キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

果物の記事一覧

キッチンブックの「果物」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • レモンを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    鮮やかな黄色で見た目からさわやかなレモン。レモンは輪切りにすると見栄えが良く、料理の飾り付けとしてもよく使われています。レモンは一口かじればみんな口を尖らせてしまうほど酸味の強い柑橘類です。レモンはドリンクやデザート、おかずまで幅広く料理に活用されています。レモンは食用以外にもアロマオイルとして使われているほど、香りにリラックス効果があります。この成分である「リモネン」の多くは皮に含まれています。レモンを砂糖漬けや蜂蜜漬けにしたりすれば皮までおいしく食べられますよ。レモンの皮には防カビ剤などの薬剤が塗布されている場合があるので、しっかり洗ってから使うようにしてください。レモンの皮にはレモンの果肉以上に栄養が詰まっている部分なので、ぜひ積極的に食べてくださいね。 この記事では、「レモン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レモンを使った人気レシピ【調理法:パーティー料理】おすすめ10選

    酸味のある果物の代表格がレモンで、そのまま食べることは少なくレモンの皮や果汁を料理に使います。爽やかな香りと風味が料理にアクセントを加えて、お菓子などにも使える便利な果物です。ドレッシングや飲み物にも使うことができ、飾りに使うときれいな黄色が料理を彩よく見せてくれます。レモンはビタミンCが豊富で、風邪を予防しメラニンの生成を抑えてシミそばかすを防ぐ効果があります。冬は風邪予防に、夏はシミ対策にぜひたくさん摂りたいですね。その他にもレモンにはクエン酸が含まれ、疲労回復や免疫力を向上する効果があるため夏バテ対策にもおすすめです。水にレモン果汁を絞って飲むだけで簡単にレモンの栄養素が手軽に摂れるので、積極的に毎日の生活に取り入れてみてはどうでしょうか。 この記事では、「レモン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • バナナを使った人気レシピ【調理法:パーティー料理】おすすめ10選

    バショウ科の植物になる実、の総称であるバナナ。通年通して輸入されるバナナは、旬がありませんが、国内で生産されるバナナは5月下旬から10月頃です。輸入のバナナは日本に害虫の侵入を防ぐために、青い状態で運ばれます。そしてバナナの栄養価には、ビタミンB群が豊富に含まれていて、またブドウ糖、果糖などさまざまな糖質が含まれているため、持続的にエネルギーを補給できます。塩分を排泄する効果のあるカリウムや、イライラを解消する効果のあるマグネシウム、セロトニンも豊富に含んでいるのです。そんなバナナをそのまま食べてもよいのですが、チョコレートをかけたり、このパーティー料理レシピでも、ケーキに入れたりしています。 この記事では、「バナナ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゆずを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    爽やかな香りと酸味が食事をワンランクアップさせる柚子。8月頃から実をつける青柚子を「柚子胡椒」の材料として重宝され、11月以降に熟した果実が店頭に出回ります。免疫力をアップさせるビタミンCはレモンの3〜4倍も多く含まれ、さらにビタミンCの吸収を手助けするビタミンPも含まれているためより効率的に摂取できますよ。血行の働きをよくするビタミンEや、体内の疲れの元を減らす働きがあるクエン酸も多く含むため、私たちの日常には欠かせませんね。冬至の習慣である「柚子湯」には、皮ごとお風呂に入れることでこれらの成分がお湯に溶け出し、冬に最適なお風呂になります。リラックス効果のある香りを楽しみながら取り入れてくださいね。 この記事では、「ゆず」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使ったおすすめ定番料理10選

