キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

もち麦をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

栄養価が高く低カロリーな穀物として注目されているがもち麦です。もち麦のお茶碗1杯のカロリーは198kcalで、ご飯の252kcalと比べると少なくダイエット中におすすめです。白米をもち麦に置き換えて食べる以外にも、リゾットや雑炊、軽く潰しておはぎのようにして食べることもできます。色々とアレンジが効くので、様々なレシピを試して楽しむのもおすすめです。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてもち麦のレシピを紹介しています。もち麦を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

もち麦とは

もち麦は麦の一種でもち性の大麦のことで、粘性が高くもちもちした食感が特徴です。紀元前3000年頃には西南アジアで栽培されていた、歴史の長い穀物です。粒の中央に黒い線が入っていて米粒より少し大きく、もちもち感とプチプチ感があり違った食感を一緒に楽しめるのも魅力です。栄養価が高くご飯より低カロリーなので、健康のためにも料理に取り入れたいですね。

もち麦の栄養素

もち麦には白米の25倍の食物繊維が含まれているため、腸内環境を調えて便秘の解消に役立ちます。もち麦の食物繊維は水溶性と不溶性がバランスよく含まれているため、腸内環境をよくしてくれるので便秘で悩んでる方におすすめです。もち麦に含まれるβグルカンは、腸の免疫力を上げて大腸がんや十二指腸潰瘍の予防に役立ちます。その他にも抗酸化作用のあるポリフェノール・カルシウム・鉄分・ビタミン類など、体に必要な栄養素が豊富に含まれています。

もち麦の炊き方

いつもの白米をそのまま全部もち麦に変えると、食物繊維が多いためお腹がゆるくなってしまうことがあります。最初は白米にもち麦を混ぜて炊くのがおすすめです。米を研いで炊飯器の目盛り通りに水を入れて、もち麦ともち麦分の水を追加して軽くかき混ぜて普通に炊飯します。もち麦100gを使う場合は、水の量は200mlになります。水の量はもち麦の重さの2倍を目安にしましょう。

もち麦の保存方法

炊いたもち麦ご飯を保存するには冷凍保存がおすすめです。もち麦は白米に比べると傷みやすいので、炊いた後は使う量に小分けして冷凍保存します。ラップで包む・ジップロックなどの保存袋に入れる・小さめのタッパーに入れるなど、お好みの保存方法で冷凍でき1ヶ月を目安に使い切りましょう。調理前の生のもち麦は直射日光と高温多湿を避けて冷暗所で保管しますが、夏場の暑い時期は密閉容器に入れて冷蔵庫で保存するのがおすすめです。

もち麦の購入方法と参考価格

もち麦は小さなスーパーでは取り扱っていないところもありますが、イトーヨーカドーやイオンなどの大手のスーパーで購入できます。800g入りのもち麦が400円前後で購入できます。近くにもち麦を買えるスーパーがないという方は、楽天などのネット通販で簡単に購入できるので利用してみましょう。ネットで購入する場合は価格やブランドを比較しやすく、予算や目的に合ったものを選ぶことができます。


厳選したおすすめのレシピまとめ一覧

もち麦の【焼く】【炒める】【揚げる】レシピ特集

もち麦を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

もち麦は大麦の一種で白米と比較するとカロリーが低い食品です。たんぱく質、ビタミンB1、カリウム、鉄分、カルシウムなどの栄養素が豊富に含まれています。中でも注目されているのがもち麦には食物繊維が豊富に含まれているということです。比較すると白米の約26倍、ごぼうの約4倍の食物繊維が含まれています。腸内環境を整える働きや血糖値の上昇を抑える働きがあることからダイエットに効果がありますので大変注目されている食材です。もち麦は炊き込みご飯、サラダ等にも使われていますが、焼くレシピも多くあります。 この記事では、「もち麦」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

