キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

果物の記事一覧

キッチンブックの「果物」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • いちごを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当 】おすすめ10選

    赤くてかわいらしいいちご。いちごにはビタミンCが豊富で、アンチエイジングや、美肌効果、疲労回復、風邪予防などに効果があります。いちごの色素成分であるアントシアニンはポリフェノールの一種で、視力回復や眼精疲労の回復をサポートし、がん予防にも役立ちます。骨や歯を丈夫にするカルシウム、便秘の改善をサポートする食物繊維や体内の余分なナトリウムを排出するカリウムなどの栄養素も多く含まれ、積極的に取りたいフルーツの一つです。いちごの旬は、1月から5月ですが、フリーズドライやジャム、シロップ漬けなどの加工品もあり、一年を通して堪能できるのがうれしいですね。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    初夏から秋にかけて旬を迎えるいちじく。いちじくは水溶性食物繊維であるペクチンを豊富に含んでおり、腸の活動を促し、便秘を改善する効果があります。貧血予防に欠かせない鉄や、骨や歯を健康に保つために必要なカルシウムなどのミネラルも多く含み、積極的に食べたい果実の一つです。また、体内の余分なナトリウムを排出する働きがあるカリウムも含まれており、高血圧の改善や予防をサポートします。ぷっくりと丸みがあり、切り口付近まで色付いている物を選ぶのがおすすめ。くせが少ないいちじくは、そのまま味わうのはもちろん、さまざまな料理にも活用できます。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    冬から春にかけて旬を迎えるいちご。いちごには、整腸作用のある食物繊維、胎児の健康な発育に必要な葉酸、抗酸化作用のあるビタミンCが豊富です。ビタミンCには鉄の吸収を高め働きがあり、生活習慣病の予防、アンチエイジングなどにも効果があります。また、アントシアニンも多く含むいちごは、目の疲労回復や視力の改善に役立ちます。いちごは水分に弱いので、重ならないように保存容器に入れ、食べる直前に洗うのがおすすめです。ビタミンCや葉酸は水に溶けやすいため、いちごのヘタは洗ってから取ると、栄養素が溶け出すのを防げます。甘酸っぱくて赤くてかわいらしい形のいちごは、食卓に添えるだけで華やかな雰囲気をプラスしてくれます。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    ほのかな苦みと酸味が特徴のかぼす。料理をさっぱり仕上げてくれたり、アクセントにもなってくれる上に、鮮やかな緑色が見た目も彩ってくれます。そんなかぼすですが、クエン酸が風組まれているため、胃液の分泌を正常にしてくれるので、胃弱な人や食欲不振の時にも効果があります。そして、ビタミンCも豊富に含まれているので風邪の予防や引き初めにも作用してくれます。旬は9月で、緑色のうちに収獲するのが基本ではありますが、収穫せずに木に戻しておくと黄色くなります。これを黄かぼすと言い、緑色のかぼすよりもマイルドな味わいになります。お好みで使い分けてみてくださいね。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    優しい甘さと実のしっかりした食感が特徴的ないちじく。果実を半分に切った時に赤つぶつぶとしたものが詰まっていますが、あれは一つ一つが花でできており、その花が独特な食感を生み出しているのです。そんないちじくは古代のエジプト時代の壁画にも描かれるなど、古く歴史のある果実で、少なくとも6000年前には誕生したとも言われています。最終的に日本には中国から江戸時代に伝わったと言われています。このように歴史の深いいちじくですが、ふっくらと大きくて果実にハリがあるものが美味しいと言われているので、スーパーなどで選ぶ際にはこのポイントに注目してみてくださいね。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    シャキシャキとした歯ごたえと甘酸っぱい味わいが特徴のりんごは、子供が好きな果物の1つとして人気があります。赤い皮と白っぽい身の色合いのコントラストがきれいで、料理に使うと彩がきれいになって見栄えします。そのまま果物として食べるのはもちろん、ポテトサラダやサラダにも使われ肉料理では豚肉との相性が抜群です。料理以外にもアップルパイやケーキなどのお菓子類にも使われ、ドレッシングやソースなどの材料としても活躍します。りんごを一日一個食べると風邪を引かないと言われ、活性酸素を抑える働きのあるりんごポリフェノールや免疫力を高めて風邪を予防するビタミンC、疲労回復に効果的があるクエン酸とリンゴ酸など豊富な栄養素を含んでいます。