キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

油揚げをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

節約したい時のお助け食材としても活躍する油揚げ。厚揚げとは違い、薄くて袋状にもなるので色々な料理に活躍します。半分に切って稲荷ずしに使ったり、中に具材をつめて巾着にしておでんや煮物に使うなど色々とアレンジが効くのも魅力です。カットして炒め物や煮物に入れたりみそ汁や炊き込みご飯の具材にするなど、食材を少しプラスしたい時にも活躍します。冷蔵庫に常備しておくと、色々と使えて便利ですよ。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて油揚げのレシピを紹介しています。油揚げを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

油揚げの特徴

油揚げはうどん・そば・稲荷ずし・おでんなど、和食によく合い色々な料理に使える便利な食材です。和食だけでなくピザソースとチーズをのせて焼いて、ピザ風に仕上げるなど洋風にアレンジもできてアイディアレシピを楽しめます。価格が安いので節約した時の強い味方で、栄養満点なのもうれしいですね。普段の献立はもちろん、お弁当のおかずやおつまみまで幅広く活躍します。

油揚げの原材料と作り方

油揚げは薄切りにした豆腐を油で揚げたもので、原材料は大豆になります。作り方は大豆を水に浸けてすりつぶして加熱して、豆乳ににがりを加えて薄くて硬めの豆腐を作って薄く切ります。成形して水切りをした後低温の油で揚げて、180~200℃の高温の油で二度揚げします。油を抜いて調味料で味付けしたら完成です。

油揚げの栄養素

油揚げは大豆から作られているので、栄養価の高い食品です。良質なたんぱく質・炭水化物・鉄・ビタミンE・脂質・カルシウムなど、体に必要な栄養素を豊富に含んでいます。その他にも女性ホルモンと似た働きがあるイソフラボン・学習能力や記憶力を高めるレシチン・強い抗酸化作用があり代謝を促進する大豆サポニンなどが含まれています。栄養バランスのいい食事を作りたい時に、油揚げをプラスするといいですね。

油揚げの参考価格

油揚げの価格は大きさや質によって異なり、スーパーで売られている油揚げの平均価格は100円前後になります。ネット販売などで品質や手作りにこだわったものだと、2000~4000円するものもあります。小さくカットしてありすぐに使える一口サイズのものもあるので、用途や予算に合わせて選ぶといいですね。

油揚げの保存方法

油揚げの保存方法で一番おすすめなのが冷凍保存です。1~2週間のうちに使う場合は油抜きせずに冷凍保存できますが、それ以上冷凍しておく場合は冷凍する前に油抜きをしておきましょう。油抜きをしない場合は使いやすい大きさにカットして、使う量ごとにラップに包んでジップロックに入れます。油抜きする場合は、熱湯で油抜きして粗熱を取って水分をふき取り、カットしてラップに包んでジップロックに入れて冷凍庫に入れて保存します。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

油揚げの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

油揚げを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

油揚げは豆腐を油で揚げた食品で、厚揚げとは違い薄切りになっています。普通にカットして使う以外にも、袋状になっているので稲荷ずしに使ったり、中に具を入れて巾着にしたりなど色々とアレンジが効く食材です。調理前に熱湯をかけて油抜きしてから料理に使うことが多く、うどんやそばに入れたり、炒め物やみそ汁によく使われます。油揚げは大豆から作られているので、たんぱく質や女性ホルモンと似た働きがあるイソフラボン、記憶力を高めるレシチンなど体にいい栄養素が豊富に含まれています。価格も安いので料理のかさましや、具材を一つプラスしたい時などにも便利で主婦の強い味方です。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

油揚げを使った人気レシピ【調理法:炒める編】おすすめ10選

味噌汁に入れるとほどよい油が出てきて、さらにうま味を増す油揚げ。きつねうどんにも欠かせない食材で、煮汁を吸ってさらにおいしさが増して料理のアクセントにもなります。厚揚げと違って薄切りのため中まで揚がっていて、切ってスープや炒め物に入れたり、稲荷ずしや煮物の巾着のように具材を中に入れて使ったりと色々とアレンジを楽しめます。油揚げは大豆から作られているので、良質なたんぱく質や記憶力を高めるレシチン、女性ホルモンと似た働きがあるイソフラボンなど体にいい栄養素が含まれています。畑の肉といわれるほど栄養価が高いので、肉や魚の代わりとしても使えて、しかもお財布にやさしい魅力的な食材です。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

