キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

いちじくをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

アダムとイブの話に出てくる「禁断の果実」はいちじくを指し、古代ローマでは「不老不死の果物」、トルコでは「聖なる果実」と呼ばれています。独特の色と形で、他の果物にはない変わった食感を持っています。普段食べているいちじくは果実の部分ではなく花の部分に当たり、花軸が肥大化したものです。そのまま食べてもおいしいですが、コンポートや甘露煮、ジャムなど砂糖と一緒に煮ると、さらにおいしく食べられます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けていちじくのレシピを紹介しています。いちじくを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

  • 夜ごはんにオススメのいちじくを使った人気レシピ10選

    プチプチとした食感が楽しいいちじく。栄養価が高いいちじくは、「不老不死の果物」として昔から親しまれてきました。いちじくには水溶性食物繊維のペクチンが豊富に含まれており、便秘の改善に効果があります。また、アンチエイジングに効果があるポリフェノールや、代謝を促進するアミラーゼ、女性ホルモンに似た働きをするエストロゲンも豊富ないちじくは、美容食としても人気があります。たんぱく質の消化をサポートする働きがあるフィシンという酵素も含まれており、肉や魚と組み合わせた料理にもおすすめ。ぜひ、いちじくを使ったヘルシー料理で健康生活を豊かにしてくださいね。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのいちじくを使った人気レシピ10選

    プチプチとした食感とあまみのあるいちじく。アラビア半島が原産地とされるクワ科イチジク属の果物で、国内では愛知、和歌山、兵庫などで栽培されています。「ほうらいし」という別名もあるいちぢくは、ギリシャ神話や旧約聖書で登場し、「不老長寿の果物」とも言われています。さまざまな品種がありますが、一般的には6月から11月ごろが旬です。いちじくにはフィシン、アミラーゼなどの消化酵素が含まれていて、タンパク質や脂質、炭水化物の消化を促進する効果があります。ペクチンという水溶性食物繊維も含まれていて、便秘や軟便を解消する効果も期待できます。カリウムや鉄分、ビタミンなども含まれていて、美肌効果や貧血予防に効果的です。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ8選

    いちじくは6000年以上前からメソポタミアで栽培されていたと言われる歴史の長い果物で、古代ローマでは「不老不死の果物」と呼ばれていました。その独特の形と色合いが存在感を発揮して、デザートやお菓子にいちじくを使うだけでワンランク上の仕上がりになる高級感のある果物です。日本へは江戸時代に中国から伝わったと言われています。夏に実がなる夏果と秋になる秋果、初夏と秋両方に実がなるものがあるため収穫時期が長くなっています。日本では愛知県・和歌山県・福岡県などが産地として知られ、白いちじくといった種類もあります。そのまま食べるのはもちろん、ケーキやジャムといったお菓子類、サラダなどにもよく使われ独特の味わいと食感が料理を引き立てます。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    みずみずしくて濃厚な甘さが特徴ないちじくは、アダムとイブが裸を隠すために使った葉として旧約聖書に登場するなど、歴史の古い果物です。ビタミン、カルシウム、鉄、食物繊維をバランスよく含むいちじくには、タンパク質を分解する「フィシン」と呼ばれる酵素があり、肉など脂の多い料理の後に食べることで胃もたれを防ぐ効果が期待されています。乾燥したいちじくを「フィグ」と呼び、肉と一緒にワインで煮ると酵素の力で肉を柔らかくしてくれますよ。ドライフルーツにすることで食物繊維やミネラルも凝縮されておすすめです。生のいちじくは果実の先端が裂けはじめて中の赤色の部分が見えてきた頃が食べ頃の合図です。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ラ作(10選分)朝ごはんにオススメのいちじくを使った人気レシピ10選