    コロンとした見た目が愛らしいいちごは、江戸時代末期のころに日本に伝わってきました。出荷の最盛期は、4月から5月ですが、生産地や品種によっては3月に収穫されるものもあります。いちごにはビタミンCや食物繊維を多く含んでおり、このビタミンCは抗酸化効果があることから、肌の老化を防ぐ効果があるとされています。またいちごに含まれる水溶性食物繊維には、腸内環境を整える働きをもっています。いちごを保存する際は、ラップをかぶせて野菜室で保存してください。洗う時はヘタを付けた状態で洗うと、水っぽくなるのを防いでくれますので、是非お試しください。この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゆずを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    ゆずは柑橘系の芳醇な香りと、黄色の見た目で料理を上品に仕上げてくれるミカン属の一種です。ゆずには夏が旬の青ゆずと、冬が旬の黄ゆずに分かれます。ゆずの多くは高知県や徳島県などの日本で栽培されています。無農薬で育てることが簡単ですが、成熟に時間がかかるという特徴があります。ゆずは果実ごと鍋に入れて香りを楽しんだり、ゆずの皮を削って料理に加え、香りと彩りを添えたりして使われています。果肉や皮だけでなく、果汁を絞ってポン酢やシャーベットにすれば調味料やデザートにもなり、幅広く使える万能な食材です。ゆずはビタミンCが豊富で、その多くは皮に多く含まれているので、ぜひ香りの良い皮も料理に使ってくださいね。この記事では、「ゆず」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    シャキシャキとした食感と甘酸っぱさが特徴のりんご。りんごには、美肌効果のあるビタミンCや腸の働きをサポートする食物繊維、セルロースやペクチンが豊富です。また、りんごには抗酸化作用があるポリフェノールも多く含まれ、生活習慣病の予防や血流の改善、花粉症などのアレルギー抑制に効果があります。皮をむいたりんごが茶色く変色するのは、ポリフェノールにるもので、果肉が酸化しないように保護する働きがあります。そのため、りんごは皮ごと食べるのがおすすめ。健康美容に効果がある栄養素を効率よく摂取できます。りんごは全体の色付きが良く、ずっしりと重いものを選ぶのがポイントです。スイーツにはもちろん、サラダやお肉料理との相性も抜群のりんご。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    「1日1個のりんごが医者を遠ざける」と言われるほど栄養を豊富に含むりんご。水溶性食物繊維の「ペクチン」を豊富に含み、ペクチンは消化を促進して胃酸のバランスを整える作用があります。このため便秘や下痢の予防にりんごは最適で、すりおろしたり加熱をしてもペクチンの働きは変わらないため、赤ちゃんの離乳食にも最適ですよ。太陽にたっぷり当たったりんごは甘みが強く、濃厚な味わいになります。袋をかけないで栽培するりんごは皮に色ムラやザラつきがありますがおすすめですよ。皮やその周辺の果肉には栄養価が高く、甘みも強いので良く洗って皮のまま食べてくださいね。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レモンを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    レモンはインドが原産の果物で、爽やかな風味と香りが特徴です。果物としてそのまま食べるには酸味が強すぎるため、レモンの果汁や皮を料理やお菓子に使います。ドレッシングやマリネ液にレモンの果汁を使うと、さっぱりと爽やかな味わいになって食欲がすすみます。サラダ・炒め物・和え物・パスタなどによく使われ、料理の味を引き立てるアクセント的な役割を担っています。レモンはビタミンCが豊富で、免疫力を高めて風邪を予防するほかにメラニンの生成を抑えてシミそばかすを防ぐ働きがあります。100gあたりに100mgのビタミンCが含まれ美容に気を使う方にぜひおすすめの果物です。その他にもレモンに含まれるクエン酸は、疲労回復や免疫力を向上する効果があり夏バテなどにも効果を発揮します。 この記事では、「レモン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    ビタミンCを豊富に含むイチゴは、中ぐらいの大きさのものなら5〜6粒食べれば一日の所要量を満たしてくれるほどの栄養を含みます。他にも、イチゴには血糖値の上昇やコレステロール値の吸収を抑制する食物繊維や、血液を作る葉酸も豊富に含むため、子供から大人まで積極的に取り入れたい食材です。水洗いすると果皮が弱るため食べる直前に洗うようにし、ビタミンCの流出を防ぐためにヘタつきのまま洗うようにしましょう。ヘタと反対側の先端がより糖度が高く、先にヘタを取ってヘタ側がら食べると最後まで甘みを感じられますよ。すぐに食べきれない場合は冷凍保存し、イチゴミルクやスムージーにすると爽やかな風味が味わえておすすめですよ。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使ったおすすめ定番料理10選

