キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

にんにくをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

にんにくはヒガンバナ科ネギ属の多年草で、古代エジプトでは紀元前3200年頃には食べられいたと言われています。独特の香りと味わいがありますが、どんな料理や食材にもよく合い幅広い料理に使われます。薬味や味付けに使われる脇役的な存在ですが、存在感のある味わいで料理になくてはならない食材です。にんにくを使うだけで味と風味が増して、料理がおいしく仕上がります。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてにんにくのレシピを紹介しています。 にんにくを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • 夜ごはんにオススメのにんにくを使った人気レシピ10選

    世界各国の料理に欠かせないにんにくは、独特の香りと風味が特徴の香味野菜です。にんにく特有の香りは「アリシン」と呼ばれる成分で、刻んだりすりおろすことによって発生します。体内でビタミンB1と結びつくと吸収率を高めて効果を持続する働きがあります。豚肉などに多く含まれるビタミンB1は糖質をエネルギーに変えて疲労回復や体力増強をしてくれるため、日々の生活に欠かせませんよ。加熱する場合は、低温からじっくり炒めることで香りと旨味が出てくるため調理の際には工夫してくださいね。さらにアリシンには食中毒予防に効果的な殺菌作用や、肉や魚の臭みを消す効果、感染症予防に効果的な抗酸化作用が含まれていますよ。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にんにくを使ったおすすめ定番料理10選!まずはこれをマスターしよう

    中華料理やインド料理、イタリアン、フレンチなど世界各国の料理に使われるニンニク。生のまま刻んだりすりおろすとツンとする独特の香りがありますが、同時に食欲もそそられますね。この香りは「アリシン」という成分によるもので、刻んだりすりおろすことでより多く発生します。強い殺菌作用があり、肉や魚の臭い消しにも効果的ですよ。さらに体内でビタミンB1と結びつくことで吸収率を高めて効果を持続する働きもあります。ビタミンB1は糖質をエネルギーに変換して疲労回復や体力増強に期待できますよ。ビタミンB1をたっぷり含む豚肉やカツオなどの食材と合わせて効率よく取り入れてくださいね。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのにんにくを使った人気レシピ10選

    にんにくは餃子、炒め物、パスタなど、おいしい料理には欠かせない食材です。にんにくの香りは食欲を増進させてくれる効果があります。お昼ごはんににんにくの効いた料理を食べたいけど、においが気になるという方は乳製品や、高タンパクな食品と食べ合わせることでにおいが軽減されますよ。無臭にんにくなど、うまみはそのままににおいを抑えたにんにくなども栽培されています。にんにくは生のまま食べれば殺菌効果があり、鍋などに利用して加熱すると、血栓ができるのを防いだり、強壮作用があります。調理によってもにんにくの働きが変化するので、体調に合わせて利用してくださいね。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのにんにくを使った人気レシピ10選

    香ばしい味わいと独特な香りのあるにんにく。様々な料理のアクセントになる食材ですよね。生で使用する際には少し辛みのある味と香りですが、加熱することで甘みと香ばしさが出てきます。お肉や野菜、ご飯、パンなど、比較的相性の良い食材が多いのも特徴的です。旬を6~8月に迎え、収穫したばかりのものを新にんにくと呼びます。これは普段のものよりも更にみずみずしく、その時期にだけ食べられるものとなります。そんなにんにくですが、栄養成分が豊富で、特にアリシンという成分は疲労回復や滋養強壮に効果的で、新陳代謝を促してくれます。血行を良くしてくれる働きもあるので、ぜひ普段から摂りたい食材ですね。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、朝ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にんにくを使った人気レシピ【調理法:糖質オフ】おすすめ10選

    強い香りのあるにんにく。ユリ科ネギ属に分類される野菜で、古代エジプトの時代から栽培されていたと言われています。現在、日本で流通しているにんにくは輸入品が多く、安価な中国産のものがほとんどです。国内では青森が70%近くの生産量があり、味や香りが良いとされますが、値段が高めです。にんにくは滋養強壮効果があるとされ、スタミナをつけたいときにぴったりの食材。具体的な栄養素は、アリシンという名前のにおい成分です。アリシンはネギなどにも含まれる成分で、ビタミンB1の吸収を高め、糖質をエネルギーに変えたり皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きがあります。免疫力を高めたり、冷え性を予防したりする効果も期待できます。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にんにくを使った人気レシピ【調理法:パーティー料理】おすすめ10選

