キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

果物の記事一覧

キッチンブックの「果物」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 見た目も華やか!パーティーにもおすすめ【ブルーベリーの人気レシピ10選】

    ブルーベリーといえば、「青くて甘酸っぱい」というイメージでしょうか。ブルーベリーには上品な甘さがあり、酸味とのほど良いバランス、ブルーベリー特有の風味が特徴です。皮をむかず、まるごと食べられるので「ブルーベリー狩り」も人気ですね。ジャムにしたり、ヨーグルトやケーキにトッピングしたりといろいろな食べ方があります。輸入物はさまざまな産地から一年中入荷されてきますが、国産ブルーベリーは夏が旬です。ブルーベリーの濃い青紫色はアントシアニンという成分のため。このアントシアニンは目の疲労を和らげ、視力低下予防、視力向上に効果があります。ほかにも、がん、生活習慣病の予防や老化防止などブルーベリーパワーはあなどれません。 この記事では、「ブルーべリー」とはどういう食材なのか紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のおすすめレシピのみをまとめました!ぜひ参考にしてくださいね。

  • 風邪の予防や疲労回復に!【すだちの人気レシピ】おすすめ10選

    さんまとちょうど一緒に旬を迎えるすだち。清々しい香りとさっぱりとした酸味が焼き魚を引き立てます。徳島県で9割以上が生産され、30〜40gと小さめの果実です。すだちの果汁にはビタミンCとクエン酸が豊富で、風邪予防や疲労回復に効果的。また果皮に含まれるポリフェノールの一種であるスダチチンには脂質の代謝を改善し、体重増加を抑制する効果があることが分かっているんです。他にも果皮にはカリウムやカルシウムなどのミネラルも豊富です。紹介するすだちを使ったレシピでは、すだちの豊かな香りを生かした爽やかなうどんやそうめんのレシピから果皮を活用した佃煮、スイーツのレシピまで。すだちの栄養を皮ごと摂取してぜひ健康維持に役立ててくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    やわらかく、プチプチした食感とほんのりやさしい甘みが特徴の「いちじく」。いちじくの旬は8月~10月。旬のいちじくは香りが強く、甘味も非常に強いのが特徴です。食べごろのいちじくを選ぶ際は、甘い香りがするもの、丸みがあって付け根の近くまでしっかり色がついているものを選ぶようにしましょう。いちじくの白い液体にはフィシンが含まれ、消化を促進する効果があります。水溶性食物繊維ペクチンとともに便秘解消によく効きます。ほかにも、むくみの改善や貧血予防、美肌、アンチエイジング、生理痛や更年期障害の緩和など、いちじくには女性にうれしい効果がたっぷり。普段から積極的に食べたい果物ですね。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【焼く編】おすすめ10選

    かぼすはフレッシュな香りを持つ香酸かんきつで、料理の素材を引き立ててくれる食材なんです。焼き魚に果汁を絞っていただくのが主流ですが、スライスして料理に香りと彩りを加えたり、皮のほろ苦みを楽しんだりと活用方法は様々。生産量の最も多い大分県では、味噌汁に果汁を絞るのが定番で、かぼすの爽やかな香りと程よい酸味で味噌汁がまろやかになるのだとか。かぼすに豊富なクエン酸は食欲増進効果があり、疲労回復にも役立ちます。ビタミンCも多く、免疫力を高めて体を強くしてくれるのでかぜ予防にも最適です。焼き魚はもちろん、野菜や厚揚げを爽やかに仕上げたレシピやかぼすスライスが見た目にも鮮やかな人気レシピまで、食欲をそそるレシピが満載です。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    フルーツの中でも人気が高い「いちご」。そんないちごには、女性が喜ぶ栄養素がたっぷり入っているってご存じですか。ビタミンC、食物繊維、カルシウム、カリウム、葉酸など挙げればきりがありません。また、いちごにはアンチエイジングに必要な抗酸化材もたっぷり含まれています。たとえば、がん予防の効果があるアントシアニン、菌から体を守ってくれるケルセチン、しわ予防のエラグ酸など。この抗酸化剤はすべての食材の中で、いちごの含有量はなんと第3位。普段からどんどん体に取り入れたい果物ですね。いちごは冷凍保存しても栄養価がほとんど変わらないので、スーパーに出回らない時期でも長期保存して食べる習慣をつけましょう。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    冬になるとスーパーに出回る「金柑」。みなさん、実はあまり食べ方を知らないのではないでしょうか。「金柑」は江戸時代に中国から伝わった果物で、寒さに弱いためほとんどが西日本で生産されています。旬は冬。温室栽培のものは11月下旬、露地栽培のものは1月ごろに出荷されます。皮ごと食べられる果物で、食べる場所によって味が違うのが特徴です。皮には甘味があり、独特の風味があります。実には、酸味と甘みが混在し、皮と実の間の白い部分には苦みが。ですからまるごと食べると、甘み、酸味、苦みが同時に感じられます。そのままでも食べられる金柑ですが、レシピは豊富です。食べ方のわからない方も、ぜひ金柑をレパートリーに加えてみませんか。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • くるみを使った人気レシピ【焼く編】おすすめ10選