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    旬の秋から冬にかけて様々な品種が楽しめるりんご。「1日1個のりんごは医者しらず」ということわざ通り、健康維持に役立つ果物なんです。りんごには高血圧予防に効果的なカリウムや食物繊維のペクチンが豊富で、腸内環境を整えて便秘を改善するほかコレステロール値を下げたり血糖値の上昇をおさえる働きがあり、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病の予防に役立ちます。りんごのもつリンゴポリフェノールは細胞の老化を防ぐアンチエイジング効果の他にも脂肪の消化吸収を抑制したり、疲労軽減効果もあることがわかっています。皮にはポリフェノールやペクチンが特に豊富なのでぜひ丸ごと活用しましょう。紹介するおつまみレシピではりんごの自然な甘みを生かしたレシピが満載です。この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    見た目の可愛らしさと甘酸っぱい爽やかな味わいで子供から大人まで人気のいちご。いちごにはビタミンCがたっぷりと含まれ、美肌効果はもちろん風邪予防や疲労回復、ストレスの緩和にも役立ちます。いちごの赤い色はポリフェノールの一種であるアントシアニンで、体の老化を防ぐ抗酸化作用があるほか目の健康を守ってくれる働きもあるんです。いちごには食物繊維のペクチンも豊富で、便秘の改善や体内の余分なコレステロールの排泄を促したり血糖値の上昇を抑えてくれるので生活習慣病予防にも最適です。そのままでも美味しいいちごですが、白和えやヨーグルト和えなどの和え物にすることで特別なデザートやお酒のおつまみに変身しますよ。いちごの新しい味わいを楽しんでくださいね。この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レモンを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    レモンはさわやかな香りを持つ、酸味の強い果物です。思い出すだけできゅっと口の中が酸っぱくなりますよね。レモンはお菓子、飲み物、料理など幅広く利用されています。口の中をさっぱりさせてくれるので、揚げ物との相性は抜群です。添えるだけで彩りもよく、料理になくてはならない大切な存在です。レモンにはクエン酸が多く含まれています。りんごの切り口に塗れば変色を防いでくれる他、汚れを落とす効果もあるので掃除にも使えますよ。レモンは寒さに弱く、4度以下になると味が悪くなります。かといって室温に放置すると、レモンは10度以上で品質が落ちます。室温によっては菌も増えるので、レモンは涼しい野菜室で保存するようにしてくださいね。この記事では、「レモン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    りんごには、水溶性食物繊維の「ペクチン」が消化を促進させて胃酸のバランスを整えてくれる働きがあります。ポリフェノールの一種「カテキン」や「ケルセチン」によって、抗酸化作用による高血圧や動脈硬化などの生活習慣病予防や癌予防、老化予防に効果が期待されています。様々な病気の予防になることから「医者いらずの果物」とも呼ばれます。りんごは植物ホルモンの「エチレン」を発するため、他の果物や野菜と一緒に保存するとそれらの成熟を促してしまうため、保存する場合はラップやポリ袋に入れて冷蔵庫で保存してください。段ボールで保存す際にも、お互いのエチレンで成熟が進むため、個々に新聞紙などで包んで保存することをおすすめします。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    夏から秋にかけて旬を迎えるいちじく。酸味が少なく、さっぱりとした甘みのある果物で、やわらかい食感が特徴です。名前の由来はいろいろですが、中国の「エイジツカ」がなまったという説や1日、もしくは1か月に1つ熟すことから「一熟」と呼ばれたという説などがあります。いちじくには水溶性食物繊のペクチンが豊富で、腸の働きを活発にする働きがあります。便秘に悩む女性にはおすすめです。ほかにもカルシウムや鉄分、カリウムなどが含まれていて、むくみを解消したりミネラルバランスを正常に保ったりする働きが期待できます。傷みやすい果物なので、すでに熟していてすぐに食べない場合はカットして冷凍するか、ジャムなどにして冷凍しましょう。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    ケーキなど、デザートに欠かせないいちご。甘酸っぱくて洗うだけで食べられる手軽さもあり、果物の中でも人気があると言われています。そもそもいちごはの花の一部で、果実はごまのような粒の部分を言います。果物と野菜どちらに属するのかという議論もされますが、農業的に考えると木になるものを果物と呼ぶため、厳密には野菜、または果実的野菜です。海外ではフルーツに分類されることから、曖昧な点が多いのも事実。いずれにせよ、いちごはみずみずしく傷みやすいため、早めに食べるのが理想とされています。すぐに食べない場合はヘタを取らず、洗わずに保存するのがおすすめです。痛んでいるいちごを一緒に保存するとほかのいちごに影響するため、取り除きましょう。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ9選

