キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

いんげんをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

インゲンは南米が原産のマメ亜科の一年草で、古代から南北アメリカ大陸で食べられていました。17世紀に中国から伝わり、日本には隠元禅師がもたらしたことから「いんげん」の名前が付いたと言われています。ひょろ長い見た目が特徴で、サラダ・煮物・炒め物・揚げ物などに使われます。醤油や酒などの和食の調味料からバターやオリーブオイルなどの西洋の食材ともよく合い、幅広い料理に使われます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けていんげんのレシピを紹介しています。いんげんを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

#いんげんの栄養素
いんげんは緑黄色野菜なのでβカロテンが豊富で、βカロテンは抗酸化作用がありガンや高血圧、動脈硬化などの予防に効果があります。その他にも体内の余分なナトリウムを排出するカリウムや、9種類の必須アミノ酸が含まれています。ビタミンB1・B2・Cなどのビタミン類も豊富で、ビタミンB1は疲労回復に効果があり、ビタミンB2は血栓や動脈硬化の予防、ビタミンCは風邪の予防やコラーゲンの生成に効果を発揮します。

いんげんの旬

いんげんは夏が旬の夏野菜で、6月~9月が最盛期になっていて初夏頃から露地物がピークを迎えます。1年を通じて手に入りますが、4月ごろになるとハウス栽培されたさやいんげんやさやえんどうなどのさや豆も出荷されます。モロッコいんげんは6~9月に収穫されます。1年で三回収穫できる地域もあり、「三度豆」とも呼ばれています。

いんげんの選び方

! /image/〇〇
いんげんを選ぶ時はきれいな緑色で鮮やかなものを選び、時間が経つと黄色みを帯びてくるので黄色く変色したものはさけましょう。表面にハリと艶がありみずみずしいものが新鮮で、太く大きいものは育ち過ぎて味が落ちてしまいます。細いものの方が柔らかくて味もよく、ピンと張っているものは良品です。切り口が茶色く変色しているもは鮮度に欠けるので避けて下さい。

いんげんの名産

さやいんげんは全国各地で栽培されていますが、生産量のトップは千葉県になっています。次いで福島県・北海道・鹿児島が多くなっていて、東北から北海道にかけての高冷地では夏の栽培が盛んです。福島県・千葉県・茨城県のさやいんげんは初夏が旬で、モロッコいんげんは群馬や長野の高原で栽培されています。

いんげんの保存方法

いんげんは乾燥しやすいため、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室に保存します。長く保存したい場合は冷凍保存がおすすめで、さっと塩ゆでして水気を切ってジップロックなどの保存袋に入れてしっかりと空気を抜いて冷凍庫で保存します。解凍する時は自然解凍か流水で解凍します。冷凍したいんげんを茹でて料理に使う際は、凍ったまま沸騰したお湯で茹でると簡単ですよ。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

いんげんの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

いんげんの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

いんげんの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

いんげんの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

いんげんの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

いんげんをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社