    いちじくは夏から秋が旬の果物で桝井ドーフィン、とよみつひめ、白いちじく、ビオレソリエスといった種類があります。いちじくは水溶性食物繊維のペクチンを豊富に含んでいるので便秘を解消する働きがあります。また、酵素成分であるフィシンなどが含まれているので、二日酔いを予防する効果があります。いちじくは皮をむいてそのまま食べても良いですし、コンポートやデザートに最適です。朝ごはんにもおすすめの食材なので朝ごはん向けのレシピが多く紹介されています。いちじくは生ハムとの相性も良くサラダにもおすすめなのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    初夏から気にかけて旬を迎えるいちじく。旧約聖書や古代ローマの時代から食べられており、「不老不死の果物」と呼ばれるいちじくには、健康生活に必要な栄養素がバランスよく含まれています。いちじくには、体内の余分なナトリウムや水分の排出をサポートする働きがあるカリウムや、骨や歯を健康に維持するカルシウム、貧血予防に欠かせない鉄分などのミネラルが豊富です。また、いちじくに多く含まれるペクチンには、血糖値の急激な上昇を抑えて、コレステロールの上昇を抑制する効果があります。アンチエイジングに有効なポリフェノールが豊富ないちじくは、美容食としても人気があります。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    いちじくは半分に割ると、真っ赤な中身があざやかな果実です。よく熟すとやわらかくなり、一口食べると甘い果汁がジューシーでおいしいですよね。いちじくは実の中で花を咲かせるので、花を咲かせずに実を作るように見えることから中国で「無花果」と名付けられました。いちじくにはビタミン、カリウム、ペクチンなどの栄養素が含まれています。むくみの解消や貧血予防、お通じを良くしてくれる効果があります。美容を気にする女性の方にもぜひ食べて欲しい食材です。いちじくは、生の果実以外にもいちじくを乾燥させて作るドライいちじくなどが売られています。ドライいちじくは日持ちするので毎日少しずつ食べるのに適していますよ。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    落葉樹木であるクワ科イチジク属のいちじく。普段、食べている部分は果実ではなく、花の部分です。漢字では無花果と書きますが、白い花が中に咲き、外から見えないためてです。いちじくには夏果と秋果があり、夏果の旬は6月から7月、秋果の旬は8月頃から10月頃です。そんないちじくの栄養価は、水溶性食物繊維のペクチン、カルシウムなどのミネラルをバランスよく、高血圧の予防に効果のあるカリウム、二日酔いに効果のあるフィジンなどの酵素が含まれています。このおやつレシピでは、生のまま添えて食べるものや、ケーキに入れて焼いたりしています。そしていちじくを選ぶ際には、丸みがあり、しっかり色付いているものがおすすめです。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    初夏から秋にかけて旬を迎えるいちじく。いちじくは水溶性食物繊維であるペクチンを豊富に含んでおり、腸の活動を促し、便秘を改善する効果があります。貧血予防に欠かせない鉄や、骨や歯を健康に保つために必要なカルシウムなどのミネラルも多く含み、積極的に食べたい果実の一つです。また、体内の余分なナトリウムを排出する働きがあるカリウムも含まれており、高血圧の改善や予防をサポートします。ぷっくりと丸みがあり、切り口付近まで色付いている物を選ぶのがおすすめ。くせが少ないいちじくは、そのまま味わうのはもちろん、さまざまな料理にも活用できます。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    優しい甘さと実のしっかりした食感が特徴的ないちじく。果実を半分に切った時に赤つぶつぶとしたものが詰まっていますが、あれは一つ一つが花でできており、その花が独特な食感を生み出しているのです。そんないちじくは古代のエジプト時代の壁画にも描かれるなど、古く歴史のある果実で、少なくとも6000年前には誕生したとも言われています。最終的に日本には中国から江戸時代に伝わったと言われています。このように歴史の深いいちじくですが、ふっくらと大きくて果実にハリがあるものが美味しいと言われているので、スーパーなどで選ぶ際にはこのポイントに注目してみてくださいね。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    夏から秋にかけて旬を迎えるいちじく。酸味が少なく、さっぱりとした甘みのある果物で、やわらかい食感が特徴です。名前の由来はいろいろですが、中国の「エイジツカ」がなまったという説や1日、もしくは1か月に1つ熟すことから「一熟」と呼ばれたという説などがあります。いちじくには水溶性食物繊のペクチンが豊富で、腸の働きを活発にする働きがあります。便秘に悩む女性にはおすすめです。