キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

果物の記事一覧

キッチンブックの「果物」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • りんごを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    甘みと酸味のバランスが良く、シャキシャキとした食感が特徴のりんご。りんごの85%は水分で、残りの15%の中にさまざまな栄養素が含まれています。りんごの酸味はクエン酸やリンゴ酸によるもので、これらには疲労回復の作用があります。疲れを感じたときにもおすすめしたい食材の1つです。また、水溶性の食物繊維であるペクチンも含まれ、便秘解消に効果があります。腸の働きを整えるはたらきがあるので、お腹の不調にも効きますよ。みずみずしくて歯ごたえの良いりんごをサラダに加え、サラダのバリエーションを増やしてみてくださいね。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    よく食べられる果物として人気のりんごは、約4000年前には栽培されていたと言われています。甘酸っぱくしゃきしゃきとした歯ごたえで、生で食べるのもちろん火を通してもおいしく食べられます。料理では主にお菓子に使われますが、それ以外では豚肉との相性がよく、西洋では豚肉のローストにはアップルソースを添えて食べられ、ほどよい甘さが豚肉とよく合います。一日りんご一個で風邪を引かない、と言われるほどりんごには豊富な栄養素が含まれています。活性酸素を抑える働きのあるりんごポリフェノールやビタミンC、疲労回復に効果的があるクエン酸とリンゴ酸などが含まれていて、積極的に摂りたい果物です。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    かぼすの旬は8月~10月が旬の果物で香りが良い食材のため風味付けに使われることが多い食材です。かぼすにはクエン酸が多く含まれているので疲労回復効果があります。かぼすの皮にはポリフェノールの一種であるスダチチンという成分が含まれていて脂質の代謝を正常にし、体重の増加を抑える働きがあるのでダイエットをしている方にもおすすめの食材です。スーパーでは緑色でツヤがあり表面が固いものを選ぶと良いです。主に風味付けに活用されますが、マーマレード、スムージー等にも使われていて、蒸し料理、漬け物、炒め物など幅広く使うことができる食材です。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    かぼすは大分県の特産品であり、香酸柑橘類に分類される果物です。かぼすは収穫時や出荷時は緑色をしていますが、塾すと黄色くなり風味がより一層増します。かぼすには疲労回復効果があるとされるクエン酸を豊富に含み、特徴である爽やかな香りには気持ちをリラックスさせるなどのアロマテラピー効果があります。風味付けに使われること多いかぼすですが調理方法としては、ゼリーやシャーベットなどのスイーツやデザートの他にカクテル、松茸の土瓶蒸し、焼き魚などにぎゅっと果汁を絞って使ったり、魚料理のソースやフライ料理など用いられています。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    いちごはバラ科の多年草の一種ですが、普段私たちが食べている部分は実は花の一部で、果実はその周りにあるゴマのようなつぶつぶのひとつひとつとなります。そんないちごですが、店頭に並ぶのは12月後半から2月ころにかけてがもっとも多く、いちご狩り等もこの季節に多く行われています。最近ではいちごの品種改良も多く行われ、色や形も様々ですが、十分にヘタ近くまで色づいていてむらがなく、表面につやがあり産毛のようなものが残っているもの、ヘタが緑色でピンと先がたっているものが美味しいちごを選ぶポイントですので、購入の際はチェックしてみてくださいね。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ7選

    秋が旬のいちじくは、とても栄養価が高く人気のフルーツです。身はやわらかくて甘く、かむとプチプチした食感があるのが特徴です。「不老不死の果物」と呼ばれ、食物繊維やポリフェノール、ミネラルやビタミンが豊富に含まれています。便秘やダイエットに効果があり、美肌効果やアンチエイジングにも効くということで、女性には特におすすめの野菜です。果物なので生のまま食べるイメージがありますが、ヨーグルトに入れたり、甘さを利用してフルーツソースにしたりするだけでなく、衣をつけて天ぷらやフライにしてもおいしく食べられます。油で揚げることで、いちじくの甘みが増して食べやすいですよ。

