キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

エリンギをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

エリンギはヨーロッパ・ロシア・中央アジアを原産地として、日本で1993年に初めて人工栽培が行われました。太さのある大振りサイズが特徴で、独特の形が料理にアクセントを加えます。エリンギはあまり風味が強くなく淡白な味わいなので、どんな調味料や食材にも合わせやすいです。醤油や酒などの和食の素材からバターやオリーブオイルなどの洋食の食材ともよく合い、アレンジを楽しめるのも魅力です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてエリンギのレシピを紹介しています。エリンギを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

エリンギの栄養素

エリンギはオリゴ糖と食物繊維が豊富なため、整腸作用が高く腸内環境を整えて便秘の解消に役立ちます。免疫力を高める作用があるといわれるβ-グルカンも多く含まれています。β-グルカンはがんの予防や糖尿病や肝臓病の予防に効果があるとされています。その他にもナイアシン、ビタミンD・B1・B2といったビタミン類も豊富に含まれています。エリンギはカロリーも低いので、ヘルシなダイエット食材としておすすめです。

エリンギの産地

エリンギの生産量のトップは長野県で全体の36パーセントを占め、次いで新潟県が多く33パーセントを占めています。この二県で全体の70パーセント近くを占めています。その他にも広島県・福岡県・香川県の生産が多く、その他の県でも全国的に栽培されています。国産の物以外では中国や韓国から輸入されています。

エリンギの旬

! /image/〇〇
日本には自然のエリンギは自生していないため、流通しているエリンギは人工栽培されたものなので旬はありません。1993年に愛知県林業センターが人工栽培に取り組みました。エリンギに旬はありませんが、比較的よく出回るのが10月頃になっています。旬がないのでいつでもエリンギが食べられるのがいいですね。

エリンギの選び方

エリンギは茎の色が白く硬く弾力のあるものがおすすめで、全体の形が整っているものを選らびましょう。持ったときに茎にハリがなく柔らかいものは鮮度に欠けるため避けてください。鮮度が落ちて古くなったものはアンモニア臭のような臭いがするので、臭いもチェックしましょう。傘のふちが巻き込んでいるものはおいしいと言われていて、裏のひだが真っ白できれいに揃っているものは新鮮なのでおすすめです。

エリンギの保存方法

エリンギは湿気や水に弱いため、早めに使い切るのがおすすめで1週間以内には使ってしまいましょう。汚れがあるときは濡らさずにキッチンペーパーで拭いて汚れを取ります。エリンギは冷凍もでき、食べやすい大きさに切ってラップに包んで冷凍庫で保存します。軽くソテーしてから冷凍保存することもできます。多少の歯ごたえは損なわれますが、長く保存したい場合は冷凍保存がおすすめです。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

エリンギの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

エリンギの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

エリンギの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

エリンギの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

エリンギの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

エリンギをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社