ほかにもカルシウムや鉄分、カリウムなどが含まれていて、むくみを解消したりミネラルバランスを正常に保ったりする働きが期待できます。傷みやすい果物なので、すでに熟していてすぐに食べない場合はカットして冷凍するか、ジャムなどにして冷凍しましょう。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    果糖とクエン酸によって上品な甘さと酸味が特徴のいちじくは夏から秋にかけて旬を迎える果物です。いちじくの中にあるツブツブとしたものがいちじくの花の部分で、外側から花が見えないことから「無花果」という漢字が当てられたと言われています。食物繊維を豊富に含み、腸内環境の改善やコレステロールの低下に効果的です。タンパク質を分解する「フィシン」と呼ばれる酵素を含むため、食後のデザートにもおすすめですよ。いちじくは日持ちしないため早めに食べるか、食べきれない場合は、ビニール袋に入れて野菜室で保存してください。数日間食べられない場合はジャムやコンポートなどに加工することをお勧めします。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    やさしい甘みと独特のプチプチ食感が特徴的ないちじく。8月から10月にかけて旬を迎え、秋の訪れを感じる食材です。水溶性食物繊維のペクチンが豊富で腸の働きを促して便秘を予防したり、コレステロール値や血糖値の上昇を抑える働きで糖尿病や動脈硬化の予防にも役立ちます。いちじくにはカリウムやカルシウムなどのミネラルも豊富なほか女性ホルモンと似た働きをする植物性エストロゲンが含まれるなど、女性に嬉しい栄養がたっぷり。果実からでる白い液フィシンはタンパク質の消化を助け、二日酔いの予防にも役立つので肉料理と一緒に食べたりお酒のお供にも最適なんです。紹介するレシピでは、いちじくの上品な甘みを生かしたお酒が進むおつまみや絶品デザートの和え物レシピが満載です。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    いちじくは上品な味わいであっさりとした甘さがあり酸味が少ない食べ物です。口当たりはなめらかでキウイのような感じです。いちじくの旬は夏と秋となり、比較的秋のいちじくの方が濃厚な味わいです。あまり馴染みがないいちじくですが美容やダイエットに良いとされている果物なので女性におすすめです。いちじくはジャムやコンポートなどに使われることが多く、サラダやおつまみにも適した食材です。いちじくはミネラルやビタミンを豊富に含んでいるので積極的に取り入れたい果物です。いちじくは食欲がない時や夏バテにおすすめの食材ですのでぜひ食べてみてください。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    女性ホルモンを整える成分がたっぷり含まれているいちじく。いちじくに含まれる水溶性食物繊維のペクチンは、腸内環境を整え、便秘や下痢に効果があります。むくみを改善するカリウムや、肌の老化を防止するアントシアニン、生理痛をやわらげたり更年期障害を緩和するエストロゲン、代謝を高めるアミラーゼなど、美容が気になる女性にはうれしい成分がたっぷり。 また、干しいちじくにもカルシウム、カリウム、食物繊維などが含まれ、その量は生いちじくよりも多いため、こちらの食品にも注目です。いちじくには食物繊維が多く含まれており、食べすぎるとお腹がゆるくなるため注意しましょう。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    甘みの強いいちじく。そのまま食べるのはもちろんのこと、炒めたり、煮たりしてもおいしく調理できます。フルーツとしてだけでなく、おかずとしてもおいしく食べられて嬉しいですよね。そんないちじくは漢字で「無花果」と書きます。実際に花が無いわけではなく、実の中に花をつけるため、外から確認できないところで花が咲きます。そんな、いちじくですが、選ぶ際はふっくらと大きくて果皮にハリと弾力があるものを選びましょう。ヘタの切り口に白い液がついているものは新鮮な証拠です。また、旬は夏と秋の2回ありますが、秋のいちじくのほうが甘みがより強いと言われています。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    いちじくの旬は7月~10月となり秋と夏に収穫が行われます。比較的秋に収穫をされた方がおいしいとされており、鮮度が落ちやすい果物なのでなるべく新鮮なうちに食べます。いちじくには水溶性食物繊維のペクチンが豊富に含まれていて便秘解消効果があります。他に高血圧の予防効果があるカリウムや骨を丈夫にするカルシウム、貧血予防の効果がある鉄分なども豊富に含まれています。また、いちじくに含まれているフィシンという酵素成分には二日酔いの予防効果があるとされています。いちじくは様々なデザートに使われている果物で、固めのものは湯剥きをしたり茹でるなどして、料理に使います。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ7選