もち麦を使った人気レシピ【調理法:炒める編】おすすめ10選

栄養価の高いヘルシーな食材として注目を集めているのが「もち麦」。もちもちした食感が食べやすく、ご飯にもち麦を加えて炊くことでもっちりとした食感になり、栄養価もアップします。もち麦は穀類の中でも食物繊維が多く含まれていて、健康効果が非常に高くダイエット中の方にもおすすめです。もち麦は大麦の一つで大麦には押し麦ともち麦があり、もち性の品種がもち麦になります。大麦は弥生時代に日本に伝来して以来食べられている、歴史の長い穀物です。もち麦に含まれる大麦β-グルカンは、水溶性食物繊維のことで糖質の吸収を抑える効果があります。腸内の善玉菌のエサになって腸内環境を改善する働きもあり、日常的に摂りたい優秀な食材です。ご飯に混ぜて炊くだけでなく、料理にもアレンジしやすいのでぜひ使ってみてください。 この記事では、「もち麦」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

もち麦を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ3選

「もち麦」はもち性の大麦のことで、粘性が高くもちもちした食感が特徴です。最近は栄養価の高い健康食品として見直されていて、人気が上昇している食材です。もち麦には「大麦β-グルカン」が豊富に含まれていて、大麦β-グルカンは水溶性食物繊維のことで糖質の吸収を抑える効果があります。さらに腸内の善玉菌のエサになって腸内環境を調えて、改善する働きがあります。食後の血糖値上昇を抑える働きもあり、ダイエットに適した食材として人気を集めています。ダイエット中にご飯をもち麦に置き換えるだけで、糖質オフになりダイエット効果が期待できます。もち麦はぷちぷちしてもっちりとした食感なので食べやすく、満足感もあるのでおすすめです。ご飯の代わりに食べる以外にも、さまざまな料理に使うことができます。 この記事では、「もち麦」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「揚げる」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

もち麦の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

もち麦を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

大麦には押し麦ともち麦があり、もち麦はもち性の大麦のことを指します。大麦は弥生時代に日本に伝来して以来長い間食べられていましたが、精米された白米が食生活の中心になってからはあまり食べられなくなりました。最近になってもち麦の栄養価の高さが注目されるようになり人気が出ています。もち麦には豊富な水溶性食物繊維が含まれていて、糖質の吸収を抑える効果があります。それ以外にも腸内の善玉菌のエサになって腸内環境を調えたり、食後の血糖値上昇を抑える働きがあり、ダイエット中におすすめの食材です。ご飯に混ぜて炊くことで栄養価がアップして、もっちりとした食感でおいしく食べられます。もち麦を料理に使うことで、栄養バランスがよくなりかさ増しの材料として取り入れるのもおすすめです。 この記事では、「もち麦」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

もち麦を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

もち麦は大麦の一種で粘性が高くもちもちとした食感が特徴です。もち麦は大麦βグルカンという食物繊維が豊富に含まれています。この大麦βグルカンは糖質の吸収を抑える働きや血糖値上昇を抑える効果があります。最も注目されているのが腸内環境を整える効果があるということです。女性に嬉しいダイエット効果があるのでおすすめの食材です。もち麦を手軽に取り入れるには白米に混ぜて炊く方法があります。その他にはスープに入れたり雑炊にする等、煮て摂取する方法があります。もちもち食感のもち麦を使った煮るレシピは豊富にありますので紹介します。 この記事では、「もち麦」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

もち麦を使った人気レシピ【調理法:炊く編】おすすめ10選

ダイエット効果などで注目されるもち麦。食物繊維がとても豊富に含まれ、腸内環境を整える作用があり便秘予防に効果が期待されています。白米と異なりプチプチとした食感は咀嚼回数が増え、よく噛んで食べる習慣が自然に身につきます。麦特有の香りも少々あるため、気になる方は白米と合わせて炊くことをおすすめします。通常の白米での調理方法と同様、様々な材料と合わせてアレンジが楽しめますよ。和風な炊き込みご飯はもちろん、中華おこわ、洋風なピラフ、デザートにおはぎまで作れます。いつものご飯にもち麦を加えて炊き、栄養バランスの整った食事を目指しましょう。 この記事では、「もち麦」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炊く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

