは栄養も豊富なので苦手な方も頑張って克服してくださいね。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    苦味が特徴のピーマン。肉詰めや炒め物、おひたしなど、いろいろな調理の仕方で楽しめますよね。ピーマンはナス科のトウガラシ属の果実でパプリカや唐辛子の仲間です。名前の由来はフランス語の「ピマン」またはスペイン語の「ピメント」という、唐辛子を指す言葉から「ピーマン」と名付けられました。そんなピーマンですが、ビタミンCを多く含んでおり、風邪の予防や疲労回復、肌荒れにも効果的です。また、緑黄色野菜のため、カロテンが豊富に含まれているため、体内の健康維持をしてくれる働きが強くあります。料理に使う際は色が均一で濃く、艶のあるものを選ぶことをお勧めします。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    独特の苦味があるピーマン。子供がきらいな野菜と言われていますが、この苦味こそがピーマンのおいしさでもあります。ピーマンを使った料理は、ピーマンの肉詰め、チンジャオロースなど、和洋中さまざまなレシピが考案されています。また、ピーマンは夏の野菜ですが、最近ではハウス栽培によって一年中手に入り、比較的リーズナブル。そのため、家庭料理では欠かせない野菜です。ピーマンにはビタミンやβカロテンが豊富に含まれているため、美肌効果や免疫力向上を助ける力があるとされています。新鮮なものは生でも食べられますが、加熱調理することでカサが減り、苦味も抑えられるため、たくさん食べられるというメリットもありますよ。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    ピーマンは生でも火を通しても食べられる便利な食材です。こちらでは主にレンジで加熱して調理する、手軽に作れるレシピを提案しています。ピーマンはビタミンも豊富で健康と美容によい食材です。小さな子どもの中にはピーマンが苦手な子も多いでしょう。レンジで加熱して調味料を絡めれば、ピーマン独特の苦みも和らぎ、食べやすくなります。それひと品でメインのおかずになるレシピから、お弁当のひと品になるレシピ、お酒のおつまみになるレシピまで、バラエティーに富んだピーマンレシピは必読です。レンジを賢く利用して、ピーマンを美味しく調理していきましょう。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    ピーマンは青椒肉絲やサラダ、ピクルス、天ぷら、ラタトゥイユ、ナポリタン、肉詰めピーマンなど、和洋中、さまざまな料理に使われています。実はピーマンは唐辛子の一種ですが、果実に辛味成分(カプサイシン)がなく、食べやすい品種です。ピーマン独特の苦味から、にんじんやグリーンピースと並んで子供から嫌われる食材でもあり、子供向け番組「おかあさんといっしょ」では「ごめんねピーマン」という歌も作られています。しかし、最近では無限ピーマンなど、ピーマンを美味しく、食べやすく調理したレシピが数多く作られています。また子供が食べやすいよう苦味を軽減した「こどもピーマン」という品種も開発されています。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    ピーマンは苦味がある野菜ですが、お肉や野菜と合わせて食べるとアクセントになるのが特徴です。独特な苦味が苦手な人もいますが、レシピによっては食べやすくなります。ピーマンを使ったレシピは肉詰めやチンジャオロース、ピザトーストなど、和食から中華、イタリアンまでいろいろあります。おかずとしてもさまざまなレシピがありますが、実はおつまみにもぴったりの食材です。ピーマンを使ったおつまみレシピは、例えば炒め物や和え物など、普段のおかずにもなるレシピがあります。作り置きできるおつまみレシピならすぐに食卓に出せるというメリットもあります。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    ピーマン特有の苦味によって子供が苦手な人も多い食材ですが、実はこの苦味はポリフェノールの一種であることはご存知ですか。「クエルシトリン」という成分で、高血圧抑制や抗うつ作用の効果などに期待されます。スーパーなどで見かける緑色のピーマンは未熟な姿のため苦味が強く感じますが完熟すると赤くなり甘みが増します。栄養も緑のピーマンに比べるとβカロテンやビタミンCは2倍以上、ビタミンEは5倍以上になります。しかしすでに完熟している赤色のピーマンは特に傷みやすいので早めに食べてくださいね。緑色のピーマンも加熱することで青臭さや苦味が和らぐので、食べやすい工夫をしましょう。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    子供の嫌いな野菜によく挙げられるのがピーマン。大人でも独特の苦みと臭いが苦手という方も少なくありません。嫌煙されがちなピーマンですが、とても栄養価が高くぜひ料理に取り入れたい野菜です。ピーマンの苦みはポリフェノールの一種であるクエルシトリンで、この成分に特有の臭いが加わっているためです。クエルシトリンには高血圧抑制の作用があり、抗発ガン作用があるβカロテン・ビタミンCなどが含まれています。そのままカットして使う以外にも、半分に切って中に肉詰めをするなどアレンジが効くのも魅力です。和食・洋食・中華など料理のジャンルを問わずに使えて、鮮やかな緑色が料理の色合いをきれいに見せてくれます。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ10選