    上品な甘みを持ついちじくは、クワ科に属し、地中海沿岸地方が原産と考えられています。日本国内では、愛知県・福岡県・奈良県などで多く栽培されており、旬は夏から秋になります。いちじくに含まれる栄養素には、たんぱく質を分解するフィシンという成分を含んでいるため、食後に食べると食べ物の消化を助けてくれます。またいちじくの色は、がんの抑制効果が認められているアントシアン系の色素です。いちじくを選ぶ時のポイントは、表面に張りと艶があり、弾力のあるものが新鮮な証拠です。いちじくは余り日持ちしないので、なるべく早めに食べきるようにしましょう。食べきれない場合は、ジャムなどやコンポートに加工してください。この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゆずを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    ゆずはミカン属の柑橘類の1つで、酸味が強いためそのまま果物として食べることはなくほとんどが皮や果汁を料理に使います。ゆずの皮をスープやサラダに入れたり、ゆずの果汁をドレッシングに使うなどさまざまな料理に使われます。独特の爽やかな香りが料理の味を引き立ててアクセントを加えます。ゆずの皮を使うと黄色の色合いがきれいで、料理に彩を加えます。ゆずの産地で知られているのが高知県・徳島県・愛媛県で、四国での栽培が盛んです。ゆずは冬が旬なので鍋物などのアクセントにもよく使われ、冬はゆず風呂も人気で冬至の日にゆず風呂に入ると風邪を引かないという言い伝えもあります。ゆずはビタミンCを豊富に含んでいるので、免疫力を高めて風邪を予防するためぜひ冬に摂りたい食材の1つです。 この記事では、「ゆず」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゆずを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    さわやかな香りが特徴のゆずは、薬味や香りづけとして昔から日本人に親しまれてきました。青ゆずは夏、黄ゆずは晩春から冬にかけて旬を迎えます。ゆずにはビタミンCが豊富で、美肌効果や風邪予防、疲労回復に効果があります。整腸作用や、糖尿病、心筋梗塞の予防に役立つペクチン、殺菌効果やカルシウムの吸収をサポートするクエン酸も多く含まれています。ゆずのさわやかな香り成分であるリモネンには、のどの炎症や咳を緩和させる働きがあり、ゆずは体にやさしい健康食材です。ゆずの皮には栄養が多く含まれており、ジャムやゆずみそ、ゆず茶など、ゆずの皮を使ったレシピもたくさんあります。 この記事では、「ゆず」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    甘み・酸味・ほのかな苦味が特徴の金柑は皮ごと食べられる柑橘類です。おせち料理にも使われる金柑は「金冠」と当てて、より暮らしが豊かになるようにという願いが込められています。甘露煮やジャムにして食べられることが多いですが、近年ではそのまま生で食べられる糖度の高い「完熟きんかん」も人気がありますよ。ビタミンCを豊富に含むので、風邪予防や肌荒れに効果的です。他にも、骨を丈夫に保つために欠かせないカルシウムや動脈硬化を予防するビタミンE、毛細血管を強化するビタミンPなども含まれ、どの年齢の方にも積極的に取り入れていただきたい食品です。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    甘酸っぱくさわやかな味わいがおいしいいちご。冬から春にかけて旬を迎えるいちごですが、ジャムや冷凍されたいちごを通して、季節を問わず、手軽に楽しむことができます。いちごにはビタミンCが豊富で、風邪予防や美肌効果に役立ちます。いちごには、便秘解消に効果がある食物繊維や、胎児の健康な発育に欠かせない葉酸、骨や歯を丈夫にするカルシムなど、さまざまな栄養がバランスよく含まれています。いちごの鮮やかな赤色は、ほんの少し加えるだけで、料理に華やかな印象を与えてくれます。見ても食べてもおいしいいちご。ぜひ、さまざまな料理に取り入れてみてください。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    初夏から気にかけて旬を迎えるいちじく。旧約聖書や古代ローマの時代から食べられており、「不老不死の果物」と呼ばれるいちじくには、健康生活に必要な栄養素がバランスよく含まれています。いちじくには、体内の余分なナトリウムや水分の排出をサポートする働きがあるカリウムや、骨や歯を健康に維持するカルシウム、貧血予防に欠かせない鉄分などのミネラルが豊富です。