    くるみに多く含まれるαリノレン酸などの「オメガ3脂肪酸」と呼ばれるものは、血流改善、コレステロール値の低下、アレルギーの抑制などの効果が期待され、くるみには他のナッツ類よりも多く含まれることから注目されるようになりました。良質なビタミンも豊富で、さらにカルシウムや鉄分も含まれることから、古い時代から栄養食として重宝されてきました。栄養がたくさん含まれていますが、摂取のしすぎは逆効果となるので要注意です。おつまみなどで販売されているものには塩分などが含まれているものもあり、塩分過多などの注意が必要です。健康のためには煎っただけのものにし、料理のアクセントに使用しましょう。 この記事では、「くるみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • バナナを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    皮を剥くだけですぐに食べられるバナナは、手頃な子どものおやつとしても人気があります。ほどよい甘味で食べ応えがあり、持ち運びしやすいので小さなお子さまがいる家庭ではとても重宝される果物になっています。そのまま食べるのはもちろん、カットしてヨーグルトやアイスクリームに入れたり、ミキサーで混ぜてスムージーにしたり、焼き菓子に使ったりとアレンジが効きやすいのも魅力です。バナナはカリウムを多く含み、むくみ防止に効果があります。イライラの解消に役立つマグネシウムや、エネルギーの代謝を促すナイアシンも豊富です。食物繊維も多く腹持ちもいいので、ダイエット中のおやつや朝食などにも人気があります。今回はたくさんあるバナナを使ったレシピの中でも、バナナを使った焼くレシピに注目して紹介します。 この記事では、「バナナ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レモンを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    爽やかな香りをもつレモンは、料理の主役又は脇役とし大活躍する食品です。日本での主要産地は、瀬戸内海に面する広島県が有名です。レモンの酸味は、クエン酸に由来します。レモンの選び方のポイントは、皮にツヤと張りがあり、重みがある物を選ぶようにして下さい。料理やお菓子にレモンを丸ごと使う時は、輸入のされたレモンよりは国産のレモンの使用をおすすめします。保存方法は、切ったレモンならラップに包み、冷蔵保存して下さい。冷凍の場合は、スライスした状態で小分けにして冷凍しておくと、使う時に便利です。今回はレモンを焼くをテーマにしたレシピをご紹介します。レシピを参考に手作り料理を楽しんで下さい。 この記事では、「レモン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    りんごは爽やかな酸味とほどよい甘さが特徴の、さっぱりとした味わいの果物です。皮を剥いても剥かなくても食べることができ、果物として食べるだけでなくさまざまな料理にも使われる人気の食材です。アップルパイなどのお菓子に使われる以外にも、サラダや肉料理、ドレッシングやソースにも使われます。りんごには胃腸の働きをよくする有機酸、塩分を排出する働きのあるカリウム、整腸作用を促すペクチンが含まれています。りんごの皮にはポリフェノールが豊富に含まれており、活性酸素を抑える働きがありがんの予防にも効果があると言われています。りんごは肉料理とも相性がよく、ぜひ色々な料理に取り入れたい果物です。今回はりんごを使った煮るレシピを厳選してお届けします。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゆずを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    ゆずはみかん科に属するかんきつ類で、独特の香りが料理のアクセントに使われます。香味と酸味が強いため、みかんのように生食には向いていませんが、少し料理にプラスすることで風味が変わるため重宝されます。ゆずは11月頃に旬を迎え、鍋料理や豆腐料理、魚料理などさまざまな料理に使われます。料理だけでなく果皮ごと薄く輪切りにして砂糖や蜂蜜に漬け込む柚子茶や、柚子胡椒など調味料としても使われるなどアレンジの効く食材です。ゆずには豊富なビタミンCが含まれ、特に皮の部分に多くのビタミンCが含まれているので、料理に使う際は果汁だけでなく皮ごと使うのがおすすめです。今回はゆずを使った焼くレシピを厳選してお届けします。 この記事では、「ゆず」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ8選