    苦味のあるピーマンは苦手な人が多い野菜の一つですが、ビタミンCがトマトの約5倍も豊富で熱に強いのが特徴です。β-カロテンやビタミンEも多く、免疫を高めてかぜを予防したり美肌と若さを保つアンチエイジング効果を持つなど、うれしい効能がたっぷり。香り成分「ピラジン」は血液をサラサラにして、脳梗塞や心筋梗塞の予防に。苦味の元となるポリフェノールの一種「クエルシトリン」は脂肪の蓄積を防いだり高血圧の予防・改善に役立ちます。ヘタやワタ、種には皮の10倍のクエルシトリンとピラジンを含み、加熱すると苦味も食感も気にならないので捨てずに丸ごと活用したいですね。ピーマンは油で調理するとβ-カロテンやクエルシトリンの吸収が高まり、カサも減って苦味も和らぐのでたっぷりと栄養がとれますよ。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    子供が嫌いな野菜の上位にランクインすることが多いピーマン。大人でも独特の苦みのある味わいが苦手という方が多いですが、このピーマンの苦みはポリフェノールの一種であるクエルシトリンに特有の臭いが加わっているためです。クエルシトリンには高血圧抑制の作用があり、その他にもビタミンCや抗発ガン作用や免疫賦活作用のあるβカロテンなどが含まれている栄養価の高い優秀な野菜です。カットして炒め物や麺類の具材に入れる以外にも、半分に切って中にたねを詰めて肉詰めにするなどアレンジが効きやすいのも魅力です。彩もきれいで、和食・洋食・中華などどんなジャンルの料理にも合わせやすい便利な野菜です。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    ピーマンの旬は夏です。スーパーでは季節に関係なく売られていますので手軽に購入することができる食材です。果肉の色が濃く均一であるもの、ツヤやハリがあるもの、ヘタがピンとしているもの、重みがあるものを選ぶと良いでしょう。調理する際は半分に切り、種とワタを取り除き、裏表をしっかりと洗ってから使います。保存方法はキッチンペーパーに包んでからポリ袋に入れて閉じ野菜室で保存すると長持ちします。ピーマンは栄養素を含んだ野菜です。食べ方は色々ありますが、揚げびたしやかき揚げなど揚げる調理方法でもおいしく食べることができますのでご紹介します。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    お子さまが嫌いな代表的な野菜によく挙げられるピーマン。独特な味わいが嫌われていましたが、現在は改良によりくせが少なくなり食べやすくなっています。嫌われがちなピーマンですが、ピーマンには豊富な栄養素が含まれています。ピーマンはビタミンA・C・Eが豊富で、特に赤ピーマンはビタミンなどの栄養価も2〜3倍になっているのでぜひ料理に使いたい野菜です。ピーマンは油と相性がよく炒め物や揚げ物によく使われて、彩がよく見た目がきれいに仕上がります。今回はたくさんあるピーマンを使ったレシピの中でも、ピーマンを煮るレシピに注目して紹介します。ぜひレシピを参考にして、おいしいピーマンを使った料理を作ってください。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ピーマンを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    ピーマンの旬は6月~8月です。夏野菜となりますがハウス栽培がされているので、季節に関係なく購入することができます。ピーマンを完熟させると赤ピーマンになります。ピーマンにはビタミンCが多く含まれていて肌荒れ防止、疲労回復、風邪の予防に効果があります。緑黄色野菜なのでカロテンが豊富に含まれています。髪の毛の健康維持、皮膚の粘膜の健康維持、視力維持にも効果があります。肉厚でツヤがあり色が濃いものを選ぶと良いです。ピーマンは生でも食べることができますが、素焼きや炒め物、揚げ物、煮物にもおすすめの野菜です。 この記事では、「ピーマン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大人も子供もピーマンを食べられる!ピーマンの肉詰めのレシピ・作り方まとめ

    子どもから大人まで幅広く人気の定番メニュー「ピーマンの肉詰め」。 半分にカットしたピーマンに、玉ねぎなどが入った肉ダネをたっぷり詰めて焼き上げた料理。 お肉はふっくらジューシーで、ピーマンとの相性抜群ですよね。 ピーマンの独特の香りが苦手な人も、加熱することで甘みが増し、肉の旨味も染み込むので食べやすさUP。 この記事では、ピーマンの肉詰めの基礎知識に加え、和風、煮込み、フライにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【ピーマンが美味しくなる魔法のレシピ】簡単&人気レシピまとめ20選:ピーマン嫌いもこれで克服!

    ピーマンは、唐辛子の甘味種を改良した、ナス科の野菜です。パプリカ、フルーツピーマンも、同じピーマンの仲間です。熱帯アメリカ原産で、日本には明治時代に伝わり第二次世界大戦後に普及しました。現代ではすっかり日本の風土に適した品種が作られ、家庭菜園でも簡単に作れる野菜として人気です。旬の時期は、5月~6月。茨城県で総出荷量の約半分のピーマンを作っています。そんなピーマンは野菜炒めや肉詰めなど幅広く使われる食材でありながら、苦みが苦手だという人も多いのではないでしょうか。そんな人でもおいしく食べられる、ピーマンの簡単レシピをまとめました。ピーマンの○○詰め・おかず・変わり種レシピのカテゴリに分けてたっぷり紹介します。

広告

運営会社