    料理の味を引き立てるのにかかせない野菜の1つがにんにくです。独特の香りと味わいが料理にアクセントを加えて、炒め物、パスタ、グリル料理、スープなど幅広い料理に使われます。にんにくを使うのと使わないのとでは味わいが格段に違い、にんにくを入れるだけでおいしさがアップします。古代エジプトでは紀元前3200年頃には食用として使われていたと言われる、歴史の長い野菜です。にんにくは疲労回復や滋養強壮に効果があり、血行を促進する働きがあります。動脈硬化やガンの予防にも効果があるとされ、毎日の料理に取り入れたい栄養豊富な野菜です。生のにんにくの他にも手軽に使えるチューブ入りのものあるので、家に常備しておくとすぐに使えて便利ですよ。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にんにくを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    食欲をそそる香りを持つニンニクは、料理の香りづけに欠かせない香辛野菜です。この香りは「アリシン」という成分によるもので、刻んだりすりおろすことで細胞が壊れて発生します。アリシンは、体内でビタミンB1と結びつくことで吸収を高め、効果を維持する働きがあります。生のままのニンニクは辛味がありますが加熱することで辛味がやわらぐのでオイルと一緒に低温から温め、香りと旨味を引き出してから食材を合わせてくださいね。ニンニクは冷蔵庫に入れずにネットなどに入れて吊るし、風通しの良い場所で乾燥させながら保存しましょう。冷凍する場合は、すりおろしたり、みじん切りにしたものを保存すると料理にそのまま使えておすすめです。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にんにくを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    にんにくは独特な香りが特徴的で非常にパワーがある食材です。にんにくには免疫力をアップさせる働きやがん予防、疲労回復効果などがあります。女性に嬉しい効果には冷えの改善、アンチエイジング、美肌があります。にんにくを摂取すると交感神経が刺激されるので全身に血液が流れて体が温まり、血流が良くなることで美肌効果が現れます。またにんにくには抗酸化作用があるのでアンチエイジング効果があり老化を予防する働きがあります。にんにくを使った料理は香りが良く食欲が増します。がっつりと食べたい方や体力を付けたい方にうってつけの食材です。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にんにくを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    料理の風味づけに欠かせないにんにくは、スタミナや疲労回復のために食べる人も多いのではないでしょうか。日本国内での生産量は青森県がトップであり、その後に香川県、徳島県が続きます。日本国内で生産されるにんにくは、5月に出荷量が多くなりますが、中国などからの輸入品もあるため年間を通して購入できます。にんにくの選び方は、茎の部分が締まっていて、薄皮が乾燥しているものを選びましょう。粒を触ってみて、固く粒が大きいものも新鮮な証拠です。保存方法は、薄皮を剥かずにネットに入れて吊るした状態で保存してください。にんにくに含まれる香り成分「アリシン」は、ビタミンB1を多く含む豚肉と組み合わせると疲労回復効果を発揮します。この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にんにくを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    にんにくはスタミナ増進や強壮に効果のある野菜です。球根の部分は料理の香り付けや香辛料として利用されます。茎の部分はにんにくの芽として炒め物に利用されています。にんにくはパスタや炒め料理、スープなどさまざまな料理に欠かせない食材です。刻めば刻むほど香りが強くなるので、調味料として使う場合はすりおろしたり、みじん切りにしてから使われます。にんにくを丸ごと揚げた料理はおつまみとして人気があります。にんにくは加熱すると芋のようなほくほくとした食感になり、刻んだ時より香りも気になりません。においの少ない無臭にんにくなどの品種も存在します。食後はにおいが気になる方も多いので、歯磨きなどで対策してくださいね。この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にんにくを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    独特の香りが食欲をそそるにんにく。5月から夏にかけて旬を迎えます。国内の主な産地は青森県で、出荷量の約70%を占めています。料理の香り付けやアクセントに大活躍のにんにくは、ビタミンB群や食物繊維、カリウムなどの栄養素も豊富です。アリシンという香り成分には、血行促進や免疫力を高める働きがあり、動脈硬化の予防や冷え性の改善、がん予防に効果があります。殺菌作用や疲労回復をサポートする働きもあるため、体調を崩しやすい夏バテの時期には積極的に取りたい食材です。アリシンは、にんにくをすりおろしたり刻んだりつぶしたりすることで発生します。油と相性が良く、一緒に調理をすることで効率的に体内に取り入れられます。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にんにくを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    食欲をそそる香りと味が特徴のにんにく。そのままでももちろんのこと、料理のアクセントや、他の具材を引き立てるためによく用いられる万能な食材のひとつです。香りや味が特徴的で、様々な国の料理に使われていますよね。にんにくは中央アジアのキルギス地方が原産地と言われていますが、中国を経由し、奈良時代には日本に伝わったと言われています。古くから薬用、強壮用として、栽培されてきました。そんなにんにくですが、収穫のピークは6月で、梅雨前には収穫が始まります。美味しく食べられるのも収穫時期同様で、収穫後はみずみずしい味わいが楽しめます。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にんにくを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    にんにくは滋養強壮や疲労回復効果などがあるパワーフードです。特に注目したいのがにんにくには冷えを解消する効果や美肌効果があるということです。若い女性に多い冷え性ですが、にんにくを摂取すると交感神経を刺激し全身が温まり、血流を改善する働きがあります。全身が温まって血流が改善すると美肌効果が期待できます。また、にんにくには抗酸化作用があるのでアンチエイジング効果があります。このようににんにくは女性に嬉しい食材と言えるので積極的に摂取したい野菜です。ニンニクは香りが良く、ご飯が進むレシピが数多く紹介されているので取り入れやすい食材です。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にんにくを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    スタミナ料理に使われるにんにく。独特な香りがあり、中華料理やイタリア料理ではポピュラーな香味野菜です。スーパーで売られているにんにくは主に中国産ですが、国内生産量トップの青森県産もあります。中国産のにんにくは世界でも約8割ほどの生産量があり、価格が安いのが特徴です。青森県産は中国産に比べて香りが強く、加熱するとホクホクとした食感になるのがポイント。にんにくの匂いのもとであるアリシンは硫化アリルという成分の一種で、ビタミンB1の吸収を助ける働きがあります。ビタミンB1は豚肉などに含まれる栄養素で、疲労回復に役立つとされています。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にんにくを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ9選

