キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ぎんなんをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ぎんなんを使った料理で思い浮かべるのが茶わん蒸しで、脇役的な存在に使われますが独特の味わいと食感が料理にアクセントを加えます。茶わん蒸し以外に炊き込みご飯、炒め物、汁物、スープなどに使われ、和食によく合う食材です。ぎんなんは皮に包まれているので下処理が面倒と思っている方も多いかもしれませんが、殻付きのぎんなんを封筒に入れて電子レンジで加熱すると簡単に皮がむけますよ。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてぎんなんのレシピを紹介しています。ぎんなんを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

ぎんなんの栄養素と効能

ぎんなんは体内の酸化を予防するカロテン、風邪の予防や日焼け防止に効果のあるビタミンCなどを含んでいます。貧血予防に効果のある鉄分、歯や骨の形成に欠かせないマグネシウム、体内の余分なナトリウムを排出するカリウム、細胞膜の成分となるリンなどのミネラル類が含まれています。ぎんなんにはメチルビリドキシンという物質が含まれていて、食べ過ぎるとけいれんなどを引き起こすため食べすぎには注意が必要です。

ぎんなんの旬

ぎんなんの旬は秋で、9月~11月中旬ごろが収穫期になります。9月下旬から10月上旬に出回るぎんなんはきれいな緑色で、においがきつくないため食べやすいです。ぎんなんは季節感を楽しめる食材なので、ぜひこの時期にぎんなんを使った茶わん蒸しや炊き込みご飯を作って、季節感を感じてみてはどうでしょうか。

ぎんなんの産地

! /image/〇〇
ぎんなんの生産量は238トンの愛知県がトップで、全国の3割を占めています。次いで大分県が155トンで2位、福岡県が95トンで3位になっています。愛知県中島郡祖父江町は全国一の銀杏の産地として知られ、丸型で大粒なのが特徴です。明治時代に冬の季節風を防ぐ防風林を兼ねて、銀杏の木がたくさん植えられるようになったのが始まりでぎんなんの産地になりました。

ぎんなんの賞味期限

ぎんなんを常温保存した場合の賞味期限は、約1週間を見ておきましょう。固い殻で覆われているため長持ちしそうに見えますが、常温で長く置くと水分が蒸発して実が縮んで身が黄色く変色します。殻の部分が黒っぽくなったらカビが生えているため、食べないようにしましょう。ぎんなんを冷凍保存すると殻付きで2~3か月、実だけを冷凍した場合は半年ほど保存できます。

ぎんなんの保存方法

ぎんなんの保存方法は冷凍がおすすめで、殻付きのものはジップロックなどの保存袋に入れて空気をしっかり抜いて保存します。実だけを冷凍する場合は殻を割って実を塩茹でしてしっかりと水気を拭いて、小分けしてラップに包んで保存袋に入れて冷凍します。殻が向きにくい場合は封筒にぎんなんを入れてレンジで加熱するか、水をはったボウルにぎんなんを殻ごと入れて20分~30分水に浸すと剥きやすくなりますよ。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

ぎんなんの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ぎんなんの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ぎんなんの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ぎんなんの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ぎんなんの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

ぎんなんをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社