キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

エリンギをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

エリンギはヨーロッパ・ロシア・中央アジアを原産地として、日本で1993年に初めて人工栽培が行われました。太さのある大振りサイズが特徴で、独特の形が料理にアクセントを加えます。エリンギはあまり風味が強くなく淡白な味わいなので、どんな調味料や食材にも合わせやすいです。醤油や酒などの和食の素材からバターやオリーブオイルなどの洋食の食材ともよく合い、アレンジを楽しめるのも魅力です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてエリンギのレシピを紹介しています。エリンギを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

  • エリンギを使ったおすすめ定番料理とは?役立つレシピ厳選まとめ10選

    コリコリとした歯ごたえが特徴のエリンギ。「白アワビダケ」という別名もあるきのこで、ヒラタケ科ヒラタケ属に分類されます。地中海沿岸から中央アジアのあたりが原産地と言われていて、国内では長野県、新潟県、広島県などが主な産地です。他のきのこと比べて含有量が多いのが食物繊維です。老廃物や毒素を体外に出すために重要な栄養素なので、デトックスをしてきれいになりたい女性におすすめの食品と言えます。便秘解消効果もあり、ダイエットにも効果的です。100gあたり24kcaiと低カロリーなので、ダイエット中の強い味方になります。コラーゲンの生成を助けるパントテン酸も豊富に含まれているのも特徴の1つです。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのエリンギを使った人気レシピ10選

    コリコリとした歯ごたえが特徴のエリンギは、食物繊維を非常に多く含み、その多さはさつまいもよりも多く含むと言われます。日本では自生していないため流通しているエリンギの100%は栽培されたものですよ。エリンギに含まれる食物繊維は不溶性のため腸まで直接届き、便の量を増やして、腸内の有害物質を外に排出する作用があるため便秘解消に効果的です。さらに、ビタミンB群の一つであるナイアシンを含み、糖質や脂質などをエネルギーに変換する働きを持ちます。体内の余分な塩分を排出するカリウムも含むため、むくみ対策にも有効ですよ。食事を気にしがちなダイエット中にもぴったりな食材ですね。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのエリンギを使った人気レシピ10選

    コリコリとした食感が特徴のエリンギ。食感がマツタケに似ていることから、代用食材としても使われます。ヒラタケ科ヒラタケ属に分類されるきのこで、地中海沿岸から中央アジアにかけての地域が原産地と言われています。日本では自生していないため旬の時期はなく、栽培物は長野県と新潟県がトップの生産量となっています。エリンギの主な栄養素は、食物繊維やパントテン酸など。エリンギの食物繊維はきのこの中でもトップクラスの含有量があり、便秘の予防や解消に効果的です。パントテン酸はビタミンCの働きを促し、コラーゲンの生成を助けます。エリンギは女性にうれしい栄養素がたっぷり詰まったきのこと言えます。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのエリンギを使った人気レシピ10選