    にんにくは春から夏が旬の野菜で、万病の予防薬とも呼ばれています。独特なにおいが特徴的でこの強いにおいにはアリシンという成分が含まれていて、殺菌作用、抗菌作用、解毒作用があります。ビタミンB群やカリウムも豊富に含まれているので疲労回復効果があります。乾燥に弱い野菜なので外皮をつけたままにし、キッチンペーパーに包んでからポリ袋に入れて冷蔵室に入れて保存します。また、唐辛子入りのオイルに漬けておくと乾燥を防ぎカビの発生を防ぐことができます。にんにくは茹でる料理にも活用することができるのでおすすめです。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にんにくを使った人気レシピ【調理法:おかず】おすすめ10選

    スタミナ系のおかずで使われるにんにく。香りが強く、おかずに少し加えるだけで風味がアップします。にんにくの独特の香りの元はアリシンという成分で、ビタミンB1の吸収を助ける働きがあります。疲労回復効果が見込めるため、元気を出したい時にぴったりですね。血行を促進したり免疫力を高めたりする働きもあります。にんにくは主に球根の部分を食用としますが、成長すると花茎が伸び、にんにくの芽としても食べられます。現在は中国からの輸入品が安く販売されていますが、品質を重視するなら国内産を選ぶのもおすすめ。国内では圧倒的に青森県の生産量が多く、肉厚で粒が大きいのが特徴です。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にんにくを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    料理の香り付けとして出番が多いにんにく。旬は晩春から秋にかけてですが、手軽に使えるチューブタイプのにんにくもあり、一年を通して活用しやすい食材です。にんにくには疲労回復の効果があるビタミンB1や葉酸、ビタミンB6やカリウムなど、栄養が多く含まれています。ちなみに、にんにく特有の香りはアリシンという成分によるものです。熱に弱いアリシンは、油と一緒に調理をすることで分解されにくくなるため、油とにんにくを弱火でじっくりと炒め、香りを出してから使うのがおすすめです。にんにくは切り方によって香りの出方が変わります。大きく切ると風味が弱くなり、細かく切るほど風味がより強くなります。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にんにくを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    あらゆる料理に使うことができるにんにくは、家に常備しておきたいマスト野菜の1つです。原産地は中央アジアと言われており、古代エジプトでは紀元前3200年頃には食べられていました。日本へは8世紀に中国から伝わったと言われ、昔から食べられている歴史の長い野菜です。生のにんにくをすりおろすのが面倒な方は、にんにくチューブを使うと便利です。にんにくを料理にプラスするだけで味と風味が増し、料理をおいしく仕上げてくれます。薬味として使われる脇役的な存在ですが、にんにくの臭いの含まれるアリシンにはさまざまな効用があります。ビタミンB1の吸収を助ける働きがあり、疲労回復や滋養強壮に効果があり、血行を促進し動脈硬化やガンの予防にも効果があるとされています。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にんにくを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    にんにくの旬は春から夏ですが、スーパーでは旬に関係なく一年中売られるようになりました。にんにくは独特な香りが特徴的で、そのニオイの元であるアリシンという成分には殺菌、抗菌、解毒作用があり刻むほどにその効果が上がるとされています。にんにくには疲労回復に効果的なアリシン、カリウム、ビタミンB群が豊富に含まれていて、抗菌作用や血栓の予防に効果的です。にんにくは外側が白く乾燥していて芽が出ていないもの、重みがありかたく締まっているものを選ぶと良いでしょう。煮物や炒め物、サラダなど幅広く活用できるので積極的に取り入れたい食材です。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にんにくを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    香味野菜のひとつであるにんにくは、料理に風味とパンチを加えてくれるエッセンスとして重要な食材です。食欲をそそる強い香りを持ちスタミナを与えてくれる食材としても有名ですが、その秘密はアリシンという成分にあります。アリシンとは、玉ねぎやニラなどにも含まれる硫化アリルの一種です。