  • 金柑を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    金柑は柑橘系の果物で、旬は1月~3月となり冬が最もおいしいとされています。皮ごとそのまま食べることができる果物なので、沢山のビタミンCを無駄にすることなく効率よく摂ることができます。ビタミンCには風邪予防の効果があるので特に寒い冬の時期には積極的に摂取したい食材です。金柑の皮に含まれているヘスペリジンという栄養素には血流改善効果や発がん抑制効果、抗アレルギー作用など健康維持に役立つ効果があるとされています。金柑はそのまま食べるのはもちろんスイーツ、ジャム、ソース、サラダ、炒め物などにも活用されています。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • くるみを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    栄養バランスの良くパワーフードとされているくるみですが、ナッツ類の中でも特にオメガ3脂肪酸を含んでおり、悪玉コレステロールや中性脂肪を下げ、血管を柔軟にする効果が高いとされています。その他にも、ビタミンやミネラル、たんぱくや食物繊維など、体に良い栄養素が豊富に含まれています。良質な脂肪と食物繊維、食感が満腹感を与えてくれるため、ダイエット中の方にも安心な食材です。くるみを使う際には生やローストされているものなど種類がありますが、生はビタミン類を壊さずに食べることができます。殻付きのものを購入する際は、実自体が空気に触れないように袋などにいれて保管することをおすすめします。 この記事では、「くるみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    夏、秋とスーパーなどでよく見かけるいちじくですが、普段私たちが食べてる部分はいちくの花の部分にあたります。最近では日本で栽培されることが多くなり、しろいちじくなど他の品種も多くみられますが、実はいちじくには身体に嬉しい栄養がたくさんはいっています。まず、ペクチン。こちらは水溶性の食物繊維で、コレステロールの上昇を抑えることができます。また、ザクロエラグ酸やアントシアニンと呼ばれるポリフェノールが含まれており、老化の原因となる活性酸素を除去してくれる、特に女性には嬉しい効果も期待できます。生のいちじくはもちろん、ドライいちじくも販売されているため、ぜひ積極的に摂取してみてくださいね。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レモンを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    爽やかな香りと酸味が特徴のレモンは、様々な食材と相性が良いことからワンランクアップした料理にしてくれます。レモンといえば豊富に含まれるビタミンC。実はビタミンCは、絞り汁よりも皮の部分により多く含まれていることはご存知ですか。さらに皮の中に存在する「酸」に含まれる抗菌性が肌に働きかけるため美肌をつくり出してくれます。綺麗に洗ったレモンを凍らせて、おろし金ですりおろすだけで簡単に皮の栄養を取り入れることができますよ。ジュースや温かい飲み物、肉、魚、デザートなどのお好みの料理にプラスしてくださいね。風味もアップしておすすめです。 この記事では、「レモン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レモンを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    レモンの旬は秋から冬で、柑橘類の中で最もビタミンCの含有率が高い果物です。レモンは爽やかな香りが特徴的ですがこの香り成分にはリラックス効果があるとされていて、脳細胞を活性化させる作用や集中力を高める効果があります。新鮮なレモンは皮にハリとツヤがあり、ヘタがしっかりとついていて枯れていないものを選ぶと良いでしょう。海外産のレモンには防カビ剤が付いているので塩をこすりつけて洗うと安全です。レモンは爽やかな味わいなのでフライ料理との相性がよく、レモン汁をかけて食べるとさっぱりとした仕上がりになります。 この記事では、「レモン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    りんごは夏の終わりから秋にかけて成熟する果物ですが、近年は栽培技術により1年中食べられるようになった果物です。食物繊維が豊富でカテキンやケルセチンが多く含まれており、整腸作用や高血圧予防などの働きがあり、水溶性食物繊維のペクチンは消化を促進させて胃酸のバランスを整えてくれる効果もあります。そして、ポリフェノールの一種であるカテキンには抗酸化作用があるため、老化抑制も期待ができると言われいます。購入する際には果皮が赤く染まり、軸が太くて果皮に張りと艶があるものを選ぶようにすると程よく熟しているおいしいりんごと言えます。サイズは大きすぎるものよりは中くらいのほうが甘みもあります。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レモンを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    爽やかな香りがどんな料理もワンランクアップさせてくれるレモン。レモンの香りがするだけで食欲も増進しますよね。温暖な気候を好むレモンは輸入品が多いですが、日本でも瀬戸内海に面した広島県や愛媛県を産地として流通しています。レモンの最も注目する栄養はビタミンCやクエン酸です。ビタミンCには、美肌効果や免疫力アップに効果的で、クエン酸は疲労回復に期待できます。他にもポリフェノールやカリウム、レモンの皮には「リモネン」と呼ばれる香り成分が含まれ、リラックス効果に期待できます。朝レモンを取り入れることで交感神経が刺激されて体内時計をリセットしてくれますよ。寝起きにレモンの香りでスッキリと目覚めてくださいね。 この記事では、「レモン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ4選