    かぼすといえば、さわやかな香りとほど良い酸味が特ちょうの果物です。クエン酸やビタミンCが含まれているので、健康にも役立つ食材なんですよ。とはいえ、かぼすを料理に活用するといっても、焼き魚にかけたり、焼き肉のたれに使ったりと、かぼすの汁だけを活用する人が多いのではないでしょうか。実はかぼすは、皮も身も汁もすべて料理に利用できるんですよ。汁だけしぼって捨ててしまってはもったいない!ということで、かぼすを利用した料理のレシピを紹介します。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    寒くなると風邪やインフルエンザの予防を意識しますが、ちょうど冬に旬を迎える金柑が予防に最適なんです。ビタミンCが豊富なことに加え、柑橘系の皮に多いβ-クリプトキサンチンを皮ごと摂取できるので、ビタミンCと同様、免疫を活性化して、体を強くしてくれます。ビタミンCは、粘膜を強くするので、風邪による喉の痛みを和らげる効果もあります。金柑の皮にはヘスペリジンも含まれ、毛細血管を強くして、血流が良くなるので、冷え性改善、免疫の向上にもつながります。そのまま食べるのが効果的ですが、金柑の苦味が苦手な方は、煮る方法で、金柑の甘露煮やジャムはいかがでしょう。煮ると苦味も和らぎ、食べやすくなります。ぜひ、煮るレシピを参考に、細菌や寒さに負けない体を作りましょう。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    甘酸っぱくて手軽に食べられる、みんなが大好きないちごには、ビタミンCがたっぷり。いちご10粒ほどで1日の摂取基準をとれてしまうほど多く含まれ、美肌効果はもちろん風邪予防にも役立ちます。意外に食物繊維も豊富で便秘の改善、血糖値やコレステロール上昇も抑えてくれるので生活習慣病の予防にも期待されています。いちごは、鉄、カルシウム、カリウムなどのミネラルや造血ビタミンと言われる葉酸も豊富で、食事の栄養バランスの補給にぴったり。いちごは、あまり日持ちしないので、食べきれない時は、砂糖と煮て、ジャムやコンポートを手作りしてみませんか。デザートに添えていただいたり、手作りケーキに混ぜて使ったりと活用方法は様々。ぜひ、煮るレシピを参考に、挑戦してみてください。 この記事では、いちごとはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    夏から秋にかけて旬を迎えるいちじくには、女性に嬉しい効能がたっぷりあるんです。プチプチとした食感が特徴的ないちじくの種には、女性ホルモンに似た働きをする植物性エストロゲンが含まれ、ホルモンバランスを整える手助けをするため、美肌効果や、生理前症候群(PMS)、生理不順、更年期障害などの症状の緩和に役立ちます。他にも便秘の解消に効果的な食物繊維や、カリウム、鉄、カルシウムなどのミネラルも豊富です。ドライいちじくでは食物繊維が生のいちじくの約5倍、ミネラル類は4〜5倍に増えるんです。いちじくはすぐに傷みやすい果物なので、沢山手に入った時はドライフルーツにしたり、煮る調理法で、コンポートやジャムにするのがオススメです。料理に使えるレシピもありますよ。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レモンを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    爽やかな酸味が特徴のレモンは、さまざまな料理に使われます。料理はもちろん、デザートからドリンクまで使える万能な果物です。色合いがきれいなのでトッピングとしても重宝され、レモン汁をアクセントに使うことも多いです。和食から洋食までどんなジャンルの料理にも合わせやすく、料理にかかせない果物です。レモンにはビタミンCが豊富に含まれており、抗酸化作用で肌の老化を防ぎメラニン色素を抑える効果があり、シミの予防にも役立ちます。レモンに含まれるクエン酸には疲労回復に役立ち、体と美容に効果のあるレモンはぜひ料理に取り入れたいですね。 この記事では、「レモン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    子どもが大好きな果物として人気のりんご。皮のままでも食べられてほどよい酸味と甘みが食べやすく、お菓子によく使われます。デザートだけでなく料理にも使うことができ、肉料理と相性抜群です。その他にもソースやマリネ液などにもよく使われ、デザートから料理まで幅広く使える万能な果物です。「1日にりんご1個食べると風邪を引かない」と言われるほど、りんごには体にいい栄養素が含まれています。りんごには胃腸の働きをよくする有機酸、高血圧に効果があるカリウムなどが含まれ、りんごの皮にはポリフェノールが豊富に含まれています。普段は生で食べることが多いりんごですが、 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【風邪予防に最適!】みかんを使ったスムージーのおすすめレシピ・作り方20選