    ころんとした丸い形の金柑。温室やハウス栽培のほか、露地物でも収穫され、1月から3月ごろに旬を迎える果物です。主な産地は宮城県で、全国の7割ほどのシェアを持っています。ほかにも、和歌山県や鹿児島県など、比較的温暖な地域で収穫されます。金柑は皮ごと食べられるのが特徴で、ビタミンを豊富に摂取できるのがポイント。ビタミンCはレモンと同じくらいの量が含まれていて、抗酸化作用による美肌効果が期待できます。皮の部分にはヘスペリジンという栄養素が含まれていて、ビタミンCの吸収を促し、毛細血管を強くする働きがあるとされています。血流を改善する効果もあるため、冷え性に悩む女性にもおすすめです。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レモンを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    レモンは、日本には明治時代はじめに渡来し、現在は主に広島・愛媛・熊本などで栽培されています。「レモン◯個分のビタミンC」という指標として使われるように、ビタミンCが非常に多く含まれているレモンは、風邪予防や美容効果に期待できます。「クエン酸」も豊富に含まれるため、疲労回復効果も期待されますよ。レモンは常温の冷暗所でも数日持ちしますが、乾燥を防ぐためにポリ袋に入れて冷蔵庫で保存するとより長持ちします。カットしたレモンの場合は切り口をラップで包んで冷蔵庫で保存し、なるべく早く使い切りましょう。形が整っていて皮にハリとツヤがあるものを選んでくださいね。 この記事では、「レモン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • くるみを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    オメガ3系脂肪酸(αリノレン酸)の含有量がナッツ類の中でトップクラスのくるみは、60〜70%脂質ででき、そのほかにもビタミン、ミネラル、食物繊維などバランスよく含みます。高エネルギーで、脂肪やたんぱく質が消化吸収されやすいことから滋養強壮や疲労回復に有効です。ほかにも、老化予防・生活習慣病予防・肥満予防・便秘予防など様々な嬉しい効果も期待されます。くるみの脂質は酸化しやすいので、開封後は密閉容器に入れて冷蔵庫で保存してください。においが移りやすいため、においの強い食品と一緒に入れないようにしましょう。 この記事では、「くるみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    金柑と言えばのど飴を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。金柑は咳やのどの痛みに効果があるとされいるため、のど飴によく使用されます。生で食べると甘さ・酸味・苦みを感じ、果肉が少ないため生食よりも甘露煮や砂糖漬けにして食べることが多いです。中国原産のかんきつ類で1~3月が旬になり、小さな白い花を咲かせて観賞用にも使われます。金柑は栄養素が豊富でビタミンCが多く含まれ、免疫力を高めて風邪を予防して美肌効果も期待できます。その外にも歯と骨の形成にかかせないカルシウム、水溶性ビタミンのヘスぺリジン、抗酸化作用が高いビタミンEなどが含まれています。皮が薄いのでそのまま丸ごと食べられ、栄養素を余すことなく摂れるのがいいですね。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ3選

    大分県が特産地な果実でミカン属、香酸柑橘類である、かぼす。旬は8月から10月頃です。果実が緑色のうちに収穫するため、スダチと似ていますが、スダチよりサイズが大きいのが特徴です。かぼすは他の柑橘類に比べると、酸味が低くて、甘みも強く、塩味もミネラル分としてしっかりあるので、塩などの調味料の代用ができます。このパンレシピでも、塩を使っていないものもあります。また熟したかぼすは、黄色くなり、風味も変わりますが、皮を切って彩りに使うのもおすすめです。そんなかぼすの栄養価にはクエン酸、ビタミンCを多く含みます。そして皮には「スダチチン」というポリフェノールの成分を含み、体重増加を抑制する効果があります。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    料理の風味漬けに皮を刻んで添えたり、デザートやジュース、カクテルにもぴったりなすだち。その特有の香りにはアロマテラピー効果があり、爽やかな香りが気持ちを落ち着かせて爽快な気分にさせてくれます。かぼすの皮に含まれる「スダチチン」というポリフェノールの一種である成分は、脂肪の代謝を改善しダイエット効果も期待されますよ。かぼすに含まれるクエン酸には、胃液の分泌を正常にする働きがあるので食欲不振の時や、胃弱の方におすすめです。