    いちごは見た目も鮮やかで可愛らしく、甘酸っぱい風味が人気の食材です。一般的に食べられているものはオランダイチゴと総称され、日本には江戸時代末期に伝来しました。以来、国内でも開発・栽培が進み、あまおうやとちおとめなどブランド的価値を誇る品種も生まれています。ショートケーキなど多くのスイーツにも欠かせない存在であるいちご。ほぼ一年中流通してはいますが、旬はやはり春先です。いちごは瑞々しくて美味しいだけでなく、ビタミンCやアントシアニン、キシリトールなどが豊富。風邪や肌荒れの予防、眼精疲労の回復やがん予防の効果が期待でき、砂糖と比べて血糖値の上昇がゆるやかなので、ヘルシーに甘味を味わえます。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    甘酸っぱさと見た目の可愛らしさが抜群のいちご。冬から春にかけて旬を迎え、成果売り場には様々な種類のいちごが並んで甘酸っぱい香りが漂います。いちごといえばまず注目する栄養はビタミンCですが、他にもポリフェノールの一種である、体内の活性酸素を減らす「アントシアニン」や、血糖値の急上昇を防ぐ「ペクチン」、体内の余分な塩分を排出する「カリウム」などを豊富に含みます。小さな一粒に栄養が凝縮したいちごは、真っ赤に熟していて、ヘタがそり立っているものが甘いとされています。ヘタは取らずに洗うことでビタミンCの流出が防げますよ。傷みやすいので早めに美味しく食べるようにしてください。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    夏から秋にかけて旬を迎えるいちじく。漢字では「無花果」と書くので花が無いのかと思いますが、一般的な植物とは異なり、実の中のプチプチとした部分がいちじくの花の部分です。「不老不死の果実」とも言われるいちじくは、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどを豊富に含みます。他にもいちじくの種子には女性ホルモンに似た構造を持つ「植物性エストロゲン」を豊富に含むことから、乱れたホルモンバランスを整え、月経前症候群や生理痛、更年期障害などの緩和に期待できますよ。特に女性に嬉しい効果が期待できるいちじくは、旬の時期以外ではドライフルーツを取り入れることがおすすめです。噛みごたえも出て腹持ちもよく栄養もあり、ヘルシーなおやつとしてもぴったりですよ。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    食材の旨味を引き立たせてくれるかぼすは、すだちや柚子と同じ香酸柑橘類のひとつです。柚子などに比べると酸味がマイルドで、酸っぱさが苦手な方も取り入れやすいですよ。この酸っぱさは「クエン酸」によるものですが、クエン酸といえばレモンが代表的ですよね。実はかぼすにはレモンの2倍の量のクエン酸を含み、柑橘類の中でもトップクラスのため疲労回復にぜひ取り入れていただきたいです。他にも女性に嬉しいビタミンCも豊富に含まれていますよ。爽やかな香りにはリラックス効果があり、神経の興奮を抑えてストレスを緩和する効果が期待されます。さらに血行促進する効能から冷え性の改善にも効果的ですよ。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「蒸す」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ5選