    冬の果物といえば一番に思い浮かぶ、身近な存在、みかん。ビタミンCが多く風邪予防に良いというイメージはありますが、それ以外にも栄養が豊富なんです。そのままでも美味しいみかんですが、スムージーにすると美味しく野菜も一緒に摂取できたり、果物を組み合わせると特別なスイーツにも。作り方も簡単なので色々な人気レシピに挑戦してみてくださいね。この記事では、みかんを使ったスムージーの基礎知識に加え、みかんを使ったスムージーの栄養素、みかんを使ったスムージーの効果、みかんを使ったスムージーのレシピをフルーツスムージー・グリーンスムージーにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【ぶどうを使ったスムージー】ポリフェノール満点のスムージーレシピ・作り方20選

    夏から秋にかけてはおいしいぶどうがたくさん手に入ります。ぶどうにはビタミンやポリフェノールをはじめとした美容と健康にかかせない栄養がたっぷりつまっています。そしてそんなぶどうの栄養を丸ごととるにはスムージーが超おすすめです。火をつかわず混ぜるだけでオリジナルの栄養ドリンクの出来上がりです。 この記事では、ぶどうを使ったスムージーの基礎知識に加え、ぶどうを使ったスムージーの栄養素、ぶどうを使ったスムージーの効果、ぶどうを使ったスムージーのレシピをフルーツスムージー・グリーンスムージーにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 栄養満点のポンカン・みかん・柑橘系プルーツを使ったおすすめスムージーレシピ5選

    冬が旬のポンカンはそのまま食べてももちろんおいしいのですが、ひと手間加えてスムージーにすると簡単栄養ドリンクになります。ポンカンやみかんの柑橘類だけのスムージーやホウレン草を加えたグリーンスムージーなのバリエーションも豊富です。健康維持や美容効果も高い果物ですのでちょっと疲れたなというときにもおすすめです。この記事では、ポンカンを使ったスムージーの基礎知識に加え、ポンカンを使ったスムージーの栄養素、ポンカンを使ったスムージーの効果、ポンカンを使ったスムージーのおすすめレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 美肌効果♡【小松菜とバナナ】を使った人気スムージーレシピ20選

    スムージーの定番ともいえる小松菜とバナナのスムージーは健康にも美容にも効果抜群です。ちょっと苦味のある小松菜もバナナと一緒だと飲みやすくなるのも嬉しいポイントです。手軽にスーパーで買える食材ですので一年中いつでも簡単に作れ、アレンジレシピもたくさんあります。この記事では、小松菜とバナナを使ったスムージーの基礎知識に加え、小松菜とバナナを使ったスムージーの栄養素、小松菜とバナナを使ったスムージーの効果、小松菜とバナナを使ったスムージーのレシピをグリーンスムージー・豆乳やヨーグルトの入ったスムージーにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【バナナとヨーグルト】を使ったおすすめ簡単スムージーレシピ厳選20選

    ヘルシーな朝食や間食として人気のスムージー。中でもバナナやヨーグルトを使ったスムージーは美容や健康の意識の高い女性に大人気です。バナナもヨーグルトも一年中スーパーで手に入る食材ですのでスムージー初心者にもおすすめ。作り方も簡単で基本的にはブレンダーやミキサーでかき混ぜるでけです。 この記事では、バナナとヨーグルトを使ったスムージーの基礎知識に加え、バナナとヨーグルトを使ったスムージーの栄養素、バナナとヨーグルトを使ったスムージーの効果、バナナとヨーグルトを使ったスムージーのレシピを緑色系・赤色系・白色系の色別にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【梨を使ったスムージー】おすすめで人気のレシピ厳選20!便秘解消にもお試しあれ!

    しゃりしゃりとした食感がおいしい梨は、秋には外せない人気のフルーツです。甘さが控えめで、甘い食べ物が苦手な人でも食べやすいのが特徴です。そのまま食べてもおいしいですが、水分が多いのでスムージーにして飲むのもおすすめです。梨と一緒に他の野菜や果物、ヨーグルトなどと合わせて飲むと、さらに栄養価がアップします。 この記事では、梨を使ったスムージーの基礎知識に加え、梨を使ったスムージーの栄養素、梨を使ったスムージーの効果、梨を使ったスムージーのレシピをフルーツスムージー・グリーンスムージー・レッドスムージーのカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【パイナップルを使ったスムージー】ハズレなしの厳選レシピ・作り方20選