    コリコリした食感が特徴的なエリンギ。低価格で手に入りやすく、味付けの仕方も様々なので料理しやすいきのこですよね。ボリュームもある上に栄養もしっかりあるので、健康的になりたい人やダイエット中でも安心して食べられます。エリンギはきのこ類のなかでは特に食物繊維が多く、便秘解消に効果的です。また、ビタミンBやDも含んでいるので、免疫力アップや骨粗しょう症の予防にも期待できます。また、むくみにも効くので、むくみに悩む女性にもピッタリです。そんなエリンギですが、水分は大敵。湿度があると傷みやすいので、購入するときや保存ソルト期には水気に注意しましょう。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    エリンギは、食物繊維、ナイアシン、カリウムがキノコ類の中では豊富に含まれる食材です。不溶性の食物繊維のめ、腸まで届いて便の量を増やし便秘予防に効果的です。水溶性の食物繊維よりも腸内の有害物質を排出する働きが強いため大腸ガンの予防にも期待されます。ナイアシンには、糖質や脂質をエネルギーに変える作用があるため、ダイエット中にも最適です。血の巡りも良くするので冷え性の改善にも有効ですよ。カリウムは体内の余分な塩分を排出するためむくみ対策になります。キノコに含まれるビタミンDには、カルシウムの吸収をサポートするため骨粗鬆症の予防にも期待され、エリンギは女性の悩みを改善するのに効果的ですよ。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    コリコリとした食感が特徴なエリンギは、食感がアワビに似ていることから「白アワビタケ」とも呼ばれています。クセのない味わいから人気を高め、切り方によって食感も変わるので料理によって使い分けも楽しめますよ。繊維に沿って手で縦に裂くと味が染み込みやすく、煮込み量に向いています。乱切りや繊維を断つように切るとアワビのような食感になり炒め物に適しますよ。天ぷらやソテーには包丁で縦に切るのがおすすめです。エリンギは他のキノコ類に比べると日持ちする方ですが、独特の食感は日にちが経つにつれて落ちていくので、食べやすい大きさにカットして冷凍保存することがおすすめです。炒め物やスープなどの加熱調理に凍ったまま加えてくださいね。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    エリンギは肉厚で歯ごたえが良いきのこの一種です。バター醤油で炒めるのが人気ですよね。他のきのこと同様、焼くとうまみが出るので加熱して食べられています。エリンギは味にクセがないので味付けのバリエーションも豊富です。焼く、煮る、揚げるなどさまざまな料理の種類でおいしく食べられます。エリンギは工場で栽培されているのが一般的です。一年中スーパーで安定した価格で手に入るのもこのおかげですね。エリンギには食物繊維が多く含まれており、お通じの改善に役立つ食材です。低糖質なので、ダイエット食としても向いています。食べることで体の中からキレイになれるので、ぜひ積極的に献立に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    エリンギはヨーロッパ・ロシア・中央アジアを原産地とされ、日本では1993年に初めて人工栽培が行われました。エリンギは自生しているものはなく、国内産のものはすべて人工栽培されたものになります。大きな形がユニークで、大きさを活かしてスライスしてグリルで焼くなどインパクトのある料理を作る時に活躍します。きのこ特有の食感はありますが、臭いや味にクセがないためどんな食材にも合わせやすいです。エリンギは食物繊維が豊富で、1本あたり10kcalと低カロリーなのでダイエット中の食材としてもおすすめです。その他にも免疫力を高める作用があるといわれるβ-グルカンや、ビタミンB1・B2・Dなど豊富な栄養素を含んでいます。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    エリンギは食べると弾力があり、コリコリした歯ごたえが特徴です。味は淡白で特徴がないため、いろんな味付けで食べられるという利点があります。今では、きのこ類の中でもメジャーになり、人気ですが、日本での歴史は浅く1993年に愛知県で人工栽培されたのが始まりといわれています。エリンギには食物繊維が豊富なので、便秘に効果があり、血行を良くするナイアシンや高血圧を抑えるカリウムも多く含まれます。