    鮮やかなオレンジ色で、ころんと小ぶりな形をした金柑。皮まで丸ごと食べることができ、苦み・酸味・甘みが掛け合わさった独特の風味があります。そのままはもちろん、甘露煮や蜂蜜漬けにしたり皮や汁を風味付けに使ったりと、様々な調理法で親しまれています。古くから喉の不調に効くとされ、事実として多くのビタミンCを含む他、生活習慣病を防ぐビタミンE・果物の中では随一の量のカルシウム・血管の健康維持や抗アレルギー効果が期待できるへスぺリジンなど、身体に嬉しい成分がたっぷり。可愛らしい見た目から観賞用として植えられることもあり、目も楽しませてくれる果物です。主な産地は九州で、1~3月頃に最もおいしくなります。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レモンを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    レモンに香りには気持ちをリラックスさせる効果があります。この柑橘類特有の香りは皮に含まれているリモネンという油成分によるもので物忘れ防止、抜け毛予防、脳の細胞を活性化させ集中力を高める働きがあります。また、レモンに含まれているビタミンCの豊富さは柑橘類の中ではトップクラスです。クエン酸も豊富に含まれていますので疲労回復効果があるとされています。レモンを選ぶときはツヤとハリがありヘタが枯れていないものを選びましょう。海外産のレモンの皮には防カビ剤が付いているので皮ごと使う場合はしっかりと洗ってくださいね。普段の食卓にレモンを活用してみてくださいね。 この記事では、「レモン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    甘酸っぱい味わいで子供から大人まで人気のりんご。りんごは7500以上の品種が栽培されていて、約4000年前には栽培されていたと言われる歴史の長い果物です。日本へは中国から伝来したと言われ、平安時代の書物にはりんごについて記されています。りんごは生でそのまま食べる以外にも、煮たり焼いたりして食べるのも人気があります。火を通す場合は主に焼き菓子に使われますが、肉料理のマリネ液やソースなどにも使われほどよい甘味が肉によく合います。りんごの皮には整腸作用のあるペクチンや活性酸素を抑える働きのあるりんごポリフェノールが含まれています。丸ごとかじって食べることもでき、手軽に日常の食生活に取り入れることができる体にいい果物です。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちごを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    春が旬のいちごは見た目がかわいらしく大変人気がある果物です。ハウス栽培がされているので店では旬に関係なく売られているのでいつでも購入することができます。選び方としては鮮やかな赤色でつぶつぶが綺麗なもの、ヘタの付近まで赤く色づいていてヘタがピンとしているものが新鮮ないちごです。いちごはビタミンCが豊富に含まれているので風邪の予防効果や美肌効果があります。いちごはシンプルにそのまま食べるのが手軽ですが、酸味を活かしてお菓子やソースにも活用されています。揚げるレシピも知っていちごを使った料理のバリエーションを増やしましょう。 この記事では、「いちご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    私たちにとって身近な果物である「りんご」。歯ごたえの良いシャキシャキした食感と甘酸っぱい味が人気ですね。りんごは寒い地方で多く生産され、旬は秋ごろから。「ふじ」や「王林」「ジョナゴールド」など、ポピュラーな品種がたくさんあります。「1日1個のリンゴは医者いらず」と言われるほど、りんごには栄養がたっぷり詰まっています。生活習慣病の予防やコレステロール値を下げる効果、腸内環境の改善など、健康面に良いだけでなく、肌荒れの改善や美白効果など美肌にも良いとされています。もちろん生のまま食べるのも良いですが、りんごを蒸し焼きにしてやわらかくして食べるのもおすすめですよ。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • くるみを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    美容や健康にも良いと注目されている「くるみ」。太らない脂質として知られるオメガ3脂肪酸がナッツ類でも特に豊富で、血液をサラサラにして血中のコレステロールや中性脂肪を下げる働きにより高血圧や動脈硬化、糖尿病などの予防に役立ちます。抗酸化作用をもつポリフェノールも多いのが特徴です。また、若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEも含みアンチエイジングにも効果的な食材です。くるみは焼き菓子の他にどんな料理にも合わせやすく、食感や風味を豊かにしてくれます。栄養たっぷりのくるみには食欲を抑える効果もあるため食べ過ぎ防止にも一役買ってくれますよ。料理に使う前にフライパンなどでロースト(からいり)するとカリッとした食感と香ばしい香りでぐっと料理をおいしくしてくれます。 この記事では、「くるみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ2選