油揚げを使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ10選

和食になくてはならない食材の1つが油揚げ。油揚げは豆腐を油で揚げた食品で、庶民の間に定着したのは江戸時代と言われています。みそ汁の具や稲荷ずし、巾着にして煮物に使うなどさまざまな料理に使用されます。細切りにしたり、稲荷ずしや巾着のように中に具材を入れたりとアレンジが効くのも魅力です。油揚げは豆腐を揚げているため、豆腐と同じ大豆から作られています。大豆は畑の肉と言われるほど栄養素が豊富で、良質なたんぱく質や女性ホルモンと似た働きがあるイソフラボンが多く含まれています。体にもよくお財布にもやさしい主婦の強い味方で、冷蔵庫に常備しておきたいマストな食材です。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

油揚げを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

油揚げは主役というよりは脇役として使われる食材ですが、さまざまな料理に使えて冷蔵庫に常備しておくととても助かるマストアイテムです。切って炒め物やスープの具材にしたり、炊き込みご飯に入れたり、稲荷ずしにも使えてさまざまな料理に活躍します。厚揚げと違い薄切りで中まで揚がっているので、切って袋状にして具材を詰めて巾着にするなどアレンジが効く楽しく使える食材です。油揚げの原料は大豆のため、良質なたんぱく質や女性ホルモンと似た働きがあるイソフラボンが豊富なので特に女性は積極的に摂りたいですね。肉や野菜を使わなくても油揚げを使うだけで、栄養バランスがよくなりお財布にもやさしいので気軽に使えるのも魅力です。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

油揚げの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

油揚げを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

油揚げは豆腐を切って油で揚げたものですが、大豆由来の成分は豆腐と変わりません。たんぱく質、脂質、炭水化物、カルシウム、マグネシウム、鉄、ビタミンEなどが含まれていて、栄養満点です。大豆のたんぱく質はアミノ酸のバランスがよく、血中コレステロールえお下げて血管をしなやかにしてくれる効果があるので、動脈硬化を予防したり血圧を下げる作用があるのです。また、大豆サポニンという成分は大豆に含まれるえぐみの主成分ですが、強い抗酸化作用があります。脂質の酸化を抑制し、代謝を促進する効果があると言われています。価格もやすく手軽に手に入る食材なので、日頃のメニューに活かしてみてはいかがでしょか。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

油揚げを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

豆腐を揚げてつくられた油揚げですが、実は栄養満点で優秀な食材なのです。大豆たんぱく質には血圧を下げる効果があり、畑の肉とよばれているほど栄養満点なのです。また、大豆イソフラボンが豊富に含まれており、女性ホルモンと同じ働きがあることで注目されており、更年期の不調を予防したり、骨量の減少を抑制する効果もあると言われています。カルシウム、鉄分も多く含んでおり、女性は5人に1人が鉄欠乏性貧血とも言われています。そんな栄養満点の油揚げですが、揚げているためにカロリーが気になるか方もいらっしゃると思いますが、調理前にお湯で1~2分湯通しすると油分が抜けてカロリーオフできますよ。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

油揚げを使った人気レシピ【調理法:炊く編】おすすめ6選

油揚げは江戸時代から庶民の味として親しまれ、今でも価格が安く栄養価の高い食材として主婦の強い味方として人気があります。スープや煮物、炒め物などさまざまな料理に使うことができ、厚揚げと違って薄切りなので使いやすいのも魅力です。脇役的な使い方が多いですが、稲荷ずしや油揚げを使ったおつまみなど主役としても活躍する便利な食材です。油揚げは豆腐を揚げているため、豆腐と同じ大豆から作られています。大豆は畑の肉と言われるほど、良質な植物性たんぱく質を含んでいるので積極的に料理に使いたいですね。女性ホルモンに似た働きがあるイソフラボンを多く含み、細胞の酸化を防ぐ高い抗酸化作用もあるためアンチエイジングにも効果があります。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炊く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