きのこ類であるためカロリーも低く、食べごたえのある食感であることから、ダイエット中の食事にもおすすめです。炒めたり、揚げたり、煮たり、和えたりとさまざまな料理の種類で料理できる手軽さがいいですね。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    大きくて独特の形が特徴のエリンギは、大きくスライスするとそのユニークな形を楽しめるきのこです。きのこ特有の歯ごたえはありますが、香りや味にクセがないため食べやすくどんな調味料とも合わせやすいです。醤油や味醂などの和食の調味料はもちろん、バターやオリーブオイルなどとも相性がよくアレンジが効きやすいのも特徴です。日本では1993年に初めて人工栽培が行われ、日本では自生しているエリンギはないため流通しているものはすべて栽培物のエリンギになります。エリンギは生食ができないため必ず火を通し、炒め物・揚げ物・蒸し物・焼き物・和え物など幅広い料理に使われます。1本あたり10kcalと低カロリーで、ダイエット中の食材としても人気があります。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    200以上の食用菌があるきのこ。種類の数だけ、食感、味、うまみもさまざまです。多くのきのこに共通するのが、選び方でカサが開きすぎていない、肉厚なもの、軸が太めなことです。また保存の際、天日干し、冷凍することでうまみを増やせます。そして使う際に、できるだけ洗わないことです。洗ってしまうと、香りもなくなってしまいます。このお弁当レシピでも、エリンギ、しいたけ、しめじ、まいたけ、えのきと、さまざまなきのこを使用しています。そして調理方法も煮る、炒めるなどで使用できます。そんなきのこの栄養価には、食物繊維が豊富で、ビタミンB、ビタミンD、カリウムなどのミネラルも含まれています。また低カロリーな食材です。 この記事では、「きのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    エリンギは味にクセがなく、肉厚なきのこの一種です。香りは少ないですが、食感はマツタケによく似ている食材です。安く手に入るので、買い物に行ったらついつい買ってしまう方も多いのではないでしょうか。エリンギは、どんな味付けにも合うので、炒め物や鍋の具などに使われています。軸が太く、肉厚なので料理のかさを増やしたい時にも便利ですよね。スライスや輪切りなど、切り方によって食感も変わります。料理に合わせて調理してくださいね。エリンギは手で裂くことでより味が染み込みやすくなります。包丁やまな板を使わなくて済むので、ぜひ覚えておいてくださいね。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    白くてコリコリと弾力もある歯ごたえが特徴のエリンギ。炒め物や揚げ物、パスタなど、様々な料理との相性も良く、とても使い勝手の良いきのこです。調理する際は手で裂いたり包丁で切るなどして調理しますが、手で裂くことによって味が浸み込みやすくなり、輪切りにするとアワビやホタテのような貝柱に似たような食感になることも特徴的です。また、たんぱくな味わいのため、料理の種類によってさまざまな味わいが楽しめます。そんなエリンギですが、水分がつくと傷みやすいため、保存する際には濡れていないか確認してください。3~4日以内に使いきることをお勧めします。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    エリンギは、軸が太くて長く、石づきがなくてかさが小さいのが特徴です。便秘予防に効果的な食物繊維を豊富に含むエリンギは、他のきのこよりも糖の含有量が多く、整腸作用のあるオリゴ糖を多く含みます。肉厚で歯ごたえがあり、ボリュームもプラスされるのでダイエット中にもおすすめですよ。流通しているエリンギのほとんどが栽培ものなので大きな差はありませんが、軸の部分が白くてしっかりしているものを選びましょう。水分がつくと傷みやすいため、パックのまま冷蔵庫で保存してくださいね。根元に包丁で切り目をつけると簡単に裂くことができ、料理に取り入れやすいですよ。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【調理法:おつまみ】おすすめ10選

