キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

生姜をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

生姜は独特の香りと味わいが料理にアクセントを加え、和食の薬味としてよく使われます。少量を使うだけで料理の味を引き立てて、風味を加えます。うどんや蕎麦、天ぷら、寿司などの薬味として、日本料理に欠かせない食材です。日本では奈良時代にはすでに栽培されいたと言われている、歴史の長い野菜の1つです。インドや中国では古くから食用や生薬として使われているほど栄養価が高く、体を温めるので風邪を引いたときもおすすめです。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて生姜のレシピを紹介しています。生姜を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

生姜の栄養素と効能

生姜は食べる万能薬とも言われ、栄養素が豊富なことで知られています。生姜の香り成分はシネオールと呼ばれ、疲労回復や食欲増進に効果があります。生姜には3種類の苦み成分があり、ショウガオールは血行を促進させ、体を温める作用があります。ジンゲロールは殺菌作用や抗酸化作用があり、ジンゲロンはダイエット効果があるとされています。生姜には発汗作用があり体が温まるので、風邪や夏バテにおすすめです。

生姜の旬

新生姜には収穫直後の色白のものと、数か月寝かせる赤い茎の部分が付いている根生姜があります。新生姜は9月~10月が収穫期で旬は秋になり、数か月寝かせる根生姜は6月~8月の夏が旬になります。ハウス栽培された新生姜は5月~8月にかけてが旬になります。数か月寝かした根生姜は甘酢漬けなどに使用されます。

生姜の産地

! /image/〇〇
生姜の生産量のトップは高知県で、全体の約45%を占めておりダントツトップになっています。2位が熊本県、3位が千葉県になっています。高知県では吉野川源流域、高知県嶺北地方、四万十川の源流域で生姜が栽培されています。色鮮やかな黄金色が特徴の「黄金生姜」、辛みが強い「三州生姜」、マイルドな香りが特徴の「大生姜」などの品種が栽培されています。生姜は輸入物も多く、ほとんどは中国から輸入されています。

生姜の保存方法

生姜はラップをして冷蔵保存し、数日以内には使い切りましょう。もっと長く保存したい場合葉、タッパーに水を入れて使い替えの生姜を入れて蓋をしておくと長く保存できます。その際は水を数日ごとに変えるようにして下さい。生姜は冷凍保存もでき、刻むかすりおりしたものをラップでぴっちりと包んで冷凍庫に入れて保存します。冷凍保存で約1ヶ月ほど保存でき、解凍せずに凍ったまま調理できます。

生姜の賞味期限

13℃以下であれば常温保存でき、新聞紙に包んで冷暗所に置いておけば約2週間は保存できます。使いかけの生姜をタッパーに水を入れてつけておく場合は、約1ヶ月保存でき、水の代わりの焼酎を使うと半年ほど保存できます。すりおろした生姜はすぐに変色してしまうのでその日のうちに使い切りましょう。すりおろしたものを冷凍保存すると約1ヶ月保存でき、スライスして天日干しにした生姜は数か月保存が可能です。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

生姜の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

生姜の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

生姜の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

生姜の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

生姜の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

生姜をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社