    秋が旬のいちじくは、とても栄養価が高く人気のフルーツです。身はやわらかくて甘く、かむとプチプチした食感があるのが特徴です。「不老不死の果物」と呼ばれ、食物繊維やポリフェノール、ミネラルやビタミンが豊富に含まれています。便秘やダイエットに効果があり、美肌効果やアンチエイジングにも効くということで、女性には特におすすめの野菜です。果物なので生のまま食べるイメージがありますが、ヨーグルトに入れたり、甘さを利用してフルーツソースにしたりするだけでなく、衣をつけて天ぷらやフライにしてもおいしく食べられます。油で揚げることで、いちじくの甘みが増して食べやすいですよ。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    夏、秋とスーパーなどでよく見かけるいちじくですが、普段私たちが食べてる部分はいちくの花の部分にあたります。最近では日本で栽培されることが多くなり、しろいちじくなど他の品種も多くみられますが、実はいちじくには身体に嬉しい栄養がたくさんはいっています。まず、ペクチン。こちらは水溶性の食物繊維で、コレステロールの上昇を抑えることができます。また、ザクロエラグ酸やアントシアニンと呼ばれるポリフェノールが含まれており、老化の原因となる活性酸素を除去してくれる、特に女性には嬉しい効果も期待できます。生のいちじくはもちろん、ドライいちじくも販売されているため、ぜひ積極的に摂取してみてくださいね。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    夏から秋にかけて旬を迎えるいちじく。漢字では「無花果」と書くので花が無いのかと思いますが、一般的な植物とは異なり、実の中のプチプチとした部分がいちじくの花の部分です。「不老不死の果実」とも言われるいちじくは、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどを豊富に含みます。他にもいちじくの種子には女性ホルモンに似た構造を持つ「植物性エストロゲン」を豊富に含むことから、乱れたホルモンバランスを整え、月経前症候群や生理痛、更年期障害などの緩和に期待できますよ。特に女性に嬉しい効果が期待できるいちじくは、旬の時期以外ではドライフルーツを取り入れることがおすすめです。噛みごたえも出て腹持ちもよく栄養もあり、ヘルシーなおやつとしてもぴったりですよ。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    独特の形と味わいが印象的ないちじく。いちじくはアラビア南部が原産と言われており、メソポタミアでは6千年以上前から栽培されていたことが分かっています。原産地がアラビアということもあり、熱帯を中心に生育する種が多くなっています。日本には江戸時代に中国から伝来し、古代ローマでは「不老不死の果物」と呼ばれているほど栄養価の高い果物です。いちじくは水溶性食物繊のペクチンを多く含み、腸の活動を活発にして便秘を防ぎます。その他にもカルシウムや鉄分などを含み、ナトリウムを排出する働きのあるカリウムも豊富で、むくみ防止や高血圧症にも効果があります。生で食べてもおいしいですが、火を通すことで甘みが増して違った味わいを楽しめますよ。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    やわらかく、プチプチした食感とほんのりやさしい甘みが特徴の「いちじく」。いちじくの旬は8月~10月。旬のいちじくは香りが強く、甘味も非常に強いのが特徴です。食べごろのいちじくを選ぶ際は、甘い香りがするもの、丸みがあって付け根の近くまでしっかり色がついているものを選ぶようにしましょう。いちじくの白い液体にはフィシンが含まれ、消化を促進する効果があります。水溶性食物繊維ペクチンとともに便秘解消によく効きます。ほかにも、むくみの改善や貧血予防、美肌、アンチエイジング、生理痛や更年期障害の緩和など、いちじくには女性にうれしい効果がたっぷり。普段から積極的に食べたい果物ですね。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • いちじくを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    夏から秋にかけて旬を迎えるいちじくには、女性に嬉しい効能がたっぷりあるんです。プチプチとした食感が特徴的ないちじくの種には、女性ホルモンに似た働きをする植物性エストロゲンが含まれ、ホルモンバランスを整える手助けをするため、美肌効果や、生理前症候群(PMS)、生理不順、更年期障害などの症状の緩和に役立ちます。他にも便秘の解消に効果的な食物繊維や、カリウム、鉄、カルシウムなどのミネラルも豊富です。ドライいちじくでは食物繊維が生のいちじくの約5倍、ミネラル類は4〜5倍に増えるんです。いちじくはすぐに傷みやすい果物なので、沢山手に入った時はドライフルーツにしたり、煮る調理法で、コンポートやジャムにするのがオススメです。料理に使えるレシピもありますよ。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社