    エリンギは肉厚で歯触りがよく、味にクセもないためどんな料理にも合うきのこです。パスタや炒め物などに使われるきのこの定番です。食物繊維が多く含まれているので、便秘が気になる方にオススメです。他にもカルシウムの吸収力を高めてくれるビタミンDも豊富に含まれています。エリンギは育ち盛りの子供からお年寄りまでいろんな年代の方に食べてほしい食材です。エリンギはスーパーで安く購入できるので、家計にも優しいですね。エリンギは輪切りにするとホタテの貝柱のような食感にもなりますよ。包丁を使わずに手で裂くと味の馴染みもよくなります。まな板も包丁も汚れないので一石二鳥ですね。ぜひ試してみてください。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    エリンギはヨーロッパ・ロシア・中央アジアを原産地としたきのこです。露地栽培のものはなく日本で栽培されているものは全て人工栽培されており、日本では1993年に初めて人工栽培が行われました。大振りで独特の形が印象的で、大きめにカットしてグリルで焼くなどインパクトのある形を楽しむことができます。歯ごたえがよく味や臭いにクセがなため、どんな調味料にも合わせやすく幅広い料理に使われます。エリンギは食物繊維が豊富で、腸内環境を整え便秘の解消に役立ちます。その他にも免疫力を高める作用があるβ-グルカン、整腸作用のあるオリゴ糖、骨粗しょう症を改善するトレハロース、ナイアシン、ビタミンD、B1、B2などたくさんの栄養素を含んでいます。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    エリンギは香りや味にクセがなく、マツタケやホタテに似た弾力のある歯ごたえが魅力です。エリンギは価格も安く、スーパーなどで手軽に手に入ることから買い物に行くとついつい買ってしまう、という方も多いのではないでしょうか。エリンギは炒め物や炊き込みご飯、パスタや和え物などさまざまな調理法で美味しく食べることが出来ます。エリンギは食物繊維も豊富に含まれており、便秘改善の効果も期待できます。いつもメニューがマンネリしてしまうという方も、もっと手軽で美味しいエリンギ料理のレシピが知りたい方も、新しいエリンギ料理のレパートリーを見つけて作ってみてくださいね。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    ヒラタケ科のキノコであるエリンギ。食感がアワビに似ていることもあり「白あわびたけ」とも言われています。日本では自然に生えることはなく、全て栽培された物です。そのため旬がないので1年中食べられます。エリンギの栄養素はナイアシン、カリウムを多く含み。また便秘予防に効果のある不溶性食物繊維、免疫力を高める作用のあるβグルカン、エネルギー代謝に役立つパントテン酸、ビオチンを豊富に含んでいます。そんなエリンギの選び方は、軸は太く、弾力があり、白色はきれいで、カサの張りがあり、内側に軽く巻いている、ひだの変色がない物がおすすめです。調理には切っても食感がよく、手で割いた場合には味が染みこみやすくなります。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    弾力があってコリコリとした食感が特徴のエリンギ。白くて太い柄に平らな傘がついているきのこです。味に癖がなく、食感がアワビに似ていることから白あわびたけと呼ばれることもあります。もともとはヨーロッパに自生していたきのこで、ヨーロッパでは古くから食用とされていました。日本で食べられ始めたのは1993年以降とごく最近ですが、扱いやすさと食味が良いことから今ではきのこの中でも定番となっています。そんなエリンギですが、不飽和食物繊維の含有量が多いため、腸を綺麗にして便秘を予防してくれる効果が期待できます。他にもカリウムやナイアシンが含まれているため、血の巡りや高血圧の抑制にも期待でる食材です。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    エリンギは味がたんぱくですが、肉厚で食べごたえのあるきのこです。歯ごたえの良さも特徴ですよね。味にクセがないので食べやすく、和・洋・中とどんな料理にも合う便利な食材です。栄養面では、エリンギは低カロリーで低糖質と、とてもヘルシーなうえに、ビタミンB郡とアミノ酸が豊富に含まれています。ビタミンB群はお互いに働きあって、体の代謝アップをサポートし、アミノ酸の一種であるアスパラギン酸は疲労回復の効果があります。食物繊維も多く、便通を促進したり腸の老廃物を排出するデトックス効果も期待できます。料理にエリンギをプラスすることで、カロリーを上げずに食べごたえや栄養がアップするというのはうれしいですね。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ10選

