キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

生姜の記事一覧

キッチンブックの「生姜」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 生姜を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    日本料理ではよく薬味に使われる生姜は、独特の香りと味わいが料理にアクセントを加えます。ざるうどんやざるそば、冷ややっこ、てんぷらの薬味として日本食に欠かせないのが生姜です。脇役的な存在ですが、少し加えるだけで風味と味わいが増して料理を引き立てます。インドや中国では古くから食用や生薬として使われていて、日本では奈良時代にはすでに栽培されいたと言われています。生姜の香り成分はシネオールと呼ばれ、疲労回復や食欲増進に効果があるとされています。生姜に含まれるショウガオールには、体を温めて血行を促進させ発汗作用を高めると言われています。体を温めて疲労回復に効果があるため、風邪を引いたときや夏バテしたときにもおすすめですよ。料理だけでなく紅茶やはちみつレモンに生姜を入れるなど、日常生活に取り入れやすいのもいいですね。 この記事では、「生姜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 生姜を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    香辛料として和・洋・中の料理に使用される生姜は、熱帯アジア原産の野菜です。生姜の種類には根を食用にする根生姜、新生姜が育ち始めた時に葉が付いている状態で出荷される葉生姜などがあります。一年を通して流通している根生姜の収穫時期は10月から11月にピークを迎えますが、葉生姜の場合は初夏から夏が旬でこの頃に出荷が多くなります。選ぶときのポイントは、根生姜の場合は表面に艶がありなるべく大きな塊の物を選んでください。葉生姜の場合は、茎が太すぎないものを選びましょう。また根の部分を見て、白くみずみずしい物が新鮮です。生姜がもつ独特の香り成分は、ショウガオールと呼ばれており抗酸化作用や体を温める作用が知られています。 この記事では、「生姜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 生姜を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    世界各地で香辛料として親しまれている生姜。日本国内で流通している生姜のうち、約半分が中国産で、約半分が高知県産などの国産です。生姜は食欲増進効果があって疲労回復や夏ばての予防に役立つシネオールや、殺菌作用を持つ辛み成分のジンゲロールおよびショウガオールを含んでおり、これらの成分は食材の臭み消しや風味付けの他、新陳代謝を高めて体を温める働きを持っています。また、生姜は、爽やかで甘辛い香りと、ピリッとした辛みを生かして、減塩料理や薬味として使われることが多い食材です。そんな生姜を料理に取り入れて、体を中から温め、健康的な美を手に入れましょう。 この記事では、「生姜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 生姜を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    独特の辛味とさわやかな香りが特徴の生姜は漢方にも使われているほど健康に良い食材です。肉や魚の臭みを消して風味よく仕上がるので幅広い料理に大活躍します。通年出回っているのは根生姜で香りと辛味が強く、主に薬味や香辛料として活用します。初夏にできた若い生姜を新生姜といい辛味がマイルドで甘酢漬けに適しています。生姜は加熱をするとショウガオールが増え、体を芯から温めてくれるのでかぜ予防や冷え性改善に役立ち、代謝がアップしてダイエットもサポートしてくれます。ショウガオールの持つ抗菌作用と抗酸化作用が、がん予防にも良いと期待されています。生姜を使った炒めるレシピを参考に、キレイと健康の維持に日頃から積極的に取り入れたいですね。 この記事では、「生姜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 生姜を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    香辛料として用いられることが多いしょうが。うどんやそばの薬味、甘酢漬け、しょうが焼きなどさまざまな食べ方ができます。しょうがの効能は多く、特に体をあたためる効果があるのは知られていますね。その他にも、しょうがの3大成分である「ジンゲロール」「ジンゲロン」「ショウガオール」はしょうがの香りや辛み成分の元となっており、健康に良いはたらきをしてくれます。なじみ深い食材なので、普段からなるべくしょうがを使うようにしたいですね。しょうがは、皮に傷がなく形がふっくらしているものを選ぶと良いでしょう。洗わずに使い、使い残したら冷凍保存するのがおすすめですよ。 この記事では、「生姜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 生姜を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    薬味や調味料として活躍することの多い生姜、ピリッとした辛味に特徴があります。この辛味にはジンゲロール、ショウガオールという成分が含まれており、強い殺菌抗があります。鮨にガリが必ずあるのは殺菌効果を活かしたものです。また、ショウガオールには体を温める効果があり、新陳代謝を活発にしてくれます。生のままでももちろんですが加熱することでさらに効果が上がるのでみそ汁や鍋、揚げ物に入れも良いですよね。そんな生姜ですが、おいしい生姜は表面につやとハリがあり、ふっくらしているものがおいしいと言われています。スーパーなどで選ぶ際には注目してみてくださいね。 この記事では、「生姜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 生姜を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    体を中から温めてくれる効果があるとして注目されている生姜。生姜のスパイシーな絡みのもとの「ジンゲロール」は加熱することで「ショウガオール」と呼ばれる成分に変わり、血行をよくし、熱を手足などの末端まで広げて全身に行き渡らせることから、全身をポカポカにします。しかし、薬味など生のままの生姜には解熱作用によって体を冷やすため、風邪の引き始めには効果的ですが冷え性には逆効果です。逆に熱した生姜は冷え性や肩こりには効果が期待されますが、高熱の状態だと余計に体温をあげてしまうため、体調に合わせて生で食べるか熱して食べるか使い分けてくださいね。 この記事では、「生姜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 生姜を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    生姜といえば、ピリッとした辛みと独特の良い香りが特ちょうですね。薬味や風味付けなどに幅広く使える身近な食材といえます。料理からお菓子まで用途もさまざまです。スーパーでよく見かけるしょうがは「根しょうが」と呼ばれ、通年出回っています。生姜は発汗作用があるので、昔から風邪予防の食材として利用されてきました。それだけでなく、生姜の栄養や効能はなんと200種類以上といわれているんですよ。食品と組み合わせると、その食品の栄養効果を高めるなど、生姜パワーはぜひ食生活に取り入れたいものです。そんな生姜を「煮る」レシピを集めてみました。 この記事では、「生姜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 生姜を使った人気レシピ【焼く編】おすすめ10選

    女性に嬉しい、体を温めてくれる効果を持つ生姜。辛み成分、ショウガオールによるもので生の生姜に含まれるシンゲロールが、加熱することで変化したものです。シンゲロールは体を冷やす作用があり、すりおろしたものを薬味とし、夏場に用いるのに適しています。一方、加熱することでできるショウガオールは体を芯から温め免疫力を高めてくれるため、かぜ予防や冷え性改善に役立ちます。また、抗酸化作用を持ちがん予防にも効果が期待される食材です。香り成分のジンギベレンには、食欲の増進効果があり、胃液の分泌も助けてくれるため、食後の胃もたれの予防にも効果的。紹介する生姜の焼くレシピは生姜の爽やかな香りが、肉や魚の臭みを和らげ素材の風味がアップ。食欲をそそるレシピが満載ですよ。 この記事では、「生姜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社