もち麦を使った人気レシピ【調理法:茹でる編】おすすめ10選

健康的に食べながらダイエットできると話題の「もち麦」。大麦β-グルカンという水溶性食物繊維が豊富で、腸内環境を整え便秘の解消に役立ちます。美腸を作ると、ダイエット効果以外にも免疫力アップや美肌にもつながり、体の中からキレイになれるんです。食物繊維は白米よりも24倍も多く、タンパク質は1.6倍、疲労回復に役立つビタミンB1は4倍も含み、鉄などのミネラルも豊富です。もち麦を食べると食後の血糖値上昇を緩やかにする効果が次の食事まで続くので、朝食と夕食に摂取すると効果的。女性に嬉しい効能を持つもち麦、もちもちプチプチの食感が楽しめるスイーツやサラダのレシピ、リゾットなどの主食レシピまでバリエーションも様々。まとめて茹でて冷凍保存すれば、いつでも手軽に使えますよ。 この記事では、「もち麦」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

もち麦の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

もち麦を使った人気レシピ【料理の種類:おかず編】おすすめ10選

今、人気急上昇中の健康食材「もち麦」。食物繊維を多く含み、腸内環境を整えてくれるスーパーフードです。ダイエットにも向いている食材なので、普段の食生活でおかずとして取り入れたいですよね。もち麦をおかずに加えることで、栄養価が高くなり、ヘルシーになるだけでなく、もち麦特有のプチプチもちもち食感のおかげで、かむ回数が増える、スローフードになる、満腹感が増える、おかずのボリュームがアップする、などダイエット中の人にはうれしい効果がたくさん。スープに入れたり、揚げ物に混ぜて一緒に揚げたり、炒め物に混ぜたりと、さまざまな食べ方で楽しめますよ。 この記事では、「もち麦」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

もち麦を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ編】おすすめ10選

近年の健康ブームでメディアでも注目されているもち麦。食物繊維が白米に比べて約25倍も含まれ、ダイエットや健康を気にする私たちには嬉しいですね。β-グルカンと呼ばれる成分が含まれるもち麦は、水に溶けると粘り気が出る特性を持ち、この粘り気が体内で水分を吸収して膨らむため、少量でも満足感を与えてくれます。他にも糖質や脂質の吸収を抑える働きや、血中コレステロールを低下する効果が期待されるので、まさに美容のためのスーパーフードです。いつものサラダにプラスするだけで簡単に栄養バランスが整いますよ。すでに茹でている状態のものも販売されていますので、忙しい毎日でも上手に取り入れてくださいね。 この記事では、「もち麦」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

もち麦を使った人気レシピ【調理法:あえる編】おすすめ10選

プチプチとした食感のもち麦は他の穀類と比べると栄養価が高く、低カロリーのため健康と美容を維持するために注目される食材です。食物繊維を極めて豊富に含み、便秘予防に効果が期待され、腸内環境が整うため美肌効果にも繋がります。βグルカンと呼ばれる成分には、食後の急激な血糖値の上昇を防ぐ効果が期待されます。ダイエット中は炭水化物を気にすることもありますが、私たちの健康な体を維持するために炭水化物は必要です。もち麦はまさに適した炭水化物なので積極的に取り入れたいですね。茹でたもち麦は冷蔵・冷凍保存が可能です。多めに茹でて、和え物、サラダ、スープなど様々な料理にプラスして美しく健康的な体を手に入れましょう。 この記事では、「もち麦」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

もち麦を使った人気レシピ【調理法:レンジ編】おすすめ8選

スーパーフードとして注目されている「もち麦」。ビールや麦茶の材料である大麦の一種で、ダイエットや健康維持に効果的な食材なんです。もち麦は水溶性食物繊維である「大麦β-グルカン」が豊富で、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えるため、代謝も良くなりダイエットに役立ちます。肥満の原因となる、食後の血糖値上昇を抑える効果やコレステロールを体外へ排出する働きがあるため生活習慣病の予防にもつながります。もち麦には次の食事の血糖値上昇も抑える「セカンドミール効果」があるため、朝と夜の摂取がおすすめです。白米に混ぜて炊くのが定番ですが、茹でてサラダやスープなどに入れても美味しくいただけます。電子レンジを使ったレシピを活用すれば、時短になり忙しい朝にも簡単にできますよ。 この記事では、「もち麦」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

