キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

果物の記事一覧

キッチンブックの「果物」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 昼ごはんにオススメのすだちを使った人気レシピ10選

    すだちは青色の皮がさわやかな、徳島県原産の果物です。すだちはポン酢の材料としても有名です。すだちは焼き魚に絞ったり、鍋の具にしたりして料理に使われています。フレッシュな香りで料理の味をすっきりとさせてくれますよ。果汁を絞ってジュースやお酒にも加工されています。果汁だけでなく、料理の仕上げに皮を擦って風味を付けたり、いろいろな使い方ができる万能な食材です。すだちはかぼすともよく似ていますが、その違いはまず大きさにあります。すだちの方がかぼすよりも一回り小さく、ゴルフボールくらいのサイズしかありませんが、かぼすはテニスボールくらいのサイズです。すだちの方がより香りが強く感じられる特徴もあります。 この記事では、「すだち」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中からおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのブルーベリーを使った人気レシピ10選

    鮮やかなパープルが美しいブルーベリー。小さな粒を口の中に入れるとプチっと甘酸っぱいジューシーな果汁が弾けます。ほどよい酸味と甘さがクセになり、ついついパクパクとつまんでしまいますよね。ブルーベリーはチーズケーキ、ベーグル、ジャムなどのお菓子作りによく登場します。ブルーベリーは天然できれいな紫色が出せる貴重な食材として、料理の飾り付けで重宝されています。お菓子作り以外にも、肉料理にブルーベリーソースを合わせたり、ブルーベリーの実をパスタに使ったりと、おかず系の料理にも多く利用されています。フルーティーな香りと甘みが楽しめるので、お菓子作り以外でもブルーベリーを使って料理の幅を広げましょう。 この記事では、「ブルーベリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのブルーベリーを使った人気レシピ10選

    6月から8月にかけて旬を迎えるブルーベリー。さわやかな香りと甘酸っぱい味わいが特徴です。ブルーベリーには眼精疲労や視力の改善に効果があるアントシアニンが豊富に含まれています。また、美肌やアンチエイジングなどに有効なビタミンCやビタミンEなども多く含まれています。ブルーベリーはハリがあり、乾燥を防ぐ役割があるブルームと呼ばれる白い粉が表面にあるものを選ぶのがポイント。乾燥しやすいので、保存容器や袋に入れて、冷蔵庫で保存します。冷凍保存もおすすめです。そのまま生で食べるのはもちろん、野菜や肉と一緒に煮込んだり炒めたり、サラダに入れたりとアレンジの仕方はいろいろ。 この記事では、「ブルーベリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのゆずを使った人気レシピ10選

    寒い季節になると目にする機会の多くなるゆずは、抗酸化作用が豊富で風邪予防に最適な食材です。果肉よりも果皮に特にビタミンCや毛細血管を広げて血行を良くすることで冷え性の改善が期待されるビタミンEも豊富に含むため、皮ごと煮詰めて作る「ゆず茶」はぴったりな食べ方です。さらに体内の疲れを改善するクエン酸や、イライラを抑えるカルシウムを豊富に含むのも特徴です。忘年会など飲み会のシーズンで体に疲れが溜まりやすいときは、爽やかなゆず茶に蜂蜜を加えてホッと一息つくのもおすすめです。ゆず特有の香りには「リモネン」と呼ばれる精油成分が含まれてリラックス効果も期待されますよ。 この記事では、「ゆず」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • くるみを使ったおすすめ定番料理10選

    くるみはヨーロッパ南西部からアジア西部が原産地とされ、古くから食べられている歴史の長い食べ物です。硬い殻に包まれていますが、市販されているものはほとんど殻を外してあります。そのままおつまみやスナックとして食べる以外にも、クッキーやケーキなどお菓子にもよく使われます。砕いてサラダや和え物にトッピングすると歯ごたえを楽しめます。くるみはスーパーフードと呼ばれるほど栄養が豊富で、ポリフェノール、マグネシウム、銅、亜鉛などのミネラル類やビタミン類、悪玉コレステロール値を下げるオメガ3脂肪酸などを含んでます。栄養豊富ですがカロリーが高めのため、食べすぎに注意しながら適量を料理やお菓子に使うのがおすすめです。 この記事では、「くるみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのバナナを使った人気レシピ10選