皮が黄色味がかったものは熟してきた証拠で、酸味や香りが落ちますが、まろやかさが増します、自宅で追熟して自分好みの風味にしてもおすすめですよ。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    丸い形が特徴の金柑(きんかん)。1月から3月くらいに収穫時期を迎えるため、寒い季節になるとスーパーなどでも見かける果物です。宮城県では全国の7割近くの生産量があり、「たまたま」「たまたまエクセレント」などのブランド品が有名です。金柑はみかんのような見た目ですが、皮ごと食べられます。金柑の皮にはビタミンCやカルシウムが豊富に含まれているため、美容や健康に良いとされています。ほかにも、ヘスペリジンという成分があり、血中コレステロール値を改善したり発ガンを抑制したりする働きも期待できます。風邪の予防にもなるため、寒い冬にはぴったりの果物と言えます。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    いちごはきれいな赤色に緑色のへたが可愛らしく、ケーキやお菓子の飾りとしてもよく使われます。皮を剥いたり種を取る必要がなく、そのまますぐに食べられるのが魅力です。生で食べるだけになく、いちごジャムやいちご大福などにも使われ洋菓子にも和菓子にも合う果物です。ほんのりと甘酸っぱい味わいが特徴で、子供が好きな果物にもよく挙げられます。露地栽培のものは3~4月の春が旬になりますが、ハウス栽培もされているので通年手に入ります。いちごはビタミンCが豊富で、免疫力を高めて風邪を予防したり、メラニンの生成を抑制しシミやそばかすを防ぐ効果があります。いちごに含まれるアントシアニンはポリフェノールの一種で、視力回復に効果があるとされています。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    ビタミン、ミネラル、食物繊維など豊富に含むりんごは、抗酸化作用を持つポリフェノールも豊富に含み、生活習慣病や老化の予防に効果的です。食べ応えもあってカロリーも低く、ダイエット中にもぴったりなりんごはそのままでも十分栄養効果が期待されますが、皮付きのりんごを加熱することでより健康効果が上がります。加熱することで皮と果実の間にあるプロトペクチンという不溶性食物繊維が水溶性の「ペクチン」に変わることによって善玉菌のエサになる「オリゴ糖」を含み、腸内で善玉菌を増やす働きをします。よって腸内環境が整って肌荒れや便秘などの改善が期待されます。手軽にレンジで加熱してパンやヨーグルトと合わせてもおすすめですよ。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • くるみを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    スーパーフードと呼ばれる、くるみ。ほろ苦い味わいと甘みのあるナッツです。料理に使うことも、デザートなどの甘いものにもよく合い、アクセントにもなる食材ですよね。最近ではグルテンフリーダイエットも流行していますが、良質な脂肪と食物繊維、しっかりとした食感のくるみはまさにピッタリな食感です。また、ナッツ類の中でも特にくるみに多く含まれるオメガ3脂肪酸には悪玉コレステロール値や中性脂肪を下げたり、血管を柔軟に保つ効果があるため、糖尿病や心臓血管疾患などの生活習慣病のリスクを下げてくれる効果が研究で分かっています。 この記事では、「くるみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    爽やかな酸味があり、料理にアクセントを加えてくれるかぼす。和食を中心に使われる柑橘類ですが、フレンチやイタリアンなどにも合います。主な産地は大分県で、国内で95%以上もの収穫量があります。夏から秋にかけて旬を迎える果物で、8月から10月あたりが出荷の最盛期です。かぼすのフレッシュな酸味や香りを劣化させないようにするには、なるべく空気に触れないようにすることが大切。カットせずに保存する場合は保存用ポリ袋などに入れて空気を抜き、野菜室などで保存しましょう。カットしたものは1つずつラップに包んでから袋に入れ、冷凍するのがおすすめです。絞って果汁にした場合は、製氷皿などに入れて凍らせれば、1年ほど日持ちするとされています。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • くるみを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    くるみは栄養価が非常に高い食材でスーパーフードとも呼ばれています。特に注目したいのがくるみにはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれている点。オメガ3脂肪酸は糖尿病や肥満などの生活習慣病を予防する働きや認知機能に効果的な成分です。くるみは低糖質な食材のため、今話題の低糖質ダイエットに最適な食材です。