生のにんにくを刻んだり潰したりすると発生し、強いにおいの元になる一方で、高い抗菌効果や健康効果を発揮してくれます。特におすすめなのが、肉類などビタミンB1の豊富な食材と一緒に摂る方法。ビタミンB1には糖質をエネルギーに変える働きがあり、アリシンと結びつくことによって体への吸収率がアップしますよ。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にんにくを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    ニンニクの風味を料理に加えるだけで食欲が増してきますよね。ニンニクの栄養効果に注目したサプリメントなども近年流通しています。加工法や調理方法によって成分が変わる特徴を持っているニンニクは、体調に合わせて使い分けることがポイントです。殺菌効果には生のままのニンニクをスライスしていただき、抗血栓・抗酸化・強壮作用にはスライスや潰したニンニクを炒めたり鍋物に入れて使います。体温上昇にはニンニクを茹でてから潰して料理に活用します。また、スライスやみじん切りにしたニンニクを油で炒めると独特の臭いを抑えて食欲のでる香りに変わりますよ。栄養効果が高いニンニクですが食べ過ぎると胃が荒れてしますので注意しましょう。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にんにくを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    風味や味のアクセントに使えるにんにく。旬は5月から10月です。良いにんにくの選び方は外側の皮の色が白くてツヤがあり、ふくらみがあって、一片ずつ隙間がなく茎にしっかり付いている物です。にんにくの香りの元は「アリシン」という成分です。この「アリシン」には強い殺菌作用があり、ビタミンB1と一緒に摂取することで、吸収されやすくなります。香りが気になる方は乳製品やタンパク質の多い食材と一緒に食べることで、においを消せるのです。にんにくにはカリウムやビタミンB2、ナイアシンなどのさまざまな栄養が含まれているので健康に良いのです。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にんにくを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    疲労回復や食欲増進のイメージのあるにんにくですが、生で切ったりすりおろすと匂いも強いですよね。実はこの匂いに含まれているアリシンという成分は殺菌と抗菌効果があります。にんにくのにとっては細菌やカビだけでなく、昆虫や動物からも身を守る役割を担っています。人間の体では様々な菌から守るとも言われており、サルモネラ菌やチフス菌、更にはピロリ菌に対しても有効であるという研究報告もあがっているといわれており、期待のできる食材でもあります。そんな強力なにんにくですが、刺激もあるため、食べすぎには注意が必要です。生や加熱など、いろいろな方法でのにんにく料理に挑戦してみてください。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にんにくを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    にんにくといえば「体にいい」「スタミナがつく」というイメージがあります。にんにくは玉ねぎと同じ鱗形(りんけい)という部分、つまり球根を食べます。これは地下茎の一種で、たっぷり養分を蓄えています。にんにく特有のにおいのもとになる成分が「アリシン」といい、たんぱく質の消化を促したり、代謝を高めたり、胃液の分泌を促したりします。このはたらきが疲労回復へ繋がります。また、豊富に含まれるビタミンB1と結びついて、さらに疲労回復に高い効果を発揮してくれるのです。にんにくはおもに料理の香りづけに使われますが、にんにくそのものを漬物にして食べたり、刻んで調味付けして食べたりといろいろな食べ方があります。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にんにくを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    にんにくの多くは中国産のものが出回っていますが、日本では青森県がにんにく総生産量の多くを占めています。にんにくの旬は初夏の6月から8月ごろに収穫のピークを迎えます。選び方は粒が固い物を選ぶようにし、軽いものは避けるようにしましょう。にんにく特有の臭いはアリシンという物質です。この成分はビタミンB1の吸収助ける作用があり、疲労回復に効果があります。保存方法は、多湿や高温を避けて涼しい場所に置くようにしましょう。 この記事では、「にんにく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社