    バナナはねっとりとした濃厚な甘みが特徴の南国のフルーツです。バナナはビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養を豊富に含んでいます。カロリーが高く、一本食べるだけでエネルギー源としても充分に活躍してくれます。バナナは皮をむくだけで手軽に食べられる上に、スーパーで一年中いつでも安く手に入るバランスの良い栄養源として、家に常備している方も多いのではないでしょうか。バナナは追熟する果物なので、すぐに食べない方は皮が青い色のバナナを選ぶのがオススメです。バナナは果肉が柔らかく、直にテーブルに置くと傷みやすくなるので、S字フックなどに下げて保存しましょう。皮に、シュガースポットと呼ばれる黒い斑点が出てきたら、一本ずつ分けて袋に入れて冷蔵庫で保存するのがオススメです。 この記事では、「バナナ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのゆずを使った人気レシピ10選

    すっきりと爽やかな香りのゆず。丸い形をした柑橘系の果物で、香り付けや加工品への活用、お風呂に入れることもあります。ミカン科ミカン属に分類され、ほんゆ、ゆのすなどの別名を持ちます。中国が原産と言われ、国内では高知、徳島、愛媛などが主な産地となっています。ゆずには青ゆず、黄ゆずという種類があり、黄ゆずは11月から1月ごろに旬を迎えます。青ゆずはゆずこしょうなどに使われるもので、旬の時期は8月ごろです。ゆずの主な栄養素はビタミンCで、抗酸化作用によるアンチエイジングが期待できます。シワやシミの予防のほか、免疫力を高める効果もあります。クエン酸も含まれていて、疲労回復や二日酔いなどに効果的です。 この記事では、「ゆず」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんでおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのいちごを使った人気レシピ10選

    ジューシーで甘酸っぱいいちご。鮮やかな赤色で、小さくかわいらしいフォルムが特徴の果物です。バラ科オランダイチゴ属に分類され、原産地は北アメリカや南アメリカと言われています。国内では各地で生産されていますが、特に多いのが栃木県や福岡県、熊本などです。それぞれの地域でブランド品種が作られていて、栃木県では「とちおとめ」や「スカイベリー」、福岡県では「あまおう」や「とよのか」が有名です。品種にもよりますが、いちごには100gあたり50〜80mg以上ものビタミンCが含まれています。アンチエイジング効果が期待できるほか、動脈硬化やガン予防にもつながると言われています。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんでおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのレモンを使った人気レシピ10選

    レモンといえばビタミンCが豊富なイメージがありますよね。ビタミンCの抗酸化作用はシミやシワなどの肌の老化防止に効果があります。他にも疲労回復に効果のあるクエン酸も豊富に含まれています。レモンの栄養は皮に多く含まれているので、レモンは皮ごと砂糖漬け、塩漬けにして料理に使うのがオススメです。レモンは唐揚げなどの揚げ物に添えられていることも多いですよね。レモンを絞る時はレモンの皮を揚げ物に付けるように絞ると、よりレモンの風味が豊かに感じられますよ。レモンのさわやかな香りはレモンの皮に含まれる「リモネン」という成分です。リモネンはリラックス効果もあるため、アロマオイルとしても利用されていますよ。疲れた時はレモンを食べて、体の元気を取り戻しましょう。 この記事では、「レモン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのくるみを使った人気レシピ10選

    ほろ苦い味と香ばしさがあるくるみ。ヨーロッパが原産とされるくるみは、クルミ科クルミ属に分類されます。国内では長野、青森、山形などが主な産地で、9月から10月ごろに旬を迎えます。くるみの主な栄養素はα-リノレン酸やポリフェノール、食物繊維など。α-リノレン酸とは、エゴマやアマニなどにも含まれる植物性オメガ3脂肪酸のことです。血液をサラサラにしたり、血管をしなやかにしたりする効果が期待できるため、動脈硬化の予防にもつながります。くるみの薄皮部分にはくるみポリフェノールが豊富に含まれていて、悪玉コレステロールを下げる働きがあります。抗酸化作用もあり、細胞の老化や免疫力低下を防ぐのに効果的です。 この記事では、「くるみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのいちじくを使った人気レシピ10選

    プチプチとした食感とあまみのあるいちじく。アラビア半島が原産地とされるクワ科イチジク属の果物で、国内では愛知、和歌山、兵庫などで栽培されています。「ほうらいし」という別名もあるいちぢくは、ギリシャ神話や旧約聖書で登場し、「不老長寿の果物」とも言われています。さまざまな品種がありますが、一般的には6月から11月ごろが旬です。いちじくにはフィシン、アミラーゼなどの消化酵素が含まれていて、タンパク質や脂質、炭水化物の消化を促進する効果があります。ペクチンという水溶性食物繊維も含まれていて、便秘や軟便を解消する効果も期待できます。カリウムや鉄分、ビタミンなども含まれていて、美肌効果や貧血予防に効果的です。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ8選