油揚げを使った人気レシピ【調理法:茹でる編】おすすめ10選

節約したい主婦のお助けアイテムとして活躍する油揚げ。価格が安く栄養価も高いので、冷蔵庫に常備しておきたい食材の1つです。たんぱく質や女性ホルモンと似た働きがあるイソフラボン、記憶力を高めるレシチンなど体にいい栄養素が豊富に含まれています。油抜きすればすぐに使えて、キッチンはさみで手早く切って煮物や炒め物に使うことができ、お肉がないときの代わりにも使えてとても便利です。カットする以外にも稲荷ずしや巾着のように中に具を入れて使うこともでき、アレンジが効きやすいのも魅力ですね。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

油揚げの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

油揚げを使った人気レシピ【調理法:おかず編】おすすめ10選

豆腐をあげて作る油揚げですが、ポリフェノールの一種である大豆イソフラボンが含まれています。女性ホルモンと似た働きがあると言われ、更年期の不調を予防、改善する効果や骨量の減少を抑制したり、骨量を増やしたりする働きがあると言われています。また、カルシウムやマグネシウムも豊富にあることから疲労感を改善することもできると言われています。油揚げはいろいろな調味料との相性が良いので和洋中選ばずに調理できるのも魅力のひとつです。そんな使い方がたくさんある油揚げをおいしく調理しましょう。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

油揚げを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ編】おすすめ10選

油揚げとは豆腐を薄切りにして内側まで油で揚げた食品です。「薄揚げ」「寿司揚げ」「稲荷揚げ」「狐揚げ」と地域で呼び名が異なります。油揚げに使われている豆腐は、薄い濃度の投入で作られているのです。硬く作られた豆腐を薄く切って、水切りをして、一度110℃から120℃の低温で揚げます。低温なのは伸ばすためです。そして170℃から200℃の高温で二度揚げ(または三度揚げ)します。高温では縮みを防ぎます。油揚げを揚げるときによく使用されている油は菜種油です。みそ汁や稲荷寿司などによく使用されていますが、サラダにしても合う食材です。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

油揚げを使った人気レシピ【調理法:あえる編】おすすめ10選

価格が安く使い勝手のいい油揚げは主婦の強い味方です。みそ汁の具や炒め物。煮物の具材など脇役的な使い方が多いですが、稲荷ずしや油揚げを使ったおつまみなど主役としても活躍します。主に和食に使われますが、油揚げにピザソースとチーズをのせて焼いたおつまみなど、洋食風にアレンジしたレシピなども人気があります。創作料理やアイディア料理の食材としても活躍して、アレンジが効きやすいのも魅力です。油揚げは豆腐を油で揚げた食品なので、原料は大豆です。大豆にはポリフェノールの1つであるイソフラボンが豊富に含まれ、更年期障害ののぼせや2型糖尿病の改善、骨を健康の保つ効果などが分かっています。体にもよくお財布にもやさしい油揚げは、ぜひ冷蔵庫に常備しておきたい食材です。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

油揚げを使った人気レシピ【調理法:レンジ編】おすすめ10選

油揚げは豆腐を切って油で揚げたものですが、大豆由来の成分は豆腐と変わりません。たんぱく質、脂質、炭水化物、カルシウム、マグネシウム、鉄、ビタミンEなどが含まれていて、栄養満点です。ビタミンEは強い抗酸化パワーを持ち、細胞をさびさせる活性酸素を除去する働きがありあます。その強い抗酸化作用によってアンチエイジングが期待できます。また、悪玉コレステロールの酸化を抑制するので血栓をできにくくします。ビタミンEが不足すると肩こり、冷え性になりやすくなることもあるので、日頃の食事に取り入れたい食材です。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

油揚げの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

油揚げを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ編】おすすめ10選

季節を問わず店頭に並んでいて、比較的リーズナブルに購入できる油揚げは、家計の強い味方ですね。大きさや形のバリエーションが豊かで、中が袋状になっているのが特徴です。大豆の加工品である豆腐から作られる油揚げは、栄養の面でも良質なタンパク質を豊富に含み、ポリフェノールの仲間である大豆イソフラボンなどの体にうれしい成分を含んでいます。そんな油揚げは、毎日の食事に積極的に取り入れたい食材の1つです。ダシを吸わせてジューシーに仕上げたり、カリッと焼いて食感をたのしんだりと、おつまみレシピの幅が広がりますよ。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね

油揚げを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯編】おすすめ10選

薄い豆腐を油で揚げた、油揚げ。しっとりとした食感の油揚げや、ふんわりとした食感の油揚げなど、多様なバリエーションがあります。形や大きさもさまざまなものがあり、料理に合わせて使い分けができます。豆腐から作られている油揚げは、良質なタンパク質を多く含んでいます。大豆のタンパク質は、アミノ酸のバランスが良く、血中のコレステロールを下げる力を持っていたり、血管をしなやかに保ってくれたり体にうれしい成分です。また、記憶力や学習能力を高める力がある大豆レシチンや、ポリフェノールの一種である大豆イソフラボンを含んでいます。そんな油揚げは、毎日の食卓に取り入れたい食材の1つですね。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

油揚げを使った人気レシピ【料理の種類:パン編】おすすめ10選

豆腐を揚げてつくたれている油揚げ、スーパーで安く買うことのできる油揚げも、うまく活用すれば節約につながりますよね。油揚げはおかずに利用するだけでなく、主食と組み合わせることもできます。油揚げは焼くとサクサクした食感になります。パンと一緒にサクッと心地よい歯ごたえでいただきましょう。油揚げと一緒に合わせる食材を変えれば、さらにアレンジは広がります。しょうゆ、みそ、マヨネーズ、チーズなどいろいろな味付けに合わせられるのもいいですね。また、おなじみの甘辛く煮た油揚げも、パンと合わせられます。意外な組み合わせに、レシピの幅も広がりそうですね。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:「パン」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

油揚げを使った人気レシピ【料理の種類:麺編】おすすめ10選

油揚げは豆腐を切って揚げたものなので、豆腐と比べると脂質が多くなってしまいます。ですが、もともと大豆なので大豆イソフラボン、ビタミンE、サポニンなどの栄養を豊富に含んだヘルシーな食材です。大豆イソフラボンは骨粗しょう症や更年期障害予防に効果あり。PMSの症状を和らげる作用もあります。ビタミンEは血行促進作用があります。そのため冷え性やしもやけの予防などに効果ありです。またビタミンEと油は相性がいいのです。サポニンは血糖値を下げたり、生活習慣病の改善に役立ちます。高血圧や肥満を気にする方には重要な栄養です。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

油揚げの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

油揚げを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ編】おすすめ10選

油揚げは大豆製品なので、良質なたんぱく質を含み、栄養満点の食材です。値段も安く家計の強い味方です。油で揚げてあるので、豆腐に比べると脂質が多くなりますが、その分焼くとサクサクに。また、袋状になるため、中に具材を詰めて調理する工夫ができます。家計の中で意外にお金がかかるおやつを安価な油揚げで作ったら、かなり節約になりますよ。焼くとサクッとなる特徴を生かして、ラスクにしたり、ピザしたりとアレンジは広がります。カリカリに焼けるのにさほど時間もかからないため、簡単に手早く作れるのも利点です。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

油揚げを使った人気レシピ【調理法:お弁当編】おすすめ10選

様々な料理に活用でき、価格もお手頃でお財布に優しい油揚げは私たちの日々の食卓に並ぶことの多い食材の一つです。水分を切った豆腐を揚げて造られる油揚げは、大豆たんぱく質、大豆イソフラボン、カルシウム、マグネシウム、ビタミンE、鉄分など、豆腐同様の栄養が豊富に含まれています。油揚げをよりヘルシーに取り入れるには、熱湯をかけて油抜きをすることで、余分な油分が抜けるのでカロリーオフができておすすめです。油揚げにコクと旨味があるため、どの食材と組み合わせても美味しくいただけます。メイン料理にプラスするのはもちろん、お弁当のおかずや、忙しいときは焼くだけでも食べ応え抜群ですよ。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

油揚げを使った人気レシピ【料理の種類:離乳食編】おすすめ10選

油揚げは薄い豆腐を揚げたもので、たんぱく質、脂質、ビタミンE、カルシウムなどを豊富に含む栄養満点の食材です。野菜と一緒に炊くと野菜の旨味を引き立たせてくれ、苦手なものも食べやすくなります。油を使っていて噛み切りにくいことから、赤ちゃんには離乳食後期の9〜11ヶ月頃から少量を食べさせることができます。離乳食の場合は一度油抜きをしてから使い、余分な油分を落としてから使用しましょう。油揚げは冷凍保存が可能な食材なので使いたいときにポキポキと折って使えるため便利ですよ。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

油揚げをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社