もち麦の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

もち麦を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ編】おすすめ10選

ダイエットに効果的だとして話題の「もち麦」。食物繊維が豊富で便秘の人は積極的に取りたい食材です。白米をもち麦に変えるだけでも1日に取れる食物繊維の量はグンとアップしますが、主食だけでなく、おかずにもち麦をプラスするのも有効。飽きにくく、日常的にもち麦をとりやすくなります。おかずは時に、お酒のおつまみにもなりますよね。ダイエット中にどうしてもお酒を飲みたくなったときは、せめてヘルシーなもち麦入りのおつまみを食べてみませんか。もち麦には食物繊維以外にも、高血圧や肥満を予防するβ‐グルカン、むくみを予防するカリウム、ミネラルやビタミンB群など魅力的な栄養素がたっぷり。ヘルシーおつまみで栄養補給しましょう。 この記事では、「もち麦」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

もち麦を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯編】おすすめ10選

もち麦は食物繊維たっぷりのスーパーフードです。ダイエットにも効果的なので、ぜひ日頃の食事に取り入れましょう。ご飯に少しだけもち麦をプラスするだけで、見た目も食感も変わりますよ。チャーハンやちらし寿司など、もち麦が入るだけでいつもとは違う仕上がりに。バリエーションも広がって、楽しくなりますよ。もち麦は洗わずに使えるので、とても楽ちん。さらに、栄養価もアップするのでいいことづくしです。もち麦ご飯が余ったら、簡単にリメイクできるのもうれしいですね。それでも余ったら、ラップに包んで冷凍保存できますよ。 この記事では、「もち麦」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

もち麦を使った人気レシピ【料理の種類:パン編】おすすめ10選

食物繊維が豊富で、ダイエットの味方としてテレビや雑誌で紹介されているもち麦。麦の中でも、大麦の一種です。市販の雑穀の中に入っていることがあるので、見かけたことがあるかもしれませんね。楕円形の粒の真ん中に、1本の線が入っているのがもち麦の特徴です。もち麦はアミロペクチンというデンプンでできているので、ごはんのように炊くと粘り気が出て、もちもち、ぷちぷちの食感が生まれます。穀類の中でも栄養価が高く、カロリーが控えめなもち麦は、毎日の食卓に積極的に取り入れたい食材の1つです。ヘルシーなもち麦を料理にプラスして、健康的な毎日を目指しましょう。 この記事では、「もち麦」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

もち麦を使った人気レシピ【料理の種類:麺編】おすすめ10選

大麦の仲間であるもち麦は、他の穀類と比較してカロリーが控えめです。さらに、腹持ちが良くダイエット中の食事にうってつけです。炊くと粘り気が出て、もちもちっとしていながらも、プチプチの食感が楽しめますよ。栄養価も高く 、鉄分やカルシウム、亜鉛など、私たちの体に必要なさまざまな栄養素が含まれています。その中でも食物繊維が豊富なのが特徴です。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスが良いので、ダイエット中や便秘を解消したいときに積極的に取り入れたい食材の1つですね。もち麦は保存性が良く、少量から調理が可能です。いつもの料理にプラスして、美しく健康的な体を目指しましょう。 この記事では、「もち麦」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

もち麦の【おやつ】【お弁当】レシピ特集

もち麦を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ編】おすすめ9選

もち麦とは、大麦の一種です。見た目は粒の真ん中に黒い線が入っているのが特徴です。黒い線には種子が形成される際の水分や養分の通り道となっていて、とても重要な役割となっています。もち米は粘り気が強く、もちもちプチプチした食感が特徴です。白米とカロリーは変わりませんが栄養価は高く、カリウムやマグネシウムは特に豊富です。食物繊維は白米の26倍も多いため、一緒に食べたものの消化吸収を緩やかにする働きがあります。ダイエット中にもおすすめできる食材です。もち麦を使ったレシピも主食からおやつまで豊富ですので是非お試しください。 この記事では、「もち麦」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

もち麦を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当編】おすすめ10選

「もち麦」とはもち性の大麦のことをいいます。穀類の中でも食物繊維が多く、特に水溶性の食物繊維は白米や玄米に比べて多く含まれています。もちもちでプチプチした食感と香りが高いのが特徴です。もち麦を一緒に入れて炊くとご飯が硬くならず、冷めてもおいしいまま食べられます。ただ普段食物繊維をあまり摂取していない人が、いきなりたくさん摂取しようとすると、おかながゆるくなるので慣れない時期は注意が必要です。もち麦を使った健康的なお弁当をつくってくださいね。 この記事では、「もち麦」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

もち麦をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社