    いちじくは6000年以上前からメソポタミアで栽培されていたと言われる歴史の長い果物で、古代ローマでは「不老不死の果物」と呼ばれていました。その独特の形と色合いが存在感を発揮して、デザートやお菓子にいちじくを使うだけでワンランク上の仕上がりになる高級感のある果物です。日本へは江戸時代に中国から伝わったと言われています。夏に実がなる夏果と秋になる秋果、初夏と秋両方に実がなるものがあるため収穫時期が長くなっています。日本では愛知県・和歌山県・福岡県などが産地として知られ、白いちじくといった種類もあります。そのまま食べるのはもちろん、ケーキやジャムといったお菓子類、サラダなどにもよく使われ独特の味わいと食感が料理を引き立てます。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • すだちを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ9選

    すだちは徳島県原産の果物で、酸味が強いためそのまま食べるよりもレモンと同じように皮と果汁を料理に使います。濃い緑色の皮が色鮮やかですが、熟すと柚子のように黄色になります。主に薬味に使われ魚料理・刺身・サラダ・鍋料理に使うことが多く、みそ汁にすだちの果汁を絞って入れるレシピもあります。爽やかな香りと風味が料理を引き立てて、刺身などでは生魚の臭みを消してさっぱりとした味に仕上げてくれます。免疫力を高めるビタミンCや体内の余分なナトリウムを排出すカリウムを含み、すだちの香りは気持ちを落ち着かせるアロマテラピーの効果があります。疲労回復に効果のあるクエン酸を含むので、疲れた時にもおすすめの食材です。 この記事では、「すだち」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのかぼすを使った人気レシピ10選

    かぼすは柑橘系の果物で大分県の特産物です。かぼすにはポリフェノールの一種であるスダチチンが含まれているのでダイエット効果があるとされています。他にクエン酸が豊富に含まれているので疲労回復効果があり、かぼすの特徴であるさわやかな香りにはアロマテラピー効果があります。かぼすは魚料理やお肉料理との相性が良く、しぼり汁をかけて食べると爽やかな味わいになります。料理の他にカクテルやデザートにも使われています。かぼすを使った夜ごはんにぴったりの様々なおかずのレシピが紹介されているのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのすだちを使った人気レシピ10選

    すだちは徳島県の特産物です。柑橘類の一種でさわやかな香りが特徴的です。旬の時期は8月~10月となり、スーパーで出回ります。すだちは香りが大変良い食材なので料理に添えられたり、和え物に使われることが多いです。魚料理との相性は抜群で焼きさんまにすだちは定番です。他にシャーベットやゼリーなどのスイーツやカクテルなどにも使われています。すだちはクエン酸を豊富に含んでいるので疲労回復効果があり、爽やかな香りにはアロマテラピー効果があります。すだちを使った夜ごはんにおすすめのレシピが紹介されているので参考にしてください。 この記事では、「すだち」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのゆずを使った人気レシピ10選

    ゆずは爽やかな香りが特徴的な果物で、様々な料理を引き立ててくれる食材です。ゆずは皮の部分にビタミンCが多く含まれていて女性に嬉しい美肌効果があります。クエン酸が含まれているので疲労回復効果があり、カルシウムの吸収率を上げる働きがあります。また、ゆずには食物繊維の一種であるペクチンが含まれているので便秘に効果的です。ゆずはジャムやシロップなどスイーツに使ったり、炒め物に使うこともあります。焼き魚や鍋料理にもぴったりの食材で、ゆずを使った昼ごはんにおすすめのレシピが色々あるのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「ゆず」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ブルーベリーを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    ほのかな酸味と甘みが口いっぱいに広がるブルーベリー。ケーキやお菓子に使われたり、ヨーグルトに入れて食べたりと、比較的お菓子などによく使われる果実です。輸入しているものは通年手に入りますが、国産は夏に旬を迎え、6月~8月ころに出回っています。旬の時期にはブルーベリー狩りを開催しているところも多く、楽しみながら食べることができるのはとても嬉しいですよね。そんなブルーベリーですが、栄養価が高い果実で、特に視力を向上させるアントシアニンという成分が豊富に含まれています。目の網膜視細胞で光の伝達をしているロドプシンの再合成を促進してくれる作用があると言われます。 この記事では、「ブルーベリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのくるみを使った人気レシピ10選