また、いちじくに多く含まれるペクチンには、血糖値の急激な上昇を抑えて、コレステロールの上昇を抑制する効果があります。アンチエイジングに有効なポリフェノールが豊富ないちじくは、美容食としても人気があります。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • くるみを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    ヘルシーで体に良いとされるナッツ。中でもくるみは抗酸化物質が豊富に含まれているナッツのため、健康効果が高いのが特徴です。抗酸化物質は、老化に伴う慢性疾患の予防に繋がる物質です。悪玉コレステロールから体を守るポリフェノールの量が多く、美肌効果も期待できます。くるみは、ナッツ類にはほとんど含まれていないオメガ3脂肪酸も豊富に含まれています。オメガ3脂肪酸は体内で作り出せない必須脂肪酸で、不足すると生活習慣病やアレルギー疾患にかかりやすくなるため、積極的な摂取が必要です。くるみはヘルシーですが、脂肪分が多い食品のため、1日に多くても片手でひとつかみくらいの分量を食べるようにしましょう。 この記事では、「くるみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    りんごはシャキシャキと爽やかな食感が特徴のみずみずしく、甘い果物です。香りが豊かでフルーティーなりんごは大人から子供まで人気があります。りんごは、赤ちゃんの離乳食として初期から使える食材でもあります。りんごはアップルパイなどのお菓子から、サラダや炒め物などのおかず料理まで幅広く使われています。りんごには整腸作用のあるペクチン、カリウム、ビタミン類などの栄養が豊富に含まれています。りんごは「1日1個のりんごで医者いらず」と言われるほどバランスよく栄養が詰まっています。体の調子を整えてくれるりんごを毎日の料理に取り入れて日常的に食べるようにしてくださいね。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ブルーベリーを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    ブルーベリーは青紫色がきれいな、甘酸っぱい果物です。ブルーベリーは栽培しやすいので、個人で栽培している方もいます。園芸や家庭菜園に興味ある方は自分で栽培してみても楽しいですよ。ブルーベリーは追熟しないため、購入後はすぐ使い切るようにしてください。日持ちのするジャムに加工するのもオススメですよ。ブルーベリーはジャムにしたり、ケーキのデコレーションに使われたりと、お菓子作りに利用されるイメージが強いですよね。ブルーベリーの甘酸っぱさは、豚肉や鶏肉などのがっつり系の料理との相性も良いんですよ。ブルーベリーを料理に使うことで味に深みが出て、フルーティーな甘みに仕上がります。ぜひ、いつもと違う味付けを楽しんでみてくださいね。 この記事では、「ブルーベリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ブルーベリーを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    ケーキやジャムなどの材料としても人気のあるブルーベリーは、小さな粒に甘酸っぱさが詰まった果物です。栽培がしやすく、園芸用の小果樹としても人気があってしっかり管理すれば農薬を使わずに栽培できることも魅力的ですね。ブルーベリーに豊富に含まれる「アントシアニン」は眼精疲労の改善に期待できる他、抗酸化作用によるガン予防にも有効と言われています。血液の循環を良くするビタミンEも含むため、高血圧や動脈硬化の予防にも効果的ですよ。ブルーベリーの周りにつく白い粉を「ブルーム」と呼び、ブルームがついているものは新鮮な証拠です。鮮度を保つ働きがあるため、ブルームは食べる直前まで洗い落とさないようにしてくださいね。 この記事では、「ブルーベリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    金柑は一口サイズの丸い形が可愛い、オレンジが鮮やかな果物です。皮ごと調理して食べられることが特徴で、栄養を逃さず摂取できます。金柑にはのど、咳などの風邪の症状に効果があり、のど飴のフレーバーとしても馴染み深い食材です。生で食べると酸味が強いので、砂糖漬けや甘露煮にして食べられています。ジャムとしてパンに塗ったり、紅茶に入れたり、おやつとして食べられることも多いですよね。実は、金柑の爽やかな甘酸っぱさは肉とも相性がいいんですよ。肉の脂っこさも、金柑の柑橘系の風味でさっぱりと食べられます。がっつり系のおかずにも向いているので、金柑が余ってしまった時は晩御飯のおかずに作ってみてくださいね。