    豊かな弾力があり歯ごたえの良さが特徴のエリンギ。食物繊維はさつまいもの約2倍も多く、きのこ類の中でもトップクラスの含有量を誇ります。整腸作用により便秘の解消・改善に役立ち、同時に体の中の老廃物や有害物質を絡めとり体外へ排出してくれる働きがあります。エリンギに豊富なカリウムとともにデトックス効果が期待できる食材です。血行を良くしてくれるナイアシン、糖質や脂質、タンパク質などの栄養をエネルギーとして利用するのを助けるビタミンB群も豊富で脂肪の蓄積を防ぐなどダイエットにも役立ちます。包丁を使わずに手で割くと味がなじみやすくなり食感も良くなります。包丁で輪切りにするとアワビやホタテの貝柱のような食感が楽しめますよ。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使った人気レシピ【調理法:サラダ】おすすめ10選

    様々な料理との相性が良く、低カロリーで栄養満点のきのこは、ビタミンDと食物繊維を非常に多く含みます。ビタミンDには、筋肉を増強し、カルシウムの吸収率を高めてくれるため、育ち盛りの子供をはじめとする全年齢の方に積極的に取り入れていただきたい栄養素です。さらに、肥満や骨粗しょう症の予防にも効果的です。食物繊維は、コレステロールを下げて、動脈硬化や高血圧の予防に効果が期待されます。便秘対策にも欠かせない食物繊維は、大腸ガンの予防にも繋がりますよ。生の状態のきのこは鮮度が落ちる速度が速いため食べきれない場合は冷凍保存してくださいね。 この記事では、「きのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    肉厚で歯ごたえがあり、どんな食材とも相性の良いエリンギ。コリコリとした食感はアワビによく似ていることから「あわびたけ」とも呼ばれます。しめじや舞茸、エノキなどと同様、スーパーに通年流通しているため手に入れやすく、私たちの食卓にも馴染み深い食材です。他のキノコのように注目する点は食物繊維が豊富なことです。中でもエリンギはトップクラスの含有量のため腸内環境を整えるためには欠かせません。腸内環境が整えばダイエットや美肌効果にも繋がり、女性にとって嬉しい効果ばかりですね。さらにビタミンB群、カリウムなどが豊富に含まれることによって代謝アップや疲労回復に働きかけてくれますよ。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    日本で販売されているエリンギは全て栽培されている物なので1年中食べられます。エリンギはヘルシーな食材で100g、19キロカロリー、糖質は2.6gです。また食物繊維、ビタミンB群、カリウムを豊富に含んでいて、ナトリウムの量は少ないので、むくみ予防などもできダイエットに最適な食材です。アミノ酸も多く含んでおり、その中の1つオルチニンは肝臓の働きを良くするので二日酔いにも効果的。エリンギを使用する際は洗わないのがおすすめです。洗うことでうまみ成分や栄養が逃げてしまいます。エリンギを購入する際、傘の色が薄い茶色で開ききっていない物、軸が太くて白い物が新鮮ですよ。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    大きくて独特の形が印象的なエリンギは、椎茸・しめじ・えのきと並んでよく食べられるきのこです。ヨーロッパ・ロシア・中央アジアを原産地として、日本では1993年に初めて人工栽培が行われました。歯ごたえがあって食感を楽しめますが、椎茸や松茸のような香りはないため調味料で味付けを楽しめるのも特徴です。小さく切って炒め物や麺類などの具材にする以外にも、大きめに切ってそのままグリルで焼いて形を楽しむのも人気があります。脇役的な料理から主役的な料理まで、さまざまな料理に使われるアレンジの効く食材です。エリンギは食物繊維が豊富なため便秘気味のときにおすすめで、アレルギー症状を改善する効果のあるβグルカンや、ビタミンB群も豊富なので積極的に料理に取り入れたいきのこです。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    旨味たっぷりのキノコはどんな料理に入れても風味をよくしてくれる万能食品です。食物繊維が豊富なことが特徴的で腸内環境を整え、動脈硬化や高血圧の予防に効果が期待されます。食物繊維のβ-グルカンにはアレルギー予防や免疫力アップの効果も。ボリュームもあり満腹感もあるキノコですが、ローカロリーでまさにダイエットの味方です。様々な料理にカサ増ししてアレンジを楽しんでくださいね。小さな子供にはキノコ独特な食感や香りが苦手な場合もあります。細かく刻んだり、肉ダネを詰めてハンバーグにするなど美味しく食べられる工夫をしてみてくださいね。 この記事では、「きのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    肉厚で歯ごたえが特徴的なエリンギの生産は、長野県や新潟県が盛んです。日本で自生いていないため、工場で栽培されたものが売られています。選ぶときのポイントは、軸に張りがあり白い物を選ぶようにして下さい。栄養素は食物繊維が多く含まれていることから、便秘の改善にも役立つと考えられています。またビタミンDも含んでおり、これは骨や歯の形成をする働きがあります。包丁で切らずに手で裂くと調味料がよく絡みます。エリンギは味にくせがないので、焼く、煮る、揚げるなど色々なレシピに活用できる食品です。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エリンギを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    独特な形が印象的なエリンギは、ヒラタケ科のきのこの一種です。コリコリとした食感で歯ごたえがよく、クセのない味わいでどんな料理にも合いやすいです。小さくカットして食べることもできますが、大き目にスライスして形そのものを楽しめる料理に使うのも人気があります。醤油や酒などの和の調味料とも相性抜群ですが、もとはヨーロッパの地中海性気候地域が原産で、フランス料理やイタリア料理などの定番食材になっています。エリンギは淡白な色と味わいのため、あまり栄養がないように見えますが食物繊維やビタミンB群、免疫力の向上に役立つと言われるβグルカンが豊富に含まれています。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    きのこは種類が豊富です。中でもエリンギ、しめじ、えのき、椎茸、なめこ、マツタケ、マッシュルーム、舞茸がよく知られているきのこではないでしょうか。きのこには食物繊維が豊富に含まれています。便秘の改善の効果があります。また体内の有害な物質を体外に排出する働きもあります。ミネラルも豊富に含んでいて丈夫な骨や体作りにも効果があります。カリウムも豊富で高血圧予防などにも効果があります。きのこはカロリーが低くヘルシーな食べ物と言われていますが栄養がたっぷりの食材ですので毎日でも取り入れたい食材です。中には毒性のあるきのこもあるので注意が必要です。 この記事では、きのことはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • キノコキトサンが脂肪を燃焼!きのこダイエットのおすすめレシピ20選

    きのこと言えば、低カロリーで食物繊維が豊富なためダイエットには欠かせない食材ですね。それ以外にも、きのこにはキノコキトサンという成分があります。それはコレステロールや中性脂肪を減らし、脂肪燃焼効果があるという優れもので、それだけでサプリメントになるほど。そのため、最近きのこダイエットというのが人気です。 この記事では、<きのこ ダイエット>の基礎知識に加え、エリンギ、えのき、しめじ、しいたけ、きくらげ、マッシュルーム、色んなきのこにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね

広告

運営会社