    香ばしいくるみはそのままもちろん、パン屋お菓子などの具材としても人気があります。くるみは注目されている「オメガ3脂肪酸」がたっぷり含まれます。50%〜70%は脂質で、「αリノール酸」「エイコサペンタエン酸(IPA・EPA)」「ドコサヘキサエン酸(DHA )」がたっぷり含まれます。これらは、血中コレステロール値を下げて動脈硬化などの生活習慣病を予防したり、脳の働きの活性化をしたりと、健康を維持するのに欠かせない栄養素です。他にも、新陳代謝を良くして美肌効果もありますよ。酸化しやすいので、空気になるべく触れさせないことがポイントです。料理に刻んだり擦ったりして使用する場合は食べる分だけを調理の直前に行いましょう。 この記事では、「くるみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、朝ごはんでおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの金柑を使った人気レシピ10選

    甘み、酸味、苦味を持ち合わせた金柑は皮ごと食べられる柑橘類です。ビタミンCがたっぷり含まれた金柑は風邪予防や美肌効果に有効です。他にも毛細血管の強化や血圧の上昇を抑えるビタミンPや、骨の形成には欠かせないカルシウム、抗酸化作用のあるビタミンEをバランスよく含むため美と健康を維持するのにぴったりです。おせち料理の定番の甘露煮は、光り輝く宝石のような見た目から「金冠」と当てて、黄金のような色から「暮らしが豊かになるように」という願いが込められています。柑橘系の爽やかな風味がおせち料理の口直しにもぴったりですよ。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、朝ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのかぼすを使った人気レシピ10選

    大分県の特産物である、かぼす。爽やかな酸味と甘みが合わさった果実です。主に夏から秋にかけて旬を迎え、6月ごろから収穫が始まり、9〜10月でピークとなります。そんなかぼすはビタミンCをはじめリンゴ酸、クエン酸、グリコール酸など、数多くの栄養素を含んでおり、大切な栄養素のバランスをとることができます。爽やかでありながら、まろやかな味わいも魅力てのひとつと言えます。また、かぼすは、疲労回復や、血圧の上昇を抑える効果が高いと言われています。また、ビタミンCが豊富で、紫外線によって受ける肌へのストレスにも、効果があると言われています。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのすだちを使った人気レシピ10選

    上品で風味のよい香りを持ち、酸味が強いのが特徴である、すだち。徳島県の特産で、焼き魚や松茸の土瓶蒸しなどの風味付けに利用されることの多い柑橘です。果皮は少し固く、濃い緑色をしていて、サイズは30~40gくらいと小ぶりなのが見た目の特徴とも言えます。そんなすだちですが、スーパーなどで選ぶ際には、果皮全体が濃い緑色をしていて、ツヤと張りがあり、持ったときにできるだけ重みを感じるものを選びましょう。軽いものは果汁が少ない場合が多く、果皮にしわが寄ったものは鮮度が落ちているので注意が必要です。 この記事では、「すだち」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • バナナを使った人気レシピ【調理法:糖質オフ】おすすめ10選

    南国のフルーツのバナナ。日本ではフィリピン、エクアドル、グアテマラからの輸入品が市場に出回っています。ねっとりとした食感で甘みがあるバナナは、皮を手でむくだけで手軽に食べられるフルーツです。バナナは100gあたり21.4gほどの糖質が含まれていて、フルーツの中ではやや高め。バナナを使った糖質オフのメニューにするなら、糖質の少ない食品と組み合わせるのがおすすめです。バナナは腹持ちがよくエネルギー源になるため、水泳やジョギングなど、持続的なスポーツをする場合に最適と言われています。ほかにも、食物繊維が豊富に含まれているため、腸内環境を整え、便秘の解消にも役立ちます。 この記事では、「バナナ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【調理法:糖質オフ】おすすめ10選

    赤くプリッとした果皮であるいちご。爽やかな甘みと酸味のバランスがとても良く、多くの人々に愛されています。ケーキや洋菓子などではトッピングに使用されたり、味わいだけでなく料理のアクセントや彩りとして添えられることもあります。そんないちごですが、味わいだけでなく、栄養価も嬉しいところがたくさんあります。主な成分としてはビタミンCや葉酸、食物繊維、アントシアニンなどです。美肌効果や風邪予防に効果のあるビタミンCや、貧血予防になる葉酸は食事制限をしていたりする時には不足しやすくなりますが、いちごを食べることで補うことができます。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのバナナを使った人気レシピ10選