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    まろやかな酸味が特徴のかぼすは、その特徴を活かしてふぐ料理や鍋物、お吸い物などに最適な食材です。すだちとかぼすは見た目がよく似ていますが、かぼすはすだちよりもひとまわり大きいのが特徴です。カリウムやビタミン、クエン酸を豊富に含むことから、風邪予防や疲労回復、美肌効果などの健康効果に期待され、独特の爽やかな香りにはリラックス効果とストレス解消に役立ちますよ。他にも、ポリフェノールの一種である「フラボノイド」を含み、抗酸化作用によるガン予防にも有効です。旬は8月〜11月と長く、3月〜7月はハウス栽培も盛んなため一年を通してかぼすの香りが楽しめます。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 [消さないでください] 執筆が終わりましたら、以下の項目の◯白丸を●黒丸に変えてください。 全部●がつくか、●にできないものは理由を記載して提出をお願いします。 ●長い固有名詞が含まれるものを除き、15文字以上他サイトと同じ表現になっていない。(コピペのままになっていない) ●要件定義のキーワードが適切に盛り込まれている ●概要文・本文ともに指定文字数を守って、執筆漏れなく全て執筆している ●【消さないでください】と書いてある項目を除き、指示書きや参考URL、文章をくくる「」など、掲載において不要なものを削除している→{ }で括られた部分は全て削除して下さい。 ●基本的な日本語が整っている(誤字脱字、主語述語の乱れ、接続詞の多用、同じ文末表現の多連続などがない) トップ画像  496486420 https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/kabosu-winged-bean-fly-496486420?src=eE7W41vAgrHtYppyOgulfg-1-42 *この部分は別紙②【キッチンブックストック用】ストック作成マニュアル参照 「校正ツール」でチェック済み https://textmining1.userlocal.jp/home/result/1bb650b3f3dbf50c1c9eefb21e00092c

  • すだちを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    上品な酸味が強く、香りが豊かなすだち。松茸やサンマと相性が良く、他にも刺身や湯豆腐に添えても食欲をそそる香りを楽しめます。塩分を控えても香りのおかげで風味よく食べることができ、結果的に減塩にも繋がって健康を気にする方におすすめの食材です。漢字では「酢橘」と表記されますが、これはすだちは昔から酢として料理に使用されていたことから付けられたと言われています。皮の苦味が少ないので、そのままスライスして料理にトッピングしたり、薬味として添えることに最適です。皮にはビタミンCやカリウムを豊富に含むので積極的に取り入れましょう。 この記事では、「すだち」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • バナナを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    程よい甘さで、様々な料理に使われるバナナ。安価な為手に入りやすく、デザートなどにも良く使われていますよね。バナナには、でんぷん、ブドウ糖、果糖、ショ糖など、いろいろな糖質が含まれており、それぞれ体内に吸収される時間が異なるのでエネルギー補給が長時間持続するところがポイントです。ですので、スポーツ選手など長時間動き続ける人にはとてもオススメの食材です。また、カリウムを非常に多く含んでおり、ナトリウムを排泄する働きがあります。また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもありますので、きちんと食事が取れないときにはバナナを食べておくと安心です。 この記事では、「バナナ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    ほのかに甘く、酸味のあるかぼす。大分県の特産品のひとつであり、料理のアクセントや華やかにするために添えられるなど、料理を引き立ててくれる万能な食材です。かぼすはとても栄養豊富で、ビタミンCをはじめクエン酸やリンゴ酸、グリコール酸など、数多くの栄養素を含んでいます。大切な栄養素のバランスをとることができる上に、さわやかな風味とまろやかな酸味と香りが、人々に愛される理由でもあります。そんなかぼすですが、皮から果実、果汁まで余すことなくいろいろな料理に使えるため、無駄のない果実でもあります。