    金柑にはビタミンC・抗酸化作用が高いビタミンE・ポリフェノールの一種である水溶性ビタミンのヘスぺリジンが含まれています。風邪の予防や動脈硬化、高血圧にも有効なので特に冬場に積極的に摂りたい果物です。果肉がほとんどないため皮ごと食べることが多く、皮やわたに含まれる栄養素も一緒に摂取することができるのが特徴です。生で食べると酸味が強いため、砂糖漬けや甘露煮にすることが多いです。コロンとした見た目が可愛く、料理に使うと色合いもきれいでアクセントになります。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • くるみを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    くるみには脂質、ビタミンE、ビタミンB群などの美容に良い栄養素が多く含まれています。また低糖質なので、ダイエットしている方には注目してほしい食材のひとつです。脂質はエネルギーが高いため、避けられがちですが不飽和脂肪酸のα-リノレン酸、リノール酸、リノレン酸が含まれています。α-リノレン酸にはホルモンのバランスを整える作用が知られており、女性には嬉しいアンチエイジングの効果が期待できますよ。1日30g前後を目安に召し上がって下さいね。 この記事では、「くるみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼすを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    かぼすは大分県名産の柑橘類の一種で漢字では「香母酢」と表します。ほんのりやさしい香りとやさしい甘さが特徴です。そのような特徴があるため、他の食べ物の元々の味を損なうことなく引き立ててくれる優秀な脇役です。絞ったり、皮をあしらえたり、スライスしたりと使い方は様々です。酸味は少ないですが、酸味成分が少ないというわけではありません。ツンとする酸ではなく、クエン酸、リンゴ酸をはじめとする有機酸というものがみかんの約5倍以上も含まれているということになります。すっぱいものが苦手だけれど料理をワンランクアップさせたい、そんな時にぴったりなのがかぼすです。 この記事では、「かぼす」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ1選

    小さくてコロンとした見た目が可愛らしい金柑。生で食べると酸味が強いため、みかんやオレンジほど消費量は多くありません。金柑は中国原産のかんきつ類で、1~3月が旬になります。観賞用として植えられることも多く、咳やのどの痛みに効果があるとされ金柑味ののど飴も人気があります。果肉は酸味が強いため、砂糖漬けや甘露煮にすることが多いです。果肉がほとんどないため皮ごと食べること多く、皮やわたに含まれる栄養素も一緒に摂取することができます。金柑はビタミンC・抗酸化作用が高いビタミンE・ポリフェノールの一種である水溶性ビタミンのヘスぺリジンが含まれています。体にいい栄養素を含んでいるので、あまり金柑を食べないという方も、おやつや料理に取り入れてみてはいかがでしょうか。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    独特の形と味わいが印象的ないちじく。いちじくはアラビア南部が原産と言われており、メソポタミアでは6千年以上前から栽培されていたことが分かっています。原産地がアラビアということもあり、熱帯を中心に生育する種が多くなっています。日本には江戸時代に中国から伝来し、古代ローマでは「不老不死の果物」と呼ばれているほど栄養価の高い果物です。いちじくは水溶性食物繊のペクチンを多く含み、腸の活動を活発にして便秘を防ぎます。その他にもカルシウムや鉄分などを含み、ナトリウムを排出する働きのあるカリウムも豊富で、むくみ防止や高血圧症にも効果があります。生で食べてもおいしいですが、火を通すことで甘みが増して違った味わいを楽しめますよ。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • くるみを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    香ばしく、サクサクとした食感のくるみ。美容や健康に必要な脂肪の「オメガ3脂肪酸」が豊富に含まれていることに注目され、近年メディアでも多く取り上げられています。低糖質でグルテンフリーであり、食物繊維が豊富に含まれて食感が満腹感を与えるので、まさにダイエットに適した食材です。他にも、糖尿病、心疾患、肥満などの生活習慣病対策にも効果が期待されています。健康の維持やダイエットのためには、味付けや油を少なくすることが大切ですが、物足りなさを感じてしまうとなかなか続けられないですよね。くるみの香ばしさや良質な油はそれらを解決してくれるのに役立ちますよ。様々な料理にアレンジしてみてくださいね。 この記事では、「くるみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 見た目も華やか!パーティーにもおすすめ【ブルーベリーの人気レシピ10選】

    ブルーベリーといえば、「青くて甘酸っぱい」というイメージでしょうか。ブルーベリーには上品な甘さがあり、酸味とのほど良いバランス、ブルーベリー特有の風味が特徴です。皮をむかず、まるごと食べられるので「ブルーベリー狩り」も人気ですね。ジャムにしたり、ヨーグルトやケーキにトッピングしたりといろいろな食べ方があります。輸入物はさまざまな産地から一年中入荷されてきますが、国産ブルーベリーは夏が旬です。ブルーベリーの濃い青紫色はアントシアニンという成分のため。このアントシアニンは目の疲労を和らげ、視力低下予防、視力向上に効果があります。ほかにも、がん、生活習慣病の予防や老化防止などブルーベリーパワーはあなどれません。 この記事では、「ブルーべリー」とはどういう食材なのか紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のおすすめレシピのみをまとめました!ぜひ参考にしてくださいね。

広告

運営会社