    甘くて味にくせの少ないバナナ。そのままでも十分美味しく食べられますし、お菓子などではよく使われるので、日常的にたべる人も多くいるのではないでしょうか。温暖な地域で栽培され、今では種類も多く存在しています。主な栄養素としてはエネルギーを持続的に算出するでんぷんやブドウ糖、果糖などが多く含まれています。また、カリウムも多く含んでいるため、運動をする人やスポーツ選手には特におすすめの食材となります。また、免疫活性力や抗酸化力に非常に優れており、がんの予防や生活習慣病の予防にも期待できます。 この記事では、「バナナ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのブルーベリーを使った人気レシピ10選

    ブルーベリーは夏が旬の果物でスーパーでは海外産や国産のものが販売されています。ブルーベリーはポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富に含まれているので視力を向上させる働きがあります。また、アントシアニンはがんの原因でもある活性酸素を抑制する働きや骨粗しょう症を予防する働きがあるとされています。ブルーベリーは生のまま食べることができますし、デザートにも最適です。ヨーグルトにもぴったりの食材なので朝ごはんにもおすすめです。ブルーベリーを使ったアレンジレシピが多く紹介されているのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「ブルーベリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのいちごを使った人気レシピ10選

    いちごは老若男女問わず人気がある果物です。いちごは見た目が可愛らしくお菓子やデザートはもちろん、お肉料理などのソースとしても使われています。酸味があるいちごはビタミンCを豊富に含んでいて、シミの原因であるメラニンの生成を抑制する働きがあるので、美容に関心がある女性に特におすすめの食材です。新鮮ないちごはヘタの付近まで赤く色づいていてヘタがピンとしています。いちごは水分が付くと傷みやすいので食べる直前に洗います。甘酸っぱいいちごは朝ごはんにもおすすめの食材なのでレシピを参考にぜひ取り入れてみてください。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    みずみずしくて濃厚な甘さが特徴ないちじくは、アダムとイブが裸を隠すために使った葉として旧約聖書に登場するなど、歴史の古い果物です。ビタミン、カルシウム、鉄、食物繊維をバランスよく含むいちじくには、タンパク質を分解する「フィシン」と呼ばれる酵素があり、肉など脂の多い料理の後に食べることで胃もたれを防ぐ効果が期待されています。乾燥したいちじくを「フィグ」と呼び、肉と一緒にワインで煮ると酵素の力で肉を柔らかくしてくれますよ。ドライフルーツにすることで食物繊維やミネラルも凝縮されておすすめです。生のいちじくは果実の先端が裂けはじめて中の赤色の部分が見えてきた頃が食べ頃の合図です。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • バナナを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    朝食やおやつに最適なバナナは、皮をむくだけで食べられる身近で便利な食材です。バナナにはエネルギー源となる糖質がたっぷり含まれ、果糖、ショ糖、でんぷんがバランスよく含まれます。これらの糖質はそれぞれ消化吸収される時間が異なり、食べてすぐパワーになるものから長時間かけてパワーになるものまであるためエネルギーが持続します。他にも、カリウム、マグネシウム、ビタミンB群を含むので疲労回復や筋肉の痙攣を防ぐためバナナはスポーツにぴったりな食材です。腸内環境を改善するフラクトオリゴ糖も含むため便秘や下痢などにも効果的でダイエット中にも最適ですよ。 この記事では、「バナナ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    りんご身体にいい果物として古くから親しまれてきて、「一日1個のりんごは医者を遠ざける」と言われるほどです。水溶性食物繊維の「ペクチン」を豊富に含み、消化を促進して胃酸のバランスを整える効果が期待されています。便秘や下痢にも効果的で、すりおろしたり加熱してもそのまま体内に取り入れられるため赤ちゃんの離乳食にもおすすめですよ。他にも、カリウムやポリフェノールの一種のカテキンも豊富に含むため、体内の余分な塩分の排出や生活習慣病対策、アンチエジング効果も期待されますよ。皮やその周りの果肉に栄養素がたっぷり含まれて甘みも強いので、綺麗に洗って皮ごと食べることがおすすめです。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ラ作(10選分)朝ごはんにオススメのいちじくを使った人気レシピ10選

    いちじくは夏から秋が旬の果物で桝井ドーフィン、とよみつひめ、白いちじく、ビオレソリエスといった種類があります。いちじくは水溶性食物繊維のペクチンを豊富に含んでいるので便秘を解消する働きがあります。また、酵素成分であるフィシンなどが含まれているので、二日酔いを予防する効果があります。いちじくは皮をむいてそのまま食べても良いですし、コンポートやデザートに最適です。朝ごはんにもおすすめの食材なので朝ごはん向けのレシピが多く紹介されています。いちじくは生ハムとの相性も良くサラダにもおすすめなのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社