また、昔から栄養素に注目し、美容効果があるとして親しまれてきました。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • すだちを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    爽やかな香りと酸味が特徴である、すだち。料理に彩を添えてくれるとともに、酸味は料理のアクセントにもなりますよね。そもそもすだちとは徳島県の特産で、焼き魚などの多く使われる柑橘類の一種です。表面は固めで鮮やかな緑色をしており、味わいは上品で風味もよく、多くの人々に親しまれています。そんなすだちですが、選ぶ際には果皮全体の緑色が濃く、艶とハリのあるものを選ぶようにしましょう。また、持ったときに重みを感じるものが新鮮と言えます。軽いものや果皮にしわが寄っているものは味もあまりしないかと思いますので避けてください。 この記事では、「すだち」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レモンを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    レモンは柑橘系の果物のひとつで、香りが良く酸っぱい味が特徴的な食材です。レモンの爽やかな香りは精油成分であるリモネンという成分によるもので、気持ちをリラックスさせる効果があるとされています。レモンにはクエン酸が豊富に含まれているので、疲労回復効果があります。またビタミンCが豊富に含まれているので女性に嬉しい美肌効果があります。レモンはデザートの他ステーキ、サラダ、揚げ物などにも幅広く使うことができる食材なのでがっつりと食べたい方におすすめです。レモンを使ったレシピが沢山紹介されているのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「レモン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    いちじくは半分に割ると、真っ赤な中身があざやかな果実です。よく熟すとやわらかくなり、一口食べると甘い果汁がジューシーでおいしいですよね。いちじくは実の中で花を咲かせるので、花を咲かせずに実を作るように見えることから中国で「無花果」と名付けられました。いちじくにはビタミン、カリウム、ペクチンなどの栄養素が含まれています。むくみの解消や貧血予防、お通じを良くしてくれる効果があります。美容を気にする女性の方にもぜひ食べて欲しい食材です。いちじくは、生の果実以外にもいちじくを乾燥させて作るドライいちじくなどが売られています。ドライいちじくは日持ちするので毎日少しずつ食べるのに適していますよ。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    いちごはツヤツヤで真っ赤な見た目が可愛い果物です。甘酸っぱく、ジューシーな味で子供から大人まで人気があります。いちごは日本各地で栽培されており、福岡県では大きな粒が特徴の「あまおう」や、佐賀県では小粒で可愛いさがほのかなど、品種も数多く作られています。いちごといえば赤色ですが、真っ白い見た目の白いちごなどの珍しい品種も栽培されています。白いちごは味も甘く、香りもよいため値段も高価ですが、贈り物として人気がありますよ。いちごはケーキやジュース、ジャムなど幅広いジャンルの料理で愛されています。いちごの旬は春ですが、クリスマスケーキなどで需要が高まり、冬は輸入品が店頭に並んでいます。ハウス栽培や輸入などによって、いちごが一年中いつでも食べられるのは嬉しいですね。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • くるみを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    くるみはカリッとした食感と、香ばしい香りが特徴のナッツです。くるみの70%は良質な脂質で出来います。脂質が多いとダイエットに向いてないイメージですが、くるみに含まれるオメガ3脂肪酸は、悪玉コレステロール値や中性脂肪値を下げてくれる役割があるのでダイエットに適した食材なんですよ。低糖質なのでおやつとして少量摂るのがオススメです。他にもビタミンEやミネラルも豊富で、体に良いスーパーフードと言われています。くるみは甘いお菓子や、ご飯のおかずとしても幅広く使える優秀な食材です。料理に散らすだけで見た目もぐっと華やかになるので、パーティー料理にも向いていますよ。 この記事では、「くるみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社