また、食物繊維が多く含まれているため便秘に悩んでいる方にもおすすめですよ。抗酸化作用も期待されている食材なので積極的に摂取したい食材です。くるみはおやつはもちろん、おかずにも使われているのでレシピが数多くあります。 この記事では、「くるみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    果汁が多く酸味があり、爽やかな香りが料理の味を引き立ててくれる「かぼす」。皮や実を料理に使うことが多く、大分県の特産品として有名ですね。かぼすは地域や品種によりますが、おおむね初夏からハウス栽培しているかぼすが、続いて8月頃から露地栽培のかぼすが旬を迎え、店頭に並びます。料理の引き立て役として活躍することが多いかぼすですが、ころんとしていて小さいながらも疲労回復に役立つクエン酸や、スダチチンというポリフェノールの一種、風邪の予防やお肌の調子を整えてくれるビタミンCなどの栄養が含まれています。そんなかぼすを活用して、美と健康を手に入れましょう。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    丸くて小さな果実を皮ごと食べる金柑。爽やかな甘みと酸味、ほろ苦さがあり、生で食べたり加熱調理したり、さまざまな楽しみ方があります。金柑は宮崎県や鹿児島県、熊本県など、九州地方で多く作られていて、露地栽培のものは1月から3月にかけて旬を迎えスーパなどの店頭で見かけますね。毛細血管を柔軟にしてくれるヘスペリジンや、心筋梗塞など生活習慣病の予防が期待できるビタミンE、風邪の予防に役立つビタミンCなど、金柑は小さな実の中に体にうれしい成分を含んでいます。そんな金柑は、日々の食卓に取り入れたい食材の一つです。金柑を食べて、健康的な暮らしを手に入れましょう。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    果糖とクエン酸によって上品な甘さと酸味が特徴のいちじくは夏から秋にかけて旬を迎える果物です。いちじくの中にあるツブツブとしたものがいちじくの花の部分で、外側から花が見えないことから「無花果」という漢字が当てられたと言われています。食物繊維を豊富に含み、腸内環境の改善やコレステロールの低下に効果的です。タンパク質を分解する「フィシン」と呼ばれる酵素を含むため、食後のデザートにもおすすめですよ。いちじくは日持ちしないため早めに食べるか、食べきれない場合は、ビニール袋に入れて野菜室で保存してください。数日間食べられない場合はジャムやコンポートなどに加工することをお勧めします。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    近年市場にはたくさんのオリジナル品種が並ぶいちご。特にビタミンCを豊富で、約7粒で1日分の必要量が摂れるほど含まれます。ヘタを取っていちごを洗うとと、水っぽくなり、ビタミンCが流れてしまうため、ヘタをつけたまま洗うことがポイントです。食物繊維の一つである「ペクチン」を含み、腸内環境を整えて便秘解消にも効果的です。ヘタの近くまで赤く色づき、傷がなく、ハリがあるものが甘いいちごの特徴です。ヘタの部分も緑色が濃くて乾いていないものを選ぶようにしましょう。収穫後は果実がやわらかくて傷つきやすいため早めに食べ、少し潰れてしまったものはジャムやドレッシングなどに加工してくださいね。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    皮ごと食べられる金柑。柑橘類の中で最も小さく、甘酸っぱさとほろ苦い味わいが特徴です。金柑にはビタミンCやビタミンEが豊富で、美肌や風邪予防、がん予防に効果的な食材です。皮にはビタミンCの吸収をサポートするヘスペリジンという成分が多く含まれており、皮ごと食べられる金柑は、効率的に栄養を摂取できます。ヘスペリジンには、血流の改善やアレルギーの抑制、コレステロール値の改善などさまざまな効果があり、積極的に取りたい健康果実です。さわやかな風味がある金柑は、サラダや和え物などさまざまな料理に取り入れることで、いつもの料理にアクセントをつけられます。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    シャキッとした食感と甘酸っぱい味が特徴のりんご。国内では青森県が主な生産地で、次いで長野県と続きます。寒冷な地域で栽培される果物なので、東北や北海道などでも出荷されています。りんごの品種は数十種類ありますが、代表的なのはふじりんごやつがるりんご、紅玉などです。そのほかにも、王林やジョナゴールドなどもスーパーで手に入るため、メジャーと言えます。品種によって形や味、食感が異なり、好みや料理に合わせて選べるのがポイント。「1日1個のりんごを食べると医者を遠ざける」と言われるように、りんごにはさまざまな効能があるとされています。例えば抗酸化作用があるりんごポリフェノールや、整腸作用があるペクチンが代表的です。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社