キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

さつま揚げをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

さつま揚げは魚肉のすり身を揚げたもので、シンプルなもの以外にもごぼうや紅ショウガを入れたものなど色々と種類があります。醤油をつけてそのままた食べるのはもちろん、おでんや煮物にも使える便利な食材です。揚げ物ですがカロリーは卵1個よりも低く、栄養価も高いのでダイエット中にもおすすめの食材です。チーズなどを使ってさつま揚げを洋風にアレンジしたレシピもあり、幅広い料理に使われます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてさつま揚げのレシピを紹介しています。さつま揚げを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

さつま揚げの栄養素

さつま揚げは魚肉のすり身を使っているので、たんぱく質が豊富です。たんぱく質は爪・皮膚・髪の毛・臓器などを作るのに欠かせない栄養素で三大栄養素の1つになっています。カルシウムも豊富に含まれ、歯や骨の形成に欠かせない栄養素で血圧上昇抑制にも効果があるとされています。その他にも貧血予防に効果のある鉄分、必須アミノ酸、炭水化物などが含まれています。さつま揚げのカロリーは100gが139kcalと卵よりも低くなっています。

さつま揚げの原材料

さつま揚げの原材料は基本的に魚・塩・砂糖・調味料・植物油になっています。使用する魚はスケソウダラ・イワシ・カツオ・サバ・イワシ・サメ・カツオ・ホッケなどの魚を2種類以上使っているものが多くなっています。地元で獲れる魚を多く使うようで、その地域によって使う魚が異なります。基本の原材料以外に卵や豆腐を混ぜたり、ごぼうやにんじん、ウィンナー、じゃこ、紅ショウガなどを入れたさつま揚げも販売されています。

さつま揚げの製造方法

! /image/〇〇
さつま揚げは材料になる魚を細かく撹拌して、塩や調味料を加えてよく練ります。さつま揚げを成形し、2回に分けて揚げます。油をしっかりと切って、一度冷却しパック詰めされて出荷されます。さつま揚げは自宅でも手作りすることができ、フードプロセッサーに魚の切り身を入れて撹拌し、すり鉢に移して塩を加えてさらに摩ります。ゴボウ・人参・玉ねぎ・枝豆など好みの野菜を用意し、すり身に混ぜて成形して油で揚げたら完成です。

さつま揚げの歴史

さつま揚げは漢字で「薩摩揚げ」と書き、鹿児島の名産品になっています。中国料から伝わった揚げる調理法が、かまぼこ作りの製法に加わってさつま揚げができたと言われています。元々は琉球が発祥と言われ、沖縄の漁師が東南アジアまで漁に行った際、魚で作られた丸い食べ物を持ち帰って改良し「チキアーギ」と名付けました。チキアーギが薩摩に伝わり「つけ揚げ」と呼ばれるようになり、その後さつま揚げとして全国に広まりました。

さつま揚げの保存方法

さつま揚げは冷蔵保存し、1週間ほど保存できます。それ以上保存したい場合は冷凍保存がおすすめで、空気をできるだけ抜いてぴっちりとラップをしてジップロックに入れて冷凍庫で保存し、約1~3ヶ月保存できます。鍋やおでんにさつま揚げを使う場合は冷凍したまま使えます。それ以外の場合は冷蔵庫で冷温解凍するのがおすすめです。電子レンジで解凍すると余分な熱が通るため、冷蔵庫で解凍しましょう。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

さつま揚げの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

さつま揚げの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

さつま揚げの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

さつま揚げの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

さつま揚げの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

さつま揚げをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社