キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ネギをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

和食によく使われる野菜の1つがネギです。ネギはラーメンやうどんのトッピングに使われ、炒め物・煮物・焼き物・蒸し物などさまざまな料理に使われます。独特の香りと臭いがありますが、好き嫌いの分かれない野菜です。独特の臭いと味がありながらも、生で食べられることが多いのも特徴です。料理の脇役的な存在ですが、ネギをプラスするだけで味が引き締まって料理を引き立てます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてなすのレシピを紹介しています。ネギを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

ネギの栄養素

ネギ特有の香りは硫化アリルと言う成分で、血行をよくし疲労回復に効果があると言われています。硫化アリルには消化液の分泌を促す働きや、強力な殺菌作用があり風邪を引いた時にもおすすめです。その他にも抗酸化作用のあるβカロチン、風邪の予防に効果のあるビタミンC、ビタミンA、カルシウムなど、体にいい栄養素を豊富に含んでいます。

ネギの旬

産地ごとに出盛りの時期が違ったりしますが、ネギは一年を通じて手に入ります。ネギが一番おいしいのが旬の11月~2月にかけてで、鍋料理にもかかせない食材になっています。旬の時期に出回る長ネギは、太くてやわらかく味が良質のものが多いです。青ネギは冬から春にかけてが最盛期になっています。

ネギの種類

! /image/〇〇
ネギは主に白ネギ(長ネギ)と青ネギに分けられます。関東では白ネギをよく使い、関西では青ネギをよく使います。ネギは種類が多く、日本各地でその土地特有のブランドネギが存在します。関東地方で一般的な品種は千住ねぎや加賀ねぎで、埼玉県産の深谷ねぎ、 茨城県産の赤ねぎなどがあります。京都産の九条ネギや群馬県産の下仁田ネギ、福岡県産の博多万能ねぎなどが全国的に有名です。

ネギの選び方

白ネギを選ぶ際は白い部分が締まっていて、巻きがしっかりとして弾力があるものを選びましょう。手に持って重みがあるものがおすすめで、軽いものはスカスカして新鮮さに欠けます。白い部分が長いものを選んで、しわが寄っているもは避けましょう。青ネギを選ぶ際は色が鮮やかな緑色のものは栄養価が高く、みずみずしく葉先がぴんとしているものが新鮮でおすすめです。葉先が茶色く変色していたりしなっているものは避けてください。

ネギの保存方法

白ねぎは使いやすい長さに切って、乾燥しないようにラップに包むか保存袋に入れて冷蔵庫の野菜室に立てて保存します。青ねぎは根元をカットして、湿らせた新聞紙に包んで冷蔵庫の野菜室に入れます。使いやすいように小口切りにしたネギは、タッパーに入れて冷蔵庫で保存します。ネギは冷凍保存もでき、小口切りや食べやすいサイズにカットしたものを保存容器に入れて冷凍庫で保存すると、すぐに料理に使えて便利です。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

ネギの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ネギの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ネギの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ネギの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ネギの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

ネギをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社