    トロピカルフルーツの代表格パイナップル。爽やかながら甘みが強く、そのまま食べても冷凍してもとてもおいしく食べられます。パイナップルは他のフルーツに比べると歯ごたえがあり食べ応えもあるので、満腹感を得られダイエット中のおやつにもぴったり。さらに食べやすくスムージーにするのもおすすめです。スムージーにすることで、他の材料と合わせてさらに栄養素をアップさせることができます。 この記事では、パイナップルを使ったスムージーの基礎知識に加え、パイナップルを使ったスムージーの栄養素、パイナップルを使ったスムージーの効果、パイナップルを使ったスムージーのレシピをフルーツスムージー・グリーンスムージー・レッドスムージーのカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【メロンのスムージー】人気でおすすめのスムージーレシピ・作り方20選!これは美味しいすぎる・・・

    甘くてとってもおいしいメロン。そのまま食べてももちろんおいしいですが、メロンは柔らかく甘みも豊富なのでスムージーに向いています。メロンは美容効果が高い栄養素が含まれており、他の材料と合わせてスムージーにすることで、さらに栄養素がアップします。ヘルシー志向の方にぴったりで、朝やおやつにメロンを使用したスムージーを飲んでみてはどうでしょうか? この記事では、メロンを使ったスムージーの基礎知識に加え、メロンを使ったスムージーの栄養素、メロンを使ったスムージーの効果、メロンを使ったスムージーのレシピをフルーツスムージー・グリーンスムージーにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【柿を使ったスムージー!?】健康と美肌に!おすすめレシピ&作り方厳選20選

    これから旬を迎えるフルーツといえば柿。スーパーでも手に入りやすく、ビタミンCが豊富で、柿1個で1日分のビタミンが賄えてしまう栄養価の高い食材です。二日酔いにも効果的で、スムージーとして摂取すれば、胃腸にも負担がかかりません。作り方も簡単なので、人気のレシピをご紹介します。 この記事では、柿を使ったスムージーの基礎知識に加え、柿を使ったスムージーの栄養素、柿を使ったスムージーの効果、柿を使ったスムージーレシピをフルーツスムージー・グリーンスムージー・豆乳スムージーにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 小松菜とりんごを使ったおすすめスムージーレシピ20選

    小松菜にはβカロテン、ビタミン、ミネラルなどが含まれており、りんごは食物繊維、カリウム、ポリフェノールなどが豊富です。人気のスムージーで不足がちな栄養素を簡単摂取。作り方も簡単です。手に入りやすい食材なので、野菜不足や健康のために小松菜とりんごを使ったスムージーはおすすめです。 この記事では、小松菜とりんごを使ったスムージーの効果や栄養に加え、小松菜とりんごを使ったスムージーのレシピをグリーンスムージー・乳製品入りスムージーにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • 【りんごとにんじんを使ったスムージー】おすすめで人気のレシピ20選

    野菜嫌いの方でも美味しく摂取できるスムージー。様々な野菜や果物を生のまま摂取でき、栄養バランスもばっちり。胃腸にも負担がかかりません。ダイエットで飲む方も多く、レシピも簡単です。にんじんとりんごはどちらも抗酸化作用があり、美肌効果やアンチエイジングの効果が期待できます。スーパーで手に入りやすい食材なので、気軽に作ることができますよ。 この記事では、りんごとにんじんを使ったスムージーの効果や栄養に加え、りんごとにんじんを使ったスムージーのレシピをフルーツスムージー・グリーンスムージーにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • 【冷凍いちごのスムージー】おうちで作れるレシピまとめ!美味しくて痩せられる!?

    春の訪れを教えてくれるいちごは、果物の中でも愛らしく華やかな存在ですね。けれども傷みやすいのが難点。食べきれるなら問題ありませんが、無理なら冷凍保存がおすすめ。冷凍するとフレッシュないちごのような使い方はできませんが、代わりにスムージーやジャムなどに手軽に使えます。冷凍いちごは簡単に作れるので、日々の食事にうまく取り入れていきたいですね。 この記事では、冷凍いちごのダイエット効果や栄養に加え、牛乳でつくる冷凍いちごのスムージーレシピ、ヨーグルトでつくる冷凍いちごのスムージーレシピ、豆乳でつくる冷凍いちごのスムージーレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • 【ミックスベリースムージー】おうちで作るレシピまとめ!胃腸のクレンジング効果!

    ミックスベリーとは、いちごやブルーベリーなどベリー類を組み合わせたもので、冷凍で出回っていることがよくあります。手軽に使えるので、スムージーに加えるレシピもたくさん。また朝にフルーツを食べるとデトックス効果が高く、胃腸のクレンジングとも呼ばれるほどです。目的別にミックスベリーを使い分ける作り方を知れば、もっといろいろ楽しむことができますね。 この記事では、ミックスベリーのダイエット効果や栄養に加え、フルーツ入りミックスベリースムージーのレシピ、野菜入りミックスベリースムージーのレシピ乳製品入りミックスベリースムージーにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください。

広告

運営会社